男性の皆さんにはいつまでたっても忘れられない歴代の彼女はいますか?

そして、女性の皆さんは、男性のそんな彼女について興味はありませんか?

恋愛において、男はファイル別保存、女は上書き保存なんて言われますよね。

恋愛においては、女性の方が切り替えが早い人が多いです。

でも、男は結構引きずるところがありますよね。

だからこそ、男には忘れられない彼女が結構います。

もちろん男性と一口に言ってもいろいろな人がいるので、非常に切り替えの早い男性もいるにはいますが、傾向としてはそのように引きずる人が多いです。

では、男性にとって、どんな女性が彼女としてずっと忘れられず頭にとどまっている状態なのでしょうか?

そのような彼女の姿がわかれば、現在お付き合いしている彼氏の最高の彼女になることができるかもしれません。

では、その特徴を見ていきましょう。

何年経っても忘れられない!どんな彼女?

男は何年たっても忘れられないような彼女とはどのような人でしょうか?

その忘れられない理由がわかれば、もしかしたら現在お付き合いしている人の最高の彼女になれることでしょう。

では、さっそく一つ一つ見ていきましょう。

今までで一番最高だったと思う彼女の16個の特徴

やはり、忘れられないのは、何か最高だったことがあるからであるのは言うまでもありません。

では、男性の多くはどのようなところに最高だったと感じられるところがあるのでしょうか?一つ一つ見ていきましょう。

いつでも味方でいてくれた

確かに、時に叱咤激励をしてくれるのもありがたいのかもしれません。

ですが、そればかりだと精神的に滅入ってしまうところがあります。

やはり、たとえそのような場面があったとしても、基本的にはいつでも味方で居てくれることが非常に大きいところがあります。

味方で居てくれる人がいるからこそ男は頑張れるのです。

身近で聞いたことがある例なのですが、非常に口が立つ女性がいて、その人の夫は浮気癖がある傾向にありました。

確かに、その男性も少々女性にモテるところがあり、良い寄られてすぐになびくのも考えものなのかもしれません。

ですが、その奥さんとなる女性が非常に口が経ち、きついところがあるのです。

確かに正義感が強いのですが、少々間違ってると思ったら声を荒らげてまるで全否定をするようなことを言うのだそうです。

やはり、そのようなことがあると男はついつい癒しを求めて、いつでも味方で居てくれる女性になびいてしまうところがあるのは、その女性には大変気の毒ですが少々納得がいってしまいました。

イエスマンになれとは申しませんが、少し共感してくれるだけでだいぶ違うところがあります。

いろいろな女性がいるので一概には言えませんが、この共感をするのは女性は非常に上手な方が多いのではないのでしょうか?

辛い時に支えてくれた

確かに、楽しい時に一緒に過ごせるのは良いことです。

ですが人生は良いことばかりではありません。

中には非常に辛いような出来事もあることもあります。

そんな時に、支えてくれる女性が非常に最高の女性になるのです。

女性でも経験は無いでしょうか?例えば失恋のショックで落ち込んでいるときに、優しくしてくれた男性になびいてしまうようなことです。

もちろんこれは男にもあります。

ですが、もし恋愛継続中であってもそのような特別な立場になることもできます。

それは他の辛い状態の時に、彼女である皆さんがその辛い時に支えてくれる立場でいると、ますますその女性を好きになるところがあります。

やはり、少々弱っている時にこそ、全力で支えてくれる人は精神的に強いつながりを感じるところがあります。

どんな話でも真剣に聞いてくれた


やはり、人間は聞くよりかはどちらかと言うと話したいものです。

女性はその気持ちが非常にわかる人も多いのではないのでしょうか?

ただ、男も同時に色々と話したい時はあるのです。

なかなか、男性はそのように色々と自分の気持ちについて話す事はありません。

どちらかと言うと寡黙に黙って考え込んでしまうところがあります。

でも、何かを口に出す出る事は、非常に追い詰められているということもあります。

酔った時に色々と男性も話してくれることが多いのではないのでしょうか?

そんな時に女性が真剣に耳を傾けてくれるのは、非常に救われるところがあるのです。

辛い時や真剣に悩んでいるときに真剣に聞いてくれるのは非常にあるありがたいことです。

もちろん楽しい話も聞いてくれるのも非常にありがたいなと思いますね。

“女性らしさ”を忘れていない

やはり、男女が平等になったとは言え、やはり男と女は根本的に違います。

ですので、男性も女性らしい女性にグッときてしまうところがあるのです。

ですので、知り合って長くなっても、女性らしさを忘れていないのは非常に男性にとって、初心を思い出すことができるのです。

女性らしい服装


やはり、服装も女性らしい服装である方が、より男性も女性らしさを感じやすいです。

例えば、男がスカートを履くことができません。

ですので、スカートを履くようなことも、女性らしさを感じることができます。

決してそんなに露出度の高い服でなくても良いのです。

ワンピースとか、人によってはレースがあるようなものも似合う人がいるかもしれませんね。

このように、女性らしい感じがすると言うのは、男性にとっても非常にグッとくるところがあります。

いい香りがする

やはり、女性と言うと男性はいい香りがする事を求めています。

決して男女差別をするつもりはないのですが、例えば残念ながらワキガの臭いがするなんて時、男性からワキガの臭いがするのと、女性からワキガの臭いがするケースでは、申し訳ないけれど女性のからそのような臭いがするほうが衝撃的に感じられることがあります。

ワキガの臭いの話を出して申し訳ないところありますが、こちらはなかなか自覚することがなく、そのようなにおいを何とかしようと思っているのに逆効果になっていることもたまに見受けられることがあります。

ワキガかどうかを自分で見分けるコツは、何か服を着た時に、脇にかいて汗が黄色くなるか否かです。

例えば、袖のある下着等を着たとき、白のものであれば脇にかいた汗が黄色いかどうかを簡単に見分けることができます。

もしそうであれば、最近はワキガの治療もありますし、そうではなくてもワキガ用の対策用品は様々あります。

ですので、そのような対策もしっかりとするようにしましょう。

その上で、さりげなく香水をつけたり、もちろん量を守っての上ですがいい匂いがするような洗剤を使ってもいいかもしれませんね。

ただこのいい匂いがする洗剤についてですが、このいい匂いと言うのも洗剤を規定量をはるかに超えて使うことで、逆に臭いと感じられてしまうところがあります。

いわゆる「香害」と言うやつです。

これでたまに具合が悪くなる人もいますので、いい匂いにしたいのはわかりますが、使いすぎるのは良くありません。

ですので、そのようないい匂いのアイテムのものも程よく上手に取り入れて、男性の心をグッと来させるようにするのも良いでしょう。

「毛先、爪先、足先」にケアが行き届いている

意外と、毛先や爪先、足先など、先々の方はあまり意識が行き届かないところがあります。

ですのでメイクはバッチリだけど、爪先、足先などは管理が行き届いていない状態もなきにしもあらずです。

でも、この様々な「先」にまで色々と気を遣っている事は、もちろん化粧などいろいろなところにまで管理が行き届いている状態であるケースが多いです。

そのケアの行き届いている様子が非常に女性らしくて、男性はいいなと思ってしまうものです。

おおざっぱな人の女性にもいるのは知っていますし、仕方がないのかもしれませんが、やはり男性はそのような細やかなところに目が行き届くような女性が好きである傾向が高いです。

心から信頼できた

やはり、付き合っていく上で信頼関係が非常に重要です。

その信頼関係を築けたと言う事は、非常に大きな財産になるのです。

やはり、付き合いが長くなっていくと、そのような信頼関係もできるようになります。

ただ、ここで浮気などが発覚した時、その信頼は一気に崩れ落ちてしまいます。

このように信頼を築きあげていくのは色々と大変ですが、信頼が崩れる時は一瞬です。

ですので、この心から信頼できたと言う事は、その積み重ねがうまくいったと言うことです。

絶対に嘘をつかない

もちろん、嘘といってもそれぞれありますが、ここで言う嘘は基本的に悪い嘘をつかないという事です。

ですので、「この人の言う事だったら間違いがない」と信じることができます。

もちろん、このように素直で嘘がないのは良いことです。

ただ、時折「うそも方便」と言うものもありますので、それをうまく使い分けるようにできれば、言う事はありません。

例えば、顔色が非常に悪い、そして明らかに病気であることがわかっている場合、嘘でも「今日は顔色がいいですね。」と言うようなシチュエーションはあります。

ここで、「顔色がすごく悪いけど、大丈夫?」と言うと逆にデリカシーがないと言う事態になります。

やはり、本当の事でも何でも言えば良いと言う事では無いのです。

時折、そこが難しいと言うような境界線もあるかもしれません。

ですが、基本的に嘘がなく素直に生きていく事は人間として非常に大切なことです。

悪口や陰口を言わない

悪口や陰口を聞いていて気持ちが良いものではありません。

確かに気持ちを吐き出したいと言う事あるのかもしれません。

ですが、あれこれと悪口を言ったりするのは美しくありません。

時折、辛くなって気持ちを話す事もあるのかもしれないけれど、この悪口や陰口ばかりと言うことになると、男もだんだんとその女性に対して冷めてくるところがあります。

もしかしたら自分のことのこともいないときにあれこれと友達に言っているのではないかという疑いを持ってしまうことがあります。

ですので、基本的に悪口や陰口を言わず、なるべくポジティブに話すようにしましょう。

ただ、どうしても辛い時は、時に悩み相談をする事も悪くありません。

いつも前向きな人が時に相談をしてくるのであれば、こちらとしてもそこまで負担では無いです。

むしろ「頼られた」とうれしくなる男性もいるのではないでしょうか。

礼儀がなっている

やはり、親しき仲にも礼儀ありです。

ですので、恋人同士になって、仲良くなれたとしても基本的に礼儀は大切です。

ですので、礼儀がなっている女性というのは非常に魅力的です。

ただ、この礼儀の基準と言うのは本当に人それぞれです。

見ていて思うのは、祖父母と一緒に同居している方は、色々と礼儀に厳しいところがあります。

もちろんこの祖父母のキャラクターや、お父さんお母さんの性格等にもよりますので一概には言えません。

ですが、そのようにおじいちゃんおばあちゃんもしつけに厳しいタイプの方であれば、そのように色々と礼儀についても知っていることが多いです。

ただこちらは、家庭によるカラーがあります。

比較的おおらかな方なのか、礼儀作法に厳しいのかということなどその家によって違うところがあります。

ですので、基本的に最低限の礼儀は押さえておき、折を見てどのような家庭で育ったのかなどをリサーチしておくと良いでしょう。

男を立てるのが上手

確かに、最近は男女が平等だのですが、やはり男は女性に立てられると非常に嬉しいものがあります。

ですので、男性を立てるのが上手な人は、男性にとって忘れられない彼女になることもあります。

この男性を立てることについてですが、男性の仕事を尊重し、決して「仕事と私どっちが大事なの?」と聞かずに理解を示してあげるというのも男性を立てることの1つです。

後は、さりげなく褒めたり、みんながいるときは1歩下がったりするなど、色々と男性の後ろに立つような感じの態度を取ることができるのが非常に上手な人は魅力的なところがあります。

男性を立てて欲しいかどうかと言うアンケートを男性にしたところ、意外にも「どちらでも良い」と言う返答が多かったようです。

やはりそこは、男女平等になってきてそれが浸透しつつあるところがありますね。

ですが、やはりそのようなさりげなく男性を立てることができる女性は、多くの男性から見ると素敵に見えることでしょう。

仕事を理解している

基本的に、そのような女性は先ほども触れたように仕事のことを大変理解してくれているところがあります。

基本的に男性は女性のように一般職として働く事はあまり考えられないところがあります。

例えば、事務職で就職したとしても、女性は一般事務であったり経理事務のアシスト的なことをやることがあります。

ですが男性は、そのような経理的なことも若い頃はやるにはよりますが、ゆくゆくはそのような会社の経営などにも携わるような総合職のような感じの仕事になっていきます。

もちろん、それは事務職だけではありません。

営業職であれば、その営業成績により会社にどれだけ貢献するかというのがかかってきますし、修理のような作業系の仕事であっても男性は仕事が主であるようなケースが多いです。

例えば最近は男性も育休が取れる世の中にはなったものの、まだそこまで男性が取得するのは浸透していません。

ですので、男性にとって仕事はもはやライフワークと言っても良いものです。

ですので、女性がその仕事について理解してくれているかどうかは大きいところがあります。

彼女としてだったらまだしも、奥さんになると必然的にその理解を求められるところがあります。

尊敬できた

基本的に、女性は男性のことを好きになるときに尊敬することがあるようですね。

男も、かわいいなと思うところから好きになることもありますが、尊敬できるところがあるのも好きになれる要素の1つでもあります。

やはり男女問わず、このように尊敬できる関係は非常に良いものがありますね。

もちろんこの尊敬できるところのは、仕事面のことであるというのもあるのかもしれないけれど、性格においてすごいなと思えるようなところがあるのであれば、尊敬に値する事もあります。

何事にも一生懸命

やはり男女問わず、何事にも一生懸命な姿と言うのは非常に良いものですね。

著者も色々と、アニメやドラマなどを見ることがありますが、やはり一生懸命がんばっている主人公についていろいろと見てしまうところがあります。

例えば、著者は40過ぎた良い年ではあるものの、アニメの「メジャー」などはついつい熱心に見てしまいますね。

やはり、このように一生懸命に生きる人は人の心を動かすものがあります。

それは、女性に関しても同じところがあります。

女性は、色々とやることが多岐に渡る人も多いです。

独身であればまだ際立ちませんが、結婚をすれば仕事もあるし、家事もあります。

そして、人によってはおしゃれなどを頑張っている人もいるでしょう。

色々とやることが多いけれど、どれも一生懸命がんばっている姿に、男性はグッとくるところがあります。

まずは、夢中になれることから頑張ってみるのはいかがでしょうか。

一緒にいるのが誰よりも楽しかった

やはり人間は一緒にいて楽しかった人と一緒にいたいものです。

それは恋人関係でも友人関係でも同じです。

そのように自由な集まりであれば一緒にいて楽しい人が招かれます。

ですので、一緒にいて楽しかった人ほど強烈に印象に残っているのです。

だとしたら、もしかしたら、話し上手でないと一緒にいて楽しいと思ってもらえないのではないかと不安になっている方もいるかもしれません。

ですが、心配はいりません。

基本的に人間は話したい人のほうが多いのです。

余程無口であったり失言を繰り返してしまうという理由でお口にチャックをしている人でなければ、話したい人の方が多いので聞き上手になることで解決します。

ですので、うまく同調をして話を引き出すことで、一緒にいて楽しかったと思ってもらえる可能性は大です。

料理上手で自分のためにたくさん料理を作ってくれた

日本ではよく「おふくろの味」なんて言われるように、料理は非常に人間にとって必要な要素です。

子どもへの情操教育においても、簡素なもので良いので手作りをすることを奨励されています。

もちろん少し取り入れたくらいでは大問題にはならないものの、毎日毎日コンビニ弁当や外食といったことがあると、大人になってからそれをさみしく思う人もいるくらいです。

やはり料理は女性の仕事とは言いませんが、料理上手な人の方が印象に残るところは否めません。

ですので、料理上手な人であれば積極的に料理を作りましょう。

とはいってもどうしても料理が苦手である人もいるかもしれません。

もしそうであれば彼の好みを聞いた上でなるべく簡単にできる料理を作りましょう。

最近は様々な便利な調味料もありますし、カット野菜等の便利なものもあります。

それを活用して、何か彼にとってのスペシャルな一品を作りましょう。

いつも好きな気持ちを伝えてくれた

ついつい日本人は「言わなくてもわかる」と以心伝心を狙いがちですが、やはり言葉に出すのは非常に有効です。

ですので、好きな気持ちを常に伝えてくれる彼女は非常に男性にとってはかわいらしく思えます。

ですので、常に気持ちを伝えるようにしましょう。

口に出して伝えるのが恥ずかしいのであれば、メールやラインでも良いと思います。

これだったら比較的気持ちを伝えやすい人も多いのではないでしょうか。

ラインでしたらスタンプもありますので、一押しで気持ちを伝えることができます。

メールでも絵文字もありますし、手紙と同じような感じで口で言うより思いを伝えやすいのは大きなメリットです。

わがままだけど可愛かった

わがままというと悪い印象を持たれがちです。

ですが、時に少しわがままを言うくらいだと男はかわいく感じるものです。

わがままばかりでしんどくなると、その女性の事を嫌になってしまうのですが、程よく「嫌だ!もっと会いたい!」等と可愛くわがままを言われると男はイチコロです。

わがままを言わずにきちんと理解のある彼女も確かに良いのですが、自己主張を全くしないとなると、「本当に自分に興味があるのだろうか?」などと不安に思うなど、男は非常に勝手なものです。

「こうであるべき!」というアドバイスは大変難しいですが、あまり頻度が多すぎるとNGですが、時には可愛くわがままを言ってみるのもアリですよ。

誰に対しても思いやりがあった

やはり思いやりは皆に対してある人が良いのは言うまでもありません。

もちろん、特別な人だから優しくするというのもあるのかもしれません。

ですが、恋人や友達には優しくても、店員等反論できない立場の方に対してだけ横柄な態度の方は男女問わずいます。

そのような人は皆が皆とは言いませんが、モラハラ気質がある可能性が高いです。

結婚して家族になったら「特別な人」から格下げされるリスクは大きくなります。

結婚後しばらくはそれが続いても長く生活をしていると喧嘩をすることもあるでしょう。

その時に格下と思ってしまうと、そこから横柄な態度になってしまう事もあります。

よくモラハラというのは夫から妻にと思われがちですが、最近は逆バージョンも多いです。

やはり、皆にやさしい人はどんな立場の人にも優しく、思い出に残りやすいのです。

小さなことでも「ありがとう」と言ってくれた

どんな事にも感謝の気持ちを持つ事は大変大切なことです。

それが素直にできる人はやはり非常に魅力的です。

つい「こうで当然」と思ってしまう事もあるかもしれませんが、日々の良いことに感謝するのは大切なことですよね。

著者も小さなことに感謝する気持ちを忘れないようにしたいものです。

いつも笑顔でいてくれた

やはり、一緒にいて楽しんでくれているのは男としても大変うれしいものです。

やはり笑顔が素敵な女性は付き合っていても印象深いです。

その笑顔が男性の心をとらえて離さないのもわかる気がしますね。

楽しいデートをたくさんした

やはり人間は楽しい時間を過ごした事に関しては、良い記憶が残るものです。

先ほども触れたように男の恋はファイル別保存です。

ですので、どんなに多くの女性と付き合っても、その女性ごとに思い出を大切にしています。

いい思い出はずっと男の心の中にあるのです。

一緒にいると安心できた

やはり恋人同士ですので、一緒にいることができると安心できる関係であることは非常に重要なことです。

確かに恋愛当初はドキドキする気持ちになりますが、それが落ち着いてくるとだんだんと一緒にいる事で安心ができるようになりますね。

それほどに安定的に長く付き合えたという事でもあるのかもしれません。

自分のすべてをさらけ出せた

男性にとって自分をさらけ出すのは容易なことではありません。

男性は小さいころの話はなかなか人にはしないものです。

それができたという事はそれだけすべてをさらけ出すことができたという事です。

男性にとってそこまでになれるのは、非常に貴重なことなのです。

離したくない彼女になるための秘訣♪

このような女性は仮に何らかの事情で付き合えなくなったとしても良い思い出として残っているものです。

ですので、逆を言えば付き合っている今からこのような事を心がけたら、最高の彼女になれる可能性大なのです。

やはり最高な状態で長く関係性を続けたいですね。

一つ一つ見ていきましょう。

彼氏に依存するのは辞める

女性はさみしがり屋の方ほどに恋人に依存する傾向があります。

初めはその依存ぶりがかわいらしく感じられて頻繁に構ってくれていたけれど、だんだんと面倒くさそうにされたという経験はないでしょうか。

初めはそれが新鮮で良くても、だんだんと重く感じられるようになると、別れへのカウントダウンが始まる状態になります。

ですので、恋人と過ごす時間が楽しいのは問題ないのですが、彼氏一辺倒にならないように気を付けましょう。

友達関係も大事にするとか、趣味の世界も大切にして、彼氏にのみ依存しないようにしましょう。

そして、程よい関係性を築く努力をしていくことが大切です。

束縛しない

初めは束縛されていても「愛されているんだ♪」とうれしく思いますが、あまりにもそれが度を過ぎると面倒くさく感じる男性が多いです。

ですので、「遊びに言ってはダメ」とか「会社の飲み会に参加しないで。」等行動を制約するようなことは言わないようにしましょう。

特に仕事関係の事で束縛するのは男性にとっては大きな負担になりますのでやめましょう。

会社は一日の中でたくさんの時間を過ごしますし、男性も転職をするにはしますが、基本的に女性のように妊娠や出産等の都合で辞めることはないので、長く勤めるつもりで仕事をしています。

ですので、そこでの居心地を悪くするような束縛はやめたほうが無難です。

交友関係にうるさく言わない

男性は基本的に女性とお付き合いをしていても男同士の友情も大切にします。

女性はよく関係性が変わると人間関係が流動的に変わるケースもあるようですが、男の場合は学生時代の友達と長く付き合うなどもあります。

男性が友情は結束が固くすごいという話ではなく、女性に比べて男の人生はある程度は決まっていますので、あまりにも違う環境になる事はそこまでないのです。

女性の場合であれば、独身と既婚、子どもがいる人といない人、兼業主婦か専業主婦か、等生き方が多様化しているので話が合わないことも多いと言われています。

ですが、男は基本的に専業主夫という選択肢はありませんし、仕事を主にしている男性が多いので、子どもがいるかいないかもそこまで重要視されないところがあります。

ですので、男の友情は長く続きますが、それについてうるさく言うとだんだんと彼女が重く感じるようになります。

あまり交友関係についてうるさく言わないほうが良いでしょう。

尽くし過ぎない

男性に尽くすというと「いいことだ」と思いますよね。

ですが、尽くしすぎるとだんだんと「都合のいい女」と認識するようになってしまいます。

だんだんと母親と息子のような関係になっていき、ないがしろにされる場面も増えます。

ですので、付き合った当初は普通の男性だったのに、自分と付き合った途端に男性がおかしくなるという女性もいるようですね。

それはたいていは尽くしすぎです。

男性は女性に必要とされることで喜びを見出す傾向があります。

ですので、尽くすのはほどほどにしましょう。

ありがとうとごめんねをしっかり言う

やはり、ありがとうやごめんねは基本です。

ついつい恥ずかしがったり意地を張ってしまう事もあるかもしれませんが、やはりしっかりと言えた方がいいに越したことはありません。

もしどうしてもうまく言えなかったら、手紙やライン、メールでもいいので、とにかくまずは気持ちを伝えることが大切です。

それを繰り返しつつだんだんと口に出せるようにするようにしましょう。

自分磨きを怠らない

自分の外見や内面、どちらも磨き輝き続ける人の方が魅力的であることは確かです。

ですので、いろいろな読書をして視野を広げるのも良いですし、いろいろな経験をしてみたり、メイクやファッションの研究など自分にとってのベストを探してみましょう。

いつでも笑顔でいる

やはり人間は暗い顔をしているより楽しそうにすごしている人の方が魅力的に見えます。

常に笑顔を忘れないようにしましょう。

言い訳をしない

色々と理由を説明したい気持ちは分かりますが、それを「言い訳がましい」とネガティブに思う人も多いです。

注意されたら、ひとまずはその言葉を受け入れましょう。

その上で納得できないことは話し合いをするようにするほうが望ましいです。

彼の事を信じる

好きなあまりに嫉妬をしてしまうのは分かりますが、嫉妬深いのも信じてもらえていない感じがして嫌な気持ちになる物です。

ですので、少し離れる時間があったとしても、彼を信じることが大切です。

最高の彼女になって彼を虜にしちゃおう!

歴代の最高の彼女についていかがでしょうか。

そのような彼女が男性にいたとしても、もし皆さんが現段階の彼女だとしたら、その彼女を超えることができるかもしれません。

自分を磨きつつ、彼にとって素晴らしい彼女になりましょう。