CoCoSiA(ココシア)

狭く深く交友関係を持つ人の6個の特...(続き3)

全く警戒する事なく安心できる存在だからこそ、自分を誇張する必要も着飾る必要もありません。

ありのままの自分で過ごす事のできる安心感はかけがえの無いものです。

心から信頼できる

大抵、人にとって心から信頼できる人というのは精々2,3人までであると言えるでしょう。

人の心は目で見えない事から、信頼するのはあまり簡単な事ではありません。

だからこそ狭く深い交友関係の中では少ない人数だからこそ「この人は私を裏切らない」と思えるのかもしれませんね。

誰といても楽しい

狭く深い交友関係を築くと、自然と自分と似た性質を持っている人が集まりやすいものです。

自分と似た感性や趣味を持っている人だけが集まってできているグループなので、誰と居ても楽しく充実した時間を過ごせるというのはとても大きな魅力ですね。

心の底から笑える

警戒心が高い人は、グループの中に一人でも信頼できない人がいるとその人を警戒するのに意識が向けられてしまい楽しむ事ができなくなる事も少なくありません。

狭く深い交友関係を築いているグループの中では、警戒する必要がないため楽しい事や面白い事を充分に満喫する事ができて心の底から笑えるというメリットもありますね。

無駄な出費がない

他人と付き合うには意外とお金がかかるものです。

プレゼントを貰えば、お返しをする事もあるでしょうし遊びの誘いがあれば必ず出費はでるものでしょう。

狭く深くの付き合いをしていると、関わる人の総数が少なくなるので必然的に広く浅い付き合いの人と比べて出費は押さえらえると言えます。

どんな自分でも受け入れてくれる

狭く深いコミュニティの中では、自分の良い所も悪い所も受け入れてくれる状態が出来上がっているため、どんな自分でも受け入れてくれるという安心感があります。

自己嫌悪してしまうような時も、そんな自分を丸ごと受け入れてくれる存在があるというのはとても安心感がありかけがえの無いものなのです。

デメリット

もちろんメリットがあれば、デメリットも存在します。

狭く深い交友関係におけるデメリットは以下のようになります。

コミュニケーション能力が低くなる

いつもいつも同じメンバーとつるんでいる事で、何も言わなくても相手を理解したり、自分の事を理解して貰える状況になる事も多いでしょう。

そんな環境に慣れ過ぎてしまうと、理解し合っていない人とのコミュニケーション能力が極端に低くなってしまう事があります。

いつも同じ人と分かり合える関係を持っているからこそ、初めて会う人とどうコミュニケーションをとって良いのか分からなくなるというのは、狭く深くの交友関係を持っている人のあるあるとも言えますね。

考えることの視野が狭くなる

狭く深くの交友関係の中では、あまり物事を深く考える必要がなくありのままの自分でストレスなく過ごす事ができます。

しかし、人間の脳は考える事をしなければ衰えていく一方です。

普段から狭く深い付き合いの中で何も考えずに思った事を発言している人は、他の場面んでも失言が多く普段から考えて話すクセがついていないからであると言えますね。

結婚式に呼ぶ人が少ない

狭く深い付き合いをしている人が悩む人生のイベントの一つが結婚式です。

新郎新婦でゲストの人数を合わせる際に、深く狭い付き合いをしている人はゲストとして招待できる人数が少なくなってゲスト集めに苦労してしまう事がありますね。

パートナーが広く浅い付き合いを好む人だと、余計にその差が出て大変かもしれません。

人脈が狭くなる

狭いコミュニティの中に居ると、当然人脈は広がる事がありません。

新しい出会いや、あたらいい情報などが入るのも限定されてきてしまうために人と人との繋がりが減ってしまうのは狭く深い付き合いをしている人の大きなデメリットであると言えますね。

広く浅く交友関係を持つ人の5個の特徴

狭く深い交友関係とは全く正反対の広く浅い交友関係を持つ人はどんな人が多いのでしょうか?広く浅くの交友関係を持つ人の特徴をご紹介していきます。

1.トラブルを嫌う

広く浅くの交友関係を持つ人は、トラブルを嫌います。

自分が所属するグループでトラブルが起きれば直ぐに他のグループに移る事ができるように色んなグループを掛け持ちしている状態であるとも言えます。

自分がトラブルに巻き込まれないために広く浅い付き合いをしているという人も多いですね。

深入りしたがらない

トラブルは親身になってそれを乗り越えれば深い信頼を得る事もできますが、そこに至るまでの労力は計り知れませんし結果として必ずしも良い方向に進むとは限りません。

尽力した末に残念な結末を迎えてしまう事もあるでしょう。

広く浅い交友関係を好む人は、そういったトラブルに関わるのを嫌がりトラブルを持つ人にあまり深入りせず、違う交友関係を新たに作っていく傾向にあります。

2.八方美人

他人に嫌われたくない、悪い印象を持たれなくないという思いから誰にでもイエスマンで、愛想を振りまいている内に気付けば広く浅くの付き合いになっていたという人もいます。