交友関係の持ち方は人それぞれですが、あなたはどんな交友関係を持っていますか?交友関係の広げ方はそれぞれにメリットデメリットがありますよね。

この記事では狭く深く交友関係を持つ人にスポットを当てて、その特徴とメリットをご紹介していきます。

あなたの交友関係は狭く深く?広く浅く?

あなたは自分自身の交友関係を客観的に見た時に、狭く深くの交友関係と広く浅くの交友関係では、自分がどちらのタイプに当てはまると思いますか?

まずは、自分がどちらのタイプなのかをしっかりと把握しましょう。

狭く深く

あまり多くの人と付き合う事は無く、自分の近しい少数の人と特に親しい付き合いをしていく人がこのタイプに当たります。

深くというだけあって、その付き合いは長年に渡ったり仕事とプライベート両方とも同じ人と付き合っているという事も珍しくはありません。

人見知りの人に多い


狭く深くの付き合いは、人見知りの人に多くみられます。

新しく出会った人と関係性を築くのが苦手で、昔から知っている人との付き合いだけを大事にしていく傾向にあり結果的に狭く深くの付き合いになっているともいえます。

人間関係が面倒だと感じる人に多い

人間関係とは人の数だけあるものです。

人間関係が面倒だと感じる人は必然的に付き合う人の人数を最小限に絞る傾向にあるので、狭く深くの付き合いになる事が多いですね。

新しい出会いが無い

ずっと同じ環境で同じ毎日を送っているために、新しい出会いがなく結果として知り合いが少ない事から狭く深くの付き合いになっているという人も少なくありません。

若い頃は新しい人間関係が出来る機会も多いですが、年齢を重ねるに連れて人間関係は整理されて狭くなっていくので新しく他人と知り合う機会がなければ必然的に付き合いは狭くなっていく事でしょう。

広く浅く

多くの人と上辺の付き合いを多く持っている人は、このタイプに当たります。

誰とでも当たり障りのない会話をしたり、人数合わせとして気軽に声を掛けられるような間柄である事が多いと言えます。

人気者に多い

人に好かれやすい人気者は広く浅くの付き合いをしている人が少なくありません。

自分がアクションを起こさなくても自然と人が集まってくるために自然と広く浅くの付き合いになってしまう傾向にあります。

人間が好きな人に多い

人と関わるのが好きで、他人から様々な事を吸収できるタイプの人も広く浅くの付き合いになりやすい傾向にあります。

一人の人から学んだ事で他の人と繋がっていくので、次から次へと付き合いが広がっていきます。

狭く浅く

知り合いも少なく、さらにその狭い知り合いともあまり深くは関わろうとしないタイプの人は狭く浅くの付き合いであると言えます。

基本的に人嫌いだったり、一人が好きなタイプに多いと言えます。

人嫌いな人に多い

狭く浅くの付き合いをする人は、基本的に他人と関わる事が嫌いだったり苦手としている事が少なくありません。

人と付き合いたくなくでも、社会で生きて行く上で最低限の付き合いは必要です。

その最低限の人達と最低限の付き合いだけをしているという場合が多いと言えますね。

家族が好きな人

家族のような血を分けた確実に信頼できる人が居てくれれば、他人は必要ないと考える人は狭く浅い付き合いになりがちです。

仕事が終わったら真っ直ぐ家に帰り、休日は家族と過ごす事を望んでいる人に多いですね。

狭く深く交友関係を持つ人の6個の特徴!


狭く深くの交友関係を持つ人というのはどういう人に多いのでしょうか?狭く深くの交友関係を持つ人の特徴をご紹介していきます。

一人が好き

一人が好きな人は人間関係も、狭くする人が多いですね。

必要最小限の人達と分かり合える関係を作り、心地よい付き合いをしていきたいと考える人が少なくありません。

単独行動を好む事から、自然と人間関係は狭くなっていくのです。

団体行動が苦手

一人が好きで狭く深く人間関係を築いている人の中には、団体行動が苦手な人も少なくありません。

大人数になると、必ず他人との協調性が必要になってきます。

自分のペースで行動できない事にストレスを感じやすい人は団体行動をしたくないという理由で付き合いを狭くしている場合もありますね。

人見知り

人見知りをしてしまう性格から付き合いが狭く深くなっている人も多いでしょう。

幼馴染や学生時代の友人、社会に出てからも密に付き合うような人としか打ち解ける事が出来ず新しい出会いに関しては消極的になってしまう人は狭いコミュニティの中で親睦度を深めていく事が多いですね。

簡単に心を開かない

他人に対して簡単に心を開かない警戒心の高い人も、敢えて人間関係を狭く深くする傾向にあります。

表面上は誰にでも、それなりに対応していたとしても信頼できる人や自分から歩み寄る人は少数精鋭にしている場合が多いです。

他の人に心を開かない分、信頼している狭く深い付き合いの人には絶対的な信頼を寄せている場合も珍しくありません。

傷付きやすい

繊細で傷付きやすい人は、自分が傷付く可能性を少しでも減らすために狭いコミュニティで自分の事をしっかりと理解してくれている人と限定して付き合っていきたいと思う事が多いと言えます。

自分以上に自分の事を理解してくれている人との安心できる空間でないと心を開く事が出来ないのです。

裏切られた経験がトラウマになっている

過去に人間関係の中で裏切りを受けた事のある人は、それがトラウマになりあまり人を之繞できなくなり簡単に心を開かなくなる人が少なくありません。

二度と同じような経験をしたくないという思いから、新しい人間関係を拒み狭く深い付き合いに固執する傾向にあると言えます。

自分に自信がない

自分に自信がない人も狭く深い人間関係を築こうとする傾向にあると言えますね。

新しく出会った人に自分を良く思って貰える自信がなく、自分の事をよく知ってくれている気の置けない人達の事しか受け入れられなくなっている状態です。

自分の良い所も悪い所も知っていて尚付き合っていける狭く深い人間関係が心地よく、そこから抜け出せなくなっているとも言えるでしょう。

本当は広く付き合いたいと思っている場合も

自分に自信がない事で狭く深い人間関係を作っている人の中には、本当は広く色々な人と付き合いたいと思っている人も少なくありません。

しかし、狭く深い人間関係の中に居ると居心地の良さや安心感から「無理をしてまで人間関係を広げなくても良いのかも」と妥協してしまっている面っもあると言えるでしょう。

人に気を遣うのが苦手

付き合いが広くなればなる程、気遣いや配慮が必要になるものです。

人に気を遣うのが苦手で人間関係を狭くしている人も居ます。

気遣いというのは、人数が増えれば増えるほど難しくなるものです。

こちらに配慮すれば、あちらに角が立つような状況になる事も珍しくありません。

逆に人数が空くなければ少ない程気遣いは簡単で充実したものになりやすいために、同じように人に気を遣うのが苦手な人同士で深い付き合いになるというパターンも多いですね。

お互いに気を遣わない人と仲良くなる

人に気を遣うのが苦手な人は、自分が相手に気を遣わないだけでなく相手にも気を遣われたくないと考える人が多いと言えます。

そのため、同じように気を遣うのが苦手な人同士が心地よい関係を求めて、お互いに気を遣わないで良い人と狭く深くの付き合いになる事が多いですね。

趣味がない

人間関係が築かれるのは、家族、学生時代の友人、会社の人などコミュニティが決まっているものです。

広く浅くの付き合いをする人の多くは社会人になってから趣味などでプラスのコミュニティを持っている人が多い傾向にあります。

逆に趣味がない人は所属しているコミュニティが少ないために、自然と他人と知り合う機会が減り狭い付き合いになってしまうものです。

狭く深く交友関係を持つ人のメリット・デメリットとは

狭く深くの交友関係は、自ら求めてそうなっている人と成り行きでそうなっている人が居るのをご理解して頂けましたか?ここからは、そんな狭く深い交友関係を持つ事でのメリットやデメリットをご紹介していきます。

メリット

狭く深い交友関係を持つ事でのメリットは、限定的な人間関係の中だからこそ得られるものが多いですよね。

そのメリットがあるからこそ自ら望んで狭く深い交友関係を築いているという人も少なくないでしょう。

友達の一人一人を大切にできる

一人の人を大切にするというのは、案外労力のいるものです。

相手に尽くす気持ちも行動力も限りあるものなので、あまりに多くの人に向ければその分一人一人を大切にする気持ちが分散されてしまうのは仕方の無い事だと言えます。

その点、狭く深い付き合いならば、一人一人にかける気持ちは大きく、友達を大事にして長い付き合いをしていけるというメリットがありますね。

人間関係が不器用な人の中には、多くの友達を大事にするのが難しいからという理由で狭く深い付き合いを望む人も少なくありません。

皆を親友と呼べる

友人全てを頭に浮かべた時に、どこまでが友人でどこからが親友なのか?と考えた事はありませんか?案外、線引きするのは難しく、だからといって全員親友と呼べる訳ではないですよね。

その点、狭く深い交友関係を持つ人は、友達同士も親友で毎回同じメンバーでつるんでいるような事も多く友人全員を親友と呼べる人も多いでしょう。

本音で話し合える

狭く深い交友関係の一番のメリットは、友人が自分の事をよく知っていてくれる事です。

自分という人間を自分以上によく知っていてくれて、相手の事も相手以上によく知っている関係ができているからこそ、何でも本音で話し合う事が出来ます。

どれだけ本音をさらけ出しても嫌われる事は無いと思えるその絶対的な信頼感は一朝一夕で出来上がるものではありませんが、狭く深い付き合いをしてきたからこそ出来上がった関係性であるとも言えますね。

素の自分でいることが出来る

狭く深い交友関係の中では、家族に似た親近感が生まれ素の自分でいることが出来るのも大きなメリットの一つです。

全く警戒する事なく安心できる存在だからこそ、自分を誇張する必要も着飾る必要もありません。

ありのままの自分で過ごす事のできる安心感はかけがえの無いものです。

心から信頼できる

大抵、人にとって心から信頼できる人というのは精々2,3人までであると言えるでしょう。

人の心は目で見えない事から、信頼するのはあまり簡単な事ではありません。

だからこそ狭く深い交友関係の中では少ない人数だからこそ「この人は私を裏切らない」と思えるのかもしれませんね。

誰といても楽しい

狭く深い交友関係を築くと、自然と自分と似た性質を持っている人が集まりやすいものです。

自分と似た感性や趣味を持っている人だけが集まってできているグループなので、誰と居ても楽しく充実した時間を過ごせるというのはとても大きな魅力ですね。

心の底から笑える

警戒心が高い人は、グループの中に一人でも信頼できない人がいるとその人を警戒するのに意識が向けられてしまい楽しむ事ができなくなる事も少なくありません。

狭く深い交友関係を築いているグループの中では、警戒する必要がないため楽しい事や面白い事を充分に満喫する事ができて心の底から笑えるというメリットもありますね。

無駄な出費がない

他人と付き合うには意外とお金がかかるものです。

プレゼントを貰えば、お返しをする事もあるでしょうし遊びの誘いがあれば必ず出費はでるものでしょう。

狭く深くの付き合いをしていると、関わる人の総数が少なくなるので必然的に広く浅い付き合いの人と比べて出費は押さえらえると言えます。

どんな自分でも受け入れてくれる

狭く深いコミュニティの中では、自分の良い所も悪い所も受け入れてくれる状態が出来上がっているため、どんな自分でも受け入れてくれるという安心感があります。

自己嫌悪してしまうような時も、そんな自分を丸ごと受け入れてくれる存在があるというのはとても安心感がありかけがえの無いものなのです。

デメリット

もちろんメリットがあれば、デメリットも存在します。

狭く深い交友関係におけるデメリットは以下のようになります。

コミュニケーション能力が低くなる

いつもいつも同じメンバーとつるんでいる事で、何も言わなくても相手を理解したり、自分の事を理解して貰える状況になる事も多いでしょう。

そんな環境に慣れ過ぎてしまうと、理解し合っていない人とのコミュニケーション能力が極端に低くなってしまう事があります。

いつも同じ人と分かり合える関係を持っているからこそ、初めて会う人とどうコミュニケーションをとって良いのか分からなくなるというのは、狭く深くの交友関係を持っている人のあるあるとも言えますね。

考えることの視野が狭くなる

狭く深くの交友関係の中では、あまり物事を深く考える必要がなくありのままの自分でストレスなく過ごす事ができます。

しかし、人間の脳は考える事をしなければ衰えていく一方です。

普段から狭く深い付き合いの中で何も考えずに思った事を発言している人は、他の場面んでも失言が多く普段から考えて話すクセがついていないからであると言えますね。

結婚式に呼ぶ人が少ない

狭く深い付き合いをしている人が悩む人生のイベントの一つが結婚式です。

新郎新婦でゲストの人数を合わせる際に、深く狭い付き合いをしている人はゲストとして招待できる人数が少なくなってゲスト集めに苦労してしまう事がありますね。

パートナーが広く浅い付き合いを好む人だと、余計にその差が出て大変かもしれません。

人脈が狭くなる

狭いコミュニティの中に居ると、当然人脈は広がる事がありません。

新しい出会いや、あたらいい情報などが入るのも限定されてきてしまうために人と人との繋がりが減ってしまうのは狭く深い付き合いをしている人の大きなデメリットであると言えますね。

広く浅く交友関係を持つ人の5個の特徴とは

狭く深い交友関係とは全く正反対の広く浅い交友関係を持つ人はどんな人が多いのでしょうか?広く浅くの交友関係を持つ人の特徴をご紹介していきます。

トラブルを嫌う

広く浅くの交友関係を持つ人は、トラブルを嫌います。

自分が所属するグループでトラブルが起きれば直ぐに他のグループに移る事ができるように色んなグループを掛け持ちしている状態であるとも言えます。

自分がトラブルに巻き込まれないために広く浅い付き合いをしているという人も多いですね。

深入りしたがらない

トラブルは親身になってそれを乗り越えれば深い信頼を得る事もできますが、そこに至るまでの労力は計り知れませんし結果として必ずしも良い方向に進むとは限りません。

尽力した末に残念な結末を迎えてしまう事もあるでしょう。

広く浅い交友関係を好む人は、そういったトラブルに関わるのを嫌がりトラブルを持つ人にあまり深入りせず、違う交友関係を新たに作っていく傾向にあります。

八方美人

他人に嫌われたくない、悪い印象を持たれなくないという思いから誰にでもイエスマンで、愛想を振りまいている内に気付けば広く浅くの付き合いになっていたという人もいます。

自分を取り繕い、周りの人に会わせてばかりなので無理が祟って結局広く浅くの交友関係すら失ってしまう人というのも珍しくはありませんね。

社交的

人と関わる事が好きな社交的な人は、広く浅くの交友関係を持っている人が多いと言えるでしょう。

誰とでも気兼ねなく接する事が出来、一度でも関わりが出来れば友人として追加されていくために自然と交友関係は広くなっていきます。

自分から発信して他人と関わる事もあれば、自然と他人が集まってくるという場合もありますね。

お喋り好き

お喋り好きでいつでも常に誰かと話してしたいという人は、広く浅くの交友関係になりがちです。

その場その場で、知り合った人と親しく話をしますがそれはその場だけの友人関係で深く関わる事はしないため行く場所場所で交友関係を広げていきます。

結果として広く浅くの交友関係が出来上がるのです。

一人でいるのが嫌い

一人でいるのが嫌で、何をするにもた人と一緒じゃないと無理だという人は広く浅くの交友関係を持っている事が多いですね。

自分の行動に付き添ってくれる人を募り、その都度知り合いが増えていくために広く浅くの交友関係になりがちです。

他人に依存して、自立できない人とも言えるのかもしれません。

その人と一緒に居たいというよりも、一人で居たくないという自分本位な関係なので、あまり深く親しくなれる事もなくその場限りの付き合いとなる事も少なくないでしょう。

広く浅くの交友関係を持つ人のメリット・デメリット

広く浅くの交友関係のメリット・デメリットにはどういったものがあるのでしょうか?

広く浅くの交友関係を持つ人の代表的なメリット・デメリットには以下のようなものがあります。

メリット

広く浅くの交友関係を築く上でメリットになるのは、関わる人数の多さに関係してくる所が多いようですね。

人脈が増える

関わる人の数が多いと、それだけ人脈が大きく増えていきます。

自分とは全く違った業種や立場の人と知り合う事も出来るかもしれません。

そんな広い人脈が、趣味やビジネスにおいて様々なチャンスを運んでくる事もあります。

特に営業職などでは、ビジネスに反映できる事を見越して広く浅くの付き合いを広げる人も少なくありません。

様々な価値観に触れる

10人居れば10通りの考えや価値観があり、人の価値観というのは関わった人の数に応じて柔軟になっていくものです。

様々な価値観を持つ人と関わる事によって「そういう考え方もできるんだな」という柔軟な考えができる人になると言えますね。

コミュニケーション能力が常に鍛えられる

コミュニケーション能力というのは、持って生まれたものではなく生まれてから育んでいくものです。

様々なタイプの人と関わる事で、脳内にその関わり方を記憶していき状況によって使い分ける事ができます。

広く浅くの付き合いの中では常にコミュニケーションのトレーニングを積んでいる状態になり、コミュニケーション能力はグングン上がっていくと言えますね。

デメリット

広く浅くの交友関係の中でのデメリットは、他人との関わり方に関係してくる部分が多いですね。

他人と関わらないと生きていけない人間社会においてはこのデメリットはかなり痛手となると言えるでしょう。

自分が困った時に助けて貰えない

人は自分に与えられたものと同等の物を返すものです。

広く浅くの付き合いをしている人は、人のトラブルに深入りしない分自分がトラブルに合った時に助けてくれる人がおらず困ってしまう事も少なくありません。

信用できない

広く浅くの付き合いをしている人は、多くの知り合いがいるものの一人一人の事をよく知らない事が多いため誰の事も信用できずに結局孤独を感じてしまう人も少なくありません。

心から信用できる人がいないというのは、何より孤独な事であると言えます。

交友費がかかる

広く浅くの付き合いをしている人は飲み会の誘いが頻繁にかかったり、誕生日プレゼントや旅先でのお土産などに多くの費用がかかってしまう事も少なくありません。

仕事上のメリットがる人は、必要なお金だと割り切れるもののそうでない人には痛い出費が多くなりがちです。

求められる自分を演じなければいけない

広く浅くの付き合いをしていると、一人一人の事を深く知れない事もありますが、それと同時に自分自身の事も知って貰う事ができません。

そのため、人に合わせて自分を演じる必要がなり精神的にも疲弊してしまう事でしょう。

ありのままの自分を見せてしまえば離れてしまうという人もいる為、簡単には素を出せない状況になってしまいます。

段々と友達が減る

人生には節目節目に人間関係を清算するポイントがあります。

結婚、出産、転職など様々な大きなイベントがあるごとに人間関係を整理していく事が多いです。

そこで真っ先に古い落としていくのは広く浅く付き合っている人であると言えます。

広く浅くの付き合いをしている人の多くは、気が付くと連絡のつく友達が大幅に減っているという事が珍しくありません。

深く交友関係を作るコツ

深く交友関係とは、そう簡単に出来上がるものではありません。

上手く深い交友関係を作るにはコツがあるのです。

まずは自分を曝け出す

深く交友関係を築くには、相手の事をよく知っていたり自分の事を知って貰う事が大切です。

まずは、自分がありのままの自分を曝け出す事で相手に信用して貰い、相手の素を知りましょう。

人から信用を得るためには、まずは自分の手の内を全て見せてしまうのが一番だと言えるでしょう。

似た性質の人を選ぶ

深く交友関係を築く前に、まずは自分と似た性質の人を選び出すのも大切です。

似た性質の人同士は共感しやすく仲良くなりやすいので、親しくなる人を選ぶ際に自分と似た性格をしていたり共通の趣味を持っているような人を選ぶ事も大切ですね。

対等な関係を築く

深い付き合いになるには、2人の間に上下関係が出来てしまってはいけません。

自分ばかりが相手を知りたいと思うのではなく、相手にも自分の事を知りたいと思って貰う事が大切です。

自分ばかりが相手を誘っていたり、自分が誘わなければ音信不通になってしまうようなら、いくら会った時に気安く過ごせても相手はマウントを取ろうとしているという事になります。

平等な関係を築ける人でないと深い交友関係まで発展する事は難しいと言えますね。

メールより電話

深く交友関係を築きたい相手とはなるべく温度を感じる電話で連絡を取るようにしましょう。

メールには感情が乗らず、相手を想う気持ちが伝わりにくいものです。

連絡をとる際にもなるべく電話を利用して、感情を乗せてやり取りをする事で相手と親しくなりたいと思っている気持ちを伝えましょう。

最初はあまり深い相談はしない

深く交友関係を築くには時間も必要です。

自分が仲良くなりたいからといって、いきなり申告な相談をしてしまうと人によっては重いと思われてしまったり依存されているのではないかと警戒される事もあります。

信頼関係をしっかりと見極めて、深い相談をできる時期を見極めましょう。

親しき中にも礼儀あり

深く交友関係を築く事を、馴れ馴れしくする事と勘違いして距離感を測り違えてしまう人も少なくありません。

仲良くなりたいからこそ、常識的な礼儀は忘れずに気遣いや相手に心地よく過ごして貰おうとする気持ちを忘れないようにしましょう。

挨拶、お礼、謝罪をきちんと出来ないような人と仲良くなりたいとは思わないですよね?

自分が「こんな日知と仲良くしたい」と思うような人間でありましょう。

狭く深くの関係だからできる事

友達間でも、この友達とだからできる事というものがありますよね。

狭く深くの交友関係を築いている人だからこそできる事も多々あります。

お泊り

自宅は自分自身のプライベートな空間として、一定以上の関係性がある人でないと入れないという人は少なくありません。

狭く深くの付き合いをしている人だからこそ自宅に泊めたり、相手の自宅に泊めてもらってお泊りをする事ができます。

泣ける

自分の泣いている姿を見て欲しいという人は滅多に居ないですよね。

自分の一番弱い姿を見せる事ができるのは、自分が相手を心の底から信頼している証であると言えます。

悲しい事や悔しい事があった時に狭く深くの付き合いをしている人の前だからこそ、自分の一番弱い姿である涙を見せる事ができるのでしょう。

ブライズメイドやグルームズマンをお願いできる

最近では、結婚式の際に花嫁や花婿のサポート役としてブライズメイドやグルームズマンを親友にお願いする人も少なくありません。

二次会の幹事等と同様何かと労力のいる大変な役割でもあるために、お願いする相手に気を遣う事もあるでしょう。

狭く深くの付き合いをしている友人なら心から自分の幸せを祝福してくれていると信じる事ができるのでブライズメイドやグルームズマンをお願いする事ができますね。

一生に一度の結婚式を親友に一番近くで祝って貰えるというのはとても幸せな事ですよね。

デメリットもあるけど、結局は数より質が大事!

狭く深くの付き合いにはデメリットもありますが、メリットとして捉える事のできる魅力は大いに兼ね備えていると言えます。

沢山の知り合いがい居たとしても、その中で自分に親身になって寄り添ってくれる人はどれ程居る事でしょうか?

人間関係も数より質で狭く深い関係の方がお互いに支え合ってかけがえのない存在になる事ができる事でしょう。