巡り合わせというと占いなんかでよく使われる言葉のイメージですが、巡り合わせとしか言いようのない出会いや出来事というのは人生の中でよくあるものです。

良い巡り合わせも悪い巡り合わせも、続くときは何だか続くし、無いときは何も無いしで謎です。

しかし、今がどういう巡りの時期なのかを気に留めてみると、物事が結構うまくいったりします。

では、巡り合わせとは何かを見ていきましょう。

巡り合わせっていったい何?

「巡り合わせ」は人によって解釈が異なるところだとは思いますが、この記事では「運命としか説明がつかない出会いや出来事」として話を進めていきます。

言い換えれば、自分が全く意図せずに行動しながらも、遭遇した事や人物です。

たとえば、全く結婚する気なんてなかったのに、たまたま出会った人に「この人と結婚する気がする」と思えたら巡り合わせといえます。

一方、自分の意志で婚活パーティへ参加し、異性と出会ったというのは意図してそうなっているので巡り合わせとは言い難いです。

良い巡り合わせの5個のこと!人間関係もその1つ?

巡り合わせは意図せずに生じている全ての事柄であるといえますから、良い巡り合わせばかりとも限らず、運命的と実感する程度もまちまちです。

とはいえ、自力だけでは掴みきれなかったであろう幸福などに関連する事柄は、良い巡り合わせといえそうです。

もう少し具体的に見ていきます。

1.日々幸せに感じること


日々幸せに感じることができているなら、良い巡り合わせの中にいるということでしょう。

幸せな事柄が周囲を取り巻いていて、多少の悪いことには目が向かないような状況になっています。

また、「しあわせ」は「仕合せ」と書くこともあり、そもそもが巡り合わせを表しています。

運命的な出会いや物事のことで、その中でもプラスの状態が「幸せ」になります。

生活の中の小さな幸せがいっぱいある

普段の生活がさほど幸せではないと感じている人も、実は必ず良い巡り合わせが来ているもの。

ただ、それに気付けているかどうかの違いです。

小さな幸せに気づける人ほど、幸福度が高く維持される傾向にあり、プラス思考になるため、なおさら幸せが見つけやすいという好循環に入っています。

また、世間的な価値観に基づいて幸せ感じているわけではない、ということも良い巡り合わせを引き寄せやすい人の特徴です。

家で何もすることがないのを「暇な上に孤独で不幸だ」と考えるか「何もしなくて良い時間を得られるなんて幸せだ」と考えるか、こういった違いによって変わってきます。

後者の考え方をすれば日常の中に溢れる小さな幸せを感じ取ることができるでしょう。

幸せは抽象的な概念ですから、自分が幸せだと思えればそれで良しです。

今の環境が素晴らしいと思える

よく「環境に恵まれてない」という人がいますが、環境は自分で作るものです。

このことが理解できている人は、今の環境の中から幸せを見つけることが上手で、不平不満を言ったりしません。

そして人柄も良いので、自然と良心的な人々が集まってくるようになり、さらに良い巡り合わせが訪れるようになります。

なぜかラッキーなことばかり起こる

自分の努力が一切関係なく、びっくりするほどラッキーなことが連続することがあります。

これは本当に運かもしれません。

急に鼻が垂れてきて困っていたら、その日だけティッシュ配りの人が立っていたとか、売り切れ必至のパンが1つだけ残っていたとか。

日々のちょっとしたラッキーが連続するときは、良い巡り合わせがきていると思って大勝負に出ても良いかも…。

2.仕事


仕事における良い巡り合わせは自分の実力が絡んできます。

運としては良い時期に突入していても、そこで怠けていると良い巡り合わせを実感できるほどの成果はもたらせないからです。

どちらかといえば、運よりも今までの行動が結実する時だといえます。

自分が活かせる仕事に就ける

自分が活かせる仕事に就ける人は本当に一握りです。

実力が認められたということはもちろん、認めてくれる人に出会えたこと、それ以前に実力を伸ばせる出会いがあったことなど、全てが合わさって、その素晴らしい状況になっています。

自分の力だけだと奢り高ぶることなく謙虚な気持ちでいることができれば、さらに力をつけて継続することができるでしょう。

仕事が楽しい

Twitterなどを見ていると「帰りたい」「仕事やめたい」で溢れているのに、仕事が楽しいなんてすごいことです。

性格に合っている仕事なのか、軌道に乗って順調に進んでいるのか、職場の人たちが優れているのかなどは人それぞれですが、とにもかくにも楽しみながら働ける人は良い巡り合わせの中にいることは間違いありません。

また、楽しんで仕事をしている姿が周囲にもたらす印象もプラスなので、感化された人たちがヤル気を出して働いてくれるという好循環も生みやすくなっています。

どんどん出世していく

“どんどん”ってところが、もうすごい。

大体の人は全く出世しないか、出世できても中間管理職で一定期間の足止めを食らい、板挟みの中で疲弊しながらなんとかのし上るものです。

そんな中でどんどん出世するというのは、実力に即した適性な評価をしてくれる人が上にいるということ。

それだけでもだいぶ恵まれた環境にいるといえます。

ただし、怪しい会社でどんどん出世していくのは危険なので、そこだけ冷静に考えましょう。

位の高い役職に就く

社内で可能な限りまで上り詰めることができたら、それは運だけではありません。

自らの行いが、お世話になった上司、ひいては社長、そして同僚や部下など全ての人に支持されてのものです。

ここまで行ったら自分が生み出した良い巡り合わせを部下に分けていく番。

会社を盛り立て、人材育成をすることで還元していきましょう。

3.人間関係

人間関係は巡り合わせの最たるもの。

同じ場所に出かけても会える人と会えない人がいるように、さまざまな人の思考回路と行動原理が見事に重なったときだけ生じるのが人間関係です。

良い人間関係というのは、単に性格が良い人に囲まれるということに限らず、利益をもたらす人、やっかいだけど刺激を与えてくれる人、自分の成長のために必要だった悪役との出会いも該当します。

仕事先でも良い人に恵まれる

職場や客、取引先など仕事で出会う人々に恵まれるというのは極めて稀なことです。

仕事である以上、立場が違えば利害関係も異なり、いずれの人とも円満というのは難しいものですよね。

それでも何一つトラブルなく仕事を進めることができているなら、仕事先の人に恵まれているのです。

あるいは、一見すると悪い巡り合わせに見えても、自分のスキルアップに欠かせなかった人物というのもいます。

これは後になってから気づくことが多く「今はあの人が言っていたこともわかるなぁ」と思う相手のことです。

今は気づかないだけで良い巡り合わせということもあるので、むやみやたらと人を毛嫌いしないようにしましょう。

大好きな気の合う親友がいる

Facebookで友達1,000人…すごいとは思いますが、大好きな気の合う親友はその中で何人くらいいるのでしょうね。

一緒にいると気楽で、何かあれば連絡したくなったり、かと思うと何年も会わなかったのに会った瞬間に親友として接することができる…そんな存在は人生で1人でも見つかれば良い方なんじゃないでしょうか。

そういった親友に現時点で出会えているなら、それはもう最高の巡り合わせです。

もしかしたら結婚相手を探すよりも奇跡的なことかもしれません。

4.恋愛

恋愛はむしろ巡り合わせでしかないです。

他人から見ると魅力的な人が自分にとっても魅力的に映るかどうかはわからないし、むしろ周囲は理解できない人を好きになったりもします。

だからこそ、合コンや出会い系サイトなどをどんなに活用しても、心から好きになれる人がいるとは限りません。

よい人を好きになれる

自分が好きになった人の性格が良いというのは、わりと運命を感じてもいい事柄です。

DV気質の人や束縛する人などを好きになってしまう人もいますからね。

そういった人たちも第一印象としての“良い人”を演じているので、見る目がないと騙されてしまいます。

人を見る目には自信を持っていたわけではないけれど、好きになった人がたまたま性格が良かったというのは、出会うべくして出会った巡り合わせでしょう。

とはいえ、好きになった人と付き合ったり結婚したりというのは、また別の巡り合わせが必要です。

優しい旦那さんや奥さんと結婚

結婚した旦那や妻のことを優しいと思えるのは、生活リズムなどが合致しているからです。

不一致なことばかりだと、そもそも結婚しないでしょうし、結婚しても仲違いしやすくなります。

生活リズム、求める生活レベルなどが合致しているというのは、それまで生きてきた過程で得たもの、身に着けたもの、考え方が近いということであり、これはとても運命的です。

これ以上ないほど息の合う人と結婚できたら良い巡り合わせに間違いありません。

幸せにしてくれる彼氏や彼女がいる

幸せにしてくれる恋人がいるのは良いですね。

要求せずとも尽くしてくれたり、悩んでいるときやトラブルに見舞われたときに支えてくれたり、などなど。

でもきっと、恋人の方も「この人と付き合えて幸せだな」と思ってくれているはずです。

幸せにしてくれる恋人というのは、人によってタイプが違います。

一般的には優しい人をイメージすると思いますが、自立している人が良かったり、おっとりしている人が良かったり…これは付き合ってみて幸せを感じるまではわからないかもしれません。

だからこそ巡り合わせといえます。

5.幸運なこと

幸運なことというのは、自分の努力がそんなに関係ないことを指すことが多いです。

これは運の巡り合わせ。

確率論の話で、めちゃくちゃ頑張っている人を頑張っていない人が一瞬で飛び越えたりすることもあります。

宝くじが当たる

ジャンボ宝くじで5億円の当選…これはもう巡り合わせの中でも超上級の幸運です。

1等当選の確率は0.000005%で、もっと分かりやすくいうと2,000万分の1。

100枚買おうが1枚買おうが確率は大して変わりません。

それを見事に当てたというのは尋常ならざる運が巡ってきたと思わざるを得ませんね。

日頃良い行いをしていたからだとかいうのは、全く関係なく当たりますから、不思議なものです。

ちなみに「過去4回1等が出ました!」などを謳っている販売窓口がありますが、それは単にその場所で買われる枚数がめちゃくちゃ多いので当選が出やすいだけで、どこで買っても確率は変わりません。

懸賞が当たる

懸賞はハガキだと当選のためのテクニックがあるそうですが、webサイトからメールアドレス等を送信するだけで応募できるタイプで当たったのなら完全に運です。

応募者が少ないものならまだしも、数万人が応募するであろう懸賞に当たったなら幸運を喜ぶべきでしょう。

良い巡り合わせは引き寄せることができる?

巡り合わせは生まれ持った運で決まっているとする説もあるようですが、現実的に考えてそんなことはありません。

風邪をひいたときに「バチが当たったんだよ」なんて言われるより「寒い日に薄着で出かけたから体温が低下して免疫が下がったんだよ」と言われるほうが、しっくりきますよね。

それと同じで、巡り合わせも自分では忘れている過去の何かが関連していると考える方が自然です。

ではどうしたら良い巡り合わせを引き寄せられるのでしょうか。

ネガティブに考えるとNG

ネガティブな考え方もリスクヘッジという意味では役に立つこともあるので全否定はしませんが、頻度と程度によります。

日々ネガティブなことばかり考えていると、思考そのものが暗くなり、小さな幸せに気づくことができません。

小さな幸せに気づけない人が大きな幸せを呼び寄せることは不可能です。

自分が世界で一番不幸だと感じているような人は、周囲に対して感謝を忘れがちになり、人が離れていくことによって新たな巡り合わせが来なくなってしまいます。

ポジティブさや前向きな気持ちが大事

無鉄砲なまでのポジティブシンキングというより、良かったことは素直に喜び、悪いことには前向きに対処しようという気持ちが大切です。

悪いことも善処することによって最悪の事態を招くことは回避でき、その行動が周囲の目に届くことによって、良いことが舞い込んでくる可能性がアップします。

性格でも巡り合わせが変わる?

もちろん性格で巡り合わせは変わります。

もし変わらないとすれば皆同じ巡り合わせをすることになってしまいますよね。

そして、多くの人との出会いをプラスに感じるかマイナスに感じるかでも違ってきます。

「出会いがなくて結婚できない」と悩む人は多いですが、その人だって生きていれば何人にも会っているわけで、出会いがないわけではありません。

それでも長年出会いがないというのであれば、おそらく他者の良いところを見ようとしない性格だからでしょう。

相手の悪いところばかりが目につき、恋愛対象外に自らしているだけです。

類は友を呼ぶ

超ネガティブな人の周りが全員ポジティブという状況はあまり見かけませんよね。

何事にも前向きな人は、やっぱり同じく前向きに行動できる人と馬が合います。

金持ちは金持ちが行くところに行くので、また金持ちの知り合いができるし、同じ目標を持つ人は自然と集っていくし…悪い奴の周りは悪い奴で固まっていきます。

つまり、自らの性格や特徴に近しい人間が集まってくるというわけです。

周囲に良い人たちだらけだったら自分も良い人である可能性は高いし、逆に嫌味な人ばかりだったら自分も気づかぬうちに嫌味ばかり言っているのだと考えられます。

そういうことですから、良い人と会いたいと思ったらまず自分が良い人になるしかありません。

恋愛に関しては真逆の人を選ぶ傾向がある

世の中には凸凹カップルがたくさんいます。

背が低い彼女と背が高い彼氏、美女と野獣カップル、性格が真逆のカップルなどなど。

巡り合わせの話からは少しズレますが、生物として凸凹カップルができるのは理に適っています。

娘が「お父さんクサイ!」と言い出すのは、子孫繁栄のために近しい遺伝子を排除する働きによるものです。

HLAという白血球の血液型が近しい2人の間に子供が生まれると、免疫が似ているので逆に特定の病原体に対して弱さを持ってしまいかねません。

そこでHLAが全く異なる人と子孫を作ることで対抗しようとします。

そしてこのHLAは人が放つ匂いに関与しており、女性はそれを嗅ぎ分けることができるので、遺伝子からして最も近い男性であるお父さんのことをクサイと言うのです。

そういうわけで、恋愛においては似たような人だと遺伝子やHLAが近い可能性が高く、本能的に避けるために凸凹カップルができやすいというのも納得がいきます。

もし性格的な特徴だけは息が合い、遺伝子的なものはめちゃくちゃ遠い人に出会えたらまさに運命です。

人との出会い・接し方にも注意

「この人は運命じゃないからいらないや」はNGです。

仮にその人とは馬が合わず、なんなら嫌いだったとしても、その人が持っている人脈の中に素晴らしい人がいるかもしれません。

その繋がりを切ってしまうのはもったいない。

類は友を呼ぶ節もあるので、本当にヤバイ人との縁は早急に切るべきですが、そこまでではないなら、当たり障りなく接しておく方がお得です。

また、どんなに良い出会いがあっても第一印象で損をする人もたくさんいます。

巡り合わせ自体は偶然にやってきてくれますが、そのチャンスをものにできるかどうかは自分次第。

第一印象で不快感を与えない身だしなみをいつもキープし、円滑なコミュニケーションがとれるようにトークスキルや聞く力を磨いておきましょう。

相手のことを思いやること

相手のことを思いやるというのは巡り合わせ以前に人として当然やるべきことです。

というか、人としてやるべきことをしていないと巡り合わせも何もありません。

極端な例を想像するとわかりやすいでしょう。

のべつまくなしに周囲へ暴言を吐き散らすような人に近づきたい人なんているでしょうか。

よほどの物好きしか近づいてこないはずです。

相手のことを思いやることができないと、人は離れていきます。

せっかっくの巡り合わせで出会えた人達との関係が切れてしまい、他の巡り合わせを引き寄せる術が少なくなってしまうのです。

また、思いやることと同時に、相手のことをよく理解することも大切です。

なんとなく息が合って居心地が良いなと思える相手について、どうしてそう思えるのかを考えてみましょう。

掘り下げることで、その人の良いところが具体的に見えてきます。

それを自分にも取り入れることができたら、より好意的な人たちを引き寄せることができるはずです。

成功をしている人と失敗している人の差は?

成功している人と失敗している人の差は、極論をいえばただの運です。

大会社の創業者も運が良かったからなっているのであって、己の努力だけでのし上ったわけではありません。

細かいことを言えばリスクヘッジが上手い、先を見越す考え方ができる、人を統率するのが上手いなど色々あるのですが、スキルとしては全部揃っているのに失敗する人は失敗します。

このことは、時代を先取りしすぎたものを見ればよくわかります。

発売当初は全然人気がなくて生産中止になった車が今更注目されて中古が高値で取引されたり、90年代に誕生した定額制でゲームをダウンロードできる機械もそこまで流行らなかったのに、今はもう信が主流になっていたり…。

そういった時代を先取りしすぎたものたちは、次の世代の踏み台にされやすく、それ自体は成功しなかったのに他人の成功を助けるハメになります。

新しいものほどマーケティングが難しく出たとこ勝負なので、時の運としか言いようがありません。

成功者はたゆまぬ努力ができる上に運まで持っていたという最強の人物。

とりあえずは努力をして、運が巡ってくるのを待つことが大切です。

的確な努力をしていれば、大きな成功は運にしたって小さな成功は自分で掴むことができます。

失敗する人は無駄な努力をしていることが多い

先ほど「的確な努力をしていれば」と記載しました。

ここがポイント。

失敗ばかりの人は無駄な努力をしていることが多いです。

無駄な努力は言い換えれば自己満足の努力です。

「私はこんなに頑張ってるのに!」と言う人に限って無駄なことばっかりやっています。

受験勉強と称して問題を解かずに教科書並に綺麗なノートを作る、性格が悪いのにモテるためにエステに通う、仕事ができないのに誰にも相談せずに勝手に進める…これらは全部無駄です。

頑張っている自分が好きなだけ。

目標のために頑張るのであって、努力による自己満足のために頑張るのでは本末転倒です。

自分の行動を見直しましょう。

とりあえず何かしら行動に移す

家に引きこもって誰とも連絡をとることがなければ巡ってくるものなど何もありません。

せいぜいチラシが投函されるくらいです。

巡り合わせという言葉からもわかるように、これはとても流動的で一所に留まっているようなものではありません。

行動し、その範囲を拡大していくことで遭遇する可能性を高めていく必要があります。

とくに何も思いつかなくても知らない街に出かけてみる、あまり話をしたことがない人に話しかけてみる、いつも着ないような服を着てみたり、髪型やメイクを変えてみたり。

新しいことに挑戦することで生まれる出会いの中に、良い巡り合わせが潜んでいることは多いです。

悪い巡り合わせとは?

では最後に、悪い巡り合わせについても見ておきましょう。

とはいえ、下記に挙げるものは概ね自分のせいによるものが多く、巡り合わせのせいにするのは良くありません。

そして、そういう状況に陥ったら自らの行動をよく反省し、良い巡り合わせを引き寄せる行動に移せばいいだけなので、不幸な気持ちになって深く落ち込むのはやめましょう。

いつもツイてない

いつもツイてないっていうのはどういう状況なんでしょうね…。

とりあえず世間の人たちがどんなときにツイてないと考えるのか、声を集めてみました。

・楽しみなおでかけの日が雨
・電車遅延
・全然ガチャ当たらない
・定期券忘れた
・財布忘れた
・パソコンがフリーズ

おでかけの日が雨、電車遅延、ガチャが全然当たらないというのはたしかにツイてないかもしれませんね。

自分ではどうにもできませんから。

とはいえ「いつも」というわけではないでしょうから、そうではなかった日のことを忘れているだけの可能性が高いです。

定期券や財布を忘れたとかパソコンがフリーズしたというのをツイてないと言っている人が結構いて驚きました。

自分のせいですもんね。

パソコンがフリーズしたことをツイてないというのはパソコンをよく知らない人の発言なのだろう、という感じがします。

CPUを掃除してなくて埃が溜まりまくっている、セキュリティが緩くてウイルスに感染している、webサイトやソフトの開きすぎのメモリ不足、ダウンロードデータの溜まりすぎなど、自分のそれまでの行動によることがほとんど。

今まで順調に動いていたパソコンが何もしてないのにフリーズすることはまず無いです。

「いつも」ツイてないという人は、本当にたまたまツイてなかったことと、自分のせいで悪い結果をもたらしたことのどちらも誰かや何かのせいにしようとしています。

この考え方をしていれば、そりゃ悪い巡り合わせばかりになるでしょう。

職場に嫌な人ばかりいる

職場に嫌な人ばかりだったら辛いでしょうね。

働く気も失せてくるし、心身ともにやられてしまいます。

しかし、5人くらいしかいない会社ならまだしも、大人数が皆一様に悪い奴なんてことがありえるでしょうか。

職場に嫌な人ばかりいるというのは不可思議です。

考えられるケースとしては、上司や社長が悪い奴で、皆それに従わざるを得ないストレスから空気がいつもピリピリしている、怒りっぽくなっているというのがまず1つ。

この場合は転職するか、皆一丸となって労基に訴えたりすれば済みます。

2つ目は、自分が悪い場合。

仕事をサボりがち、教えてもらったことをいつまでも覚えない、言葉づかいが悪い、ミスばかりする、身だしなみがハチャメチャ…これらに該当する人が「周りが嫌な奴ばっかり!」と喚いてもしかたがありません。

周囲からすれば「君が悪いんでしょ…」としか思えないです。

そりゃ、あたりもキツくなります。

2つ目のケースの場合は転職してもムダです。

その性格や仕事への姿勢が直らない限り、どこにいっても嫌な人ばかりいると嘆くことになるでしょう。

ダメ男ばかり好きになる

ダメンズウォーカーという言葉がありますよね。

なぜだかダメな男ばかり好きになってしまう女性。

しかしこれもツイてないというよりは、見る目がない、何かを勘違いしている、といった方が的確です。

母性本能が暴走しているのかヒモ男ばかり好きになったり、男らしさを勘違いして暴力的な人を好きになったり、頭がいい人とただ生意気な人を混同して好きになったり…色々なタイプがいます。

また、アラサーだからそろそろ結婚しないと、という固定概念にとらわれて焦った結果、ロクでもない男なのに次の出会いはないかもと不安を抱いて結婚してしまった人などもいます。

結果離婚するのですからなんだかなぁという感じ。

とりあえずツイてないからだと諦める前に、自分の見る目を磨きましょう。

周囲の人からすれば「またヤバイ奴好きになってるな…」と気づけるような相手を好きになる気持ちが理解できません。

詐欺にあう

まず詐欺師にエンカウントしてしまったこと自体は確かにツイてないですが、最終的に騙されたのは自分のせいです。

確認不足、信じやすい性格、疑わないことが正義だという勘違いなど、己を改めるべきことばかりなので見直しましょう。

もちろん詐欺師が悪いのですが、そんなこと言っても詐欺師を撲滅するのは現実的ではありませんから、自己防衛するしかありません。

良い巡り合わせは自分で作れる!

良い巡り合わせは自分の行動の先にようやく訪れてくれるものです。

そのためには日頃の行い、考え方、自分の性格を見直して、改善していくと良いでしょう。

ぼーっと待っているだけで巡ってきてくれるものではありません。

そして、天下人クラスの良い巡り合わせが来ることは極めて稀なので、他人を羨んで卑屈にならないことも重要です。

大器晩成型だと考えて、日々の小さな幸せを大切にしましょう。

そうしていれば幸福度が高まって、良い巡り合わせばかりだと周囲に感謝できるようになります。

その姿勢こそが良い巡り合わせを引き寄せる第一歩です。

『あなたの恋愛運は大丈夫?不幸の原因はこれかも』

記事下_無料でオーラ鑑定_0718