子供の頃は、何をしても褒めて貰う事が出来ました。

挨拶が出来た。

洋服を一人で脱げた。

そんな事でも周りの大人たちは、一生懸命になり喜んでくれた事でしょう。

ですが、大人になれば早々褒められる機会も無くなります。

子供の頃と同じような事が出来た所で誰もすごいとは言ってくれず、ましてや褒められることなどないのです。

だからこそ、自然と褒められる機会は少なくなってしまうものです。

大人になってからも『褒められたい』と言っていると、周りの人からおかしな人のように思われてしまう場合もあります。

大人なのに恥ずかしいとさえ言われてしまう事もあるでしょう。

けれど、大人だって褒められたい気持ちは誰にもあるはずです。

その気持ちはおかしな事では無くある意味当然の気持ちなのではないでしょうか。

褒められる機会が減った今だからこそ、周りの人からより自分の事を認めて欲しい。

そんな風におもう事は意外と多い欲求なのではないでしょうか。

褒められると誰だって嬉しいですよね!

褒められる事は子供の特権のように考えられています。

だからこそ、大人同士で褒めあう事などそうある事ではありません。

子供のころは何をしても褒めて貰う事が出来ていたのにも関わらず、大人になるとそれが自然と無くなってしまうのです。

けれど、だからと言って褒められる事が嫌だと感じている人は居ないのではないでしょうか。

例え褒められる機会が少なくなったとしても、周りの人から褒めて貰う事は嬉しい事です。

自分がしたことを認めて貰う事によって、更にやる気を感じる事が出来るようになる事でしょう。

本当は、子供よりも大人の方が褒めて欲しいと思っているのかもしれません。

子供のうちに、周りの大人に褒めて貰う事はある意味では当然の事です。

褒めて貰う事によって気持ちが前向きになったりやる気を出す事が出来るようになり、その子の成長につながります。

ですが、その気持ちは、何も子供だけが感じるものでは無いのです。

大人だって同じように感じています。

自分の可能性を無限に感じている子供に比べ、大人の方が現実を知っているからこそ落ち込んだり悲しくなったりする事もあるでしょう。

だからこそ、かえって周りから褒められる事が必要となる場合もあります。

自分だけではなかなかやる気を持って行動する事が出来ない場合も、周りに人が居てくれる事によって、より強く自分の力を発揮する事が出来るようになるのではないでしょうか。

自分が出来る事を前向きに行動する為にも、周りからのサポートを必要とする場面は多いはずです。

だからこそ、褒められる機会を必要としています。

褒められることに対する年齢制限はありません。

いくつになっても褒められる事はとても嬉しい事だと言えるでしょう。

褒められると嬉しい3個のこと

大人になると褒められる機会はそうあるものではありません。

だからこそ、周りの人から褒められる事はとても嬉しい事なのです。

自分としてはあまり自信が無い事も、周りの人が褒めてくれるだけで嬉しい気持ちになったり自信を持つ事が出来るようになるかもしれません。

だからこそ、多くの人に褒めてもらえるようにしていきたいものです。

どんな事でも褒められる事は嬉しいものですが、その中でも特に褒められると嬉しいポイントがいくつかあります。

そこで今回は、そのポイントについてご紹介してみたいと思います。

自分の事を褒めて欲しいと思っているのであれば、まずは他人の事を褒めてみましょう。

そうする事によって、褒めた人は嬉しい気持ちになってくれる事でしょう。

それが結果的に自分を褒めて貰う事にもつがなるかもしれません。

優しい気持ちは、必ず連鎖していきます。

自分が周りの人の事を思って行動しているのであれば、周りの人は、いつか同じように自分にその気持ちを返してくれるようになる事でしょう。

その気持ちを大切にする事によって、より自分自身にとって良い環境を作り出す事が出来るようになっていくはずです。

どんな所を褒めたらいいか分からないと言う人は、これからご紹介するポイントを是非参考にしてみてください。

自分では当たり前だと思っているような事も、あえて他人から指摘される事によって嬉しい気持ちになる事は多々あるはずです。

服のセンスを褒められる


服装は、センスがとても出やすい場面です。

だからこそ、その服装を褒める事によってその人自身の普段のセンスを褒める事になります。

センスを褒められて嫌な思いをする人は居ません。

きっと嬉しい気持ちになる事が出来るはずです。

また、洋服のセンスはいくら自分が良いと思った服を着ているとしてもそれが正しいかどうかはわかりません。

場合によっては、周りの人から指摘され恥ずかしい思いをしてしまう可能性だってあるのです。

だからこそ、そうならないようにしたいと思いつつ、なかなか自分一人では自信を持ってセンスをアピールする事が出来ないと言う場合もあるでしょう。

自分が良いと思っている物が、必ずしも周りからの評価につながるかどうかは分からないのです。

そんな中で、第三者からセンスを褒められるような事があれば、必ず嬉しい気持ちになるはずです。

センスに正解はありません。

みんながみんな、自分が良いと思った格好をしているのです。

だからこそ、本来ファッションは自分が良いと思っていればそれでいいのです。

けれど、人間とは勝手なものです。

自分が好きな格好をしているのだから、周りの意見など気にしないと言いつつもついつい気になってしまうのが人間というものなのでしょう。

だからこそ、そのタイミングで自分の事を褒めて貰う事が出来るのはとても嬉しい事なのです。

頑張っていることを褒められる

大人になると、なにをしてもどこかで当たり前と思われてしまう傾向があります。

だからこそ、例えもの凄く努力をしていたとしても、それを褒めて貰う機会がとても少ないのです。

けれど、例え大人であろうとも頑張った事に対しては多くの人に褒めて欲しいと思うはずです。

だからこそ、頑張っている事は誰かに認めて欲しい。

褒めて欲しいと思うはずです。

頑張っている事は、いくつになっても素晴らしい事のはずです。

だからこそ、それらがめについた時には率先して褒めてあげてください。

それが例え成果につながっていなかったとしても、頑張っているという事実があるのであればそれを是非力いっぱい褒めてあげて欲しいのです。

そうする事によって、褒められた人は嬉しい気持ちになると共により一層頑張って行こうという気持ちになる事が出来るでしょう。

仕事

仕事は、頑張る事は当たり前の事ではあります。

だからこそ、頑張っていることに注目されることはそう無いのかもしれません。

けれど、大人になると1日の中で仕事をしている時間はとても長いものになります。

だからこそ、その長い時間をかけてやっている事に関してはやっぱり誰かに認めて欲しい。

褒めて欲しいという思いがどこかにあるはずなのです。

大人になったからと言って、誰にも褒められなくなってしまえばやる気がなくなってしまうのも当然です。

辛い事があれば逃げ出したくなる事だってある事でしょう。

だからこそ、そうな無いようにする為にも、時折誰かに褒めて貰う事はとても大切な事なのでしょう。

自分の周りに居る人が仕事で頑張って居るのであれば、是非その事を褒めてあげてください。

そうする事によって、その人にとって嬉しい気持ちが更に増えやる気にもつながる事でしょう。

ダイエット

女性にとってダイエットは永遠のテーマです。

いくつになったとしても、ダイエットを目指している女性は多い事でそしょう。

しかしながら、そう簡単に結果が出ないのも、ダイエットのあるあるです。

辛い食事制限や運動をこなしたところで結果はすぐには出ないのです。

自分の中では効果が出ていると思っていたとしても、それが周りの人に伝わらない場合もあります。

そのせいでやる気が無くなってしまう事だってあるかもしれません。

そんな時こそ、周りの人のサポートが必要となります。

ダイエットをしている人に対するサポートでもっとも効果的なことは褒める事です。

褒める事によって、効果が見えている事を相手に伝える事が出来るようになるのです。

それが更なるやる気につながる場合も多々あるのです。

どんな出来事も褒められることによって、更に効果を発揮する事が出来るでしょう。

自分の為に頑張っている事だとしても、それを周りの人に評価される事は嬉しいい事のはずです。

だからこそ、是非褒める事を忘れずに行ってみてください。

育児

育児ほど大変な事はありません。

24時間365日休み無く無休で働くなど、そんな仕事どこを探してもありません。

さすがのブラック企業もここまで大変な事などないはずです。

どんなに頑張って育児をした所で『母親だから当たり前』と言われてしまえば思わずボイコットしたくなる気持ちも分からないでは無でしょう。

育児を手伝うと言っても、それには限度があるはずです。

外で仕事をしているお父さんからすれば、ママと同じように子供と接する事などできはしないのです。

出来ない事を出来ると言い張った所で意味がありません。

大切なのは、同じように育児をする事ではなく、頑張っているお母さんの努力を認め思いきり褒めてあげる事が大切なのです。

どんなに努力をしても、大変な思いをしたとしてもお給料がもらえるわけでも誰かに評価してもらう事が出来るわけでもありません。

だからこそ、周りからの称賛は何よりも大切でありそれこそが頑張る原動力になってくれるはずです。

子供は確かにかわいいものです。

目に入れても痛くないのも確かです。

けれど、それ以上に大変な事もあります。

可愛い事すら忘れてしまう事があるのです。

だからこそ、余裕がないときほど周りの人からのサポートが何よりも重要になる事をよく覚えておいてください。

考え方を褒められる


他人の事を褒めるとなると、つい外見など分かりやすい所ばかりに目が向いてしまいます。

だからこそ、どうしてもうわべだけのような褒め言葉になってしまうのです。

けれど、本当に心に響く褒め言葉は、上辺だけを褒める事ではないはずです。

もっと深い所を褒められる事の方が嬉しいはずです。

例えば、考え方を褒められたらどうでしょうか。

あまり注目されない事だからこそ、そこを褒められればうれしい気持ちになるはず。

だからこそ、そこを褒める事が大切な事なのです。

なかなか注目されない部分だからこそ、見てくれる事に喜びをかんじるのですから。

考え方は人によって大きく違っています。

中には自分の考え方に自信を持つ事が出来ない場合もあるでしょう。

そんな時、周りの人が褒めてくれる事があれば嬉しい気持ちになるはずです。

更に、自信を持つ事が出来なかった人も自信を持って行動する事が出来るようになるかもしれません。

だからこそ、あまり目立つ事ではな無かったとしても、良いと思った事は積極的に褒めていきましょう

褒め上手になるコツを教えます!

大人になっても、意外と多くの人が周りの人から褒められたいと思っています。

自分自身を褒めて貰う機会が少ないからこそ、よりそういった希望が強くなるのかもしれません。

だからこそ、大人同士上手に褒め合う事が出来れば、お互いの気持ちを解消する事につながるはずです。

自分がして欲しい事があるのであれば、まずは自分が率先して行動してみましょう。

そうする事によって、周りの人もその気持ちをお返ししてくれるようになるはずです。

だからこそ、もし褒めて欲しいと思ってるのであれば、思いきり周りの人を褒めてあげてください。

そうする事によって、その気持ちが回りまわって、結果的に自分を褒めてくれる事につながるかもしれません。

ですが、大人同士褒める事は意外と難しいものです。

いざ褒めてみようと思うと、つい力が入りすぎてしまい、上手に褒める事が出来ないなんて事もあるかもしれません。

だからこそ、褒め上手になる為にも褒めるコツを身に着ける事をお勧めします。

どんな事でもコツと言うものはあるものです。

だからこそ、そのコツを知る事によって、今後自分がどうしていけばいいのかを知る事が出来るようにもなるはずです。

今までなかなか上手に相手を褒める事が出来なかった方も、これをきっかけに相手を褒める練習をしてみてはいかがでしょうか。

何度も繰り返すうちに、きっと上手に相手を褒める事が出来るようになるのではないでしょうか。

相手に見返りを求めない

相手を褒めるという事は、相手の事を純粋に素晴らしいと思っているからこその行動なのでしょうだからこそ、そこに見返りを求めてはいけません。

自分の事を褒めて欲しいと言う気持ちを持つ気持ちを持つ事も分からないではありません。

けれど、それが全面に出てしまうと相手も嬉しい気持ちを持つ事が出来なくなってしまうかもしれません。

だからこそ、まず自分の気持ちは抑え、相手の事を考え純粋な気持ちを持って相手の事を褒めてみてはいかがでしょうか。

そうする事によって、感謝の気持ちを持った人がいつかあなたの良いところも褒めてくれるようになるかもしれません。

あくまでも見返りを求めずに、自然と思った事を相手に伝えるようにしていきましょう。

そうする事によって、自然と相手の心の響く褒め言葉を相手に伝えるようにしてみてはいかがでしょうか。

それが結果的に自分にとっても良い反動となり返ってきてくれる場合もあります。

恥ずかしいと思わない

普段自分が褒められる経験が無い人は、他人をほめる事を恥ずかしいと思ってしまう場合もあります。

けれど、人を褒める事は恥ずかしい事ではありません。

むしろ、人間として素晴らし事です。

と言うのも、褒める事が出来るという事はそれだけ他人をほめる事が出来るという事なのです。

だからこそ、人間としての能力が高いという事にもなるでしょう。

恥ずかしくて周りの人を褒める事が出来ないと言う人は、自分が褒められたときの事を想像してみてください。

きっと嬉しいと思うはずです。

あなたが褒めてあげる事によって、周りの人に対しても、同じような気持ちを味あわせてあげる事が出来ると思えば、恥ずかしいと思う気持ちは無くなるのではないのではないでしょうか。

相手の事をよく観察する

褒めるという事は、それだけ相手の事を見ているという事になります。

相手の事を知らなければ、褒める事などできないでしょう。

上手に相手を褒めたいという気持ちがあるのであれば、相手の事を良く観察し、良い所を沢山見つけてあげましょう。

そうする事によって褒めるポイントを沢山見つける事が出来るようになるはずです。

常に観察する事によって、その人の変化にいち早く気が付く事が出来るようになるはずです。

普段は気が付かないような小さな変化にも敏感に気が付く事が出来るようになるでしょう。

そんな小さな変化を褒めるという事も、上手に褒める為には必要な事なのではないでしょうか。

嘘はつかない

相手を喜ばせたいと思う気持ちが強すぎてしまうと、つい本当の事以上の事を相手に伝えてしまう場合もあります。

事実を多少盛る程度であればいいかもしれませんが、全くの嘘を褒めたとしても意味がありません。

いくら褒められたとしても、それが嘘であれば嬉しくはないはずです。

最初は嬉しいと思ったとしても、それが嘘さと気が付いた時には更に悲しい気持ちになってしまうはずです。

だからこそ、そうならないようにする為にも、嘘はやめましょう。

他の誰かと比較しない

例え同じような環境に居る二人だとしても、出来る事にはそれぞれ差があるはずです。

そこを考えずにあの人が出来ているのだから、あなたも出来て当然だと考える事は間違っています。

例え周りの人が簡単に出来る事であったとしても、人によってはそれをする事が大変難しい場合だってあるのです。

そんな人に対して、出来て当たり前のような態度をとってしまっては相手は気づ付ける事になってしまう事もあるでしょう。

だからこそ、人を褒めるさいには誰かと比べたりしてはいけません。

もし誰かを褒めようと思うのであれば、誰かと比べるのではなくその人の努力に目を向けその人の努力を見てあげましょう。

そうする事が、一番いい方法だと言えるでしょう。

相手と同じ目線で褒める

自分が出来る事が、周りの人すべてが出来る事だとは限りません。

あなたが簡単にできる事も、周りにいる人の中には、時間をかけ何度も練習しなければ出来なかった人だっているはずなのです。

だからこそ、自分の物差しで出来事を決めるのではなく、相手の気持ちに立って物事を考えてみてはいかがでしょうか。

せっかく努力をして出来るようになったのにも関わらず、それを周りのひとが理解してくれなければ悲しい気持ちになってしまうはずです。

『簡単だよね』などと言われてしまえば、自信がなくなってしまう事も容易に想像がつくでしょう。

だからこそ、物事を発言する際には必ず相手の気持ちに立って発言する事が大切です。

相手の気持ちになり、同じ目線で物事を見る事によってその人が何に努力をして、いったいどんな苦労をしてきたのかという事を理解する事が出来るようになる事でしょう。

そうした寄り添う心を持つ事が、上手に褒める大切なポイントなのかもしれません。

プラスの意味に変換する

状況が同じだとしても、言い方を変えるだけでプラスの出来事のように感じる事が出来る事は多々あります。

だからこそ、そうする事が出来るように、自分の頭の中で意味を変えプラスに変換してしまいましょう。

本当は失敗だった出来事も、それをプラスに変換して相手に伝える事によって、それを言われた空いても嬉しい気持ちになる事が出来るはずです。

自信を無くしてしまっていた心もきっと前向きに考える事が出来るようになる事でしょう。

どんな出来事であれ、全く救いようがないという事はないはずです。

きっと何らかのいいところが残っているはずなのです。

だからこそ、そのいいところを最大限にアピールする事が出来るように、自分自身の発言に意識を向けて行動してみてはいかがでしょうか。

過程を褒める

どんなに努力をしたとしても、必ずしも結果が付いてくるとは限りません。

むしろ大人になればなるほど、結果が付いてこない事が殆どです。

そのせいで自信を無くしてしまう事だってあるでしょう。

そんな時、周りに自分の事を褒めてくれる人が居たらどうでしょうか。

それだけでも嬉しい気持ちになるはずです。

例え結果を出す事が出来なかったとしても、努力をした事は素晴らしい事のはずです。

だからこそ、その過程を褒めてあげましょう。

多くの人が注目しない箇所だからこそ、周りの人に褒められることによって、きっと嬉しい気持ちになる事が出来るはずです。

その人のことを好きになる

相手の事を上手に褒める為には、まず相手の事を知る必要があります。

相手の事を知らないで褒めようとすると、結果的に嘘くさい褒め方になってしまいます。

それでは相手の心に響くような褒め言葉を伝える事は出来ないでしょう。

だからこそ、上手に褒めたいと思うのであれば、相手の事を好きになってください。

相手の事を好きになれば、自然と相手の良いところに目が行くようになるはずです。

人には必ずいいところがあるものです。

けれど相手の事を好きでは無い場合には、そのいいところを見る事が出来ず、嫌な所ばかりが目についてしまう事もあるでしょう。

それでは良い褒め言葉など出てこないはずです。

少しでも相手の良い所を見つけたいという気持ちを持っているのであれば、その人を好きになる事が一番良い方法だと言えるでしょう。

褒め過ぎない

『相手の事を褒めてあげよう』と思う事はいい事です。

そうする事によって、相手のやる気をアップさせたり前向きに考えさせるきっかけになる事も出来るでしょう。

けれど、その気持ちが強すぎてしまうと、結果的に褒めている事がわざとらしくなってしまう場合もあります。

いくら本気で褒めていたとしても、あれもこれもと褒めているとその内容が嘘くさく聞こえてしまう事があります。

一度嘘くさいと感じてしまうと、あなたが話しているすべての言葉が嘘のように聞こえてしまうのです。

それではいくら褒めたとしても意味がないのです。

だからこそ、褒めすぎには注意しましょう。

相手を喜ばせたいと言う気持ちが全面に出てしまうと、それが結果的にわざとらしい行動に見えてしまう場合もあります。

だからこそ、どんな事をやりすぎには注意をしてください。

褒めることで相手にどんないいことが起こる?

上手に褒めるコツを理解する事は出来たでしょうか。

いくらコツを知った所で、そう簡単に出来るようになる事は出来ないかもしれません。

むしろ、そんな簡単にできるような事なのであればコツなどないはずです。

難しい事だからこそ、コツがあるのですから。

だからこそ、まずコツをしったのであれば、それをかに上手に使う事が出来るかというポイントを身に着ける為に、日々練習する事が大切です。

相手の事を上手に褒める事が出来るようになれば、相手の気持ちにも大きな変化が現れる事でしょう。

それが結果的に大きなメリットにつながっていくものなのです。

他人を褒める事が出来る人は、そのメリットをより多くの人に与える事が出来るようになります。

その行動によって、結果的に自分の周りの環境を良いものに変える事が出来るようになる事でしょう。

相手にやる気を与えてあげられる

例え大人だとしても、だれにも評価されない中で頑張り続ける事は精神的にしんどい事も多々ります。

せめて誰かの目に留まってくれればと心のどこかで思って居るはずです。

そんななか、自分が努力している事に気が付き、褒めて貰う事が出来たとしたらどうでしょうか。

それだけでも相手のやる気をアップさせることにつながるのではないでしょうか。

相手のやる気をアップさせてあげる事が出来れば、その人はあなたにきっと感謝するはずです。

そんな思いやりを持った行動をお互いにする事が出来るようになれば、それが結果適に自分にとっても良い環境を作り出す事につながるはずです。

だからこそ、相手やる気をアップさせてあげる事はその人の為になる事は持ちろん、自分自身の為にもなるはずです。

相手に自信をつけてもらえる

誰かが自分の事を褒めてくれるという事は、それだけでも嬉しい気持ちになるものです。

そうする事によって、それが結果的に自信を持つ事につながる事もあるでしょう。

自分が行っている事を誰も評価してくれていないと思っていた場合には、更なるやる気につながる事だってあるはずです。

相手に自信をつけさせてあげる事が出来れば、その人はあなたに対して感謝の気持ちを持つ事が出来るようになるはずです。

それが結果的に自分自身の周りの環境を良くする事にもつながるかもしれません。

相手の為を思ってする行動が、いつか自分の為になる事もあるという事を覚えておいてください。

相手に好きになってもらえる

自分の事を認めてたり、褒めてくれる人に対して悪い印象を持つ人は居ません。

だからこそ、位置も相手の事を考え褒めていると、それが結果的に恋に発展する場合もあるのです。

どんなきっかけで恋が始まるかは分からないものです。

一目ぼれなどの場合には、見た目の良さも必要ですが、相手の事を褒める事に関しては、外見は一切関係ないはずです。

だからこそ、誰もが出来るモテ要素なのかもしれません。

ただし、異性を褒める際はあくまでもさわやかさを忘れてはいけません。

いくら褒めていると言っても、そこに下心が見え隠れするような事があれば、言われた人は好きになるどころか引いた気持ちになってしまう事もあるでしょう。

褒められて悪い気をする人はいない!

大人になると、褒められる機会は極端に少なくなります。

何をしても、当たり前だと思われてしまうのです。

けれど、かとって大人の人が褒められたいと思ってい居ないわけではないのです。

むしろ、こ子供よりも大人の方が自分を認めて欲しい・褒めて欲しいと思っているのかもしれません。

だからこそ、その承認欲求を満たしたいと思っているからこそ、周りの人から褒められたいという希望を強く持っているのでしょう。

もしあなたの周りにいる人が、何か素晴らしい事をしたり他人の為無い行動するような事があれば、それは絶好のチャンスです。

是非思いきり褒めてあげてください。

普段褒められていないからこそ、褒めたところであまりいい反応はしないかもしれません。

けれど内心は絶対に喜んでいるはずdです。

褒められる事は、あまり自分自身が経験していないからこそ、本当に周りの人が褒めてくれたからいと言って、素直にその思いを受け入れる事が出来ない場合もあるのです。

ですが素直な気持ちを伝え続ける事によって、結果的にそれを自分の中で受け入れ更にやる気をアップさせることにもつながるかもしれません。

最初はなかなか素直に受け入れる事が出来ないような事も、それを継続的に続けていく事によって見えてくるものは沢山あるはずです。

自分自身に自信を持つ事が出来ないと言う人も、周りの人のサポートを受ける事によって自身を持つ事が出来るようになるかもしれません。

周りの人の事を素直に褒めていく事によって、結果的にいつかそれが自分自身に返ってくる場合もあります。

だからこそ、自分の事を褒めて欲しいのであれば積極的に行動していく事をおすすめします。