いつの時代になっても人をバカにする人ってなかなかいなくなりませんよね。

どうして人間ってあんなにも人をバカにしたがるのでしょうか?

特にそれが顕著なのが日本なのです。

では、なぜかと言いますと、それは小学生のころからトップを取るための教育を受けてきたからです。

つまり、トップに立つために相手を蹴落とさなけらばならない。

または、下になる相手を見つけないといけないなど、トップは無理でもとにかく最下位にならないようにしないといけないと考えてしまい自分より下の人を見つけようと考えてしまうのです。

下でなくても、バカにして落ち込ませて、自分の方を優位に見せようとも考えてしまうので、相手をバカにしようと考えてしまうのです。

とくに分かりやすい例としては、長らく日本の社会に根付いてしまっていた年功序列です。

この文化的なもののために今までも日本は年上の人の方が偉いと言う勘違いした文化が残っています。

しかし、そんなことがないことはここ数年の社会を見ていれば如実にわかっています。

しかし、それでも年上というだけで年下を見下したり、高学歴と低学歴というだけで相手を見下す文化がいまだに根強く残っています。

いったい人をバカにして何が楽しいでしょうか?

それは人をバカにしている人にしかわからないことです。

では、その楽しさをわかりたいと思いますか?

おそらくほとんどの人は、わかりたいと思う人は少ないと思います。

はっきり言えば文化のような感じで根強く残っていますが、人をバカにする行為は外から見ているとそんなにいいことではありません。

と、言うよりも完全に人から引かれてしまう行為です。

そうとわかっていながらも、なぜそのようなことをしてしまうのでしょうか。

特に仕事をしていてわかると思いますが、仕事ができない人に限って部下をバカにすると言うパターンが多いと言うことに気づいている人は多いと思います。

そう、実は人をバカにする人のほとんどは仕事ができない人が多いのです。

なぜかと言いますと、その人たちも部下の時代にいじめられてきたからです。

つまり、負の連鎖を続けているのです。

そこで、今回こちらの記事では、人をバカにする人の心理などの情報をまとめましたので、ぜひ、参考にしていただきまして、そのような人たちから自分の身を守りましょう。

そして、自分も人をバカにしないように気を付けましょう。

人をバカにする行為ほど、愚かでバカげた行為はありません。

最低な人間になるのだけは辞めましょう。

人をバカにする人って意外に多い


人をバカにする行為は最低なことと言われていますが、それでも人をバカにする人は意外と結構多くいらっしゃるのです。

困ったことです。

しかし、なぜそんなにも人をバカにしてしまうのかと言いますと、1つは自分を優位に立たせるため、2つ目は腹が立つことなどがあった場合のストレス解消方法です。

そのため、自分より立場の弱い相手に対して馬鹿にする行為をしてしまう人は多いのです。

さらに最近多いのがインターネットの世界で人をバカにする行為です。

この行為の酷い部分は、確たる証拠もないのに、人を誹謗中書してしまうだけでなく、素性を明かさずにそのような行為を続けるのです。

匿名性になっているからといって好き勝手してしまう人が増えてきているのです。

しかし、匿名性は守られているとはいえ、サイバーポリスなどが調査すればすぐにわかってしまうのです。

つまり、匿名性で攻撃していても素性はばれていると思っても過言ではありません。

また、バカにする人たちは同じく相手をバカにする人たちで集まって、集団で一人をバカにするような行為をするので、卑怯者にように見えてしまうのです。

というか卑怯者です。

意外と多くいらっしゃると言いますが、多いのは確かかもしれませんが、それ以前に、人をバカにする人は他の人よりも目立ってしまうのです。

目立ってしまうために、多くいるように見えてしまうのです。

また、目立ってしまうので、悪影響を受けてしまう人もいるので、多く見えてしまうし、そうならないと自分もやられてしまうと思って相手をバカにしてしまう人もいらっしゃるのです。

ある意味、悪循環ですよね。

ほとんどの人は人をバカにする行為はマイナス的なことだと思ってはいるのですが、自分を守るために相手をバカにしてしまう人もいらっしゃるのです。

それぐらい今の日本社会は荒んでしまっているのです。

人をバカにして最終的に傷をつくのは、何を隠そうあなたですよ。

人は放った言葉は自分に返ってくるのです。

つまり、相手をバカにしていると、最終的にあなたもバカにされてしまうのです。

つまり、人をバカにするような行為をしてしまう人は負のスパイラルにはまってしまっているのと同じなのです。

悪循環の輪の中にはまってしまっているので、なかなか抜け出せないのです。

ある意味、人をバカにするのは良くありません。

人をバカにするのはやめて共生していきましょう。

これから競争ではなく、共生です。

競争では生き残れなくなってしまっているのです。

人をバカにする人の12個の心理とは?

それではなかなかいなくならない人をバカにする人ですが、一体どんなことを考えたり、どんな心理状態なのか知りたいと思う方は多くいらっしゃると思います。

ただ、おそらく普段から人をバカにしている人は、実は無意識に人をバカにしてしまっていると思います。

なぜなら、人をバカにすることがすでに習慣化されてしまっているのです。

こうなると、もう手遅れと言っても過言ではありません。

なぜなら、一度習慣化されてしまうと、大変なのです。

よく言われている言葉がありまして、「心が変われば行動が変わる行動が変われば習慣が変わる習慣が変われば人格が変わる人格が変われば運命が変わる」この言葉にあるように習慣は生きていくうえでものすごく大切になってくるのです。

つまり、もしかしたら知らぬ間にあなたも人をバカにする人の心理に近くなってしまっている。

もしくは、もうすでにそのような心理状態になってしまっている危険性が高いのです。

ここではまずしっかり人をバカにする人の心理を覚えましょう。

要は、今まで知らなかったからそのような心理状態になってしまうのです。

心理を知っていれば、あなた自身をストップできる可能性が高いのです。

大きくピックアップして11個の心理状態をご紹介しますので、ぜひ、しっかり覚えましょう。

いきなりすべてを覚えるのは難しいので、まずはあなたにとって身近なことや、読んでいてビビット来たものなどから覚えていくといいかもしれませんよ。

すぐにすべてを覚えることなど難しいのです。

まずは焦らずゆっくりゆっくり確実に覚えていきましょう。

そんなこと言っても、難しい心理状態ばかりなのではないのかと思われる方もいらっしゃるかもしれませんが、そんなことはございません。

どなたでも簡単に覚えることができることばかりですので、ぜひ、難しく考えずに簡単に考えていきましょう。

柔軟に考えることが先へ進む第一歩ですよ。

また、人をバカにしても傷つくのは自分だと前文でも申してますように、人をバカにしても、実は自分のことをバカにしているようなものなのです。

なぜなら、相手は自分を映す鏡なのです。

つまり、人をバカにしてしまう原因はあなたが馬鹿にされてしまう原因とイコールになっているのです。

相手をバカにするのではなく、相手には感謝しかないのです。

なぜなら、あなたのマイナス的な部分を見せてくれるありがたい存在なのです。

馬鹿にしないで、感謝するようにしましょう。

人より優位に立ちたい

人をバカにする人のほとんどが自分が優位に立ちたいから相手をバカにしているのです。

要は、トップは無理でも最下位だけは免れたいというのが本音なのです。

特に日本の場合、トップを目指すように競争意識の教育を植え付けられてきたこともあり、とにかく相手には負けたくないのと、最下位だけは避けたいと言う気持ちが強いのです。

そのために職場などで最下位のポジションになりそうなときは、自分より弱いタイプを見つけて、下げようとしてバカにするのです。

おそらく、最初のうちはそんなことを意識していなかったかもしれませんが、会社の中がそのような環境であると、意識していなくてもそのような感じになってしまうようになっているのです。

環境が習慣に大きな影響を及ぼすとはこのことを言います。

そう、実はほとんどの人が防衛として体が心が勝手にそのように動いてしまうのです。

人間はどこか本心で落ちこぼれにはなりたくないと言う考えを持っているのでそうなってしまうのです。

相手より優位に立ちたいと思う気持ちは仕方がありませんが、相手をバカにして優位に立つよりも、相手よりいい成果を出して優位に立つ方がかっこいいですよ。

ぜひ、そうしましょう。

優位に立つのならカッコよくです。

自分の身を守りたい

人間の本心には自分を傷つけたくないとか、自分を守りたいという防衛意識が無意識の塊ような感じに存在しています。

つまり、相手をバカにしてしまう人は、自分のことを必死で守りたいという意識が強いのです。

防衛意識のために相手をバカにして、自分の身を優位な状況においておきたいと思うのです。

そのため、相手をバカにして、周囲に自分はあの相手よりは優れていると言うことをアピールしたいだけなのです。

よくよく考えるとかなり愚かな考え方だと思います。

そんなに自分が可愛いのではあれば、自分を高めていけばいいだけの話です。

今の自分にうぬぼれているからそうなってしまっているのです。

人間は死ぬまで完ぺきではないと言われています。

つまり、ちょっとばかり成功したり、かっこよくなったからと言って完璧と言うわけではないのです。

しかし、若いうちに完璧を目指す思考が強い人は完璧を目指しながら、いつしか相手をバカにして自分は完璧という姿を周囲に見せようとしているのです。

しかし、何度も言いますように完璧な人間などいません。

完璧を目指すことを悪いことではありませんが、それを相手と比較して完璧に見せようとするから相手をバカにしているように見えてしまうのです。

自分を守ることも大切ですが、相手を下げるのだけは辞めましょう。

人に馬鹿にされたくない

人にバカにされたくないから相手をバカにすると言う方はいますが、ある意味矛盾していますよね。

なぜなら、自分がされたくないことを相手にしているのですある意味、卑怯者と言ってもいいぐらいの行為をしているのです。

相手にバカにされたくないのは、人類の共通の考えと言っても過言ではありません。

それゆえにあなたもそう思っているのであれば、相手にしてはいけないのです。

結局、相手に対して馬鹿にしてしまう行為をしているから、めぐりめぐってあなたもいずれはバカにされてしまうのです。

そんな負の循環に陥るのは嫌ですよね。

相手をバカにすること以外にも、ご自身がやられて嫌なことは相手にすべきではないのです。

相手はあなたを映す鏡です。

相手が嫌がっているのであれば、それはあなたも嫌がる行為でもあるのです。

つまりは、自分を守るために行う行為は、相手をバカにする行為ではなく、自分がされて嫌なことを相手にしないことが自分を守るための手段とも言えます。

ぜひ、負の連鎖をあなたが食い止めましょう。

下の人間を探すのが得意


相手をバカにする人の特徴としては、自分より下の人間を見つけるのが得意なのです。

なぜなら、そのような人のアンテナは、自分より下の人を見つけるのに敏感になっているのです。

そのため、自分より下の人間を見つけるとバカにしないと気が済まないような感じになっているのです。

ある意味、愚かな人間なのです。

下の人を見つけてバカにして何になると言うのです。

この姿が如実になるのはまずは高校の時です。

センター試験や大学入試などの時に、あまり点数が良くなかったときなどに、あの高校の生徒よりはマシだ言う感じに、あえて自分は最下位ではないことをひたすらアピールしようとするのです。

また、社会人になってからは、大学の学歴で相手を上か下かで見てくる人が多いのです。

特に国公立大を出ている人は、名も聞かない私立大卒業の人を見下す傾向が強いのです。

一昔前であれば、学歴差別はありましたが、今はもう学歴が関係なくなってきています。

むしろ、大学を卒業した人ほど、社会の適正能力がないような感じに見られてしまっているのです。

これから、必要なのは情報を見極める力です。

高学歴でも情報を見極める力がないと意味がないのです。

相手を見下す暇があるなら少しでも有益な情報をゲットできるように見極める力を身に付けましょう。

周りから認められたい

相手をバカにする人のほとんどは、承認欲求が強い人の傾向があります。

なぜなら、周囲に認められないと生きていけないと思っているからです。

特に日本人の場合、集団意識が強いので、その集団に認められたいと思うことが多々あるのです。

そのために、自分はすごい人間だと言うことをアピールしたく、それが間違った形でのアピールになってしまうのです。

相手をバカにすることで確かに、すごいと思われるかもしれませんが、それはその時だけです。

普段の生活などを見ていると、すぐに見透かされてしまいますよ。

つまり、そのようなアピールはあまりいい方法ではないというか、全然良くないのです。

それよりかは、しっかり仕事などをきちんとして周囲に認められる方がかっこいいですよ。

人間どこかで履き違えてしまっているのです。

アピール方法を、では、しっかりしたアピール方法を学ぶにはどうしたらよいのかといますと、世で言われている成功者やあなたが憧れる人のアピール方法を見ることです。

要は人から学ぶのです。

ほとんどこのような人は相手を見下すことはありません。

仮に見下している人がいましたら、その人は成功者でも憧れの対象になる人でもありません。

自分に自信がない

相手をバカにすることを裏を返せば、それだけ自分に自信がないと言うことです。

自分に自信がないから相手をバカにして、自分を優位に立たせようとするのです。

よく同じような感じの人は、みんながというような感じで、みんなを盾にしていることです。

みんなを盾にして自分だけではないということをアピールする人は、実は、相手をバカにしている人の割合が大きいです。

ただ、何度もお伝えしていますように、人をバカにしている人のほとんどが、無意識にしてしまっているのです。

要は習慣化してしまっているのです。

そのような環境にいたからかもしれませんし、もしくは、付き合っていた人たちがそのような人ばかりだったからと言ういろいろなことが考えられます。

しかし、すべては自分に自信がないに直結しているのです。

自分に自信がないから、周囲に合わせてしまう。

自分に自信がないから相手をバカにして優位に立とうとしてしまうのです。

では、どうすれば自信を持つことができるのかと言いますと、自分を信じることです。

簡単に言っていると思うかもしれませんが、今の自分を直視できないから自信を持つことができないのです。

まずは自分を信じましょう。

自分の事は棚に上げる

自分のことは棚に上げて、相手のことばかり言いたがる人はいますよね。

要は、自分の行動は100%と正しいと思い込んでしまっているのです。

そのため、自分の言うことは絶対だと思い込んでいるので、相手のマイナスな部分を思い切り指摘してくるのです。

このような人は、相手から指摘されても聞く耳を持っていないので、まったく効果がありません。

ただ、厄介な人間なだけです。

このような人はいずれ、誰もついてこなくなってしまうのです。

ある意味、このような人はいつ気づくかが勝負になってしまいます。

まあ、ほとんどは振り向いた時に気づくパターンが多いので、やり直しが効かないということもありますよ。

そうならないためにも、自分のことは棚に上げずにしっかり、自分も見つめましょう。

あなたのマイナスな部分を取り除けば周囲が良くなることもあるのです。

プライドが高い

相手をバカにする人は、プライドが高い人が多いです。

プライドの高さゆえに相手には負けたくないと思いこんで、相手をつぶそうと考えてしまうのです。

そのため、相手を見下したり、バカにしたりするのです。

プライドが高いことには、何も問題はありません。

ただ、それに悪影響を受けてしまうことが良くないのです。

プライドを高く持ったのであれば、むしろ他人と比較しない方がよいですよ。

他人とあなたは別物なのです。

別物なのに、比べないといけないのは大変なのです。

人間は物差しなどの測りで測ることができない存在なのです。

プライドを高く持ったのであれば、その分、自信も大きく持つようにしましょう。

そうすれば何も問題はありません。

問題なのはプライドを高く持っているのに、自信がないことです。

自信がないと高いプライドもただの邪魔なものになってしまうのです。

それではせっかく持ったプライドがもったいないですよね。

ぜひ、相手をバカにしないためにも、プライドと一緒に自信も持つようにしましょう。

相手の為と思って言っている

相手をバカにする人で最も厄介なのがこのパターンの人です。

要はバカにしていることもあなたのためだという感じに相手を諭してくるのです。

しかし、相手のためならばバカにする必要はありません。

このように言うことで、相手に自分がいけないのだというような認識にさせて散々バカにするのです。

はっきり言えば、相手に自分のことがわかることなどありません。

なぜなら、人間は地球上で唯一、意思と言うものを持って生まれてきた動物なのです。

相手が何をどう考えているのかなど、わかることは難しいのです。

それなのに、相手をわかった気になって話す人は多いですよね。

相手の気持ちなんてわからないと言ってしまうと、なんだか冷たい人のような感じがしますが、そうでもありません。

相手も勝手に自分の気持ちを推測されてもうれしいとは限りません。

相手のことを考えると言うのは、相手の気持ちを理解するのではなく、相手に寄り添うことです。

そこを履き違えると、あなたのことを思ってという感じになってしまうのです。

相手のためを思うのであれば、バカにするのは辞めましょう。

かまってほしい

とにかく誰でもいいから相手にされたいと思って相手をバカにしてくる人は結構多くいらっしゃいます。

なぜかと言いますと、それがかまってちゃんのしぐさだからです。

そのために、ありとあるゆる方法で相手を自分に振り向かせようとするのです。

しかし、本当に構ってほしかったら、相手のいいところを指摘して、相手に喜んで頂くようにしましょう。

その方が双方にとってもいいですよね。

相手をバカにしても、結局はあなたも相手からバカにされてしまうだけです。

ただ、何度も言いますように無意識にしてしまっているので、なかなか治すことが難しいのです。

まずは、構ってほしいのであれば、誰を決めて、さらにその人の良い部分を見つけて指摘するようにしましょう。

他人と自分を比較する癖がある

相手をバカにしてしまう人は習慣として、相手と自分を比較してしまう癖を持っています。

そして、比較した結果自分が劣っているものが見つかると悔しいので、相手が自分より劣っている部分をひたすら見つけようとします。

そして、見つけてはひたすらその部分を攻撃してくるのです。

ある意味、嫌な人間の代名詞です。

なぜ、そのような癖がついてしまったのかと言いますと、学校教育の中でテストの点数での順位つけやスポーツなどでの順位付けなど、競争することを無意識のうちに埋め込まれたからです。

つまり、今の日本の教育の根底が大きな影響を及ぼしていると言っても過言ではありません。

このようにナンバーワンを争う人が多いので、なかなか新しいものが出てこないのです。

ナンバーワンよりオンリーワンに気づいた人が世で言われている成功者に近いのです。

嫉妬深い

人をバカにする人は、ねちねちしている人が多いです。

要は、責任を背負いたくないとような感じの人です。

何かに置いて失敗すると、いつまでもそのことを指摘してくるのでたまったものではありません。

ある意味、いつまでたっても過去のことにこだわっている人のことを言います。

このようなタイプはものすごく昔のことでも、その栄冠に浸ってしまっているので、今の時代を受け入れられない方が多いのです。

つまり、ねちねちしている人は、時代遅れな人のことを言うのです。

もしくは、自分によっている人のことも言います。

嫉妬深いととにかく面倒くさいことばかり言ってくるので、そのうち誰もついてこなくなりますよ。

他人の評価を下げたい

今の社会は評価社会です。

そのために、自分の評価をよくするために、他人の評価を下げようとしてしまう人が多いのです。

その代表的な人が相手をバカにする人のことを言います。

相手をみんなの前でバカにして評価を下げようとするのです。

相手の評価が下がれば、自分の立場優位になると思い込んでいるのです。

このようなタイプの人のほとんどは計算して相手をバカにしていると言うよりかは、無意識に相手をバカにしています。

少しでも評価いいの環境にいたことがある人は、そのような行動が習慣化されてしまっているのです。

相手の評価を下げても意味はないですよ。

ストレスが溜まっている

まあ、ストレスの発散として相手をバカにしたがる人は多いです。

なぜなら、それがもっともなストレス発散方法になってしまっているのですから、つまりは、イライラした人には近寄らないことです。

イライラしているので、相手をいじめたくて仕方がないという感じになっています。

相手をバカにしないためにも相手を巻き込まないストレス発散方法を考えましょう。

バカにされた時のベストな対処法教えます!

ここまでの説明でバカにすることに関していかに愚かなことかわかったと思います。

しかし、それでも人をバカにしてくる人はいらっしゃいます。

なぜかと言いますと、無意識にしてしまっているのです。

だから、愚かなこととわかっていてもしてしまうのです。

しかし、実際自分が馬鹿にされたらと思うと怖くて仕方がありません。

そこで、ここからはバカにされた時のベストな対象法をお教えします。

馬鹿にされないために相手をバカにするのではなく、負の連鎖を断ち切るために必要なことですので、ぜひ、マスターしましょう。

まずは、本当に簡単なことですが、気にしないことです。

気にしてしまうと言うのは、実はバカにしてきた相手に対して少しばかり意識してしまっていると言うことです。

意識してしまっているからそうなってしまっているのです。

また、バカにされたらさり気なく話を変えるのも手です。

なぜなら、相手はその話題でしか勝負できないからです。

さらに言えば、自分の意見を言い返すのもありです。

意外と言い返されることを想定していないので焦ってしまう危険性がありますよ。

もしくは、真顔で対応してみるです。

結局、バカにされた時にあなたが興奮する姿を見たいだけなのです。

真顔で冷静にいられることこそ、相手にとっては嫌なことはありませんし、逆に相手がダメージを受ける可能性もあります。

または、心の中で相手をバカにしてみるのもありです。

なぜなら、相手には伝わらないので、相手を傷つけることはありません。

もしくは、大人になって、可哀想だなと思うことが大切です。

馬鹿にして結局は自分に返ってくるのにと思うぐらいの強さが必要です。

あとは、冷静になってとりあえず受け入れておくことが必要です。

バカにされた相手を見返したい!そんな時は?

バカにされた相手を見返したいと思うのは仕方がありません。

誰だってバカにされるのは嫌なのです。

そこで見返したいと思った時の対処法はと言いますと、まずは、恨むことはしないことです。

恨んでも意味はありません。

同じ土俵に乗るだけですよ。

それだけバカにされたのであれば、悔しさをバネにする必要があります。

悔しさのばねほど、大きく伸びるものはありません。

さらに言えば、今よりも自分磨きをするチャンスだと思うことも大切です。

とにかくバカにされても前向きに考えるべきです。

あとは、その人だけに認めてもらおうとしないことです。

なぜか人間はそのような方にこだわるのです。

何とかしようと思わない方が身のためです。

バカにされるのはむかつくけど自分もそうならないように注意しよう!

バカにされることが嫌なのはよくわかったと思います。

しかし、大切なのは、バカにされないことではなく、相手をバカにしないことです。

変に若いうちに悟った感じになるのは辞めましょう。

悟っても意味はありませんよ。

相手をバカにするのは辞めて、負の連鎖を断ち切りましょう。

『あなたの恋愛運は大丈夫?不幸の原因はこれかも』

記事下_無料でオーラ鑑定_0718