CoCoSiA(ココシア)

仕事が楽すぎるのはいいこと?11個...(続き2)

ですから、ストレスが全くない職場や仕事は、精神衛生上は歓迎すべきです。

頭を使わない

頭を使わない仕事には、単純作業などがあります。

同じ仕事に長く携わっていると、頭を使わなくとも身体が自然に動いて熟せることがあります。

長い年月、同じ仕事に携わってきた豊富な経験を持つ人にとっては、頭を使わないため、“楽な仕事”と感じることもあります。

また、仕事を選択する際に、頭を使わずに楽な仕事を望む人もいます。

頭を使わずに、集中力も必要とせずに漫然とした気持ちで惰性に流されるような仕事を望む人は、仕事を通して、人間性の成長を望むことは出来ません。

給料が高い

仕事の内容や難易度と給料の額を比べて、平易な仕事にも関わらず、金額が高いと感じている人にとっては、楽な仕事と言えます。

世間には、様々な仕事があり、仕事の専門性や難易度と給料の額とが必ずしも見合っているとは言えない実態があります。

職場環境が整っていない中で、神経をすり減らし、大変な肉体労働の仕事でありながら、給料の額が見合っていない実態もあります。

また、仕事の時間が深夜に及ぶことが多いにも関わらず、勤務時間が給料に反映されないケースも少なくありません。

給料が高くて、しかも楽な仕事に携わっている人は、恵まれていると言えます。

同じことの繰り返し

仕事の内容が同じことの繰り返しのとき、楽な仕事と感じる人がいます。

また、同じことの繰り返しの仕事に精神的な苦痛を感じる人もいます。

同じことの繰り返しに苦痛を感じている人は、自分の能力をフルに発揮し、スキルアップできる仕事に就けるように、上司に相談することでしょう。

一方、仕事の内容が見た目には、同じことの繰り返しに観えても、実は頭の中はフル回転していて気を抜けない仕事もあります。

また、同じ仕事に長年携わっていると、頭も殆ど使わず、同じことの繰り返しの仕事内容を、楽な仕事と感じることがあります。

時間の拘束も少ない


仕事の厳しさ度合いをみるとき、拘束時間の長短で判断することがあります。

仕事の内容によっては、常に精神的なプレッシャーを感じながら気持ちを張り詰めて進めていくことがあります。

精神的なプレッシャーを感じる仕事のとき、拘束時間が少ないとプレッシャーも減るため、楽な仕事と感じる人もいます。

上司からの厳しい指摘や指示を常に受けながら仕事を熟していくとき、プレッシャーのためストレスがうっ積し、今すぐにでも拘束状態から解放されたいと思うことがあります。

このような職場環境で仕事をしている人にとっては、拘束される時間が少なくなることで、楽な気持ちなります。

楽な仕事は人気がある

日本では過去に、“仕事人間”というコトバが流行っていた時期がありました。

家庭を顧みず、仕事に人生を捧げるような人が注目を浴びていた時代がありました。

“仕事人間”の行く末は、家庭崩壊や過労死など、幸せとは程遠い人生になっていくことを目の当たりにした若者は、仕事よりも私生活を優先する価値観へ変わっていきました。

今の時代は、仕事のために心身を犠牲にすることはせずに、家庭やプライベートを充実させて、大いに楽しむことを優先する生き方を選ぶ人が増えています。

家族と過ごす時間や友人と趣味を楽しむ時間をもつためには、楽な仕事は人気があると言えます。

今の日本では、過労死が少なくない状況にあり、海外からも労働環境の改善を望む声が挙がっています。

仕事で命を落とす悲惨な状態に陥らないようにするためにも、楽な仕事は人気があるのは当然と言えます。

倍率は高い

今の若者は、仕事よりもプライベートの時間を大切にする考えの人が多いため、楽な仕事を求める傾向が強まり、倍率が高くなっています。

仕事のために心と身体を極限まで消耗して、過労死する悲惨な状況は絶対に避けなければなりません。

自分の心と身体を守るためには、楽な仕事を求めることも選択肢の1つです。

楽な仕事の倍率が高いのは、プライベートの時間を大切にしたい人が増えていることを物語っています。

楽な仕事のメリット4個

未だに過労死がニュースとなる日本の現状を観ると、仕事で命を落とすことは、絶対に避けなければなりません。

過労死が招く家族の悲劇には、計り知れないものがあります。

今の日本の多くの企業の労働環境を観たとき、“仕事人間”になることは、命を落とす危険をはらんでいるのです。

仕事から自分の命を守るためには、楽な仕事を選択することも、自分の人生を大切にする1つの方法と言えます。

仕事に命を捧げることなく、自分に与えられた人生を楽しみ、プライベートを優先する人生観も必要です。

あなたが就いている職場の仕事環境が上司の方針に従うことで、心身を犠牲にしそうなら、命を守るために、楽な仕事を選択したり、転職することも視野に入れて、将来を考える必要があります。

1.仕事が好きではない人にとっては都合が良い

仕事を人生の目的とせずに、自分のプライベートを充実させて楽しむための手段と考える仕事観を持つ人もいます。

楽な仕事を求めることは、仕事が好きではない人にとっては都合の良い選択と言えます。

仕事は好きではないが、生活していくために経済面を確保する手段として、仕事を続けている人もいます。

仕事に就くことを止むを得ないとする仕事観は、過労死が無くならない日本の労働環境を観たとき、必要な考えの1つと言えます。