実際の家族の中では「一人っ子」や「妹」であっても、他者から見た時の年上女性は「お姉さん」になることがあります。

ただ「お姉さん」になれるのは一部の人だけ。

ただ年が上なだけだと「おばさん」「お局さま」にもなりかねません。

「お姉さん」になるには、ただ年上なだけでなく女性としての魅力、大人としての魅力を備えている必要があります。

どのような魅力があれば「おばさん」や「お局さま」呼ばわりされなくて済むのかを考えていきましょう。

️お姉さんな年上女性ってどんな印象?

お姉さんな年上女性を男性はどう思っているのでしょうか。

なんとなく若い女性が人気なイメージが強いかもしれませんが、年上好きの男性の割合もそんなに少なくありません。

また、「お姉さん」と聞いて抱く印象について、巷の男性の声を集めてみました。

年上好きって結構多い

女性の年上好きは各種アンケート調査を参照しても割合はさほど変わらず7~8割ほどいます。

一方、年上好きの男性の割合は2~3割程度。

需要と供給は合致していることがわかりますね。

ただ、男性も一度は年上女性を好きになった経験があるとも言われています。

若い人ほどこの傾向は強く表れ、憧れを抱くようです。

もちろん、年齢などそもそも全く気にしないという人も2~3割程度いるので、年上ということは恋愛において、それほどデメリットはありません。

「そんなことない!年をとってからモテなくなった!」と思う人もいるでしょう。

でも、それは認識を間違っています。

年をとったからモテなくなったのではなく、元々人としてはそんなに魅力がなかったけれども、若いというだけでオッサンからチヤホヤされた、が正確な認識です。

年齢が上がるにつれ、相応の“人としての魅力”が備わっていなければ「お姉さん」ではなく「おばさん」です。

さらに悪意が加われば「お局さま」まっしぐら。

気を付けましょう。

男性の持つお姉さんへの気になる印象


では、男性が年上女性の中でも「お姉さん」と呼ぶにふさわしい女性に対して抱いている印象について、実際の声を確認してみましょう。

・一緒にいて落ち着く(20代)
・実際に姉がいるので親近感がわく(30代半ば)
・甘えられる(30代前半)
・価値観が合う人が多い(30代前半)
・仕事をしている姿がかっこいい(20代前半)
・包容力がある(20代後半)
・自分がリードしなくて良いのは楽(20代後半)

これらは年上女性だからこそ与えることができるメリットですよね。

年下女性ではよほど精神的に成長していないと難しいでしょう。

️気を付けて!「お姉さん」と「おばさん」の違い

「お姉さん」に男性が抱く印象について見ていくわけですが、その前に自分が既に「おばさん」カテゴリに入ってしまってはいないかをチェックしておきましょう。

自分では「お姉さん」のつもりでも、「おばさん」になっていれば魅力を取り入れようとしても存分に発揮できません。

心にグサッとくるものもあるかもしれませんが、目を逸らずに省みてくださいね。

見た目

「お姉さん」で想像するのは、メンテナンスの行き届いた見た目です。

たとえば次のようなポイント。

・髪にツヤがある
・メイクが自然で綺麗
・くびれがあって足も細い
・爪も綺麗にしている

一方の「おばさん」はコチラ

・白髪混じり、ボサボサ、パサパサ
・シミやシワが多い
・メイクが一昔前
・太っている
・爪や手が荒れている

清潔感にも繋がる項目が多いので注意をしましょう。

また、見た目ではありませんが臭い問題もあります。

加齢臭や口臭は女性も要注意です。

恥じらい

人間対人間の付き合い…言い換えれば“仲間になれるか”だけで言えば恥じらいは不要です。

いかなる性格であろうとも個性として受け入れ、友達になることはできます。

でも、“恋人として”と考えたときには、やはり女性としての魅力がなければ難しいです。

次のような行いをしていないかどうか確認しましょう。

・大声で話す
・大酒飲みで泥酔してしまう
・笑いながら人のことをバシバシ叩く
・列に割り込んでも気にしない
・くしゃみや咳の音がデカイ
・電車など人前でメイクをする
・噂話大好き

要するにガサツな女性は、ただのおばさんです。

「こういう大人にはなりたくない」という悪いお手本のような感じなので、恋愛対象になることはありません。

モテテクの認識

かつては流行ったモテテクも今は昔。

下記のテクをまだ有効だと思っている人は認識を改める必要があります。

・不自然なまでの上目遣い
・アヒル口
・おバカキャラ
・料理の取り分け
・駆け引き
・か弱いアピール

上目遣いにアヒル口、口癖は「え~?わかんな~い?」で飲食店では率先して料理の取り分け、思わせぶりな態度をとりながら、寒がりだったり力がないフリをしたり…一言にすれば「痛い」人。

とくに、か弱い女性がモテたのは好景気だったころの話で、現在は働くことも家事もできない女を養えるほど余裕のある男はほとんどいません。

市場を狭めていますから、今すぐやめましょう。

料理の取り分けも、「各自、食べたいものを食べたいだけ」が主流。

わざわざ取り分けられると「この料理好きじゃないのに…」「押し付けがましいな」と思われてしまいますよ。

話し方

若い頃だけ許される話し方というのがあります。

大人になって尚そのような話し方をしていると、幼稚な印象をあたえてしまい、お姉さんでもおばさんでもない「相手をしてはいけない地雷」として認定されてしまうでしょう。

幼稚な話し方は「〇〇がぁ××でぇ」というような語尾が伸びる話し方、「えっと」「あっ」「うーん」などの多用、仲間内ではない場での「ウケる」「ヤバい」などの表現などが該当します。

若い人への態度

「最近の若い子はねぇ」なんて言葉を使ったらもう、おばさんです。

これは大昔からずっと言われている言葉。

プラトン(紀元前427年~紀元前347年)という古代ギリシアの哲学者まで「最近の若者は~」と記述しています。

つまり、誰だって最近の若者だった時期があるのです。

それを忘れて自分はさも以前からマトモだったような言い方をして、若いというだけで相手を揶揄している時点で人間として未熟。

その相手個人の特性を「若者」などという大きすぎるカテゴリに分類することで「理解できない存在」と割り切り、話し合う面倒さを回避しているに過ぎません。

さらに言えば、ただ体が年をとっただけの人より人生経験が豊富で知識や知恵のある若者はたくさんいます。

「最近の若い子は」という言葉を使い出したら「自分の脳が老化しているんだ」と認識して考えを改めましょう。

自己投資

自己投資をやめ始めるとおばさん化が始まります。

自分で自分のポテンシャルを諦めてしまい、おしゃれをしない、体のケアをしない、勉強しないとなると、スキルも精神も成長しないまま、ただ肉体が老化していくだけです。

これでは「お姉さん」と呼んでもらえるような女性にはなれません。

そんな人に憧れや尊敬を抱く人はいませんから、誰も期待してくれなくたって自分くらいは前向きに、時間やお金を投資していきましょう。

️お姉さんへのプラスな印象


さて、お姉さんと呼ばれるにふさわしい要素を備えていることを前提として、男性が抱くプラスの印象について見ていきます。

下記にご紹介する項目はいずれも、特定の女性に対して抱く感情というよりは「お姉さん」という言葉から連想する印象です。

つまり「お姉さんはこうあってほしい」という願望のようなもの。

下記の印象と合致する振る舞いをすれば「お姉さん」として好印象を与えることができます。

甘えさせてくれそう

お姉さんに期待するのは心と時間の余裕です。

それを期待するからこそ「甘えても大丈夫そう」と安心して男性は近寄ってきます。

女性が男性に期待しやすい包容力と類似していると考えればOKです。

また、男性自身は自覚していなくても、少なからずマザコン気質を持っている人が多いため、年上女性には母性を期待します。

職場などでは素直に甘えられずに気を張っている男性ほど、誰かに甘えたいという欲求をもっているもの。

漢気溢れる男性とお付き合いをしたのに、数か月後には甘えん坊になることも少なくありません。

お姉さんはこの需要に応えられるため、その雰囲気が伝わると好印象です。

相手が甘えられる隙を作りましょう。

話すときはあえて間を作ってゆったりと、所作もキビキビというよりは丁寧さを心がけるのがお姉さんらしさを出すコツです。

優しそう

若い頃の優しさは押し付けがましくなりがちですが、人生経験を積んでくると「本当に相手のためになる優しさ」がわかってきます。

なんでも世話を焼いてくれるというよりは、ただ隣で話を聞いてくれたり、親身になってアドバイスをしてくれるなど、心のつながりを感じられる優しさです。

お姉さんに期待するのはコレ。

甘えたい欲がない男性でも、このような優しさを持つ女性のことは好きです。

とくに男性の方も年齢が上がってくると、あれこれ手や口を出される優しさより共に歩ける優しさを望むようになります。

喧嘩が少なそう

お姉さんに期待するのは感情の制御です。

若い内は喧嘩をしてもお互いそれほど疲れもせず仲が深まることもありますが、30代も近くなってくると口論でゲッソリするほど体力が奪われます。

人生経験を積んでいるはずの大人であれば、感情を爆発させる前に話し合いができることを期待するのは当たり前。

それができない女性は「ヒステリックおばさん」と呼ばれるでしょう。

お姉さんたるもの、自分の意見を的確に相手へ伝える話術は必須。

もちろん相手の話を聞き入れて受け止める心の広さも重要です。

たとえ意見が食い違ったとしても、それがただちに喧嘩になるのではなく、お互いの妥協点を見つけようとする姿勢がプラスな印象を与えます。

わがままを言わなそう

わがままを言わないのと、付き従うことは違います。

たとえば「ラーメンが食べたい」という男性に「私はハンバーガーが良い」と言うのはわがままではありません。

男性が嫌うわがままは、終電もない時間に「今すぐウチに来て」というようなもの。

ちょっと考えれば大きな負担になるようなことを平気で言ってくる精神に辟易します。

許されるとしても10代の無邪気な時期だけでしょう。

自分の意見や願望は持ちつつ、無理な要求はしないというのが大人の女性。

心を押し殺して従ってくれることを望んでいる男性は少数です。

そして、その少数は地雷なので相手にする必要はありません。

面倒見が良さそう

これはお姉さんの良い印象というよりは、面倒見の良い人がお姉さん認定されやすい、といえます。

職場の後輩や部下の教育が上手く、相手の不安に先回りしてケアできる人が多いタイプです。

こういった人は周囲の状況を俯瞰で見る力に長けており、細部まで目が行き届いているのが特徴。

直接世話を焼いてもらっていない人からの信頼も厚い傾向にあります。

こうした女性は将来のパートナーとしても信頼の置ける人物であるため、気軽に付き合いたい恋人としてはハイスペックすぎるかもしれませんが、結婚相手としては好まれやすいでしょう。

セクシーな感じ

自ら意識的にアピールしている気はなくても滲み出るセクシーさが「お姉さん」の印象です。

思わず触れたくなるような滑らかな肌や潤った唇、艶やかな髪を持ち、露出こそ少ないもののボディの曲線美がわかるような服を着こなせる自己管理能力の持ち主。

加えて仕草も優雅で、話し方や笑い方にも品が感じられるような女性はセクシーです。

セクシーなのと淫らな感じがするのとでは大違い。

わかりやすく言うなら、セクシーは「異性としてとても魅力的、色気がある」ですが、淫らな感じは「チョロそう、ヤレそう」という印象の違いがあります。

ここを勘違いして品を失ってしまうと、痛いおばさんになってしまうので気を付けましょう。

自立している

経済的にも精神的にも自立している女性はお姉さん感があります。

逆に、どちらかが欠けていればお姉さん感は失われるので注意が必要です。

精神的に未熟な人に年上としての魅力がないことは容易に想像がつきますが、経済的な自立も重要。

なぜなら、どんなに精神的に大人でも、親などの人様のお金で暮らしているようでは何を語ろうと説得力にかけるからです。

昔なら守ってあげなくてはならない女性が人気だったようですが、現代は男女ともに自立していることが求められています。

そして、この考え方は互いに依存し合わないことを示しており、自分ができないことを相手にも要求しないという対等な関係を築いてくれるでしょう。

これまでの人生の選択に自信と責任を持ち、堂々と生きている姿は人を惹きつけます。

もし上手くいかないことがあっても、人や運のせいにするのではなく「ではどうするか」を考えるのがお姉さんです。

たまに見せるギャップがイイ

お姉さんキャラで通っている人が、たまに「女の子」に戻る瞬間にグッとくる男性は多いもの。

仕事をバリバリこなし、姉御肌で部下や後輩の相談には親身になって取り組むのに、自身のプライベートとなると優柔不断だったりするギャップにやられてしまうのです。

また、そういった「女の子」の瞬間に立ち会えると「俺しか知らないのでは」と特別感を覚えて好意を寄せやすくもなります。

頭が良さそう

頭が悪そうな人のことを「お姉さん」だとは思わないかもしれません。

当然ながら頭の良い女性を想像します。

もちろん、眼鏡をかけているとか、服装がフォーマル寄りであるといった見た目の問題ではありません。

また、テストの点数や学歴も関係ありません。

口調、態度、論理の展開のさせ方から滲み出る「大人としての」頭の良さです。

頭の良い人は、頭がそんなに良くない人ともスマートに会話ができます。

バカにしてくることはなく、むしろ話しやすいように促してくれたり、言いたいことを的確にまとめてくれたりするものです。

これは、頭の良い人が先を読んでフォローしてくれるからでもあります。

他の人と話すよりも意志疎通がしやすく、一緒にいて楽しいので好感度が自然と高くなります。

ちゃんと叱ってくれそう

「ちゃんと」というのがポイントです。

「怒る」のと「叱る」のとは別物であることを知っている人は多いですが、いざ叱ろうと思っても怒ってしまう人が大半。

怒るというのは自分の感情が高まって腹を立てること。

叱るのは、感情は一切関係なく、相手の行いや欠点を戒めるためのものです。

つまり、ちゃんと叱れる人というのは、その人の行いや状況を冷静に判断してから言葉にしていると言えます。

感情を動かしているわけではないため、とても落ち着いており、言葉も丁寧です。

叱られること自体は「嫌だなぁ」と思う人がいても、「この人嫌だなぁ」という印象にはなりません。

男性を立ててくれる

お姉さんな女性は、叱るときは叱って男を調子づかせることはしませんが、立てるときは立ててくれます。

このバランス感覚が上手です。

男性のテリトリーの中にお邪魔する場合は、日頃からその男性に不満があっても表には出しません。

自分より男性の方がその周囲と長く付き合っていくことが分かっているからこそ、無駄なおしゃべりで男性の評価を下げるようなことはしないわけです。

これができない女性も結構います。

彼氏の男友達がいる飲み会で彼氏の愚痴や、しょうもない失敗を暴露してしまったり、彼の行きつけのお店で「あなた、お金ないんだから割り勘ね」と言ってしまったり…。

こういう女性は結婚すると、仕事から帰ってきたばかりの夫に「給料が少ない」「自由になるお金が欲しい」「私も働きたい」などと自分が思っていることばかりをブチ撒けがち。

まずは「お疲れさま」くらい言うようにしましょう。

自分だって仕事から帰ってすぐにギャーギャー言われたら嫌ですよね。

男を立ててくれない女性には、上記のような地獄の結婚生活を想像できてしまいます。

お姉さんうんぬん以前の問題かもしれません。

リードしてくれそう

「男たるものリードするのは俺だ」というプライドの持ち主が男性には多いですが、毎度引っ張っていくのは疲れるというのが本音。

女性にバシバシ決めてもらって楽をしたい日だってあります。

男を立てる意味を含めて、基本的にはリードしてもらう側ではありながら、リードできるポテンシャルは持っていそうな感じがする女性だと安心です。

常日頃から女性にリードされてばっかりというのも嫌なので、これもやっぱりバランス感覚の優れたお姉さんの成せる技でしょう。

アドバイスをくれる

男女問わず、自分より年上の相手には、人生経験を含めた適切なアドバイスを期待するものです。

しかし、現実ではかなり難しいこと。

多くの人がマトモなアドバイスができていません。

アドバイスしたがりジイサン・バアサンばっかり…。

というのも「アドバイスをしてあげよう!」と意気込んだ側は、一方通行のコミュニケーションを取りがちだからです。

相手の状況や考えを大して聞かず、自分が知っている限りのことをブチ撒けます。

これでは見当違いなことを言ってしまうでしょう。

お姉さんと認められるからには、毎回親身になって話を聞き、相手を思いやったアドバイスができなければいけません。

️男性にはお姉さんへの不満もある…?

お姉さんらしい女性に出会っても、上記まででご紹介してきたポイントを外すと不満を抱きます。

下記のような女性をちょっと想像してみましょう。

・喧嘩にならない(不満があると黙るだけで会話にもならない)
・面倒見が良い(自分ではそう思っているけど過剰な手出しをする)
・セクシー(露出が激しい)
・頭が良い(経験で乗り切ってきただけで新しいことはできない)
・リードしてくれる(従わないと不機嫌になる)
・アドバイスしてくれる(見当違いで一方的)

一見すると「年上でバリバリやっててカッコイイ」と思うかもしれませんが、カッコ書きの部分に気付き始めるとダメな年上だとすぐにわかります。

これで自称「かっこいいお姉さん」では話になりません。

見てくれだけお姉さんらしく取り繕っても意味がありません

️お姉さんへのマイナスな印象

お姉さんへマイナスな印象を抱くとしたら、それは勘違いおばさんに対するものです。

一見するとお姉さん的な人も該当してしまいかねないポイントがいくつかあるので、チェックしておきましょう。

可愛げがない

恋愛対象として見られるかどうかで考えたときは、年上だろうと可愛げが必要です。

しかし、お姉さんキャラの女性は、周囲から「ちゃんとしていること」を期待されているという意識が強いため、なかなか可愛げを見せることができません。

男性からすると隙がなさすぎて「この人は一人で生きていくのが楽しいのだろう」と思えてしまいます。

先述の通り、男性は「俺だけが知っている」女性の一面を好む傾向にあります。

これがないと恋愛対象とはなりにくいです。

逆に、隙のない女性を好む男性と付き合うと窮屈な毎日が始まります。

そんなに完璧な人間ではないと見せておくことは、自分を守るためにも大切です。

偉そう

相手が望んでもいないアドバイスを一方的に言ってくるような「自称お姉さん」は偉そうな印象を与えます。

実際に仕事ができたり、稼ぎが良かったりするのかもしれませんが、それと人間的に成長していることとは質が異なります。

しかし、仕事で成功している人はなぜか人間的にも優れているという自意識を持ってしまう人が多く、仕事が関係ないことにまで上から目線で物を言うのです。

恋愛対象として考えにくいかもしれません。

本当に偉い人は自ら偉いなんてことはアピールせず、周囲が勝手に尊敬の眼差しを送るものです。

偉そうな態度はやめましょう。

劣等感を感じる

男性は結構プライドの生き物ですから、周囲の人と自分を比べて優秀かどうかを気にする人が多くいます。

男性同士でも気になるところなのに、本能的に守る対象である女性に守られる立場になると劣等感を覚えやすくなります。

それでいてお姉さんに期待するのは大人らしく落ち着いた姿勢でもあるため、女性側からすれば「どっちなの!?」と困惑するでしょう。

でも、劣等感は男性側が勝手に感じるものなので防ぎようがありません。

なんとか防ごうとして褒めても、それが逆に上から目線だと思われたり、かといって何かをお願いしても「それくらい自分でできるくせに」と言われたりもします。

劣等感を覚えやすい男性とは相性が悪いので、自分に自信があって自立しているタイプの男性を選びましょう。

年下扱いされるのがイヤ

実際に年下なので年下扱いになるのは、ある程度仕方ないのですが…それこそ「若い子」という扱いを不当に感じるのは自然です。

自分でも経験があるとは思いますが、年上なだけでロクに仕事もできない、考え方も幼稚なオジサンっていますよね。

でも、そういう人ほど若者をバカにする傾向があります。

これは、年齢以外で相手に勝てるところがないからかもしれません。

無意識に自分を守っているとも言えます。

自覚がないために言動の節々に出てしまうものなので、冷静に自分の心の中にこのような思いがないかどうかを確認しましょう。

それに気づくことができれば「年下だからってバカにしないでください」とは言われなくなります。

頼ってくれない

お姉さんであることを求められているという自負があると、他者へ頼ることが難しくなってしまうでしょう。

でも、本当に一人っきりで誰にも頼らずに生きていくことは不可能です。

手段としてお金を払って外部に委託するということは可能かもしれませんが、それも頼っていることには変わりありません。

しかし「金を払っているのだからサービスを受けて当たり前」という考えに陥りがちで、その考えは完全なプライベートの付き合いでも頭をもたげてきます。

人に頼らず自立して生きているのだという過剰な自負は、傲慢な態度に表れるので気を付けましょう。

ときには素直に頼ってみないと、周囲の人は容易に近づけなくなってしまいます。

もっと甘えてほしい

にゃんにゃんしろってわけでもないのですが、恋愛においては「女の子」に戻る瞬間がないと相手は寂しさを感じます。

せっかく恋人になったのに、自分しか知らない一面がなく、関係が深まったという実感ができなくなるのです。

とはいえ、甘え下手な女性がやっと心を開いて甘えてくれるようになると、喜びは一入。

周囲に「性格キツイ相手と付き合うのって大変じゃない?」などと言われるたびに「実は違うんだよなぁ」と悦に浸ることができます。

でも、心を開いてくれる前に男性の開拓欲が失せてしまうのは多い話。

男性が「俺じゃダメなんだろうな」と思ってしまう前に、「甘え下手だけど甘えたい気持ちはある」と伝えておくと良いでしょう。

こっちが背伸びしてしまう

相手が大人だと「こっちも大人にならなくちゃ」と思う人が大半です。

たとえるなら、生まれて初めて踏み入る高級なレストランで緊張してしまい料理を味わうどころではない、というような状態。

レストラン側にしてみれば「そんなに気にしないで料理を味わってくださいね」という話ですが、緊張する側にとっては「そんなこと言われましても…」
背伸びすることばかりに気をとられた男性は、女性個人の存在を見失い、心のつながりが希薄になってストレスが溜まっていきます。

これでは関係が短期間で終了してしまうでしょう。

お互いが素の状態でもリラックスしていられるよう、素直に考えを打ち明けたり、相手の考えを受け入れるなどコミュニケーションを増やす必要があります。

自信がなくなる

自分ではできると思っていたことが、自分より上手い人と出会うと途端に自信がなくなってしまうのはよくある話です。

自分では年相応に成長してきたつもりでも、自分よりはるかに大人びた人と出会うと、自分の幼稚さに気付かされ、それを認めたくはないために、その大人を避けるようになります。

お姉さんな存在は、まさにその大人。

その人と一緒にいるたびに自分の幼稚さを指摘されているような気になって自信を失います。

「この人にも苦手なことがあるんだな」「こんなに子供っぽく笑う瞬間があるんだな」とわかるまで安心して付き合うことができません。

️お姉さんはもっと男性に甘えてあげて

頼られてばかりのお姉さんも、たまには男性に甘えてみましょう。

それを「期待してたのと違う」というような男性を相手にする必要はありませんしね。

自分が甘えても受け止めてくれるような男性と過ごしている内に、自然とお姉さんキャラの自分ではなく、一人の女性としての自分でいて良いのだという気になってくると思います。

もちろん、前提として「おばさん」にはならないように気を付けましょう。