人との縁というのは、確かに大切です。

ですが、やはりどうしても自分に得をしないような関係性というものもあります。

「得」と言うと、ビジネスライクに感じられるかもしれませんが、なんだかんだ言って、やはり人間は得をする人と付き合うというのが自然の摂理です。

たとえ力が絡んでいないと思っていても、「一緒にいて楽しいからこそ付き合っている」というような関係性もあります。

一緒にいて楽しいというのが、広い意味で「得をする」ということなのです。

このように考えていくと、嫌な気持ちになるのに付き合いを続けるというのは、よほど自分にとって良いことがない限りは続かないものです。

例えば仕事上の関係で、切っても切れないというような関係性でしたら、納得ができないような人間関係であっても、仕事だけと割り切って付き合うということもあります。

ですがそのような、仕事に絡んでいない人間関係で、自分にとって損をするような人というのは切っても差し支えないことが多いです。

そして、できればそのようなタイプの人というのは、早急に気がつくことができれば時間を無駄にすることもありませんし、その人との付き合いを切るための労力を使うこともありません。

では、気をつけるべき人について色々と見ていきましょう。

いい人に見えるけど実は…!?こんな人には要注意!

気をつけるべき人というのは、見るからに悪人というケースはあまり多くありません。

確かに孤立していて、気の毒に思い声をかけてみたら、やはり残念ながら気をつけるべき人だったというような話もあるにはあります。

ですので、見かけにはよらないところもありますし、第一印象の接し方ではあまりよく分からない所があります。

もちろん第一印象だけで選ぶというのは難しいところがあるでしょう。

ですが、少し付き合っていくと、問題のあるタイプは色々なことが明らかになってきます。

下記のようなタイプの人は、できれば無理のない範囲で疎遠になると良いでしょう。

気をつけるべき人の15個のタイプとは


気をつけるべきタイプというのは様々ありますが、やはり複数あります。

では、そのような気を付けるべき人はどのような人なのかを見ていきましょう。

息を吐くように噓をつく

嘘をつく人というのは、基本的に避けた方が良いところがあります。

しかも息を吐くように自然に嘘をつくということであれば、既にも虚言癖である可能性が非常に高いです。

ただこの人たちも、好きでそうしているというよりは、育ちからこのようになってしまったというようなことが多いようです。

よくあるケースとしては、親御さんが厳しく、怒られないために嘘をついているということを繰り返しているうちに、段々と息を吐くように自然な嘘がつけるようになってしまったというようなことです。

確かに気の毒ではありますが、残念ながらこちらに害を及ぼすような嘘をつくような可能性もあります。

例えばですが、人を欺こうと思っているわけではなく吐いてしまうようなタイプの嘘であっても、仕事のミスなどで怒られないようにするために、責任をなすりつけられるというようなこともあります。

このようなことから、嘘をつく人は基本的に避けた方が良いでしょう。

人に感謝ができない

人に感謝ができない人は、常に相手側の落ち度や欠点を見ていることがあります。

ですので、「もっと何々をしてくれたらいいのに」と思うようなことも多く、感謝をするどころか責められるということもよくあります。

このようなタイプの人は、尽くしても尽くしても文句ばかり言われるようなところがあり、こちらが疲弊してしまうところがあります。

そのような人とは、さりげなく距離をあけていくと良いでしょう。

期限や約束を守らない

期限を守らないということは、社会人になってから非常に支障をきたすので、社会生活自体が難しいところがあります。

期限を守るというのは、会社員になってもそうですが、仮にフリーランスになったとしても同じようなことが言えます。

むしろフリーランスの方が期限が命と言っても良いでしょう。

プライベートにおいても、約束を守らない人というのは、だんだんと信頼を欠いていてしまうところがあります。

ですので、仮にどこかに遊びに行くような関係性だったとしても、そのような関係性も長く続かないところがあります。

やはり集団生活をしていくためには、期限や約束を守るという決まりを守るところが希薄だと、付き合いが長く続かないところがあります。

見栄っ張り

人は大なり小なり、他の人からよく見られたいという思いは確かにあります。

そのためにおしゃれもします。

ただこれも度が過ぎると考えものです。

例えばですが、ブランドもので身を固めることが豊かである象徴だということです。

色々とブランドものを身につけている人がいるとしたらどうでしょう。

もちろん自分の稼いだお金で、それをまかなうことができるということであればまだ良いのです。

ですが、そうではない場合カードローンなどを使ってても、そのような虚栄心を満たすようなところがあります。

そうなると最終的には、自転車操業のようにお金をやりくりしていかないとならなくなり、やがて仮に何かほころびがあると、すぐに破綻してしまうというような形になります。

このようなことは、自分だけで困るような問題ですが、時には人を巻き込んで、このような見栄っ張りな一面に困らされるようなこともあります。

ですので、見栄っ張りでも度が過ぎるような人であれば、やはり付き合い方を気を付けたほうが良いです。

目が笑っていない

人は楽しいことがあると、自然に顔全体で喜びを表現するところがあります。

目は三日月のようになったり、そのような形に近いような形になり、口も口角を上げ笑うような形になりますですが、人間は時に感情を隠すことがあります。

ですので、笑顔でも怖いと思ってしまうような場面はあります。

それはどのような場面かと言うと、口はちゃんと笑っているのに、目が笑っていないという状態です。

このような場合は、本当は笑顔でいたいと思っていないのに、無理矢理に笑顔を作っていると、そのような表情になります。

そのような目が笑っていないのに、口が笑っているというような状態が、人に不気味に見えてしまうというところがあるのです。

このような人は、心の奥底で闇を抱えている可能性もあります。

それだけでどうのこうのというわけではありませんが、やはり少し警戒をして付き合った方が良いでしょう。

八方美人


人は大なり小なり、人に良い顔をしたいと思うところがあります。

ですが、それも度が過ぎると、ただの八方美人になってしまうところがあります。

八方美人のどこがいけないのかと言うと、いない人の悪口を言うようなところも出てくるような場面があります。

例えばAさんが周囲に悪口を言われているとしましょう。

AさんがいないところではAさんの悪口を言い、そしてAさんには「みんなはこんなこと言っているけど、私は味方だからね!」と言って、その人の肩を持つような感じです。

そうすると、「この人の本心は何なんだろう」と思ってしまいますよね。

このような人の多くは、皆のようにAさんのことを嫌だと思っていても、Aさんにも嫌われたくないという思いから、そのようにしているというような場面もあります。

自分もいじめっ子だと思われたくないといったところでしょう。

このように、皆に良い顔をしていると、そのうち警戒されてしまうというところがあるのも確かです。

もし皆さんの周りにも、そのような人がいたら、自分には笑顔で接してくれるけれど、ご自分がいなくなったら悪口を言われている可能性もなきにしもあらずです。

少なくとも、このような人に悩み相談をするのはやめましょう。

そのような悩み相談をバラされ、皆の笑いものにしようとしている可能性もあります。

本音を絶対に言わない

大人にもなると、本音で何かを話し合うということはあまりなくなります。

何か思うところがあれば、さりげなくフェードアウトをしますし、表面上だけうまく付き合っていくということはよくあることです。

ですが、もし友達関係としてみたいということであれば、本音を絶対に言わない人というのは少し警戒した方が良いです。

特に警戒した方が良いのは、年収のことを聞いてきたり、家庭の事を根掘り葉掘り聞いてくるにもかかわらず、こちらから聞いてみた途端に、言葉を濁したりするような人です。

このような人は、人の情報を集めるのは好きだけれど、自分のことを話すのはあまり好きでない人が多いです。

このような差を目的は何なのかと言うと、もしおしゃべりな人であれば噂話のネタにしたいと思っているようなところもあるでしょう。

ですので、もしそのような話を持ちかけられてきた時に、「あなたは?」と聞き返すとどのような反応するかによって、本音を言う人か言わない人かというのが分かります。

もし本音を言わないタイプの人であれば、当たり障りのないお付き合いに止めるようにしましょう。

嫉妬深い

また嫉妬深い人というのも注意点の一つです。

恋人ではないから嫉妬深くても大丈夫なのではないかと思いがちですが、嫉妬深い人は何も恋人にだけそのようなことをするわけではありません。

友人関係においても、そのような嫉妬をすることがあります。

例えばですが、他の友人と仲良くしようと思ったら、割って入ってそれを引き裂くような感じにするような人だと要注意です。

小学生の時などによく見られるようなことでしょう。

ですが、たまに大人でもそのようなことをすることもありますし、高校生や中学生ぐらいの人となると、そのような嫉妬深い人に悩まされることもあるかもしれません。

その人ごとにベストの対応が違いますので何とも言えませんが、出来るだけさりげなく距離を置くというような形にするのが良いのは良いですが、うまく刺激をしないように距離をあけるのは悩みのタネといったところでしょう。

無責任

会社の関係ではないので、責任がどうたらというのはなくても良いのではと思いがちですが、やはりプライベートにおいても、その人の役割で何かをするということはよくあることです。

例えば何かの集まりがある時に、その人ごとの担当で色々とやることがあるでしょう。

そのような時に無責任な人だと、そのような準備ができていないというようなこともあり、集まりなどにおいても悪影響を及ぼすことがあります。

これは仕事の関係になればもっとそれが顕著に出てきます。

ですので無責任なところがあるということであれば、できるだけ当たり障りのない付き合いをし、このような集まりなどに招待をしないなど、責任を全うしないといけないような役割を与えないようにすることも必要になってくるかもしれません。

被害妄想が激しい

また被害妄想が激しい人も、非常に付き合いにくいところがあります。

何かあるとすぐに被害妄想が始まるということになると、日常生活の様々な場面において被害妄想が発動されてしまうことがあります。

そうなると、こちらとしても、どうしたら良いか分からずに、おどおどしてしまうところがあります。

だんだんと、その人の顔色を伺うような形になってしまうところもあるでしょう。

このような感じで、支配する者と支配されるものに分かれてしまうと、その逆転を図るというのは大変難しいところがあります。

それこそガツンと怒鳴りつけるなど、よほどのことがない限りは対等な立場になったり、立場が逆転するということはそこまでありません。

ですので、被害妄想が激しいタイプの方というのであれば、できるだけ当たり障りのないお付き合いにするか、フェードアウトするということを検討していくしかありません。

話し上手

話し上手というと、一見良いことのように思われます。

もちろん話上手だからといって、警戒しないといけないというわけではありません。

ですが、この話のうまさの質によります。

ただ単に面白い話をするだけの楽しい話ができるということであれば、何ら問題はありません。

むしろそのような人は、ムードメーカーのような感じになれることでしょう。

ですが、噂話が好きとか陰口が好きということになると、この話し上手というのが悪い方に出てしまうことがあります。

どちらにも割って入って、お互いの悪口を言ってたということを、話し上手に相手に言いつけることで仲違いをさせてしまうこともできるかもしれません。

話し上手にプラスアルファで何か問題があるということであれば、当たり障りのないお付き合いするというような形にするしかないでしょう。