あさましい人ってどんな人なのか、皆さんはご存知でしょうか?

最近は、“あさましい”ってあんまり聞かないと思いませんか?

筆者も、あさましい人って何となくはイメージ出来ますが、はっきりとこういう人!っていうのが出てきません。

だから、「あの人ってあさましいよね」なんて表現もすることがないなぁって思うんです。

日本語には、人となりを表わす言葉が本当に沢山あって、

その言葉を正確に使えているかって言うと…ちょっと自信がなかったりしませんか?

表現方法が沢山あるだけに、本当はどんぴしゃな言葉が存在するんだと思いますが、何となくのイメージで使っていたりしますよね?

それが実は間違っていたりして、恥ずかしい思いをすることもしばしばあります。

こういう風に文章を書くにあたっても、上手く言葉が出てこないことが多々あって、日々勉強の毎日です。

今回は、そんな言葉の中のひとつ“あさましい”を徹底的に調べてみました。

あさましい人の特徴を見ながら、どんな人をあさましいというのかをクリアにしていきたいと思います。

あさましい人の特徴18個

因みにあさましいの意味は、一言でいうと“心が卑しい”となります。

その他にも、さもしい・見苦しい・惨め。

などの言葉で解説されていますが、もともとは意外とか、びっくりするという意味で、良いことにも悪いことにも使われたんだそう。

でも今は、あさましいと言えば悪い意味で使う言葉ですよね。

言葉の明確な意味を調べようと辞書を見て、いつも思うのが…解説に使われる言葉が難しいってことなんですよね~。

意味を調べてもイマイチ理解が深まらないのが困りもの。

筆者の勉強不足なだけかもしれませんけどね。

筆者のような人のために解説しておくと、心が卑しいの“卑しい”とは、主にがつがつすることや、下品なことを意味しています。

もうひとつ、“さもしい”とは、こちらも下品とか意地汚い、見苦しいやみすぼらしいなどの意味です。

あさましい人について、すこ~し理解出来たでしょか?

あさましいって、結構ひろい意味がありますよね。

あさましい人って言われてピンと来ないのも、このせいかもしれません。

でも使い方としては、“あさましい人をこちら側から見たときの気持ち”を表わしているというと分かりやすいのではないでしょうか。

あさましいというその意味からも、軽蔑して憐れむような気持ちの時に使うと思えば…あさましい人について、イメージしやすいと思いませんか?

ですので、あまりあさましい人本人に向かって言う言葉ではありません。

気を付けて使いましょうね。

軽蔑用語や悪口になってしまいますから。

さて、少しずつ見えてきた“あさましい人”ですが、ここからはその特徴から、あさましい人がどんな人なのかを明確にしていきましょう。

品がない

あさましい人の特徴のひとつは、“品がない”こと。

あさましいの言葉の意味としても取り上げた、下品ということですよね。

この品がないや下品にもいろんな意味がありますが、他の特徴と併せて考えると、“品がない”は、あさましい人を適切に表した特徴だと言える気がします。

見た目や行動、態度や言動など、さまざまな角度から見た“品”や“品格”。

このどれか、もしくは全てに品がないと、あさましい人になります。

あさましいの意味を見ても、そのほとんどが、根本的に品がないことが伺えますよね。

でもなんで、品がないことが世の中でそんなに嫌がられるんだろう。

って、ちょっと不思議にも思いますよね。

下品な人を見て不愉快に感じるのって、何故なんでしょうね?

そもそもあさましい人って、日本人には少ないんじゃないかなって思うんですよね。

あさましさの意味から考えても、“品”という点で考えても、上品とまでは言わなくてもそれなりに品を保っているのが、日本人気質な気もします。

…そんな気質に外れているから、嫌われるのかな?

いやしい

あさましいの代表的な意味としてご紹介した“いやしい(卑しい)”。

これもあさましい人の特徴なんですよね。

卑しいの意味は先ほどもご紹介しましたが、ガツガツしていることや下品なことです。

あさましい人の“品がない”ことが表面的な特徴だとしたら、“卑しい”は内面的な特徴と言える気がします。

ガツガツしているということは、つまり“せこい”ということでもあります。

特に金銭面でのせこさが、周囲の人からは醜く、下品に映ってしまうのでしょうね。

筆者の周りにはあんまりこういう人はいないんですけど…ドラマ『半沢直樹』には卑しい人っていっぱい出てきた気がしません?

大きなお金を動かしている人ほどせこいっていいますしね。

どうりで筆者には縁がないわけだ(笑)

あさましいの意義には、“道徳の欠落”というのがあるんです。

あさましい人の心の卑しさというのは、まさに道徳の欠落があることが原因な気がしますよね。

見栄を張る

あさましい人の特徴には“見栄を張る”というのもあるようです。

筆者はあさましい人に、見栄を張るって言うイメージはありませんでした。

見栄を張るというよりは、なりふり構わない人だと思っていました。

だから下品なんだと。

でも、あさましい人には、見栄を張る人もいるみたいです。

これも他の特徴の延長上にあるから、見栄を張るのがあさましい人の特徴だと言われるのかもしれません。

先ほど特徴として挙げた“卑しい”人であることがポイントなのでしょうね。

卑しくせこい、あさましい人間のくせに見栄を張るってことなのでしょう。

金銭面でのせこさがあさましい人の特徴で、お金持ちな人ほどせこいことを考えれば、見栄を張るっていうのにもちょっと納得がいきますよね。

すっごいせこいんだけど、着飾るものはブランド品ばかりとか。

周りの人からは「その卑しさで手に入れたお金で着飾っているんでしょ」って、思われちゃうのかもしれませんね。

遠慮しない

あさましい人の“遠慮しない”という特徴。

これはイメージにあった特徴かなって思います。

ガツガツとしていて、なりふり構わない下品な感じのほうが、あさましい人って感じがしますよね。

子供のころとか、よく「遠慮しなさい」って親に躾けられたような気がしますし、母親が子供にいうセリフとしてよく聞きますよね。

その遠慮がないのが、あさましい人ということです。

遠慮って難しいものですが、あさましい人の場合は、その遠慮しない態度が下品に映るんでしょうね。

例えば、スーパーの試食コーナーで試食しまくるとか…無料で配られているモノを遠慮なく、限度なくもらっちゃうような行動とか。

また、食べ放題とかバイキングスタイルの食事でのなりふり構わないガツガツ感とかですよね。

口コミでは、人の食べ残した皿を奪い、舐めるようにして食べる。

なんていうのもありました。

日本人には遠慮を美学だと思っている人が多いだけに…「遠慮が無い+せこい」で、品の無いあさましい人になってしまうのでしょうね。

損得感情で動く

“損得勘定で動く”というのも、あさましい人の特徴となっています。

先ほどの遠慮しないという特徴も、損得勘定で動くからこその特徴なんでしょうね。

無料のモノをあるだけもらってしまうのもそうだし、食べ放題でのガッツキ具合も、制限時間内でどれだけ得できるかっていう損得勘定で動くから、遠慮とかしないんです。

払ったお金に対して、もらえるだけのもの限界ギリギリ、またはそれ以上を貰おうとする、卑しさがあるんですよね。

きっと誰にでも、「少しでも得したい」って気持ちはあるとは思います。

でも品格を下げてまで、マナーから外れてまでのの行為は慎んでいるんです。

だって、恥ずかしいから。

その恥ずかしさがないのが、あさましい人でもあるのかもしれませんね。

言動がみじめ

あさましい人には“言動がみじめ”という特徴も。

これこそ、軽蔑と哀れみの目で見ている人が感じている特徴と言えそうですね。

筆者はこれまで、あさましいって言葉の使い方もよく分かっていなかったけど、知れば知るほどあんまり好きになれない言葉かも。

だから、避けてきたのかなって思います。

確かに、あさましい人には下品さやみじめさがあるかもしれませんが、自分がそういった人を軽蔑したり哀れんだり出来るほどの人間かって言ったら…そうではないと思います。

むしろ、あさましいなんて言葉を使うような人になりたくないなぁってすら、感じちゃいますね。

…と個人的な感情も入り混じりつつですが、出来るだけ客観的にお伝えしていかないとですよね。

あさましい人の、みじめな言動というのは、例えば…

先ほど例に挙げた、人の食べ残しを奪って食べる人が言う「お金払ってるんだから、もったいないでしょ」なんて言動。

しかも自分が払ってなくてもだし、それも堂々と、何か勝ち誇ったように言ってしまうのがあさましい人。

周囲の人が、「ちょっとは遠慮しなよ」と冷ややかな目で見ているのにも関わらず、遠慮もなく恥ずかしげもない。

むしろ正義とでも言わんばかり。

そんな人が、次第に周りにはみじめに映るんですよね。

貧乏性

言動がみじめなあさましい人の多くは“貧乏性”でもあるのでしょう。

貧乏性っていうのは、ケチケチして気持ちや態度にゆとりがないことを言います。

経済的にゆとりがない貧乏な人は、気持ちに余裕を持てなくなりがちですよね。

そのことから貧乏性と言われるようになったそうですが、貧乏性はイコール貧乏人ではありません。

先ほども例に挙げた、お金持ちなのにせこい人。

これもいわば、貧乏性の人と言えます。

お金に余裕があってもケチケチ。

もったいない精神を正義とし、損得勘定で動いてきたからこそ今がある!とむしろ自慢げ。

こういうのが、貧乏性のあさましい人なんだと思います。

特にお金に執着心が強く、お金があるのに心には余裕がない。

貧乏人の人が心に余裕がないのは当然ですが、あさましい人は貧乏人とは限りません。

抱えられるだけのものを抱えても尚、落ち着いた余裕のある人にはなれないんです。

お金の話が好き

ここまでの話でも分かるように、あさましい人には当然、“お金の話が好き”という特徴があります。

お金は人を狂わすと言いますが、あさましい人はまさに、お金に狂わされている人なのかもしれませんね。

とてもお金に執着していて、お金・お得・割引・無料…お金にまつわる話になると、必ず姿を現すようなところがあるみたいです。

「〇〇で明日セールみたいだよ」「割引券もらったから、今度行こう」そんな会話をしようものなら、

いつの間にか話の輪の中にいたり、お金にまつわることなら地獄耳かというほどに、聞き耳を立てていたりするところも。

そのくせ、自分の持っているお得な情報を教えてあげることはないっていうのも、あさましさだったりするのでしょう。

聞き出すだけ聞き出して、風のように去っていく。

その姿にあっけにとられつつも、周りの人は軽蔑と哀れみの目であさましい人を見ているんです。

ねだる

あさましい人には“ねだる”という特徴もあります。

お金の話が大好きなあさましい人は、おねだりも忘れないんですよね。

自分の財布の紐は固く、人からいただけるものは頂こうという魂胆。

おねだりするような人っていうのは、特に女性に多いですよね。

そんな女性から男性へのおねだりは、時に可愛らしくも見えるかもしれませんが、それも度を越すと「あさましい女だな」って思われてしまいます。

それに、そんな男女のやりとりを傍からみている周囲の人にも、「騙されている男性に、品の無い女性」という風に映ってしまうんですよね。

日本人女性は特に、男性より一歩下がって、つつましく控え目であるべきという考え方も根強いです。

男性からの行為を、遠慮がちに受け取るほうが素敵だという考え方ですよね。

それを、なりふり構わず自分からねだるという行為が、あさましいと言われるんです。

欲張り

ねだるのもそうですが、“欲張り”というのもあさましい人の特徴です。

欲張りは、言い換えると“がめつい”ということです。

あさましい人をよく表わしている言葉かもしれませんね。

損得勘定で動くのも、お金に対して抜け目のないがめつさがあるから。

貧乏性なのもそう。

お金や利益にまつわる欲深さが、周りから見て品がないあさましい人に見えるんです。

でも今って、「欲張りランチ」とか「欲張りコース」など、欲張りを堂々と楽しもうなんて風潮があったりもしますよね。

“みんな本音では得したいっていう欲がある”という心理を、上手く汲み取ったネーミングなんだと思います。

だから、筆者はあさましい人をあさましいと言えるだろうか?と自問自答もしてしまうのですが…。

ただ、こういったサービスを利用して、ちょっと得した気分♪に留まらないのが、あさましい人なのでしょうね。

人のものをなんでも欲しがる

あさましい人は“人のものをなんでも欲しがる”という特徴も。

どうやら、「人のものが羨ましく、良く見える」という心理があるようです。

筆者もこういう気持ちは分からなくはないですが…

普通、「いいな~」って思ったら、自分で買いますよね?それが、あさましい人は「いいな~それ!頂戴」ってなってしまうようですね。

以前何かの再現ドラマでもやっていました。

人のものを欲しがり「それ、私の方が似合う!」といって、強引に交換させられたというエピソード。

交換するならいいのかっていうと、そんなことありませんよね。

自分で探して、自分で気に入って購入したものですから、それを「あなたには似合わない」っていうのも失礼な話だし、横から奪っていくような行為も褒められたものではありません。

ものを盗む

あさましい人全員がそうとは言えないと思いますが、“ものを盗む”という特徴もあるみたいですね。

お金に対する欲に駆られ、狂わされたなれの果てに行きつくのが、盗むという犯罪行為なのかもしれません。

ある意味気の毒です。

大それた盗み行為ではなくても…例えば、職場の引き出しに閉まっておいたお菓子を勝手に食べるとか。

そういった、騒ぎ立てるほどではない盗み行為も、重なれば、やられる方は気持ちが悪いです。

これ、実は筆者が以前勤めていた会社で起きた出来事なんですけどね。

あるスタッフに「あれ?なんかストックしてたお菓子が減っているような?」という出来事が重なり、あるとき残りの数を数えておいたそうなんです。

で、「やっぱり誰か食べてる!」って判明したんですよね。

特定の人しか入らない部屋での仕事をしている人だったので、明らかに誰かが侵入し、お菓子を食べているということに。

その人も、「まぁお菓子だから別にいいんだけど…ただ、気持ち悪いんだよね」って。

実は時々、スタッフのお財布からお金が盗まれる事件も起きていたので、きっと同一犯だろうってことになりました。

みんな何となく犯人はわかりつつも、証拠もなく、とても気のいい支配人の采配で犯人捜しはしないことに。

今思えば、あの子があさましい人って言えるのかもな。

確かにお菓子くらい食べてもいいと思うでしょう。

でも、「ひとこと言うよね?普通は。」それに「勝手に引出し開ける?」って思うのが普通です。

やはりその人の、“道徳の欠落”が浮き彫りになりますよね。

あさましい人には、人の持ち物であるという感覚が、すっぽり抜け落ちているのかもしれません。

人のせいにする


あさましい人には“人のせいにする”という特徴もあるみたいですね。

先ほどの盗むという特徴で思い出された、筆者の以前の会社の子。

部下だったんですが、その子のことを思い返してみたら、あさましい人の特徴に何かと当てはまってます。

身近にあさましい人なんていないと思っていましたが…いましたね。

もう付き合いはなく、すっかり忘れていましたが、なかなか強烈な子でした。

人のせいにするという点においても、その部下の子にある特徴でした。

実在の人物ではなかったのですが、架空の人物を作り上げたエピソードがあり、それが今でも強烈に記憶に残っています。

ある時そのあさましい子が、自転車との軽い接触事故を起こしたんです。

ちょうど他店舗に応援に行った帰りの出来事で、その店舗を出る時に、自転車の女の子と接触しちゃったんです。

女の子に怪我はなく、とりあえず名前と電話番号を教えあって、その場を離れたそうなんですが…

後日、女の子のお母さんが連絡を取ろうとしたら、電話が「使われていません」となって繋がらない。

それで、ぶつかった場所の店舗に赴いて事情を説明したと言います。

車に乗っていた人の恰好から、そのお店のスタッフだろうということになったのですが…教えられた名前の人はその店舗にはいない。

何しろ、名前も電話番号もでたらめだったんです。

で、背格好と事故が起きた時間に来ていた筆者の部下が浮上したんです。

ですが、彼女は「私じゃないです」とキッパリ。

でも事情を聴いている他店舗のスタッフには確信があり、今度は筆者に連絡がきました。

「違うって言われちゃうんだけど、絶対〇〇さんだと思うんだ。赤い自転車と接触してるから、車に傷がついてないか見てもらえない?」って。

で、彼女の車を確認すると、赤い擦れた傷がついていまいた。

なので今度は私が、改めて聞くことになったのです。

でもやっぱり「ほんとうに私じゃないです」といい、「じゃあ、車の赤い傷は?」って聞くと、「なんか赤いトタンが飛んできて…」と。

最終的には白状したんですが…

事故という焦る状況で、違う名前と電話番号の下一桁を変えて伝えるという、一瞬にして架空の人物を作り上げてなすりつける冷静さ。

問い詰められても逃げ切ろうと、用意周到に準備された言い訳。

…赤いトタンの話は、事前に他のスタッフにも「昨日急に赤いトタンが飛んできて、車に傷がついちゃった」と伏線まで張っていたんです。

すべてのことが明らかになったとき、何とも言えない複雑な感情になったのを覚えています。

もともとその子は、ふんわりした可愛らしい雰囲気をもった女の子。

筆者に「私じゃない」と訴えたその顔も、まるで疑う余地もなく真実味のある表情で、「なんで疑われちゃうんだろう?」くらいの感じだったんです。

最初はまんまと騙されちゃって、「本当に違うみたいですよ」って先方に伝えちゃったくらいです。

でも結局、私に向けたあの表情も、訴えも、全部嘘だった。

いつも懐いてくる態度の子だったので、何とも言えない気持ちでした。

でもあの時抱いていた感情こそ、まさに“あさましい”だったのかも。

と、今は思いますね。

軽蔑と哀れみが混じりあった感情、そのものだったかもしれません。

今ご紹介したエピソードは、架空の人物のせいにした事例ですが、人のせいにするってこともありました。

あさましい…あまり使いたくない言葉だといいましたが、心の中ではやはりこういう人への軽蔑が、筆者にも確かにありました。

なんだかガッカリです。

割引や無料に目がない

お金の話が好きという特徴のところでも触れましたが、あさましい人は“割引や無料に目がない”んですよね。

損得勘定で動く人にとって、割引されているものや、無料で配られているものを見逃すはずもありません。

でも時に、割引や無料という言葉に踊らされて、無駄なもの持って帰ってきたり、余計な買い物をしたりと…まんまと販売戦略にはまってしまう所もあるようです。

欲しいものをお得に手に入れるということに留まらず、“お得”という言葉だけに感覚を狂わされている状態ですよね。

ちょっと病的にも思えるそんな行動が、見苦しく品がないと思われてしまうところでもあるのでしょう。

食べ放題・つめ放題が好き


割引や無料に目が無い人となれば、“食べ放題・つめ放題が好き”でもあるのがあさましい人。

食べ放題やつめ放題が好きって言うのも、誰にでもあるとは思います。

でも、それを下品に見られようが、見苦しく見られようがお構いなしなのが、あさましい人ですよね。

自分のお金に対する執着心と、人目を気にする自制心。

どっちが強く働くかっていう問題なのかもしれません。

これって案外、お金が無い人ほど、「貧乏だと思われたくない」という心理が働いて、お金に対する執着を見せないようにもするのかもしれませんね。

お金があるのに貧乏性の人がいるように、お金に執着するからこそ、お金持ちにもなれるのかも。

何を恥ずかしいと思うのか…その価値観の違いなのかもしれません。

手柄を横取りする

あさましい人には“手柄を横取りする”という特徴も。

これ、先ほどお話した筆者のあさましい部下にも、そんなところがありました。

計算高いというか、悪知恵が働くというか…悪い方の意味でしたたかさがある子でした。

ひとつエピソードがあります。

店舗で書いていたブログの話名のですが…。

お店のブログは、一日ごとにスタッフが交代でUPしていたのですが、そういった体勢が整うまでは、筆者がひとりで書いていました。

自分でいうのもなんですが、そのブログが結構人気でして、ブログを読んで来店される方もいたし、競合店からベンチマークされたりもしていたんです。

ブログの最後には名前を入れていたので、〇〇会社の〇〇さんのブログってことで、その界隈ではちょっと有名だったりして。

その後スタッフが増えてきてからはみんなで交代で書くようになったのですが、

筆者のブログファンの方から、分かるようにカテゴリわけして欲しいって声もあって、

筆者の名前のカテゴリを作り、そこを開けば筆者の書いたブログだけ読めるようにしてありました。

それもあってか、筆者の書いたブログだけは、みんなが書いたブログより“いいね”クリック数が飛びぬけていたんです。

ある時、男性スタッフから「〇〇さん(筆者)のブログだけすごいですよね!いいね数で勝ちたくても勝てませんよ~!どうしたらそうなるんですかね~?」って言われ、

「もう〇〇(筆者のカテゴリ名)はブランドですよね!かといって、〇〇さん(あさましい部下)みたいに、〇〇(筆者のカテゴリ)にアップするとか狡猾な手は使いたくないし…」と。

そう。

あさましい部下の子は、筆者の名前の入ったカテゴリにブログをアップしていたんです。

実は筆者も気になっていて、最初は間違ったのかな?って思ったのですが、その男性スタッフに言われて、「やっぱりそういうことか~」って思ったものです。

きっと、その男性スタッフも「うわ~。」って引いちゃってたんでしょうね。

ガツガツと割り込んでくる感じ。

少しずつ侵食して人気を奪い取ろうとする魂胆。

正々堂々としていないところが、やっぱり下品ですよね。

もちろん「間違えちゃいました」とも言わないし、一度だけじゃなく毎回。

しれっとそういうことが出来ちゃう感覚は、ある意味脅威です。

憎悪の意味を込めて…あさましい人。

そう呼ばざるを得ませんね。

あさましいなんて言葉使いたくないといい子ぶっておきながら、筆者もあさましい人をめっちゃ軽蔑してますね(笑)

見返りを求める


あさましい人には“見返りを求める”という特徴もあるようですね。

やっぱり損得勘定で動くので、何かを与えただけじゃ自分が損してるって思ってしまうんでしょう。

なので、自分に直接的に得を感じられない、募金や寄付なんていうのもしないのが、あさましい人だったりするみたいです。

人に何かを与える、何かをあげることに対して見返りを求めるのは、品がないですよね。

あさましい人には利他心なんていう精神も、まったくないのかもしれません。

何か得が無ければ動かないし、得があるはずと思って動いたことに対して見返りがないと、異常なまでに怒り出す。

筆者の昔の彼にそんな人がいたな~って。

その彼をあさましいとまでは思わなかったけど、見返りを求める気持ちが見えた時にガッカリしたのを思い出します。

その彼は、誕生日やクリスマスなど記念日を大事にする人で、ちょっと高価なアクセサリーなんかをくれるような人でした。

ちょうど20歳のころのことです。

筆者は一人暮らしをしていたし、まだまだお給料も安くて金銭的には余裕がありませんでした。

それもあって、彼の誕生日に、彼がくれたものに見合うプレゼントを用意出来なかったんですよね。

そしたら明らかに表情が曇り、機嫌が悪くなり…「プレゼントってこれだけ?」だとか「俺があげたのは〇〇なのに」とか言われて。

「あぁそうか、見返りを求めてるんだな」って。

純粋に筆者を大切に思ってプレゼントをしてくれていると思っていたので、なんだかガッカリでした。

基本優しい人でしたけど、その優しさにも裏があるって思うと、嫌だなぁって。

あさましい人って女性に多い印象はありますが、男性のあさましさは、品がないっていうより、紳士的じゃないって表現が合いそうですね。

人を陥れるのも厭わない

あさましい人の究極は“人を陥れるのも厭わない”という特徴なのかもしれません。

ちょっとでも得したいって思い、自分で出来る事をコツコツと節約するならそれは、とても素晴らしい精神性ですが…

人を陥れてまで、蹴落としてまで自分の利益を得ようっていうのは、下品な行為。

あさましい人の真骨頂はここなのかもしれません。

手柄を横取りしようとしたり、人のせいにしたり…人を踏み台にして成りあがろうとし、そのうえお金への異常な執着心。

このふたつが揃って初めて、あさましい!と軽蔑と哀れみの対象になるのかもしれませんね。

利益のためなら何でもするあさましい人

最初は、自分の周りにはいないと思っていたあさましい人。

特徴を調べていくうちに、身近にいたあの子があさましい人だったんだって気づきました。

手柄を横取りにしようとするあさましさ、人のせいにするあさましさ、ものを盗むあさましさ…

その子は、学生時代の万引き体験も、まるで武勇伝のように語っていたらしいんです。

その行為が恥ずかしいことだってことに、大人になっても気付けなかったのかと思うと、本当に哀れですよね。

とはいえ、今まで出会ってきた中で、あさましいって言葉がぴったりはまるような人は、ひとりだけ。

それほどなかなか居ないタイプの人だから、軽蔑の対象にもなるのかもしれません。

あなたの周りにもいますか?あさましい人。

「あさましい」なんて言葉を使わされるような人に、出会いたくないものですね。