CoCoSiA(ココシア)

心が貧しい人の11個の特徴


何だか一緒にいてもつまらない。

一緒に仕事をしたくない。

馬が合わない。

そんな人って周囲にいらっしゃいませんか?

おそらくあなたをそう思わせてしまうのは、相手の心が貧しいからです。

心に余裕がない人はどんなこともネガティブにとらえてしまうし、また、視野がせまいので、自分の考えに固執してしまっているので、絶対に自分の考えを押し通そうとするのです。

最悪なことを言えば、今の日本はこのようなタイプに影響を受けやすい人が多く、ネガティブな感じを装わないといけないような感じになっています。

例えば、仕事で失敗した時などに気にせずに先へ進もうという姿勢を見ている人を、あいつは反省をしていない。

へらへらしていると言うような感じに見ているので、仕事を失敗をした時などは無理やり反省する姿を見せないといけない感じになっています。

このように今の日本では、前向きな姿勢がタブー視されている感じになっているのです。

だからと言って前向きな姿勢が良くないかと言うとそういうわけでもありません。

むしろ前向きでいることの方が物事がうまく行くのですが、なぜか日本はそのような姿勢を怖がります。

まあ、みんなが精神の強い国なので、周囲の人が仕事で失敗した時などに反省している姿を見たら、自分もそのような姿を見せないといけないのかなと思い込んでしまうようです。

要は、自分だけという考えに持ち込むのが下手なのです。

そのために、心がまずしくなってしまっているのです。

よく物事を難しく考える方はいますが、これは完璧を目指すがためにそう思ってしまうのです。

完璧を目指すのは間違いではありませんが、最初から完璧なものを作れたら苦労はいりません。

小さな積み重ねで完璧と言うものが出来上がるのです。

つまり、完ぺきにこだわる人ほど、心が貧しい方が多いのです。

ただ、現時点で後ろ向きだったり、ネガティブだったりする方でも、前向きがいいことは百も承知だと思います。

そこで、今回こちらの記事では、心が貧しい人の特徴をご紹介します。

また、そうならないための方法や手段も合わせてお教えしますので、ぜひ豊かな心を持てるようにしましょう。

心が豊かになればある程度の物事はうまく進みますよ。

心が貧しい人に限ってその場で立ち止まってしまうパターンが多いのです。

そうならないようにするためにもしっかりご対応しましょう。

心が貧しくていいことなんて1つもありません。

そんな状態にいてもあなたにとっても相手にとってもマイナスですよ。

ぜひ、前向きな姿勢が胸を張れる世の中にしましょう。

「この人心が貧しいなあ」って思う瞬間ありませんか?

何を言ってもマイナス的なことを言い返される。

話し合いをしても自分の意見しか通さない。

話の内容から視野が狭い。

相手と一緒にそう思うことはどのくらいあるでしょうか。

そう、まさにこのように感じさせる人ほど、心が貧しいのです。

心が貧しい人は相手のことを観察することができません。

また、自分の意見しか頭に入っていないので、議論することもできないのです。

特に心が貧しい人に限ってイメージなどを気にしてしまうのです。

なぜなら、奥深くまで探ることができないのです。

そのために、表面でしか物事が考えられないのです。

こうなってしまうと、イメージでしか判断がつけないので、ある意味、損をする可能性が高いのです。

なぜなら、物事はイメージ以上の世界が広がっているからです。

また、イメージはあくまでイメージです。

つまり、変えることができるのです。

要はほとんどがあなたがどう思ったかで出来上がってしまうのがイメージなのです。

あなたの思い次第でイメージなんて変えることができるのです。

つまり、そんな脆いもので判断しているというのが間違いなのです。

脆いもので判断しているから心が貧しくなってしまうのです。

また、ご自身を過大評価している人も心が貧しい感じになっています。

なぜなら、自分がすごいと思っているので、相手の意見に対して聞く耳を持っていないのでそうなってしまうのです。