「正直者が馬鹿を見る」や「バカ正直」などと言われるように、正直な性格は損をするというイメージを持つ人も多いのでは?

でも本来、正直でいることは褒められるべき精神性。

「正直の頭に神宿る」と言われるように、正直でいる人にこそ、幸運が訪れるはず…。

では実際のところ、正直でいることはメリット?デメリット?どちらなのでしょうか。

そこで今回は、『正直でいることのメリット・デメリット』をまとめました。

ことわざが表すように、正直でいることにはメリットもデメリットも、両方の側面があるようです。

メリットがあるなら「正直でいたい」と思うか、デメリットがあるなら「正直でいるなんてごめんだ!」と思うのか…。

この記事を読んだ後、あなたがどんな選択をするのかは自由です!

あなたは正直者として生きていく道を選びますか?それとも…?

正直でいることのメリット5個!こんなことがあります!

正直とは、正しく素直で清らかであることや、嘘偽り、ごまかしをしない態度のことです。

本来、人は正直であるべき。

「正直の頭に神宿る」ということわざが表すように、神も正直に生きる人を見守っていて、必ずやそのご加護があるものです。

では、正直でいることで、私たちはどんなメリットが受けられるのでしょうか?ここでは、正直でいることのメリットをご紹介します。

1.信用される


正直でいることのメリット1つ目は、『信用される』ことです。

なぜなら、正直な人には“嘘”がないからです。

嘘をついたりごまかしたりすることがないから、正直者の言葉も態度も、人は100%信用することができます。

もちろんそれは、日々の積み重ねがあってこそです。

いつも正直でいたから信用の土台が出来上がっており、正直な人の言うことだからこそ人は、疑うこともなく信用できるということです。

嘘をつかないので信憑性が高い

正直でいる人は、常日頃から嘘をついたり、ごまかしたりすることがありません。

自分の立場が危ういときでも、正直にすべてを打ち明けることができます。

信用するには最低限、嘘があってはいけませんが、正直でいる人は嘘をつかないところで、まず人から信用されるのです。

また、中には嘘をつかないにしても、都合の悪いところをごまかそうとする人もいますよね。

ですが正直者には、そういったごまかしもありません。

自分の都合が悪いことでも包み隠さず全てを明らかにするので、人は正直な人を信用することができるのです。

正直でいることは、周囲にとても誠実な印象を与えます。

たとえミスをした時でも、その正直で誠実な態度が評価されます。

人はつい、自分のミスを隠そうとしたり、難を逃れるためにごまかそうとしたりしますが…嘘やごまかしはいつかバレるもの。

バレてしまえば、ミスした以上の大きな損失が待っています。

それは、信用をすべて失うということです。

信用を失ってしまえば、もう挽回のしようがありません。

そのあとにいくら言い訳をしても、反省しても…たとえミスを取り返したとしても。

失った信用はそう簡単には取り戻せないのです。

その場限りの嘘だと思っても、ちょっとしたごまかしだと思っても、正直であるかどうかは、神様が見ているものです。

嘘をつけば信用を失い、正直であれば何があろうと、人付き合いの上でもっとも大事な“信用”だけは失うことがありません。

このように、正直でいることは「人から信用される」という大きなメリットがあります。

正直でいることが仕事も、プライベートでも円滑な人付き合いを可能にしてくれます。

「良い仕事をしたい」「人と良い関係を築きたい」そう思うなら、正直でいることが得策と言えるでしょう。

2.頼られる

正直でいることのメリット2つ目は、『頼られる』ことです。

「正直は一生の宝」ということわざがあるように、正直でいれば人から信頼され、成功や幸せなど、一生の宝を手にすることもできるのです。

そもそも信頼とは、信用の上に成り立っています。

正直でいる人は、まず常日頃の誠実な行動や言動によって人からの絶大な信用がありますよね。

信頼は、これまでの実績が示す信用と、その人柄に対する期待感があって成り立つものです。

つまり、人から頼られるには、これからに期待できるだけの信用と実績が必要になるということです。

ですから、日頃から信用されていない人は、人から頼られることもありません。

頼られるのは、人からの信用を集めている正直な人となるのです。

そつなくこなす

正直でいることが信用、そして信頼へと繋がっていくのは、日頃から信用されるだけの実績を残しているからです。

正直な人は、いつも物事をそつなくこなしているので、その実績が買われるとともに、「この人になら任せても大丈夫だろう」という安心感を抱かせ、人から頼られるようになるのです。

正直な人が物事をそつなくこなすことができるのは、やはり正直でいるからです。

正直な人は正しく、素直に物事に向き合うので、大きなミスをしたり、間違ったりすることがありません。

何事にも正直であるからこそ、そつなく正確な仕事をすることができるのです。

逆に正直者ではない人は、わからないところで「これくらいはいいだろう」と手を抜いたり、最短で成果をあげようとズルを働いたりします。

それが時に大きな成果に繋がることもありますが、失敗すれば大きなミス・損失を出すなどのリスクをはらんでいます。

このように、どちらに転ぶかで大きく運命が変わってしまうような不安定な人を、頼りたいと思うでしょうか?

信頼できるとしたら、やはり安定してそつなく仕事をこなしてくれる正直な人となるはずです。

頼まれたものでも引き受けるものはちゃんとする

正直な人は、物事に対しても自分に対しても、常に正直です。

ですから、頼まれたものでも引き受けた以上、きちんとこなします。

自分がやると言った以上は責任をもってやり遂げる。

その言葉に嘘がないところも、正直者が頼られる理由になっています。

多くの人は、頼まれごとを引き受けるときに損得を考えますよね。

引き受けることが、自分にとってメリットになるかどうかを考えて引き受けます。

その時の判断に、その物事ができるかできないかは関係なく、引き受けたほうが得かどうかを考えるのです。

ですから、たとえば上司からの頼まれごとなら、自分の評価のためにも二つ返事で引き受けます。

ですが、実際にその頼まれごとがこなせるかどうかは別問題です。

できなければ、誰かほかの人に任せたり、快く返事はしたものの、結局できなかったりして信用を失うこともあるのです。

正直な人は、頼まれるときに損得ではなく、自分にできるかできないかを考えます。

自分にできると思えば引き受けてしっかりやり遂げるし、できないことだと思えば断るか、その旨を伝えたうえでやれるだけやる。

常に正直に現状を伝えるので、相手も仕事を任せやすいですよね。

誰かが誰かに頼るというのは、その人への期待があるからです。

その期待を裏切るのが調子の良い返事をする人で、正直な人は大きな期待をさせることが無くても、期待を裏切ることだけは絶対にしません。

だから正直でいる人は、人から頼られる存在になれるのです。

3.友人が多い

正直でいることのメリット3つ目は、『友人が多い』ことです。

正直な人と嘘をつく人、両者で友達になりたいとしたら…もちろん正直な人ですよね。

あなたの気持ちが示すように、正直でいると友人が多くなるのもメリットです。

たとえ嘘をつく人と友達になりたいと思う人がいたとしても、それは何かしらメリットがあるからでしょう。

そのメリットとは、「都合よく使えるかどうか」の一点だと思います。

結局、損得関係なく、真実の友達になれるのは正直な人でしかありません。

そのため、正直な人は心から信用し合える多くの友人に囲まれ、幸せな人生を歩むことができるのです。

正直なほど友人も多い

正直な人ほど友人が多いのは、やはり信用と信頼があるからです。

誰もが、友達のことは心から信用し、何かあったら頼れる人であって欲しいと思うものですよね。

お互いに信用し、頼れるところがあって初めて、安心して付き合うことができるのではないでしょうか。

正直な人はその人柄から、多くの人に信用されるし、何かあったら助けてくれるという信頼感もあります。

だから正直な人ほど友人が多くなるのです。

逆に嘘をつく人は信憑性が無いので友人が少なくなる

もし、嘘をつく人が友達だったらどうでしょうか。

嘘をつくことが分かっていれば、悩みを打ち明けたりはしないはずです。

悩みを打ち明けたところで、親身になって相談に乗ってくれるとは思えないからです。

また、信用がないから内緒話なんてとてもじゃないけどできません。

「内緒にしてね」と約束しても、嘘をつく人は平気でその場限りの返事をするので、内緒話をバラされる可能性が高いからです。

嘘をつく人とは、たとえ一緒に遊んだりする関係だったとしても、多くの人が「悩みだけは相談しない」など、制限付きの友達付き合いをします。

つまり、嘘をつくような人とは上辺だけの付き合いにしかならないということです。

本来友人は、楽しいことも苦しいことも一緒に共有し、分かち合って関係を深めていくものです。

都合の良い部分だけで付き合っているのなら、それは友達のようでいて友達ではありません。

どちらかに不利益が生じるようなときには、あっという間にいなくなる。

それが信頼関係のない友達というものです。

これって、とても寂しいことだと思いませんか?

正直な人は、いつも正直だから信頼され、多くの友人に囲まれています。

何かあれば助けるし、助けてもらえる安心感の中で過ごせる日々は、とても充実したものになるはずです。

正直でいれば、“親友”という多くの宝に恵まれる人生を手に入れられるのです。

4.良いことが起こる


正直でいることのメリット4つ目は、『良いことが起こる』ことです。

これまでにもご紹介してきたように、正直でいれば人から信用され、頼られ、多くの友人に囲まれた幸せな人生を送ることができます。

これは、まさに「正直の頭に神宿る」のことわざ通り、神様からのギフトです。

正直でいること。

ただそれだけで、人生は神に守られているかのように、必ず良いことが起こるのです。

正直でいることで幸せを引き込む

正しく、素直で、清らかでいることは、人としての素晴らしい精神性ですよね。

「良いことをしていれば良い運が引き寄せられる」というのは世の真理。

正直で居れば、引き寄せられるように幸せが舞い込んできます。

「引き寄せの法則」をご存知ですか?

“自分に起きることは、自分の思考や行動からしか起こらない”という真理を応用したもので、良い思考・行動をして成功や幸運を引き寄せようという成功論です。

世の真理とは単純なもので、良い思考・行動をしていれば良いことが、悪い思考・行動をしていれば悪いことが起こります。

「正直の頭に神宿る」ということわざも、良いことをしていれば良いことが起こることを示しています。

仏教においても、「因果応報」という言葉があります。

“この世におけるすべての出来事は、自らが行った行動が原因で生じた結果である”という、原因に応じた結果が起こることを指し示した言葉です。

良い行いをすれば報われ、悪い行いをすれば裁かれる。

この法則は、必然であり、普遍的なものです。

良い精神性である「正直でいること」を心がければ、その報いとして幸せを引き込むことができるのも、ある意味必然です。

逆に嘘をつくことは、その場は乗り切れても後から必ず悪い報いを受けることになります。

ですから、幸せになりたいなら、正直でいることが人として正しい道。

正直でいることで幸せを引き込むことができるのは、正直の最大のメリットと言えるのではないでしょうか。

5.本音をすぐに言える

正直でいることのメリット5つ目は、『本音をすぐに言える』ことです。

正直な人は自分の気持ちにも正直です。

損得勘定が働くことがないので、思ったことを素直に口にします。

そんな正直な人を見て、うらやましく思う人もいるのでは?

人に気を遣いすぎて本音を言えず、ストレスをためてしまう人は多いですよね。

人付き合いのためにとお世辞を言ったり、心にもなくても相手を褒めたり、そうやって当たり障りのない対応をすることも時には必要かもしれません。

でも、その偽りの自分に苦しむこともあると思います。

本音を言わないほうがメリットに感じても、実は偽り続けることって相当なストレスになるのです。

正直な人は、良いことも悪いことも、好きなことも嫌いなことも、自分の思ったことをすぐに言葉にするからストレスをためることがありません。

ストレスをためない代わりに損をすることもありますが、正直なので心はいつもスッキリしています。

嫌と思うものは嫌と言う

嘘でも相手を褒めたりするなどのお世辞が、人付き合いをスムーズにする側面も確かにあります。

でも、そうやって相手に気を遣ってばかりいると、一生良い顔を向け続けなければならなくなります。

そのため、嫌なことも断れず、嫌々ながら引き受けてしまうこともあるでしょう。

そうなってしまえば、結局のところ得ではなく損をしたことになってしまいますよね。

正直な人は、心にもないお世辞を言うことはありません。

いつも本音で向き合うので、嫌なものはハッキリ嫌と言います。

嫌と言えない人にとっては、「嫌」と言うことは相当勇気がいる言葉かもしれませんが、正直な人は嘘をつくよりも、自分の気持ちに正直であることを選びます。

その結果、相手に嫌な顔をされたとしても、本音だから相手の反応も受け入れるのです。

むしろ、相手のYESマンになることで上辺だけの人間関係を築くくらいなら、本音を言ってクリアな関係で居られる人と親しくなりたいと考えている。

それが正直な人なのです。

ストレスが溜まらない

本音を言うことで人に嫌われることがあったとしても、正直でいればストレスも溜まりません。

正直な人にとっては、自分の気持ちに正直でいることが何より大事で、嘘をついて良い顔をするほうがストレスになってしまいます。

つまり正直な人は、人の顔色よりも自分の気持ちに無理があるほうがストレスになるということです。

多くの人は人間関係でストレスを抱えると思います。

そのために気を遣ったり、お世辞を言ったりして無難な人間関係を築こうとします。

でも結局は、気を遣うことでストレスを抱えていることに、気づいていない人は多いのではないでしょうか。

ストレスの原因は、何より自分の気持ちへの嘘に潜んでいるのです。

それならば、正直に本音を言ったほうがよほどマシなはず。

正直であればひとりに嫌われることはあっても、それ以上に多くの人から信頼されます。

正直でいることの3個のデメリット!これには要注意!

さて、正直でいることには5つのメリットがありました。

正直者には神のご加護もあり、正直でいれば幸運を引き寄せることもできるので、やはり「正直者でいるべきだ」と思った人も多いのではないでしょうか。

しかし、正直でいることにはデメリットも少なからずあります。

正直でいることの素晴らしさを説いたことわざや名言は数多く存在しますが、実は同じくらい、正直者が損をするという意味のことわざもあります。

たとえば、「正直者が馬鹿を見る」とは、誰もが一度は聞いた言葉なのではないでしょうか。

そのほかにも「偽りの頭に宿る神あり」や「正直は阿呆の異名」など、正直者を揶揄することわざがあるのも事実です。

正直でいることは人として正しい精神のはずなのに、なぜ正直者が馬鹿を見ることになるのでしょうか。

ここからは、正直でいることのデメリットをご紹介します。

1.無意識に人を傷つけてしまう

正直でいることのデメリット1つ目は、『無意識に人を傷つけてしまう』ことです。

正直でいることのメリットとして、「本音をすぐに言える」ことをご紹介しましたが、本音を言うということは、少なからずリスクもあります。

それが相手にとって良いこと、嬉しいことなら問題はありませんが、嫌なことだった場合は相手を傷つけてしまう恐れがあるのです。

たとえ本音であろうと、誰だって嫌なことを言われれば傷つきますよね。

しかも本音だからと堂々と言われれば…腹立たしく思う人もいるでしょう。

その結果、正直な人を避ける人もでてきます。

正直でいることで無意識に人を傷つけ、嫌われてしまうことは大きなデメリットとなるのです。

言ってはいけないこともある

正直でいることは素晴らしく、悪いことではありません。

でも、人を傷つけて良いのかと言えば、それは良いとは言えませんよね。

人には言ってはいけないこともあるもので、本音だからと何でも正直に言ってしまうのは、思いやりに欠けています。

正直な人が「馬鹿正直」と言われるのは、相手の気持ちや状況を考えず、ただただ馬鹿みたいに、自分の気持ちだけに正直になってしまうところがあるからです。

正直な人にとって、本音で人と向き合うことは、とても大切にしていることだと思います。

でも、そこに相手への思いやりがなければ、ただ相手を傷つけるだけの言葉になってしまいますよね。

嘘偽りでお世辞を言う必要はありませんが、正直に本音を言って相手を傷つける必要もありません。

それは単に、自分がスッキリするだけの自己満足でしかないのです。

ですから、正直な人は「言ってはいけないこともある」ことを理解しておく必要があります。

それは、相手を思いやる気持ちがあれば分かるはず。

無駄に相手を傷つけず、正直でいる方法は、「言ってはいけないことを言わないようにする」ただそれだけです。

正直な人は、正直すぎるがゆえに無意識に人を傷つけてしまうことがありますが、思いやりの意識さえ持てば回避できるデメリットと言えます。

2.損をすることもある

正直でいることのデメリット2つ目は、『損をすることもある』ことです。

「正直者が馬鹿をみる」という言葉があるように、正直でいることで損をすることもあります。

正直者というと、みなさんはきっと…「真面目でいい人」をイメージするはずです。

そんな馬鹿正直で真面目でいい人って、やっぱり損をしているイメージがありませんか?

得をするのはずる賢い人で、正直で真面目な人ほど損をしているシーンも多々あります。

そう、ずるい人は“賢い”と評価され、正直者は“馬鹿”と悪評されるのです。

そして、そんなずる賢い人に騙されてしまうのは、やっぱり正直者だったりします。

ずる賢い人に騙される

ずる賢い人は、常に損得勘定で行動をしています。

正直な人が自分の気持ちに正直であることを優先するのとは、正反対ともいえる価値観ですよね。

損得で物事を考える人にとって、同じように損得勘定が働く人は、利用するのが難しい人です。

利用しやすいのは、感情で動く正直者。

損得を考えないので、気持ちさえつかめば思うように動いてくれるのが、ずる賢い人にとっての正直者なのです。

ですから、ずる賢い人に正直者が騙されるという、あってはならない図式が生まれてしまうのです。

このように、正直でいることで人に利用されるなど、損することも多いのが正直な人。

実際に、損をして悔しい思いをしたり、騙されて悲しい思いをしたりする人は多いはずです。

でも、たとえ損をしたとしても、自分に正直でいたいのが正直な人でもあります。

その場では嫌な思いをすることがあっても、結局は自分の気持ちを貫いたことに納得できるのではないでしょうか。

実は筆者も、どちらかと言えば正直で馬鹿を見るタイプです。

損したなと思うことや、ずる賢い人ばかりが評価されて分かってもらえず、悔しい思いをしたことも多々あります。

でも、ずる賢くなりたいかと言えば、不思議なことにまったくそうなりたいとは思わないのです。

だって、ずる賢い人は下品だなって思うから。

しかも、ずる賢くて嫌われるのって、最悪だって思うのです。

時に損をすることがあっても、評価してもらえないことがあっても、正直者は、正直でいることが何よりも自分を大切にしている状態です。

正直でいることで、自分が自分を評価しているので、それが一番楽なのです。

正直者は確かに損をすることもあり、それはデメリットと言えますが…馬鹿正直なら、それをデメリットとも思いません!

損得勘定で動くずる賢い人になるか、馬鹿正直でも気持ちに正直でいるか、結局選ぶのは自分。

自分の気持ちに嘘がなければ、損をすることも大したデメリットではありません。

3.正直すぎて相談されない

正直でいることのデメリット3つ目は、『正直すぎて相談されない』ことです。

正直でいる人は、何か相談を受けた時にも、ハッキリした物言いをします。

たとえそれが相手にとってキツイことでも、相手のためになると思えば事実をありのままに、正直に伝えます。

しかしその結果、だんだん「相談されなくなっていく」のが正直な人です。

正直な人は信用されるし信頼に厚いのですが…なぜ相談されなくなっていくのでしょうか。

それは、相談者は相談する相手を選ぶからです。

多くの人は、相談するとき、自分が欲しい答えを言ってくれそうな人を選びます。

相談するときにアドバイスを求めている人は少なく、ただ話を聞いて共感して欲しいだけです。

そのため、自分にとってキツイ言葉を返してくる可能性がある人を避ける傾向があります。

そのキツイ言葉を言う可能性があるのが、正直な人。

正直な人は、良いことも言ってくれますが、悪いこともズバッと言います。

それが間違っていないことが多いので何も言えなくなりますが、本当は共感を求めているのでキツイ言葉はごめんです。

だから、正直な人には相談を避けてしまうのです。

はっきり言われるのを嫌う人も多い

相談者にとって必要な言葉だとしても、ありのままの事実だとしても、それをハッキリ言われるのを嫌う人は多いです。

正直な人がその人のためを思っていても、相手に受け入れる心の余裕がなければ、ただキツイだけなのです。

馬鹿正直タイプの筆者も、実際に相談されることは少ないです。

それは、キツイ事実もハッキリ言ってしまうからだと自覚しています。

ただ、時にはハッキリ言われることを求めている人もいるし、優しさから嘘を言うと「気を遣って嘘を言っている」ことに不満を持つ人もいます。

正直な人は相談されないことが多いかもしれませんが、そんな正直な人を必要とする人もいます。

多くの人の相談に乗ることは素晴らしいけど、その人の役に立たなければなんの意味も無いと考えるのが正直な人です。

必要とされる時には相談されるので、その時に真摯に相談に乗って上げられれば問題ないのでは?

たくさん人の相談に乗りたい人にとっては正直でいることがデメリットに感じられるかもしれませんが、そうでなければあまり気にする必要のないデメリットです。

正直でいることは良いこともあれば悪いこともある?

正直でいることには、メリットとデメリット、両方の側面があることがわかりましたね。

でも、物事には必ず良い部分と悪い部分があるもので、悪い側面も考え方次第なのではないでしょうか。

そもそも、いかにずる賢く得をするかを考えるのが人間です。

正直でいたいと思っても、それは簡単なことではありません。

わずかな損得勘定があれば正直を貫くことはできないので、デメリットを考える前に、正直でいることの難しさを考えたほうがいいかもしれません。

正直でいることは難しい

正直でいたいと思っても、つい嘘をついてしまうのが人間です。

どこかで自分を守ろうという意識が働くし、損得勘定をゼロにして行動できる人は多くはありません。

正直でいることは、実はとても難しいことなのです。

正直者気質がある筆者でも、正直を貫くのが難しいシーンは多々あります。

それでも正直でいたいときは「正直でありたい」と自分に言い聞かせ、正直な姿勢を必死で貫きます。

つまり、少しでも気を抜けは嘘をつきたくなるということです。

嘘をつきたくなるのは、もちろんそのほうが楽だからです。

その場限りでも、嘘をついてごまかしたいという欲に負けそうなときはたくさんあり、正直になるか、嘘をつくか…いつも自分との戦いです。

中にはいつでも正直にいられる人もいるとは思いますが、正直でいることが難しい人のほうが多いはずです。

その証拠に、誰だって一度は嘘をついたことがあるはず。

嘘をついてもその場限りでバレないことだってあるし、正直にいることで余計に場を混乱させることもあるからです。

でもそれは結局、損得勘定が働いたということです。

正直でいることは、それだけ難しいことなのです。

正直でいることは悪いことではない!

いかがでしたか?

今回は『正直でいることのメリット・デメリット』をご紹介しました。

正直でいることは、確かに損することもあるかもしれません。

でも、正直で居ることは悪いことではありません!

あとは、自分がどうありたいか。

その一点です。

損をすることがあっても人に信頼される正直者として生きるのか、損だけは絶対にしたくないからリスクはあってもずる賢く生きるのか。

あなたはどちらの人生を選びますか?