夫婦とは不思議なものです。

赤の他人であったはずの二人が、ある日突然家族となるのです。

いくら互いに惹かれあったとしても、恋愛と結婚は違います。

全く違った環境で生まれ育った家族になる事は、そう簡単な事ではありません。

結婚当初は、どの家庭も仲良しな家族を目指している事でしょうりなんでも話し合うことの出来る笑いの絶えない家庭にしたい。

そんな事を思っているかもしれません。

ですが現実はそう上手くはいきません。

互いの気持ちがすれ違うことによって喧嘩となってしまったり場合によっては別れてしまう事だってあるかもしれないのです。

周りから見れば幸せな二人も、内情はどうなっているか分かりません。

おしどり夫婦と思われていた人達が離婚してしまうのは、そう言った裏事情があるからなのでしょう。

だからこそ、本当の事は自分たちしか分かりません。

家庭内の揉め事の場合、昔は旦那さんの方が主導権を握っていました。

しかし最近では男女平等の流れもあり、女性たちのチカラがみるみるうちに大きくなってきています。

その結果、弾性よりも強い女性が多くなり、結果的に奥さんの方が強い家庭が増えて来ます。

中にはが強すぎるあまり家庭に帰りたくないと思ってしまう男性も居ます。

家庭は本来癒しの場であるはずです。

にも関わらず、帰ることが嫌だと思ってしまうなどまさに本末転倒です。

そうならないようにする為にも、その原因と対策を知る事が大切でしょう。

今、妻が怖くて家に帰れない夫が増えている!?

きんねん、女性たちの力はみるみる大きくなって来ています。

男性にくらべ、女性は一度に多くのことをこなす事が出来るようになっています。

それは、脳の作りからしてそうなっており、一つの事に集中しがちな男性よりも幅広く自分の力を発揮する事が出来るようになっているのです。

だからこそ、社会に出た場合にも男性よりもより高い水準です仕事をする事が出来る場合も多々あります。

その結果、社会的地位も得ることが出来るようになった女性はみるみる力をつけて来ています。

元々、家庭の中のことは女性が種で行う場合がほとんどです。

そこに社会的地位も加わればその力は無敵と言っても過言ではありません。

近年に多く見られる、草食系男子がかなわないのも納得といった所でしょうか。

そんなパワーバランスの違いがあるからこそ、最近家に帰りたくない男性が増えています。

その理由はなんと妻が怖いから。

家は勿論、社会的地位も得た女性のパワーにおびえる男性が出ているというわけです。

妻が怖くて家に帰れない夫の5個の原因って?

昔の日本では、女性に大和撫子という言葉が使用されていました。

清楚でおとなしく、旦那さんの後ろを三歩さがって歩くような人の事を指した言葉です。

この言葉に憧れ、日本人女性と結婚したいと考えている海外の男性も大勢いると言われています。

ですが、時代も過ぎれば女性も変化していきます。

勿論、今でも大和撫子のような人も居るでしょう。

とことん男性に尽くす事によって自分の幸せを感じたり存在意義を確かめる人も確かに居ます。

ですが、統計的にみるとそういったタイプの女性っが減ってきているというのが現状です。

代わりに男性よりもずっと強い女性が多くなってきています。

昔の女性の背景には、経済力のなさがあったのでしょう。

勿論、男性がそれだけ引っ張る力を持っていたともいえるでしょう。

けれどそれ以上に女性が自分自信の生活を守る為に男性にたてつく事が出来なかったっという事もあるはずです。

だからこそ、常に男性を立てるような行動をとっていたのです。

けれど、今の時代は女性一人でも生きていく事が出来ます。

男性に頼る必要が無くなったのです。

だからこそ、男性の顔色を見る必要が無くなったという事もあり自分の思うままに行動sることが出来るようになりました。

その結果、女性が強くなったのです。

夫婦間において、女性が強い方が案外うまくいくケースも多々あります。

家の事を任せる事によって家庭が円満になり、結果的に幸せな日々を過ごす事が出来るようになる事もあるでしょう。

ですが、そうだとしても妻が怖いせいで帰る事が出来ないと思ってしまうほどであれば、それはやりすぎです。

自分では普通にしている場合でも、相手が勝手におびえている場合もあります。

今一度夫婦の関係を見直してみてはいかがでしょうか。

会社にいる方が楽

本来、会社は仕事をする場所であり遊びに行く所ではありません。

だからこそ、仕事場は楽しくないはずです。

勿論、いい人間関係などを作る事が出来ている人や自分が大好きだと思う事が出来る事を仕事にしている人は、その場にいるだけで幸せだと感じる事が出来るかもしれません。

ですがそんな場合であったとしても、仕事は仕事です。

家との生活と比べるのであれば、家にいる方が落ち着き幸せを感じる事が出来るはずなのです。

にも関わらず、家にいるよりも会社に居る方が気が楽という人が居ます。

家にいるよりも会社にいる方が楽だと感じる人の多くは、奥さんの視線におびえているのでしょう。

何か家事を手伝った方が良いのか。

子守をしたらいいのかなど、とにかく無いかを手伝わなければいけないというプレッシャーを感じてしまっているのです。

疲れた体で帰宅して、今度は家の事を完璧にしてほしいと頼られても辛い時もあるでしょう。

しかしそこで協力しなければ、奥さんが怒ってしまう事は間違いありません。

それらの事を総合して考えた結果、つい家に帰る事が億劫になり会社にずっといたいと思うようになるのです。

もしそういった気持ちになってしまった場合には家族としてはいい関係になっているとは言えないでしょう。

一度壊れてしまったものを、元に戻そうとする事は難しいものです。

それをどうにかしようとしたとしても、自分の気持ちだけではどうにもならない事も多々ある事でしょう。

だからこそ、そうなってしまう前に自分の行動を見直して、相手との関係を見直す事が重要だと言えるでしょう。

家に居場所がない

日本人は、世界的に見ても良く働く勤勉な国民性を持ち合わせています。

昔ほどではないかもしれませんが、今でも家より会社を優先してしまう人は少なくないはずです。

そんな中で、次第に家に居場所がなくなってしまう事は良くあるケースでしょう。

自分としては家族の為に働いているのにも関わらず、結果的に家族の中で自分の居場所がなくなてしまうのです。

それはとても悲しい事であり、やるせない気持ちになってしまう事もあるでしょう。

自分の居場所が無いからこそ家に帰りたくないと思う心理も当然の結果だと言えるでしょう。

また、奥さんが怖いと感じているとおちおち家でゆっくりする事も出来ません。

何かしていないと怒られてしまうのではないかと思い、常にビクビクし生活するようになるのです。

そうなってしまうと、家に居場所が無いと感じる事もうなずける結果なのではないでしょうか。

家にいると疲れる


家は本来癒される場所のはずです。

にも拘わらず、家に居て疲れるという事は、それだけ家庭に何か大きな問題が起きているという事なのでしょう。

持ちろん、その原因は奥さんだけにあるものでは無いはずです。

問題は必ずお互いにあるはずです。

だからこそ、その問題点にお互いが気が付かない限り、関係は悪化していくはずです。

例えば、家に居て疲れてしまう場合にはその原因を考えてみましょう。

そうする事によって、原因が分かれば対策の方法を知る事が出来るはずです。

原因も分からない状態の中で、嫌な事から逃げていても何も解決する事はないでしょう。

自分の行動を今一度見つめなおす事によてその原因に気が付く事が出来るはずです。

もし、自分は何をしていないのに奥さんがいる事によって疲れてしまうというのであればきっと奥さんも同じ事を考えているはずです。

相手が疲れると思っているような関係の中で片方だけが幸せを感じる事などあり得ないでしょう。

互いが互いの存在をうっとおしく思っているからこそ、疲れる空間が出来てしまっているのです。

家事を手伝わなくてはいけない

家事は本来二人でするものです。

例え奥さんが専業主婦だったとしても、旦那さんが手伝わなくて良い理由にはなりません。

勿論、半々にするべきだとは言いませんが手伝う気持ちがあったとしてもいいはずです。

けれど、その気持ちがない場合家事をするだけでストレスを感じてしまう事もあります。

奥さんは家政婦ではありません。

家事をする事が仕事だとしても、365日休みなく家事をする必要はないはずです。

そこまでの労働条件の会社はどんなブラック企業であろうともそうあるものでは無いはずです。

ましてや仕事は勿論、子育てや介護など他にもやるべき事があるのであればなおの事です。

そんな状態の時に家事を全くしない夫がいれば、思わず嫌味の一つも言いたくなるというものです。

自分の事ばかり考えてしまうと、相手の気持ちが分からなくなってしまうものです。

自分は仕事で疲れているのにどうして家事を手伝わなければならないのかと思っている人は、まず疲れているのは自分だけという考え方を捨てましょう。

やる事は違えどみんな自分の役割を果たす為に一生懸命であり、疲れているのです。

そんな状況を助け合う事こそ家族の存在意義があるはずなのです。

家事を手伝わなければならないから家に帰りたくないと言う人は、そもそもの考え方が古いと言わざるを得ません。

一人の時間がない

どんなに大事な人でも、一生一緒に居たいと思って結婚をした人でさえ時が経てばうっとおしく思える時もやってくるものです。

人の気持ちは変わります。

それは悪い事では無く、当たり前の事なのかもしれません。

それは珍しい事では無く、普通の事だと言えるでしょう。

だからこそ、そこを責める必要はありません。

仕事で疲れた時や、何か嫌な事があったときなど一人になる事によって気持ちを切り替える事が出来るようになる事もあります。

そうする事によって家に問題を引きずらすに帰る事が出来るのでその方が良い状態にすることが出来る場合も多々あります。

だからこそ、一人になる事が出来ないとつい帰宅したくないと思ってしまうのでしょう。

そんな時はあえて一人の時間を作ってみましょう。

帰宅するほんの10分や20分でも構いません。

お店に入りのんびりお茶をする時間を確保しやり、好きな事をする時間を意識的にとってみましょう。

余りんいも頻繁だと怒られてしまうかもしれませんが、ちょとした時間でもあえてそういった時間を確保する事によって、自分の気持ちを切り替える事が出来るようになるかもしれません。

ないなら作る。

それを意識してみるだけでも、大きな効果を感じる事が出来るのではないでしょうか。

暴力や暴言を吐かれるのが嫌


暴力は暴言は、男性が加害者になる場合が多いと思われています。

しかし実際にはそんな事はありません。

最近では、男性のDVの被害者数も多くなっている事が分かっています。

女性の場合にはDVなどの被害にあった場合、比較的簡単に周りに相談する事が出来ます。

サポート体制も整いつつあるため、いざという時に行動に移りやすいと言う事もあるのでしょう。

けれど、男性の場合にはまだそこまでの認知がされて居ません。

『男のくせに』と言われてしまう場合もあり、なかなか声を上げる事が出来ないのです。

力の差から言えば、男性の方が強いのは明白です。

けれど、日常的に暴力や暴言を吐かれていると、精神的に支配されてしまいます。

そうなってしまうと抵抗する元気がなくなってしまうのです。

それが結果的に、DVの被害にあっても周りに相談する事も出来ずに結果的に帰宅する事が出来ない原因となってしまう事もあるのです。

家に帰るのが怖い!妻ができる対処法は!?

自分の家族は大丈夫。

そんな風に思っている方も、実際には旦那さんは帰宅をする事に抵抗を感じているかもしれません。

毎日家に帰る事が怖いとおびえている事だってあるかもしれないのです。

そうなってしまえば、家族として良い関係を作る事が出来ているとは言えないでしょう。

だからこそ、そうならないようにする為には対策をする事が必要です。

家に帰る事が怖いと思っているという事は、実に悲しい事です。

本来家は一番落ち着く事が出来る場所のはずなのですから。

だからこそ、その対策を知る事によって、今の夫婦関係を改善するきかっけを掴む事が出来るようになるかもしれません。

現実に向き合わず、なんとかなると思ってるとある日突然旦那さんが帰宅しないなんて事もあるかもしれません。

そうなった時に焦ってももう遅いのです。

問題は、大きくなってから行動をしても意味がありません。

そうなる前に対策してこそ意味があるのです。

だからこそ、今ここできちんと問題と向き合ってみてください。

コミュニケーションをしっかりとる

夫婦にとって大切な事の一つに、コミュニケーションを取るという事があります。

よく『言わなくても気持ちが分かる』と言う人が居ます。

ですが、そんな事はありません。

いくら夫婦と言えども、所詮は他人です。

エスパーのように何も言わなくても心が通じ合うなんてありえません。

勿論、長年の経験から多少気持ちが分かるという事はあるでしょう。

けれどそれが合っているかどうかは分かりません。

勘違いしてしまった結果喧嘩に発展する事だってあるかもしれないのです。

もし分かっていたとしても、あえてそれを口に出したところで問題はないはずです。

だからこそ、きちんと気持ちは言葉に出して伝える事を意識していきましょう。

感謝の気持ちを持つ

夫婦間において、互いに感謝の気持ちを持つ事はとても大切な事です。

『私はこんなにしてあげているのに』そう互いに思っていたとしてもいい事はないはずです。

出来ない事に目をむけるのではなく、出来る事に目を向けるのです。

互いに出来る事は違うはずです。

外で頑張る人も居れば家庭を守る人も居るでしょう。

どちらが偉いと言うわけでは無く、どちらも偉いのです。

その事を忘れて相手を責めるような事をしてしまうと、ぎすぎすした空気となってしまいます。

女性に比べ男性の方が一つの事に集中しやすい傾向にあります。

その為、家庭の事は何もせず仕事のみ頑張ってしまうと言う人も居るでしょう。

その場合、家庭と仕事を両立している女性からすると、少々イライラとしてしまう事もあるかもしれません。

ですが、それも向き・不向きがあります。

出来ない事をいつまでもせめていても仕方がありません。

出来ている事・頑張っている事に対して目を向けるようにしていきましょう。

帰りたくない!と思わせる怖い妻の特徴9個

男性が家に帰りたくないと思うには、何か原因があるはずです。

その原因を解消しなければ、その気持ちを減らす事は出来ないでしょう。

わざわざそんな事をする必要はないと思う人も居るかもしれませんが、あまりにも帰宅拒否の気持ちが大きくなってしまえば離婚騒動にもなりかねません。

男女の関係は不思議なもので、いくら旦那さんが嫌いで冷たく対応していたとしても、離婚となれば話は別だと考える人も大勢います。

子供がいるからこそ、離婚は避けたいというひとだっているでしょう。

好き・嫌いだけでは決める事が出来ないのが家族の難しい所なのです。

だからこそ、面倒な問題を避ける意味でも、旦那さんの気持ちを少し理解しえあげる事も重要です。

自分では普通にしているつもりの人も、男性からすれば恐怖の対象になってしまっている事もあるかもしれません。

改めて自分の行動を見直す事によって、家庭の平和を取り戻す事が出来るようになるかもしれません。

嫌味ったらしい

男性は女性にくらべ、どうしても鈍感な人が多くなります。

その為、悪気がなかったとしても気妊障るような行動をしたり発言がある場合もあります。

そんな時、つい言い返したくなる気持ちも分かります。

そのせいで良い方が嫌味になってしまう場合もあるでしょう。

ですが、それをしても互いが嫌な気持ちになるだけです。

そうならないようにする為には、奥さんの方が大人になるべきです。

わざわざ相手に文句を言って喧嘩ごしになるくらいなら、上手く相手を注意して自分の思った通りに行動させる方が自分にとってメリットが大きいはずです。

だからこそ、あえて相手の気持ちをさかなでするような言い方をせずに自分が下に下がって話をするようにしましょう。

夫婦関係は勝ち負けではありません。

互いが互いを思ってこそ初めて成立する関係のはずです。

だからこそ、まずは自分から歩み寄る気持ちを持つ事が大切なのではないでしょうか。

被害者意識が強い

これは女性の特徴の一つです。

何か一つ嫌な事があると、過去のいろいろな嫌な事を思い出してつい大きな気持ちになり相手をせめてしまったり、自分がいかにかわいそうな人間なのかという事をアピールしてしまうのです。

けれど、それをしてもいい事はありません。

男性は途端に話を聞かなくなるでしょう。

自分の意見を聞いて欲しいという気持ちがあるのであれば、まずは相手が聞きやすい状況を作る事が大切です。

どちらがいかに大変か。

自分がどれほど悲しいのかという事をアピールしたところで、いい事はありません。

それよりも相手に理解して貰う事が出来る言い方を探した方がよほど意味のある行動だと言える事でしょう。

夫を見下している

今の時代、どうしても女性の方が強くなる傾向にあります。

その為、ついつい旦那さんを見下してしまう傾向にあります。

それは意識的なものばかりでは無く、無意識な場合も多々あります。

だからこそ、改めて自分の行動を見直してみてください。

そうする事によって、自分と旦那さんとの関係性を見直すきっかけを見つける事が出来るかもしれません。

自分は全く見下しているつもりはないと言う人も、奥さんからしてみると見下されていると思っている場合も多々あります。

男性は女性から尊敬されたいと思っているはずなので、その気持ちを傷つける事の内容に分かりやすく行動に示してあげる事によって夫婦円満につながる事もあるはずです。

いつも文句を言っている

旦那さんへの文句をママ友などに言う事は、そう珍しいものでもありません。

わざわざ自慢話をするよりも、文句を言った方が角が立たないという考え方もあります。

けれど、人間には言霊という考え方があります。

本当はさほど文句を感じていないとしても、常に文句を言っていると自分の言葉によって自分自身が洗脳されてしまうケースがあります。

そのせいでより相手に対して怒りを感じてしまう事があるのです。

夫婦とは面白いもので、どんなに問題があったとしても幸せを感じる人もいれば、一見幸せそうに見える二人も内情はドロドロだという事もあります。

他人には分からない事が沢山あるのです。

だからこそ、自分自身で自分の心を勘違いさせせてしまう事が無いように文句はほどほどにしておきましょう。

夫を褒めない

男性も褒められたいと思っています。

きっとどんな人でも、他人からの評価を欲しいと思っているはずです。

大人になり、ほめられる機会が少なくなったからこそ家族くらいほめてほしい。

そんな気持ちもあるのかもしれません。

夫婦感において何かをしてもらう事に対して『当たり前』と思ってしまえばそれまでです。

確かにその通りです。

けれど、そこをあえて褒めてみてはいかがでしょうか。

そうする事によって旦那さんも気持ち良く行動する事が出来る場合も多々あります。

何かをして貰えば、その分過剰に褒めてみましょうそうする事によって、また同じように行動してみようと思ってくれるかもしれません。

旦那さんを褒める事はお金が関わるわけでもなんでもありません。

単純に少々手間がかかるだけです。

その手間をかける事によって旦那さんが動いてくれるのであればその方が良いと言えるのではないでしょうか。

本当に自分の事を思うのであれば、良く働く旦那さんを育成する事にこした事はありません。

いちいちイライラして相手を萎縮するよりも、相手を褒めて伸ばす事を意識してみてはいかがでしょうか。

こだわりが強い

家事を手伝ってくれた場合でも、男性と女性では完成度が違う場合が多々あります。

普段から家事をしている人からすると、気にくわない部分もあるかもしれません。

けれど、そこをいちいち注意しても意味がありません。

屋てくれた旦那さんも嫌な気分になってしまうだけでしょう。

最初からなんでも上手に出来る人は居ません。

ある程度は目をつぶる事も必要です。

とにかくやった事を評価して、その出来について二の次にしましょう。

色々言いたい事もあるでしょう。

ですがそこはぐっと我慢するのです。

そのうえで、ほめた後にちょっとしたアドバイスを伝えるのです。

この際も、決して偉そうになる事のないように出来ればという形で伝えていきましょう。

そうする事によって相手も嫌な気持ちにならずに自分の行動をなおす事が出来るようになるはずです。

最初から完璧を求めてしまうと、相手も委縮してしまうかもしれません。

手伝いたい気持ちがあっても結局怒られてしまうかもしれないと手を出す事を躊躇してしまう事もあるかもしれません。

それはお互いにとっていい事だとは言えないでしょう。

そうならないようにする為にも、出来るだけ相手の気持ちを盛りあげて話をする事を心がけてみてはいかがでしょうか。

口調がきつい

自分では普通の話し方をしているつもりでも、言われている方は怒られているような気分になってしまう事があります。

その為、やる気を無くしたり怖くて行動に移す事が出来なくなってしまうといった事も多々ある事でしょう。

だからこそ、もし相手が怖がっているような雰囲気があるのであれば出来るだけ優しく話をしてみましょう。

元々話し方がきつい人は居るものです。

そういった人は、全く悪気のない状態で周りの人をおびえさせてしまっている事があるかもしれません。

それでは、いい人間関係を築く事が出来ません。

出来るだけ周りの人といい関係を維持していく為にも自分の話し方を意識してなおす事はとても重要な事でしょう。

だからこそ、旦那さんでその練習をしてみてはいかがでしょうか。

良い夫婦関係を作っていく為には、互いの努力が必要な場合も多々ある事でしょう。

その夫婦関係をつくる事が出来るかどうかは、いかに互いが歩み寄る事が出来るかどうかにかかっています。

感謝の言葉を口にしない

自分が嫌な事は他人にしてはいけません。

それは、人間関係において基本中の基本です。

相手が感謝の気持ちが足りないと思っている人は、まず自分がきちんと相手に感謝する事が出来ているのかを考えてみましょう。

そのうえで、足りていないと感じる場合には出来るだけ分かりやすく相手に感謝の気持ちを伝えてみましょう。

自分ではきちんと伝えていると思っていた人も、意外と相手には伝わっていない場合もあります。

常に伝えている自信がある人は、それ以上に更に伝えるように意識してみましょう。

そうする事によって、相手もあなたに対して感謝を伝えてくれるようになるかもしれません。

相手に伝える前に、まず自分から伝える事を意識する事が重要です。

お金を自分の事ばかりに使う

お金の価値観は人それぞれです。

何にいくら使うかは、人によて違うでしょう。

その感覚が夫婦館でずれていると、いさかいのもとになります。

もし旦那さんがお金に関して意見を伝え来る場合には、その使い方に不満があるのかもしれません。

何にいくら使うかは自由ですが奥さんが自分の物ばかりにお金を使用して、自分の物を待ったく
購入してくれないとなれば不満も出る事でしょう。

どうして自分には買ってくれないのだと思ったとしても不思議ではありません。

だからこそ、そうならないようにする為には事前に相談したり、旦那さんが使いたいと思う時に使用する事が出来るようにする事も大切です。

お金は使えば無くなってしまいます。

それに対して、互いにいくら使って何を購入するのかを全く相談せずに独断で行動すればいさかいのもとになる事は目に見えています。

何事も相談する事を意識する事によってその問題を解決する事が出来るようになるかもしれません。

夫が帰りたくない!と思ってしまうと離婚の原因にもなりかねない!早めに対処を!

夫が帰りたくないと思っている原因はさまざまです。

家庭によっていろいろな問題があるでしょう。

勿論、男性の方が悪い場合も多々あります。

家庭を顧みない行動をとってきた付けが回ってきたという人も居るでしょう。

奥さんに甘えすぎたという人も居るかもしれません。

その場合、その状況を作ったのは自分自身です。

だからこそ、仕方がない事もあるでしょう。

ですが、人間はそう簡単に割り切る事が出来るものでもありません。

例え、原因が旦那さんに会ったとしても、正論をぶつけすぎてしまうと、結果的に気まずくなり家に帰る事が出来なくなってしまいます。

また、最初は何が原因があったとしても、いつの間にかその原因の理由が分からなくなり単に怒りだけが残ってしまったなんてケースもあるかもしれません。

どんな理由があれ、もしも旦那さんとまだ家族を続けていきたいという気持ちがあるのであれば、あまりにも相手を責めるような行動ばかりをとってしまう事はおすすめ出来ません。

そうする事によって、結果的に家に帰りたくないと相手に思わせてしまうからです。

あまりにもその気持ちが大きくなると、帰りたくないと思うだけでは無く、本当に帰ってこなくなってしまう可能性もあります。

それでは家族として成り立たなくなってしまうでしょう。

家族は意外ともろいものです。

夫婦関係など、紙切れ一枚であったと言う間に破たんしてしまいます。

縁あって一緒になった相手なのですから、継続させる為には互いの努力が必要なはずです。

その努力をさぼってはいい関係を維持する事は出来ないでしょう。

男性は不器用な人が多いので、女性からすると気に入らない事もあるかもしれません。

ですが、そんな時でも暖かく見守ってあげる事によっていい関係を維持する事が出来る場合もある事でしょう。

男性を手の中で泳がせるような余裕をもった奥さんこそ、本当に良い妻と言えるのかもしれません。