世の中には普通の人間など存在しません。

普通に見えて人間はどこか一部分狂っている所があります。

ただその中でも無難な人というのはいます。

普通ではなく、無難な方ですね。

無難という良い方はあまり良くないかもしれませんが、意味合い的によっては普通を意味すると思って下さいませ。

無難な部類に入る方の特徴、そしてどんな方なのか調べてみました。

あなた自身、無難なのかもチェックしていきましょう。

無難な人の9個の特徴

無難な人の特徴は一見存在感がそこまで無いような人物に見えるかもしれませんね。

しかしよくよく見れば結構まともである事を表しています。

むしろ派手さがないだけで、すぐれた人物なのではないでしょうか?

人の悪口を言わない、仕事は普通にこなせる、こだわりがない。

はっきり申し上げますが、人間としてある意味理想的な人間であると思っておいた方が良いでしょう。

案外無難な人の方が、人生賢く生きていますよ。

1.人の悪口は言わない

悪口を言わない人というのは、当たり前の事かもしれません。

ただついつい悪口を言ってしまいたくなる事というのは、ありませんか?

自分は良いかもしれませんが、悪口を聞くのは精神的に嫌気が差します。

悪口を言う人間は顔がとても醜いです。

精神が歪んだ顔になってしまっています。

無難な人は人の悪口を言いません。

もし悪口をふられても、どうでも良いと思ってしまうんですよ。

正直人の悪口を聞いてもあっそというレベルで終わるので、そんな程度で終わります。

悪口に同意をしないので、悪口を言っている人間からすればつまらない人間と思うでしょう。

人の悪口を言わないからこそ、無難なんですよね。

反対に極端に誉める事もありませんので、それもそれでありですね。

人の悪口は言いませんが感性は普通であるため、他の人からずっと聞かされていると良い気持ちにはなりません。

周囲からはあまり嫌われない

嫌われない所か、悪口を言う人間は嫌われません。

むしろ嫌われてしまう方が珍しいですよ。

悪口を言う人間は人を呪わば穴二つという言葉があるように、人から嫌われる要素しかないです。

反対に言わない人間は周囲から嫌われる事はありません。

本当に無難なので、凄い事ですよ。

嫌われたくないという方は多いのですが、こういう部分は見習うべきでしょうね。

人に好かれたいという気持ちはそんなにないので、マイペースに生きている方ばかりです。

ただ多少なり協調性はないようにも見られてしまうかもしれません。

人の悪口を言うのを楽しんでいる会社にいれば同意をしないため、孤立してしまう可能性があります。

実際はそうでもない事が多いんですけどね。

2.表立って行動しようとは思わない

無難な人はまさに空気のような存在とも言えます。

表だって行動しようとはこれっぽっちも思ってません。

そのため存在感は非常に薄いです。

イメージとしては漫画黒子のバスケの主人公黒子テツヤが近いでしょう。

黒子くんはイケメンの部類に入るので、知らない方は目立たないなどないだろうと思います。

ただ彼をよく見ていると、存在感があまりにも薄すぎるのです。

それは何故かともうしますと、無難な人だからですね。

黒子くんの必殺技であるミスディレクション(視線誘導)が、自分の影の薄さを利用して出来る芸当でもありますが、サポートに特化しているといった感じです。

無難な人はまさに黒子であるという風に思ってもらっても良いでしょう。

自分のすることはしっかりしている

表立って行動する事はありません。

自分のする事はしっかりしているので、何もしないという訳ではないんですよ。

目立つ事とかそういうものではなく、自分が出来る事はすると言った感じですね。

本当にサポートに特化しているといった感じなので、無難な人というのは邪魔にはなりません。

必要以上に頑張ろうとはしませんが、やる事はきっちりやるのが偉いですね。

嫌われる事がない理由というのはそういうものなんですよ。

ただ残業が当たり前の所では、基本的に定時もしくは自分の仕事が終わればさっさと帰宅する傾向があります。

そういう意味ではよく見られない可能性も高いですが、日本の悪い風習を受け継いでいないだけという見方をすればそうでもないでしょう。

残業代で稼いでいるような人や、残業が当たり前だと思っている世代からすれば、反感は買ってしまう可能性は考えられます。

3.仕事はそれなりにできる


自分のする事はしっかりと出来ているため、仕事はそれなりに出来ます。

凄くできる訳ではないというのがミソですね。

自分から進んでやるタイプではないため、周りからすればやる気がない人物と思われてしまう可能性は高いです。

ただサポート面としては最高ですよ。

元々何かに特化している人物であれば、それが強みになってきますので頼もしい存在であるとも言えます。

ただリーダータイプではないです。

自分から率先して動いたり、周りの人に偉そうに言うタイプではありません。

そのためサポートに回るタイプとなりますので、強いて言うのであればサブリーダータイプとも言えるでしょう。

仕事に関してはミスが全くないので、一緒に仕事をしたくないという方はいないですね。

任されたこともそつなくできる

任された事も卒なくこなせる人間というのは、結構少ないものです。

できるのはできるかもしれませんが、何かしらミスをしていたり、勘違いしている可能性もあります。

ただ任された事を卒なくこなせるような人間というのは、当たり前のようで凄い人物だと思って下さいませ。

時々指示を忘れてしまったりする事もあり、頼んだ人間の方が困ったという事も少なくないんですよ。

任された事をちゃんとしてくれるのって、本当にありがたい事です。

無難な人が嫌われない部分がここにあります。

何気に信頼を勝ち取っているからですね。

4.文句を言わない

文句を言わないような方は素晴らしいと思いますか?

確かに生きていると世の中や全ての事に文句や不満が出てしまうでしょう。

私の周りにも文句を言うような人間がとても多く、気分が悪いですね。

文句を言う人間というのは、ワガママで自己中心的、そして自分では何もしない愚かな人間でもあります。

たまになら文句を言うのも良いのですが、ずっと文句を言われているのも嫌な気分になりますよ。

文句を言わない人は無難以外の何物でもないでしょう。

正直な話文句なんか言っても解決なんか出来ませんよね?

無難な人も何かしら不満は持っているかもしれませんが、文句を言っても仕方がないと思っているので、不満を言う事は一切ありません。

人に嫌われるようなことはしない

悪口を言わないのと似ているのですが、文句も近いですね。

文句の多い人というのは、人から嫌われてしまう行為となります。

私が前に働いていた喫茶店の店長は、毎日毎日不満不平ばかり言っていました。

顔を合わせるたびに不満不平ばかり言われ、とても不愉快でしたね。

最初は嫌いではなかったのですが、その内段々一緒にシフトに入るのが嫌になりストレスにもなりました。

不満というのは自分の中だけであればいいのですが、それを周りに言うのはとても迷惑な行為でしかないんですよ。

その店長は私が喋りやすいのかわかりませんが、常に話しかけるように仕向けてきた上に、私にあれやこれや要求してくるので精神的にキツかったですね。

文句を言わない人というのは凄く良いことですし、一緒にいて嫌な気持ちになりません。

地味かもしれませんが、人から嫌われるような事をしない人間の方が良いでしょう。

5.こだわりがない

中にはこだわりのない人がいます。

私もこだわりなど全くありません。

世の中にはこだわりを持っている方が多いです。

こだわりを持っている人間から言われた事がありますが、こだわりを持っていないという風に馬鹿にされたましたね。

こだわりのないというのはやる気の無いように聞こえるかもしれませんが、裏を返せば選択肢が広がる状態にあると考えて下さいませ。

これはどういう事なのかと申しますと、こだわりを持っている人間ほどつまらない生き方と、足かせになっている事に気がついていないんですよ。

こだわりというのはこうでないといけないという風な思い込みです。

分かりやすい例としては、結婚相手はお金持ちで自分を養ってくれるような人でないと思っている方でしょうか。

そういう理想もこだわりと何の変わりもないため、選択肢を自分で狭めている事に気がついていません。

こだわりがない人間というのは、無難以上にある意味強みを持っています。

情熱や信念はない

何かに情熱や信念を持っていた方が良いと思っている方もいるでしょう。

信念や情熱とは当人の強い意志の事を指しますが、こういうのは必要ありません。

別に持っている事が悪いとは言いませんよ。

ただ己を顧みず信念を貫き通すというのは、馬鹿な生き方しか出来ません。

自分は良いかもしれませんが、そういうのは周りを巻き込むので迷惑でしかないでしょうね。

情熱や信念を持っていたとしても、周りを見えていない傾向もあり、空気を読んでいない事が非常に多いのです。

無気力ではありません。

自分らしい生き方をしたいと思っているような人間からすれば無難な人間というのは、まさに理想的と言ってもよいでしょう。

6.やる気のある姿勢がない

マイナスポイントに近いのですが、決してやる気のある姿勢ではありません。

かと言って仕事や何かが嫌だというわけでもないです。

単純に積極的ではないというだけでですね。

自分にできる事しかしないというのはそういう意味なのです。

情熱がないですが、自分のできる所はちゃんとしてくれますよ。

ただ無難な人というのは、営業職やノルマのあるような所には向いていません。

自分ができる事しかしないので、成果を上げる事ができないんですよ。

多少向き不向きはありますね。

やる気はないが仕事はする

無難な人が向いている仕事というのは、サポートになります。

事務や医療系、コツコツこなすものでしょうか。

やる気がすごくある訳ではないのですが、仕事はやってくれます。

チームで仕事をすると、無難な人が生きてきますね。

積極的に動いてくれる訳ではないのですが、サポートできる人間は何人いても良いわけです。

私自身チームで仕事していた時、何かに特化していた訳ではありませんでしたので、自分にできる事はコツコツとしていました。

やる気はある訳ではないのですが仕事をちゃんとしてくれる人間と、やる気はあるけどミスばかりするような人間とどちらが仕事をしたいのかと言われると、答えは自ずと見えてきますよね?

7.目標や目的を持っていない

目標や目的を持っていないのも無難な人の大きな特徴でしょうね。

強いて言うのであれば、どうしてもやらなければいけない事があれば、目標にする事は可能です。

しかし基本的に目標や目的を持っていない可能性は高いですよ。

何故かと申しますと無難な人というのは、性格も外見も平均的だからでしょう。

目標や目的を持っている人間というのは、何かが足りない人間を指します。

貯金やダイエットや仕事を向上させたいなどが多いでしょう。

しかし無難な方というのは元々そんなに困っている訳ではない為、目標や目的を持つ事に疑問を感じています。

大体平均的に痩せていたり、顔立ちも悪くない方も多いですからね。

自分の目指したい場所がない

平均的であるため、そこまで困っている訳ではありません。

痩せたいとか仕事を向上させたいとかいう気がないですからね。

羨ましい事ではあるのですが、ある意味凄い事だと考えて下さいませ。

自分の目指したい場所がないと思うのは、欲がそれほどないという事になります。

人間は常に欲にまみれており、強欲な生き物でもあるのです。

もっともっとと思うことこそ、強くなれる原動力でもあります。

しかし無難な人間というのは、それが一切ないです。

自分のペースで行動しているため、気楽な感じで進んでいる状態ですね。

8.自分の身を守る

保守的であるという言い方をすればわかりやすいでしょうか?

無難な人というのは、他者と争うことを好みません。

そのため他者を蹴落とすような真似はしないのです。

攻撃的な人間ではないため、自分の身を守ろうとする本能は凄いですよ。

防御力というよりは、回避能力に特化していると見ていただければわかりやすいでしょう。

反対に自分の身を守れないという方は、考え方が浅く配慮がない事も意味しています。

特攻隊に近い傾向があるので、そういう部分は大きな違いが出てくるんですよね。

まずは自分の身から守りに入る

行動パターンを見れば、すでに自分の身から守りに入っているとも言えます。

情熱や信念はないが仕事は卒なくこなしている、文句や人の悪口を言わないという部分がまさに守りに入ってきているといえませんか?

この状態で誰も攻めるような人間はいません。

もしいたとしても性格があまりにも悪いとしか言えないですけどね。

守りに入るというのは事前からでないと出来ない芸当となります。

こういうやり方は今の世の中を生き抜くには、賢いやり方とも言えるでしょう。

9.波風を立てない


よく波風を立てる人間っていますよね。

別に悪いとは言いませんが、賢い生き方とは言えないでしょう。

結構自我が強い人間や、自分が正しいと思っているような人間は、波風を立てる傾向があります。

波風を立てるというのは、トラブルメーカーに近い言い方にもなりますよ。

不満不平があり、上司に直訴するやり方であれば別に良いとは思います。

ただ波風を立てるやり方は決して良いものではないですが、立てないのも良いとは言えません。

仕事であれば良いのですが、人間関係においては間違いなくトラブルが勃発すると思って下さい。

特に恋愛関係がそうでしょう。

事を荒げることはない

無難な方は事を荒げることはないのですが、仕事であれば別に良いでしょう。

しかし恋愛関係に関してはそうもいかないんですよ。

事を荒らげないように黙っていたり、スルーする方もいるのですが、相手からすればいい気分はしません。

執着がないように思われてしまうので、別れ話を切り出されてしまう方もいます。

事を荒げるようにしない事は良い事なのですが、相手に嫌われたとしても悪い事は悪いと言わなければいけないのですよ。

10.自分のことはあまり喋らない

自分の事はあまり話したがりません。

聞かれたら喋るという感じですね。

自分からべらべら喋るような人間はいますが、そういう人間はどうしても安っぽく見えてしまうんですよね。

別に良いと思いますが、基本的に自分の事は聞かれたら喋るようにしましょう。

実際この無難な方の生き方は賢いとも言えます。

恋愛に関しても、仕事に関しても良いやり方なんですよ。

べらべらと喋る人の方が、重要機密を漏らしてしまう可能性が高いので、聞かれた事だけを喋るやり方は理想的です。

余計な事は話していないので、怒られる事もありませんしね。

聞かれると答えるが自分から喋ろうとはしない

沈黙ほど良いものはありません。

べらべら喋るような人間と、静かな人間のどちらを信用するかというと、間違いなく後者でしょうね。

自分から喋って良いことというのはないです。

聞かれてもない事をべらべら喋るのは相手に不信感を抱かせてしまいます。

不信感を持たれてしまうと、相手からの信用を失ってしまいますからね。

無難な人が信用されており嫌われる事がないというのも、こういう所からきているのです。

プライベートでも同じなので、人間味は少々薄いかもしれません。

自分から喋るのが別に嫌いという訳ではないです。

ただ自分から喋るよりも聞く方が好き、また昔から聞き手に回るような感じだったからそういう生活をしていたというのも考えられますね。

コミュニケーションを取らない、取れないという訳ではありませんので誤解なさらないようにして下さいませ。

人と関わるのは嫌いではないが、積極的に関わりたい訳ではないんですよ。

無難な人の特徴をまとめてみると、仕事はスパイや機密事項を扱うようなものがあっている気がします。

目立たず自分からしゃべらない影の薄い人間となるとそんな感じなんですよね。

無難な人とはどんな人?

無難というのは可もなく不可もなくという意味合いが強い言い方となります。

可もなく不可もなくというと、どちらでもない印象に聞こえるかもしれませんが、悪い意味にはなりません。

無難な人ほど案外羨ましい人生を送っている事が多いんですよ。

何故なら人に嫌われていないからです。

反対に人に物凄く好かれているという訳でもないのですけどね。

それって凄い事だと思いませんか?

当たり障りがない人

当たり障りがない人というのは、ほぼ無難な人と同意語となります。

空気と同じような人という感じですね。

いてもいなくても変わらない、でも決して邪魔ではない存在というものです。

当たり障りのないというのは、無害であるというのを意味しています。

こちらもあまり良い意味には思われないかもしれませんが、少なくとも人から無害だと思われている訳ではないので良いのではないでしょうか?

無難も同じ意味なので、悪いようにはなりません。

他人から見て態度や姿勢に当たり障りがない

他者から見て態度や姿勢に当たり障りがない、と思われる事って案外難しいものなんですよ。

何故ならその人によって価値観が違うからです。

それでも他者から見て態度や市背に当たり障りがないというのは、とても良い事だったりします。

やる気がある訳ではありませんが、ただ仕事はちゃんとやります。

やる気を見せつつ仕事をちゃんとしない人や、極端に仕事を頑張りすぎるような方ではないので、安心できるというものなんですよ。

そういう意味では見ていてほっとするんですよね。

大半の方が頑張らなければいけないと思っているような方ばかりなので、他者から見ていて痛々しいですし、生きにくい面倒くさい人生だなと思っているのです。

無難な人はそれがないので、安心してそのままにしてもいけるという概念をもっています。

これ本当に当たり障りが何もなく生きるのって結構難しいんですよ。

当人にやる気がない事が一番大きい理由でしょうか。

そこそこ出来ればいいという気持ちがあれば、当たり障りがない程度に生活が出来ます。

良くも悪くもない人

印象的に良くも悪くもない人っていますよね。

珍しい事に普通という意味合いを持ち出して良いのか謎ですが、強いて言えば普通に近い人です。

言い方的にはB級という意味合いが正しいでしょう。

これもまたすごい事ですけどね。

良くも悪くもないなんてそんなにいないですよ。

大体良いか悪いか、そのどちらかよりになってしまいます。

外見も仕事も、それらの基準が良くも悪くもないなんて評価見てみたいものですね。

どちらかと言うと当たり障りのないと同じ意味にはなるのですが、良くも悪くもないという方が少々人を小ばかにしているような気がします。

基準というものは難しいんですけどね。

良くも悪くもないというのは、あまり人から良い評価ではないと思って下さいませ。

いい人でも悪い人でもない

いい人でも悪い人でもないんですよ。

その辺りに関してはフェアであると思って下さい。

固定概念などが一切ないため、やりにくかったりします。

そのためいい人でも悪い人でもないという評価はこういう事なんですね。

いい人であるというのははなかなかない事でもあるのですが、少なくとも偽善者ではないという事になります。

世の中には偽善者の方が圧倒的に多いです。

偽善というのはあまり良い言い方ではありませんが、少なからずとも偽善者というのは鬱陶しいものなのでそれよりかはマシでしょう。

自分のやりたいようにしているという人はそんなにいないですからね。

そのため他者の目から見ればちょっと冷たい人、情がない人だと思われてしまうでしょう。

人の評価を気にしている訳ではありませんので、別に相手からどう思われようとも気にしないのですよ。

相手に悪い印象は与えない人

偽善者ではありませんが、相手に悪い印象は決して与えません。

そのどちらでもないという言い方の方が正しいでしょうか。

どっちつかずであるというのが近いですね。

悪くはないけども…というものです。

こういう人、学生の時にクラスでいませんでしたか?

悪い印象を持っていた人物ではないという方が多いんですよ。

自分の印象をよく見せようとする方はたくさんおられます。

誰だって悪い人には見られたくないですよね。

しかし無難な人間は、他者から好かれるような努力を一切しているわけではありません。

情熱や信念を持っているような人間からすれば、つまらない人間であるては思われてしまうでしょう。

悪い印象は与えないがインパクトはない

インパクトは全くないですね。

影が薄いという理由はそこから来ています。

別にインパクトがあろうがなかろうが、生きているから問題はないですよ。

気楽でいい気がします。

ただ仕事によっては他者にインパクトをもってもらえないと困るものもあるので、その辺りは厳しいかもしれません。

これに関しては特に気にする必要はないでしょう。

インパクトがあろうがなかろうが、どうでもいい話です。

何故ならインパクトというのは、よくも悪くも目立つというものだからですね。

出来ればそんなに目立ちたいという方はいないですよ。

最近SNSとかで目立つように投稿されている方が多いのですが、だからなんだよ?って話でしょう。

自分は気にせずもくもくと仕事が出来ればそれでじゅうぶんではないでしょうか?

変にインパクトを残そうとされる方も多いので、自然体が一番ですね。

表には出ないが仕事はする人

裏方の仕事という意味合いに近いですね。

表に出ると目立つ上にインパクトを他者に残してしまいます。

正直な話、表立って仕事するの面倒くさくないですか?
別に前に出るのは構わないのですよ。

当人がやりたければやればいいのです。

ただ表に出てしまうと、何かしらあれやこれやとやらされる事が多くなってしまうため、面倒事が増えてしまうという傾向にあります。

面倒な事が増えるのって、無難な人からすれば嫌になる訳ですよ。

目立っている人からすれば、こういう人をばかにする傾向がよくみられます。

別に良いとは思いますよ。

ばかにしたければしろよって感じですもの。

前に出過ぎてる人間というのは、良くも悪くも目立ってしまう傾向があるので危ないんですけどね。

たまにお節介な人だと、もっと頑張れと強要してくる方がおられます。

こういうのは単純にありがた迷惑であるとしか言えません。

前には出ようとはしない

決して前に出ようとはしないですね。

前にでないからこそ、目立たないのです。

ただ部下をちゃんと見ている上司からすれば、正当な評価はされていますよ。

むしろもっと頑張れ、何故頑張らない?という風に疑問を持っておられるかもしれません。

縁の下の力持ちという言葉があるように、無難な方というのはそういう存在でしょう。

特にチームで仕事をしている分には、そういう存在は不可欠となります。

チームは個々に力を持っていますが、それを上手く生かす事が出来なければ、ぐだぐだなチームが出来上がります。

大概誰がやるんだとかそういう風にもめたり、目立ちたいもしくはリーダー気質の人間が2人いると対立してしまうものです。

もしくは全員息があっていない、個人プレイヤーの可能性もありますからね。

前に出ようとはしない分、発表とか人前で目立つような事はしません。

むしろ頑なに拒否されてしまうので、それはそれで面倒くさいものです。

前にはでないけど、自分のやれる事を最大限にサポートしてくれるのでそれでも良いのではないでしょうか?

まとめ

無難な人というのは、一番気楽な人生を送っています。

人から好かれる事も、嫌われるような事もない人生ですね。

これのどこが良いの?と思うかもしれませんが、バランスがとても良いんですよ。

極端に嫌われ過ぎているのも、好かれ過ぎているのも精神的にはしんどくなってしまいます。

バランスがめちゃくちゃ悪いです。

嫌われるのも嫌ですが、好かれてべたべたされまくるのも精神的にしんどいでしょう?

インパクトがないからこそ、生きやすい人生と言えます。

ただ派手さはないため目立たないと嘆いている方もいるようですが、別に目立たないからって死ぬわけでもありません。

意外と良い生き方をしていますよ。

特に何も言われない生き方というのは、その人のスペックがある程度高くないとできません。

スペックが低い人だと良くも悪くも目立ってしまいますからね。

無難というのは時に良い武器になると考えておきましょう。