その時代を一番よく表すのが、若者のファッションですね。

昔を振り返ってみると、ファッションの変化がよくわかります。

それと、若者の間でも、その人の服装で職業や今の生活の様子もすぐにわかって来るようです。

昔は、家を出る時にはまともな恰好をして行けと親父さんに注意されたものです。

頑固で怖い父親の言うことを聞きながら、黙って好きな恰好で出て行ったものです。

父親に対するささやかな反抗であったような気がします。

ご近所のおばさんから、「あんた、上着の裾が出てるよ!」なんて注意されたこともあったのです。

そんなスタイルが流行り出してからは、服装のことでいろいろと指摘されたり注意されることも無くなっていったのです。

今では、いかに個性的なスタイルで出かけるかが楽しみになってしまいました。

高校生にもなると、異性を意識してしまうので、服装にも関心を持つようになります。

学校によりますが、制服が決められているとまだやりやすいのですが、制服があっても自由にできるところは服装にも悩んでしまうようです。

毎日同じ恰好も嫌だし、季節によって変えていかなければならないし、結構面倒なことになっているようです。

たまたまアルバイトをすることになったのですが、バイトの面接には制服で行くべきか私服で行くべきか迷っているのです。

バイト先に制服がない時は、どのような恰好で出勤すればよいのかなどと、つい考えてしまうのです。

自由な恰好で良いとなっても、同じ年代でもおしゃれに敏感な女性は、ファッションにもこだわっているようです。

そんな中に混じってバイトをするには、やはり服装も意識してしまうのです。

さらに、大学生や社会人ともなると、その場に合わせた服装というものが注目されてしまうのです。

口の悪い人からは、「こんな時にあんな恰好で来るとは、常識がないのね!」などと陰口を叩かれることにもなるからです。

毎年、就活の時期なると、リクルートスタイルの男女をあちこちで見かけるようになります。

ちょっと見ると「会社訪問だな」と分かりますし、必死に面接会場を探している人もいます。

こんな就活生は黒か紺のスーツが一般的ですね。

鞄も地味な色合いでネクタイも地味なものを着用しています。

服装から真面目さをアピールしているようです。

就活なら、豪華なスーツを身に着けるよりも、人間性を前面に出す場面でしょう。

レストランなどでは、清潔な印象を醸し出したり、営業に向かう営業マンなら、やはり初めての人にも信用してもらえるようなきちんとした身なりがまずは重要です。

今は少なくなりましたが、昔はお見合いという儀式もありました。

写真では相手を見ていますが、初めて生の自分を見せるのですから、いい服を着て出かけたはずです。

自分が自分らしさを出せる服装のようです。

そんな服装や持ち物だけでも相手を品定めできるようです。

いい服を着て出かけても、着慣れていないとなんだかぎこちなく見えるはずです。

身体になじんでいなければ、自分をうまくアピールできないのです。

最近の服装の話題というと、先日ノーベル賞を受賞された本庶佑さんが、授賞式に羽織袴の和服で出席されました。

日本人では二人目だそうですが、これも日本人から見ると素敵な服装だったと思いました。

その日に取って付けたように着たものではなくて、日頃から和服に親しんでおられたので、とても着こなしも素晴らしかったように見えました。

これこそ、いい服を着て出席したと思えるのです。

では、いい服とはどのような服のことを言うのか考えてみました。

いい服を着たいあなたへ


「いい服」とは、生地の質が優れていて着心地がともかく良い服のことでしょうか。

着心地はそれほどでも、みんなが認めているブランドの服のことを指すのでしょうか。

「いい服」というからには、普通の服とは違って高価であることはなんとなく理解できます。

生地(素材)にこだわって、身体にしっかりと合ったオーダーメイドの服のことでしょうか。

ブランドや縫製(生産した国)生地の素材など、人によっていろんな判断基準があるようです。

洋服屋さんに聞くと、生地の良し悪しも大きなポイントのようです。

そんな時には、生地のメーカー(ブランドや国)や手触り、質感、光沢などを比べてしまいます。

既製のスーツの場合には、よく内側にブランドタグがついています。

服に詳しい人ならば、そのタグを見ることによって、服の成り立ちを知ることができるのです。

生地を織っているメーカーや縫製場所、取り扱い商社なども見分けられます。

輸入スーツであれば、有名なブランドタグがついている場合が多いのです。

そのタグを見つけると、これはいい服だと思い込んでいるのです。

いい服とはそんな意味なのでしょうか。

良い服の定義は様々

良い服とはどのような服なのでしょうか?誰が見ても、いい服だなあと思える服のことでしょう。

それなら、素材メーカーのプロに生地を選んでもらい、腕の良い職人さんに縫製してもらうようなお金をかけた服が「良い服」のはずですね。

生地も一流、縫製技術も一流、そして自分にピッタリな服は、価格が高いけれども良い服だと言えそうです。

パシッとした高級な良い服を着て来た人と対面すると、なんだかこちらが固まってしまいそうです。

どんなに偉い人なんだと思ってしまうからです。

高級な良い服は、着ている人を引き立てて周りのみんなを圧倒するようです。

価格が高いのが良い服と解釈する人が多い

一般的には、価格が高いのが良い服だと思っている人が多いようです。

普通に考えると、やはり高価なものはそれなりに材料も高いので、良いものを使っていると思えるからです。

ステーキで考えても、高級店の場合はブランドの和牛のA5ランクの肉を使用すれば、それは美味しいに決まっています。

価格と味は正比例していると思えます。

ということは、信頼できる洋服屋で仕立てた価格が高い洋服は、やはり服としては良い服であるのは間違いはありません。

きっと、見た目は素晴らしいことと思います。

機能性に優れた素材を使っている服

服を評価する時に、もう一つ考えておくことがあります。

それは、生地の質感や触感、見た目の輝きなどの外観的なことと合わせて、着た時の着心地も大事なポイントなのです。

いくら高級な服で、自分の体に合わせて仕立ててもらっても、着心地が悪いと気分も良くなりません。

周りの人から「いい服だね」と褒められても、自分ではしっくりしていない時があります。

何か動きづらい、肩がこる、歩きにくいなど感覚が合わないのです。

逆に、安い服でも身体にピッタリで、着心地が良い服も有ります。

着心地が悪いということは、仕立てが悪いか機能性に優れた素材を使っていないということかも知れません。

生地は、機能性にも優れたものが重要なのです。

見た目がとてもお洒落


それと、いくら自分の体型に合わせた洋服を仕立てて持っても、洋服のセンスというものも大事です。

服だけが目立ってしまうようでは、借り物の洋服を着ているようなものです。

口の悪い人からは、「馬子にも衣装」と言われてしまうのです。

そんな高価な洋服を着るような人間じゃあないだろうと笑われてしまうのです。

高級な服に釣り合うような人間であることなのです。

あの人なら、あんな良い服を着ることは当然だ、と思われないといけないのです。

しかも、そのように思われるような人は、ただ高級だというだけでなく、見た目もとてもお洒落な服なのです。

そんなお洒落な高級な服を見事に着こなすことができることも、良い服を持つ人の条件なのです。

身体にピッタリと合った、お洒落でしかも生地も光沢があってしなやかな服というのが、良い服の条件であると思います。

高いからと言って必ずしもいい服とは限らない

腕の良い職人さんに、自分に合わせて縫って貰うという場合を除けば、既製の服でもいい服も有ります。

そんな既製服の場合を考えると、値段が高い服と安い服の違いはどこにあるかを考えてみましょう。

すると、既製服の場合の値段の差は、①生地の良し悪し、②デザイン性、③ジップやボタンなどの部品の値段、④縫製の質や工程数、などによって決まってくるようです。

安い既製服なら、生地やジップなどが安いものを使って、縫製の工程数も減らしているはずです。

その代わり、高級感を出すためにデザインとブランドで補っているのです。

若い人の場合は、①価格、②デザイン、③ブランド名、を見て判断してから購入するようです。

つまり、生地や縫製はあまり気にしていないとも言えます。

また、それらを総合的に判断できるだけの知識もないのです。

だから、安く作り上げた既製服を、デザインやブランドで高めに価格を設定しても、高価格だから良いものだと思い込んで購入する場合もあるようです。

高いからと言っても、必ずしもいい服とは限らないようです。

服で人は変わる?!

まだ小学校に通っていた時に、卒業していよいよ中学校に入学することになったのです。

家族も親戚の人たちも、「もう中学校か!大きくなったなあ」と感心していたことを覚えています。

自分としては、中学生になるだけなのに、そんなに大げさに騒がなくてもと心の中では思っていたのです。

しかし、いざ中学校に入ると、制服というものを着ていくことになったのです。

今までは自由な服装で通っていたのですが、今度は制服を着て行くのです。

そして、いよいよ制服を着ていくことになったら、驚いたことに何か今までの自分とは違った感情を持つようになったのです。

制服を着ていると、通学の途中でも自分は見られているという気持ちになったのです。

制服のお蔭で周りの人たちを気にするようになったのです。

自分を意識するようにもなったのです。

こんな感覚は、やはり制服のせいだと思います。

制服を着ることで自分も変わったというか、成長したと自覚したのです。

いわゆる、服で人は変わるのです。

もっと大げさに言うと、大きくなったら服装ひとつで人生も変わっていくということもあるのです。

自分の服装を意識するようになれば、自分の生活パターンも変わっているとも言えます。

成長していって、上のステップに上がろうという意欲や目標を持ち始めると、自分の服装も変化してくるのです。

服を変えれば、また自分に自信も持てるようになるようです。

どこにでも堂々と出入り上位の自信がついて、もっと優れた上位の集団にも交わることができるのです。

自分の能力を高めたり、仕事の成績も良くなってくるので、みんなから信頼されるような立場にもなっていくのです。

服装で仕事への取組み姿勢も変わってくるようです。

いい服を着ることの4個のメリット

服装のことについて考える時に気が付いたことは、戦後に企業を起ち上げて成功を収めた大企業の社長さん達は、ほとんどが立派な良い服を着ているということです。

ましてや、みんなの前で挨拶したり会社の将来の話をするときなど、一流ブランドと思われる良いスーツを着て対応しています。

白いワイシャツに洒落たネクタイという姿ですね。

皮靴も綺麗に磨いています。

いかにも、成功者という感じのいでたちなのです。

こんな服装をした人を見ると、社会的にも認められた立派な人というイメージなのです。

いい服を着ることで、自分が認められたという気持ちになるのです。

優越感も感じるのです。

しかし、最近の成功者と言うのは、みんなこのような恰好をいているとは限らなくなったのです。

IT関係の起業家で世界的にも成功した人、例えばアップル社の設立者であるスティーブ・ジョブズ氏などは、日頃からジーパンにTシャツの恰好で仕事をしていました。

企業の説明会でも、ラフなスタイルで登壇して堂々と演説をするのです。

Facebookの創業者も然りです。

日本のIT関係の若い社長さんも同様です。

服装よりも企業の中身で勝負しているのです。

ここまで成功を納めれば別ですが、私たちのような一般的な人間としては、やはり服装も一つの判断基準になっているのです。

いい服を着ることにも、メリットがあるからです。

そんなメリットについて考えてみましょう。

気分が上がる

昔は、お正月になるといい服を着せてもらって、初詣に行きました。

いい服を着ることで、お正月気分を味わえたのです。

何か、普通の日とは違う感覚になったのです。

いい服を着せてもらえるだけで、感情も高ぶったのです。

テンションも上がったのです。

自然に顔もほころんで、笑顔になってしまうのです。

近所の人に会っても、みんないい服を着てニコニコしていたものです。

このように、いい服を着ると気分が上がるのです。

誰に見られても、恥ずかしいことがないという、日頃の劣等感も消えてしまっているのです。

この服なら、堂々とどこにでも出かけられると思ってしまうのです。

自己満足感が高まる

いい服を着ると、自分も一流の人間になったと錯覚してしまうようです。

いつもなら、遠慮してしまうような場所にも出かけてみようと思えるのです。

どこにでも顔を出せると、自己満足感も高まるのです。

いい服を着ていないときには、何か劣等感を持ってしまい、格式の高い場所やお店には入りずらかったのです。

しかし、いい服を着ると、ともかくどんなところにも堂々と入ることができそうなのです。

そんな気分になって、自己満足感も高まっています。

だから、今まで気に入った女性に声をかけることができななかったのですが、いい服を着ると違います。

積極的にアプローチしたくなるのです。

声をかけることができなくても、こんないい服を着た自分を認めてくれると思い込んでいるのです。

だから、好きな人との距離感も近くなってくるようです。

その日一日アクティブに過ごすことができる

いい服を着ていると、自己満足感が高くなるので、その日一日をアクティブに過ごすことができます。

今まで劣等感のために避けていた人にも、積極的にアプローチしてしまうのです。

堂々と挨拶をして接触できるのです。

挨拶や態度も、いい服のせいでしょうか上手くなるのです。

仕事でも私的な活動でも、その日はいつもの自分と違った人間のように感じてしまいます。

今まで、どちらかというと消極的な人間だと思われていたのに、いい服を着るだけでアクティブな人間になってしまうのです。

やはり、服装は人間を変えてしまうのでしょうか?また、いい服を着ていると、それに合わせつような持ち物にも意識し始めるのです。

いい服を着て、簡素なリュックを担いでは様になりません。

やはり、ちょっと高級な感じの鞄も必要になってきます。

スーツなら、下に着るワイシャツやカーディガンなど、これも服に合うお洒落なものを欲しくなってくるのです。

そのためには、もっとお金を稼ごうとも欲を出すようになって来るのです。

いい服を着ると、連鎖的に前向きな感情を持つことにもなるようです。

周囲からの目が変わる

周りの人は、見ていないようでもしっかりと見ているのです。

ちょっと行動を変えると、何かあったのではと詮索します。

ちょっといい服を着て出かけると、何かあるのではと噂するようです。

独身女性が、いい服を着ていそいそと出かけると、「いい人ができて、デートかな?」と、そして、いい服を着て両親と出かけると、「もうすぐ結婚なのかな?」などと思ってしまうようです。

服装だけでも、これだけみんなの見方が変わってくるようです。

ましてや、毎日いい服を着て仕事に出かけると、いいところに勤めているのかな?なんて興味を持たれてしまいます。

衣服を着る目的が分からなくても、「あの人は、いつもいい服を着て仕事に出かけている。

きっと出世したのかな?」なんて勘ぐられてしまうのです。

今までの服装とのギャップが大きいほど、みんなの印象が強いようです。

意識の高い人だと思われる

いい服を着て、毎日目的もなくぶらぶらしている人はいないはずです。

いい服を着て仕事に出かけるということであれば、一流の企業で勤務しているか、社会的に地位がある人になったかと思うのです。

粗末な服や安っぽい服では仕事ができないという、意識の高い人だと思われるのです。

どこかの会社の役員になったとか、弁護士やコンサルタントなどの職に就いているように見えるのです。

つまり、自分の服装や行動に意識が高い人だと思われてしまうのです。

感性やセンスが良い人だと思われる

服装は、自分の感性やセンスも表しているようです。

自分がどのように見られるかも計算しているのです。

それが仕事にも影響を及ぼすのです。

自分の信頼を高めたり、能力を認めてもらうためにも、服装も大事だと知っているからです。

粗末な汗まみれのシャツを着て、自分を信頼してくれと言っても、それは簡単にはできないでしょう。

やはり、それなりのいい服を着て、自信に満ちた態度で伝える方が効果があるはずです。

初対面でも、信じてくれそうです。

難しい相談事でも、いい服を着ていると、感性やセンスが良さそうだからお願いしてみようと思うはずです。

人を判断するには、まずは服装や身なりを注視するはずです。

暑さ、寒さなどの面でも快適に過ごすことができる

いい服というのは、機能性に優れた生地を使っているはずです。

Tシャツからジャケット、ボトムス、ブルゾンや背広など、服のジャンルに寄っても、どんな素材の生地を使うかで着心地が大きく変わるからです。

代表的な素材としては、綿(コットン)、麻(リネン)、毛(ウール)、絹(シルク)、ポリエステルやナイロン、アクリルにポリウレタン、レーヨンなど様々です。

夏場には、やはり吸湿性が良く肌触りが良い生地が好まれます。

乾きやすいことも大事です。

冬場の服には、ウールなどの暖かくて吸水性の良い素材が好まれます。

それに合わせて、合成繊維と呼ばれるものも使用されているのです。

いい服の条件には、暑さ、寒さにも対応できて、快適に過ごすことができる素材を使ったものが好まれるのです。

見かけだけでなく、機能性にも富んでいるのがいい服なのです。

目立つことができる

いい服というのは、誰が見ても「いい服だなあ」と思えるものです。

センスが良くて生地の色や光沢も優れていて、着心地も良さそうな服のことです。

自分が手を通していなくても、なんとなく感覚で分かるのです。

そんな服は、みんなの中でも目立つはずです。

しかも、その服に負けないようにしっかりと着こなしていると、その存在にみんなは気付くはずです。

嫌でも目についてしまうのです。

自然に目立つことができるのです。

社会的に地位のある人や、ましてや政治家などは目立ちたいはずです。

そんな人には、やはりいい服を身に着けて出歩きたいのです。

ここという会合には、そんないで立ちで登場したいのです。

そして、みんなの中で目立ちたいのです。

どぎつい色合いのスーツで、場違いの服装で登場してももちろん目立ちますが、これは宴会でのパフォーマンスが好きな芸能人のようで、目立つけれども深刻な話などはできないように思えてしまいます。

やはり、いい服を着て目立ちながらも信頼できるまともな服装であるべきなのです。

いい服を着る時に気を付けるべきこととは?

二十歳になるので、親がちょっと奮発していい服(スーツ)を買ってくれた。

いつもジーパンにシャツの姿で出歩いているので、ここという時に役に立つようにと親に買って貰った次第です。

もちろん成人式にも着て行けるのですが、親戚の結婚式に行く時とか、何かの正式な会合に参加する時に必要だと思ったようです。

日頃から、ラフな格好をしている姿を親も見ているのです。

遊びの時ならそれでもかまわないのですが、ここという時のためにはやはりいい服も必要とは思っていました。

そのいい服を着てみると、なんだかいつもとは違って落ち着かないような気がしました。

服に馴染んでいないということでしょうか。

これを着て出かける時に、ご近所さんに見られると、気恥ずかしい気持ちになるでしょう。

それと気になったのは、靴や髪型です。

スニーカーでは合わないし、ぼさぼさの頭ではこれも様にならないと思いました。

ともかく、外観だけでもいい服に釣り合うようにしておきたいと思ったのです。

服に着られてはいけない

昔から「馬子にも衣裳」ということわざがあります。

良い衣裳(服装)を着ていると、それなりに立派に見えるということです。

着ている本人はたいした人間で無くても、それなりに見えるということわざです。

そういう意味から、中味は無くてもまずはいい服を着ていると、立派な人間に見えてしまうようです。

だから、いい服を着るという意味があるのです。

しかし、時々高級そうな服を着ているけれども、なにか貧相な人を見かけることもあります。

服装と顔つきが合っていないというか、服に着られているように見えるのです。

いい服を着ていながら、話す時の態度や言葉が全く様になっていないのです。

何か落ち着かない態度で、目をキョロキョロと動かしながら、言葉遣いも悪いのです。

要するに、品がないのです。

食事をする時にも、くちゃくちゃと音を出しながら下品に食べるのです。

ガード下の一杯飲み屋で飲んでいる時の態度そのままなのです。

これでは、いくらいい服を着ていても、誰も寄ってこないでしょう。

中味の無い人間だと分かってしまうからです。

こんな人には近づかないようにしようと思われてしまいます。

きちんと自分の体形や雰囲気に合っているか考える

いい服でも、既製服の場合には、その人の体型に合っていない時があります。

袖が長すぎるとか、丈が長かったりウエストが合っていない時です。

いかにも大きすぎるという雰囲気です。

また、身体にはピッタリと合っているけれども、いかにも派手過ぎる色合いやらデザインの服です。

芸能人ならそれでも良いのですが、一般の人間なら着ていくところが少ないのではと思ってしまいます。

みんなの中に混じると、本当に浮いてしまっているのです。

場違いと思われてしまうのです。

このように、いい服でも、自分の体型に合っていなかったり雰囲気に合わない柄ものだったりすると、自分にはふさわしくない、つまりいい服ではないのです。

客観性が必要

いい服を着て来た時に、「格好いいね」とみんなから認めてもらえるようになれば、みんなもその服を着た人を認めていることになります。

その人が、いい服を着るということに、納得しているからです。

それなりに、その人も努力をしていると思われているのです。

信頼できる人間にふさわしいと思ったからです。

つまり、いい服を着る、人間的にも成長していると感じているのです。

次は、いずれもっといい服を着るだろうと、期待もされるようになるのです。

いい服を着ても、誰もが納得しているのです。

客観的に認めてくれているのです。

例え好きだと思っても自分に似合うとは限らない

客観的にみんなが認めてくれなくても、自分はこんな服が好きなんだと自己顕示のために購入する人もいます。

自分に似合うかどうかなどは、どうでもよいのです。

自分が気に入っていればよいのです。

他人が何と思おうとも関係ないのです。

そのような人にとっては、自分に似合うかどうかは別問題なのです。

このように、自分が好きだと思っても、その人には似合うかどうかは分からないのです。

価格やデザイナーに踊らされないこと

TVや雑誌に載っている芸能人の服装に触発されて、同じものを買ってしまうこともあります。

自分もあのようなスタイルになって、人気者になりたいという願望なのでしょう。

しかし、価格やデザイン(ブランド)に踊らされて、自分を見失ってしまわないことも重要なのです。

高いからと言って意外と良くない服も多い

ブランドによっては、高額だけで着心地も良くないし、縫製も手を抜いているものもあるようです。

高いからと言って、いい服だと鵜呑みをしないように注意すべきです。

周囲から浮いてしまわないようにする

どこかの有名モデルが着ている流行の服も、必ずしもいいとは限りません。

周囲から浮いてしまっていないか、注意しましょう。

TPOをわきまえてKYにならないこと

特別な服とは、どんな場所にでも合っているとは限りません。

TPOをわきまえた服装は、社会人の常識です。

いい服だと思っても、その場の雰囲気に合わないような、KYにならないように気を付けることです。

いつもいい服を着ていると周囲から妬まれることも

十分なお金があって、いつもいい服ばかり着ていると、みんなから妬まれることもあります。

自慢していると思われる

こんないい服を持っているんだとばかり、自慢をしているように見えるのです。

いい服を着て傲慢な場合には、反発を買ってしまいます。

自己満足と自己顕示欲はほどほどに

いい服だけではなくて、余裕があるんだという自己満足と自己顕示欲はほどほどにすべきなのです。

いい服を安くゲットできる?!

いい服を安く買えるチャンスと言えば、デパートや衣料品店のお正月の福袋でしょう。

ただし、自分の好みのものが入っているかどうかはわかりませんが。

福袋を買い求めて、さらに外国人も参戦して長蛇の列になるというニュースが伝わってきます。

言わば、取り合いになっているようです。

最近では、スマホのアプリでも「メルカリ」などのように人気のあるアプリでは、いい服も安く変えることもあるようです。

古着屋やオークションをチェック!

最近では、割り切って着るなら、オークションやフリーマーケットを活用している若者も多いようです。

オークションなら、ヤフオクやメルカリ、フリル、さらにはZOZOTOWNが運営するブランド古着のショップであるゾゾユーズドもあります。

フリーマーケットは、各地でも定期的に開催されているようで、情報を集めればすぐに分かるはずです。

同じく、アウトレットモールもとても人気なのです。

お得に買い物をする上で、外せない場所になっています。

ポイントは、アウトレットモールの商品の入荷日(木曜日から金曜日にかけて)で、それを目安に出かけると、豊富な商品が揃っているので、お目当てのいい服も安くゲットできるかもしれません。

まとめ

いい服とは、その時の自分に見合う身体にフィットした服のことです。

若いうちは、季節に応じて生地の素材を考慮した服のようです。

着心地が良く、活動しやすいものが良いでしょう。

そして、年を取るごとに地位も上がり出世していくと、それに応じたちょっと高級な服も用意するべきです。

もちろん、必然的に服に見合う小物や靴、シャツなど、身の周りのものにも気を配る必要も出てきます。

いい服を着こなすことができてくると、自分はいい服を着ても堂々としているという自信が生まれてくるのです。

仕事でも恋愛でも、魅力的に見えるはずです。

その自信がその人の魅力を生み出すのです。

すると、いい服を持つ意味が分かってくるのです。

いい服は、しっかりと管理をすればいつまでも型崩れはしないし立派なままです。

その時に、真のお金の意味が分かってくrのです。

高級なものは長続きするのです。

安いものはすぐにくたばってしまうのです。

だから、いい服をいつ間でも着こなせるというのは、その人も一生懸命に努力をしているということでもあるのです。

いい服は、いい人間を育てるのです。

だから、いい服をぜひ持つようにしてください。

今の自分にとっての「いい服」のレベルは、ちょっと頑張ってお金を貯めて購入できるような高級な服と言えるでしょう。