CoCoSiA(ココシア)

交友関係が狭く深い人の6個の特徴と...(続き2)

大人数になると、必ず他人との協調性が必要になってきます。

自分のペースで行動できない事にストレスを感じやすい人は団体行動をしたくないという理由で付き合いを狭くしている場合もありますね。

2.人見知り

人見知りをしてしまう性格から付き合いが狭く深くなっている人も多いでしょう。

幼馴染や学生時代の友人、社会に出てからも密に付き合うような人としか打ち解ける事が出来ず新しい出会いに関しては消極的になってしまう人は狭いコミュニティの中で親睦度を深めていく事が多いですね。

3.簡単に心を開かない

他人に対して簡単に心を開かない警戒心の高い人も、敢えて人間関係を狭く深くする傾向にあります。

表面上は誰にでも、それなりに対応していたとしても信頼できる人や自分から歩み寄る人は少数精鋭にしている場合が多いです。

他の人に心を開かない分、信頼している狭く深い付き合いの人には絶対的な信頼を寄せている場合も珍しくありません。

傷付きやすい

繊細で傷付きやすい人は、自分が傷付く可能性を少しでも減らすために狭いコミュニティで自分の事をしっかりと理解してくれている人と限定して付き合っていきたいと思う事が多いと言えます。

自分以上に自分の事を理解してくれている人との安心できる空間でないと心を開く事が出来ないのです。

裏切られた経験がトラウマになっている

過去に人間関係の中で裏切りを受けた事のある人は、それがトラウマになりあまり人を之繞できなくなり簡単に心を開かなくなる人が少なくありません。

二度と同じような経験をしたくないという思いから、新しい人間関係を拒み狭く深い付き合いに固執する傾向にあると言えます。

4.自分に自信がない

自分に自信がない人も狭く深い人間関係を築こうとする傾向にあると言えますね。

新しく出会った人に自分を良く思って貰える自信がなく、自分の事をよく知ってくれている気の置けない人達の事しか受け入れられなくなっている状態です。

自分の良い所も悪い所も知っていて尚付き合っていける狭く深い人間関係が心地よく、そこから抜け出せなくなっているとも言えるでしょう。

本当は広く付き合いたいと思っている場合も

自分に自信がない事で狭く深い人間関係を作っている人の中には、本当は広く色々な人と付き合いたいと思っている人も少なくありません。

しかし、狭く深い人間関係の中に居ると居心地の良さや安心感から「無理をしてまで人間関係を広げなくても良いのかも」と妥協してしまっている面っもあると言えるでしょう。

5.人に気を遣うのが苦手

付き合いが広くなればなる程、気遣いや配慮が必要になるものです。

人に気を遣うのが苦手で人間関係を狭くしている人も居ます。

気遣いというのは、人数が増えれば増えるほど難しくなるものです。

こちらに配慮すれば、あちらに角が立つような状況になる事も珍しくありません。

逆に人数が空くなければ少ない程気遣いは簡単で充実したものになりやすいために、同じように人に気を遣うのが苦手な人同士で深い付き合いになるというパターンも多いですね。

お互いに気を遣わない人と仲良くなる

人に気を遣うのが苦手な人は、自分が相手に気を遣わないだけでなく相手にも気を遣われたくないと考える人が多いと言えます。

そのため、同じように気を遣うのが苦手な人同士が心地よい関係を求めて、お互いに気を遣わないで良い人と狭く深くの付き合いになる事が多いですね。

6.趣味がない

人間関係が築かれるのは、家族、学生時代の友人、会社の人などコミュニティが決まっているものです。

広く浅くの付き合いをする人の多くは社会人になってから趣味などでプラスのコミュニティを持っている人が多い傾向にあります。

逆に趣味がない人は所属しているコミュニティが少ないために、自然と他人と知り合う機会が減り狭い付き合いになってしまうものです。

狭く深く交友関係を持つ人のメリット・デメリット

狭く深くの交友関係は、自ら求めてそうなっている人と成り行きでそうなっている人が居るのをご理解して頂けましたか?ここからは、そんな狭く深い交友関係を持つ事でのメリットやデメリットをご紹介していきます。

メリット

狭く深い交友関係を持つ事でのメリットは、限定的な人間関係の中だからこそ得られるものが多いですよね。

そのメリットがあるからこそ自ら望んで狭く深い交友関係を築いているという人も少なくないでしょう。

友達の一人一人を大切にできる

一人の人を大切にするというのは、案外労力のいるものです。

相手に尽くす気持ちも行動力も限りあるものなので、あまりに多くの人に向ければその分一人一人を大切にする気持ちが分散されてしまうのは仕方の無い事だと言えます。

その点、狭く深い付き合いならば、一人一人にかける気持ちは大きく、友達を大事にして長い付き合いをしていけるというメリットがありますね。

人間関係が不器用な人の中には、多くの友達を大事にするのが難しいからという理由で狭く深い付き合いを望む人も少なくありません。

皆を親友と呼べる

友人全てを頭に浮かべた時に、どこまでが友人でどこからが親友なのか?と考えた事はありませんか?案外、線引きするのは難しく、だからといって全員親友と呼べる訳ではないですよね。

その点、狭く深い交友関係を持つ人は、友達同士も親友で毎回同じメンバーでつるんでいるような事も多く友人全員を親友と呼べる人も多いでしょう。

本音で話し合える

狭く深い交友関係の一番のメリットは、友人が自分の事をよく知っていてくれる事です。