CoCoSiA(ココシア)

チーフとはどういう意味?チーフの仕事内容や必要なスキル、理想のチーフの特徴、類語・英語表現を解説

皆さんはチーフという言葉をご存知ですか?

お仕事の役職なのは分かっているかと思いますが、このチーフという役職は 国や企業や会社などによってその立場に大きな違い があるのです。

今回は「チーフ」とはどういう意味なのか、チーフの仕事内容や必要なスキル、理想のチーフの特徴、類語・英語表現を解説していきます。

「チーフ」とはどういう意味?


チーフとは「職場内の組織の長、責任者、あるいは同種の仕事をしているものの中で一番上位のもの。」という意味があります。

つまり、 職場などで部下を統括する立場にある人の事 をチーフと呼びます。

部下を統括する立場にある人

一般社員以外で 役職を与えられた人や部下を従える立場になった人 をチーフと呼んでいる事も多くあります。

チーフ◯◯と言った役職を聞いたことがあるかと思いますが、◯◯という肩書(役職)の前にチーフを付ける事でその肩書(役職)を統括している人と認識する事が出来ます。

この事が多くの誤解やチーフという役職がどの程度の立場にあるのかを分かり難くしています。

例えば、ある会社では一般社員の一つ上の役職がチーフという立場で、一般的には班長や主任と言ったグループのリーダー的立場の人をチーフとしている会社もあります。

統括しているという意味として間違ってはいませんが、本来のチーフという立場とは言えない場合もあります。

しかし、他の会社ではチーフという役職はとても地位が高く、社長の次に偉い立場で会社の総責任者として実質会社のナンバー2の役職の場合もあります。 全ての決定権を持っている人といっても過言ではない立場に当たる人 がこのチーフになるのです。

また、海外ではチーフという役職にそこまでの違いはないのですが、日本国内ではチーフという役職には非常に多くの地位が存在しています。

そのため、チーフを名乗られた場合には確認しないと後々のトラブルにもなりかねない役職だと認識して頂けると良いですね。

ちなみに海外でチーフと呼ばれる役職は、 COOと呼ばれる役職とCFOと呼ばれる役職 で会社の社長に次ぐ実質会社のナンバー2にあたる役職になります。

COOとは「ChiefOperationsOfficer」の略称となります。

最近では日本でもよく聞くことになって、会社でも役職として導入され始めている CEOの次に偉い会社組織内でナンバー2の役職 となります。

財務以外の管理部門や事業部門を統括する総責任者と思って頂けると分かりやすいですね。

現場での全ての決定権を持っている立場と思って頂いても良いです。

CFOとは「ChiefFinancialOfficer」の略称となります。

会社組織内では先のCOOと同等の位置づけとして実質会社のナンバー2の立場となります。

COOは財務管理以外のすべてを管理している総責任者となりますが、このCFOはCOOが管理できない唯一の財務管理担当の総責任者という立場になります。

管理している部門の数ではCOOに劣ってはいますが、会社内では財務は非常に重要な部門ですのでCOOと同等のナンバー2の役職といっても良いですね。

日本ではこのCOOやCFOはCEOに比べてあまり聞きなれないマイナーなイメージを持っているかもしれませんが、決してマイナーな役職ではなく非常にポピュラーな役職になります。

チーフの具体的なお話の前にもう少しだけ日本におけるチーフの認識(誤認)についてお話させて頂きますね。

チーフのお話はここまでで良いという人は次の項目へ移動して頂いてかまいません。

日本ではこの チーフの役職で誤認が多い役職としてチーフマネージャー という役職があります。

本来のチーフマネージャーという立場の認識ではマネージャーを統括している役職となります。

この為チーフマネージャーと呼ばれる人は現場には出ないでマネージャーを管理する管理職となるのですが…

実際にチーフマネージャーと呼ばれている人の多くは現場で実務を行っている従業員の役職として扱われている場合も多くあるのです。

例えば、現場の従業員を統括している少しえらい現場の決定権を持っているマネージャーとしてチーフマネージャーが使われている場合もあるのです。

実質的には班長や係長、主任等の実務を行っている役職な場合もあります。

チーフと呼ばれているので、決定権を持っている人と思って接していると実は管理職でもない何の権限も持っていない役職だったなんてこともあるのです。

同じチーフマネージャーという役職でも例えばヨーロッパでは本来のマネージャー(課長クラス)を統括している管理職として扱われています。

日本的に考えると 中間管理職として課長より上で部長よりも下 と思って頂くと良いかもしれませんね。

課長よりも上の立場ですのでもちろん決定権がありそれなりの立場にはなります。

日本では一般社員が一人前に仕事が出来るようになったらチーフという役職を使って実際は班長やチームリーダーとしてチーフを使っている場合もありますので、日本ではチーフマネージャーの役職でご紹介された場合にはどの程度の役職なのか詳しくお話をして確認すると良いですね。

それではこのチーフについて詳しくご紹介していきますね。

チーフの仕事内容とは?


チーフの仕事は基本的には 部下を従えて統括する立場のお仕事 になります。所謂管理職ですね。