CoCoSiA(ココシア)

別れ方を5個紹介します。彼氏・彼女との別れに困ったら!

あなたは、今の彼氏・彼女と別れを考えています。

実際にどのように別れるべきか、それをどのように伝えればいいのか、悩んでいる事でしょう。

まずは、トラブルにならないために、どのような事に注意し、別れ話しを持ちかけるのか、よく考えて行動する必要があります。

もちろん、彼氏・彼女の事や性格などを考えた上で慎重に行動しなければなりません。

もちろん突然「別れたい」何て相手に伝えても、相手にその気がなければもちろん拒否をして、別れてくれないかもしれません。

そうならないためにも、別れ方の順序を正しく踏んで、別れのステップまで持っていく事が大切です。

できれば穏便に別れるべき

誰しも、恋人との別れの際にトラブルになるような事は避けたいものです。

しかし、別れ方や伝え方を間違えてしまえば、たちまち別れ話のもつれからトラブルに発展しかねません。

そうならないためにも、自分の身を守る事と相手をできるだけ刺激させないような行動をとらないといけません。

また、相手を無視したりあなたの一方通行にしてしまえば、あなたの身辺を探り出したり、家で待ち伏せなんかされたらたまりませんよね?

そうです、別れ方やあなたの行動次第で相手がストーカーになってしまう場合もあるのです。

その辺りをよく考えて行動するよう、心がけておきましょう。

別れる、は恋愛最大の難所

別れる時は、なぜか付き合う時よりもパワーや神経を使います。

そう、つまり「別れ」は恋愛最大の難所なんです。

付き合い初めは、あんなに相手を思ったり大好きだったのに、今では好きでいる自信がなくなったり。

今ではそんな恋人に心の距離を感じたり、離れたい気持ちや相手の気持ちを重たく感じたり・・・。

そんな状況では、益々溝は深まるばかりでしょう。

あなたに気持ちを立て直す自信があるなら、交際を続けていくのは可能です。

しかし、もしこのままズルズルと付き合っていっても、気持ちの進展が見られないようであれば、思い切って別れた方がいいかもしれません。

相手にもダラダラお付き合いさせなくて済みますからね。

交際している間は相手にも、あなたとの時間を共有させているわけです。

早めに別れた方が、相手の為かもしれません。

トラブルを避けるための心がけ

まず、「別れ」になってもあなただけの意見にさせない事です。

つまり、相手にも別れる事実を認めてもらわないといけません。

つまり、どれだけ時間がかかろうと、相手があなたと別れることを認めなければ、別れた事にはなりません。

もし、あなたが一方的に別れを告げて、別れたつもりでいても、相手は納得いかない上に自分の意見を無視された!と、感じて逆上したりしかねません。

それこそ、トラブルの元になってしまったり、相手があなたへの逆上からストーカーのようになってしまっては大変です。

必ずトラブルにならないよう、相手の意見は聞きながら、別れ話は進めていくようにするのが賢明です。

穏便に別れる方法論

やはり、喧嘩で別れてしまったり、「その場の感情」での行動は非常に危険です。

また一度別れを決めたなら、気持ちを考え直すことは辞めた方がいいでしょう。

遅かれ早かれ、いずれまたあなたから相手へ別れを告げる結果に繋がるのであれば、早い段階で手を打つ方が傷や情は浅いかもしれません。

穏便に別れをするのであれば、冷静な時に相手に伝えるようにしましょう。

また、相手が感情的になってきたとしても動じることなく、あなたの気持ちを素直に話すべきでしょう。

しかし、大事なポイントは相手の話にもしっかりと耳を傾ける事が大切です。

相手の意見も聞かず、メールだけで済ませたり、一方的にあなたから別れを告げるのでは、相手の気持ちを逆なでする可能性があります。

しっかりと考えて、真摯で慎重な行動が大切です。

少しずつ距離を置くための理由を考える

いきなり相手へ別れを告げるのは、結果的に得策とは言えません。

別れの前兆を相手が感じた上で、別れを告げられるのとでは、相手も受け止め方が全く違います。

いい意味で相手に猶予を与える事で、相手も心の準備ができることでしょう。

それこそ、今までラブラブだったのに突然別れを告げられても、どのように受け止めたらいいのか分からなくなります。

しして、なかなか別れを受け止められず、終いにはあなたへの嫌がらせやストーカー化してしまう、何て事が起きては大変です。

相手を魔物化させてしまうのではなく、少しずつ距離を置くための理由を考えていく方が、相手へのダメージも少ないでしょう。

また、相手が悪い内容の別れ方も後に尾を引いてしまいます。