時代は常に動いています。

だからこそ、自らが成長する事を諦めてしまうと、人間はそこで成長が止まってしまいます。

反対に、いくつになったとしても前向きに変化に取り組む事が出来れば成長していくことは出来るのでしょう。

だからこそ、常に新しいことに取り組む事はとても大切なことです。

けれど、時には過去の経験が役に立つ事もあります。

成長を求めれば求める程、新しいことに目が向いてしまいます。

それは悪いことではなく、人間として貪欲に成長している証拠なのでしょう。

けれど一方で成長するからこそ、過去の経験が役立つ事もあるのです。

より身になる形で成長を考えるのであれば、過去の経験を参考にする事はとても大切なことです。

それをするかどうかによって、結果は大きく変わってくるはずです。

もし自分一人の経験では足りないと言う事があれば、他人の経験を参考にする事だって大切でしょう。

人間が一度に経験する事が出来ることなどたかが知れています。

ましてや、若いうちなどはそう簡単に経験をする事だって出来ないでしょう。

そんな時も、経験者の話を聞くことに、よって自分では経験できなかった出来事について学ぶことが出来るはずです。

新しい事を学ぼうとすると、さきの事ばかりに目を向けがちです。

ですが、成長しようとする思いがあるからこそ過去の話を聞くことが大切なのです。

経験者の意見を聞くべき6個の理由

経験者の話は楽しい事ばかりではありません。

中には自慢されているような気持ちに似る事だってあるでしょう。

だからこそ、嫌な思いをする事もあります。

うるさい先輩の話など聞きたくないと思う人だっているでしょう。

ですが、そんな先輩の話を聞く事によって自分の身になることもあるのです。

先輩の話などうるさいだけ思う人も居るでしょう。

けれど、そうは言ってもその話から自分にとって良い情報を取ることができる場合もあります。

最初から話を聞く事を拒否していては、自分にとって有力な情報にも気がつく事が出来なくなってしまいます。

だからこそ、嫌々でも話はきちんと聞きましょう。

それでもなかなか話を聴く気になれないと言う人には、聞くべき理由をいくつかご紹介させていただきます。

きっとそれを知ることによって今までとは違いより柔軟に話を聞く気持ちを持つことが出来るようになる事でしょう。

1.アドバイスになる


過去の経験は、成功した話ばかりではありません。

中には失敗の経験談を聞くことが出来ることもあります。

成功の経験談を聞くよりも、失敗したした意見を聞く方が参考になる事が沢山あります。

何か大きな壁にぶつかった時、一人で解決する事は難しい事もあるでしょう。

初めてぶつかった壁にどうする事も出来ずに立ち竦んでしまう事もあり、冷静な判断が出来なくなってしまう事もあります。

それではより大きな失敗に繋がってしまう場合もあります。

場合によっては、取り返しのつかないような失敗に繋がってしまう場合もあります。

出来る事なら、そんな失敗は避けたいと思うはずです。

もし、他人の経験を聞いておくとどんな時に失敗してしまったかと言うことに気がつく事が出来るようになる事でしょう。

自分が困った時に、経験談を思い出す事^_^が出来ればその時の対応もより的確に行う事が出来るようになるかもしれません。

一人ではどうする事も出来なかった事も、経験者からの助言をきちんと聞く事が出来ればそれがアドバイスとなり自分を支えてくれる知識となってくれる事でしょう。

自分自身がいざ直面したときにアドバイスを聞くことができる

困った時に相談に乗ってくれる人がいるかどうかは、今後の人生にとってとても重要な事です。

自分一人では解決策を思いつく事が出来なかったとしても、他人のアドバイスを聞くことによって問題を解決するきっかけを掴む事ができるかもしれません。

アドバイスを、聞く事が出来る環境にいる事は自分が成長する為にもとても重要な事であり恵まれている環境だと言えるでしまう。

だからこそ、その状況をより効率的に活用する事が出来れば自分の成長により効果を発揮する事ご出来るようになるはずです。

その時どの様なことをしたのかなど経験を聞くことで参考になる

いくら頭の中で色々なリスクを考えていたとしても、それを実際に経験している人の話には勝てません。

自分で想定していた事とは全く違った事が起こった場合、一人ではどう対処したらいいのか分からなくなってしまう事もあるでしょう。

そんな時も、経験談を聞くことによってより的確な方法を教えて模索することができるのです。

自分で思っていることが必ず起こるとは限りません。

人生何が起こるか分からないのです。

だからこそ、自分の経験ではどうにもならない事が沢山あるのです。

その中で、自分の経験では足りな知識をアドバイスとして、受ける事が出来るからこそ他人の意見を聞く事はとても大事なことだと言えるでしょう。

2.対策をすることができる


他人の話を聞くことによって、その話をアドバイスに返還させる事が出来るようになります。

多くの経験談を聞く事によって、対策を取る事が出来るようになるのです。

それはリスクを回避する上でとても重要なので事となります。

どんな出来事でも、対策をしておくとはとても重要な事となります。

なにか起こってから行動するよりも、起こる前に行動しておく方がずっとリスクを低くする事が出来るよでしょう。

そうする事によって、結果的に自分のこれからの日々をより良いものにする事が出来るようになるかもしれません。

自分一人で考えるだけでは、大した対策をする事が出来ない場合も多々あります。

しかしながら、奥の経験を持っている人の話をアドバイスとして受け入れる事によって、的確な対策を取る事が出来るようになります。

それが自分のためになるのです。

過去にどの様なことがあったのか分かることで予防ができる

自分の成長を願えば願うほど、気持ちは未来に向かっていくことでしょう。

だからこそ、つい過去の事は興味が無くなってしまう人もいます。

ですが、成長したいのであればあるほど、過去の情報を知る事はとても重要な事となります。

過去の話を聞く事は、自分がしていない経験を疑似体験する事が出来るようになる事です。

そうする事によって、リスクマネージメントをする事が出来るようになります。

これから起こるであろう問題を事前にしり、それを対策する事が出来るのです。

過去の経験を知らないと、より効果的な対策を取る事が出来ません。

だからこそそれをする事が出来るアドバイスを貰うことが出来るのはとてもためになる事だと言えるでしょう。

3.自分を成長させることができる

自分を成長をさせるためには、自分以外の人の考えを聞くとがとても大切です。

それをする事によって、自分では考えつかないようなアイディアを知る事が出来るようになるのです。

一人では全く考えつかないようなステキなアイディアを知る事によって、自分の考えが180度変わるような経験をする事が出来る場合もあります。

人一人が出来る事などたかが知れています。

それよりも、多くの人の意見を参考にした方が、何倍も何十倍も良い効果を発揮する事が出来るようになるはずです。

是非自分を成長させたいと言う気持ちがあるのであればこそ、出来る限り人の話を聞くように行動する事が大切です。

失敗の例であれば反面教師にすることができる

人によっては、失敗談を教えてくれることもあるでしょう。

その場合、それを聞く事によって対策を取る事が出来ます。

つまりは反面教師にする事が出来るのです。

反面教師とは、あえて失敗談を聞く事によってどうして失敗してしまったのか。

どうすれば失敗せずに済んだのかなどを考える事をさします。

そうする事によって、自分が失敗していなくても失敗した後の行動を取る事が出来るようになるのです。

自分が失敗する事を良しとする人はそういるものではありません。

いくらそれが経験になるとしても、出来るだけ避けたいと思う人が殆どのはずです。

だからこそ、失敗した人の経験は、自分を助けてくれるアイディアとなるのです。

人によっては、自分の失敗談など話をしたくないと思う人が殆どです。

だからこそ、あえて話をしてくれると言うことは、それだけとても良い人生の先輩だと言う事が言えるでしょう。

今後の自分に対して何が足りないのかなど知ることができる

『他人のふり見て我がふり直せ』とはよく言ったものです。

自分ではなかなか気が付かないような問題も、他人に置き換えてみると冷静に判断する事が出来るようになる場合もあります。

だからこそ、ほかの人の経験談を聞くことはとてもいい事だといえるでしょう。

人間、いくら厳しくしようと思っても自分にはついつい甘くなってしまうものです。

客観的に見ているつもりでも甘くなってしまうからこそ、冷静な判断が出来なくなってしまうなんてこともあるかもしれません。

そんな時も他人のこととして話を聞く事によって、出来事を冷静に判断する事が出来るようになるのです。

何が足りないかを知る事が出来るようになれば、自然と今後の行動も考える事が出来るようになります。

自分に足りない問題点を知る事が出来るかどうかによって、その後の人生の成長度合いを知る事が出来るようになるはずなのです。

いくら成長したいと思ったとしても、その方法がわからなければどうすればいいかもわからないはずです。

より効率的に行動を決める為にも自分に足りない部分を知りそれを補うように行動していくことが大切なことだといえるでしょう。

4.後の世代に伝えることができる

経験者の話は、自分にとってとても重要な意見です。

それを聞く事によって、自分にとって必要な行動を知る事が出来るようになります。

今後成長していく為にはどんなことが必要なのかという事にも気が付く事が出来るようになることでしょう。

ですが、経験者の意見は自分だけにとって有意義なものではありません。

次の世代にとってもまた有意義な情報となるはずです。

だからこそ、自分が話を聞く事によって、助かる人が出てくるかもしれないのです。

今はまだまだ習う事が多い時期の人もいつか経験を重ねるうちに教える立場になる事もあるでしょう。

そんな時も、自分の経験だけではなく、多くの経験者の話を聞いておく事によって、より良い話を相手に伝える事が出来るようになるはずです。

それが結果的に多くの人によって有意義な話として聞いてもらう事が出来るようになる事でしょう。

5.必要なものだけを情報として得ることができる

他人の話を聞く事により、経験をしていない出来事も、自分の中に起こった出来事として受け入れる事が出来るようになります。

それが結果的に自分にとってなにが今後必要なのかという事を考えるきっかけとなってくれることでしょう。

多くの情報の中から自分に必要なものを手にする事は、難しいはずです。

何が必要かわからないうちには、あれもこれもと抱え込んでしまい結果的に身動きが取れなくなってしまう場合もあるでしょう。

けれど事前に必要なことを知っておく事によって、今後自分の何が必要なのかをあらかじめ考える事が出来るようになるのです。

情報は財産と同じことです。

より多くの情報を知っていれば知ってるほど、自分にとって有利な行動をとる事が出来るようになるはずです。

それが結果的に自分の今後を左右する重要な決定につながる場合もあるでしょう。

だからこそ、自分のこれからを冷静に考えるという為にも、経験者の意見を知ることはとても大切なことだといえるでしょう。

6.リアルな意見が聞ける

どんなに細かくイメージをしたとしても、結局実際の経験にはかないません。

頭の中の出ごとは所詮頭の中のイメージに過ぎないのです。

自分に起こりうるリスクをイメージしていたとしても、実際に経験していないとどこまでのことが起こるかは想像が付きません。

結果的に自分が思っている以上の事が起きてしまう場合もあり、そうなってしまうとどう対処したら良いのかわからなくなってしまう事もあるでしょう。

自分の経験だけでは補う事が出来ない問題が必ず出てくるのです。

経験者の話を聞く事によって、イメージでしかなかった出来事がよりリアルな形となって自分の前に出てくる事でしょう。

それを目の前にする事によって、自分の考えを改めたりより効果的な方法を対策する事が出来るようになるかも知れません。

そうする事が、結果的に自分にとって最も為になる意見になる事でしょう。

リアルな意見は、どんなイメージにもかつ事が出来ません。

それがものすごく大変なことだったとしても、結局はそれが事実なのです。

だからこそ、何か物事を成し遂げたい時や、人として成長をしたいと思うようなときはリアルな意見を聞くように心がけていきましょう。

人によっては話を誇張して話す人もいます。

だからこそ、どの話が本当の話でどれが間違っているのかなど、話の内容を冷静に判断する事もまた大切なことだといえるでしょう。

百聞は一見に如かず

日本のことわざには様々な役立つものがあります。

今回の出来事のような時には、『百聞は一見に如かず』という言葉が当てはまります。

これは何度聞いたとしても結局は一度見た方が効果的だということわざの一つです。

先輩の経験を聞くことは、実際に経験しているとは言えないかもしれません。

ですが、実際に話を聞くことと自分のイメージの中だけにあることを比べるのであれば、話を聞く方が実際の経験よりも効果が高いという事がいえるでしょう。

どんな出来事も、自分が経験する事がすべてではありません。

時には他人が経験している話を聞く事によって、自分の経験値とする事が出来る場合もあるのです。

だからこそ、個のことわざにあるように自分の中だけで解決するのではなく他人の経験もまた自分の経験として受け入れる事が出来るように、より真剣に話を聞いて見てはいかがでしょうか。