CoCoSiA(ココシア)(旧:生活百科)

タメ語で話すことの8個のメリットとは?


タメ語で話すと、すごく仲良くなれた気がしてうれしい気持ちになります。

タメ語で話すタイミングってむずかしくて、相手が気を悪くしないかな?驚かないかな?と悩むところです。

ストレートにタメ語でもいいかな?と聞くかどうかって迷いますよね。

タメ語で話すことのメリットを知ると、わりとスムーズにタメ語で話せるかもしれません。

タメ語で話すことのメリットを知ってもらえたら嬉しいです。

タメ語で話す…そのメリットは?

タメ語で話すことのメリットで一番大きいのは、相手との距離感が近くなり、今までよりも仲良くなれることです。

冗談も言い合えますし、少しプライベートな話題で盛り上がることもできるようになります。

どうしても敬語だとお互いに距離感を感じてしまい、話す話題も選ぶようになります。

タメ語で話すようになるとあっという間に仲良くなることが多いので、プライベートで遊びに行ったり、気になる男性となら良い雰囲気になったりするかもしれません。

タメ語で話す前は少し勇気が必要ですが、メリットを知ることで頑張ろう!と思えるはずです。

勇気を出して踏み出してみてください。

タメ語で話していいのかな?そのメリットは

タメ語で話していいのかな?とためらうことは多いです。

自分よりも相手の人の方が年上だったり、仕事場の先輩だったりすると、タメ語で話してしまうと相手が気を悪くしないかと気がかりです。

もしかしたら、失礼な人だと思われてしまうかもしれないと気になりだすと色々心配になり、もっとタメ語で話すタイミングを失ってしまいます。

タメ語で話していいのかな?と少しためらったときは、タメ語で話すことで得られるメリットを覚えておいて、頑張って勇気を出すことが大切です。

もし、相手の人が万が一タメ語が嫌ならそれはそれです。

今までの距離感をキープして敬語で話すようにしましょう。

何事も勇気が大切です。

迷うくらいなら、タメ語で話してみてください。

タメ語で話すということは、相手と仲良くなりたいという気持ちの表れでもあります。

タメ語で話すか迷うとき


タメ語で話すか迷うときは、様子を見ながらちょうどいいタイミングでタメ語に切り替えてみてください。

自分と相手の年齢差、立場的にどちらの方が先輩か、相手の性格など色々な要素でタメ語に切り替えるかどうかは微妙に変わってくるからです。

相手が自分よりも年上で先輩なら、自分からタメ語にもっていくのはよほどプライベートでも仲良くなってからの方が無難です。

相手が自分よりも年下で後輩なら、あまり深く考えずにこちらからタメ語にもっていってもいいと思います。

TPOを分けたいなら、仕事場ではきちんと分けて、プライベートではお互いタメ語といった使い方でもいいかもしれません。

相手と自分の立場を振り返ってみて、自分の方が先輩ならさほど気を遣うことはないと思います。

自分の方が後輩なら、少し気を遣った方がいいです。

どうしても分からないときは、それとなくタメ語でもいいかなと聞いてみてもいいと思います。

相手もOKであれば、すぐに了承してくれます。

仲良くなってきたとき

仲良くなってきたときはタメ語で話すベストなタイミングです。

仲良くなってくるとお互い色々な話ができるようになり、プライベートでも一緒に遊ぶようになります。

そうなると敬語で話すのが億劫になり、タメ語の方がお互い気楽に話せます。

親しい相手なので、あまり深く考えずに少しずつタメ語にしていってみてください。

時々敬語、ほとんどはタメ語といった感じでフランクに会話してください。

どちらかが積極的にタメ語で話しかけることで、自然と相手もタメ語で話してくれるようになります。

タメ語で話せるタイミングになった頃に、下の名前で呼んでもいいか聞いてみてもいいと思います。

相手もタメ語で話していいか迷っているかもしれません。

自分からタメ語で話しかけることで、相手も嬉しくなってタメ語で話してくれます。

年齢の近いよく話す先輩と


年齢の近いよく話す先輩なら、タメ語で話せるようになってもいいと思います。

タメ語で話すことで先輩との距離感が近くなり、先輩も自分を慕ってくれていることがすごく分かるので、より距離感が近くなります。

大切なのは先輩を尊敬する気持ちを忘れないことです。

いくらタメ語になったとはいえ、仕事場、部活、学校といったたくさんの人がいる場では敬語を使った方がいいこともあります。

タメ語で先輩に話しかけて、友達と同じように接することはすごく素敵なことです。

ただ、周りの人も同じように先輩にタメ語で話すようになるとしめしがつきません。

ページトップ