大震災があった時に、被災地の人々を励ますために多くのボランティアが集まってきて、復興のお手伝いをするシーンはよく見かけます。

被災地の人々に寄り添いながら、絆を深めていくのです。

同じような経験をした人々は、被災地の人々の苦しみや悩みが理解できるので、深い絆を感じるものです。

「絆(きずな)」とは、本来は馬や犬などの家畜を、通りがかりの立ち木に結んでおくための綱の事でした。

束縛や呪縛という意味もありました。

家畜が一本の綱でしっかりとした木に結ばれていることから、人と人との結び付きにも例えられるようになって、今では人と人との支え合いや助け合いを表現する言葉となりました。

人と人との断つことができない深い結びつきを表しています。

震災のような災害だけに係わらず、友人、家族、恋人、ペットなどとの絆も大事にされるようになってきたのです。

ところが、絆という意味が分からなくなったと嘆く人もいるのです。

というのも、小さい時から仲良しで、楽しいことも苦しいことも分かち合ってきた親友がいたのです。

二人は深い絆で結ばれていたと思っていたのですが、その人が大きな失敗をしてしまい、窮地に陥りました。

何をやっても上手く行かず解決策も見つからないのでした。

ほとほと困り果ててしまったのです。

そんな状況を知ってか、周りから友人たちも抜けていき、自分とは関りを持ちたくないように思えたのでした。

深い絆で結ばれていたと思っていた友人も同様でした。

それは絆ではなかったのでしょうか。

それをある先輩に尋ねる機会があったので、「絆とはそんなに簡単に壊れるものなのでしょうか?」と聞くと、「それは絆ではなく、単なる友情だろう」とのことでした。

「人がどん底に落ち込んでしまった時に、さりげなく手を差し伸べてくれて助けてくれる関係が、絆が深いというのだ」と教えてくれました。

なるほど、単に友情が強かっただけの事かと落胆していたのですが、その後に「本当に絆で結ばれているのであれば、きっと助けに来てくれるはずだ」とも教えてくれました。

すると、しばらくしてからその友人が「あの問題の解決策を探していたのだが、恩師に教えてもらってきた」と言って、いくつかの資料をもって駆込んで来たのでした。

今まで想像できなかったような対応策で、その失敗は見事解決できたのでした。

友人には上手くお礼の言葉がでなかったのですが、間違いなく深い絆であったと実感したそうでした。

ということは、やはり男性同士の絆と言うのは存在しているということなのでしょうか。

男性同士の絆に関しての映画やドラマも多いようです。

いわゆる感動を覚えるようなストーリーなのです。

多くの敵が待ち構えている不利な戦いの場に、ひとりで戦いに挑もうとしている男に対して、深い絆で結ばれていた仲間がやってきて、一緒に戦うというような場面です。

強い友情と絆で結ばれている男たちは、たとえ死ぬようなことがあっても、最後まで一緒に戦うという気持ちなのです。

自分の信念のためにひとりで戦って散っても良いという潔さに感動して、今までの絆によって助太刀するということなのです。

絆は、命までかけても後悔しないという強いものなのですね。

家族の場合もそうです、震災などで生きるか死ぬかの危険な状況であっても、絶対に助けに行くという強い気持ちを持つものです。

これが絆というものです。

みなさんも、何かの強い絆で結ばれていることがあるはずです。

女子とは違う!?男同士の絆とは?

女同士の間でも、強い絆というものは存在するはずです。

中でも、姉妹とか母と娘などは強い絆で結ばれているはずです。

では、女性の友人同士ではどうなのでしょうか?

一般的には、女同士の友情や絆というものは、薄っぺらいもので男同士よりは軽くて浅いなどと、若干否定的な表現が多いようです。

女性の場合は、家族以外では女同士よりもどうしても男性の方に関心が移るようで、絆よりも恋愛に心を取られるからとも言われています。

つまり、命を懸けてまで結びつきたいのは、女性ではなくて男性の方だということなのでしょうか。

しかし、女性同士の深い絆を表現した映画も多く見られます。

男性同士と違って、女性同士の絆というのは複雑なところがあるので、表面上だけでは理解されにくいということもあるかも知れません。

最近では、現実よりも空想やアニメの世界での戦いの場で、女の子同士の友情や絆を描いた作品も多く出ています。

若い女性にも人気なようです。

例えば、「魔法少女リリカルなのは」は、空想の世界の中での女同士の絆を描いたもので、アニメ映画などでシリーズ化されていました。

男同士の絆というのは、古くから存在していました。

海外でも、オーストラリアでは「Boys’Club」という表現があるように、これは男同士の強い繋がりや絆を表現している言葉なのです。

ちゃんと社会に男同士の絆が根付いているのです。

男同士の絆の9個の特徴

男同士の絆と言うと、何か汗臭い体臭がするような交流のようなイメージがあるのです。

ラグビーやサッカーなどの肉体がぶつかり合う様な激しい運動部のイメージなのです。

私には少し偏見があるのでしょうか、そんなチームの中での男同士の友情が絆を作り出すとも考えてしまうのです。

「あいつが怪我をして出場できないので、自分が代わりに出場して暴れまくってやる」などと、チームの絆を大事にするのです。

仲の良いあいつのために、などと相手を思いやって助けてやるというイメージなのです。

女性から見ても、男同士の絆というものには、強い魅力を感じるようです。

男性の場合には、同性をライバルとして見るという傾向もあって、仲が良くても張り合うところはあるのです。

そして、自分よりも男らしいところがあると、その生きざまに対してそれを認めるという傾向もあります。

強力な敵であっても、武術や精神力が優れていると認めると、敵であってもその相手に敬意を表したり、同じ境遇であることに対してある種の絆を感じるものです。

このように、味方でも敵であっても、男性同士では絆を感じることもあるようです。

そんな男性の男同士の絆について、特徴をまとめてみました。

話に共感はしない

深い絆で結ばれているとしても、何から何まで信じて共感を感じている訳ではありません。

自分としてはこのように生きたいとか、こういう技術や精神力を磨きたいなど向上心を持って前進している人があります。

そして、良いものはよい、悪いものは悪いとハッキリしていたり、何かを決断する時も潔いなど、男性らしい生きざまに惚れてしまって絆が深くなることもあるのです。

単に話が上手いとか、話の無いように共感するという表面上の出来事だけで絆は生まれないのです。

男としての生きざまに感動して絆を深めるのです。

仲間意識が強い

もちろん、男同士の絆がある時には、男として持ち合わせている感性を認め合ったりして、仲間意識が強いことも特徴です。

以前に説明した団体競技の仲間として、みんなの目標である勝利を目指すという目的があるはずです。

その目標に関しては共通のテーマであって、そのためにも仲間意識が強いのです。

「あいつが頑張っているので、俺も負けていられない!もっと頑張るぞ!」となって、意識の連鎖が始まるのです。

同じ仲間の人間もライバル視して、お互いが切磋琢磨することができるのです。

そういう意味で、強い仲間意識を持っているのです。

色々話さなくても友情が成り立つ

お互いの生きざまや考え方を熟知しているので、今さら「おまえの考え方が気に入っているんだ!」などと話さなくても分かっているのです。

絆を深めている人間同士では、何かをする時には阿吽の呼吸になって自然に心が通じるのです。

次に何をやるのかが分かっているのです。

それゆえに、細かいところまで色々話さなくても友情は成り立つのです。

また、何も話さなくても、友情を感じることもあるのです。

例えば、大恋愛の末に失恋した友人が、自室で塞ぎこんでいることを知ると、その部屋に入り込んで朝までずっとお酒を一緒に飲んで付き合ってあげたとか。

団体競技の時に大きなミスをして負けてしまった時に、ミスをした人間を責めずにいつも通りに付き合っている光景は、話さなくても友情は成り立っているという証拠です。

むしろ、強い絆があるから友情で励ましているのです。

意外と相手の事を知らない

先ほども書いたのですが、深い絆で結ばれている時には、個々の細かなところまでは知らなくても良いのです。

どういう考え方で、どのように生きていくかという人間性に惚れているからです。

意外と相手の事を知らない場合があるようです。

どうでもいい話で盛り上がる


街に出かけると、コンビニの前に集まってタバコを吸いながらどうでもいい話で盛り上がっている人達を見かけることがあります。

もちろん、お酒を飲んだ帰り道という感じでもないのですが、くだらない話で盛り上がっているのです。

聞き耳を立てるまでもなく、大きな声なので聞こえてくるのです。

時折笑い声をあげて、誰かの話題で盛り上がっています。

その話題に乗っかってまた別の人間が話を盛り上げているのです。

話は尽きないのです。

奥様方の井戸端会議のようでもあります。

でも、その様子を見ていると、他人に迷惑をかけている様子もなく、お互いを思いやっている感じが分かってくるのです。

そこには、きっと仲間意識が強くて、強い絆で結ばれているようにも見えました。

喧嘩をしても引きずらない

男同士なら、どこかで誰かとぶつかってしまい喧嘩することもあるはずです。

日頃から身体を鍛えているので、圧倒的に腕力が強いという男がいると、なかなか喧嘩にはならないのですが、そうでなければ意見がぶつかって言い争いになってしまうケースがあります。

どちらも自分が正しいと思っているので、簡単には引き下がりません。

相手の胸ぐらを掴んで殴り合いの喧嘩までは行きませんが、興奮してしまう時があるのです。

日頃から嫌いな奴だと思っている相手の時は、そのまま距離を置いて離れてしまうのですが、絆で結ばれている男同士の場合は違うのです。

その時の意見はたまたま異なっていたのですが、心の中で信頼しているところがあるので、そのことでいつまでも引きずらないのです。

話題をサッと切り替えると、普段通りに戻ってしまうという特徴があるのです。

久々に会っても久々な感じがしない


お互いが離れてしまって、なかなか会う機会がない時があります。

中学校や高校の同級生なんかもそうです。

その当時に深い絆を結べていた相手とは、5年ぶりぐらいに同窓会で会った時には、「おおっ!お前なのか、変わったなあ!」などとお互いに感心し合ってから、すぐに当時の友情や思い出話に入ることができるのです。

たった、10秒か20秒ほどの間に、5年間という時空をとび越えて、現在の時間に到達するのです。

その当時の気持ちがそのまま蘇るのです。

もうお互いが当時の笑顔に戻ってしまうのです。

その笑顔を見た時に、昔のイメージと重ねて見ることができるのは絆の力なのでしょう。

あの当時は、こんなことがあった、あんなことを一緒にしたなど振り返ることができるのです。

久々に会っても久々な感じがしないのです。

恋愛で揉めない

絆で結ばれた男同士の間では、細かいことなどどこ吹く風です。

そんなことよりも、もっと大きな夢をお互いに見ているからです。

それと興味があるのは、江戸時代の武士の間では、男同士の絆が強くなっていき、女性との恋愛の機会よりも男性との接触が増えていったようです。

この延長線上に、男性同士の同性愛者が増えたのです。

同性愛者が増えた理由は、当時の多くの武士の結婚は、本人の意志とは関係なく策略結婚をさせられるケースが多く、自由に女性との恋愛ができなかったという事情があったのです。

そこで、純粋な恋愛をするならば、必然的に絆が深い同性愛になっていったようです。

今は江戸時代でもありませんが、男性にとっては男同士の絆は愛よりも強いので、同じ女性を愛してしまって揉めることなどは無いのです。

絆は恋愛を超えているのです。

友達の元カノでも付き合える

友人が別れた元カノでも、平気で付き合うこともできるのです。

絆が壊れてしまう様な事態にならなければ、恋愛などの表面的なことはお構いなしなのです。

それよりも、その事実が分かると、二人をあえて激励するような態度をとることもあります。

恋の相談はしない

恋愛の相談などは、単なる一人の友人として存在する人に対してはすることができます。

絆とは縁がない友人の場合では、恋の行方や友人の恋人のことなどは、あまり関心がないのです。

恋愛に疲れたり破談になりそうなので、何とか相談に乗ってくれという切羽詰まった悩みでも、常識的な回答をしますが本心から支援しようとは思わないのです。

恋のような軽い相談は受けたがらないのです。

絆を大事にしている男性は、もっと大事なことに目を向けるのです。

朝方まで熱く語り合う

男同士の絆を感じる時は、いろいろとあります。

絆で結ばれた運動チームの場合でも、誰かが大きなミスをして試合に負けてしまった時でも、残りのみんながその失敗した人間を、厳しい言葉で責めるというようなことはしないのです。

みんなとの絆を感じているため、ミスした人間も大いに反省して悔やんでいることは分かっているからです。

試合終了後に、みんなと離れて悔し涙を流していても、その人間の側に寄り添って「今度は頑張ろう!」と激励して慰めるのです。

キツイ言葉で責められるよりも、胸にジンと来て「よし、これまでよりももっと練習して、絶対にリベンジしてやる!」と心に誓うのです。

恋愛で恋人から振られた友人にも、「何が悪かったの?おまえのどこが気に入らなかったの?」などと傷口をつつくようなことはしないのです。

友人の気持ちもよく理解しているので、人生や生き様などについて、朝まで付き合って熱く語り会うことも平気なのです。

友人の心境は、まるで自分のようにも感じられるので、その気持ちが収まるまではそっと寄り添ってあげるのです。

朝方までも熱く語り合えるのです。

それ以外にも、会社を辞めたいと思った時とか、家族の不幸があった時など、友人をとことん慰めて落ち着くまで付き添うことも平気なのです。

行き当たりばったりな行動が多い

お互いが絆で結ばれていると、外観にこだわらなくなったり、見かけに無頓着でも問題ないのです。

心で結ばれているから、その関係は簡単には見抜けないからです。

だから、外から見ているといろんな特徴が見えてくるのです。

例えば、時間の観念が希薄になっていき、上手く時間をコントロールできていない時があります。

時間の使い方が下手なのです。

次の行動をしっかりと考えることもしないで、行き当たりばったりな行動をするようです。

根本的な考え方は分かっているので、言い方も微妙に変わってしまうことも特徴です。

そして何か不都合なことが起こりそうな場合には、とりあえずこれをしようとか、これも合考えておこうとか、大らかで楽観的な性格でもあるのです。

行き当たりばったりな行動というのは、行動力にも自信があるので、決断が早いとも言えるのです。

絆が深いと、このような行動を取るようです。

友情に熱い男性ってどんな人?

友情に熱い男たちを見ていると、女性はそんな男性達をものすごく憧れるようです。

男同士に見られる熱い友情に憧れています。

私たち女性も、あんな友情が芽生えればいいのにと思うそうです。

なぜあんなに強く結ばれているのか不思議なのです。

しかも、女性にとって不愉快なのは、彼女の事よりも男友達を優先することも多いからです。

もちろん、彼女のことを大事にしていないという訳でもないのです。

しかし、せっかくデートの約束をしていたのに、それを変更までして男性を優先するから怒ってしまうのです。

男性の気持ちが、また男性同士の絆や友情のことが分からないのです。

友情に熱い男性達は、集まっても多くを語ることはなく、お互いの目的も生き方も理解し合っているように見えるのです。

飲み会には必ず来てくれる

しっかりとした絆がある時には、その人に対する信頼があるようです。

そして、自分は相手に対して不可欠な人間だと認識しているのです。

だから、何か重要なことがあると、どんな時でも連絡するし、向こうからも連絡が来るという関係なのです。

結構離れたところに住んでいても、関係なくやって来るのです。

学生の時にバンドを組んでいた仲間とは、音楽を自分たちなりに表現するという目的をもって活動していました。

卒業して10年も経つのですが、友人の結婚式の披露宴で久しぶりに演奏しようということになっても、すぐに結束は戻ったのです。

その打ち合わせをすると連絡をすると、新幹線でやって来てくれるのです。

飲み会も同様です。

毎回ではないですが、大事な節目には飲み会にも必ず来てくれるのです。

約束を守る

そんなプライベートの飲み会の席でも、ちょっとした約束事もしっかりと覚えているようです。

ある時に、今度ある資格を取得しようと考えて勉強していることを打ち明けたのです。

すると、彼の近くに良いお守りを売っている神社があるので、そのお守りを買って来てやると言ったのです。

そんなことを忘れていましたが、その試験日に合わせるように、彼の近所の落ちないことで有名な神社のお守りを用意して尋ねてきました。

「お守りを買って来てやったから、試験に落ちるなよ!」と言って帰ったそうです。

そのお蔭かどうか見事に合格することができたのです。

ちょっとした約束も忘れずに、しっかりと実行できるところは友情に熱い絆に結ばれた男同士と言えるのです。

心が広い

熱い友情があると、お互いを十分に信頼しているからか、細かなことには無頓着になります。

仲間に関しては、どんなことがあってもそれを受け入れることができるのです。

受け入れる心が広いという事なのでしょう。

何かの出来事に対して厳しい批判をされても、それは相手が自分のことを思って言ってくれていると納得することができるのです。

他人の忠告を素直に受けれることができるのです。

決して誰かを恨んで、起こることはしないのです。

失敗を責めない

チームの中の人間が、たとえ大きなミスをして窮地に陥っても、ミスをした人を徹底して責めることはしません。

ミスは誰にでもあることで、それよりもその次の同じミスはしないように対処してから、すぐにそのミスの修復に取り掛かるのです。

途中では、クドクドと文句を言ったり、愚痴をこぼしたりするようなことはしません。

起こってしまったことは現実の出来事として受け入れて、頭はすぐに切り替えることができるのです。

精神的にいつまでも悩むようなことは無いのです。

スイッチの切り替えも得意なのです。

褒め上手

友情に熱い男は、語り口も熱いのです。

自分の感じていることを、熱く話すことも得意なのです。

身振り手振りも交えて、全身で語るのです。

そして、いつも褒めることを忘れません。

どんなところがみんなと違っているのか、どんなところが優れているのかを見つけるのも得意です。

そして、その優れているところはこれからどのように役立つか、みんなを支えているかを具体的に話すのです。

すると、それは結局はその人を褒めていることに繋がるのです。

いわゆる、友情に熱い男性は、褒め上手な性格なのです。

裏表がない

友情に熱い男性は、みんなからも信用されていて、十分な信頼を得ているのです。

口だけが上手くて、すぐに約束をしたがる男性はいますが、そんな男性に限って約束は守られないときが多いのです。

そんな経験をした人も多いのですが、友情に熱い男性の場合は、そんな心配はいらないようです。

軽率なことは言わないし、不可能な約束は絶対にしないのです。

リスクがある時には、そのように説明してから意見を言うのです。

嘘をつかない人間なのです。

ということは、裏表がないまじめな人間でもあるのです。

みんなはそんな事情を知っているので信用するのです。

素直

何かを見る時も、自分の考えを伝える時も、素直に対応しているのです。

決して色眼鏡をかけたり飾って言葉を伝えることはしないのです。

飾り気のない人間なのです。

素朴でひねくれていないとも言えます。

だから、落ち着いて会話もできますし、素直に話を聞くこともできるのです。

そんな人の周りには、穏やかな人達も集まってきます。

そんな人たちの中には、社会的な地位のある人や博識な人もいます。

何か知らないことがあっても、そんな人たちによっていろいろと教えてもらう機会も増えるのです。

人生に役立つことも多々あるのです。

素直な性格の人は、スムーズな人間関係に恵まれるようです。

分け隔てなくいろんな人とのコミュニケーションもできるのです。

素直であるということは、素晴らしいことなのです。

人の立場になって考えられる

友情が熱いと、相手のことも十分に考えることができます。

相手のことを思いやるということです。

今の彼はどのような環境にいて、どのような扱いを受けているかも理解できるのです。

今こんなことを伝えると、どのように感じて行動してしまうかということも、推測するのです。

今の彼には、こうしておいてやるのが一番だと判断して、そのように対応することができるのです。

つまり、人の立場になって考えることができるのです。

それは、彼に対して熱い思いがあるからなのです。

男女間の恋愛とは次元が違い、男同士が熱い友情の関係に立っているからです。

男女限らず友達が多い

友情に熱い男性は、心も広くて素直な性格ですから、騙されるようなことはないと信じています。

そして、小さなことでもしっかりと約束は守ってくれるので、安心できる男性なのです。

すると、仕事でもプライベートでも、その男性を頼って集まって来ることになります。

何かのサークルに所属していると、そこには安心を求めて男女関わらず集まって来るようです。

話し方や行動そのものが熱く感じられるのです。

嘘をつかないので、何かで裏切られたり悔しい思いをすることも無いのです。

何があっても、失敗を責めることもなく、温かく見守ってくれるところに癒しの気持ちも生まれてくるのです。

友情に熱い男性には、男女関わらず友達が多いのです。

責任感が強い

友情に熱い男性は、責任感は人一倍強いようです。

責任感が強いことこそ、熱い男性と見られる由縁なのです。

責任感が無くて、口から出まかせばかりの男性は、過ぎにみんなにバレてしまいます。

「あの男性は、責任感がないから!」などと陰口をたたかれてしまいます。

見えないところで、無責任男というレッテルを貼られてしまいます。

こうなると、汚名挽回は大変な努力がいるのです。

そんな事態にならないように、日頃からしっかりと責任感を持って行動することが大事なのです。

人のせいにしない

責任感が薄い人は、何かの不都合があるとすぐに誰かのせいにしたがるのです。

「自分はしっかりとやってきたが、あいつのせいで全体がおかしくなった!」などと、人のせいにして批判をするのです。

自分の責任でも、少しでもその責任を減らしたいために、誰かのせいにしたがるのです。

こんな男性は結構見かけますね。

そして、周りの人も「お前のせいだよ!」とちゃんと見ているのです。

簡単に人のせいにすれば、ブーメランのように自分に帰って来るのです。

注意が必要です。

志が高い

友情に熱い男性は、大きな夢を持っているものです。

将来は、こんなことをやってみたいとか、こんな仕事をしてみたいと、目標を持っているはずです。

志が高いのが特徴です。

男らしい

自分の高い志しを実現するために、ひたむきに努力を重ねていきます。

そんなエネルギッシュな姿は、男らしくてたくましく見えるのです。

ポジティブで行動的な態度は、男らしい姿そのものなのです。

頼れる

そんなたくましい男性の姿は、頼りになります。

そんな男性がまわりにいるだけでも、すっかり安心できるのです。

してもらったことを忘れない

自分が受けた恩は、決して忘れることはありません。

たとえ小さなことでも、借りはしっかりと返す気持ちは十分持っているのです。

してもらったことを忘れない性格なのです。

困っている人を見捨てない

困っている人を見捨てない人に共通していることは、責任感が強くて心が広く、他人に対する思いやりや優しさを持っている人です。

このような性格の人は、困っている人を前にするとじっとしていられないようです。

そして、困っている人を見捨てないという人は、良いことをしていると、いつか自分にも良いことが帰って来るという信念も持っているのです。

「情けは人のためならず」ということわざの通りなのです。

友情に熱い男性であればあるほど、弱者や困っている人を助けたいと思ってしまうようです。

スマート

男性のことを指す言葉として「彼はスマートだ」というものがあります。

スマートとは痩せていてスタイルが良いという意味だけでなく、実は無駄がなく手際が良いとか、頭が良くて賢いという意味もあるのです。

そして、女性の間でのスマートな男性というと、女性にモテるような適度にチャラい男性のことなのです。

相手の思っていることを敏感に感じて、常に女性が喜ぶようなことを積極的に行動できる男性のようです。

友情に熱い男性は、このような特徴も持っているようなのです。

男同士の絆って羨ましい!

最近では、性に関する考え方も多様化しています。

恋愛や性的な意味を持たない同性同士の深い関係も存在しているようです。

日本社会でも、武士の時代では男同士の絆から恋愛に発展したこともあったようなのですが、最近では同性愛者が増えたり、同性結婚も認められて来るようになってきました。

性という概念が変化してきた時代ですが、男同士の絆というのは昔から世界を問わず続いているようなのです。

女性同士の絆とは少し違っているようなのですが、男同士の場合では命を懸けてまで貫くことができるのです。

そして、見返りも考えずに行動できることは、女性から見ても羨ましいと感じることも多いようです。

また、そんな行動に対して、好きな男性の友人が羨ましいと思ってしまうほどなのです。

女性側から見ると、男同士の絆とは不思議な関係なのですが、とても羨ましく感じることも多いのです。