CoCoSiA(ココシア)

自由人の12個の特徴と恋愛傾向!自由人な恋人との上手な付き合い方も伝授


あなたの周りに自由人はいませんか?

自由人であることは素敵な個性でもありますが、周りの人はその性格に付いていけなくなってしまうこともあります。

この記事では、そんな自由人の持つ特徴と、自由人とうまく付き合う方法をご紹介していきます。

今後の人間関係の参考にしてみてくださいね。

全てがフリーダム!自由人の12個の特徴!

「自由に生きる」というのは誰しも憧れる生き方だと思います。

自分も自由に生きてみたいと思うけれども、日々の生活に追われたり、やらなければいけないことがありすぎて、いつしか自由に生きたいと思う気持ちさえ忘れてしまいます。

あなたの周りに自由人と呼べる人がいますか?自由人は字のごとく全てが自由であり、何かに縛られるということがありません。

そんな自由人の特徴を見ていくことにしましょう。

1.周りに惑わされない


自由人は常にマイペースに動いています。

何か行動を決める時には必ず自分の意思によって決め、周りに惑わされることはありません。

そうは言っても友人や家族の言葉や行動によって何かしらの影響を受けてしまうのが普通ですが、自由人はとにかく自分の考えた通りに動くということが特徴です。

日本人はどちらかというと周りの目を気にして、右にならえで同じような行動をとる傾向にありますから、その中で自由人がいるとかなり目立つ存在になると思います。

それは自分というものをちゃんと持っていることを意味します。

自分がどうしたいのか、何を目標としているのか、どういう人生を行きたいのかなどが自分の中に明確にあるから周囲の言動に惑わされることがないのだと思います。

周りに迎合せずに行動するので、自由に動いているように見えるのでしょう。

だから自由人と呼ばれるのだと思います。

2.気づくとどこかに行ってしまう

自由人は一か所にじっとしているような人ではありません。

思いたったら動き始め、神出鬼没にいろんなところに顔を出します。

ですからちょっと目を離した隙にいなくなってしまいます。

常に動き回っていないと落ち着かないのかもしれません。

こういう人を自分の思い通りに留めておくことは非常に難しいと思います。

自由人は人から伝え聞いたことでは納得できず、ちゃんと自分の目で見て確かめたいという欲求があります。

ですから常に現場へと赴きます。

現場に到着して自分の目で見て納得したら、次のことを確かめるためすぐさま次の場所へと移動していきます。

多くの現場をチェックするなどの仕事なんかに向いているかもしれません。

逆にずっと同じ場所にいて、ずっと同じ作業をするような仕事は向いていないと言えるでしょう。

3.いつも人にぶつかりそうになっている


気ままに動く人ですから人のことなんておかまいなしです。

普通は歩いていても前から人が来たらよけるものですが、自分からよけようとしません。

ですから常に人にぶつかりそうになっています。

こんな人と一緒に歩いていたら、いろんな人とぶつかって、いつもトラブルに巻き込まれるのではないでしょうか。

将棋の駒で例えるならば「桂馬」のような動きです。

フットワークは軽いけれども、予想不可能な動きをするといった意味で似ていると思います。

歩きながらも自由人はいろんなことを考えているのでしょう。

次にどこへ行こうかとか、何をしようか、誰に会おうかなどと考えながら歩いているので、あまり前方に注意がいっていないのです。

4.興味のある話しか聞いていない

自由人というのは自分の好きなことだけをやりたいという人ですから、自分の興味がある話しか聞いていません。

その他のことに関してはどうでもよくて、右耳から入った話が左耳から通過しているような状態です。

興味のあることにしか反応しないセンサーでもついているかのようにはっきりしています。

ですから話を聞く態度を見れば、この話に興味があるかないかが一目瞭然なのです。

あまりにも興味の示し方がはっきりとしているので、多くの人ら不快な思いをされると思います。

せっかく一生懸命に話しても、全く興味がなさそうにしているのがあからさまだと、誰でも不愉快になります。

ちょっとくらい興味のあるふりでもすればいいと思いますが、自由人たちはそんな演技はできません。

5.好きなものへの集中力が半端ない

自由人の特徴として凝り性というのがあります。

一度、興味を持って好きになったらハマってしまい、夢中になります。