ダイエットして、メイクを勉強して、自分に似合う服や髪型を研究して…。

世の中の女性は、大好きな彼氏にずっと好きでいてもらうために、日々努力をしているはずです♪

大好きな彼のことを思うと、今よりも綺麗になりたいという気持ちが湧いてきて、エステやジムに通ったり、食事に気を使ったり、化粧品にお金をかけたりと、自分磨きに努力を惜しまない女子達は多いでしょう。

しかし、見た目が可愛く見えるよう気を使っている女子達も、案外気を抜いてしまうのが下着。

特に女性は、普段使いとデート使いの下着を分けている人が多く、洋服や髪型、メイクは完璧だったけど、下着は手を抜いてしまっていた…なんて女子も多いのではないでしょうか?

そして、彼といざという瞬間、彼が下着を見てドン引き…という経験をした女子もたくさんいるはずです。

下着で失敗したという経験は恥ずかしくて友達に言えないもの。

仲が良い友達同士の会話で語られることはないものの、下着で失敗した女子は、意外にもたくさんいます。

下着が原因で彼と気まずくなって、別れてしまったとい女子もたくさんいるのではないでしょうか?

また、意外にも男性が望む下着を理解していない女性も多くいます。

完璧だと思って身に着けていた下着が、実は男性からドン引きされていたなんてことも…。

下着の色や形は、男女のこだわりは異なるので要注意なポイントといえます。

今回のテーマは、「下着」について。

男性が「彼女のパンツを見てガッカリ…」しまう下着についてや、男性をガッカリさせない下着選び、また男性が好む下着について、詳しくお伝えしていきたいと思います♡

男性からガッカリされた?そんなことありませんか?

彼との幸せな時間…♡

ドキドキしながら彼との素敵な時間を過ごす予定だったのに、ふと彼の顔を見ると、表情が引きつっていて、ラブラブな時間も終了。

その日は彼がその気になってくれず、何事もなく終了。

そんな経験をしたことがある人はいるのではないでしょうか?

女性は年齢を重ねると、下着は、色や形よりも機能性を重視しがち。

透けないベージュを選んだり、ブラジャーの形が洋服に出ないように柄がないものを選んだり。

はたまた、お腹や太もも、お尻をキュッと引き締めて見せるような下着を選んでしまいがち。

また、寒い季節になると、冷え性などの問題を抱えている女子も多く、お腹を冷やさないように毛糸のパンツを履いたり、重ね着をしたり、また下着にホッカイロを貼っているという女子も多いのではないでしょうか。

彼と何もない日であれば、大好きな彼から見える見た目が完璧であれば良いでしょう。

ガードルを履いて引き締めて見せれば、スタイルが良く見せますし、「見た目」だけは完璧に見えるはずです。

しかし、何もない日を予想できる女子はあまりいないはず。

二人の気持ちが盛り上がれば、最初はその気はなかったとしても、想いが止められない日はあるはずです。

そんな時に、男性がガッカリしてしまうような下着を身に着けていた日には、男性のテンションは急激に下がってしまうもの。

後々引きずってしまい、あなたへの好意が半減してしまうなんてことも引き起こしかねません。

男性はいくつになっても、女性の下着には理想を抱いてしまうもの。

機能性よりも、ドキドキしてしまう下着に憧れを抱いています。

だからこそ、デートの時は、どんな時であっても、下着にも気を使う必要があるのです。

なぜ男性はガッカリしてしまう?

幼少期の頃の男性にとっては下着というのは未知なる世界。

健康男児であれば、洋服の中にどのような下着を身に着けているか想像するものです。

そして、いつも見えない下着が、偶然にでもチラリと見えた時は、ドキドキそのもの(笑)見ないふりをしても、ガッツリ見ているのが男の性といえるでしょう。

男性にとっては下着というのは神秘的なものですので、まさか女性がガッカリするような下着を身に着けているとは夢にも思いません。

女性はきっと自分好みの可愛らしい下着を身に着けているはずだと信じて疑わないため、彼女の下着姿を見た時、自分が想像し得ないものを身に着けていると、異様にガッカリしてしまうのです。

ガッカリ下着を身に着けるということは、夢見心地でドキドキな彼を、急に現実に突き落とすような行為といっても過言ではありません。

男性とのデートのときは、男性が好むような下着を身に付けなくては、百年の恋も一気に冷めてしまいます。

下着は男のロマン


下着は男のロマンといっても過言ではありません。

いつも見えないものが見えるというのは、男性にとってはドキドキする瞬間そのもの。

男性は好きな女性がどんな下着をつけているかというのは100%想像しています!(笑)

そして、想像しているからこそは、見て確認したいと思うものなのです!

下着がボロボロだと色気がない…

いくら魅力的な女性であっても、大好きな女性であっても、身に着けている下着がボロボロだったら、好きという気持ちは半減してしまうもの。

ボロボロの下着を身に着けている女性に色気を感じる男性は皆無だと言えます。

そもそも、自分が好きな女性が、ボロボロの下着を身に着けているなんて、男性は夢にも思っていません。

きっと可愛らしい下着を身に着けているはずだと信じて疑わないのです。

そのため、自分の大好きな彼女がボロボロの下着をつけていた現実を見た時は、一気に恋愛感情が冷めてしまうもの。

たかが下着、脱いだら同じでは?と女性は思うかもしれませんが、男性にとっては、女性の下着というのは、「たかが」なんて言葉をつけることなんてできない、魅力的なものなのです。

デート中に、身に着けてきた下着がダサかったことに気づき、安易に(見られなかったら良いだろう。)と考える女性がいますが、それは考え方が甘いです(笑)

男性は、必ず下着を密かにチェックしています。

そもそも、下着を脱がせたいと思う男性がほとんど。

自ら下着を脱いでしまったら、それはそれでガッカリされてしまうので、要注意ですよ!

彼女のパンツにガッカリ…。男性の気分を下げるNG下着11選!

男性が好む下着とはどんなものだろうと悩む女子も少なくないはず。

女性は、下着を選ぶときはどうしても機能性を重視してしまうもの。

洋服から透けないか、つけづらくないかという点で、下着を選びがちになります。

ランジェリーショップには、本当に様々な下着が売っています。

しかし、さすがに男性をランジェリ―ショップに連れていけるという人はおらず、ランジェリーショップに、男性がいるという光景を目にしたことはないはずです(笑)

そのため、案外彼が好きな下着というのを知らない人が多いといえます。

案外、自分が選んでいる下着が、彼にとってはガッカリ下着なんてケースも…!

では実際に、男性の気分を下げるNG下着を11種類ご紹介していきたいと思います♪

1.キャラクターもの

キャラクターものの下着は、男性から見ると色気がない下着ナンバーワンとも言えます。

キャラクター物の下着は可愛いですが、大人の女性なら避けたい下着。

身に着けても良いですが、家の中でリラックスしたい時だけとした方が良さそうです。

そもそも、キャラクターものの下着というのは、大人向けに展開されているものもありますが、どうしても子ども服売り場で売っているイメージが強いです。

そのため、自分の彼女がキャラクターものの下着を身に着けていたら「イタイ子なのかな?」と思われてしまいがち。

キャラクターファンで、好んでキャラクターものの下着を購入する人もいるかもしれませんが、キャラクターものの下着は彼氏でなくてもドン引きしてしまうもの。

例えば、急に救急車などに運ばれたときに、キャラクターの下着を身に着けていたら、恥ずかしいと思いませんか?(笑)

キャラクターが好きで集めているというのは仕方ないですが、その下着を身に着けるというのは、普段から避けた方がよいといえます。

キャラクターものの下着は、大人の女性であれば選んではいけない下着の1つだといえるでしょう。

2.穴があいている

下着には寿命というものがあります。

気に入っている下着であれば、繰り返し何度も着用してしまうものですが、寿命が来れば下着は穴があいて、ボロボロになってしまうもの。

気にっている下着だからと、穴があいた状態でも身に着け続けるのは禁物です。

下着によっては上手くフィットしなかったり、きつく感じたり、慣れるまでに時間がかかったりと、自分に合う下着を見つけるのは困難を極めます。

そのため、穴があいたとしても、気に入った下着を手放したくないという気持ちは理解できますが、男性からみたらドン引き下着。

穴が空いたら潔く捨てるのがイイ女ですよ!

3.のびのびでダボダボ

下着というのは、購入した当初はきつく、慣れるまでに時間がかかるもの。

とはいっても、のびのびでダボダボな下着を身に着けることはNG。

確かに、のびのびでダボダボな下着は、身に着けていて非常に楽かもしれませんが、下着の機能すらも最大限に発揮できていませんし、彼氏からだらしない女性と思われてしまう下着です。

のびのびでダボダボの下着というのは、今すぐ捨てるべき下着。

機能性も発揮できず、男性からもドン引きされる下着というのは、持っているべきものではありません。

むしろ持っているだけで、女子力を下げてしまう下着ですので、早急に捨てましょう。

4.ブラとパンツがバラバラ

慌てているときにやってしまうのが、ブラとパンツがバラバラになってしまうということ。

いざという時に、自分でもびっくりなんていう経験をしたことがある女性も多いのではないでしょうか。

やはり、下着というのは上下合わせるべき。

デート直前に慌ててしまうのであれば、事前に洋服と一緒に下着も準備しておくことが大切。

デート服は時間をかけて選ぶのに、下着のことは忘れがち。

爪が甘いと言わざるを得ません。

ブラとパンツがバラバラでは、どんな人も似合わない「ブス下着」となってしまいます。

慌てないように、大切なデートの前日はきちんと準備しておくようにしましょうね。

5.おばさんみたいなベージュ

ベージュは、洋服に下着が透けない万能な色合い。

洋服に白やピンクなどの淡い色合いを好む人は、ベージュの下着は必需品といってもいいでしょう。

しかし、ベージュも下着は男性には不評。

ベージュはおばさんがつける下着の色合いというイメージが強く、彼女がつけていたらゲンナリしてしまう下着の色合いだといえるでしょう。

また、ベージュの下着は肌の色と同化してしまうため、脱いだ時に綺麗に見えないという欠点も。

洋服を脱いだときも綺麗に見られたいのであれば、ベージュの下着はデートの日は避けるべきといえるでしょう。

6.派手すぎるデザイン

彼が気に入ってくれると思って身に着けた勝負下着。

しかし大好きな彼の反応は微妙…。

という経験をしたことがある人も多いはず。

男性がドキドキしてくれるような下着を身に着けたはずなのに、思ってもみない反応が返ってきたという女性は少なくないでしょう。

男性は派手過ぎるデザインを好みません。

どこで学んできたのか知りませんが、男性をドキドキさせるために、Tバックだったり、ガーターベルトだったり、スケスケで下着の意味をなさないようなものを身に着ける女子がたまにいます。

そして、過激な下着を目にした男性は、違う意味でクラッとしてしまうなんてことも…(笑)

また、たまにフリルやリボンなどがたくさんついている、ブリブリすぎるデザインを選ぶ
女性もいますが、これも男性としては「あたかも狙いすぎ」な下着過ぎて、幻滅するという声も…。

そもそも下着は、かわいらしさではなく、色っぽさを引き出すもの。

ブリブリすぎる下着は避ける必要がありそうです。

自分の彼女に過激な下着をつけてほしいと望む男性はいません。

むしろ、男性は自分の彼女には清楚さと控えめさを求めます。

彼のために派手すぎるデザインをつけがちな女子はいますが、男性が好む下着ではありませんので注意が必要ですよ!

7.毎回同じ

良い下着であればあるほど、お値段も高くなってしまうもの。

しかし、勝負下着は良い下着を着用したいと思う女子も多いはず。

とはいえ、勝負下着の種類が少なくなってしまうと、彼に毎回同じ下着を見せてしまう事になります。

男性は下着を見ていないようで、意外と見ています。

(あれ、これ前回も同じ下着だった。)と気づいた瞬間に、やる気がなくなってしまう男性も少なくありません。

値段が高かったからといって同じ下着ばかり身に着けるのは厳禁。

大好きな彼をゲンナリさせてしまいますので、注意が必要です。

8.…腹巻?ハイウエストすぎ


ウエストを引き締める効果や、お腹を温めるために、ハイウエストの下着を好む女性も多くいます。

機能性はバッチリなのですが、男性から見ると腹巻にしか見えないもの。

お腹がすっぽり隠れた下着というのは、どうしても色気からは遠ざかってしまう下着です。

男性に見られていい下着は、やはりお腹はきちんと出た下着が好ましいといえます。

そもそもハイウエスト過ぎる下着は、洋服を身に着けているときは綺麗なウエストラインに見えますが、脱いだ時は男性から幻滅されやすい下着なので、着用は要注意だといえるでしょう。

9.黄ばんでいる

気をつけたいのが、下着の黄ばみ。

長期間身に着けていると、黄ばみなどが出てきてしまうのは避けられませんが、男性とのデートにその下着を身に着けていくのはナンセンス。

大好きな彼女の下着が黄ばんでいたら、一気に恋愛の熱が冷めてしまうのが男性というものです。

黄ばみがある下着を取っておくと女子力が下がってしまうので、速攻捨てるべき。

男性が黄ばみに気づいてしまったときは、取り返しのつかない事態になってしまうので、要注意ですよ!

10.ほつれている

下着は身に着ける回数が増えてくれば、ほつれてきます。

そもそも下着は洋服よりも生地が薄いため、ほつれやすいもの。

そのため、下着の劣化の時期は洋服よりも早く、年に1回以上は新しい下着を入れ替えるという女性もいます。

洋服の数よりも下着の数は少ないため、その分ローテーションも早く、さらに春夏秋冬も関係ないため、1年中使いまわされます。

そのため下着のほつれというのは、避けて通れません。

また、着用した時はほつれていなかったとしても、ふとした瞬間にほつれてしまうということも。

デートの前日は、長期間履いた下着を身に着けるようであれば、ほつれるような箇所がないかきちんとチェックをすること。

心配であれば、長期間履いた下着は避け、新しい下着を着用するよう心掛けましょう。

11.毛玉だらけ

また下着は長期間使えば毛玉が出てくることも。

男性にとって下着は手触りが良いというイメージを抱いています。

そのため、触った時に毛玉のザラザラした感覚があったら、がっかりしてしまうもの。

毛玉が出てきた下着は、いくら見た目が可愛くても、デート用としては避ける必要があります。

毛玉があまりにも多いのであれば、速攻捨てるべき下着だといえるでしょう。

どうすれば男性からがっかりされない?オススメの6個の対策!

男性がドン引きする下着は理解できたけど、男性からいざガッカリされないためにはどうしたらいいのだろう?

そんな不安を抱く女性も多いと思います。

下着というのは、洋服よりも考えずに身に着けているもの。

普段何気なく身に着けている下着だからこそ、いざというときにボロが出てきてしまうものだともいえるでしょう。

男性からガッカリされないためには、男性が好む下着を選ぶことも大切ですが、普段からの心構えもとても大切。

では、男性をガッカリさせないためには、どんな心構えでいるべきなのか、お伝えしていきたいと思います。

1.勝負下着を用意する

勝負下着を持っていないという女子は意外にもたくさんいます。

普段使いの下着と勝負下着を分けていないと、利用頻度によっては、ほつれ、毛玉、汚れなどが出てきてしまうことも。

「見た目が可愛いからいいや。」と気軽に身に着けて、後で後悔したという女性も少なくありません。

特に付き合い初めのころは、勝負下着を準備して、いざという時はその下着を身に着けていくこと。

勝負下着を身に着けることで、ドキドキ感も違いますし、あなたのやる気のスイッチも大分変わるはずなのでオススメですよ♪

2.彼氏と遊ぶ時と普段使いを分ける

彼氏と遊ぶ時と普段使いを分けるのも、彼氏からガッカリされない手段。

普段使いのものは、自分が着やすいものだったり、リラックスできるものを身に着け、彼氏のデートのときは、自分の身体のラインが綺麗に見え、且つ彼氏ウケも良いものを選ぶという必要があります。

とはいえ、普段使いの下着があまりにもひどいものだと、急に彼に会う時になったときに、彼をガッカリさせてしまうので注意が必要です!

長期間使用した下着は捨てて、新しい下着を購入することが、女子力を上げるコツですよ♪

3.男性と会わないときでも意識する

下着というのは何気なく身に着けているからこそ、失敗しやすいものだともいえます。

そのため、男性と合わないときでも意識をして身に着けることが大切。

普段から下着に注意をしておけば、いざという時に失敗が少なくなります。

家から出ないと言ってキャラクター物などを履かない

大人の女性であれば、キャラクター物の下着の購入は避けたいところ。

家から出ない日だからといってキャラクター物などを履かないようにしましょう。

突然、彼があなたの家に訪れたときに、いい雰囲気だと思ったら、キャラクター物の下着を身に着けていた…なんてこととなったら、彼をゲンナリさせてしまうことにも繋がります。

普段のあなたの生活が垣間みれるとともに、(俺の前でだけ良く見せようとしていたのかな?)なんて無駄な疑いがかけられるなんてことも…。

キャラクター物の下着は、大人の女性であれば身に着けるのはやめましょう。

4.なるべくブランド物を買う

下着というのはなるべくブランドものを購入するのがオススメ。

多少、お値段がしたとしても作りが丁寧なものが多く、ほつれなどが出づらく、長期間使用できるため、総合的にみたらお手頃なはずです。

また、お値段がするからこそ、お客様の満足度をきちんと考えられて作られているもの多く、体にフィットしやすかったり、ボディラインを綺麗に見せてくれるものが多く、男性にも満足してもらえる下着が多いといえるでしょう。

デザインも形もきれいなものが多い

ブランドものの下着というのは、きちんと研究されて作り込まれています。

デザインや形がきれいなものが多いため、あなたが気に入る下着もたくさん置いてあるはず。

さらに、男性視点も考えて作り込まれているものも多いため、デートの時に失敗する確率は少なくなります。

奇抜な下着というのは、どうしてもノーブランドに多くありがち。

原色カラーであったり、生地がスケスケだったりというのは、ブランドものの下着では用意されていませんので、失敗する確率もグッと少なくなるのです。

5.適度に新しいものを買う

下着というのは洋服よりも身に着ける回数が多く、季節に応じて切り替えるものではありません。

また、下着の枚数というのは10枚くらいという人が多く、週に1回は洗濯をしているという計算になります。

また、洋服は毎回洗濯しないものもありますが、下着は直接肌に触れるものだからこそ、毎回洗濯をせざるを得ません。

洗濯をするということは、どんなに機能が良い洗濯機でも、劣化を避けられません。

そのため、適度に新しい下着を購入することは、避けられないといえるでしょう。

同じ物を何年も着け続けない

お気に入りの下着だからといって、何年も着続けると、ほつれや黄ばみ、毛玉、穴などが気づかずうちについていることも…。

何気なく身に着けている下着だからこそ、いざという時になって、はじめて幻滅下着になっていたということに気づくことも…。

下着というのは劣化するため、定期的に入れ替えるという自覚を持つことが大切です。

人によっては、新しい年になる前に下着を全て入れ替えて、新しい気持ちで新年を迎えるという人もいるくらい。

そのくらい定期的に下着は入れ替える必要があるでしょう。

6.破れたら捨てる

当たり前ですが、破れたら捨てるというのが、ゲンナリ下着を身に着けない方法。

下着が破れた時はその下着の寿命。

捨て時とも言えます。

「高かったから。」とか「着やすいから。」という理由で、捨てずにとって置いて、普段使いをしていると、誤ってデートの時に身に着けてきてしまい、がっかりさせてしまうハプニングを引き起こしてしまうため、注意が必要です。

そもそも、破れた下着というのは機能性も劣化しているため、持っていても何も良いことはありません。

今すぐ捨てるべき下着だといえるでしょう。

男性が好む下着6選!

男性がガッカリする下着は理解できたけど、男性が好む下着が分からない。

そんな女子も大勢いるはずです。

彼が好む下着を身に着けたいと思うのは当たり前の心理。

男子受けを意識し過ぎて、どんな下着を準備したらいいか分からなくなってしまったなんて人もたくさんいるでしょう。

とはいえ、ランジェリーショップにいって「男性ウケが良い下着はどれですか?」と聞くのも恥ずかしすぎるので避けたいところ(笑)

ランジェリーショップは、売れ行きランキングなどは記載していても、それは女性目線での下着選びであるため、なかなか参考になりづらいところです。

どんな下着を選ぶべきか分からないという悩める女性のために、男性が好む下着をご紹介していきたいと思います♪

新しい下着を購入するときの参考にしてみてくださいね♡

清潔感がある白

まず男性が好む下着は清潔感がある白!

典型的と思われがちですが、男性が好む下着ナンバーワンともいえるでしょう。

無地の白ではなく、レースなどがついている白が好まれる傾向にあります。

白色というのは、女性を清楚に見せますし、肌色に綺麗に見せる色。

そのため、デートのときは積極的に取り入れたい色とでも言えます。

とはいえ、白色は汚れが目立ちにくい色でもありますので、取り扱いが要注意な色とも言えます。

身に着けるときは、汚れが目立たないように、パンティライナーをつけることを忘れないことが大切。

また、他の下着よりも寿命が短い色だということも肝に銘じておきましょう。

清楚な水色系

清楚な水色系の下着も男性が好む下着です。

清楚な水色というのは、淡い薄い水色。

白い色と同じく、清楚なイメージを与えてくれる色合いです。

水色の下着というのは、非常に女性らしく見えますし、お洒落な色合いに見えるのでオススメですよ。

色気たっぷりの赤

男性の好みが分かれるところですが、色気たっぷりの赤というのもおすすめしたいところ。

特に、大人っぽく色っぽい女性であれば、赤を身に着けることで、男性をよりドキドキさせることをオススメします。

赤というのは、興奮を冗長させやすい色といわれています。

また、洋服を脱いだ時に、積極的な赤色を身に着けていたら、その後の展開を想像して気分が盛り上がる男子が多いはず。

赤色の下着を身に着けることで、ロマンティックな夜が過ごせるはずですよ。

Tバック

男性が意外との好むのがTバックの下着。

大人の色気を演出したいときは、Tバックを着用することをオススメします。

また、いつもはおとなしい女の子が、Tバックを身に着けていたときは、ギャップ萌えの効果も♡

Tバックに憧れている男子が多いため、オススメといえるでしょう。

また、Tバックは普通の下着の形よりも、お尻のラインを綺麗に見せてくれます。

また、Tバックを身に着けるだけで、女子力が高まったり、ムダ毛の処理を怠らなくなるという効果もあって、一石二鳥の下着だといえるでしょう。

女性らしいレース

男性が好む下着は、柄物よりも女性らしいレースです。

むしろ柄などは書いておらず、無地に女性らしいレースデザインがおすすめ。

程よいレースというのは女性らしさを引き立たせる下着なのでオススメです。

とはいえ、レースが多すぎてブリブリな下着は避けたいところ。

レースが多すぎる下着は色っぽさを半減させてしまいますし、「狙いすぎ。」という印象を彼氏に与えてしまいますので要注意ですよ。

シンプルな黒のレース

シンプルな黒のレースも大人で色っぽい女性を演出できるのでオススメ。

黒は汚れも目立ちづらいため、着用しやすい下着の1つだといえるでしょう。

また、素材ですが黒を身に着けるのであれば、程よいスケスケがオススメ。

見えそうで見えないチラリズムが男性を興奮させるはずなので、オススメですよ♪

男性の気分を下げないように下着もしっかりとしたものを身に付けよう!

男性にとって、女性の下着はロマン。

そして、大好きな彼女には自分好みの下着を身に着けてほしいと思うのが男性の性だと言えます。

「いざ」というときに備えて、男性の気分を盛り上げられるような下着を身に着けるのが、女性としての礼儀だといえるのではないでしょうか。

また勝負下着といえども、付き合いが浅いときは派手目なものよりも、淡い色を身に着けることが大切。

最初から、Tバックや赤色を身に着けてしまうと、派手目な色を好まない男性によってはゲンナリしてしまうことも。

万人受けする下着を身に付けつつ、彼の好みがわかるようになってきたら、ギャップを狙って刺激的な下着を身に着けるのが、モテる女性の常套手段といえるでしょう。

女性は「たかが下着」と思いがちですが、男性にとっては下着というのは憧れそのもの。

女性の肌に一番近い存在の下着。

そして、仲が深まらないとみることができない下着だからこそ、興奮するものだと言えるでしょう。

そのため、勝負下着は必ず準備して、いざという時に備えましょうね。

彼氏を喜ばせることができる女性こそいい女。

そして、デートのときは機能性を重視した下着よりも、あなたのことを美しく見せてくれる下着を選ぶことが大切。

デートの盛り上がりを左右してくれる下着だからこそ、きちんと選びましょうね♪

彼氏があなたのことをもっと好きになってしまう下着を見つけて、ラブラブな日々を送れることを応援しています!