CoCoSiA(ココシア)

押しかけ女房を成功させる10個のポイント!彼との結婚も夢じゃない?!


あの人といつまでも一緒にいたい!でも相手は私のことを受け入れてくれないかもしれない…。

そんなネガエtィブな感情を抱える人もいれば、「相手の意見なんて関係ない!」「私があの人と一緒にいたいと思うんだから、一緒にいるの!」なんて、その男性のもとにおしかけてそのまま“結婚”まで至る人もいます。

そのような人たちのことを“押しかけ女房”なんていうのですが、あなたはこの言葉を知っているでしょうか?

あなたも、今お付き合いしている人や片思いしている人に対して“押しかけ女房”になることによって、その人との結婚生活を手に入れることができるかもしれません。

ということで、この記事では何かと気になる“押しかけ女房”について特集しています!
押しかけ女房っていったいどんな人のことを言うの?押しかけ女房って嫌われるんじゃないの?…などなど“押しかけ女房”にまつわるさまざまな疑問にお答えしています!

押しかけ女房されたい男性の特徴もお伝えしているのでぜひ参考にしてみてくださいね☆

押しかけ女房の意味知ってますか!?

今回の記事のテーマともなっている“押しかけ女房”。

この言葉は今だけではなく、昔からずっと使われている言葉ですね。

そのため、深い意味を知らなくても「どこかで聞いたことがある!」とか「押しかけ女房って○○な人のことを言うのでしょう?」なんて、ちょっとした知識を持っている方も多いのではないでしょうか。

押しかけ女房とは、まさにその言葉の通りで「男性やその男性の家族の同意・合意なしに勝手に女性が、その男性の家に住み着く」ことを指しています。

要するに、もしも男性側の家族に反対されたとしても、その反対に屈することなく「男性と一緒にいたい!」という気持ちだけで、その男性のところに押し入って入ることですね。

特に現代社会では、少しひ弱な性格をしている“草食男子”と呼ばれる人たちがいるのでこのように強気な女性は歓迎される社会といってもいいでしょう。

そうはいっても、男性の許可なし、さらに男性側の家族の許可なしにその人の家に急に住み着くことになってしまいますから、人によっては「とても無礼な人」だとか「失礼な人」なんて感じていることでしょう。

押しかけ女房を成功させるポイントとは

たったいま、“押しかけ女房”というのがどのような人たちのことを指しているのかをご紹介してきましたね。

そのような“押しかけ女房”って相手に失礼になるんじゃないか?とか、相手の同意なしにその家二入ったとしても後になっていやな思いをするのではないか…なんて感じられているかもしれないですね。

しかし、そんなことないんです!というよりかは、むしろあなたが「この人と一緒にいたい!」と思う人と一緒に過ごすことによって、あなたは毎日幸せな気持ちになれるはずです。

それになかには、すでに「押しかけ女房になる予定だ」なんていう方もいらっしゃるかもしれないですね。

ちなみに、筆者のおじの嫁は押しかけ女房で結婚した女性になります。

そのおばは、名古屋から新潟まで嫁いだんですよ!今でも仲良く、けんかすることなく―いわれるまで筆者は押しかけ女房だとは気づかなかった―暮らしています。

そのようにあなたもきっと“押しかけ女房”になるのであれば、成功させたいはずです。

ということで、ここでは“押しかけ女房”を成功させるポイントをご紹介します♩

胃袋をつかもう


まず、ここからお話しするのは“男性(独り身・一人暮らし)の家におしかけする場合”になります。

そのなかでも一番重要な要素になるのが“胃袋をつかむこと”になります。

よく「彼のハートをつかみたいなら、その前に胃袋をつかめぃ!」なんて恋愛バイブルだけではなく、昔からのいい伝えとしてもよく知られていることですよね。

そんなにどうして「食事」が大切なのか理解していない人も多いことでしょう。

今の時代では、コンビニで気軽に本格的な食事を購入できますね。

ファミレス、飲食店も24時間営業のところが多く、わざわざ家で作らなくてもいいように感じるでしょう。

“だからこそ”なんです。

そのように誰かが作ったのかわからない食事を食べることに人はなれています。

特に独り暮らしの男性ですね。

そんなところに「家に帰ったら手作りのおいしいごはんが待っている」というだけで、人ってがんばれるものなんです。

胃袋をつかみましょう。

相手の好みの味を研究するもよし、相手の好きな料理だけをまずはおいしく作れるようになるもよし。

「料理ができる」だけでとてもポイントが高いものです。

尽くしまくる

男性って「尽くされる」ことが大好き!どんなに相手に悪い印象を持っていたとしても、尽くされれば尽くされるほどにその相手のことを「いい子」だとか「この子と一緒にいるとなんだか毎日が楽しいな」なんて思うようになるものなんです。

なんて単純な生き物なのでしょう…。

そうはいっても、これまでに男性に尽くした経験がない人にとって「どのように尽くせばいいのか」なんてわからないもの。

そんなときは、ぜひとも以下のポイントを重点的に行ってみてください。

みるみるうちに相手の目つきがかわるはず!

ワイシャツにアイロンをかけてあげる


現代社会は、男性でも女性でも関係なしに“自分のことは自分で行う”というのが基本的になっていますよね。

その考えからすると、「男性も自分のワイシャツくらい自分でアイロンかけするのではないか」と考えることもあるでしょう。

“だからこそ”なんです。

なんでも自分でこなしてしまう―家事さえも垣根なく男性がこなす時代だからこそ―女性が男性のワイシャツにアイロンひとつだけでもかけることができれば、それだけでも好感度をあげることができてしまうんです!