あなたは、今の彼氏・彼女と別れを考えています。

実際にどのように別れるべきか、それをどのように伝えればいいのか、悩んでいる事でしょう。

まずは、トラブルにならないために、どのような事に注意し、別れ話しを持ちかけるのか、よく考えて行動する必要があります。

もちろん、彼氏・彼女の事や性格などを考えた上で慎重に行動しなければなりません。

もちろん突然「別れたい」何て相手に伝えても、相手にその気がなければもちろん拒否をして、別れてくれないかもしれません。

そうならないためにも、順序を正しく踏んで、別れのステップまで持っていく事が大切です。

できれば穏便に別れるべき

誰しも、恋人との別れの際にトラブルになるような事は避けたいものです。

しかし、別れ方や伝え方を間違えてしまえば、たちまち別れ話のもつれからトラブルに発展しかねません。

そうならないためにも、自分の身を守る事と相手をできるだけ刺激させないような行動をとらないといけません。

また、相手を無視したりあなたの一方通行にしてしまえば、あなたの身辺を探り出したり、家で待ち伏せなんかされたらたまりませんよね?

そうです、別れ方やあなたの行動次第で相手がストーカーになってしまう場合もあるのです。

その辺りをよく考えて行動するよう、心がけておきましょう。

別れる、は恋愛最大の難所

別れる時は、なぜか付き合う時よりもパワーや神経を使います。

そう、つまり「別れ」は恋愛最大の難所なんです。

付き合い初めは、あんなに相手を思ったり大好きだったのに、今では好きでいる自信がなくなったり。

今ではそんな恋人に心の距離を感じたり、離れたい気持ちや相手の気持ちを重たく感じたり・・・。

そんな状況では、益々溝は深まるばかりでしょう。

あなたに気持ちを立て直す自信があるなら、交際を続けていくのは可能ですが、もしこのままズルズルと付き合っていっても、気持ちの進展が見られないようであれば、思い切って別れた方が、相手にもダラダラお付き合いさせなくて済みますからね。

交際している間は相手にも、あなたとの時間を共有させているわけですから、早めに別れた方が、相手の為かもしれません。

トラブルを避けるための心がけ

まず、「別れ」になってもあなただけの意見にさせない事です。

つまり、相手にも別れる事実を認めてもらわないといけません。

つまり、どれだけ時間がかかろうと、相手があなたと別れることを認めなければ、別れた事にはなりません。

もし、あなたが一方的に別れを告げて、別れたつもりでいても、相手は納得いかない上に自分の意見を無視された!と、感じて逆上したりしかねません。

それこそ、トラブルの元になってしまったり、相手があなたへの逆上からストーカーのようになってしまっては大変です。

必ずトラブルにならないよう、相手の意見は聞きながら、別れ話は進めていくようにするのが賢明です。

穏便に別れる方法論

やはり、喧嘩で別れてしまったり、「その場の感情」での行動は非常に危険です。

また一度別れを決めたなら、気持ちを考え直すことは辞めた方がいいでしょう。

遅かれ早かれ、いずれまたあなたから相手へ別れを告げる結果に繋がるのであれば、早い段階で手を打つ方が傷や情は浅いかもしれません。

穏便に別れをするのであれば、冷静な時に相手に伝えるようにしましょう。

また、相手が感情的になってきたとしても動じることなく、あなたの気持ちを素直に話すべきでしょう。

しかし、大事なポイントは相手の話にもしっかりと耳を傾ける事が大切です。

相手の意見も聞かず、メールだけで済ませたり、一方的にあなたから別れを告げるのでは、相手の気持ちを逆なでする可能性があります。

しっかりと考えて、真摯で慎重な行動が大切です。

少しずつ距離を置くための理由を考える

いきなり相手へ別れを告げるのは、結果的に得策とは言えません。

別れの前兆を相手が感じた上で、別れを告げられるのとでは、相手も受け止め方が全く違います。

いい意味で相手に猶予を与える事で、相手も心の準備ができることでしょう。

それこそ、今までラブラブだったのに突然別れを告げられても、どのように受け止めたらいいのか分からなくなり、なかなか別れを受け止められず、終いにはあなたへの嫌がらせやストーカー化してしまう、何て事が起きては大変です。

相手を魔物化させてしまうのではなく、少しずつ距離を置くための理由を考えていく方が、相手へのダメージも少ないでしょう。

また、相手が悪い内容の別れ方も後に尾を引いてしまいますので、出来るだけ避けたいところでしょう。

仕事を頑張りたい

まず、よくある別れるパターンですが、仕事を頑張りたいと伝える方法。

別れの理由に困る時ほど使いたくなる方法です。

仕事を理由にすれば、相手も仕方なく思うところもありますので、非常に効果的でしょう。

また、もし仕事内容が相手へバレているのであれば、新規の企画が入ったや、勤務形態が変わったなど、別れ話をする前に、事前に話しを組み立てて置くべきでしょう。

相手から話を突っ込まれても、きちんと動じることなく話しができるよう、シナリオを考えて置くのも一つかもしれません。

とにかく、動揺したり相手のペースに巻き込まれないようにしたいものです、!

趣味を頑張りたい

仕事の理由が難しいようであれば、あなたに趣味があり、ぼっとしているような性格で無いなら、「趣味を頑張りたい」などの理由でもいいかもしれません。

また、新たに趣味わ始めるにしても、とにかく時間が無いという理由もありかもしれません。

また、どのような趣味で時間とお金がかかるのか、しっかりリサーチしておき、相手からどのように突っ込まれても答えられるようにしておく事も非常に大切です。

趣味について、少しでも分からない素振りや知らないことはないように、徹底的に調べ上げておきましょう。

友達との時間を作りたい

また、独身だからという理由で「友達と遊びたい」や「友達との時間を大切にしたい」などの理由も有効かもしれません。

友達が少ないあなたなら、この理由はなかなか言い訳が苦しいので、他の理由を考えるようにしてみましょう。

また、「学生時代の余韻が捨てきれていなくて、恋人が出来てから、そっちに時間をかけてばかりだったので、これからは、友達との時間を大切にしていきたい。」などの理由でも、いいでしょう。

とにかく、友達といる事が今の自分にとってはすごく居心地がいいなどの理由もいいかもしれませんね。

とにかく、友達が大切という事を伝えるようにしてみましょう。

家族との時間を作りたい

家族との事を言われると、なかなか相手も言い返しにくいところはありますよね。

家族が、体調不良や、家族を支えるためにバイトを増やす、または母親がもともと身体が弱いので、自分が兄弟たちの親代わりをしないといけない。

などなど、理由はいくらでも付け加える事が可能でしょう。

しかし、お付き合いしてい相手が、家族の誰かと連絡を取り合っている仲なら、事前に家族に協力をしてもらう事も必要です。

辻褄を合わせておく事は、相手を思いやる事ですので、必ず辻褄を合わせておくようにさて下さいね。

理由が固まったら、次の別れ方を実践!

さて、理由はどのようなモノにするのか、決まったところで、次のステップへ行きたいと思います。

別れの理由を選択する時に必ず注意してほしい事は、無理のありすぎる理由や、どう考えてもあなたのキャラクターからは考えられない理由は、すぐに相手から嘘だとバレてしまいますので、等身大のありのままのあなたが自然に選んでもおかしくないような理由を決めておきましょう。

そこで選択ミスをしてしまえば、元も子もありません。

しっかりと、考えて理由は選ぶようにしておきましょう。

しっかり、理由という土台を考えた上で、次のような行動に移してみるようにして下さいね。

方法①:デートの回数を減らす

まずは、時間が取れないなどの理由からデートの回数を減らしたり、相手と会う回数を減らすようにして行きましょう。

これまで通り、デートや会う回数が変わらないのは、理由から考えても不自然ですので、相手の気をひいてしまう場合もありますので、まずは会わないように行動する事が重要です。

デートの回数が減ったり、最近あなたと会ってないなどと、相手が感じれば

「理由は本当かもしれない」と、信じるようになったり、あなたが忙しい事だと少しずつ理解してくれるかもしれません。

まずは、手っ取り早い方法として、会う回数を減らすようにしてみて下さい。

方法②:スキンシップの回数を減らす

また、デートや会った時など必ず手を繋いだりキスしたりもあるかと思いますが、スキンシップは愛情表現になりますので、別れを考えている相手とのスキンシップは出来るだけ避けるようにして下さい。

もし、相手からあなたへスキンシップを求めてきたとしても、あなたはそれに答えない方がいいでしょう。

「今は、そんな気分じゃない」など、どのような理由にせよ、あなたとのスキンシップの回数が減れば、相手も薄々あなたに気持ちがない事を悟るかもしれません。

もし、あなたに気持ちがない事を悟られても、現段階では結論は濁しておいてもいいでしょう。

方法③:電話、メールなど連絡する回数を減らす

あなたからの電話やメールなど、連絡する事は避けるようにして下さい。

もし、あなたから連絡してしまい、またまた相手の気持ちを引き寄せてしまえば、今までの計画は失敗してしまいます。

必ず、相手へあなたの気持ちが薄らいでいくように仕向ける事と、あなたも忙しいを理由に連絡する回数は減らしていくようにして下さい。

とにかく、相手へ気持ちを引き寄せてしまわない事がポイントになります。

相手からの連絡も、必要最低限の内容で返信するようにして下さい。

ダラダラと続くような内容では意味がありません。

相手からの電話も取らずにメールで内容確認でも構わないでしょう。

とにかく、距離を置く事が必要です。

本人に伝えるための具体策

ここからは、具体的に「別れを告げるための具体策」になります。

まずは、電話やメールだけで別れを済ませたりする事は辞めておきましょう。

何度も煽りますように、相手がストーカーのようにあなたの身辺を嗅ぎまわったり、張り込まれたりしてはたまりませんので、必ず相手の気持ちも思いやり、きちんとしたカタチで別れを告げる事が大切です。

あなたも、相手の事が好きで、一度はお付き合いをしたわけですので、邪険に扱うような事は、人として取るべき行動ではないでしょう。

このことを心に留めて、いざ別れのシュチュエーションを考え、互いに別れ話がしやすい環境を選ぶようにしてみましょう。

方法④:静かな場所で話す

うるさい場所や、雑音が凄い場所では、落ちついて話すことすらできません。

必ず、じっくりとお互いが話し合いのできる環境が大切です。

また、相手の車の中や密室、2人以外誰もいないところも避けるべきでしょう。

別れ話のもつれから、相手に変な事をされたり暴力を振るわれたりしても大変なことになりますので、必ず人の目がつく、静かな喫茶店やカフェ、または公園や海などでもいいかもしれません。

とにかく、静かな場所で2人きりになってしまわない場所を選ぶ事がポイントになります。

方法⑤:理由があることを添えて別れたい意思を伝える

もちろん、別れ話の理由や責任は必ず自分にある事をきちんと伝えて下さいね。

あくまでも、感情的になってしまったり、相手があなたの感情を逆なでしてくる発言や行動に出てくるかもしれません。

それに、動じる事なくあなたの気持ちは変わらない事を相手へ伝えるようにして下さい。

最後まで毅然とした態度で相手へ、あなたの別れたい意思を伝える事で、相手へあなたの本気な気持ちを理解してもらえるようにする事が目的です。

あくまでも、相手があなたの気を引きたくて泣いたり、喚いたり、怒鳴ったりしてきても、動じる事なく過ごすようにして下さい。

これはやっちゃダメ!な方法

ここからは、別れる時にとってはいけない行動や、やってはいけないこと、言ってはいけない言葉やキーワードをお伝えしていきます。

必ずそれらの行動やキーワード、言葉を言ってしまう事なく、別れ話をするようにして下さい。

気の緩みから、ぽっと出てしまった言葉や行動が後になり、相手が逆上してくる可能性もありますので、必ず、気をつけてほしいポイントになります。

相手との別れ話では細心を払い、気をつけながら、発言をするようにして下さいね。

相手に原因があることを示す

まずは、絶対に相手が原因だと分かっていても、相手を攻め立てたり、相手への原因を追求する事は辞めておきましょう。

別れることは、あなたにも少なからず、原因はありますので、相手ばかりが原因だったなど、相手を非難するような発言も含めて言わない方が賢明です。

もう、別れる相手に「あなたが原因だ」と言ったところで戻る事もしなければ、直すこともありません。

相手が原因だと言うのであれば、まだやり直したりこの先があるのであれば、まだ話はわかります。

執拗以上に相手を責めたり、相手への原因などを伝えるのもおかしな話です。

相手が原因だったとしても、それは別れ話には出さない事が賢いでしょう。

相手の見た目や性格を否定する

これは、絶対にやってはいけない事です。

あなたが、相手に対して心の何処かで、相手の見た目、顔や体つき、性格など、人権に関わる部分などで否定をしてしまう事です。

その発言は、あなたのモラルも問われることにもなり兼ねません。

誰しも、完璧な人間は存在しないのです。

芸能人すら人間ですので、欠点はあるのが当たり前なのです。

あなたは、完璧に生きているつもりでも、他人からみれば完璧ではないのかもしれません。

そのように、人から見た見た目や性格などは、あくまでもあなたが感じた事であり、あなただけの見解です。

絶対に、相手の見た目や性格を否定する事は辞めておきましょう。

相手の状況や境遇を否定する

また、こちらも見た目や性格とよく似ていますが、相手の状況や境遇は、相手ではどうにも出来ないところもあります。

そこを否定されれば、相手の存在すら否定しているようにも聞こえてしまうかもしれません。

あなたは、そんなつもりはなくとも、あなたと相手は感じ方や受け止め方も違う部分がありますよね。

相手の状況、境遇、過去の話も含めて、相手を否定する事は、別れ話には必要ない事です。

逆を返せば、相手の状況や境遇を受け止める事ができなかった「あなた」にもなりますので、そういったプライベートな話には、触れないでおきましょう。

相手が傷つくようなことは言わない

間違いなく、「〇〇をちゃんと、受け止める事ができなかった自分に原因がある」と、いうように伝えるのは正解かと思います。

しかし、一言多いように、「あなたの事を受け止められない私が悪いんだけど、あなたの〇〇なところが苦手で、いつも悩んでいたんだよね。」など、相手を否定したり、傷つけるような発言は、辞めておきましょう。

結果、相手を傷つけたり逆上してしまう事になれば、相手もどのように出てくるかはわかりません。

相手のことも思いやり、丁寧に別れを切り出し、送り出す事が大切です。

他に好きな人ができた

本当に、相手以外に好きな人が出来たとしても、相手には言わない方がいいでしょう。

相手が「あなたが今好きな人より劣ってしまった」や、「あいつに負けた」など他に好きになった人と自分を計りにかけ、ジャッジされたりなんて感じてしまえば、あなたに対しても逆恨みしてしまう事にもなり兼ねません。

かならず、他に好きな人が出来たとしても、お付き合いしている相手には、別れ話だろうが別れるだろうが伝えてしまうのは、得策とは言えないでしょう。

恋愛そのものに冷めてしまった

もちろん、ここでも「恋愛に疲れた」や「恋愛に冷めてしまった」などというキーワードも、相手との恋愛がつまらないという結果に繋がってしまいますので、相手は否定されている気持ちになります。

もし、本当にあなたがそうやって感じていても、恋愛に対してのマイナスなキーワードは、出さないようにしましょうね。

このように、細心の注意を払いながら言葉に気をつけで、相手へのスイッチを入れてしまわないよう、穏便に別れ話を進めていきましょう。

別れる、ということ

まず、ちゃんとあなたは、今お付き合いしている相手と別れる事ができますか?

中途半端な答えでは、相手を傷つけてしまう事にもなりますので、しっかりとあなたにその意思があるのか、よく考えてみる必要があるでしょう。

もし、一時的に冷めてしまっていたり、別れる気もないくせに別れたいなど考えているのであれば、すぐにその気持ちも辞めるようにして下さい。

相手も、あなたが好きでお付き合いをしているわけですので、振り回す事はしない方があいですね。

まずは、あなた自身が「別れ」について、じっくりと考えてみるようにして下さい。

まず、決断できるか自問する(ブレないため)

別れの大一歩として、まず自分で別れる選択を決断出来るのか。

そこをよく考えてみるようにして下さい。

もし、少しでも気持ちにブレがあったり「別れは違うかも?」などと感じているのであれば、別れは見送るべきでしょう。

それは、あなたの中でまだ迷いがあるためお付き合いしている相手の理屈にまるめこまれる可能性もあります。

そのようにあなたの心が定まってないのに別れは決断できず、相手も振り回すことになってしまいます。

まずは、別れる意思がはっきりしているのか、自問自答してみましょう。

別れたいとか別れてみるではなく、「別れる」と決意できるか

お付き合いしている相手と何処まで本気で別れを考えているのか、じっくり考えてみる中で、相手と少し距離を置きたいと感じていたり、「別れてみて、ダメなら戻る」などそのような中途半端な考えは無いですか?

それなら、一度今お付き合いしている相手と距離を置いてみてはいかがでしょうか?「別れる」と「距離を置く」とは全くの別物です。

また、別れたいと思う中には、まだ何処かで今お付き合いしている相手を思う部分があるのでしょう。

なので、あなたが相手と「別れる」と心の底から決意が出来たのであれば、それは実行へ移すべきです。

別れるべき理由をリストアップする

まず、別れを決めたのであれば、別れるべき理由をリストアップしてみて下さい。

あなたは、今お付き合いしている相手のどのようなところをどのように感じて、付き合う事を辞めるのか。

きっと明確な理由は、心あたりも含めていくつかある事でしょう。

もし、一つもない場合、別れる理由はありません。

別れるべき理由は、実際に別れ話を出す時にも有効に活用出来るかもしれませんので、相手を否定するような内容以外に焦点を絞り、考えてみましょう。

後戻りできないため、自分自身の意思を確認する

「別れる」と、いう事は寄りを戻したりする事はあり得ませんので、もう一度あなたの覚悟があるのか、しっかりと確認してみてましょう。

何度も申しますように、中途半端な考えでは取り返しのつかない事になるどころか、相手を傷つけてしまう事にも繋がりますので、慎重にいきたいところです。

あなた自身に本気で別れる意思があるのか何度も確認する必要があります。

何度でも確認し、答えがブレないのであれば実際に別れ話の段階へステップするようにして下さい。

それまでに、もし気持ちが戻るようなら、別れは少し考えてみる事をオススメします。

別れた後の幸せを用意すべき(さらにブレないため)

また、別れた後はどのようにあなたが過ごしていくのか、そこを考えておく事もまた大切な事です。

別れた後、あなたが更に別れた事に対してブレないために、前向きになれるような事やシナリオを考えておく事で、後戻りしたり、今お付き合いしている相手と寄りを戻したりする事を考えずに過ごせる事までをプランに入れて、計画しておきましょう。

人間は弱いもので、楽な方へ流れてしまう場合があります。

あなたの決断が間違いでなかったと、実感できりるように、別れた後の幸せまできちんと考えておきましょう。

別れてこの先をどう生きるのか、真剣に考える

今お付き合いしている相手と、別れた後、あなたはどのように過ごすか、きちんと考えていますか?何も考えていないのは、危険です。

少しでも「寂しい」と感じたり、「戻りたい」などと考えてしまえば、たちまち気持ちが逆戻りしてしまい、思い切って別れる決断をした事が水の泡になってしまいます。

今、お付き合いしている相手と別れたら、新たな出会いを探したり、しばらくは恋愛から離れて、趣味ややりたい事に没頭するなど、どのようなプランでも構いません。

あなたが、自由になったらやりたい事をこの際やってみるのはいかがでしょうか?

別れるべき理由は、本当に別れることで解決するか

また、もう一つの疑問が別れるべきりは、「本当に別れる事で、解決するのか」と、いうところです。

今まで、あなたが恋愛で同じような失敗を繰り返しているのなら、きちんと恋愛して向き合うべき事でしょう。

もし、恋愛をしている事で、自分の時間が無いと感じているのであれば、別れを選択するのではなく少し相手と距離を置いてみてはいかがでしょう?

別れる事で、解決すると思っていた事は意外と別れなくても解決する事もあるのです。

よくよく考えて、あなかだ一番いい答えを探し出せばいいのですが、自分の楽の為に別れを選ぶのであれば、それは間違いなのかもしれません。

別れたら今より幸せになる確信がもてるか

今の恋愛を終わらせて、別れる事で間違いなくあなたが幸せになれる自信や確信があるのであれば、別れを選択する事は、間違いではないのかもしれません。

まずは、あなた自身が「幸せ」だと、感じたり思ったりする事が大切なのです。

今お付き合いしている相手と、別れる事であなたが幸せになる事が、分かっているなら少しでも早く、別れる事選んで下さい。

また逆に、別れる事であなたの気持ちが楽になるだけで、あなた自身が成長できていないと感じるのであれば、その別れはあなたを成長させるどころか、甘やかしてしまう事になりますので、別れる事をよく考えて、簡単で楽な答えに流されないよう、自分でも自覚しておくといいですね。

まとめ

あなたは、今お付き合いしている相手とは、本気で別れを考えていますか?

それとも、少し相手がめんどくさく感じたり、距離を置きたいだけなのであれば、別れる必要はないのかもしれません。

また、あなただけの勝手な思い込みで相手ともともとタイプではない、や顔が好みではない、など容姿に関するような安易な答えで別れたり付き合ったりする事もオススメはできません。

付き合うときにも、必ず相手の好きなところがあり、お付き合いをするわけですので、最後に容姿などの理由で別れるのも実に変な話です。

また、別れるときには相手を否定する事はしない方が大人の対応です。

相手も、後に引きずる事は少ないでしょう。

別れを決める時は相手の幸せも願いながら、別れ方を選択する事が大切なのです。

出会いは別れのはじまり、別れは出会いのはじまり

円満な別れが円満なその後の人生につながるのです!

別れがあれば、出会いもあるように、人は一生出会いや別れを繰り返して生きていきます。

もし、あなたが、出会った仲間を大切に見送る事が出来ないのであればまた、あなたも大切に見送られる事はないでしょう。

今までで会った人や恋人が、どのような方であれあなたとは何かの縁や繋がりががあった事には変わりません。

あなたが、どのような相手であっても感謝し、大切に見送る事が出来、円満な別れが出来るのであれば、また次に出会った人とは、更に今より幸せな時間を過ごす事が出来るのではないでしょうか。

あなたが相手を思いやる気持ちこそが、あなたも思われる気持ちに繋がりますので、相手を思いやる気持ちを忘れずに過ごす事を心掛けましょう。

あなたと、出会う相手は合わせ鏡のようで、あなたが相手にした事はいつしか回り回って、あなたに帰ってくる事でしょう。

あなた自身を大切にする事が、相手を大切に思いやる気持ちになり、またその気持ちが回り回って、あなたの元へ帰ってくる事でしょう。

この気持ちを忘れずに、別れや出会いも大切に過ごせる事が、将来のあなた自身の幸せに繋がっていくのでしょう。