皆さんは楽しいお酒を飲めるタイプですか?

お酒の飲み方と言うのは、その人の本性が出るところがあります。

それはアルコールを飲むと、理性をつかさどっている所の働きが弱くなり、本来の自分が出やすくなっているからです。

だからこそお酒で壮大に失敗してしまう人もいます。

まだまだ新社会人位の若い人だったら、もちろん大人の自覚が欠けるという評価をされる事はあります。

ですが、まだ若いからこれから気をつけていけばいいと寛大に見てもらえるところがあります。

だけど、それが中年になってからもとなると、だんだんとあの人とお酒を飲むのは嫌だなと思われてしまうところがあります。

実際に、著者が昔勤めていた営業所で、本部の経理の方が非常に酒癖の悪い方がいて、その方が参加する飲み会は営業の方が軒並み用事を作って欠席をするような状態がよくありました。

著者は、女性だという事で帰してもらえましたが、その後参加せざるをえなくなった営業の男性が、愚痴と言っていたのを思い出します。

やはり、お酒は楽しく飲みたいものですね。

では、今回はお酒の失敗談などについていろいろと見ていきましょう。

ついお酒を飲み過ぎてやってしまった…!そんな失敗談ありませんか?

下戸の方や、お酒を基本的にあまり飲まない方であればないかもしれませんが、やはりお酒を飲む方は、多かれ少なかれそのような失敗をしてしまうこともあるかもしれませんね。

著者も、お酒が弱いのだけれど営業所が男性の多い職場で、お酒がかなり出る所だったので無理したこともあります。

ですので結構失敗したこともありますね。

そのような環境の人もいるかもしれませんし、お酒が好きだからこそたくさん飲み過ぎて失敗したなんてこともあるでしょう。

そのような苦い思いは大抵の人はあるかと思います。

ただ、やはりこれからの方が重要です。

これからお酒を飲み過ぎて失敗しないために、まずはお酒の席で嫌われる行為についていろいろと見ていきましょう。

お酒の席で嫌われるNGな振る舞い13選

では、お酒の席で嫌がられる行為とはどのようなことでしょう。

これを押さえておき、そのようなことを心がけておけば、お酒での失敗はグッと減らすことができるでしょう。

周囲を気にせずに飲む


こちらはお酒が好きすぎる方によくある失敗でしょう。

ついつい好きなお酒を周囲を気にすることなく飲んでしまうということです。

初めは、ついつい飲んでしまった程度かもしれないけれど、酔いが回るにつれてだんだんと理性が効かなくなり飲んでしまうこともあるかもしれません。

ただ、お酒入ると境なく飲んでしまうと言うタイプだと、アルコール依存症の可能性も出てきます。

アルコール依存症と言うと、昼夜問わずお酒を飲み、手が震えているようなかなり重度の方を思い浮かべるかもしれません。

ですが、アルコールが入ると見境もなく飲んでしまうところも基準に入るところがあります。

お酒を飲むことを優先し始めると大変危険です。

もし、お酒が家に入るとついつい理性が効かず飲み込んでしまうということであれば、そのような可能性も視野に入れて場合によっては受診した方がいいかもしれません。

お店や他の人の迷惑を考えない

やはり、お酒を飲み酔いつぶれるのは周りの人に迷惑をかけることです。

お店の人も当然無視はできませんので、お店の人もその対応に追われることになります。

ですので、お酒を気にせずに飲む事は、周りの人に迷惑をかけることになります。

ですので、そのようなことがないようにお酒の量をコントロールする必要性があります。

飲み会と言うと、ついついハメはずしてしまう人もいるかもしれないけれど、会社上の付き合いであれば、基本的にその会社の仕事の延長と思う位の気持ちでお酒をコントロールした方が良いでしょう。

またプライベートであっても、友達にそのような迷惑をかけ続けるとなると、この人は飲み会に誘うのはやめようと言うことになってしまいます。

ですので、楽しくお酒を飲めるように心がける必要があります。

先ほども言ったように、そうしないといけないと思いつつコントロールが効かないと言うことであれば、アルコール依存症の可能性があります。

病院の受診はもちろんのこと、そのような人の治療法としてはアルコール一滴も飲まないという治療法になってきます。

ですので、その場合はそのような飲み会の席から遠ざかったほうが良いでしょう。

他人に飲ませたがる


基本的に、お酒の量と言うのは人それぞれ違うところがあります。

下戸の方でしたら本当に少し飲んだだけでも体に影響が出るので好ましくありません。

そしてお酒が弱い人もたくさんのお酒を飲む事はできません。

だからこそ、自分のペースで飲むことがあった重要なのです。

なのに、他人が勝手にその限界を超える量を飲ませるのはよくないことです。

ともすれば、急性アルコール中毒になる可能性もあります。

もしかしたら命に係わる可能性だってあるのです。

だからこそ、そのような他人に強制するような飲ませ方は良くありません。

もし、そのようなアルコールを強制的に飲まされることに悩んでいる方は、車の運転ができる方であればハンドルキーパーを申し出た方が良いです。

そうすることで、お酒を飲ませようとする人はそれを止めてくれる可能性があります。

ただそうではなくても、無理に飲ませるのは最近アルコールハラスメントという言葉にもなる位に、問題行為の一つです。

ですので、なるべく断れるのであれば断れることが重要です。

飲めない人にも強要する

先ほども触れたように、飲めない人にも強要するのは基本的に良くない行為です。

ですので、できれば毅然とノーと言えた方が良いのは確かです。

ただ、なかなか立場上難しい場合もあるかもしれませんね。

そのような時は、用事や体調などを理由に断ってしまうのも手です。

キス魔になる

こちらも大変迷惑な行為です。

いろいろな人がいるので一概には言えませんが、自分がそのキス魔の人と飲みに行ったとしても同性だから大丈夫と思いきや、同性にまでそのようなキス魔になる人がいます。

やはりキスだけでも、うつる病気と言うのもありますので、見境もなくそのようなことをするのは好ましくないのは言うまでもありません。

声がでかい

声が大きい人のも大変迷惑なものです。

飲み会と言うと、個室で飲むこともあるかもしれませんが、隣や周りに聞こえる位の大きな声で喋る人も大変周りに迷惑をかけます。

内容によってはあまり聞かれたくないような話題もあると思います。

それさえも筒抜けと言うことになると、そのような人と飲みに行くのは嫌だなと思ってしまうものです。

ただ飲み会でお酒を飲むと言うと、先ほども触れたように理性がの司るところが少々弱くなるところがあるので、ついつい声が大きくなってしまう方もいるかもしれません。

そのような人であれば、そのようになる前にビール一杯程度にとどめ、後は清涼飲料飲むようにしましょう。

ビール一杯でもきついのであれば、乾杯の後に1口つける程度と無理なく飲める程度にまでに止め、後はジュースなどを飲むと良いでしょう。

吐くまで飲む

こちらもお酒の量コントロールできないと言うことで非常にネガティブなイメージが持たれます。

やはり、そのようなところを見るのは皆気持ちが良いものではありません。

そして、どれぐらいに酔い潰れているかにもよりますが、多くの場合はそのような吐瀉物を片付ける人は自分ではなく別の人でしょう。

このようなことがあると、やはり皆飲みに行きたくないなと思ってしまっものです。

特に、忘年会や新年会等は冬にあるものです。

そしてそのような吐瀉物には、ノロウィルスなどの菌が含まれていることもあります。

症状が出ていないから大丈夫と思いきや、そのようなノロウィルスがいても発症しないようなタイプの人もいるのです。

飲食店居酒屋はとにかくお酒を飲んだり食べ物を食べることが多いですので、そのような感染リスクがあることをするのは危険です。

そのような点においても迷惑をかけないように気をつけるべきです。

スマホばかりいじっている

こちらは、今まで取り上げてきた方の中とは対極かもしれません。

確かに迷惑もかけていないと思いがちですが、基本的に見ていて気持ちの良い行為ではありません。

スマホばかりをいじっているとなると、飲み会で親睦を深めようと言う時にこの人はその場に入りたくないのかなと思ってしまいます。

やはり、人と接する時にスマホをいじるのは論外です。

やはり、人と人とが向き合う時にスマホをいじるのは好ましくありません。

ですので、基本的に飲み会の時は、連絡を取るとか写真を撮るなどの必要以外に取り出さない位の気持ちでいたほうが良いです。

楽しくない話ばかりする


また、飲み会では、人と人とで親睦を深めると言うことで話をするということが当然あります。

たいていは無言でお酒を飲んだり食べたりする事はありません。

ですので、飲み会での話題は大変重要です。

そこで楽しくない話や嫌な話をすると、だんだんとその人の参加する飲み会に参加したくないと思う人が出てきます。

自慢話

飲み会の時ばかりではなく、普段の会話でもちろん自慢話は嫌がられるところがあります。

確かに、そのように自慢したい気持ちがあるのはみんな大なり小なりあると思います。

なぜそうなのかと言うと、たいていは匿名の掲示板でもそのような自慢話というのは多くあります。

相談を受けた内容に対して返事を帰しているように見せかけて自慢している人が結構多いのです。

ですので、普段は自慢話が嫌がられるからとあまり話ないような人でも匿名となると、そのような傾向が増えることから、多くの人は自慢したい気持ちがあると思っています。

確かにすごいなと思うけれど、それを鼻にかけるようなことを言われると、聞かされる側は不愉快なのです。

ですので、自慢話かと思われる事はなるべく話さないようにしましょう。

中には、自分は普通の会話だと思っていても周りから見たら自慢話に聞こえてしまうこともあります。

飲み会に参加する人のがどのような人かというのをしっかりと把握した上で話す話題を考えていった方が良いです。

説教

また、会社の飲み会で非常に多いのが説教です。

特に上司から部下へというのも非常に多いですね。

飲み会において仕事の話をするうのはあまり好ましくありません。

仕事から離れて、親睦を深める目的の飲み会ですので、そこで説教するのはNGと言っても良いでしょう。

もしどうしても話したいと言うことであれば業務外ではなく仕事の時に話した方が良いです。

営業所の時に本社の経理の方だった人が飲み会で避けられていた理由は、まさしくこの説教するからと言うのもあります。

説教している顔は、自分が偉くなったような気がして気分が良いのかもしれないけれど、説教される側としてはたまったものではありません。

基本的に飲み会は、お酒を楽しく飲む場と捉え、説教はなるべく飲み込みましょう。

お金の話

基本的にお金の話っていうのも飲み会においては好ましくありません。

いろいろな人がいるので一概には言えないけれど、お金の話を大変嫌う人もいます。

確かに、会社に行くのはつまりお金を稼ぐため、ひいては生きているところもあります。

切っても切り離せないところがあるのかもしれないけれど、極力そのような話ではない話題をチョイスした方が良いです。

愚痴

また、嫌がられる話題の1つとして愚痴もあります。

この愚痴が盛り上がるのは基本的に立場が同じ人だと思って間違いないです。

例えば、部下同士の飲み会で上司の愚痴を言うなど、共通している事だったら非常に盛り上がるところがあります。

ですが、上司が部下に愚痴を言うとなかなか共感してもらえることができず、ともすれば愚痴ばかりを言ううざい上司と言うふうに捉えられるところがあります。

ただ、どれぐらいその愚痴に共感できたとは言えど、その話ばかりとなるとその話が嫌になってくる人もいます。

愚痴が嫌だと言う人も考えられますのでなるべく飲み会では避けた方が良い話題であることは間違いないです。

何度も同じ話を繰り返す

話題を見つけるのが苦手だったりするとついついそのように何度も同じ話を繰り返してしまうところがあるかもしれません。

ですが、やはり聞かされる側だんだんと飽きてきます。

ですので、話題が被っていないかということに注意してしましょう。

そして、何個か話題の引き出しを作っておくことも大変お勧めです。

いない人の悪口

また、いない人の悪口を言うと言うのも大変人を不快にさせます。

それは何故かと言うと、自分がいない時は自分の悪口を言われていると警戒されてしまうからです。

そして悪口ばかり言うことになると、その人の人格を疑われることになります。

多くの人は、そのような悪口を嫌うところがあり、悪口ばかり言う人はどの世界においても避けられるところがあります。

子供や学生がもちろんのこと社会人でも、主婦でもそのような人は警戒されるところがあるのです。

ですので、いない人の悪口は絶対に慎んだほうが良いです。

食べ方が汚い

気を張っているときは気をつけていても、だんだんとお酒で気が緩むと食べ方が汚くなる人もいるかもしれませんね。

ですが、やはり食べ方と言うのは多くの人は気にしているところがあり、それが汚いとなると非常に不快な思いをさせるようになります。

ですので、なるべく食べ方には気をつけるべきであると言えるでしょう。

もし、どうしても酔いが回って気が緩んでしまうのであれば、お酒の量コントロールする必要があります。

無理矢理盛り上げようとする

飲み会と言うと、盛り上げようとしないといけないと言う思い込みがあるかもしれません。

ですが、その無理矢理と言うのはその周りの人もしんどくさせます。

全く話をせず無言で飲み会をし、ただただひたすらスマホいじる事は考えもまだなのかもしれません。

ですが、無理矢理盛り上げることはしない方が良いです。

ではこの無理矢理盛り上げようとするのは、どのようなのことなのかというのを見ていきましょう。

一発芸を求める

この一発芸を求めるのは結構困ります。

当社の営業所の勤務の時代にもいたのですが、「何か面白いことをしてよ。」と急に言われると対処できません。

もしどうしてもこの一発芸にこだわるのであれば、事前に自分で準備しておき自分が一発芸を披露する位の気持ちでいたほうが良いかもしれません。

やはり会社勤めであれば色々な人がいます。

ですので、そのように飲み会ではっちゃけるタイプの人ばかりではありません。

ともすれば、和気あいあいと話しておとなしく飲みたい人もいます。

そのような人にとっては、この一発芸を体に求められるっていうのは苦痛以外の何物でもありません。

服を脱ぎ始める

これは、どのような立場の人であっても非常に困ることです。

ですので、そのような服を脱ぐことで盛り上げようとするのはやめたほうが良いでしょう。

特に部下から上司への注意と言うのはなかなかできません。

ですので、上司がそのようなことをし始めたら我慢するしかないと言うところがあります。

もちろん、女性が服を脱ぎ始めるのも非常に男性が困るところがあるので、やめて欲しいところではあります。

上司の男性が服を脱ぎ始めるっていうのも、特にそのような上司の体が見たいわけではないので非常に迷惑なところがあります。

ですのでどの世代の方であっても服を脱いで盛り上げようとするのは絶対にやめるべきです。

強制的にゲームを始める

みんなでゲームをするのは飲み会においてはセオリーと言えるでしょう。

ビンゴゲームとかも楽しいかもしれませんね。

ですが、強制的にゲームを始めるのはよくありません。

必ず、周りの人の同意を取り付けるようにしましょう。

特に、王様ゲーム系などのことを強制的にやると、セクハラで訴えられるかもしれません。

たかだか飲み会のゲームで人生を某に振るのは馬鹿らしいです。

また、最近は女性上司の方も多いでしょう。

女性の方であっても、セクハラというのは成立しますので、どの世代の方でも同性と異性問わず気をつけていきたいものです。

物を壊す

酔っ払ってものを壊すと言うのも社会人としては非常に考えものです。

もちろん、暴れてものを壊すのは論外です。

ただ中には、酔っ払って千鳥足になってぶつかってものを壊すとか、倒れ込んでものを壊すということもあるでしょう。

酔っ払っていたとは言え、わざとということであれば、そのものの弁償する必要があります。

お店のものであれば、わざとでなければ免除してもらえるかもしれません。

ですが、やはりそのような事はお店にとって多大なる迷惑になるので絶対にやめるべきです。

よく、酔っ払ってものを壊す自覚があるのであれば、お酒に飲まれすぎないと言う事は非常に重要です。

他のお客さんと喧嘩をする

こちらも実際に見る側として経験したことがありますが、恐怖以外の何物でもありません。

ですので、絶対に他のお客さんと喧嘩するのはやめましょう。

そして喧嘩をする側も、怪我のリスクもあります。

そして、社会人と言うことであれば会社の信用にも関わることです。

ですので、そのようなことをすると会社の名誉も傷つけてしまう事は頭に入れておきましょう。

もちろん会社上の付き合いではなくプライベートの付き合いであっても、プライベートのでもそのような喧嘩を飲み会でしてしまうのであれば、飲み会で集まるリストから外されてしまう可能性も大いにあります。

やはり飲み会は楽しくてなんぼです。

ですので、他のお客さんと喧嘩する事は絶対に避けるべきです。

下ネタばかり話す

こちらは天気の良い男性に圧倒的に多い現象です。

そのような下ネタだと全く反応返さないと言う人は少数であるために、ついついそれを話題に選んでしまうと言うのです。

ですが、そのような話ばかりするというのはセクハラに当たってしまいます。

少しスパイスのような感じで、そのような話題を振ると言うのは話し上手な人もしているテクニックではあります。

ですが、こちらはかなり人選びますので、多くの場合は避けておいた方が良い話題です。

例えばセクハラの概念においても、相手が嫌だと感じたらセクハラです。

ですので、相手の感じ方というのは自分で決めることや選ぶ事はできませんので、下ネタは基本的に外しておいた方が良いでしょう。

お会計を気にして全然飲まない

こちらは少々実害が少なく感じられるかもしれませんが、やはり飲み会と言うのはある程度雰囲気が大切です。

ですので、明らかに会計を気にしている様子だと、周りの人も自分がお酒を飲んで楽しむのがいけないことなのではないかと思い、お酒が進まなくなり気を使わせてしまいます。

そうすると楽しい飲み会から遠ざかることになります。

最近は、家計が厳しいご家庭も多いので、お小遣いが少ないとかそのような交際費にお金をかけることが難しい世帯も少なくありません。

気持ちはわかりますが、できればその飲み会に備えて比較的予算を気にしないで済むような経費を準備した方が良いのは言うまでもありません。

値段ばかり気にする

確かにある程度予算があるとそのようになってしまうところがあります。

ですが、値段ばかり明らかに気にしている様子は飲み会においてはあまり良くありません。

もし、どうしても予算が厳しいのであれば、できればその飲み会を欠席すると言う選択をした方が良いです。

ただ上司の立場であればそのような飲み会を欠席するのは難しい可能性もあります。

その場合は、できるだけそのような交際費を貯めておくのは大変お勧めです。

好かれるお酒の場での振る舞い教えちゃいます!

では飲み会において、どのようにしてきたら好かれるのでしょうか?

やはり、そのような飲み会の場では人と人とのつながりですので、人に好かれる方が望ましいのは言うまでもありません。

では、特徴を見ていきましょう。

テーブルにスマホを置かない

基本的にテーブルにはスマホをおかないようにしましょう。

やはり、スマホがあるとついつい気になってしましてもいいのではないのでしょうか?

メールも来ますし、LINEもくるのであれば、手軽にスマホがあるとついついチェックをしてしまいます。

そうなると、ずっとスマホをいじっているような状態になってしまうかもしれません。

もし、お子さんがいるなどでどうしても連絡がすぐ取れるようにしないといけないと言うことであれば、すべてポケットに入れてバイブをつけるなどで対処しましょう。

そうすることで、連絡が来たらすぐにその席をはずして、廊下に出るなりトイレに出るなりで連絡を取ればそこまで失礼な対応にはなりません。

周りに気配りをする

できれば、周りにしっかりと気配りをすることができたら、この人との飲み会は楽しいと言うことになります。

ついつい、食事も進みお酒も進むと気が緩んでしまうのですが、できれば周りに気配りするする余裕を持つようにしましょう。

取り分ける

このような取り置きがさりげなくできる人が気遣いができる人として非常に好ましく見られる傾向があります。

ただ、最近は中にはその取り分ける行為がいやらしく見える人も多いようです。

特に女性が多い飲み会だったら、そこまで過剰にとりわけないほうが良い可能性もあります。

ですので、1回取り分けたら1回休む位の間に出ずに様子を見ていくと良いでしょう。

空いたグラスに気付く

あいたグラスがあったら、邪魔にならないところに置くなどをすることで、食事がしやすくなります。

そのようなグラスに気がついたら、横に置くなど食事の時に邪魔にならないように置いておくことで、皆がそのグラスが邪魔になることなく食事をすることができます。

聞き役に徹する

やはり基本的に人は話を聞いてほしいと思っているものです。

ですので、聞き役の人は大変ありがたいところがあります。

友達作りなどにおいても、「話し上手になる必要は無い、聞き上手であれ」なんてよく言われますね。

それはそれほどに話を聞いてほしい人が多いからです。

聞き役に出してあげることで、相手が気持ちよく話すことができ、またこの人と話をしたいなと言う気持ちになるものです。

ただこの聞き上手でも大変難しく、「ふーん」とか「へー」と言うだけだと、あまり聞いてもらった感じがしないところがあります。

では、どのように聞き上手になったら良いのかと言うと、所々で相手の話を復唱したりすることで、すごくよく聞いてもらえたと言う気持ちになる事はよくあるようです。

例えば「何々が辛くて。」と話したら「何々が辛いんだね?」と言うふうに聞き返すだけで、なんだか聞いてもらえたような気がするのです。

そして、時折「それは辛いね。」とか「それは嫌でしたね。」など相手の気持ちに沿うような返答すると、聞いてもらえた気がするのです。

これは子育てでも何でも使えるテクニックで幅広く紹介されています。

もちろん子供だけではなくそれは大人も同じです。

そのようなちょっとしたテクニックを駆使するだけで聞き上手にできるようになります。

少しだけ酔った感じを出す

お酒と言うと、下戸だったりすると全く飲めないこともあります。

ですので、酔えないのはある程度仕方がないのかもしれないけれど、やはりある程度周りと同じような感じになることが重要です。

ただ羽目を外したり、へべれけになる必要全くありません。

とにかく少し酔った感じで少しハイテンションになるとかそんな感じで良いのです。

とにかく周りと似たような雰囲気を出すようにしましょう。

ただ例外として周りが泥酔している時は、そのような感じにしなくて冷静にしても良いです。

店員さんにも態度よく

よく店員さんに横柄な態度を取る人はモラハラを疑われて嫌だなと思ってしまうものです。

基本的に店員さんは絡まれたりすると反論できない立場の人です。

そのような人にも態度よくできると言う事は、どんな立場の人にも優しいと言うことを指します。

ですので、そのようなモラハラのような人とは、飲み会に参加するのも楽しいなと思う人が多いです。

ですので、店員んなどにも態度よくすることが重要です。

盛り上がっているときはテンションを合わせる

やはり飲み会と言うと、お酒の力でだんだんと緊張が解け、盛り上がる事はよくあることです。

その時に1人だけ冷静だとその場がしらけてしまいます。

ですので盛り上がっている時はなるべく、テンション合わせるようにしましょう。

断章をするときにちょっと楽しそうに笑うとかそんな感じでいいのです。

そのようなテンションというのはある程度天性のものがありますので、難しいところがあるかもしれません。

でも努力をするだけで大分違います。

ですので、無理がない程度で楽しそうにするのを心がけましょう。

絡んでくる酔っ払いにも嫌な顔はしない

やはり居酒屋と言うと、場所によっては他の酔っ払いに絡まれることもあります。

確かに迷惑ではあるのですが、なるべく嫌な顔しないようにしましょう。

ですが、そんなに丁寧に対処する必要はありません。

にこやかに対応しつつあしらう位の態度で充分です。

酒は飲んでも飲まれるな!せっかく飲むなら楽しく飲もう!

飲み会と言うと、会社の人や友達などとお酒を通して皆が楽しく飲むところです。

ですので決してお酒に飲まれないように気をつけましょう。

やはり、親睦を深めるための楽しい席ですので、お酒はほどほどに、基本的にその会社の仲間や、友達と楽しく盛り上がるようにしましょう。