人との縁というのは、確かに大切です。

ですが、やはりどうしても自分に得をしないような関係性というものもあります。

「得」と言うと、ビジネスライクに感じられるかもしれませんが、なんだかんだ言って、やはり人間は得をする人と付き合うというのが自然の摂理です。

たとえ力が絡んでいないと思っていても、「一緒にいて楽しいからこそ付き合っている」というような関係性もあります。

一緒にいて楽しいというのが、広い意味で「得をする」ということなのです。

このように考えていくと、嫌な気持ちになるのに付き合いを続けるというのは、よほど自分にとって良いことがない限りは続かないものです。

例えば仕事上の関係で、切っても切れないというような関係性でしたら、納得ができないような人間関係であっても、仕事だけと割り切って付き合うということもあります。

ですがそのような、仕事に絡んでいない人間関係で、自分にとって損をするような人というのは切っても差し支えないことが多いです。

そして、できればそのようなタイプの人というのは、早急に気がつくことができれば時間を無駄にすることもありませんし、その人との付き合いを切るための労力を使うこともありません。

では、気をつけるべき人について色々と見ていきましょう。

この記事の目次

いい人に見えるけど実は…!?こんな人には要注意!

気をつけるべき人というのは、見るからに悪人というケースはあまり多くありません。

確かに孤立していて、気の毒に思い声をかけてみたら、やはり残念ながら気をつけるべき人だったというような話もあるにはあります。

ですので、見かけにはよらないところもありますし、第一印象の接し方ではあまりよく分からない所があります。

もちろん第一印象だけで選ぶというのは難しいところがあるでしょう。

ですが、少し付き合っていくと、問題のあるタイプは色々なことが明らかになってきます。

下記のようなタイプの人は、できれば無理のない範囲で疎遠になると良いでしょう。

気をつけるべき人の15個のタイプとは


気をつけるべきタイプというのは様々ありますが、やはり複数あります。

では、そのような気を付けるべき人はどのような人なのかを見ていきましょう。

息を吐くように噓をつく

嘘をつく人というのは、基本的に避けた方が良いところがあります。

しかも息を吐くように自然に嘘をつくということであれば、既にも虚言癖である可能性が非常に高いです。

ただこの人たちも、好きでそうしているというよりは、育ちからこのようになってしまったというようなことが多いようです。

よくあるケースとしては、親御さんが厳しく、怒られないために嘘をついているということを繰り返しているうちに、段々と息を吐くように自然な嘘がつけるようになってしまったというようなことです。

確かに気の毒ではありますが、残念ながらこちらに害を及ぼすような嘘をつくような可能性もあります。

例えばですが、人を欺こうと思っているわけではなく吐いてしまうようなタイプの嘘であっても、仕事のミスなどで怒られないようにするために、責任をなすりつけられるというようなこともあります。

このようなことから、嘘をつく人は基本的に避けた方が良いでしょう。

人に感謝ができない

人に感謝ができない人は、常に相手側の落ち度や欠点を見ていることがあります。

ですので、「もっと何々をしてくれたらいいのに」と思うようなことも多く、感謝をするどころか責められるということもよくあります。

このようなタイプの人は、尽くしても尽くしても文句ばかり言われるようなところがあり、こちらが疲弊してしまうところがあります。

そのような人とは、さりげなく距離をあけていくと良いでしょう。

期限や約束を守らない

期限を守らないということは、社会人になってから非常に支障をきたすので、社会生活自体が難しいところがあります。

期限を守るというのは、会社員になってもそうですが、仮にフリーランスになったとしても同じようなことが言えます。

むしろフリーランスの方が期限が命と言っても良いでしょう。

プライベートにおいても、約束を守らない人というのは、だんだんと信頼を欠いていてしまうところがあります。

ですので、仮にどこかに遊びに行くような関係性だったとしても、そのような関係性も長く続かないところがあります。

やはり集団生活をしていくためには、期限や約束を守るという決まりを守るところが希薄だと、付き合いが長く続かないところがあります。

見栄っ張り

人は大なり小なり、他の人からよく見られたいという思いは確かにあります。

そのためにおしゃれもします。

ただこれも度が過ぎると考えものです。

例えばですが、ブランドもので身を固めることが豊かである象徴だということです。

色々とブランドものを身につけている人がいるとしたらどうでしょう。

もちろん自分の稼いだお金で、それをまかなうことができるということであればまだ良いのです。

ですが、そうではない場合カードローンなどを使ってても、そのような虚栄心を満たすようなところがあります。

そうなると最終的には、自転車操業のようにお金をやりくりしていかないとならなくなり、やがて仮に何かほころびがあると、すぐに破綻してしまうというような形になります。

このようなことは、自分だけで困るような問題ですが、時には人を巻き込んで、このような見栄っ張りな一面に困らされるようなこともあります。

ですので、見栄っ張りでも度が過ぎるような人であれば、やはり付き合い方を気を付けたほうが良いです。

目が笑っていない

人は楽しいことがあると、自然に顔全体で喜びを表現するところがあります。

目は三日月のようになったり、そのような形に近いような形になり、口も口角を上げ笑うような形になりますですが、人間は時に感情を隠すことがあります。

ですので、笑顔でも怖いと思ってしまうような場面はあります。

それはどのような場面かと言うと、口はちゃんと笑っているのに、目が笑っていないという状態です。

このような場合は、本当は笑顔でいたいと思っていないのに、無理矢理に笑顔を作っていると、そのような表情になります。

そのような目が笑っていないのに、口が笑っているというような状態が、人に不気味に見えてしまうというところがあるのです。

このような人は、心の奥底で闇を抱えている可能性もあります。

それだけでどうのこうのというわけではありませんが、やはり少し警戒をして付き合った方が良いでしょう。

八方美人


人は大なり小なり、人に良い顔をしたいと思うところがあります。

ですが、それも度が過ぎると、ただの八方美人になってしまうところがあります。

八方美人のどこがいけないのかと言うと、いない人の悪口を言うようなところも出てくるような場面があります。

例えばAさんが周囲に悪口を言われているとしましょう。

AさんがいないところではAさんの悪口を言い、そしてAさんには「みんなはこんなこと言っているけど、私は味方だからね!」と言って、その人の肩を持つような感じです。

そうすると、「この人の本心は何なんだろう」と思ってしまいますよね。

このような人の多くは、皆のようにAさんのことを嫌だと思っていても、Aさんにも嫌われたくないという思いから、そのようにしているというような場面もあります。

自分もいじめっ子だと思われたくないといったところでしょう。

このように、皆に良い顔をしていると、そのうち警戒されてしまうというところがあるのも確かです。

もし皆さんの周りにも、そのような人がいたら、自分には笑顔で接してくれるけれど、ご自分がいなくなったら悪口を言われている可能性もなきにしもあらずです。

少なくとも、このような人に悩み相談をするのはやめましょう。

そのような悩み相談をバラされ、皆の笑いものにしようとしている可能性もあります。

本音を絶対に言わない

大人にもなると、本音で何かを話し合うということはあまりなくなります。

何か思うところがあれば、さりげなくフェードアウトをしますし、表面上だけうまく付き合っていくということはよくあることです。

ですが、もし友達関係としてみたいということであれば、本音を絶対に言わない人というのは少し警戒した方が良いです。

特に警戒した方が良いのは、年収のことを聞いてきたり、家庭の事を根掘り葉掘り聞いてくるにもかかわらず、こちらから聞いてみた途端に、言葉を濁したりするような人です。

このような人は、人の情報を集めるのは好きだけれど、自分のことを話すのはあまり好きでない人が多いです。

このような差を目的は何なのかと言うと、もしおしゃべりな人であれば噂話のネタにしたいと思っているようなところもあるでしょう。

ですので、もしそのような話を持ちかけられてきた時に、「あなたは?」と聞き返すとどのような反応するかによって、本音を言う人か言わない人かというのが分かります。

もし本音を言わないタイプの人であれば、当たり障りのないお付き合いに止めるようにしましょう。

嫉妬深い

また嫉妬深い人というのも注意点の一つです。

恋人ではないから嫉妬深くても大丈夫なのではないかと思いがちですが、嫉妬深い人は何も恋人にだけそのようなことをするわけではありません。

友人関係においても、そのような嫉妬をすることがあります。

例えばですが、他の友人と仲良くしようと思ったら、割って入ってそれを引き裂くような感じにするような人だと要注意です。

小学生の時などによく見られるようなことでしょう。

ですが、たまに大人でもそのようなことをすることもありますし、高校生や中学生ぐらいの人となると、そのような嫉妬深い人に悩まされることもあるかもしれません。

その人ごとにベストの対応が違いますので何とも言えませんが、出来るだけさりげなく距離を置くというような形にするのが良いのは良いですが、うまく刺激をしないように距離をあけるのは悩みのタネといったところでしょう。

無責任

会社の関係ではないので、責任がどうたらというのはなくても良いのではと思いがちですが、やはりプライベートにおいても、その人の役割で何かをするということはよくあることです。

例えば何かの集まりがある時に、その人ごとの担当で色々とやることがあるでしょう。

そのような時に無責任な人だと、そのような準備ができていないというようなこともあり、集まりなどにおいても悪影響を及ぼすことがあります。

これは仕事の関係になればもっとそれが顕著に出てきます。

ですので無責任なところがあるということであれば、できるだけ当たり障りのない付き合いをし、このような集まりなどに招待をしないなど、責任を全うしないといけないような役割を与えないようにすることも必要になってくるかもしれません。

被害妄想が激しい

また被害妄想が激しい人も、非常に付き合いにくいところがあります。

何かあるとすぐに被害妄想が始まるということになると、日常生活の様々な場面において被害妄想が発動されてしまうことがあります。

そうなると、こちらとしても、どうしたら良いか分からずに、おどおどしてしまうところがあります。

だんだんと、その人の顔色を伺うような形になってしまうところもあるでしょう。

このような感じで、支配する者と支配されるものに分かれてしまうと、その逆転を図るというのは大変難しいところがあります。

それこそガツンと怒鳴りつけるなど、よほどのことがない限りは対等な立場になったり、立場が逆転するということはそこまでありません。

ですので、被害妄想が激しいタイプの方というのであれば、できるだけ当たり障りのないお付き合いにするか、フェードアウトするということを検討していくしかありません。

話し上手

話し上手というと、一見良いことのように思われます。

もちろん話上手だからといって、警戒しないといけないというわけではありません。

ですが、この話のうまさの質によります。

ただ単に面白い話をするだけの楽しい話ができるということであれば、何ら問題はありません。

むしろそのような人は、ムードメーカーのような感じになれることでしょう。

ですが、噂話が好きとか陰口が好きということになると、この話し上手というのが悪い方に出てしまうことがあります。

どちらにも割って入って、お互いの悪口を言ってたということを、話し上手に相手に言いつけることで仲違いをさせてしまうこともできるかもしれません。

話し上手にプラスアルファで何か問題があるということであれば、当たり障りのないお付き合いするというような形にするしかないでしょう。

お金にだらしない

お金にだらしない人というのも、やはり人間的には信頼できないところがあります。

お金を借りたのに返さないというような人が、そのような人にあたります。

お金を借りるというのは、本当に最終手段とした方が良いぐらいなのですが、お金にだらしない人は簡単にお金を借りようとします。

金の切れ目が縁の切れ目と言いますが、このようなことから友達関係が切れるということはよくあるようです。

しかも、万年お金に困っているということであれば、フェードアウトをしたかと思ったら急に「またお金を貸してほしい」と言ってくる可能性もあります。

お金の管理の仕方というのは人それぞれありますが、だいたい主は収入に見合った生活をしていくということができています。

ですが、そのような人はお金は借りれば良いと思っているので、お金にだらしなくなってしまうところがあるのです。

このような人は、経済的に損失を与えられる可能性もありますので、できるだけフェードアウトした方が良いです。

人の悪いところばかりを見ている

また人の悪いところばかりを見て、それを指摘するような人も、非常に面倒くさいところがあります。

その人が見ているところで、何かをすると、また悪いことを指摘されるのではないかと思うと一緒にいて楽しくないですよね。

仮に友人関係ということであれば、フェードアウト一択です。

ですが、中には会社の関係などで切れないような関係性もあるでしょう。

そして悪いところを指摘するのは、本当にその人のことを言って思っているのか、もしくは欠点の粗探しなのかということは、しっかりと確認した方が良いです。

もし前の日に指摘したことと違うことを次の日に指摘してきたということになると、ただの欠点の粗探しである可能性があります。

そのような時は、会社関係であれば他の上司や先輩などに相談をしつつ、特に問題がないということであれば気にしないようにすることも大切になってきます。

マナーがなっていない

やはり人間は生きていく上で、色々とマナーが必要になります。

これは社会人生活をしていく上において、非常に大切ですよね。

ですので、このマナーがなっていないというのも問題点の一つです。

挨拶ができない

基本的に、挨拶は人としての基本です。

その人と目が合ったり、存在が分かったら、なるべく挨拶をするようにすることが大切です。

ただ難しいのは、お話中であったりするというところで、割って入って良いのかというような悩みがあるような人もいるでしょう。

もちろんそのような状態であっても、問題なく挨拶ができるという人は大変素晴らしいことです。

ただもしそれが難しいということであれば、ひとまずは会釈をすることから始めてみましょう。

会釈をすれば、もし目と目が合っていたとしたら、きちんとそれを認識してくれると思います。

失敗しても謝らない

失敗をしたりしたら、謝るというのは人としての基本です。

ですので、それができないということになると、なんだか偉そうだと勘違いされてしまうこともあります。

確かに、失敗をして固まってしまうということもあるでしょう。

精神的にショックを受けているような状態で、もしかしたら謝罪の言葉が出てこないということもあるのかもしれません。

ですがやはり、人は言わないと通じないところがあります。

もしその時は、つい謝ることができなかったとしたら、後日落ち着いたところで「あの時は申し訳ありませんでした」というだけで大分心境が違います。

気分屋

気分屋の人というのも、非常に感情に振り回されるところがあり、こちらのペースを乱されることが多いのが特徴です。

同じような事をしてもニコニコとしている日があったかと思ったら、急に怒り始めるということになると、どのように接したら良いのか分からなくなってきます。

場合によっては、顔色を伺うような形になってしまうこともあるでしょう。

さらには、同じようなことを他の人がしても怒らないのに、自分がすると烈火のごとく怒るような状態だと一貫性のない人のように思われるところもあります。

こちらもケースバイケースですので一概には言えませんが、特にこちらに落ち度がないにもかかわらず、そのような対処の仕方をするということになると、気分屋である可能性は高いです。

確かに、そのような気分屋の上司や会社の先輩などは、切ることは難しいです。

そのような場合は当たり障りなく付き合い、もし友達関係ということであればできればフェードアウトした方がいいです。

こんな時にボロが出る!気をつけるべき人の見分け方法!

人は気をつけている時には、多くの場合は感じ良くしていることが多いです。

ですが、やはり心の奥底と違うということがあると、だんだんとそのボロが出てくるところがあります。

気をつけるべき人は、普段はそんな冷酷なところを人に見せないところはありますが、ふとした時に表情に出たりすることもあります。

では、気をつけるべき人はどのように見分けていたら良いのでしょうか?

ふとした瞬間の目線が冷たい

普段ニコニコしているような人でも、ふとした瞬間に目線が冷たいということになると、内面が少々違うところがあります。

ただごく稀に、真顔が怖いけど何も考えていないということもありますので悩むところです。

ですので目線が冷たいだけということであると、そこまで警戒しなくても良いかもしれませんが、他のことと重なるようなところがあるとしたら、もしかしたら心の奥底に冷たいものを抱えている可能性があります。

ですので目線が冷たいなと思ったら、念のためにその人の様子をさりげなくチェックし、もし話せるとしたら、周りの方にその方の評判を聞いてみると良いでしょう。

噂話や陰口を言う時に楽しそうにしている

普段は、いい人のように見えても、実は陰口が好きということになると、そのような時に生き生きと輝いているところがあります。

楽しそうにそのような話をするということは、その人をそのように貶めることに喜びを見出しているという可能性もあります。

例え八方美人で、自分にとっては良い態度をしているような人であっても、自分がいなくなったら集団で自分の悪口を言っている可能性だってあるのです。

ですのでこのような人であれば、少々用心した方が良いでしょう。

人によって態度をコロコロ変える

人によってコロコロ態度を変える人は気をつけるべきです。

それはなぜかと言うと、自分は強い立場のままでいられると良いのですが、そうでないと一気に窮地に立たされることがあるからです。

例えばですが、皆さんが女性だと仮定して、デートしている男性が優しいけれど店員には非常に冷たい態度をとるというようなことがあったとしましょう。

基本的に店員の人は、客である人に逆らうことはできません。

少々理不尽なことがあっても謝罪をして、その場を収めようとします。

ですので、店員を自分より下の立場の人だと思っていることがあるのです。

まれにその様子を見て「自分は特別扱いをして優しくしてもらっている」と喜ぶ女性もいるようです。

ですが、本当の地獄は結婚してからやってきます。

おそらく専業主婦になった途端に、冷たい態度を取られるようになるでしょう。

専業主婦にならなくても、育休などで仕事を休んでいるという時に、態度が大きくなるということもよくあることです。

そして働いていても、自分より年収が低いということになると、大きな態度に出ることがあります。

もちろんそれは、女性がそのような被害を受ける立場になるというわけではなく、男性でもあり得ます。

男性の場合は、多くの場合は仕事を辞めないので経済的自立は問題ないですし、妊娠出産により体調や環境が変わるということはありません。

ですので、女性に比べるとDV被害を払いのける力はあります。

ですが、病弱になった時に一気に態度が冷たくなるところがあるでしょう。

体が弱った途端に女性からのDVを受けるということもよくあることです。

電車の中や人混みなどでは態度が悪い

電車の中や人混みなど人が多くいるところというのは、基本的に知り合いがそんなに混じっていないと思われるケースが多いです。

そうなると、そのようなところで態度が悪いということも出てくるでしょう。

それは自分を知っている人がいないと、ここまで冷たくなれるということです。

話している時に話を遮る

たまに話している時に、話を遮ってしまう人がいます。

ついうっかりということもあるのかもしれませんが、大抵の場合は自己主張が激しくあまり人の話を聞いていないところがあります。

会話というのは、基本的に人と人との会話のキャッチボールで成り立ちます。

ですが話を遮り、どんどんと会話というボールを投げ込むというような感じですので、話していると疲れてしまうというところもあります。

ミスを認めず人のせいにしようとしている

こちらは仕事上の関係で嫌われる原因のひとつです。

自分のミスなのに、人のせいにしてしまうというところがあると、だんだんと信頼が得られなくなってしまうところがあります。

特に部下や後輩に対してそのようなことをやってしまうと、基本的に逆らうことができない関係性から表面上は何も言わないかもしれないけれど、心の奥底に不満を溜めてしまうということになります。

そうなると、ピンチの時に「この先輩のことを助けてあげたい」とか「この上司を助けてあげたい」という気持ちにならないところがあります。

このように人間関係が冷え切ってしまっては、仕事のチームワークで行うものですので、支障が出ることがあります。

気をつけるべき人と平穏に付き合っていくにはどうしたらいいのか

では、問題はそのような気を付けるべき人と、どのように接していったら良いのかということです。

フェードアウトができれば、それが一番でしょう。

ですが中には、どうしても切れない関係性もあります。

例えば会社の関係と言うと、もっとも切れない関係のひとつですし、よく聞く話では県営住宅などで役員などがあることから、横のつながりがあるということになると、これからも住んでいくなら関係性が切れないところがあります。

このようにどうしても切れない関係性があるというのもまた事実です。

では気をつけるべき人と、フェードアウトをせずに平穏に付き合っていくには、どのようにして行ったら良いのでしょうか?

話に乗らないようにする

基本的に大事なことは、話に乗らないようにするということです。

特に悪口や噂話というのは危険です。

ちょっと「そうだね」と言ったとなると「あの人も言っていたよ」と共犯にされてしまう可能性があります。

そうなると、自分自身の信頼が落ちてしまうということになってきます。

そうなっては危険ですので、悪口に関しては「どうかな?私はそうは思わないけど。」というような相槌を打つことも必要になってきます。

適当に相槌を打つ

もちろん話を聞いて適切に相槌を打つと、大変なことになることもありますが、基本的に適当に相槌を打つのも良いですよね。

虚言癖があるということであれば、基本的に適当に相槌を打っていても良いです。

悪口や陰口噂話に気をつければ、あとは適当に相槌を打つようにすることにして対処をすると良いでしょう。

1対1にならない

できれば一対一にならないようにするということも大切です。

基本的に、そのような信頼できない人というのは、「あの人もこう言っていたよ」というような感じで、勝手に自分を味方に引き入れられてしまったかのような言い方をすることがあります。

もし噂話など良くないようなことだとしたら、とんでもないとばっちりを受けるという形になってしまうのです。

これが一対一で会っていたということになると、この話が嘘か本当かというのを立証するのは難しくなってしまいます。

ですので、できれば複数人で会うようにしましょう。

そうすれば仮にそのようなことを言われたとしても、他の人が「この人はこんなことは言っていないよ。」と否定してくれることがあります。

自分であれこれと否定するよりかは、第三者によって否定された方が信じてもらえるところがあります。

ですので、極力その人と会わないといけない時は複数人で会うようにしましょう。

適度な距離を保つ

そしてできれば適度な距離感を保った方が良いです。

例えば会社関係でも、非常に親しく付き合うということもあるかもしれません。

ですが気を付けるべき人ということであれば、そんなに深く付き合うというのは危険です。

ですので職場では、挨拶をし仕事上のやり取りはするようにした上で、プライベートでの付き合いはあまり踏み込まれないようにしましょう。

できれば仕事中などは、にこやかに対処してくれるけれど、少々プライベートは謎な人と思われるぐらいが丁度良いです。

よく観察して気を付けるべき人か判断しよう!

表面上は良い人というのは大変多いです。

ですがその一方で、心の奥底というのはなかなか見えないところがあります。

ですがふとした時に、そのような心の奥底を感じられるような一面が垣間見れるということもよくあります。

ですので気を付けるべき点や、どのような人かということを押さえ、本当に「この人が良い人なのか」という観察をよくし、気を付けるべき人かどうかを判断しましょう。

そして気を付けるべき人に該当すると思ったら、できるだけ当たり障りなく付き合うとか、フェードアウトできる関係であればフェードアウトをするなどで対処するようにしましょう。