皆さんはチーフという言葉をご存知ですか?

お仕事の役職なのは分かっているかと思いますが、このチーフという役職は国や企業や会社などによってその立場に大きな違があるのです。

お仕事だけでなくお店に行った時などにチーフと呼ばれる人を見たことや聞いたことがある人もいるかと思います。

しかし、実はこの現場に出ているチーフ…実は日本だけなのかもしれませんよ。

チーフってどんな立場の人?

チーフとは簡単に言ってしまいますと部下を統括する立場にある人の事を言います。

この解釈の為一般社員以外で役職を与えられた人や部下を従える立場になった人をチーフと呼んでいる事も多くあります。

チーフ◯◯と言った役職を聞いたことがあるかと思いますが、◯◯という肩書(役職)の前にチーフを付ける事でその肩書(役職)を統括している人と認識する事が出来ます。

この事が多くの誤解やチーフという役職がどの程度の立場にあるのかを分かり難くしています。

例えば、ある会社では一般社員の一つ上の役職がチーフという立場で、一般的には班長や主任と言ったグループのリーダー的立場の人をチーフとしている会社もあります。

先に説明をさせて頂きましたチーフの統括しているという意味として間違ってはいませんが、本来のチーフという立場とは言えないのかなと思います。

しかし、他の会社ではチーフという役職はとても地位が高く、社長の次に偉い立場で会社の総責任者として実質会社のナンバー2の役職の場合もあります。

全ての決定権を持っている人といっても過言ではない立場に当たる人がこのチーフになるのです。

私自身国内外で多くの企業様とお仕事をさせて頂いております。

海外ではチーフという役職にそこまでの違いはないのですが、日本国内ではチーフという役職には非常に多くの地位が存在している為、チーフを名乗られた場合には確認しないと後々のトラブルにもなりかねない役職だと認識して頂けると良いですね。

ちなみに海外でチーフと呼ばれる役職は、COOと呼ばれる役職とCFOと呼ばれる役職で会社の社長に次ぐ実質会社のナンバー2にあたる役職になります。

COOとは「ChiefOperationsOfficer」の略称となります。

最近では日本でもよく聞くことになって、会社でも役職として導入され始めているCEOの次に偉い会社組織内でナンバー2の役職となります。

財務以外の管理部門や事業部門を統括する総責任者と思って頂けると分かりやすいですね。

現場での全ての決定権を持っている立場と思って頂いても良いです。

CFOとは「ChiefFinancialOfficer」の略称となります。

会社組織内では先のCOOと同等の位置づけとして実質会社のナンバー2の立場となります。

COOは財務管理以外のすべてを管理している総責任者となりますが、このCFOはCOOが管理できない唯一の財務管理担当の総責任者という立場になります。

管理している部門の数ではCOOに劣ってはいますが、会社内では財務は非常に重要な部門ですのでCOOと同等のナンバー2の役職といっても良いですね。

日本ではこのCOOやCFOはCEOに比べてあまり聞きなれないマイナーなイメージを持っているかもしれませんが、決してマイナーな役職では無く非常にポピュラーな役職になります。

チーフの具体的なお話の前にもう少しだけ日本におけるチーフの認識(誤認)についてお話させて頂きますね。

チーフのお話はここまでで良いという人は次の項目へ移動して頂いてかまいません。

日本ではこのチーフの役職で誤認が多い役職としてチーフマネージャーという役職があります。

本来のチーフマネージャーという立場の認識ではマネージャーを統括している役職となります。

この為チーフマネージャーと呼ばれる人は現場には出ないでマネージャーを管理する管理職となるのですが…

実際にチーフマネージャーと呼ばれている人の多くは現場で実務を行っている従業員の役職として扱われている場合も多くあるのです。

例えば、現場の従業員を統括している少しえらい現場の決定権を持っているマネージャーとしてチーフマネージャーが使われている場合もあるのです。

実質的には班長や係長、主任等の実務を行っている役職な場合もあります。

チーフと呼ばれているので、決定権を持っている人と思って接していると実は管理職でもない何の権限も持っていない役職だったなんてこともあるのです。

同じチーフマネージャーという役職でも例えばヨーロッパでは本来のマネージャー(課長クラス)を統括している管理職として扱われています。

日本的に考えると中間管理職として課長より上で部長よりも下と思って頂くと良いかもしれませんね。

課長よりも上の立場ですのでもちろん決定権がありそれなりの立場にはなります。

日本では一般社員が一人前に仕事が出来るようになったらチーフという役職を使って実際は班長やチームリーダーとしてチーフを使っている場合もありますので、日本ではチーフマネージャーの役職でご紹介された場合にはどの程度の役職なのか詳しくお話をして確認すると良いですね。

それではこのチーフについて詳しくご紹介していきますね。

チーフの仕事内容とは

チーフのお仕事は基本的には部下を従えて統括する立場のお仕事になります。

所謂管理職ですね。

管理職としてのお仕事としては次のお仕事が主なお仕事内容になります。

これらのお仕事が円滑に出来る人は出来るチーフとして部下から信頼を得ることができます。

部下の信頼を得ることで当然業績も上がり自分の評価も上がりますね。

その為にまずはチーフのお仕事を理解する事が大切です。

部署内の監視・監督

チーフのお仕事として部下の監視と監督があります。

このお仕事こそがチーフとしての最大のお仕事内容となります。

統括することになった部署や部下に対しての監督と部下の監視は円滑に業務を進めるためには非常に重要な事です。

その為にも下記の内容の理解と認識が必ず必要となります。

部下に業務を振る

チーフのお仕事内容として部下それぞれに滝下業務を振り分ける作業も重要なお仕事です。

部下に対して最適な内容の業務や会社にとっての最適な業務内容、場合によっては苦手な業務内容だとしても部下を育てる為や会社のステップアップのための振り分けなど、その都度最適な振り分けが出来ることがチーフとして必要なスキルとなります。

会社からの評価や部下からの信頼を得るためには、この最適な振り分けと共に下記にご紹介する項目が必須となります。

部下の育成


部下の育成はチーフの仕事の中では最重要案件となります。

部下の育成によって統括する部署内の業績アップとなり自身の評価と共に部署、会社全体の評価アップにもつながります。

部下からの信頼と会社からの評価の両方を得る事が出来る役職となります。

ただ、逆に部下を育てる事が出来ず業績を下げてしまうようでは、会社かからの評価と部下からの信頼は下がってしまう立場でもあります。

あなたの采配次第でどちらにも転がってしまう重要なポストなのが分かるかと思います。

部下の育成方法などチーフに必要なスキルの詳しいご紹介は下記でお話させて頂きますね。

部下のサポート


部下への業務の振り分けと育成と共に重要なことはこの部下へのサポートになります。

部下へ業務を振り分けたあとは部下に一任して自分は知らぬ存ぜぬでは部下はついてきません。

例え一任して任せる場合でも何かあった際にはフォローするから自分の思うように最大限に考えてやってみて。

等と何かあったとにはフォローするからとうしろだてがあるだけで部下は安心して自分の思うように実力を発揮する事が出来ます。

簡単に言ってしまえば何かあった時の逃げ道をチーフが用意してあげるということですね。

人間逃げ道が確保されていると分かっているだけでギリギリまで自分を追い込んで最後までやり遂げることができます。

逆に逃げ道が分からず認識できていない場合では、逃げ道を探す時間を考慮してギリギリまで業務内容に集中する事はできません。

逃げることも時には大切です。

例え逃げないにしても逃げ道は確保されていると分かっているだけで安心感は絶大なものとなります。

逃げ道という言い方が嫌いな人は非情口でも良いです。

何かあった際の非常口は確保してあるから存分に実力を発揮して下さいと言った意味であなたに一任して任せるから存分に実力を発揮して下さいと言って下さい。

その後にもし分からないことや困ったことが有ったら遠慮なく言って下さい。

フォローはさせて頂きます。

と補足をするだけで大きな違いとなります。

サポートとは部下の手伝いをする事では無く部下の力を存分に発揮させることが出来る環境作りをする事です。

サポートを勘違いして部下の手伝いを率先してやってしまうと部下がやれることをチーフ自らがおこなってしまうことになり、部下は出来る事なのに…と部下の成長を妨げることになってしまいます。

的確なサポートで部下の育成と業務の円滑が図れる環境を整えるスキルを身につけて下さい。

モチベーションをサポートする

部下のサポートとしてモチベーションを上げることの重要です。

先の部下に業務を一任する事も部下へのモチベーションアップにつながります。

「自分の事を信頼して任せてくれたと思い信頼に応えたい」と自分の実力を最大限に発揮して、業務を円滑にして業績アップと部下育成の両方を行うことができます。

他にも沢山モチベーションを上げる方法がありますが、一番モチベーションを上げる事が出来て誰でも簡単にできる方法をご紹介しますね。

とっても簡単な方法なのですが、ほんの少しの違いでその効果は大きく変わる方法です。

正しい方法を認識して身につけて下さいね。

モチベーションを上げる方法として最適な方法は部下を褒めることです。

簡単な事ですよね。

ただこの褒める際の褒め方が最も重要なのです。

ただ褒めるだけではモチベーションを上げる事はできません。

場合によっては鬱陶しい上司として扱われてしまう事もあります。

酷い場合はセクハラやパワハラとまで思われてしまう事もあります。

褒め方には注意して下さいね。

では具体的な方法を例を挙げてご紹介しますね。

会社では多くの場合プレゼンを行うかと思います。

このプレゼンは学生の時にも会社ほどではないにしてもディベートや討論などをしてきているかともいます。

プレゼンに必要なレジュメやレポートなどの作成をしてきているかと思います。

このプレゼンについて褒める場合にはあなたならどう褒めますか?

「今日のプレゼン良かったよ」なんて褒めますか?

この褒め方を思い浮かべた人は…部下のことを上手に育成はできませんよ。

自分が言われてどう思うのかを考えてみて下さい。

この褒め方ですと何が良かったのか分からないですよね。

単純に部下自身が手ごたえあったと思っている場合にはこの褒め方でも良い場合はありますが、ほとんどの場合は社交辞令として受け取って褒められているとは思いません。

ではどのような褒め方が良いと思いますか?

そうです!具体性が欠けているのです。

何が良かったのか具体的にして明確にここが良かったと褒めてあげる事が重要なのです。

褒め方は沢山ありますが一例として

「プレゼンの方法を前と変えたんだね、先に結論を持ってきた事で何でそうなったの?とみんな食い入るように聞いていたよね。すごく良かったよ」

「プレゼン内容によって今までの方法と使い分けが出来るようになるともっと良くなるね」

「次のプレゼンも楽しみにしているよ」

と言った感じで、良かった内容を具体的に褒めてあげてさらに良くするためのアドバイスを入れることで、上司として信頼と尊敬を得ることができます。

最後に次も期待していると伝えることで、次は今回よりももっと良いモノにしようとモチベーションをアップさせることができます。

この様な褒め方が出来るようになると、部下からの信頼を得る事が出来て分からないことや自分の実力ではできないことがある場合には素直に頼ってくれるようになります。

フォローへとつなげていく事ができますね。

部下の育成はその本質が割っていないと非常に難しい業務内容となりますが、部下への信頼を得る事が出来れば面白いように業務が円滑になり良好な関係性を構築する事が出来ます。

自分自身は元より部下もお仕事が楽しくてしょうがない環境を作る事が出来るのもチーフなのです。

楽しくお仕事したいと思う人は人材育成の本質を認識して必要なスキルを身につけて下さい。

毎日が楽しくなりますよ。