仕事などをしているとむしゃくしゃする時があるかもしれませんね。

仕方がないことです。

なぜなら、それだけストレスが溜まってしまうのです。

特に日本の場合、労働者生産国だから、余計にむしゃくしゃする時が多いそうです。

要は、仕事に対してやる気をなくして辞めようとしても、どんな原因でも辞める方が悪いというイメージに汚染されてしまっているのです。

つまり、今の日本人には嫌々しながら仕事をしている人が多いのです。

そんな環境下で仕事をしているからむしゃくしゃしてしまうのです。

また、むしゃくしゃしてしまうことで、精神的におかしくなってしまう人も多いのです。

日本は世界でも稀に見る自殺大国なのです。

要は会社に所属して仕事をするのが当然といった感じになっているので、嫌でも会社に所属して仕事をしないといけない環境なので、むしゃくしゃしてしまう時が多いのです。

それでも日本にいる限りそのような環境下で生きないといけないのです。

では、どうしたらよいのかと言いますと、今回はそんな方々のために、むしゃくしゃした時の対処法などをお教えしたいと思います。

むしゃくしゃする時が多いと普段生きていても疲れるだけですし、ストレスが溜まってしまうので、癌などの難病に侵されてしまう危険性もあります。

つまり、普段からリフレッシュしないといけないのです。

しかし、むしゃくしゃしてしまうと、なかなかリフレッシュしようとも思えないのです。

そう、実はむしゃくしゃしてしまうと、思考がおかしくなってしまうのです。

思考がおかしくなってしまうと、行動にも結び付かないので、なんだか生きた心地がしないのです。

また、仕事もはかどらなくなってしまうので、良いことなど1つもありません。

さらに言えば、最悪なこととしては、プライベートも楽しめなくなってしまうのです。

そうなってしまってはせっかくの人生が台無しになってしまいますよね。

そうならないためにもしっかりむしゃくしゃした時の対処法を覚えましょう。

そして、覚えるだけでなくて、ぜひ、あなたなりに考えて実践するまでに行きましょう。

日本人に多いのが覚えるだけで終わってしまうパターンです。

覚えるだけでできていると思ってしまうらしいのです。

しかし、覚えるだけではできているとは言えません。

しっかり実践してこそ形になるのです。

読むは縦に編み、実践は横に編むことをあらわしていると言えます。

つまり、縦も横も編むことで形ができるのです。

むしゃくしゃしてしまう!そんなことありますよね?


むしゃくしゃしてしまうそんなことありますよね。

なぜでしょう。

主な原因として考えられるのは、まずは、人間関係です。

あなたとは合わないタイプの人と一緒に仕事をしているとどうしても摩擦は起きてしまうので、そのたびにストレスをためてしまうのです。

しかし、このことをよくよく考えてください。

確かにあなたと馬が合わないタイプの人はいらっしゃるかもしれませんが、その人をむかつくとか苦手とか思わなければ、ストレスをためることはありませんよ。

そう、実は、ストレスをためてしまう原因は何を隠そうあなた自身なのです。

あなたがそう思わなければ、相手に対してストレスを感じることもないので、むしゃくしゃすることもありません。

そう考えると、むしゃくしゃする原因になっているものはすべてあなたがそう思うからむしゃくしゃしてしまうようになっているのです。

要は、むしゃくしゃしないようにするにはどうしたらいいのか言いますと、あなたがそう思わなければいいのです。

簡単なことのように思えますが、実は人間は自分自身をコントロールすることがそんなに得意ではないのです。

それなのに、相手をコントロールしようとして、相手が思い通りに動いてくれないので、むかついてむしゃくしゃしてしまうことがあるのです。

はっきり言えば、自分もコントロールするのが難しいので、相手をコントロールだなんて考えるだけで愚かなことなのです。

というか、相手などコントロールすることはできません。

なぜなら、われわれ人間は地球上で唯一意志というものを持った動物なのです。

相手が何を考えているのかなど、わかるわけがないのです。

ここまで言うと、引くと言う方もいらっしゃるかもしれませんが、相手がどう思うかは相手の自由なのです。

つまり、相手にこう思ってほしいというのは、エゴなのです。

相手がどう思うかは相手の自由です。

つまり、相手がそう考えたことに対して違うなどと言う権利はあっても否定までするのは良くないのです。

要は相手の意見を認めることができないからむしゃくしゃしてしまうのです。

あなたがどう思うかでむしゃくしゃするかどうかにつながってしまうのです。

なら、思いを持たなければいいのではないかと思う方もいらっしゃいますが、これがなかなか難しいのです。

なら、思い通りにならないものだと思った方が良いのではないかともありますが、これも思いが強い人には難しいようです。

そこで、必要になってくるのがむしゃくしゃした時の対処法なのです。

効果抜群な8個の対処法!すぐに解消しよう!

それではここからはお待ちかねのむしゃくしゃした時の対処法などをお教えしたいと思います。

ただ、覚える前に自覚してほしいこととしては、あくまで参考になる対処法です。

つまり、必ず成功するということを約束するものではありません。

また、覚えるだけでも意味がありません。

覚えて実践してこそ形になるのです。

そのため、しっかり覚えたうえであなたなりに実践してこそ効果が発揮されるのです。

効果が発揮されるだけで、必ずしも成功すると言うわけではありません。

よく日本人に多いのが必ず成功するから手を出すと言うパターンです。

しかし、よくよく考えてください。

必ず成功する方法や手段があるのであれば、あなたが手を出す前にすでにいろいろな人が手を出して今ごろ成功している人が世の中にあふれていますよね。

今の世の中を俯瞰してみてみてください。

成功者など一握りなのです。

つまり、必ず成功する方法などないのです。

つまり、成功するかどうかはあなた次第なのです。

あなたが方法や手段を知ってどう活かすかが、大事なのです。

これからお教えする対処法は大きくピックアップして8個ありますので、しっかり覚えましょう。

いきなりすべてをマスターするのは難しいのです。

故に、まずはあなたにとって身近なことやできそうなことから覚えていきましょう。

もしくは、読んでいてビビットきたものなどから覚えていくことも大切です。

とにかく慌てずゆっくりゆっくり確実に覚えていきましょう。

そんなこと言っても難しいものばかりなのではと思われる方も多くいらっしゃるかもしれませんが、そんなことはございません。

どなたでも簡単に覚えられるものばかりです。

難しいと思っているのは何を隠そうあなた自身ですよ。

まずはそのフィルターを外しましょう。

さらに肩の力を外してワクワクしながら読んで構いませんよ。

何よりも柔軟な姿勢になることが大切です。

大げさに言えば、傍観者になった気分で読んでも構いませんよ。

ぜひ、簡単に考えて読んで覚えて、あなたなりに考えて実践していきましょう。

いつまでもむしゃくしゃしていては意味がありません。

ぜひ、むしゃくしゃしない時を増やして少しでもあなたの人生を良くしましょう。

あなたの人生が面白くないと言うのは、あなた自身がそのように思ってむしゃくしゃしてしまうからなのです。

むしゃくしゃする場面を減らして、人生を良い方向へ向かわせましょう。

それではワクワクしながらじっくりお読みくださいませ!

1.カラオケにいく

むしゃくしゃした時にストレス解消法としてよく取り入れられているのがカラオケです。

要は自己満足にも近い遊びなので、無意識のうちにあなたの満足感を満たしてしまうので、むしゃくしゃした時に適しているものなのです。

最近では一人で行けるように一人カラオケのお店などもあり、一昔前よりは、ストレスを解消しやすい環境になっています。

友達といくと歌唱力や何を歌うのかなどを見られてしまうと言うことを気にしてしまう方は多くいらっしゃるかもしれませんが、最近はそんなところまで考えてカラオケができているのです。

また、漫画喫茶などにもカラオケ部屋ができるなど、カラオケの需要が伸びてきているとも言えます。

裏を返せば、それだけストレスをため込んでしまっている人が多くいらっしゃると言うことなのかもしれません。

また、歌うことでいくらかのカロリーも消費されていますので、プチダイエットにもなっているのです。

ストレスを発症しながら、プチダイエットもできるということを考えれば一石二鳥な方法ですね。

むしゃくしゃした時、歌唱力や曲などに関係なく歌ってしまうことが一番のストレス解消方法なのです。

ぜひ、カラオケに行きましょう。

歌を歌ってイライラを解消!

歌を歌うことは、声を出すことでもあり、実はこの声を出すと言う部分にストレス解消方法につながっているのです。

それは、声を出すことで、ため込んでしまっているものも同時に出すことができるのです。

つまり、むしゃくしゃする原因となった過去や思いなど、形にならないものは、声に出すことによって一緒に外へ出てしまうのです。

つまり、歌唱力や何を歌うのかなどを気にしている場合ではないのです。

そんなのを気にしているよりは、歌を歌って先へ進んだ方があなたの人生のためでもあるのです。

ぜひ、カラオケにいって歌唱力などは無視して、思い切って声に出して歌いましょう。

そのことで、形になっていないため込んだものを外に出すことができますよ。

声を出すことでスッキリする

前文でも述べたように声に出すことで、形になっていないものを外に出すことができるので、ため込む心配はないのです。

特にむしゃくしゃしてストレスをため込むタイプの人は、おとなしい感じの人が多いと思いませんか?

なぜかと、言いますと、おとなしいからため込んでしまうのです。

なぜか、日本は我慢の美学と言った感じに我慢することを美しい感じに見せてしまっているのです。

しかし、我慢は体に毒です。

これから、必要なのは我慢しないことです。

我慢しても体に毒ですよ。

我慢しないためにも、声に出してスッキリさせましょう。

2.紙に書いて破る


むしゃくしゃする嫌なことは形にない状態であなたの中に残ってしまうからむしゃくしゃしてしまうのです。

つまりは、形になって、壊してしまえば、多少なりともストレスの軽減にはなるのです。

先ほどは声に出して外に出すと言いましたが、それでも中に残ってしまうことも多いのです。

それで、形にして壊す方法ですが、その方法とはと言いますと、紙に書いて破ることです。

要は、紙という形にして壊してしまえばいいのです。

壊れたというものがビジュアルとして残るので、少しはむしゃくしゃが収まると言うのです。

つまりは、形のない状態であなたの心の中などに残ってしまうので、むしゃくしゃしてしまうのです。

形がないからうまくコントロールできない。

形がないから壊すこともできない。

そんなもどかしい状況だからむしゃくしゃしてしまうのです。

そんな時こそ単純ですが、このように形にして破るなどの壊す行為に走るのもありだと思います。

形にないものや見えないものはどう頑張っても消すことが大変です。

なぜなら、形にもないし、目に見えないからです。

それなら自分でなんだかの形にして壊してしまえばいいのです。

形にして壊してしまえば、そのビジュアルによってないものだという認識に潜在意識が勝手に働いてくれます。

嫌なことを書いて破くことでスッキリ!

嫌なことを紙に書いて破ることでスッキリするなんて本当?と疑ってしまっている人は多いと思います。

しかし、これは実は意外と効果があるのです。

要は疑って実践していないからそう思い込んでしまうのです。

なんでもまずはやってみるなのです。

ダメ元で進んでいかないと先へは進めませんよ。

特に日本人に多いのが確実に成功するものにしか手を出さないことなのです。

はっきり言えば、世の中に絶対成功する方法などないのです。

成功するかどうかはあなた手によるのです。

他で成功したからと言ってこっちで成功するとは限りません。

その辺りは肝に銘じましょう。

3.好きなことをする

むしゃくしゃした時には思い切って好きなことをするようにしましょう。

要は、あなたがむしゃくしゃしてしまう原因の中に、自分の時間を確保できないからということもあるのかもしれません。

なぜなら、人間は自分の時間を持てないことを極端に嫌がるのです。

つまり、そのような状況に陥らないためにも、自分の好きなことをするようにするのが大切なのです。

自分の好きなことをしている時間ほど、むしゃくしゃすることのない時間です。

つまり、これは無意識にそうなってしまっているのです。

なぜかと言いますと、むしゃくしゃしてしまうのも、あなたがそのむしゃくしゃすることに関して意識してしまっているからです。

意識していなければむしゃくしゃすることもないのですが、意識してしまっているからむしゃくしゃしてしまうのです。

では、意識しないためにどうしたらよいのかと言いますと、自分の好きなことをしてむしゃくしゃすることから意識をそらすことです。

そうすればむしゃくしゃすることへの意識もなくなるので、むしゃくしゃすることもなくなります。

要はあなたの意志や気持ち次第なのです。

趣味や読書など

好きなことと言っても、何が好きかはっきりわからないと言う方もいらっしゃると思います。

そんなときは自分を高めるチャンスと思って、何か新しいことにチャレンジするのもありですよ。

むしろ、好きなことを持っている人よりもチャンスが大きい感じがします。

例えば、趣味を好きなことにつなげるとか、もしくは、普段は読まない本を読書してみるとか、そんな感じで簡単に何かにチャレンジしてみましょう。

そうすることで、むしゃくしゃすることから意識がそれるだけではなく、新しい自分を発見することができるかもしれませんよ。

仮にそれで新しい自分が発見できたら、むしゃくしゃしたことに関して感謝しかありませんよね。

なんでも柔軟に考えることが必要なのです。

4.休む

むしゃくしゃしてどうしようもないのであれば、もうこの際、思い切って休むことも大切です。

なぜなら、休みがないとリフレッシュできないからです。

特に日本人は働きすぎです。

祝日は世界でも稀に見る多さですが、全体を通してみると、休みは世界の中でも少ない方です。

特に欧米人などにあるロングバケーションが日本にはないので、そこが世界とのギャップとも言えます。

そのため、休みが少なくてむしゃくしゃしてしまう人も多いのです。

または、休みがあっても仕事を考えないといけないために、休日に休んだ気になれないのです。

仕事に追われてストレスをためてむしゃくしゃしてしまう人は結構多くいらっしゃいます。

日本ほど、ワークライフバランスが整わない国はないと言われているほどです。

とにかく、むしゃくしゃしたら休む!仕事のことは考えずに、休んでリフレッシュしましょう。

そうしないと、あなたの体だけでなく、心も壊すことになってしまいますよ。

ぜひ、そうならないためにも、しっかり休みましょう。

休むことも仕事の1つです。

昔、あったCMでリゲインのような生活は今の時代では通用しないのです。

寝ることでリセット

よく言われていることですが、嫌なことは寝れば忘れると言いますが、実はこれ結構当てはまる方が多くいらっしゃるのです。

ただ、しっかりと睡眠をとらないと忘れることはできません。

軽い睡眠では、かえって疲れてしまい、ストレスが余計にたまってしまい、むしゃくしゃしてしまうのです。

つまり、ただ寝ればいいのではありません。

しっかりとぐっすり眠らないといけないのです。

本当に深く眠って夢を見るぐらいに寝てしまえばいいのです。

あとは、最高の空気の場所で寝ることです。

なぜなら、寝ているときほど、呼吸を激しくしているので、最高の空気でないと体も回復しないのです。

体が回復するからリセットすることができるのです。

5.散歩に出る

むしゃくしゃしたときは散歩に出ましょう。

なぜ、散歩かと言いますと、誰でもできるからです。

普段歩くところを散歩しても意味はないと思い込んでいる方は多いかもしれませんが、そんなことはございません。

むしゃくしゃしているときと、普通の時の目線は違うのです。

つまり、何かしらの発見があるかもしれませんよ。

または、人間の体は良くできているので、嫌な気分の時は視野を狭くしてしまうのです。

つまり、余計なものが目に入ってこないので、ストレスを軽減することができるのです。

また、空気を吸うことができるので、リフレッシュすることができますよ。

もしくは、いつもと違う道を散歩してみるのもありです。

いつもと違うことをするから面白いことなどを発見することができる可能性がありますよ。

最近、テレビ番組で散歩を題材にしたものが多いのはそのためと言われています。

要は、日本としても散歩を称賛しているのです。

ぜひ、むしゃくしゃした時こそ、散歩に出るようにしましょう。

散歩に出て新しいものを発見するか、もしくは、新しいあなたを見つけるようにしましょう。

そう考えると、散歩ほど、誰でもできて、チャンスを活かすことができるものはないのかもしれませんね。

自然と触れることでむしゃくしゃをなくす

小鳥のさえずりや川のせせらぎ、木々の揺れる音など、自然がおりなすものは実は最高の癒し効果があると言われています。

要は、フィーリング効果なのですが、最近はかなり注目されてきているので、東京などの都心部でも自然の良い場所を残そうとしています。

最も効果があるのはどこかと言いますと、はっきり言えば絶対的な定義はないのです。

ただ、なぜ自然にはこんな大きな力があるのかと言いますと、それは、自然の力は私たち人間が想像していることよりもさらに大きな存在なのです。

つまり、人間の考えで考えてはいけないのです。

そのため、自然には人間をも包み込む力があるのです。

ぜひ、ここは思い切って自然に甘えてみましょう。

6.運動をする

むしゃくしゃした時ほど、運動をすべきです。

なぜなら、運動は気分転換にはもってこいなのです。

運動に取り組んでいるうちにむしゃくしゃした理由などを忘れてしまうのです。

また、運動は体の循環の機能を向上させるとも言われているので、運動をすることで体が鍛えさることだけでなく、心も洗うことができるのです。

つまり、体だけでなく、心の中もスッキリするので、一石二鳥なのです。

運動ほどいいものはありません。

そんなこと言ってもきつくて息が切れてしまうから運動などできないと思っている方も多くいらっしゃるかもしれませんが、そんなことはございません。

なぜなら、運動=激しいというのはイメージです。

つまり、イメージに支配されすぎているのです。

激しくない運動もいっぱいあるのです。

すぐに息を切らしてしまうのであれば、息が切れない軽い運動をすればいいのです。

最近ではゆるスポと言うような感じでただ楽しいといった感じのスポーツを開発する人たちもいらっしゃいます。

このように運動=激しいというのはあくまで固定概念なのです。

早くこの固定概念を捨てて、軽い運動をするようにしましょう。

そうすれば苦しむことなくむしゃくしゃした感情を整理することができますよ。

むしゃくしゃする時こそ身体を動かす!

むしゃくしゃした時こそ、実は体を動かすべきなのです。

なぜなら、むしゃくしゃしている時ほど、体ががちがちになっている可能性があるので、体を動かしてほぐすことが大切です。

ほぐすことで心が落ち着きますので、むしゃくしゃしたようなネガティブな感情もなくすことができるのです。

体が硬くなっているので、肩の力が取れなかったり、しこりがたまったりしてしまうのです。

そんな状態で日々の生活をするとかえって疲れるだけです。

それよりもほぐれた感じで柔軟な感じになっているときこそ、何をしても楽しい状態になっているのです。

8.誰かに話す

むしゃくしゃしたものをアウトプットせずにいると、ストレスが溜まってしまうのです。

つまり、誰かに話したほうが良いのです。

そう言われると、聞く相手に失礼なのではと思う方も多くいらっしゃるかもしれませんが、それはあなたの話し方に問題があるのです。

ただの愚痴や文句になってしまうと、相手も嫌がるのです。

ここは相談に乗っていただくという感じに話せば何も問題はありませんよ。

要は、どう伝えるのかが大切になってくるのです。

または、自分の弱さを表に出すような感じがして、ネガティブに思えてしまう人もいらっしゃるのです。

しかし、ため込んでしまっている方が余計にネガティブになるし、弱い自分を無意識にさらけ出してしまう危険性があるのです。

つまり、むしゃくしゃしたのであれば、さっさとアウトプットしてしまえばいいのです。

アウトプットすることで、いくらか楽になることができますよ。

いつまでもアウトプットせずに中にため込んでしまうからストレスになってむしゃくしゃしてしまうのです。

また、くさっていて重くなるので、余計に中から出ていかなくなってしまうパターンもあるのです。

そうなってしまうと意味がありません。

しっかりアウトプットするようにしましょう。

友達や家族に話しを聞いてもらう

では、誰に話せばいいのかと言いますと、絶対的な決まりはありません。

絶対的な決まりはないので、誰でもよいのです。

しかし、それなら気のしれた仲の人が良いと思います。

特に友達や家族がいいのではないかと言われています。

ぜひ、気のしれた人に話してスッキリさせましょう。

話す時のポイントは、相手からいいアドバイスを頂けるという考えを捨てることです。

むしろ、聞いてくれることに感謝しましょう。

むしゃくしゃすることはよくあること?

ここまでの説明でむしゃくしゃすることに関してあまりいい印象を持たれた人はいらっしゃらないと思います。

しかし、生きていく中でむしゃくしゃしてしまうことは結構多くあるのです。

では、実際どのような時にむしゃくしゃしてしまうのかと言いますと、まずは納得のいかないときです。

仕事などをしていて納得のいかないことは、多くあると思います。

そのため、今の日本には意外とむしゃくしゃしてしまう人は多いのです。

または、気分が悪いときです。

気分はその人の心をコントロールすることなので、気分が悪いとむしゃくしゃしてしまうのは当然です。

さらに言うと、不愉快に感じているときです。

不愉快な気分でいると言うことは、何か悪いことがあった証拠です。

そのため、むしゃくしゃしてしまう可能性が非常に高いのです。

あとは、喧嘩をしたときです。

ケンカをすると勝っても負けても気分を悪くしてしまうので、むしゃくしゃしてしまうのです。

ケンカからは何も生まれませんよ。

そして、疲れているときはものすごくむしゃくしゃしてしまうのです。

なぜなら、疲れていると頭の回転が鈍くなってしまうので、判断がしにくくなるので、余計にストレスがたまって、むしゃくしゃしてしまうのです。

むしゃくしゃしてしまう人の特徴とは?

それではむしゃくしゃしてしまう人の特徴はと言うと、結構いろいろあります。

まずは、短期な人です。

短期だから常にイライラしているか、何かにつけて怒ってしまう人なので、常にむしゃくしゃしているような感じなのです。

さらに、短気と同じような感じで、すぐに怒る人もむしゃくしゃしてしまう割合が大きいです。

すぐに怒るということは、それだけ心に余裕がないのです。

まずは心に余裕を持ちましょう。

さらに、イライラしやすい人もむしゃくしゃしてしまう人の可能性が高いのです。

イライラからは、ストレスしか生まれません。

気を付けましょう。

あとは、不満足に感じてる人です。

今の世の中、なかなか満足感を満たすことができないのが現状ですが、不満足に思ってしまっては意味がありません。

さらに言うと、ストレスを抱えている人です。

ストレスからは難病かむしゃくしゃしか生まれないのです。

つまり、常にこのように余裕を持てない人がむしゃくしゃしてしまう可能性が高いのです。

あまり怒りっぽいような性格の方は気を付けましょう。

むしゃくしゃしてしまう危険性が高いですよ。

むしゃくしゃする時はすぐに行動を!

むしゃくしゃしてしまったらとにかく行動のあるのみです。

行動しないと意味がありません。

そのままにしておくことが一番危険なのです。

そのままにせず、行動してため込むのは辞めましょう。

それがあなたのためでもあり、周囲の人のためでもあるのです。

ぜひ、実践しましょう。