CoCoSiA(ココシア)

交友関係が狭く深い人の6個の特徴と9個のメリット


交友関係の持ち方は人それぞれですが、あなたはどんな交友関係を持っていますか?

交友関係の広げ方はそれぞれにメリットデメリットがありますよね。

この記事では狭く深く交友関係を持つ人にスポットを当てて、その特徴とメリットをご紹介していきます。

※交友関係が狭い人は陰キャの傾向も。心当たりがある人はこちらもチェック。

この記事の目次

あなたの交友関係は狭く深く?広く浅く?

あなたは自分自身の交友関係を客観的に見た時に、狭く深くの交友関係と広く浅くの交友関係では、自分がどちらのタイプに当てはまると思いますか?

まずは、自分がどちらのタイプなのかをしっかりと把握しましょう。

狭く深く

あまり多くの人と付き合う事は無く、自分の近しい少数の人と特に親しい付き合いをしていく人がこのタイプに当たります。

深くというだけあって、その付き合いは長年に渡ったり仕事とプライベート両方とも同じ人と付き合っているという事も珍しくはありません。

人見知りの人に多い


狭く深くの付き合いは、人見知りの人に多くみられます。

新しく出会った人と関係性を築くのが苦手で、昔から知っている人との付き合いだけを大事にしていく傾向にあり結果的に狭く深くの付き合いになっているともいえます。

人間関係が面倒だと感じる人に多い

人間関係とは人の数だけあるものです。

人間関係が面倒だと感じる人は必然的に付き合う人の人数を最小限に絞る傾向にあるので、狭く深くの付き合いになる事が多いですね。

新しい出会いが無い

ずっと同じ環境で同じ毎日を送っているために、新しい出会いがなく結果として知り合いが少ない事から狭く深くの付き合いになっているという人も少なくありません。

若い頃は新しい人間関係が出来る機会も多いですが、年齢を重ねるに連れて人間関係は整理されて狭くなっていくので新しく他人と知り合う機会がなければ必然的に付き合いは狭くなっていく事でしょう。

広く浅く

多くの人と上辺の付き合いを多く持っている人は、このタイプに当たります。

誰とでも当たり障りのない会話をしたり、人数合わせとして気軽に声を掛けられるような間柄である事が多いと言えます。

人気者に多い

人に好かれやすい人気者は広く浅くの付き合いをしている人が少なくありません。

自分がアクションを起こさなくても自然と人が集まってくるために自然と広く浅くの付き合いになってしまう傾向にあります。

人間が好きな人に多い

人と関わるのが好きで、他人から様々な事を吸収できるタイプの人も広く浅くの付き合いになりやすい傾向にあります。

一人の人から学んだ事で他の人と繋がっていくので、次から次へと付き合いが広がっていきます。

狭く浅く

知り合いも少なく、さらにその狭い知り合いともあまり深くは関わろうとしないタイプの人は狭く浅くの付き合いであると言えます。

基本的に人嫌いだったり、一人が好きなタイプに多いと言えます。

人嫌いな人に多い

狭く浅くの付き合いをする人は、基本的に他人と関わる事が嫌いだったり苦手としている事が少なくありません。

人と付き合いたくなくでも、社会で生きて行く上で最低限の付き合いは必要です。

その最低限の人達と最低限の付き合いだけをしているという場合が多いと言えますね。

家族が好きな人

家族のような血を分けた確実に信頼できる人が居てくれれば、他人は必要ないと考える人は狭く浅い付き合いになりがちです。

仕事が終わったら真っ直ぐ家に帰り、休日は家族と過ごす事を望んでいる人に多いですね。

狭く深く交友関係を持つ人の6個の特徴!


狭く深くの交友関係を持つ人というのはどういう人に多いのでしょうか?狭く深くの交友関係を持つ人の特徴をご紹介していきます。

1.一人が好き

一人が好きな人は人間関係も、狭くする人が多いですね。

必要最小限の人達と分かり合える関係を作り、心地よい付き合いをしていきたいと考える人が少なくありません。

単独行動を好む事から、自然と人間関係は狭くなっていくのです。

団体行動が苦手

一人が好きで狭く深く人間関係を築いている人の中には、団体行動が苦手な人も少なくありません。