CoCoSiA(ココシア)

不安な人を安心させる言葉や方法


楽天的な方ならそこまで不安になることはないかもしれませんが、不安になりやすい人もいます。

不安になると、そのことばかり考えてしまいネガティブになってしまうこともあるのではないでしょうか。

この記事では、不安な人を安心させる方法と、不安になりやすい人の特徴をご紹介していきます。

不安になりやすい人は、なぜそうなのか原因を探ってみましょう。

不安になる気持ちって誰もが持っているはず

楽天的で不安になることは少ないというような人であっても、やはり多少は不安になる気持ちはあります。

この不安ですが、やはりこのような気持ちがあるからこそ、何とかしようと人間は思うものです。

そう思わないと、いざという時にどうにもならないようになってしまう可能性もあるからです。

ですので、悪いことではないのですが、この不安が強すぎると楽しい人生から遠のいてしまうこともあります。

ですので不安は、ある程度は和らげる必要があります。

そのためには対処法を知っておきましょう。

不安な人を安心させる10個の方法

ここからは、不安を和らげる方法について具体的にご紹介します。

1.とにかく話を聞いてあげる

ついつい「そんなことはないよ!」と否定してしまうかもしれませんが、なるべくそれはぐっと抑えた方が良いです。

ある程度、気持ちを吐き出させてあげるということも非常に大切です。

カウンセリングの仕事をしている方の話を聞くと、あれこれとアドバイスをするというよりかは、話を聞いてそのカウンセリングを受けている人自身が気づくように話を持っていくところにあるという話を聞いたことがあります。

この「ただ聞くだけ」というのが、人間にとっては非常に難しいところがあります。

特に男性の場合は、そのような傾向が顕著でしょう。

「こうした方がいいよ」と言ってあげたい気持ちになってしまうというのは、男性はもちろんですが女性の場合でも多くあります。

例えば結婚生活に関する愚痴について話をすれば、「じゃあ離婚したらよいのでは?」と言ってしまうところがあります。

ですが、その方は別に離婚をしたいと思っているわけではなく、愚痴を聞いてほしいと思っているところがあるのです。

ですので、不安を感じている人に対しても、その不安をまずは吐き出させてあげるということが大切なのです。

2.不安を煽るようなことはしない

そしてついついある程度の悪いことは想定して、いざという時に慌てないでほしいという思いから、ついつい悪い一面について話してしまうこともあるのではないのでしょうか?

ですが不安を感じている状態ですので、そのような悪い一面をあれこれと話すのは良くありません。

我々の身近な例で言うと、高校生などの子供に対して、いかに社会が厳しいかということをついついと言ってしまうというところがあるのではないのでしょうか?

このように社会に対するハードルを上げることによって、社会に出る恐怖心を煽ることになってしまいます。

ですので、良かれと思っていろいろと言ってしまうのかもしれないけれど、不安を煽るようなことはしないようにしましょう。

3.抱きしめてあげる


相手が子供であるとしたら、抱きしめてあげるのは非常に効果的です。

やはり不安がる子供は、このようなスキンシップを非常に好むところがあります。

その時にできれば、心臓が悪い左胸の方に耳が当たるようにするとより安心する傾向にあります。

もし、そのように抱きしめてあげるということが有効な距離感にいるのであれば、そのようなスキンシップを積極的に取り入れていきましょう。

4.一緒に体を動かす

ストレス解消には、非常に運動が効果的であるというのは分かってきています。

例えば、7分のウォーキングをするだけでも人間の幸福度は上がってくるというような説もあるのです。

ですので、もし不安がっている人がいたら、積極的に体を動かしてみる方向性に導いてみましょう。

中には運動が苦手で、あまり球技などはしたくないという人もいるかもしれません。

ですが、ウォーキング程度でしたら、比較的誘いやすいのではないのでしょうか?
もしその不安がっている方が女性だとしたら、ウィンドウショッピングなどの効果的です。

インドア派の方なら、本屋さんに連れていくというのも効果的でしょう。

5.笑わせてあげる

不安がる子供を抱える身としては、この方法が一番効果的だと思われています。

下の子は、学校が嫌で泣くことが多いです。

ですので、なるべくそのような嫌なことから、そらすようなことで笑わせてあげるようにしています。

「そうか、そうか。学校が嫌なんだね。じゃあ、学校がどうなったらいいかな?」と質問すると「学校が遊園地に変わったらいいと思う!」と答えるので、「どんな遊園地になったらいいかな?」と話を膨らませることで、だんだんと笑いに変わっていくところがあります。

このように、だんだんと笑いの方向性に導いていく方法もありますし、すんなりとお笑い番組を見せるというような方法もあるでしょう。

とにかくその不安がっている子供や、不安がっている人の好む方向性で、笑わせることを考えていきましょう。