よく笑う人を見ていると、自分がそうでない場合には「どうしてあんなに楽しそうなんだろう」と思うものです。

そしてよく笑う人はモテます。

それを真似して笑ってみはするものの、どうも結果が追い付かないという人は、笑い方に問題があるかもしれません。

よく笑う人の特徴と、モテる理由を把握し、自分に取り入れる際の参考にしてみましょう。

よく笑う人って素敵!

いつ見ても笑っている人って素敵ですよね。

何の苦労もない人なんていないはずなのに、とっても幸せに溢れている感じがします。

こちらまで元気がもらえるような不思議な魅力もあり、目に留まりやすいでしょう。

目に留まりやすいと「いつも見てしまうってことは、あの人が好きなのかも」という感情につながることが多いです。

これがモテる理由のひとつですが、それ以外にも笑顔の人がモテる理由はいくつもあります。

よく笑う人の13個の特徴って?

まずよく笑う人の特徴について見ていきましょう。

特徴といっても、その人の内面のことばかりではなく、周囲に起きる事柄で多いこと、行動の傾向も記載します。

逆に、これらの特徴に当てはまっている人を思い返すと「そういえばいつも笑顔だな」と気づくことがあるかもしれません。

そして、下記に挙げる13個の特徴の中には悪い特徴も含まれています。

良い笑顔と悪い笑顔の差についても考えてみましょう。

1.モテる

美人やイケメンならクールでもモテるでしょうけど、並の容姿でモテる人は大概笑顔です。

とくに社会人になれば笑顔の多い人のモテ度は加速します。

これは、まだガキんちょの内は周囲へ自慢できるような容姿を持った人に好意を抱きやすく、大人になると人生のパートナーとして一緒にいられる人を選びやすいという違いによるものです。

ただし、ここでいうガキんちょと大人は精神的なものであり、年齢ではありません。

また、よく笑う人への好意は長続きしやすい傾向にあります。

単に容姿が整っているだけであれば、その人と内面が合わないと思ったときに気持ちは冷めやすいです。

一方、笑顔に惚れたとなると、その笑顔が可愛いとか魅力的であるということ以上に、内面から滲み出るものに好意を抱いていいます。

周囲からの評判も良いため、気持ちが冷めるポイントが少ないわけです。

2.明るい


笑顔の人を見て「なんて暗い人だろう」と思うことなんてありませんよね。

笑っているだけで明るく見えるし、よく笑うということは、笑うに足る事柄が周囲を取り巻いているのでしょう。

あるいは、ちょっとした悲しみや不都合にあまりとらわれない性格で、楽しいことに目を向けている節もあります。

3.周りの人もよく笑う

笑っている人の隣にものすごく落ち込んでいる人がいるというのは、かなり稀です。

励ましの笑顔ならまだしも、快活に笑っている場面ではまず考えられません。

つまり、笑顔の人を中心として、何か楽しいことが存在します。

笑顔の人自身がユーモアに溢れていることもあれば、面白い話題が豊富な友人がいるのかもしれませんね。

あとは、笑顔の人といるとつられて笑ってしまうということもあります。

その人と出会うまではしかめっ面がデフォルトだったような人でも、笑顔ばっかり見ている内に自分の表情まで笑顔になってくるものです。

4.一緒にいると楽しい


会話が特別上手いわけでも、ユーモアのセンスがピカイチなわけでなくても、一緒にいると楽しい人っていますよね。

どうしていつもこの人といると楽しいのだろうと疑問に思いつつも、気づけば一緒に笑えているような人です。

よくよく考えてみれば、その人は絶対に悪口を言わないとか、嫌な話題が飛んできてもさりげなくフォローしてくれるとか、目のつけどころが面白いとか、理由は出てきます。

それらを総合して「一緒にいると楽しい」と思える人は、その人自身も周囲も笑顔でいることが多いです。

5.前向き

生きていれば必ず嫌なことだってあります。

でも、よく笑う人はその嫌なことを自分から素早く切り離すことがとても上手です。

起きた事象は事象として捉え、後悔したり嘆き悲しんだりするのではなく「どうすればいいか」という未来志向で考えます。

その前向きな姿に周りも感化され、好循環な人間関係が生まれやすいことも特徴です。

そして、前向きであるが故に他人との衝突も極めて少ないといえます。

相手と意見がぶつかったとしても、それは単に意見の相違であると捉えることができ、その人個人を攻撃しようとは考えません。

6.ポジティブ

ポジティブは日本語にすると「積極的」という意味です。

他人との関わり合いにポジティブな人は、嫌われるかもしれないという前提に立ってコミュニケーションを開始することはなく、意見を交換することに重きを置いています。

言い換えれば「好かれたい」が目的ではないため、好かれなくても落ち込まないし、相手を嫌いになることもないわけです。

そういったコミュニケーションの仕方をしている人は、どんな人とでもわりと自然に会話ができますし、共通点を見つけることも上手い傾向があります。

相手からしても「この人は攻撃性がない」と判断できるため、安心して笑顔で接することができます。

7.笑ってごまかす

笑ってごまかしている人も、ある意味よく笑う人ですね。

ただこの場合は笑顔が素敵な人というカテゴリではなく、いつもヘラヘラしてる奴、に分類されるでしょう。

周囲からすれば何が面白いんだかサッパリわからない場面でも常に笑顔で、怒られているときですら笑顔という謎の人物です。

掴みどころがないため、面白がって近づく人はいても、親密な関係になりたいと思う人はあまりいません。

また、感情が見えづらいことから「ちゃんと話聞いてるの?」とよく責められます。

そして本当に聞いていないことも多いです。

8.健康に見える

「病は気から」なんていいますが、逆に病があれば表情も暗くなりがちです。

体調をおして笑顔を作っているのは必死さが伝わってしまいますしね。

いつも笑顔な人は、健康に見えるだけでなく、本当に健康なのでしょう。

そうでなければ快活に笑うことはとても難しいので、よほどの演技派ということになります。

9.多趣味

よく笑う人は多趣味な傾向にあります。

というのも、どんな人とも楽しくお話しをするためには広く浅くでも話せるジャンルが多い方が好都合だからです。

会話のとっかかりとして、相手と共通の認識が持てる事柄があればあるほど円滑なコミュニケーションに発展します。

また、多趣味な人は他人の趣味に対して偏見を持っていません。

むしろ自分自身が飽きっぽい性格であるため、1つのことに熱意が持てる人のことを尊敬していたりもします。

そういった姿勢が伝わるからこそ、相手も嬉々として喋るわけで、当然笑顔になります。

10.暗い人との相性が悪い

この項目に関しては「ポジティブ・明るいことこそ正義である」という意識が強い人に見られる傾向です。

もうとにかく何でも前向きのことを言いたがり、懸念点などを列挙する人を鬱陶しい存在だと考えてしまいます。

もちろん暗い人とはなおさら相性が悪いです。

また、勝手な親切心を発揮して、辛いことがあって落ち込んでいる人のことを無理やり笑わせようとするタイプでもあります。

精神的に大人であれば、落ち込んでいる人の気持ちもよく理解できるのでこのような不作法をやることはないのですが、何を勘違いしたか、明るくないといけないと思い込んでいるのです。

11.笑いのツボが浅い

笑いのツボが浅いと、たしかによく笑います。

他者からすれば「え、今の面白かったの?」と問いかけたくなるような、しょうもないギャグに大笑いしたり、鬱陶しいほどのマシンガントークにずっと笑っていたいりと、理解されないことが多いです。

笑いのツボが浅いと、下ネタで笑ってしまう子供と同じような扱いをされることが多々ありますが、実は頭が良い人かもしれません。

わずかな言葉でも脳内がフル回転し、その言葉の意味以上にイメージが膨らむのです。

だからこそ、他者が笑わないようなことでも「面白い」と感じます。

あるいは、周囲にいる人と単にツボが違うということも考えられます。

全く本を読まない人たちの集団の中にいながら、自分だけは本を読む人がいたとしましょう。

別の集団からやってきた小説好きの人が、サラッと小説の台詞をもじったようなことを言ったとき、周囲の人には「は?」と思うはずです。

しかし、よく本を読む人は台詞のもじりだと気付いてクスクス笑ったりします。

そうすると周囲の人は「よくわからないことで笑う奴だな」と思うわけです。

12.不謹慎

よく笑うことが、ただちに良いこととは限りません。

笑ってごまかしているのと同様に、不謹慎な場で笑ってしまうのも他者からすれば嫌悪感につながります。

葬式、重要な会議、叱られている時ですら、何故か笑いがこみあげて止まらなくなる。

子供なら、イジメや事故の再現VTR、人が転んだ様を見て笑ったりもします。

これは、笑うべきではないということが単に分かっていないということもありますが、過度の緊張を緩和しなければという脳の指令で笑っているのかもしれません。

または、不謹慎モードになりきらない人もいます。

通夜で故人の鼻に綿が詰められていただけで面白いと思ってしまうなどです。

他の人たちは故人にもう会えないことを悲しんでいるのですが、笑ってしまう人は生前の姿で綿が詰められていることを想像して「鼻血出したときみたい」と思ってしまいます。

これは感性の違いです。

13.穏やかな気持ちにさせてくれる

よく笑っている人は、イライラを表に出しません。

というより、そうそうイライラしません。

人生経験が豊富だったり、素早く相手の立場で物事を考えられたりするので、多少のことで衝突したりしないからです。

そして、相手がイライラしていても「こういう考え方もあるよ」と柔和な笑顔で導いてくれます。

こうした心に余裕がある人と一緒にいると、周囲の人もだんだん穏やかな気持ちになっていくでしょう。

そして、自らの考え方も変化していけばイライラすることが減り、笑顔に溢れた空間ができあがります。

よく笑う人の9個の心理!

よく笑う人を見ていると「なんであんなに笑えるんだろう」と不思議に思うことがありますよね。

そんなに世の中面白いかなと、自分とは全く違う生活を想像します。

しかし、生活自体に大した差はありません。

要は物事のとらえ方が違うのです。

あるいは、とても綺麗な笑顔に見えても、演技力が高いだけで打算的ということもあります。

笑顔の中に隠れる心理について探っていきましょう。

1.ダメとはわかっていても頭の中で面白く変換してしまう

不謹慎な場で笑ってしまうような人は、誰も見ていないところに目を留めたり、気にもならない事柄も頭の中で面白おかしく変換しやすいです。

たとえば会議で、スーツの上司がしかめっ面で話をしているのに、そのスーツのポケットが裏返っていることに気が付いて笑いを我慢できない、などを指します。

こういった人にとって、その場の雰囲気と1つ1つの事象は切り離されたものという感覚があります。

先ほどの例でいえば「会議」と「裏返ったポケット」は個別であり、後者に注目してしまうことによってツッコミの台詞が頭を駆け巡ったり、いつから裏返っていたのかを考えだしたりしてしまうわけです。

2.気をつかって笑っている

本当にいつ見ても笑顔の人は気を遣っていることが多いです。

当り障り無いように、とりあえず笑っておこうと考えています。

それは相手に対する気遣いというよりは、むしろ自己防衛と呼べるかもしれません。

突っ込むほどの間柄でもないし、間違いがあったり理不尽なことであっても指摘してあげるほどの熱量が相手に対してなければ笑っておくのが正解だからです。

そうしてやりすごせば、その場では多少嫌な気持ちになるとしても、相手がしつこく反論してきたりはしないですからね。

3.その場の雰囲気をよくしようとしている

雰囲気が悪いときに率先して笑顔を振りまいてくれる人がいます。

集団の潤滑油のような存在で、口に出さずともその場にいる人の交流をとりもってくれるのです。

これは経験からくる判断といえます。

仮に場の雰囲気が悪かったとしても「みなさん仲良くしましょうよ」なんて言うのは危険度高め。

気を遣ったつもりが、相手から「別に仲悪くないですけど?」と言われたらおしまいです。

むしろ「空気読めない奴」と思われます。

その点、勝手にニコニコしている分には、せいぜい「陽気な人だなぁ」と思われるくらいで済むし、自ら話題を提供すれば、それに乗っかる形で周囲の人も会話に参加し始めるでしょう。

あとは、その場の重苦しい空気に耐えられず苦笑いをしているだけ、ということもあります。

『あなたの恋愛運は大丈夫?不幸の原因はこれかも』

記事下_無料でオーラ鑑定_0718