CoCoSiA(ココシア)

彼氏より「優位に立つ」9個の方法!これで主導権はあなたに!


彼氏がいる方に質問です!

皆さんは、「彼氏より優位に立ちたい」と思ったことはありますか?

そもそも「優位に立つ」と言うことは、相手よりも立場が強くなることを表します。

支配的にも聞こえるかもしれませんが、決してそれだけの意味ではないです。

恋愛に限らず、優位に立つと言うのは「常に」ではありません。

ある時はどちらか一方が優位に立ち、ある時は立場が逆転し、またある時は自分と相手が対等になる、そうした繰り返しになるでしょう。

彼氏にリードされる恋愛も憧れますが、自分が彼氏をリードする恋愛もまた憧れますよね。

今回は、後者のパターンに憧れる人に朗報です!

彼氏より「優位に立つ」9個の方法!と題しまして、その理由や方法についてご紹介します。

彼氏より優位に立ちたい!

「彼氏より優位に立ちたい!」、そのように彼女たちが思ったのはなぜなのでしょうか?

そもそも、恋愛において彼氏側が優位に立つことが多いのが要因の1つと考えられます。

彼女に1つでも良いところを見せたい、彼女に頼りにされる男になりたい、彼女に自分についてきてほしいなど、様々な理由から優位に立とうとしているようです。

昔は「男尊女卑」と言う考え方があり、男性に重きが置かれ、女性は男性に付き従うものとされ、男女が公平に扱われることのない時代でした。

確かに体のつくりも違いますし、男性にしかできないこと、女性にしかできないことがあり、両者が必ずしも平等とは言えないからです。

社会においても、「男女雇用機会均等法」なるものが施行されましたが、職種によってはまだまだ男性社会が根強いものもあります。

それでも女性は、男性を支える専業主婦、家事も仕事もこなす兼業主婦、仕事に邁進するキャリアウーマンなど、様々な生き方を選べるようになってきています。

よって、恋愛においても彼氏より優位に立ちたい!と思うことも、それを実現することも十分に可能です。

では、なぜ優位に立ちたいと思ったのかと言う理由を下記の項目にてご紹介します。

彼氏より「優位に立つ」9個の方法

上記で、「彼氏より優位に立ちたい!」と思う理由について紹介しました。

どの理由も、そこに至るまでの考えなどに「確かに」「なるほど」と思うものばかりでした。

では、実際に優位に立つにはどうしたら良いのでしょうか?

こちらでは、9個の方法をご紹介します。

これで、彼氏よりも優位に立つことができるでしょう。

それでは、順に見ていきましょう!

1.甘え上手になる


1個目は、「甘え上手になる」です。

甘えることができる人は、相手に「何かしてあげたい」「守ってあげたい」と思わせます。

甘え上手ともなれば、より一層の効果が期待できるでしょう。

相手にしても、自分に甘えてくる相手に対して「愛おしさ」が募って、いつのまにか相手のペースに乗せられていくのかもしれません。

ただし、以下の点を注意したうえで「甘え上手」のスキルを使うようにしましょう。

「ワガママ」ではなく「甘える」のが大事

「甘える」と言う言葉に、自己中心的など「ワガママ」なイメージを持つ人も少なくないのではないでしょうか?

自分のことだけを優先させ、相手を振り回しているように見えるのかもしれません。

それだけでは確かに「ワガママ」ですが、「甘える」は違います。

甘え上手とは、「相手の許容範囲内で頼ること」だと思います。

相手の状況などを見極め、これくらいまでなら大丈夫と上限を設けるなど、相手に迷惑にならない範囲に限定し、それをよくわかったうえでの行動と言えるでしょう。

自分の甘えを受け止めてくれる相手に感謝を持ち、それを素直に相手に表現することで、相手が嬉しく思い、また何かしてあげたいと思うと言ったサイクルではないでしょうか?

2.わざと彼氏に主導権を握らせる

2個目は、「わざと彼氏に主導権を握らせる」です。

自分(彼女)が主導権を握りたいのに、そんなことをしたら逆効果になるのでは?と思う人もいるでしょう。

しかし、彼女たちも単純に彼氏たちに主導権を握らせているわけではありません。

そこには、「あるポイント」が隠されています!

下記に挙げる2つのポイントを上手に駆使して、最後は自分が優位に立つようにリードしているのです。

まさに、神業ですね!

うまいこと誘導する

1つ目は、「うまいこと誘導する」です。