このご時世、人間がたった一人で生きて行くなんて不可能と言われている位、生活していく上で周りの人と関わらない訳にはいきませんよね。

そんな社会生活の中で、周りの人と上手く協調して生活していける人と、そうでない人が居ます。

その違いは一体何なのでしょうか?

この記事では周囲の人と上手くやっていける人と、やっていけない人の違いについて解説していきます。

誰だって周囲の人と上手くやっていきたいはず!

周囲の人と関わりを持たずに生きていきたいという人がいたとして、果たしてその人は「なんのストレスもなく周囲の人と関わる事ができても一人で生きて行きたいですか?」と聞かれると何て答えるでしょうか?

誰だって周囲の人と上手くやっていきたいと思っているはずです。

しかし、それが上手くいかないからこそ人間関係に悩み、一人になりたいと思ってしまうんですよね。

ストレスを感じたくない

周囲の人と付き合うに当たって一番大きな障害はストレスではないでしょうか?

周りに気を遣って、周りの顔色を窺ってばかりで神経を張り詰めていると疲れてしまいますよね。

そんな生きているだけで疲れる社会に辟易している人は少なくないはずです。

一人では生きていけない

周囲の人と関わることをストレスに感じている人は少なくありません。

しかし人は一人では生きていけないものです。

現実問題仕方ないと思っているから周囲と関わること選んでいる人は少なくありません。

その中でネガティブな気持ちが前面に出てしまう周囲の人と上手くやっていけなくなることもあるでしょう。

周囲の人と上手くやっていける人の特徴とは

いつも笑顔で人に愛されコミュニケーションを上手く取れる人の特徴とは何なのでしょうか?

周囲とうまくやっていける人の特徴をご紹介していきます。

周囲の人とうまくやっていける人の特徴をチェックして真似するところから始めてみましょう。

褒め上手


周囲の人と上手くやっていける人の特徴は褒め上手であることです。

褒め上手な人は周りの人もいい気持ちにさせることができませんと人が集まってくる傾向にあります。

それに周りの人を褒めて課題を膨らましコミュニケーションをることで周囲の人とうまく付き合っていけるのです。

些細な点に気づける観察力

上手な人の多くは、もう一つらも気づいていなかった点に気づき褒めることができる観察力を持っていることが多いといえます。

みんなが気づくことよりも自分ですら気づいていなかったことを褒められると、褒められた人はより嬉しいと感じることでしょう。

そういうことができるのが褒め上手な人です。

誉め言葉のチョイスが上手

褒め上手な人は語彙の多い人が少なくありません。

ただ単に「いいね」「素敵だね」と褒めるよりも「その色がとても似合っているね」「このフォルムがあなたのスタイルの良さを際立たせている」など、人とは違った褒め方をすることができます。

特別な褒め方をされることで褒められた人もより嬉しく感じることでしょう。

自然に褒められる

いくら褒め言葉を言ったところで、あからさまであったりわざとらしかったりする褒められた人にも気づかれてしまうものです。

褒め上手な人は自然に本心から褒めていることを感じさせる誉め方ができます。

不自然な褒め方は、逆に不信感を感じさせてしまうので人を褒める時に絶対にNGです。

空気が読める

周囲の人と上手くやっていける人は総じて空気の読める人が多いと言えるでしょう。

周りの空気を敏感に読み取ることで、自分の立ち位置を的確に調整することができるのです。

人と付き合う上で空気を読めるというスキルはとても大切なものです。

周囲の人を自然と誘導できる

空気の読める人というのは、周囲の人同士で意見がバラバラになった時など自然と意見をまとめて周囲の人を誘導する事ができます。

集団にとってより良い方向に導いていく事で、周囲の人から厚く信頼を受ける人も多いですね。

争いを嫌う

周囲の人と上手く付き合う上で最も大切なのが争いを避けるということです。

小さな諍いや人間関係の悪化などによる喧嘩を上手に避けることのできる人が周囲と上手に付き合っていけることでしょう。

似た人が集まり平和な集団になる

争いを嫌う人には、同じく争いを嫌う人が。

争いを好む人には。

同じく争いを好む人が集まるものです。

自らが争いを嫌う事で、穏やかで安定した人達が周囲に集まってきて特に協調しやすい集団ができあがるという事があります。

謙虚

傲慢な人というのは自分本位で周りを振り回し、周りの人からするとトラブルメーカーだったり敬遠したい人物である事が少なくありません。

その反対に謙虚な人は控えめで周りの人と調和する事ができるので、人が集まりやすく謙虚な人は周囲の人とうまくやっていく事が得意な場合が多いと言えますね。

周囲の人も、鼻に突くような傲慢な人よりかは自分の成功を鼻にかけず謙虚な姿勢を見せてくれる人の傍に居たいと思う事でしょう。

日本人は謙虚な人が好き

謙虚な人間性は日本人の代表的な性格であるとも言えます。

自分の事をひけらかさず、控えめにいる事が美徳であると考えられ現代においてもその特性は人々の考え方の根底に根付いています。

日本人は謙虚な人が好きなのです。

人に好かれる人が周囲と上手くやっていけるのは当たり前であるとも言えますね。

協調性がある

大人数の中で上手くやっていこうと思えば最も重要なのが強調製を持つという事です。

特に近頃では「個性を持つ」という事と「協調性を持つ」という事を勘違いし、周囲の人に合わせるのは格好悪いと勘違いしてしまっている人も少なくありません。

大人数の中では、ある程度周囲の人の動きに合わせたり、周囲の人の行動を見て自分の行動を決めるような柔軟な協調性が必要です。

人の悪口を言わない

人の悪口を言う人というのは、信用を失います。

特に陰で人の悪口を話す人に対して、誰かの愚痴を話せますか?

「この人に愚痴を話すと、どこかで言いふらされてしまうかもしれない」と思うものです。

表面上は何となく仲良くしていても、心の距離は遠く本当に信頼できるような人に話す事は自分にだけ話して貰えず気付かない内に孤立してしまう事も少なくありません。

周囲の人と上手くやっている人は、そんな人間の心理をよく理解しているからこそ人の悪口を言わないのです。

コミュニケーション能力が高い


コミュニケーション能力が高く、誰とでも楽しく関わる事のできる人は、周囲の人と上手くやっていく事のできる人と言えますね。

会話が受け身の人は、誰かが話を振ってくれなければコミュニケーションが取れませんが、自分から会話を持ちかける事の出来る人というのはどんな人ともコミュニケーションがとれるので、どんな集団にも割とスムーズに入っていき、その周囲の人と上手くやっていく事ができるのです。

話しかけやすい

コミュニケーション能力の高い人というのは、全くの他人であっても声をかけやすく話しかけやすい人が多いですね。

周囲と上手くやっていくには、自分発信だけでなく周囲の人に働きかけて貰う事も重用です。

話しかけやすい人には自然と周囲の人から情報が集まってきて、更に周囲の人と上手くやっていけるようになるものなのです。

常識がある

周囲の人と上手くやっていく事のできる人に欠かせない要素が常識があるかどうかという事です。

周囲の人とのやりとりの中には、その根底に世間一般的に当たり前とされている常識が存在します。

その常識がないと、周囲の人と上手く調和する事ができないのです。

常識にも友人としての常識、社会人としての常識、職業内の常識など様々な常識があり、周囲の人と上手くやっていける人は様々な常識を持ち合わせている事が多いですね。

礼儀正しい

親しき仲にも礼儀あり、というように、どれだけ周囲の人と仲良くなったとしても最低限の礼儀を欠かせば上手くやっていく事はできません。

常識はある人というのはもちろん最低限の礼儀をしっかりと弁えているものです。

だからこそ周囲の人と気持ちの良いやりとりで上手く付き合う事ができるのでしょう。

盛り上げ上手

楽しい人や明るい人の元には自然と人が集まるものです。

盛り上げ上手な人には自然と人が集まってきて、その集団は盛り上げ上手な人を中心として集まっているので自然と周囲の人とも上手くやっていける事でしょう。

集団の中の欠かせない存在

盛り上げ上手な人が居るのと居ないのでは集団の質が全く変わってきます。

集団にとって盛り上げ上手な人というのは欠かせない存在なのです。

そのため周囲の人と上手くやっていける反面、周囲の人に求められているからこそ周囲の人が合わせてくれているという面もありそうですね。

いつも笑顔でいる

笑顔でいる人というのは安心感や話しかけやすさ、穏やかさなど良い印象をたくさん周囲の人に感じさせます。

そのため周囲の人が笑顔の人に引き寄せられるように集まってくる事でしょう。

また、周囲の人の雰囲気が悪くなっても、いつも笑顔でいてくれる人の存在のおかげで場が収まり雰囲気が正常に整えられる事が少なくありません。

いつも笑顔の人というのは集団にとっての癒しであると言っても良いでしょう。

裏表のない人

いつも笑顔でいる人というのは裏表を感じさせない人間性を持つ人の事です。

誰しも心の中を覗く事は出来ません。

そのため普段の態度や性格からその人の本質を判断するのです。

いつも笑顔でいられる人というのは裏表がない人と判断されて信頼を置かれやすい事から周囲の人と上手く付き合う事ができるのでしょう。

感謝の気持ちを表現するのが上手い

周囲の人と上手くやっていける人の多くが、感謝の気持ちを持ってそれを言葉や行動で上手に表現する事のできる人です。

些細な事でも、しっかりと相手に感謝する事は勿論ですが、後から改めてお礼のメールをしたり、時には手紙やプレゼントなどで感謝を形にできる人は周囲の人と上手くやっていける人であると言えますね。

感謝した事を忘れない

人に何かをしてもらった時に感謝をするのは当然の事ですが、その記憶を忘れずに感謝の気持ちを持ち続ける事のできる人は多くありません。

特に周囲の人と上手くやっていける人は感謝した事を忘れない能力に長けている事が多いですね。

過去の事でもしっかりと覚えていて、感謝できるような人は困った時に他人が自然と手を差し伸べてくれる人です。

そんな人だからこそ周囲の人とも上手に協調していけるのでしょう。

目上の人を敬い目下の人を守れる人

周囲の人と上手くやっていける人は目上の人をしっかりと敬う事ができ、目下の人を自分の背中で守れる人が多いですね。

目上の人には可愛がられ、目下の人には慕われる。

そんな人だからこそ周囲の人に好かれて上手くやっていけるのでしょう。

周囲の人と上手くやっていけない人の特徴とは

逆に周囲の人と上手くやっていけない人もいますよね。

どんな集団に入っても最初から孤立してしまったり、最初は集団の中にいても段々と1人になってしまう人です。

そんな周囲の人と上手くやっていけない人とはどんな特徴を持っているのでしょうか?

マイペース

常に自分の都合や自分の時間軸のみを重視して、行動してしまうマイペースな人は周囲の人とうまくやっていけない傾向にあります。

他人の都合に合わせるのが苦手で、ついつい自分本位になってしまう周囲の人と噛み合わなくなってしまいがちですね。

自己都合に人を巻き込む

マイペースな人の最も周囲の人と上手くやっていけないポイントは、自分の都合に人を巻き込もうとする所です。

マイペースでも自分一人で完結している場面ならそれで構わないでしょう。

しかし他人と一緒に行動しなければいけない場面でマイペースを発揮してしまうと周囲の人を巻き込んでしまう事になります。

他人の迷惑を考えない無神経さが周囲の人から敬遠されていくのかもしれません。

人の意見を聞かない

自分が「こうだ」と思ったら、例えそれが理にかなっていなかったとしても自分の主張を曲げずに人の意見を聞こうとしない人は周囲の人と上手くやっていけません。

他人のアドバイスというのは第三者目線でみた、理にかなった効率の良い意見である事が少なくありません。

その意見を無視してまで自分がこうしたいからといって効率の悪い方法を選ぶ人には周囲の人も呆れてしまう事でしょう。

プライドが高い

人の意見を聞かない人の多くがプライドが高く、自分の言動を否定されるのを極端に嫌がる人であると言えます。

どれだけ理にかなった叶ったアドバイスをしようとも聞き入れようとしないのは、意固地になっているだけです。

周囲の人はそんな人を見て「扱いにくい人だな」と感じて離れていくのでしょう。

わがまま

自分の利益のためだけに行動したり、自分の気分によって全体の行動をかえさせようとするわがままな人も周囲の人と上手くやっていけない人であると言えます。

最初の数回は周囲の人が仕方なく合わせてくれていたとしても、それが毎回の様に続けば周囲の人も愛想を尽かして離れていってしまいます。

調子に乗りやすい

わがままを言う人というのは調子にのりやすい人であるとも言えます。

周りが気を遣っているのにも気付かずに自分の意見が通った事に無条件に喜び、わがままを繰り返す様子はまるで子どもです。

周囲の人は次第に相手にしなくなり気付いた時には周囲に誰もいなくなっているという事が多いですね。

飲み会などの誘いに乗らない

飲み会などの親睦を深めようと催された会に頑なに参加せず、いくら誘われても飲み会などの誘いに乗らない人も周囲の人とは上手くやっていきにくいでしょう。

最近では若い人の飲み会離れなどがよく聞かれますが、結局は周囲の人に合わせる事なく自ら孤立していってしまっているので噛み合わない点も出て来るでしょう。

特に飲み会翌日に、飲み会の時の話で盛り上がる周囲の人の中で孤立してしまうのは自業自得と言えます。

自分の気乗りしない事は基本不参加

飲み会に限らず集団でイベントをする際に、自分の気乗りする事には率先して多くの参加を求めるにも関らず、自分の気乗りしない事は基本不参加を決め込む人がこのタイプと言えます。

周囲の人からすれば完全に自分本位で、害はなくとも心証は良く無いでしょう。

要領が悪い

先を良そうできず、効率の悪い方法ばかりを選んでしまう人も周囲の人と上手くやっていけませんn。

周囲の人にとって要領の悪い人と一緒に居る事で自分の行動プランを崩されてしまう訳ですから、周囲の人が要領の悪い人を避けてしまうのは仕方の無い事でしょう。

しかし、周囲の人も高度な事を求めている訳ではありません。

当たり前に聞いたり見たりすれば分かる事を聞かない、見ないせいで要領が悪くなるために避けられてしまうのです。

基本的な事を理解していない

この場合の要領の悪い人というのは「能力の低い人」という訳ではありません。

集団にとって基本的で当たり前の事を理解していない余り、要領が悪くなってしまっている人の事を指すのです。

そもそも分からないなら誰かに確認をとるなり、やりようはいくらでもあります。

しかしそんな基本的な事すらできないため集団に疎まれてしまうのです。

真面目過ぎる

集団の中では時に悪ふざけをしありジョークを言ったりする事もあるでしょう。

そんな時に真面目すぎて場の雰囲気を壊すような発言をしてしまう人は、周囲の人と上手くやっていけない人である事が少なくありません。

勿論犯罪に繋がる行為や、人を傷付ける行為を止めるのは当たり前ですが、ちょっとしたネタであったり冗談までも真面目に受け取ってしまう人とは周囲の人も付き合いずらく感じてしまう事でしょう。

空気を読めない

真面目過ぎて周囲の人と上手くやれない人の多くは空気を読めない人です。

周囲の人が冗談であると当たり前に認識できている事を真面目に受け取って起こり、場の空気を乱してしまったりするために周囲の人から避けられるようになってしまうのです。

噂話が大好き

人のスキャンダルや悪口などの噂話が大好きで、何かあれば「どうしたの?聞かせて」と野次馬根性丸出しにしているような人は周囲の人と上手くやっていけない人と言っても良いでしょう。

スキャンダルを好み人のプライベートな話を伝言ゲームのように他人に言いふらして回る人の前では恐ろしくて自分の話なんてできません。

周囲の人が自然に離れていってしまい孤立してしまいがちです。

人の不幸で笑う人

噂話が好きな人の多くが、人の不幸な出来事やトラブルを笑い話にしようとしている人です。

本人は本気で面白いと思って周囲の人に言いふらしている事が多いですが、周囲の人からすれば悪趣味以外の何物でもないのです。

気分屋

気分が良い時には親切で穏やかだったり明るくて人好きする人でも、気分が悪くなるとあからさまに態度に出して横暴になる人は周囲の人と上手くやっていけない人が多いでしょう。

二面性がある人というのは周囲の人に警戒されます。

そしてその人の本質はどちらなのかと聞かれれば殆どの人が、機嫌が悪い時の横暴な姿があの人の本質だと思う事でしょう。

っそういったネガティブなイメージを持たれて周囲の人から孤立していってしまいます。

表面上は周囲と上手くやっているように見える

二面性のある気分屋な人は表面上は周囲の人と上手くやれているように見えるし、本人も周囲の人と上手くやっていると思い込んでいる事でしょう。

しかし、周囲の人からすれば気分屋な人は危険人物に他ならず全く信頼を置けない為に大事な話や重要な相談事はしません。

本人が気づいていないだけで周囲の人はジワジワと気分屋な人から適度に距離を置いているのです。

周囲の人と上手くやっていける人とやっていけない人の違いってなに?

周囲の人と上手くやっていける人の特徴と、周囲の人と上手くやっていけない人の特徴をご紹介しましたが、結局この違いって何なのでしょうか?

ストレートに言うと周囲の人とウなくやっていける人と、いけない人の違いは以下のようになります。

上手くやっていける人は常に相手の気持ちを考えている

周囲の人と上手くやっていける人は常に他人を思い遣った言動や行動を心がけています。

「この行動で周囲の人はスムーズに動けるか?」「この言動で誰か嫌な思いをする人はいないか?」と常に誰かの気持ちを考えて行動を起こしている人が多いですね。

自分の気持ちよりも相手の気持ちを先に考える事のできる人だからこそ周囲の人と上手く連携をとっていけるのでしょう。

相手を尊重した上で自分の気持ちを伝える事ができる

もちろん相手の気持ちばかり考えて自分の気持ちを一切我慢してしまっていては、周囲と上手くやっている訳ではなく周囲の人に合わせているだけの人です。

そんな関係だと次第に上下関係のような力関係が生まれてしまう自分に無理が生じてしまいます。

本当に周囲の人と上手くやっていける人というのほあ相手の気持ちを尊重した上で、しっかりと自分の意見や気持ちも主張する事ができます。

だからこそ、無理なく周囲の人と付き合っていけるのです。

上手くやっていける人は約束を守る

周囲の人と上手くやっていける人は、約束をしっかりと守る人です。

つまり信用を大切にする人だと言えますね、約束を守るというのは信用を得るという事です。

自分の結んだ約束にきちんと責任をもってそれを守る誠実な面が周囲の人かたの信頼を得て上手くやっていくための潤滑油になってくれているのでしょう。

上手くやっていける人は言い訳をしない

誰しも間違いや失敗は必ずあります。

周囲の人も完璧な人なんて存在しないという事は重々理解しています。

けれども間違いや失敗をしてしまった時に言い分けをしてしまうという事は、自分本意で自分を擁護するために責任転嫁している無責任な行動に映ります。

それでは周囲の人からの信頼を失ってしまいますよね。

言い訳をしないという事は責任を果たし失敗も真摯に受け止めるという事です。

そんな真っ直ぐな態度が周囲の人に慕われるポイントでもあります。

素直に謝る事ができる

失敗や間違いを犯してしまった時に、素直に謝罪ができる人だからこそ周囲の人も失敗や間違いを犯してしまった事を含めてその人を受け入れてくれるのです。

年齢を重ねれば重ねる程直に謝る事の出来ない人が増えています。

自分の非を認めて真摯に謝罪するという行動にはその人の本質が良く現れています。

上手くやっていける人は面倒見がいい

周囲の人と上手くやっていける人は、人と人との間をスムーズに繋げていく能力に長けている人が多いと言えます。

デキる人にはお願いして、出来ない人には手を差し伸べるような面倒見の良い人が多いと言えますね。

そんな面倒見の良い人が居るおかげで、周囲の人は意見を纏めて行動に移す事もでき信頼を集める人であるとも言えます。

橋渡し役になれる人

集団の中にも様々な立場があります。

その間を上手に立ち回って世話をやける人は橋渡し役として周囲の人に求められる人でもあります。

多くの人が集まる集団にとって橋渡し役は必要不可欠な存在です。

だからこそ、自然と周囲に人が集まってきて尚且つ橋渡し役になれる人が中心に上手くやっていけるのでしょう。

上手くやっていける人は自己分析能力が高い

周囲の人と上手くやっていける人は、自分の能力をしっかりと理解して立ち位置を変える事のできる人だと言えます。

つまり自己分析能力が高いと言いかえる事ができますね。

自分の能力を見誤る事なく出来る事や出来ない事を判断できるので、能力以上の仕事を引き受けて周囲の人に迷惑をかけるような事はしません。

「この人には任せた仕事は必ず仕上げてくれる」という実績を重ね、それが信頼へと変わっていくのです。

上手くやっていけない人は個人プレイが多い

マイペースであったり、気分屋であったりと周囲の人と上手くやっていけない人は大抵個人プレイが多い人であると言えます。

集団の中ではチームプレイが基本です。

チームの行動、チームの目標を達成するための行動を周囲の人がする中で、個人の目標達成するためだけの行動に走る人は周囲の人に疎まれてしまう事でしょう。

自分の利益だけを追求している

時には個人プレイが集団の利益となる事もあるでしょう。

しかし、その場合は個人プレイの先に集団の利益がある事を理解している上で行動しているのです。

しかし、周囲の人と上手くやっていけない人の個人プレイは、あくまで自分の利益だけを追求するために周囲の人を利用しようとしている事が多いのです。

上手くやっていけない人は第一印象で判断する

周囲n人と上手くやっていけない人の多くは物事を上辺だけで判断する人です。

それは人に対してもそうですね。

他人を第一印象だけで判断して、その人の本質を見ようとしない人は周囲の人と上手くやっていけません。

人は見た目が7割なんて言いますが、それだけではないのです。

残りの3割が集団の中で必要な本質かもしれません。

それを見抜けない人は逆に自分が爪弾きにされてしまう事でしょう。

上辺しか見れない人は他人の感情に疎い

人は笑っていても心の中で悲しんでいたり、怒っていても心の中では自分が傷付いていたりと複雑な感情をたくさん持っています。

第一印象で物事を判断するような上辺しか見る事のできない人はそんな複雑な感情に疎く、無神経な言葉や行動で周囲の人を振り回したり傷つけたりしてしまう事から、周囲の人と上手くやっていけないのです。

上手くやっていけない人は他人と比べてばかりいる

周囲と上手くやっていけない人は、常に他人の評価を気にして他人よりも優位に立とうとする人が多いのです。

悪口や噂話を言う人も、他人にとってネガティブな情報を周りに言いふらす事で、自分よち評価の悪い人を作ろうとしている訳です。

しかし周囲の人はそんな浅い魂胆を見破っているため、結局は自滅しているだけに過ぎません。

集団にも順位をつけようとする

集団の中にはそれぞれに適した役割があり、それが適材適所で発揮される事で周囲の人と上手く噛み合っていく事が多いものです。

しかし他人と比べたがる人は常に集団に順位をつけたがります。

そこで自分が一番下にならないように模索するのです。

本来集団に順位などないにも関わらず「あの人がリーダー格」「この人が一番要領が悪い」など勝手に上下関係を作ってそれを周りにも強いる事から嫌わていく事が多いですね。

誰からも好かれる人になろう!

周囲の人と上手くやっていくには平均的でオールマイティな能力が求められるという事がお分かり頂けましたか?

何かに突出していなくても良いから基本的な事を平均的に出来れば良いという事です、そうすれば誰からも好かれ周囲の人と上手くやっていく事ができるでしょう。

あなたも周囲の人と上手くやれる人に好かれる存在になって下さいね。