CoCoSiA(ココシア)

どこでも誰とでも上手くやっていける人・いけない人の19個の特徴


このご時世、人間がたった一人で生きて行くなんて不可能と言われている位、生活していく上で周りの人と関わらない訳にはいきませんよね。

そんな社会生活の中で、周りの人と上手く協調して生活していける人と、そうでない人が居ます。

その違いは一体何なのでしょうか?

この記事では周囲の人と上手くやっていける人と、やっていけない人の違いについて解説していきます。

この記事の目次

誰だって周囲の人と上手くやっていきたいはず!

周囲の人と関わりを持たずに生きていきたいという人がいたとして、果たしてその人は「なんのストレスもなく周囲の人と関わる事ができても一人で生きて行きたいですか?」と聞かれると何て答えるでしょうか?

誰だって周囲の人と上手くやっていきたいと思っているはずです。

しかし、それが上手くいかないからこそ人間関係に悩み、一人になりたいと思ってしまうんですよね。

ストレスを感じたくない

周囲の人と付き合うに当たって一番大きな障害はストレスではないでしょうか?

周りに気を遣って、周りの顔色を窺ってばかりで神経を張り詰めていると疲れてしまいますよね。

そんな生きているだけで疲れる社会に辟易している人は少なくないはずです。

一人では生きていけない

周囲の人と関わることをストレスに感じている人は少なくありません。

しかし人は一人では生きていけないものです。

現実問題仕方ないと思っているから周囲と関わること選んでいる人は少なくありません。

その中でネガティブな気持ちが前面に出てしまう周囲の人と上手くやっていけなくなることもあるでしょう。

周囲の人と上手くやっていける人の特徴とは

いつも笑顔で人に愛されコミュニケーションを上手く取れる人の特徴とは何なのでしょうか?

周囲とうまくやっていける人の特徴をご紹介していきます。

周囲の人とうまくやっていける人の特徴をチェックして真似するところから始めてみましょう。

褒め上手


周囲の人と上手くやっていける人の特徴は褒め上手であることです。

褒め上手な人は周りの人もいい気持ちにさせることができませんと人が集まってくる傾向にあります。

それに周りの人を褒めて課題を膨らましコミュニケーションをることで周囲の人とうまく付き合っていけるのです。

些細な点に気づける観察力

上手な人の多くは、もう一つらも気づいていなかった点に気づき褒めることができる観察力を持っていることが多いといえます。

みんなが気づくことよりも自分ですら気づいていなかったことを褒められると、褒められた人はより嬉しいと感じることでしょう。

そういうことができるのが褒め上手な人です。

誉め言葉のチョイスが上手

褒め上手な人は語彙の多い人が少なくありません。

ただ単に「いいね」「素敵だね」と褒めるよりも「その色がとても似合っているね」「このフォルムがあなたのスタイルの良さを際立たせている」など、人とは違った褒め方をすることができます。

特別な褒め方をされることで褒められた人もより嬉しく感じることでしょう。

自然に褒められる

いくら褒め言葉を言ったところで、あからさまであったりわざとらしかったりする褒められた人にも気づかれてしまうものです。

褒め上手な人は自然に本心から褒めていることを感じさせる誉め方ができます。

不自然な褒め方は、逆に不信感を感じさせてしまうので人を褒める時に絶対にNGです。

空気が読める

周囲の人と上手くやっていける人は総じて空気の読める人が多いと言えるでしょう。

周りの空気を敏感に読み取ることで、自分の立ち位置を的確に調整することができるのです。

人と付き合う上で空気を読めるというスキルはとても大切なものです。

周囲の人を自然と誘導できる

空気の読める人というのは、周囲の人同士で意見がバラバラになった時など自然と意見をまとめて周囲の人を誘導する事ができます。

集団にとってより良い方向に導いていく事で、周囲の人から厚く信頼を受ける人も多いですね。

争いを嫌う

周囲の人と上手く付き合う上で最も大切なのが争いを避けるということです。

小さな諍いや人間関係の悪化などによる喧嘩を上手に避けることのできる人が周囲と上手に付き合っていけることでしょう。

似た人が集まり平和な集団になる

争いを嫌う人には、同じく争いを嫌う人が。