毎年着実に延びている平均寿命ですが、男女差は多少あるにしてもだいたい80歳を過ぎたぐらいです。

調べてみると、厚労省の発表によると平成29年では男性が81.09歳で女性が87.26歳となっていました。

女性の方が6年ほど長生きしているということです。

女性の方が体力があるのか、はたまた男性の方がストレスを強く受けているのかは分かりませんが、女性のほうが長生きしていることは間違いありません。

中高年のご夫婦でも、夫の方が早く亡くなっても、妻の方はひとりでも頑張って生きていけるようです。

先に奥さんを亡くした男性は、精神的に参ってしまいすぐに後を追うことも多いようです。

科学的な見地からは、平均寿命が延びている理由は、癌(ガン)の早期発見と治療技術の向上によって、これによる死亡率が下がってきたからです。

さらに、心疾患(狭心症、心筋梗塞、不整脈など)と脳血管疾患(脳梗塞、脳内出血、くも膜下出血など)の死亡率も下がったからです。

医学的な話はこれぐらいにしておいて、病気にかからないようにする予防医学の進歩や、高度な治療方法が普及したせいで寿命が延びたのでしょう。

現代でも、男性の寿命が約80歳だということは、その中間である40歳の男性は、人生の折り返し点に差し掛かっているとも言えるようです。

もちろん個人差はありますが。

平均的に大学を卒業して20年間勤務すると、40歳過ぎの年齢に達します。

すなわち、この頃が人生の中間点になっているのです。

30歳前半で結婚して子供を作っていれば、もう」よう学生になっているころです。

文字通り、大黒柱になってモリモリ働いているはずです。

しかし、現実の社会では、ITが肌に合わずにPCで戸惑っている上司や、口だけは達者な若者たちの間に挟まって、苦労している姿も見えてくるのです。

経験も豊富だし働き盛りだからというふうに見られるために、やたらと仕事の責任は増えているようなのです。

この40代の男性の立場は、中間管理職というどっちつかずの役職に留まらせて、責任だけ取らせて放置しているようなものです。

40代で既に結婚している男性はいいのですが、最近では結婚していない男性も増えているのです。

結婚していないと言うと、彼女はいるけれども結婚する気がないというのではなくて、結婚できない男性が急増しているようなのです。

ちまたでは、結婚できない40代オジサンとも呼ばれています。

そんな男性は、現実を直視できていないと手厳しい評価をする人もいるようです。

若い女性にモテない、人気がないとも言われている始末です。

女性には避けられるし、仕事でも人間関係や能力で悩みが多い40代の男性ですが、仕事も恋愛も上手く行かないと感じると、いっそのこと今の職場を辞めて、転職してみようと思う男性も多いはずです。

仕事を辞めてしまうのは簡単です。

しかし、その後はどうして生計を立てるのか、さらには将来はどうするのかをしっかりと考えておかなければいけないのです。

いわゆる、人生の半ばに来て仕事を辞めるには、これからの人生設計をしっかりと立てておかなければなりません。

今よりも人間関係も上手くいくところで、給料も労働条件もほとんど変わらない転勤先などあるのでしょうか?

何かの特技や有効なスキルを持っていれば、優遇されるでしょうが、特に何も無ければ勇気がいることなのです。

転職を成功させて、より良いキャリアを伸ばしていくためには、いろいろと意識しておかなければならないものがあります。

それらを考えてみたいと思います。

人生設計とは?仕事を辞めたら人生終わりなの?

40代の男性が、仕事を辞めたい、転職したいと思う理由やそれを決断した理由は何でしょうか?

会社が倒産したとか経営状態が悪くて人員整理の対象になったなどの理由以外について考えてみました。

それは大きく分けると、①仕事の内容が満足できなかった。(自分のスキルを向上させられない)

②労働条件が良くなかった。(給料、休日、残業時間など)

③会社の将来が不安。

④人間関係が上手く行かなかった。

⑤実績を評価してくれなかった。

などに分かれます。

これらのことは、自分の将来の人生設計において大きな問題になっているからです。

人生設計を考えると、自分の能力ややる気を活かした仕事をしたい、あるいはそんな仕事ができる会社に転職したいと思うからです。

65歳定年までまだ20年以上もあるので、人生設計を描き直すチャンスだと思うのです。

40代なら今の仕事を辞めても、十分に新しい人生を歩むことはできるのです。

仕事を辞めたら人生は終わりではありません。

幸いにも、現時点での経済環境は好調で、中途採用を積極的に考えている、つまり即戦力を獲得したいと思っている企業は多いのです。

転職を後押しする求人情報誌や、民間・公的な職業紹介機関も多いのでから、恐れずに転職を考えても良いのです。

40代男性が仕事辞めた後の6個の人生設計で考えること

いろんな理由があると思いますが、40代男性が仕事を辞めようと決心して行動に移す時に、その後の人生設計をしっかりと考えておかなければなりません。

次の転職先では、60歳や65歳まで働くことができる環境や条件が満たされるかどうかです。

いわゆる自分に合った適職であること、ライフワークと言われるような生涯の仕事に就けるかどうかがポイントなのです。

再就職後に、思っていたところではなかったとまたすぐに辞めてしまうようでは、次の転職先を探すのも難しくなってしまいます。

再就職のチャンスも減ってしまうのです。

だから、40代での転職は慎重に行うことが重要なのです。

もしも、良いご縁があって理想の企業の面接を受けることになった時には、あなたの人生観や人生設計に関しての質問があるはずです。

その企業に賭ける熱意や、これからの仕事に対する考え方など、事前に十分に考えておくことが大事なのです。

少しの特技やスキルも重要ですが、採用しようという企業にとっては、その人がどのような人生設計を描いていて、この企業の方針と合致するかを判断したいのです。

今までの人生を振り返る


40代で今の会社を辞めようという人は、今の会社に対しての何らかの不満を持っているはずです。

そして、これまでの自分の人生にとって、どのような影響を与えていたかを振り返ってみることです。

仕事や私生活も含めて、充実していたかを判断してみるのです。

40代ということは、人生の約半分が終わったということでもあるのです。

ここで、これまでの半生では得られなかったものが無かったかを振り返ってみることです。

急に頭の中で考えてみるとなると、あれやこれやで混乱してしまいます。

中学時代、高校時代、大学時代、社会人になってからというように、時系列順に出来事を振り返ってみて、紙に書き連ねてみると分かりやすいようです。

そうか、この時にこんなことがあって、それがその後に影響しているんだというようなことも理解できるのです。

すると、この半生で得られたことが、どの時点でターニングポイントとなったのかも分かってくるのです。

すると、これからの残りの人生においては、何を目標にしていけば良いかも自ずと理解できるのです。

そのために何をやっていけばよいのか、どのような会社に勤めればよいのかが分かるのです。

今までの人生を振り返ってみて、足らないところや弱いところが見えてくるのです。

本当にやりたかったことをする

今までの人生を振り返ると、本当に自分がやりたかったことをしてきたのかが分かりません。

知らず知らずのうちに進学する学校も決められて、大学も言われるままに受験して、大学卒業時にたまたま受けた就活が上手く行っただけであったかも知れません。

会社に入って、こんなことをやりたいと思っていたけれども、実際には希望通りにはならなかったのです。

自分にはスキルもあるし熱意もあると自信があれば、これからの半生を本当にやりたかったことに費やしたいと考えるのです。

やりたいことを書き出す

では、やりたい事とは具体的にどのようなことなのでしょうか?

単に、何か違うことをやりたいとか、新しいことにチャレンジしたいと漠然と考えていては行けません。

それでは、やりたいことがきちんとできない恐れがあるからです。

また、時系列にやり遂げることができるか分からないからです。

だから、やりたいことをまずは紙に書き出して見て、いつ頃どのようにやるのかを考えるのです。

時系列に並べてみると、より明確になるのでお勧めします。

やりたくないことを書き出す

次に、やりたくないことや失敗してはいけないことも合わせて書き出してみます。

やりたくはないことでも必要なこともあるはずです。

それはどのようにカバーするか、または代わりにすることができないかも調べてみます。

やりたくないことを別の方法で対応できないかを見つけるのです。

やりたくないことを延々と残りの人生で繰り返すことは、もっとも避けたい事なのです。

そんな時間があれば、やりたいことにもっと時間をかけたいからです。

やりたくないことは、生産性も上がらないし、モチベーションも下がってしまうからです。

残りの半生が無駄になってしまうからです。

今の会社を辞めて再就職するつもりであれば、やりたくないことをハッキリさせておくことが大切です。

今後のマネープランをしっかり立てる

転職する時には、その後の人生設計の中で、今後のマネープランをしっかりと立てることが重要です。

転職をする場合には、その会社に生きがいを見つけることも大事ですが、基本的には給料などの収入面でも優位なところに就職するはずです。

だから、転職後は収入面では同等かそれ以上になるはずです。

すると、お金の面でも楽になるはずですが、そうは簡単には行かないようです。

それは、再就職に関連して、いろいろとお世話になった人へのお礼に出かけたり、挨拶状の送付などいろいろと出費が増えるのです。

転職前後では、予想以上にしゅぴが増えて姉妹、貯蓄も減ってしまうのです。

転職後に収入は少し増えても、家計的には苦しい時期が続くのです。

転職後に始めてもらう給料日までが辛いそうです。

さらに、新しい就職先に便利なように引っ越しをする人もいます。

そうなると、転居の費用や時間もばかにならないのです。

生活が安定するまでは、出費が重なるようです。

そして、収入が増えると家族の生活にも変化が出て、これまでとは異なりちょっと高価な買い物をしたり、美味しいものを食べたりしてしまうので、結局は貯蓄に回すお金はそれほど増えないことになるのです。

転職後のマネープランは大事なのです。

どういう人間になりたいのか考える

会社を辞めて、どのように生活したいのかを決めておくことです。

趣味とか運動とかのことではなくて、結婚や既婚の人は家族をどのように養っていくか、子供をどのように育てていくかというプランも作っておくのです。

その中で、自分はどのような役割を持っていて、どういう人間になりたいのかということも重要なのです。

実在している理想の人物がいるなら、その人に近づけるようにする方法も考えておくのです。

目標を立てる

会社を辞めるという事は、その後をどうするのかを考える必要があります。

そのためには、いつごろまでに何をするのか、どのような準備をしておけばよいのかという目標を立てるのです。

人生の目標を立てる意味は、人生に生きがいを持って心豊かに生きることができるということです。

ただベルトコンベヤーに乗って来る運命に左右されることではなく、自分で生きがいを見つけて実行することなのです。

目標を持てば、人生が豊かになって新鮮な生活ができるのです。

これまでの半生は、なんとなく流れに乗って頑張ってきたのですが、ここらへんで一度立ち止まって、自分で新たな目標設定をして方向を変えて進むことなのです。

資格を取る

新たな目標の中には、今のままでは踏み込めない領域での活動も視野に入れることもできます。

ただ、そんな領域には今のままでは、つまりある種の資格が無ければできないこともあります。

習い事でも人生は変化しますが、ちゃんとした資格を取得すればもっと明るい生活が期待できます。

今の会社に在職中に、時間を見つけて何かの資格取得にチャレンジして資格を取得すれば、転職の時にも有利になるはずです。

資格を利用して、独立することも考えられるのです。

家族の仲を大切にする


今の会社を辞めて、新しい会社に転職するということは、その前後には家族に、結婚していると特に奥さんには大きな負担がかかるものです。

体力的な面と精神的な面の両面です。

新しい会社がすぐに見つかってすぐに就職できる場合でも、金銭面で余裕がなくなって来るようです。

転居を伴わない場合でも、新しい会社に出勤する時間もルートも変わるのです。

また、新しい会社の人間関係も不安になってきます。

そんな状況では、家に帰った時の家族の支えが大事なのです。

病気になった時の健康保険証やその他の公的な届なども切り替えが必要なものもあります。

家族や奥様の援助も必要なので、家族の仲を大切にしておくことが重要です。

人生設計を立てるのに大切なこととは?

人生80年と言われる時代です。

40代はまだ人生の半ばです。

しかも、40代ともなると、会社の事情も人間関係も、しっかりと確認ができている年代です。

自分の長所や短所も十分というぐらい分かっているはずです。

だから、40代の男性は一度立ち止まって、これからの人生設計を立てるのも大事なことなのです。

そんな時に、人生設計を立てるのに大切なことはどのようなことでしょう。