あなたの周りには、ぼーっとしている人っていませんか?

ぼーっとしている人って何を考えているのかわからないし、それに一緒に仕事などをしていたりすると「本当にやる気があるのか?」と相手を疑ってしまいますよね。

そうはいっても、ぼーっとしている人の“ぼーっとする行為”ってなかなか治らないもの。

もしかしたら、あなた自身が自らを「いつもぼーっとしているな」なんて感じていたり、誰かからぼーっとしていると指摘されたことでどんなことなのかと疑問に感じているかもしれません。

この記事では、身近にはどこにでも存在している“ぼーとしている人”について徹底解剖していきます!

ぼーっとしている人ってどんな心理でそんな風にいつもぼーっとしているの?ぼーっとしている人ってどんな特徴があるの?…などなど、ぼーっとしていられない人にはわからない“ボーっとしている人”について詳しく見ていきましょう!

ぼーっとしている人の心理とは?

あなたは、これまでの生活の中で“ぼーっとしたい”と感じたことはありますか?ぼーっとしている人というのは、どこにでもいるものです。

この記事を読んでくださっているあなた自身がぼーっとしている人なのかもしれないですし、あなたの仲の良い友人さんがいつもボーっとしている人なのかもしれないですね。

ぼーっとしている人であれば、「ボーっとしているときの感情や心理」というのを理解できるものですが、そのように立ち止まってはいられない!ぼーっとすることなんてできない!という人にとっては、その心理を理解するのは難しいものです。

ということで、ここではまずぼーっとしている人たちはいったいどんなことを考えて、結果的にぼーっとする行動をしてしまっているのかを見ていきましょう。

することがない

毎日毎日忙しい日々を過ごしていたとしても、たまに休みを得ることはできますよね。

そんなとき、やることがあればその目的に沿って行動することができます。

しかし、まったく予定もないし、やりたいことも浮かばないなんていうときには、脳の動きが停止します。

要するに、ぼーっとしている人たちというのは“することがない”“やることがない”ためにぼーっとしてしまっているんです。

そのため、いつもはぼーっとしている人であっても、ここぞというときにはテキパキ動くので「やればできるじゃん!」なんて周りから見直されることも。

周りの人は、ぼーっとしている人に対して「いつでもボーっとしている人」というレッテルを貼っているのでそのように感じてしまいがちですが、ぼーっとしている人本人はそのときに限ってぼーっとしてしまっていただけという感覚なので、周りから褒められることにあまり良いと感じないことも多いようです。

探せば見つかる“やりたいこと”“すべきこと”ですが、それをしても何もないのであれば、何もしなくてよいのですからぼーっと日々の疲れをいやしたくなりますよね。

特にすることがない


あなたは休日だからといって、仕事の後だからといって毎日のように何か予定を入れているでしょうか?

友達との旅行、自分の趣味を極めるための教室、大好きなアーティストのライブ…などなど、スケジュール帳がいっぱいになるまでに予定を入れ込んでいる人もいるでしょう。

そのように充実した日々を過ごしている人もいれば、この世の中には何もすることがないので家でまったりするしかないという人もいます。

家であっても掃除をしたり、家事をしたり、人によっては家族サービスをしなくてはいけませんが、それまでもやらなくていいのですからぼーっとしてしまうんですよね。

人って「やる気があるから動ける」と勘違いしている人が多いのですが、「動くための目的があるからこそ」動くことができるし、そのための動機を高めることができるものなんです。

要するに、ぼーっとしている人をたいして動く必要がある予定もないし、優先すべき順番が高いものもないのでぼーっとするしかありません。

何をすればいいか分からない

予定がないというわけでもない。

やるべきことはたくさんある。

それでもいつもぼーっとしている人ってあなたの周りにはいませんか?そのような人を見てイライラしてしまう人もいるはず。

なぜならば「そんなぼーっとしているのであれば、すぐにでも行動すればいいのに」と感じてしまうからなんですよね。

特になんでもすぐにこなしてしまう人にとっては、いつでもどこでもボーっとしている人を見るだけでもイライラしてしまうのではないでしょうか。

実は、そのようにやることがあってもボーっとしている人は「好んで」ぼーっとしているわけではありません。

何をすればいいのかわからないんです。

やるべきことはわかっています。

何をしなくちゃいけないのかもわかっています。

それでも、どれから手を付けるべきなのか?こちらに手を付けたとして、もうひとつのほうが遅れをとってしまったらどうしよう?…そんな気持ちからすべてに手を出すことができず、結果的に中途半端な結果を招いてしまっているんですね。

自分のすべきことを理解していない

すべきことが分かっていてボーっとしている人もこの世の中にはたくさんいます。

しかし、なかにはやるべきことがたくさんあるにもかかわらず、「自分にはどれだけのものが課せられているのか」ということを理解できていない人がいます。

人生を少し甘く見てしまっているんですね。

そのため、どんどんやるべきことが増えてしまっているにもかかわらず、そのことさえも気づくことができません。

人は本当にすべきことが分かっていれば、それを終着点や目標・目的に設定することができます。

そして、その目標に向かうことでその課題をクリアすることができるんです。

ぼーっとしているひまなんてなくなってくるわけです。

しかし、自分のすべきことをひとつも理解できていない人というのは、目標を立てることもできません。

自分自身のおかれている立場をも理解できていないことが多いからなんですよね。

自分の世界に入っている

すべきこともやっている、その上でボーっとしている人もこの世の中には存在します。

そのような人たちは、自分の世界に入っているんです。

あなたの周りには、会話をしていてもどこか上の空になっている人っていませんか?それって、ぼーっとしているだけではなく、自分だけの世界に入り込んでいるんですよね。

現実逃避をしているという可能性もありますが、自分の世界に入るこむことができるくらいに生活が安定しているということになります。

ちょっと不思議ちゃんな性格の人に多い“ぼーっとする”仕方ですね。

自分だけの時間を過ごしている

あなたは疲れたときに一人で過ごしたいと思ったことはありませんか?まさにそんなときに、コーヒーを一杯飲みながらぼけーっとした経験は誰にでもあることでしょう。

まさにそのような状態になっているのが“ボーっとしている人”なんです。

誰にも邪魔されることのない、誰とも共有することのない一人のぼーっとする時間を楽しんでいるんですね。

自分だけの時間を楽しんでいるので、ぼーっとしている人に話をかけてもあいまいな返事しかしなかったり、まったくとりあってくれないことも。

そんなときに怒っても何も問題の解決にはなりません。

なぜならば、それほどまでに相手は自分の世界に入り込んでしまっているからなんです。

人によっては、ぼーっとしながら自分の世界で楽しい妄想を働かせているなんていうこともよくあることですよ!

考え事をしている

誰しも考え事をすることってありますよね。

あなただって、今でも何か考え事をしていたのではありませんか?友達や恋人などの人間関係の事、家族のこと、お金のこと、将来のこと、仕事のこと…などなど悩みというのは人それぞれ全く違うものですが、誰しもが悩んでもおかしくないことがこの世の中にはあふれています。

なかには、考え事をしながらその考えていることを声に出す人も少なくはありませんね。

そのほうが自分が何に悩んでいるのか、そしてこれからどうしたらいいのかが整理がつきやすいのでしょう。

ほかには紙に書き出して問題を解決しようとしている人もいます。

しかし、考え事をじっと”自分の頭の中で“する人も少なくはないものです。

頭の中で集中している

頭の中で集中して考え事をしているからこそ、声には出しませんし、表情にも出しません。

本人はあれこれと考えをめぐらせているのですが、表には出さないんですよね。

それに集中しているので体が動くこともありません。

その結果、周りからはボーっとしているように見られるのです。

さぼっていたり、休憩したりしているだけではなく、このように頭の中でなにかを集中して考えているときにもぼーっとしてしまうってことなんですね。

だれしも人生の中で一度は、ぼーっとした経験があるかと思います。

あなたは、どのようなパターンでぼーっとしたことがあるでしょうか?ちなみに筆者は考え事をするたびにボーっとしているように見られてしまいます。

そこで叱られたりもしたのですが、言い訳をしてもなんともいえないのが“ぼーっとしている見た目”なんですよね。

ぼーっとしている人の10個の特徴


これまでにどうしてボーっとしている人がぼーっとしているのか、その心理面についてお伝えしましたね!あなたがもしもいつもボーっとしている人であれば、「あるある」と納得されたことでしょう。

あまりぼーっとすることのない人にとっては、「こんなことを考えてぼーっとしているのか!」と驚かれたこともあるかもしれませんね。

しかし、そうはいってもぼーっとしている人に対してあまり良いイメージを持っている人って少ないもの。

ぼーっとしている本人にとっては、そこまで悪いことをしているイメージもないし、感覚もないのでなんともいえないはずです。

「どこが悪いの…?」と。

すべての人がボーっとしている人に対して、悪いイメージを抱いているわけではありませんが、それでもなお“周りの人からどのようにみられているのか”ということを知っておいたほうが良いのかもしれませんね。

ということで、ここではボーっとしている人へ多くの人が感じている特徴をご紹介します!

1.集中力がない

ボーっとしている人は、何かをしている最中でもふとした瞬間にぼーっとし始めてしまうものです。

そのような姿は、周りから見るとまるで集中力がないような人そのものです。

あなたはどうでしょうか?物事を始めたすぐにスマホが気になっていませんか、何か集中して取り組まなければならないことがあるのにほかのことで頭の中がいっぱいになってしまったりしていませんか?まさにそのような状況こそ、集中力がない状態なんです。

集中力がないということは、周りに迷惑をかけるだけではなく、ぼーっとしている本人でも作業能率が悪くなるなどの悪い傾向になってしまうものです。

集中が切れるのが早い

どうにかしてでも集中して物事に取り組んでやろう!と考えている人もいるでしょう。

しかし、ぼーっとするのがクセになってしまっていると、絶対に集中して取り組まなければならないことであっても、そのことを遂行している間に集中力が切れてしまいます。

そして、知らぬ間にぼーっとしていて手が止まってしまっているなんていうことも…。

集中力が切れるのは悪いことではないのですが、それは時間がたってからのこと。

作業を開始して集中力が切れてしまうのって、集中することができていないのかもしれないですね。

2.話を聞いていない

ボーっとしている人って相手の話をよく聞いているように見えるものです。

相手の目をみて、適当なところで相槌をうってくれるからなんですよね。

しかし、ぼーっとしている人は、ぼーっとしているときには自分の世界に入り込んでしまっているので話を聞いていません。

最初のうちは話を聞いていたとしても、根っから集中力が切れやすい性格をしていることが多いので相手の話に集中することもできないのです。

そのため、相手から「これってどう思う?」などと聞き返されたり、話したことについて意見を求められたりすると答えることができません。

話しているほうもちゃんと聞いてくれている!と思っていたのに、どこかガッカリしてしまう相手でもあります。

聞いているようで聞いていない

ボーっとしている人は、“物聞きの良い人”であるように見られがちです。

話を聞き返したり、意見を求めたりしない限りには「自分の話を聞いてくれたのだ」と話し手を満足させることができます。

しかし、聞いているようで本当は聞いていないので、それがわかってしまうとすぐにでも信頼を失うことになります…。

ぼーっとしている人は、話を聞かないようにしているわけではありません。

話は聞いています。

その途中で急に自分の世界にふっと入り込んでしまうんですね。

これはもはやクセになっていることが多いので、強く意識しないと治らないところがあるでしょう。

3.うわのそらが多い

ボーっとしている人って一緒に行動しているし、何かを成し遂げようとしているのになんだか「ここにいないような雰囲気」を出していることが多いです。

それは自分自身の世界に入り込んでしまっていたり、いつでもどこでも考え事をしてしまっているので現実世界の“今していること”に集中したり、身を入れることができないからなんです。

要するにボーっとしている人というのは“うわのそら”になっていることが多いです。

うわのそらというと、とてもうれしいことが起きたり、逆にショックすぎる出来事が起きるときになってしまうもの。

そのような状況の人も、“ぼーっとしている”と周りの人から思われている節が高いです。

心ここにあらず

身体はここにあるのに、心はここにない。

まさにそのような状態になっているので、一緒にいる人は相手がここにいないような気もするし、自分との時間をなおざりにしているように感じてしまうんですね。

何か問題を抱えている人、良いことがあった人などが“うわのそら”でボーっとしていることが多いので「どうしてちゃんとしないの!」なんて叱ったとしても逆効果になることも多々あります。

相手がどうしてぼーっとしているのか、その理由を見分けたほうが相手がなぜぼーっとしているのかを理解しやすいかもしれないですね。

4.ミスが多い

ぼーっとしているし、そのために集中力が切れやすい性質を持っていることをさきほどお伝えしました。

そのことに関連するのですが、ぼーっとしている人は特にミスが多いです。

ミスが多すぎます。

ぼーっとしている本人も「どうして自分はいつもこんなミスばっかりするんだろう」なんて思っていることも。

そのような考えから「自分はだめな人間だ。

生きていけない」なんて自暴自棄になり、自分の世界に入り込むさらなるきっかけを作り、悪循環になっていることも。

ミスが多いのは集中力はないからということも、本人は気づいていないことが多いです。

うっかりしたミスが多い

大きなミスをすることは少ないものの、うっかりとしたミスだとか不注意が多いのが彼らの特徴になります。

例えば、カギを閉め忘れたとかお湯を止めるのを忘れた、ニンジンを買い忘れた…などなど。

直接的には大きなトラブルにはならないものの、うっかりとしたミスが多いので周りの人からは信用を失いやすいということもいうことができます。

あなたの周りには、なにかにつけて絶対にミスをする人っていませんか?どうしてこんな簡単なこともできないんだろう?こんなことでミスをするのは少しおかしいのではないか?と感じる人はいませんか。

よく思い出してみてください。

その人はきっと日常的にぼーっとしていることが多い人のはずですよ。

5.発想力が豊か

ぼーっとしている人ってミスはするし、集中力が切れやすいし、あまり良いところがないイメージを持っている方のほうが多いものです。

しかし、なかには「よいイメージ」を持っている人もいるんですよ!ずばり、それは“発想力が豊か”だという特徴。

どうして発想力が豊かだと言い切ることができるのでしょうか?その理由は、“自分の世界に入りやすい”ということになります。

この世界で活躍している有名なアーティストだとか芸術家は、自分の世界に入り、そしてインスピレーションを感じてそれぞれの作品を完成させています。

感受性が豊かだからこそ、発想力が豊かになるということも言うことができます。

ほかの誰もが感じることのできないことを感じ、そこから誰も思いつかないことを発想します。

たまに“奇人変人”なんて言われることも多いのですが、本人はあまり気にしていないことが多いです。

商品開発の仕事などに携わると、本領を発揮しますね!

人とは違う視点で見ている

誰もが同じ視点で見ていることであっても、ぼーっとしている人はほかの人とは“違う目”でその問題を見ていることが多いです。

そのため、ほかの人では感じることができないことを感じたり、発見することができます。

そのような人はさきほども申し上げましたように、最初のうちは「おかしい人」と後ろ指をさされやすいです。

しかし、そのような状況でもめげずにそれに従事したり、研究をしていくことで新しい発見をします。

あなたの周りにはいないでしょうか?いつもはぼーっとしていて何を考えているのかわからないけれども、何かを発言するかと思いきやみんなが「そんな考え方があったんだ!」とビックリしてしまうことを言い出す人。

邪見にされがちはボーっとしている人だからこそ、この世の中には必要な特徴を持つ人たちなのかもしれないですね。

6.何を考えているか分からない

ひとつ前の項目で少し触れましたが、ぼーっとしている人って何を考えているのかわかりません。

会話をしたくれたり、何かをしたいなどと話してくれたらいいのですがそれもしてくれないんですよね。

その結果、「よくわからない人」というレッテルを貼られてしまうことも。

何を考えているのか聞くわけにもいかないし、かといって相手の表情から何かを読み取ろうとしても相手の表情には何も現れていないのでどうすることもできないのです。

つまり、ぼーっとしている人というのは表情を作っているわけではなく、どこか無表情になっているので“怖い”と感じる人もいます。

本人の意図や意思がよく分からない

人ってうれしい時にはうれしい表情をしたり、悲しい時にはそれなりの表情をするものです。

しかし、ぼーっとしている人は9割の割合で無表情でぼーっとしているので周りの人がその人の気持ちを読み取ろうとしても、それをすることができません。

相手の気持ちを読み取ることができないのですから、ぼーっとしている本人が何を考えているのか何をしようとしているのかわからないなんていうことも。

7.妄想しやすい

これはこれまでにどこかで触れてきましたね。

ぼーっとしている人は、常に自分の世界に入りやすいクセを持ってます。

しかし、こんな疑問を感じるのではありませんか?自分の世界に入り込むことで、何をするのか?と。

それは今まさに悩んでいることについての考え事をする人もいますし、これから何をしようかとワクワクしている人もいます。

それだけではなく、“妄想”にふけっている人も多くいるんです。

空想とは違って、ちょっとこの世界ではありえないようなことを想像しては楽しんでいる状態ですね。

その妄想の世界に入り込み、この現実からは心がいなくなっているので“心ここにあらず”のように見えてしまうわけなんです。

頭の中で妄想にふけることがある

あなたは、「こんな風になったらいいな」とか「こんな風になったらいやだなぁ」なんていうことを映像化し、脳内でその映像を流したことはあるでしょうか?おそらく多くの方がそのような経験をしたことがあるはずです。

大好きなあのアーティストで恋人同士になっていたらな!とか、大好きなあの人とデートができたらここに行って、こんなことをして~!なんて考えたりするものですよね。

それって妄想なんですよね。

ぼーっとしている人は、自然とそのような妄想の世界に入り込んでしまいやすい傾向があります。

無表情でずっといたかと思いきや、急にニヤニヤし始めるときはその妄想ストーリーでよい展開があったということになります。

妄想って悪いことのように思えますが、想像力を養うためにもこれから目標とする場所を設定するには効果的だというメリットもあるので、あなたも少しは妄想してみるといいかもしれないですね。

8.同時にできない

あなたは、二つ以上の物事を同時にこなすことはできますか?人には、器用な人とそうではない人、力量のある人とそうではない人というのが存在しますね。

ずばり、ぼーっとする人というのは、器用ではないことが多いですし、力量がないことのほうが多いものです。

その結果、同時に何かをこなすことはほぼできません。

どうにかしてでも、二つ以上の物事をこなそうとしてみても、どこかで集中力が切れているのでミスをしてしまいます。

本人もそんなことになることはわかっているので、同時にこなすことができませんし、一度そのような結果を経験してしまうとそのようにしようとさえも思うことができません。

ひとつのことに集中しがち

器用さなどがないことも理由にあげることができますが、ぼーっとしている人というのはひとつのことに集中しやすい性格をしています。

そのため、二つ以上の物事を同時にこなすことができないんですね。

コレといったらコレ!な性格なんです。

料理で例えますと、味噌汁を作りながら炒め物を作ることができないので、まずは味噌汁を完成させてから次の課題である炒め物を作ろうとします。

要領が悪いように見られてしまうのですが、ひとつのことであれば集中することができるので、ひじょうによいものを作り出すことができます。

良いことと悪いことって紙一重なんですよね。

9.考え事が多い

ボーっとしている人はいったいどんな心理をしているのか…ということについては、記事の最初のほうでお伝えしてきましたね。

そのなかに“考え事をしている”ということがあったのを覚えていますか?ここでもそれが登場します。

ぼーっとしている人って常に何かを考えていることが多いものです。

常に頭の中に考え事がグルングルン回っているので、その結果としてぼーっとしてしまっているんです。

要するに、ぼーっとしたくてしているのではなくて、考えているからそうなってしまっているだけです。

そのため、考え事に対して自分なりに決着がついたりするとそれまでにぼーっとしていたのが嘘かのようにテキパキと動き出します。

悩み事や考える事が多い

感受性が豊かな傾向の高い人がぼーっとしやすいので、それが理由で“悩み事を抱えやすい”ということもあげることができますね。

この世界の中で何に対しても悩まない人っていないと思うんです。

しかし、ぼーっとしやすい人というのは、すべてに対して疑念を抱いたり、すぐに心配をしがち。

その結果として、悩みごとを抱える回数が人よりも多く、そしてぼーっとすることも増えてしまうわけなんですね。

もっと気軽に考えることができたらいいのですが、そうすることもできません。

10.忙しい

忙しい人もぼーっとしていることがあるものです。

「忙しい人はぼーっとする暇もないんじゃないか!」なんて思われる方もいるかもしれないですね。

しかし、なにかで忙しかったとしてもその合間で“休憩”をとることはできるかと思います。

その際に思いっきりぼーっとするんです。

いや、“ぼーっとしてしまう”というほうがあてはまるかもしれないですね。

脳を休めるための時間

ずばり、それは“脳を休めるための時間”です。

あなたは知っていますか?脳というのは、私たちが眠っている間でもいつまでもずっと働き続けているということを。

特に仕事などを処理しているときには、かなりの仕事量をこなしてくれているものです。

そんな脳だって、休みたくなるもの。

そこで忙しさの中にある合間で休憩をはさむことによって、次の仕事への能率をあげることができるんです。

まとめ

今回は、この世の中にはどこにでも存在している“ボーっとしている人”について特集してきました!いかがでしたか?ぼーっとしている人というのは、本人としては何も悪いことをしている感覚は皆無に近いとのことでした。

しかし、周りの人から見ると良い印象を持つ人もいれば、悪い印象もいるということもご理解できたかと思います。

そのままぼーっとするのを貫くのもいいですし、周りからいやな目で見られたくない!という方は、ぼーっとするのを意識的にやめてみるといいのかもしれないですね♪