あさましい人ってどんな人なのか、皆さんはご存知でしょうか?

最近は、“あさましい”ってあんまり聞かないと思いませんか?

筆者も、あさましい人って何となくはイメージ出来ますが、はっきりとこういう人!っていうのが出てきません。

だから、「あの人ってあさましいよね」なんて表現もすることがないなぁって思うんです。

日本語には、人となりを表わす言葉が本当に沢山あって、

その言葉を正確に使えているかって言うと…ちょっと自信がなかったりしませんか?

表現方法が沢山あるだけに、本当はどんぴしゃな言葉が存在するんだと思いますが、何となくのイメージで使っていたりしますよね?

それが実は間違っていたりして、恥ずかしい思いをすることもしばしばあります。

こういう風に文章を書くにあたっても、上手く言葉が出てこないことが多々あって、日々勉強の毎日です。

今回は、そんな言葉の中のひとつ“あさましい”を徹底的に調べてみました。

あさましい人の特徴を見ながら、どんな人をあさましいというのかをクリアにしていきたいと思います。

あさましい人の特徴18個

因みにあさましいの意味は、一言でいうと“心が卑しい”となります。

その他にも、さもしい・見苦しい・惨め。

などの言葉で解説されていますが、もともとは意外とか、びっくりするという意味で、良いことにも悪いことにも使われたんだそう。

でも今は、あさましいと言えば悪い意味で使う言葉ですよね。

言葉の明確な意味を調べようと辞書を見て、いつも思うのが…解説に使われる言葉が難しいってことなんですよね~。

意味を調べてもイマイチ理解が深まらないのが困りもの。

筆者の勉強不足なだけかもしれませんけどね。

筆者のような人のために解説しておくと、心が卑しいの“卑しい”とは、主にがつがつすることや、下品なことを意味しています。

もうひとつ、“さもしい”とは、こちらも下品とか意地汚い、見苦しいやみすぼらしいなどの意味です。

あさましい人について、すこ~し理解出来たでしょか?

あさましいって、結構ひろい意味がありますよね。

あさましい人って言われてピンと来ないのも、このせいかもしれません。

でも使い方としては、“あさましい人をこちら側から見たときの気持ち”を表わしているというと分かりやすいのではないでしょうか。

あさましいというその意味からも、軽蔑して憐れむような気持ちの時に使うと思えば…あさましい人について、イメージしやすいと思いませんか?

ですので、あまりあさましい人本人に向かって言う言葉ではありません。

気を付けて使いましょうね。

軽蔑用語や悪口になってしまいますから。

さて、少しずつ見えてきた“あさましい人”ですが、ここからはその特徴から、あさましい人がどんな人なのかを明確にしていきましょう。

品がない

あさましい人の特徴のひとつは、“品がない”こと。

あさましいの言葉の意味としても取り上げた、下品ということですよね。

この品がないや下品にもいろんな意味がありますが、他の特徴と併せて考えると、“品がない”は、あさましい人を適切に表した特徴だと言える気がします。

見た目や行動、態度や言動など、さまざまな角度から見た“品”や“品格”。

このどれか、もしくは全てに品がないと、あさましい人になります。

あさましいの意味を見ても、そのほとんどが、根本的に品がないことが伺えますよね。

でもなんで、品がないことが世の中でそんなに嫌がられるんだろう。

って、ちょっと不思議にも思いますよね。

下品な人を見て不愉快に感じるのって、何故なんでしょうね?

そもそもあさましい人って、日本人には少ないんじゃないかなって思うんですよね。

あさましさの意味から考えても、“品”という点で考えても、上品とまでは言わなくてもそれなりに品を保っているのが、日本人気質な気もします。

…そんな気質に外れているから、嫌われるのかな?

いやしい

あさましいの代表的な意味としてご紹介した“いやしい(卑しい)”。

これもあさましい人の特徴なんですよね。

卑しいの意味は先ほどもご紹介しましたが、ガツガツしていることや下品なことです。

あさましい人の“品がない”ことが表面的な特徴だとしたら、“卑しい”は内面的な特徴と言える気がします。

ガツガツしているということは、つまり“せこい”ということでもあります。

特に金銭面でのせこさが、周囲の人からは醜く、下品に映ってしまうのでしょうね。

筆者の周りにはあんまりこういう人はいないんですけど…ドラマ『半沢直樹』には卑しい人っていっぱい出てきた気がしません?

大きなお金を動かしている人ほどせこいっていいますしね。

どうりで筆者には縁がないわけだ(笑)

あさましいの意義には、“道徳の欠落”というのがあるんです。

あさましい人の心の卑しさというのは、まさに道徳の欠落があることが原因な気がしますよね。

見栄を張る

あさましい人の特徴には“見栄を張る”というのもあるようです。

筆者はあさましい人に、見栄を張るって言うイメージはありませんでした。

見栄を張るというよりは、なりふり構わない人だと思っていました。

だから下品なんだと。

でも、あさましい人には、見栄を張る人もいるみたいです。

これも他の特徴の延長上にあるから、見栄を張るのがあさましい人の特徴だと言われるのかもしれません。

先ほど特徴として挙げた“卑しい”人であることがポイントなのでしょうね。

卑しくせこい、あさましい人間のくせに見栄を張るってことなのでしょう。

金銭面でのせこさがあさましい人の特徴で、お金持ちな人ほどせこいことを考えれば、見栄を張るっていうのにもちょっと納得がいきますよね。

すっごいせこいんだけど、着飾るものはブランド品ばかりとか。

周りの人からは「その卑しさで手に入れたお金で着飾っているんでしょ」って、思われちゃうのかもしれませんね。

遠慮しない

あさましい人の“遠慮しない”という特徴。

これはイメージにあった特徴かなって思います。

ガツガツとしていて、なりふり構わない下品な感じのほうが、あさましい人って感じがしますよね。

子供のころとか、よく「遠慮しなさい」って親に躾けられたような気がしますし、母親が子供にいうセリフとしてよく聞きますよね。

その遠慮がないのが、あさましい人ということです。

遠慮って難しいものですが、あさましい人の場合は、その遠慮しない態度が下品に映るんでしょうね。

例えば、スーパーの試食コーナーで試食しまくるとか…無料で配られているモノを遠慮なく、限度なくもらっちゃうような行動とか。

また、食べ放題とかバイキングスタイルの食事でのなりふり構わないガツガツ感とかですよね。

口コミでは、人の食べ残した皿を奪い、舐めるようにして食べる。

なんていうのもありました。

日本人には遠慮を美学だと思っている人が多いだけに…「遠慮が無い+せこい」で、品の無いあさましい人になってしまうのでしょうね。

損得感情で動く

“損得勘定で動く”というのも、あさましい人の特徴となっています。

先ほどの遠慮しないという特徴も、損得勘定で動くからこその特徴なんでしょうね。

無料のモノをあるだけもらってしまうのもそうだし、食べ放題でのガッツキ具合も、制限時間内でどれだけ得できるかっていう損得勘定で動くから、遠慮とかしないんです。

払ったお金に対して、もらえるだけのもの限界ギリギリ、またはそれ以上を貰おうとする、卑しさがあるんですよね。

きっと誰にでも、「少しでも得したい」って気持ちはあるとは思います。

でも品格を下げてまで、マナーから外れてまでのの行為は慎んでいるんです。

だって、恥ずかしいから。

その恥ずかしさがないのが、あさましい人でもあるのかもしれませんね。

言動がみじめ

あさましい人には“言動がみじめ”という特徴も。

これこそ、軽蔑と哀れみの目で見ている人が感じている特徴と言えそうですね。

筆者はこれまで、あさましいって言葉の使い方もよく分かっていなかったけど、知れば知るほどあんまり好きになれない言葉かも。

だから、避けてきたのかなって思います。

確かに、あさましい人には下品さやみじめさがあるかもしれませんが、自分がそういった人を軽蔑したり哀れんだり出来るほどの人間かって言ったら…そうではないと思います。

むしろ、あさましいなんて言葉を使うような人になりたくないなぁってすら、感じちゃいますね。

…と個人的な感情も入り混じりつつですが、出来るだけ客観的にお伝えしていかないとですよね。

あさましい人の、みじめな言動というのは、例えば…

先ほど例に挙げた、人の食べ残しを奪って食べる人が言う「お金払ってるんだから、もったいないでしょ」なんて言動。

しかも自分が払ってなくてもだし、それも堂々と、何か勝ち誇ったように言ってしまうのがあさましい人。

周囲の人が、「ちょっとは遠慮しなよ」と冷ややかな目で見ているのにも関わらず、遠慮もなく恥ずかしげもない。

むしろ正義とでも言わんばかり。

そんな人が、次第に周りにはみじめに映るんですよね。

貧乏性

言動がみじめなあさましい人の多くは“貧乏性”でもあるのでしょう。

貧乏性っていうのは、ケチケチして気持ちや態度にゆとりがないことを言います。

経済的にゆとりがない貧乏な人は、気持ちに余裕を持てなくなりがちですよね。

そのことから貧乏性と言われるようになったそうですが、貧乏性はイコール貧乏人ではありません。

先ほども例に挙げた、お金持ちなのにせこい人。

これもいわば、貧乏性の人と言えます。

お金に余裕があってもケチケチ。

もったいない精神を正義とし、損得勘定で動いてきたからこそ今がある!とむしろ自慢げ。

こういうのが、貧乏性のあさましい人なんだと思います。

特にお金に執着心が強く、お金があるのに心には余裕がない。

貧乏人の人が心に余裕がないのは当然ですが、あさましい人は貧乏人とは限りません。

抱えられるだけのものを抱えても尚、落ち着いた余裕のある人にはなれないんです。

お金の話が好き

ここまでの話でも分かるように、あさましい人には当然、“お金の話が好き”という特徴があります。

お金は人を狂わすと言いますが、あさましい人はまさに、お金に狂わされている人なのかもしれませんね。

とてもお金に執着していて、お金・お得・割引・無料…お金にまつわる話になると、必ず姿を現すようなところがあるみたいです。

「〇〇で明日セールみたいだよ」「割引券もらったから、今度行こう」そんな会話をしようものなら、

いつの間にか話の輪の中にいたり、お金にまつわることなら地獄耳かというほどに、聞き耳を立てていたりするところも。