「なんだかかわいい方言で話しているなぁ~」なんて思う相手がどこが出身地なのか、そしてその話している方言はいったいどこの方言なのか気になっているそこのあなた!

もしかしたら、あなたが気になっているその方言って“岡山県”の方言なのかもしれません。

しかし、方言があるのは岡山県だけではないので、「岡山県の方言が特別にかわいいってわけないでしょう~」なんて思われている方もおられるかもしれないですね。

そんな意見もあるなかで、実はちょっとしたことから今「岡山弁」が話題になっていたりするんです!

もしかしたら、あなたはそんなちょっとした話題から「この方言かわいい!」とか「岡山弁ってこんなに魅力的な言葉なんだ!」なんて思われているのかもしれないですね。

ということで、この記事ではここ最近で話題になっている…誰もが一度は聞けば「かわいい言葉だなァ!」なんて、岡山弁を特集しています。

岡山弁にはいったいどんな言葉があるのか?

また、その言葉にはいったいどのような意味が含まれているのか?

またまた、岡山弁を習得したいと考えている人のために岡山弁の特徴を、さらには岡山弁を話している芸能人をご紹介します♪

ぜひこの記事をよんで、あなたも岡山弁を話しているあの人とのコミュニケーションを楽しんでみてはいかがですか!

岡山弁って本当にかわいい!

あなたは今、おそらく気になっている方言があるのでしょう。

ずばりそれは「岡山弁」なんですね!

うんうん。よくわかります。

昔からその地域に住んでいる人であれば、「岡山弁がどんなことを示しているのか」「この言葉はこういう意味だ」なんてすぐに脳内変換できるものです。

しかし、その地域に縁のなかった人、または初めてその地域の人に出会った人にとっては「相手が何を言っているのかサッパリわからない!」と混乱してしまうもの。

その混乱だけならまだしも、岡山弁ってほか方言にくらべるとどこかかわいらしい雰囲気を持っていると思いませんか?

あまりかわいくない人でも(失礼)、岡山弁を話していれば、意味は伝わらなくても「ああ!なんてかわいいんだ!」なんてまるで小動物を眺めるかのような、癒される気持ちになってしまうものです。

また、そんな岡山弁で相手が何を話しているのか、あのかわいい言葉はいったいどんな意味を持っているのか…気になって仕方のない人もおられることでしょう。

そりゃあ、だってあんなにかわいらしい言葉なのですから気になってしまいますよね!

筆者も友人に岡山県出身の女性がいるのですが、その女性に出会った瞬間に同性とはいえ、そのかわいらしい言葉、雰囲気、イントネーションにとりこになりました。

その言葉を聞きたくてお友達になりたくて、近寄りましたね…(汗)

もちろん、その女性は男性からもモテモテだったのです。

あなたの身近にいる岡山弁を離されている方もモテモテタイプの方なのではありませんか?

男性でも、どんなににくい内容のことを話していても、岡山弁ってなんでも許せてしまう魔法の言葉みたいなものなんですよね。

さてさて、これからその「岡山弁」についていろいろなことをお伝えしていきますよ!

いったいどうして私たちは、「岡山弁ってかわいいな」と思うことができるのか、そのヒミツを探っていきましょう♪

きっと今感じている岡山弁に対する印象よりもさらに岡山弁のことが大好きになること間違いなしです!

ある一つの動画が超話題に!

あなたは、動画サイトや映画などをよくご覧になるでしょうか?

もしもそうであれば、すでにこのタイトルを読んで「ああ!あれね!」なんてびびびっときているかもしれないですね。

そう、岡山弁が今まさに巷で少しずつ人気になっているのはある動画・・・いや映画といったほうがいいでしょうか、その映画が出たからなんです。

岡山弁を勉強している人にとっては、そのように岡山弁がたくさん使われている映画なんて気になって仕方のないことでしょう。

その映画とは…。

高畑充希の「ひるね姫」

岡山弁が多く使われている…岡山県が舞台となって、ストーリーが描かれている「ひるね姫」がその話題の映画なんです。

この映画にて、主人公の女の子が岡山弁を使うことで、その岡山弁の魅力を知る人が増えたんですね。

それもその主人公の声を担当したのが今では毎日見ないことはない“高畑充希”さんです。

高畑さんは、女優として活躍するだけではなく、歌手活動もこなし、さらには今回の「ひるね姫」のようなアニメーションの吹き替えや声を担当することもある実力派の女性です。

かの有名なディズニー映画の「シンデレラ」の主人公の声も担当したくらいなんですよ♪そんな彼女は生粋の東京育ち。

そのため、岡山弁なんて全く知らないはずの彼女が演じている…というと「じゃあ、岡山弁じゃないんじゃないの?」と心配してしまうかもしれません。

いいえ!そんなことないんです!彼女の女優魂をみくびってはいけません。

岡山県在住の方、岡山県出身の方が見ると「ああ、懐かしい」だとか本当に岡山の人が話しているかのように感じて、「岡山弁で相槌をうってしまいそうになったよ」なんていう感想を述べている方もいるんです。

そして、彼女だからこそ、あのかわいらしい声だからこそ、さらに岡山弁の魅力を視聴者の方に伝えることができたのかもしれません。

これから先に、この記事ではよく使われている岡山弁や岡山弁の特徴をお伝えしています。

もしもそれだけでは判断しがたいというのであれば、ぜひとも「ひるね姫」をご覧になってみてください。「岡山弁ってこんなんなのね!」なんて勉強になること間違いなし!

それにさらに岡山弁のことを好きになってしまうかもしれません。

岡山弁のあれこれ

岡山弁を手っ取り早くしるためにおすすめの映画を先にご紹介しました。

すでにその映画をご覧になったことがある方、その映画には興味はないものの「もっと岡山弁について知りたい!」と考えている人もおられることでしょう。

そのような方のために、岡山弁がどのようなものなのかをご紹介する前に「岡山弁のあれこれ」をご紹介します。

岡山弁ってどの地方の方言なのか知っていますか?

方言って地域ごとに大きく分けることができるもの。

まずは、その”方言の基本“から勉強していきましょう。

東山陽方言

岡山弁は、方言のなかでは「東山陽方言」の部類に入ります。

あなたは“山陽地方”というのがどの地域のことを指しているかわかりますか?

山陽地方とは、広島県、山口県、岡山県の地域を指しています。

そこに鳥取県の一部を入れ込み、そのエリアで話されている方言のことをひっくるめて「山陽方言」というのです。

山陽方言にも種類があって、東山陽方言と中国方言に分かれます。

今回ご紹介している岡山弁というのは、“東山陽方言”なんですね。

また、岡山弁は東山陽方言に含まれますが、そのなかでもさらに細かく「備前弁」「備中弁」そして「美作弁」にわけることができます。

しかし、そこまで細かいところを最初からお伝えしてしまいますと、「岡山弁って難しいのかもしれない!」と勘違いされてしまう方も出てきてしまうことでしょう。

そのため、今回はこの3つの方言で共通して使われているメジャーな岡山弁をご紹介していきますね♪

ひとまず、「岡山弁は山陽地域の方言なんだ」ということを抑えておけばOKです。

そのため、岡山県ではない山陽地域でも岡山弁に似たような方言を耳にする機会があるかもしれません。

岡山弁の特徴

あなたは、どうして岡山弁が気になっているのでしょうか?

多くの方は「なんとなく気になる」だとか「意味が知りたい」とか「カワイイんだもの!」なんて考えていることでしょう。

そうはいっても、その岡山弁がどんな言葉なのかもっともっと知りたいはずです。

だからこそ、岡山弁をすぐにでも知りたい気持ちでいっぱいになっているかもしれないですね。

しかーし!ちょっと待って。その岡山弁の特徴をまずは見ていこうじゃありませんか。

「ああ、こんな感じだったな!」なんて思い出すこともあれば、「ええ!?岡山弁ってこんなイメージももたれることがあるんだ」なんて、岡山弁に対して新しい発見ができるかもしれません。

岡山弁って深く知れば知るほど、おもしろいもの。

そして今まで以上にさらに「かわいいな」と思うことができるのです。

では、いったい岡山弁にはどのような特徴があるというのでしょうか?

確認していきましょう!

変わったイントネーション

岡山弁ってどこか変わった“音”としてとらえている方も少なくはないのでは?

そう、標準語だとか“方言”で有名な関西弁などに比べると、どこか「変わったイントネーション」として受け取りやすい言葉なんですよね。

「え!?そこで下がる!?」「そんな言葉の真ん中あたりで変わった音に代わる!?」なんて思ってしまった人もいるのではないでしょうか。

筆者も以前にお付き合いしていた恋人のお母さんが岡山出身で、お会いしたときには毎回のようにそう感じていました。

なんでしょう、「顔は笑ってるけど声は怒ってる!?」と感じたり、逆に「声はどこか突っ張っているように感じるけど、顔は笑ってる!?」なんて思うことが多々ありました。

これって、標準語と比べるとどこか言葉のイントネーションが“変わっている”ということなんですよね。

そんなイントネーションの変化、普通とは違うその発音や変化に心を奪われてしまう人もいたかもしれないですね!

絶対に通じない宇宙語のようなもの


実際に岡山弁を話している人とお話したことがある方は、すでにこのような感情を感じたことがあるかもしれません。

岡山県出身の方でも、現代っこであれば標準語も交じっているのでそりゃまぁ会話を続けることは可能です。

しかし、昔の人―年配の方―が岡山弁を話すとなると、いったいなにを話しているのか?何を伝えたいのか?

顔を見ても、耳を澄ませてみてもまったくわからない!という人が多かったはずです。

これは、その地域でその地域の方言を全く耳にしたことがない人であれば、どこでも誰でも感じてしまうこと。

とはいっても、岡山弁って格別にその様に感じやすいのかもしれないですね。

しかし、よく使われる岡山弁をチェックしておくだけでも「宇宙語」と感じなくなるはずです。

同じ日本に在住しているというのに、ここまで言葉でコミュニケーションがとりにくいと感じると、英語を学ぶよりも日本語の歴史を学んでいたほうが日本人として得なのかもしれないと感じませんか。

本当に地元の人にしかわからない

ひとつ前の項目にて「岡山弁はまるで宇宙語のように、何を言っているのか何を伝えようとしているのかわかりにくい」ということをお伝えしました。

それって、昔に生き抜いた人たちの知恵でもあるんですよね。

自分たちの秘密の情報をほかの村や国の人たちにばれないように、知られないようにするために作り出した“暗号”でもあるわけです。

標準語ができた今でも、岡山弁だけではなくさまざまな地域では“方言”が使われています。

あまりにも本格的な方言になってしまいますと地元の人にしかわからないんですよね。

それでも、岡山弁を少しでも理解をして、「この人たちはこんな会話をしているんだな」なんて感じることができればうれしいですよね。

しかし、岡山県出身で岡山弁を話してこなかった方は完全には岡山弁を理解することができないと心得ておいたほうがいいかもしれません。

それはそれで、とても神秘的ですね。

語尾は伸ばす


どの方言にも“語尾”の使い方というものがあります。

今回ご紹介している岡山弁では、語尾を伸ばす傾向があります。

どんな方言でも語尾をのばすので、はじめて岡山弁を聞いた人は「ええ!?この人ばかにしてるの!?」なんて相手に不信感を感じることもあるでしょう。

しかし、人によっては語尾を伸ばしているその言葉がどこかまったりとしていて、癒されるように感じることもあるはずです。

そんな語尾伸ばしにあなたも心奪われてしまったのではないでしょうか?

「もんげー」は使わない

岡山弁といったら「もんげー」という言葉だ!

なんて思われている方もいらっしゃるかもしれません。

そのように考えている方というのは、おそらくアニメの『妖怪ウォッチ』をご覧になったことがあるのでしょう。

そのアニメに登場するとあるキャラクターが岡山弁として「もんげー」という言葉を多用しているからです。

しかし、実際に岡山弁を話す人たちというのは「もんげー」という言葉って使わないんです!

もしかしたら、そんな「もんげー」という言葉にて岡山弁に興味をもたれた方もいるはず。

それはアニメの世界だけですから、まちがっても岡山県出身の方や岡山弁を巧みに話されている方には「もんげー」なんて使わないようにしましょう。

「なにいってるんだ?」とおかしな目で見られてしまうかもしれません。

ちょっときつい

「岡山弁」というキーワードで動画サイトなどを検索してみると、きまってどこの動画サイトでも「岡山弁はこわい!」なんてタイトルの動画があるものです。

それだかではなく、実際に岡山弁を話している方と会話をしたことがある方は「岡山弁ってかわいいときもあるけど、なんとなくどこかきつい感じがする」とか「いつも相手が怒っているように感じる」と感じたことがあるでしょう。

こればっかりは十人十色の感じ方があるので、これが正しい!と言い切ることはできません。

しかし、場合によっては、言葉によっては“きつく感じてしまうこともある”ことも念頭に入れておきましょう。

とはいっても、その方言がきついことを示しているとは限らないのでご注意を。

筆者も岡山弁を話す方と何人かとかかわっていますが、たまに「今ここでキレるの!?」と何度も驚いたこともありますよ。

(実際にはきれていることはなく、必死に話をしていただけでした)

解説が必要な岡山弁

あなたはすでに気になっている岡山弁のワードがあるのかもしれません。

その方言を相手が話している雰囲気で受け取ってしまうのは、危険です!

先ほどもご紹介したように岡山弁ってどこかイントネーションがおかしいし、それに怒ってもいないのに起こり口調で話す岡山県出身の方もいらっしゃるからなんです。

ということで、ここでは岡山弁のなかでも特に注意して耳を澄ませてほしい、使う場合でも注意したい方言をいくつかお伝えしていきます。

ほかの地域でも使われている方言とかぶっているものもあるのですが、そのほかの地域で使われている意味とはまったく違うなんてよくあること。

岡山弁の変わったルールを確認していきましょう。

~じゃ

「~じゃ」なんて言葉は、ほかの地域の方言でもよく耳にしますね。

だいたい語尾に使われていることが多いために、気軽に岡山県出身ではない方でも使うことができてしまう言葉です。

この言葉は、岡山弁のなかの基本中の基本の方言になります。

小さい子供から年配の方までも使われている言葉になります。

また、「じゃ」を何回言うのかによって意味が異なることも。

「じゃ」を1度話すのであれば、「そうだよね」と相手を受け入れる意味。

「じゃ」を2度話すのであれば、さらに強く「そうだよね」と認める気持ち。

「じゃ」を3回話すとそこに“絶対的”という意味が加わります。

はっとうじ

「はっとうじ、くさ!」「ありゃはっとうじ!」なんて、子供たちがはしゃいでいる姿を見たりするでしょうか。

「はっとうじ」なんて聞いても、標準語の世界で暮らしてきた人にはなにも想像することはできないですよね。

ずばり、はっとうじってあのクサーイ虫の「カメムシ」を表す言葉なんです♪

似ても似つかないこのはっとうじという言葉…語源としては、昔々に八塔寺というところにお風呂にも入らない体臭のひどい人がいたことからのようです。

テンパール

「テンパール壊れた!」とか「テンパールおちよった!」なんて、岡山県に住んでいると耳にすることがあるかもしれません。

テンパール!?ポンパドールのこと!?何かの人形の話!?お店のこと!?

…なんていろいろと推測してしまいますが、違います。

岡山弁でそれぞれの家庭に取り付けられている「ブレーカー」のことをテンパールというんですね。

というのも、岡山県で電力を供給しているのがテンパールという会社だからという単純な理由になります。

はよしね~や

な、なんてヒドイ言葉なの…!そのように誰もが感じたことでしょう。

そのように感じた方はおそらく「早くしんで」という意味として受け取ったのでしょう。

しかし、岡山弁において「はよしねーや」というのは、そんなひどい意味を持っていません。

岡山では「早くして!」とか「早くしなさい!」という意味で、この言葉を使うのです。

とはいっても、これまでに岡山弁にかかわってこなかった方がこのような言葉を言われたら、不安になってしまいますよね。

これはかなり気を付けておきたい言葉です。

たいぎー

あなたは、仕事をしているとき、もしくは勉強をしているときに「かったるいなぁ~」「めんどうくさい!」「だるくてやばい!」なんて感じたことはありませんか?

まさにその言葉にあてはまるのが「たいぎー」なんです。

大人ではあまり使う人は見かけないものの、学生さんや子供なんかはよく使う言葉ですね。

もしも、岡山県の学校に勤めることになったのであれば、ぜひとも知っておきたい方言になります。

おおがっそう

「あんた、おおがっそうじゃ」なんて言われたら注意が必要かも!

「おおがっそう」という方言は、髪の毛もグッチャグチャ、ぼさぼさでまったくお手入れできていない状態をさすからです。

要するに、ちょっと非難されている言葉だということ。

あなたは、身だしなみは整えていますか?

「おおがっそう」なんて言われないように、最低限の身だしなみは整えていきましょうね!

急に相手から「そ」なんて言われたりしたら、なんてそっけない人なんだ!とびっくりしてしまいますよね。

岡山弁では年配の方を中心にして、相手になにかを渡すとき、伝えるときなどに「そ」という言葉を使います。

おそらくこの言葉を使っているときには、なにかをあなたに渡そうとしてくれているはずです。

とはいっても、あまり使われることのない言葉ですので使用は控えたほうがいいかも。

おえん

まるで吐き気を催しているかのように聞こえるこの言葉…。

これは「だめです!」という意味になります。

要するに相手が何かを要求してきたとき、もしくはなにかを進めているその間に「これはできない」と否定する言葉なんです。

また、「おえん」というのは現在進行形で「だめになっている」ということをさします。

しかし、過去の時点のことを説明するには「おえなんだ」というので気を付けたいですね!

たわん

「こりゃたわん!」なんていわれると、おわんの間違いなのかな?なんて感じてしまいそうです。

おわんではなく、「たわん」という言葉は「足りない」ことをさす言葉になります。

個数だとか物理的距離を示すために使う言葉になります。

なかには「たわん!たわん!」と泣きわめく子どももいるくらいですが、意味をおさえておけば大丈夫でしょう。

めぐ

魔女っ子メグちゃんかい!?…いえいえ。

「めぐ」というと女性のあだ名のように感じられますが、岡山弁では「壊す」ことを意味します。

「これ、めぐねえ」なんていうのであれば「これは壊すよ」となります。

しかし、メグと呼ばれている女性がこんな言葉を言われたら勘違いしてしまいそうですよね。

気を付けましょう!

ソックス

あなたは、靴下のことを何と呼びますか?

オシャレに気合いが入っている方であれば、ソックスというかもしれませんね。

しかし、岡山県民はすべての人が靴下のことを「ソックス」というんです。

子供から大人までのすべての人が…です!

逆に岡山県にて「靴下」と発言するのがおかしく思われるそう。

岡山で有名な芸能人も岡山弁を多用!

これまでに岡山弁でよく使われている…そして説明が必要な岡山弁をいくつかお伝えしてきましたね。

「これ知ってる!」なんていう言葉もあれば、「これはまだ聞いたことないなぁ」なんて言葉もあったでしょう?

そんな岡山弁をもっとリアルに、そして身近に感じたいという人も多いはず。

そんな方には、ぜひとも“岡山県出身の芸能人”に注目してほしいんです。

芸能界でも一般社会と同じく、大人になるにつれて、そして仕事をするにあたって標準語に切り替えるのが当たり前のようになっています。

しかし、なかには故郷の言葉を捨てず、テレビ撮影のなかでもその言葉を使っている方っているんです。

そのような芸能人たちに注目することができれば、今よりももっと岡山弁を身近に感じることができるはず。

では、いったい誰が岡山出身の芸能人なのでしょうか?

イマドキ話題のあの人も入っていますよ!

ブルゾンちえみ

「35億」なんていうネタで一躍有名になり、人気となった芸人のブルゾンちえみさん。

彼女ってメイクも濃いし、服装もどこか派手なものをしているので「都会育ちなんだろうな」なんて思われている方も少なくないでしょう。

いいえ!実は、あの親しみやすい彼女はわれらが岡山県出身なんです。

それにブルゾンちえみさんがネタ以外でトークをしているときに、よくなまっているのを耳にしたことがある方も少なくはないのではないでしょうか?

そう!それこそが岡山弁なんです。

あまりにもサラリと岡山弁を使っているので、意識していなかった人もいるかもしれないですね。

女性が使う岡山弁は、その女性をさらに魅力的にみせてくれるもの。

笑いのネタだけではなく、真剣にトークをしているブルゾンちえみさんにもぜひ注目してみてくださいね!

河本準一

こちらもお笑い芸人の河本準一さん。

標準語で話しているイメージをお持ちの方が多いかと思います。

たしかに河本さんも標準語でトークをしているものです。

しかし、司会をつとめる番組になるとそれまた変わるんです。

いつも以上に岡山弁を使いこなしているので、なかには「これってどこの方言なんだろう」と思われていた方もいるはず。

さきほど岡山弁は怖かったり、きつい印象を与えることがあるとお伝えしましたね。

しかし、なぜだか河本さんが岡山弁を使うと「やわらかく」見えるんです。

その柔らかさこそが彼らを人気にしてくれたヒミツなのかもしれません。

河本さんをテレビ番組などで目撃した時には、“言葉”にも注目してみましょう。

千鳥

岡山県というのは、関西地方に並んでお笑い芸人を輩出している数が多いんですよね。

3人目にご紹介するのもお笑い芸人の一人、「千鳥」になります。

千鳥はコンビのお笑い芸人。

もちろんどちらも岡山県出身なんですよ。

ブルゾンちえみさんのように、素の姿でトークなどに臨んでいるので常になまっている状態になります。

お笑い芸人がなまっている=関西出身と方程式ができてしまいそうですが、千鳥はれっきとした岡山県出身者♪

今では東京に移住しているそうですが、いまだに故郷の言葉を使われていますね。

テレビ番組では、わりかしなまった言葉で話しているようですが、ここ数年ではデビューした当初に比べるとなまりがでなくなってしまったそう。

だからこそ、千鳥の二人からたまに出てくる“岡山弁”を楽しみたいものですね。

鼠先輩

ちょっと怖いイメージを持っている方もいるかもしれないですね。

鼠先輩も岡山県出身者なんです。

この方も歌手として多くの楽曲を提供されています!

多くの方がご存知のことでしょう。

とはいえ、いかついサングラス姿をしているのでどこか“コワモテ”な雰囲気が強いですよね。

そんな彼は、もともと関西の出身です。

そのため、どこか関西系の方言と岡山弁が入り混じった言葉を話すことも!

このようにして新しい言葉などが出現していくのでしょう。

非常に岡山弁なまりが強い方ですが、それでも歌のなかではしっかりと標準語で歌い上げています!

もしも、鼠先輩から岡山弁を生媚態というのであれば、歌を聴くのではなく彼が出演している番組などをチェックしてみるといいでしょう。

コワモテの顔だちがどこか優しく、柔らかい印象に見えてくるはずです♪

岡山弁はちょっと変だけどそこがまたいい!

今回は、岡山弁について特集してきました!

これまでに岡山弁に対してもっていたイメージを覆されたとか、もっと深く知ることができた方もいらっしゃるかもしれません。

岡山弁に限らず、方言というのはその地域独特のもの。

その地域だからこそ、感じ取ることができるものです。

また歴史ある方言だからこそ、「どこの地域の方言なのか」なんて知りたくなってしまいますよね。

今回ご紹介してきた岡山弁は、ほかの地域の方言に比べるとイントネーションも変わっているし、言葉自体も少し不思議に感じられるものばかり。

そのため、「へんてこりんな方言だな!」なんて感じている方もおられるかもしれないですね。

そうなんです!岡山弁ってちょっと変わっています。

けれども、そこがいいんです。

チャームポイントなんです。

これからも―岡山弁を話す芸能人などに注目して―岡山弁に近づく生活をしてみてくださいね。

知らぬ間にあなたも岡山弁をマスターできちゃうかもしれません!

『あなたの恋愛運は大丈夫?不幸の原因はこれかも』

記事下_無料でオーラ鑑定_0718