CoCoSiA(ココシア)

お詫びの言葉で気持ちを伝える5個のコツ


長い人生生きていれば当然楽しいことや幸せなことばかりとはいかず、”誰かにお詫びをしなければいけない”そんな心苦しい瞬間だって結構いろんな場面でやってくるものですが…。

この”お詫び”って結構難しいものだと思いませんか?

こちらがどれだけ反省して誠意を持って謝ったとしても、その誠意がなかなか相手にちゃんと伝わらない、ということもあったりしますし。

最悪の場合は、相手の気に障るような謝り方をしてしまいかえって怒らせることになってしまった、なんてことも…。

そう、お詫びというのはこちらがどんなに気持ちを込めたとしても、1つやり方を間違えればそうして失敗をすることもあるから本当に難しいところ。

一体どんなお詫びをすれば正解なのか?どうすれば申し訳ないという誠意が相手にちゃんと伝わるようになるのか?きちんと把握しておきたいものなんですよね。

そこで今回はこの記事でその気になる”お詫びの正解”を皆さんに伝授!

失敗することなくしっかりと気持ちを伝えられるお詫びができるようになる、そんなとっておきのコツをご紹介していきたいと思いますよ。

しかもコツといっても別に特別なことはなく本当にちょっとしたことに気を付ければいいだけなので、きっと皆さんもすぐにできるようになるはずです。

なのでここで正しいお詫びの仕方を覚えて、今後いろんな場面で使えるようにしていってみてくださいね。

お詫びをして気持ちを伝えること、結構ありますよね

“何かミスをしたり悪いことをしてしまって人の気分を害し、お詫びをしなければならない状況になってしまった”――冒頭でもお話したように、人間生きていればこういう瞬間というのは必ずやってくるもので、そして意外と機会が多いものだったりします。

例えば仕事で失敗をして周りの人に迷惑をかけてしまったり。

あるいは親しい人とケンカをして傷付けてしまったり。

などなど……そんな感じでお詫びをしなければならなくなる状況というのは本当に様々な場面にあり、どれだけ行動に気を付けていたとしても突然訪れたりするんですよね。

きっと読者の皆さんも何度か経験をしたことあるのではないでしょうか?

どんな人に伝える?

では、世の中の人は一体どんな状況でどんな人に対してお詫びをしているものなのか?

まずはそこのところをもっと具体的に見ていくことにしましょう。

ここを読めば、「こういう失敗でこういう相手にお詫びをすることになるんだなぁ」というのをよく知ることができますし。

お詫びをしなければいけない状況というのがいかにいろんな人に訪れやすいものかというのも分かるようになりますからね。

また世の中の人が相手によってどんなお詫びの仕方をしやすいなのか、についても簡単にまとめていきます。

「自分もそうかな?」なんていう風に自身の行動を振り返ってみたりと色々参考にしてみるのも良いと思いますよ。

家族

人がお詫びをする相手として意外に多いのが、実は家族。

やっぱり家族というのは1番親しい存在であり同じ空間で一緒に過ごすようにもなりますし、遠慮をする必要もない相手ですからね。

ケンカなどをする機会なども増えてきたりしてしまいますし、時には配慮が足りず気付かない間に傷つけてしまっていた…なんてことだってあったりもして。

それだけお詫びをすることも多くなってきたりしてしまうんですよね。

ただ家族の場合はやはり恥ずかしさなどもあって、なかなかしっかりとお詫びができないという人が結構いるようです。

お詫びをしたとしても「ごめん…」と一言簡単なものになってしまうとか、そういうパターンになりやすいようですよ。

仕事先の上司


これは先程も例として挙げましたが…やはり人というのは常に完璧とはいかず、仕事で失敗することだって必ず度々あるものです。

そのため、仕事先でお詫びをすることになってしまった…こんな状況になりやすい人も当然結構見られるようになってくるんですよね。

特にお詫びをする相手として多くなってくるのは、上司。

仕事で失敗をして怒らせてしまったり、自分の代わりに色々な責任をとらせてしまったりと、気分を害したり迷惑をかけたりというのが多くなるのはやっぱり断トツで上司になってきますからね。

どうしたってお詫びをする機会が1番増えてくる相手になるんですよね。

まぁただこの場合は相手が相手ですからね。

先程の家族とは違い、きちんと誠意を持って丁寧にお詫びをする、という人が圧倒的になってくるようです。

どれだけ気分を害したかにもよりますが、中には直接だけでなく手紙やメールなども書いて何度もお詫びをする、なんて人もいたりするみたいですね。

友人

また世の中には、友人にお詫びをすることがある、という人も多かったりするようですね。

友人も先程の家族同様親しい存在で一緒にいることも増えてくるので、時にはケンカをすることもありますし。

長年一緒にいてかなり仲の良い友人などだとある程度遠慮などもなくなり、配慮が足りなくなってしまうことだってあるものですからね。

そういったことが原因でお詫びをするような状況になってしまう…という人もやっぱり結構出てきてしまうみたいなんですね。

ただ友人の場合は家族と違ってあくまで他人なのでそれなりに心遣いもできるようになりますし、お詫びもきちんとするという人の方が多くなってくるようです。

中には恥ずかしくてメールなどで話すなんて人もいたりするようですが、そういう人でも文章などはきちんと考えて、やはりかなり丁寧にお詫びはするみたいですよ。

お詫びの言葉は誰もが言う

このようにお詫びをしなければならなくなるような状況というのは身近な様々な場面から生まれやすく、そして誰にでも訪れやすいもの。

周りの誰かに対して「ごめんなさい」「申し訳ありませんでした」という風にお詫びをする機会って意外と多いものだったりするんですよね。