自分の長所だの短所について、真剣に考えたのは就活の時だけでした。

誰でも長所や短所はあるはずで、それがその人の人間性なんだと思っていたからです。

自分の短所が気に入らない人とは、深く付き合わなければいいだけと思っていたからです。

そして、自分の長所を気に入ってくれた人とは、仲の良い友人となってきたはずです。

自分でも、短所は修正して行きたいとは感じますが、人に迷惑をかけないレベルであれば、そんなにあえて修正するまでも無いと思ったのです。

しかし、団体競技やチーム対抗戦ともなると、それぞれの個人の平均した実力を上げていかないとライバルには勝てないようです。

サッカーや野球、ラグビーなどは、飛びぬけた実力の持ち主を中心に、チーム全体の実力を上げることに力を注いでいるようです。

つまりは、チームのメンバーの短所を改善して平均的な力をつけさせようという方法です。

平均的に筋肉増強を図るようにトレーニングをして、平均的なレベルを上げていくことを目的としています。

短所のない選手を育てるのです。

一部の特別な人を除いて、後は誰でも同じように仕事がこなせる選手に育てているのです。

このように、長所を置いておいて短所の改善に注力してきたのです。

最近では、むしろ短所をそのまま残しておいて、長所をもっと伸ばそうという考え方が主流になってきたのです。

教育の場でも、短所を潰す指導よりも、長所を伸ばす指導の方が良いと言われるようになりました。

いわゆる、「褒めて伸ばす」という教育なのです。

子育ての現場では、以前は子供の短所を直すことがポイントとなっていました。

しかし、短所を直すことに主眼を置くと、どうしても子供を叱ることが多くなってくることに気付き始めたのです。

「何度言ったらできるの?「どうして言う通りにしないの?」「もっとはやくできないの?」などとつい激励のつもりが、叱ってしまうのです。

そして、いつも最後に「だらしがないのね」とか「やる気がないのね」などと、否定的な言葉を言ってしまうのです。

自分の子供に、こんな経験はあるはずです。

すると、この言葉を聞いた子供は、自分はだらしがないのだとかやる気がない人間なのだと感じてしまうのです。

そして、こんな言葉を毎日聞かされていくと、そのうちにやっぱり自分は駄目な人間なんだと確信してしまうのです。

自分はみんなよりも劣っているんだと思い込むようになるのです。

こんな思い込みは、それからのその子供の人生に暗い影を落とすことになるのです。

潜在的にプレッシャーをかけてしまうことになるのです。

そこで、欧米ではむしろ長所を伸ばす教育が主流となっているようです。

長所を伸ばす教育では、まずは、子供の長所を認めてあげることから始まるのです。

「走るのがすごく速いね!」「綺麗に字が書けるね」「絵がとても上手だね」などと褒めるのです。

長所を取り上げて褒めると、自分を肯定してくれていると感じるのです。

長所を認めてそれを褒め続けると、その子供は「ほかの子供よりも走るのが早いんだ」とか「絵がうまいんだ」と確信することになります。

みんなの中でも、子供ながらに自信を持つようになるのです。

すると、もっと速く走りたいとか、もっとうまく絵を描きたいとかの意欲に変わっていくのです。

その意欲は、将来の生活を大きく変えるようなのです。

子供だけでなく、大人になっても長所をしっかり認めてあげると、やはり大きな自信になってますます頑張ろうという動機付けになるようです。

大人になってからも、自分の短所を修正しろと言われることは、これまでの人生や生きざま、人格を否定されていると感じる人もいるのです。

人格まで全否定されてしまうと、自分の生きる場所がなくなってしまうのです。

会社に入ったところで短所ばかり否定されると、会社を辞めざるを得なくなるのです。

ここまで、プレッシャーは加えないようにしようということなのです。

それよりも、長所をもっと伸ばしてやって、前向きに仕事をしてほしいと考えるようです。

長所と短所なら更に長所を伸ばすべき!

短所を見つけて、あれこれと批判したリ修正をさせることは簡単なことです。

しかし、その修正を素直に受け入れるかどうかは分からないのです。

チームの一員として、ある短所を直さないと一緒に働けない、プレーできないなどの条件がある場合には、そのチームに愛着を持っているなら歯を食いしばってでも頑張るでしょう。

しかし、チームプレーと関係なければ、自分の人格まで捨ててみんなに合わせる必要はないと、サッサと離れていくはずです。

しかも、その人間の持つ長所が素晴らしいものであったならば、その長所を削ってまでも短所を伸ばす必要もないのです。

喜んで、辞めていくでしょう。

長所と短所が分かっているならば、さらに長所を伸ばすことが大切なのです。

まずは長所を見つけよう!どうしたらいい?

「あなたの長所は何ですか?」などと不意に聞かれても困ってしまいます。

その問いかけにスラスラと答えられたのは、就活の面接の時ぐらいでしょう。

しかも、面接の前にしっかりと長所・短所を紙に書き出しておいて、それを暗記していたからです。

しかし、その長所・短所も本当に正しいのか、今考えると疑い深いものなのです。

就活の参考書に書いてあった事例から取り上げたものだったような気がします。

自分が考えている長所・短所は、実は周りの人から見ると違っているかも知れないからです。

ある時先輩から、「君はリズム感がいいね」とか「感覚が繊細だね」と言われたことがあります。

リズム感とは、きっとカラオケに行った時に歌った様子を見たからでしょう。

自分ではそんな感覚はなかったのですが、先輩から見るとそう見えたのでしょう。

それも長所なのでしょうか?

感覚が繊細とは、社内の掲示ポスターが歪んで貼っているのが嫌で、よく水平になるように修正していたからでしょう。

これも長所なのでしょうか?

他人ができないようなことをする能力があれば、それは長所と言えるのでしょうか?

暗算が得意だったり、日本語以外の2か国語が話せるとか、PCのキーボードを見ないでも打てる(ブラインドタッチ)とか、これも長所なのでしょうか?

私の友人は、逆立ちして階段を登ることができます。

体操選手かレスキュー隊員になれと言うのですが、こんな特技だけでは無理だと言っています。

これも立派な長所と思うのですが。

こんな事例はともかく、上手く仕事に活かせるような特技や能力は、立派な長所と言えるのです。

PCのブラインドタッチができることは、データ入力や資料の作成に関しては有利になるので、ビジネスの世界で十分長所と自慢できるはずです。

日本語以外の2か国語が話せるのであれば、これも立派な長所なのです。

自分の長所を見つけるには、自分のできることを紙に書き出してみて、自慢できる能力や技術がないか洗い出すことから始めるのです。

能力や資格も無ければ、性格的なもので自慢できるものでもいいのです。

書き出してみてください。

人間観察をする

自分の長所を見つけるには、他の人との違いを見つけることから始めます。

自分は、他の人と比べると、何が違っているのか、何が優れているかを探すのです。

つまり、いろんな人の人間観察をするのです。

そして、相手がどんな人間かを見抜くための人間観察をするのです。

相手の長所や短所を見抜くのです。

それができるようになってくると、他人の長所も見つけることができるようになるのです。

すると、それらを自分に当てはめてみると、自分の長所も見えてくるはずです。

好奇心を持つ

何事にも積極的に行動する人は、イキイキしています。

物事の核心を知りたいと前向きに考えるからです。

いわゆる好奇心旺盛であることは、困難なことでもチャレンジすることができるのです。

何事もポジティブに考えて、困難に立ち向かっていく姿は、たとえ失敗してもまた再チャレンジする気概があるからです。

ちょっとぐらい失敗しても、またきっと成功するはずだと期待されるのです。

好奇心が旺盛な人は、いつまでもチャレンジ精神を忘れずに、たとえ失敗しても立ち上がることができる強い精神構造の持ち主なのです。

これは立派な長所と言えます。

企業としては、こんな好奇心旺盛で実行力のある性格を持つ人を求めているのです。

自己分析をする


自己分析をすることは、大事なことです。

自分の得意なこと、嫌いなこと、自信があることなどをまとめてみるのです。

すると、自分の能力や評価を見出すことができるのです。

自己分析をして、自分で自分の評価をしてみるのです。

こんな経験があって、こんなことができるし資格も持っているなど、改めて納得できるのです。

すると、他の人に比べて得意な分野もあるはずです。

それがいわゆる長所でもあるはずです。

その長所に、いろんな実績や経験を関連づけていくと、具体的な長所も明確になってくるのです。

好きだった教科

楽しかった授業もあったはずです。

他の授業は記憶が薄いけれども、あの授業だけは楽しく覚えていると言うなら、きっとその教科が好きだったはずです。

嫌いな強化があれば、反対に大好きな教科もあるのが当然です。

好きだったという事は、得意であったはずです。

みんなの中でも、きっと優秀であったと思えます。

今の仕事に活かされているはずですが、いかがでしょうか?

それはつまり自分で長所だと認識して、それを活かす仕事に就いたはずなのです。

好きだった教科の周りに、あなたの長所が隠れているはずです。

それを引き出して伸ばしてください。

人よりも優れてたもの

好きな教科に関しては、みんなにとって難しいところや理解しにくいところなども、ちゃんと理解しているはずです。

だから、その点に関してはあなたの長所であって、他の人よりも優れているはずです。

あなたのところに、それを確認しに来ているはずです。

あなたも、快く分かっている範囲で教えていたはずです。

好きなことに関しては、良く調べているので、みんなの上をいっているはずで、みんなに頼られていたのです。

あなたの長所でもあるはずです。

多くの人と関わる

多くの人と関わっているということは、あなたが社交的で好奇心が強く、コミュニケーション能力も高いということです。

単にお人好しだけでは、多くの人とは関わることはできないのです。

新しい情報を提供したり、問題解決を手伝ったり、一緒に悲しんだり楽しんだりと喜怒哀楽も経験しているはずです。

つまり、コミュニケーションに長けているはずで、これは立派な長所でもあるのです。

将来は、みんなに信頼されるとリーダーになる性格なのです。

習い事を始める


自分が知らない隠れた長所もあるようです。

普段の生活では全く利用することがないようなことなのですが、何かの時にこんな才能があったのかと自分でも驚く時があるのです。

ある知人が、プロのカメラマンが主催して行われた撮影会に、小さなデジカメを持って参加してみたのです。

写真愛好家の友人の勧めでした。

ある公園の中で季節の花をテーマにした撮影会でしたが、みんなとは離れて邪魔にならないようにひっそりと咲いている花を中心に撮影したのでした。

現像したものを集めた時に、プロの写真家から写真の構図が素晴らしいと、褒めてもらったのです。

なんだか美的感覚が良いのかなと思い、本格的に写真にのめり込んだのでした。

その後も、デザイン関係の仕事について成功しているようです。

習い事など、今までとは違った環境で過ごすことで、自分の隠れた長所が見えて来ることもあるのです。

苦手なことに挑戦する

仕事や試験勉強でもそうですが、時間が無くなって追い込まれてしまうと、意外なンぉ宇力が発揮できることもあります。

自分でも、こんなにできるんだと驚いてしまうことにもなります。

そのことが、普段は苦手で積極的にはやっていなかったことでも、切羽詰まるとできるようになってしまうのです。

苦手な仕事だけれども、今日中にやっておかないとお客さんに大きな迷惑がかかるという時には、苦手なことにも前向きにチャレンジすることができるのです。

しかも、段々と苦手意識が薄れてきて、楽しくやっているように見られるのです。

苦手なことに積極的に挑戦するうちに、それが自分の長所に変わっていくこともあるのです。

自分が好きなことを追及してやってみる

自分が好きなことをやっている人には勝てないものです。

昔のことわざに、「好きこそ物の上手なれ」というのがあります。

好きなことであれば、誰に指示されることなく自分から積極的に取り組むので、上達が早いという意味です。

小さなころから歌うことが好きで歌手になった人、将棋が好きで藤井七段のように成長した人、卓球が好きでオリンピックでメダルを獲得した愛ちゃんなど、多くの事例があります。

自分が好きなことをやり通すことは、それがその人の長所となっていくのです。

長所を伸ばせば、世界に通用する人材にまで成長できるのです。

あなたも、自分の好きなことを追及してやってみると、意外な長所が見つかるかもしれません。

長所を伸ばすための7個の方法

自分の長所を伸ばすと言っても、まずは自分の長所をしっかりと確認しておかなければなりません。

自分の長所が何なのかが分かっていないと、伸ばしようがないからです。

「あなたの長所はどんなところですか?」と不意に尋ねられても、的確に答えられる人は少ないはずです。

大雑把なことは言えますが、果たしてそれが正確な長所かどうかは分からないのです。

周りの人は、あなたの長所は別のことを想定しているかも知れないのです。

これまでに説明してきたような方法で、改めて自分の長所をさがして知ることから始めます。

あなたのことをよく知っている人で正直に話してくれる人、例えば仕事仲間や友人、家族に聞いてみることです。

それをもとに、仕事や社会生活で褒められたことを思い出すと、自分の長所が見えてくるはずです。

これらをもとにして、最後は自分なりに長所をまとめるのです。

そこで、次にその長所を伸ばすための方法について考えてみましょう。

限界を決めつけない

長所というのは何かにおいて他人よりも優れていることなのですが、その長所はまだまだ伸ばす余地があるはずです。

誰にも追従されないようなレベルにまで、伸ばすことが理想のはずです。

そのためには、あらかじめ限界を設けてしまっては、伸ばすこともできなくなります。

ここまで来ればもういいだろうと納得してしまえば、長所も値打ちが無くなるのです。

誰かが同じような長所を真似るかも知れないからです。

そうなってしまえば、その人の存在も影が薄くなってしまうのです。

そんなことにならないように、また誰にも追いつかれないようにするためにも、しっかりと長所を伸ばすことが大事なのです。

限界を決めつけないことです。

自分としっかり向き合う

自分の長所や短所も知り尽くした上で、長所をしっかりと伸ばすことが必要と書きました。

そのためにも、ありのままの自分をしっかりと見つめて、長所を伸ばすためにも何をすべきかを考えて行動することです。

自分としっかり向き合うことが必要なのです。

他人と自分を比べない

「隣の芝生は青く見える」ということわざがあります。

同じものでも、他人のものが良く見えることです。

決して劣ってはいないけれども、自分に自信が無くなってしまい負けているのではと錯覚するのです。

決して劣っていなくても、そのように思ってしまうのです。

だから、安易に他人と自分を比べないことです。

そもそも条件が違っていたりして、公平に判断できないかも知れないからです。

そんなことに気を遣うよりも、自分としっかり向き合って、自分の長所に磨きをかけることに徹するのです。

すると、自分の方の芝生が青く見えると言われるようになるのです。

過去を振り返らない

以前はこうしていたとか、昔はできていたのに今は無理だなどと、過去を懐かしむ人も多いようです。

しかし、過去ばかりにとらわれていても、未来は切り開かれません。

未来に自信がない人は過去を懐かしがり、よく過去を振り返るのです。

現在の自分は、もう認めてもらえなくなっているようです。

かっては得意だったことも、長所としては認められなくなったのです。

将来の希望も夢も目標もなくなってしまったかのようです。

「昔は良かった」とか「昔は俺は凄かったんだ」というように、過去にこだわってしまっているのです。

長所など、消えてしまっているのです。

長所を伸ばさなかったので、いまやそれも短所になってしまったのです。

もっと、未来に関心を持たなければ劣化するだけなのです。

プライドは捨てる

未来志向で生きていくには、邪魔なプライドは必要ありません。

つまらないプライドなどは、人生においてもメリットはないのです。

古い自分の考え方や固定観念に固執して、世間から置いていかれてしまっているのです。

つまりは、素直になれないのがひとつの原因なのです。

もっと他人のアドバイスを聞いたり、情報を手に入れることで、もっと良い結果を出せるのに、自分のプライドに変にこだわってしまい損をしているのです。

これは、プライドが高い人の特徴ともいえることで、非常に頑固なのです。

根本的に、他人にアドバイスや命令をされることが嫌いなのです。

核心を突かれても、決して認めたくない性格なのです。

そんな人には、もう誰もアドバイスをしてくれなくなるのです。

長所を伸ばすために必要な最新の情報も入らなくなるのです。

長所も停滞しているだけで、いずれみんなに抜かれてしまうのです。

長所も色あせてしまうのです。

理想の姿を追い過ぎない

理想を追い求める人というのは、現在の自分に満足していない人なのです。

あのような人間になりたいという夢があって、なりたい自分をしっかりとイメージしているのです。

例えば、ある俳優が好きになって、自分もあのようなスターになりたいと夢を持つのです。

いろんなオーディションにも参加したけれども、なかなか認めてもらえない状況です。

それでも理想の姿を諦めずに夢に向かってまっしぐらに突き進んでいくか、現実の自分を見つめ直して自分の身の丈に合った生活を送ることを決心するかは人それぞれなのです。

しかし、夢を追いかけなければ成長はありません。

理想を追い求めることは大事ですが、長所を伸ばそうと追い求め過ぎないことも大事なのです。

ネガティブに考えない

せっかくの優れた長所があるのに、それを活用しないで何でもネガティブに考えて行動を起こさない人は問題です。

「これは今の自分の能力ではきっと無理だ」とか「途中で失敗してしまいそうだ」などと、始める前からネガティブな結論を出してしまうからです。

長い人生ですので、ひとつひとつネガティブに考えてしまうと、ものすごく保守的な人間になってしまいます。

今の自分に納得しようと自己暗示にかけてしまうのです。

周りの人の意見もアドバイスも受け付けなくなるのです。

これではせっかくの長所を伸ばすどころか、良いところを引きずり降ろしているようなものです。

ネガティブに考え過ぎると、長所は決して伸びるとはないのです。

長所を伸ばすとどんなメリットがあるの?

人は生まれながらにして何かしらの良いところ、つまりその人の長所を持って生まれてきているのです。

勉強はできなくても体力は人並以上であるとか、速く走れるとか、記憶に優れているとか、いろいろあるはずです。

そして、その長所をますます伸ばすことに興味を持つことができたら、みんなが驚くような人になっているのです。

その道の天才とまで言われることもあるようです。

小さい時からお魚が大好きで、魚の名前や生態も知り尽くした結果、大学の准教授・博士になった「さかなクン」も有名です。

魚類学者でタレントやイラストレーターとして活躍しています。

これも、長所を伸ばしたことによるメリットだと思われます。

短所を補える

長所を伸ばしていくと、それが目立って活躍の機会が増えるので、もともとの短所もかすんでしまいます。

「そんな短所や弱みもあったのか」と、全く気が付かなかったことも起こるのです。

もちろん、誰にでも短所はあります。

でも、長所を伸ばして短所を隠すことも、カバーすることもできるのです。

野球のホームランバッターは、だいたい足が遅いのが定番になっています。

身体ががっしりとしていて体力があるので、強くボールを叩くことができるからです。

しかし、体重も重いので走塁は苦手ですが、ここというチャンスには期待されるのです。

足が遅くても、ホームランを打てばゆっくりと走ればよいからです。

長所を伸ばせば、短所を補うことができるのです。

自信がつく

長所が優れていて目立つようになれば、みんなはその長所に憧れて褒め称えるようになります。

歌が上手い人は、みんなから要望されていろんな機会で歌を披露するようになります。

他のことはさておいて、歌が上手いことはみんなに拡散されて、噂になってしまいます。

そんな噂を耳にすると、自分でもそのことに自信を持つようになります。

それだけではなく、みんなにもっと尊敬されたいと思うようになって、新しい活動にも積極的になっていくのです。

自分でもきっと新しいことでも上手く行くとポジティブに考えるようになって、良い方向にまわっていくのです。

長所もみんなに認められると、自信がつくのです。

人生を前向きに生きることができるようになります。

就職に役に立つ

就職の時の面接でも、長所を伸ばしておくと有利になります。

というのも、長所が仕事に関係するような特技になっているかも知れないのです。

例えば、語学が好きだったので、英語だけでなく中国語やドイツ語も話せるように長所を伸ばした結果、貴重な人材として会社に歓迎されて即内定が決まったそうです。

もともと、会社に採用が決まってから、社内研修で語学を学ばせるのですが、その必要もないからです。

それと、長所を自分で確認して、それを伸ばそうと努力したことに対して、前向きな努力家だと思われたのです。

性格的にも優れていると認められたのです。

仕事に役立つような長所は、とても就職に役立つのです。

スキルアップできる

長所が仕事に必要なものであれば、入社してからもそれを伸ばす機会はたくさん与えられ増すので、ますます伸ばしてスキルアップできるのです。

仕事を任せてもらえる

スキルアップができてくると、会社も安心して仕事を任せられます。

仕事の能力が上がっていて上手く進むと期待できることと、そういう前向きな意識があるという性格的なところが信頼されているからです。

人として成長できる

長所を大事にしている人は、短所にこだわって萎縮してしまうこともなく、長所を活かして頑張ろうという意欲が感じられるからです。

これは、人としての生き方を表しているようで、人としての成長が期待されるのです。

好印象に思われる長所とは?

みんなが憧れるような長所を持っている人は、素晴らしい人だと周りの人は好印象を持つものです。

みんなに好印象を与えるような長所とはどのようなものかを考えてみました。

こんなことで好印象を与えるのだろうかと思いますが、現実にはやはり印象を良くしているようなのです。

あなたもそれを頑張れば、きっと印象は上がるはずです。

協調性

社会人になったら、周りの人と上手く協調していくことが重要です。

なぜなら、個人プレーよりも社内のチームで一丸となって目標に向かって進んで行くことが大事だからです。

つまりは、団体の活動が増えるからです。

個人プレーばかりが得意な人は、たとえ能力が高くても扱いにくくなるからです。

それに対して、協調性を大事にしてチームワークを重視する人は、将来みんなをまとめるリーダーとしても期待されるのです。

責任感

会社でも住んでいる地域社会でも、責任感を持って行動することはとても大事で基本的なことです。

無責任な人というのは自分勝手で、みんなが困っても知らぬ顔なのです。

だから、みんなから信頼されないでしょう。

責任感が強いという長所は、何事も責任を持って取り組んでくれるということで、みんなに安心感を与えるというとても大事な要素なのです。

責任感が強い人は、好印象なのです。

コミュニケーション能力

コミュニケーションが得意で長所だと言える人は、誰とでも分け隔てなく和やかに話すことができるのです。

その場の雰囲気を掴んで、困った事や難しいこともみんなと共に解決していくという能力にも長けているのです。

みんなに信頼されて、好印象に思われるのです。

コミュニケーションが苦手だという人は、好き嫌いが激しくて、自分が好きな人だけを選んで会話ばかりするようです。

他の人には全く関心が無いという態度で、雰囲気も読めない人が多いのです。

それを思うと、コミュニケーション能力が優れている人は、控え目の人も大人しい人も、全ての人に目を配ることもできるので、みんなを楽しくさせるようです。

そのようなみんなを引っ張って行くような頼もしい人として印象が良いのです。

素直

相手の言うことも、自分が考えていることも、どちらも素直に対応できるという性格は、大きな長所と言えます。

隠し立てをせずに、素直に心の中を伝えることができれば、みんなの信頼も得ることができるのです。

あの人は裏表がない人だと、評価されるのです。

素直な人には、みんなが集まってくるのです。

向上心

現状のままを良しとせずに、常に向上心を持って事に当たる性格は、周りの人にとってはとっても頼もしい限りなのです。

その人について行けば、もっとスキルが上がるとか、勉強になるという期待を込めて見られるのです。

決してあきらめないという意気込みも感じられるのです。

自分らしく生きていれば長所は必ず伸びる!

自分の短所を改善して長所を伸ばそうと思っても、そう簡単には行きません。

例えば、スタイルを良くしようと思い、まずは気になっている太ももとウエストをダイエットしようと思っていろいろと努力したけれども、バストが小さくなったり筋肉が落ちたりと、結局は関係がない部分にも影響が出てしまったということがあります。

スタイルが良くなるどころか、長所であった綺麗な形のバストが崩れてしまったのです。

やらない方がよかったということです。

だから、まずは自分の長所を自覚する事から始めて、そこを少しずつでも伸ばすことを考えることです。

極端な行動は避けて、自分らしく過ごしながら伸ばしていくということです。

そもそも長所なのですから、大事にして自分らしく生きていけば、長所は必ず伸びていくのです。