タメ語で話すと、すごく仲良くなれた気がしてうれしい気持ちになります。

タメ語で話すタイミングってむずかしくて、相手が気を悪くしないかな?驚かないかな?と悩むところです。

ストレートにタメ語でもいいかな?と聞くかどうかって迷いますよね。

タメ語で話すことのメリットを知ると、わりとスムーズにタメ語で話せるかもしれません。

タメ語で話すことのメリットを知ってもらえたら嬉しいです。

タメ語で話す…そのメリットは?

タメ語で話すことのメリットで一番大きいのは、相手との距離感が近くなり、今までよりも仲良くなれることです。

冗談も言い合えますし、少しプライベートな話題で盛り上がることもできるようになります。

どうしても敬語だとお互いに距離感を感じてしまい、話す話題も選ぶようになります。

タメ語で話すようになるとあっという間に仲良くなることが多いので、プライベートで遊びに行ったり、気になる男性となら良い雰囲気になったりするかもしれません。

タメ語で話す前は少し勇気が必要ですが、メリットを知ることで頑張ろう!と思えるはずです。

勇気を出して踏み出してみてください。

タメ語で話していいのかな?そのメリットは

タメ語で話していいのかな?とためらうことは多いです。

自分よりも相手の人の方が年上だったり、仕事場の先輩だったりすると、タメ語で話してしまうと相手が気を悪くしないかと気がかりです。

もしかしたら、失礼な人だと思われてしまうかもしれないと気になりだすと色々心配になり、もっとタメ語で話すタイミングを失ってしまいます。

タメ語で話していいのかな?と少しためらったときは、タメ語で話すことで得られるメリットを覚えておいて、頑張って勇気を出すことが大切です。

もし、相手の人が万が一タメ語が嫌ならそれはそれです。

今までの距離感をキープして敬語で話すようにしましょう。

何事も勇気が大切です。

迷うくらいなら、タメ語で話してみてください。

タメ語で話すということは、相手と仲良くなりたいという気持ちの表れでもあります。

タメ語で話すか迷うとき


タメ語で話すか迷うときは、様子を見ながらちょうどいいタイミングでタメ語に切り替えてみてください。

自分と相手の年齢差、立場的にどちらの方が先輩か、相手の性格など色々な要素でタメ語に切り替えるかどうかは微妙に変わってくるからです。

相手が自分よりも年上で先輩なら、自分からタメ語にもっていくのはよほどプライベートでも仲良くなってからの方が無難です。

相手が自分よりも年下で後輩なら、あまり深く考えずにこちらからタメ語にもっていってもいいと思います。

TPOを分けたいなら、仕事場ではきちんと分けて、プライベートではお互いタメ語といった使い方でもいいかもしれません。

相手と自分の立場を振り返ってみて、自分の方が先輩ならさほど気を遣うことはないと思います。

自分の方が後輩なら、少し気を遣った方がいいです。

どうしても分からないときは、それとなくタメ語でもいいかなと聞いてみてもいいと思います。

相手もOKであれば、すぐに了承してくれます。

仲良くなってきたとき

仲良くなってきたときはタメ語で話すベストなタイミングです。

仲良くなってくるとお互い色々な話ができるようになり、プライベートでも一緒に遊ぶようになります。

そうなると敬語で話すのが億劫になり、タメ語の方がお互い気楽に話せます。

親しい相手なので、あまり深く考えずに少しずつタメ語にしていってみてください。

時々敬語、ほとんどはタメ語といった感じでフランクに会話してください。

どちらかが積極的にタメ語で話しかけることで、自然と相手もタメ語で話してくれるようになります。

タメ語で話せるタイミングになった頃に、下の名前で呼んでもいいか聞いてみてもいいと思います。

相手もタメ語で話していいか迷っているかもしれません。

自分からタメ語で話しかけることで、相手も嬉しくなってタメ語で話してくれます。

年齢の近いよく話す先輩と


年齢の近いよく話す先輩なら、タメ語で話せるようになってもいいと思います。

タメ語で話すことで先輩との距離感が近くなり、先輩も自分を慕ってくれていることがすごく分かるので、より距離感が近くなります。

大切なのは先輩を尊敬する気持ちを忘れないことです。

いくらタメ語になったとはいえ、仕事場、部活、学校といったたくさんの人がいる場では敬語を使った方がいいこともあります。

タメ語で先輩に話しかけて、友達と同じように接することはすごく素敵なことです。

ただ、周りの人も同じように先輩にタメ語で話すようになるとしめしがつきません。

二人で出かけているときや、遊びで会っているときだけはタメ語でもいいと思います。

年の近い姉のような感覚で色々と頼り、ほどよい距離感をキープしてください。

年齢の近いよく話す先輩は同級生の友達とはまた違うアドバイスをくれたり、進学、就職、結婚といった人生の分岐点でよき相談相手となったりしますので、大切にしましょう。

タメ語でいいよと言われたとき

タメ語でいいよと言われたら、遠慮なく自分もタメ語で話しかけてください。

タメ語でいいよと言うのは、それだけ「あなたと親しくなりたいです。」という意思表示の表れだと思っても良いと思います。

心を許している相手でないと、タメ語で話したいとは思いません。

タメ語でいいよと言われたのに、なかなか敬語が抜けなくてタメ語で話せない状態が続いたとします。

そしたら、相手は少し寂しい気持ちになります。

タメ語でいいよと言うのもすごく勇気が必要だったかもしれません。

それなのにいつまでも敬語だと、自分とは距離を置きたいと思っているのだろうかと落ち込むかもしれません。

自分から積極的にタメ語で話しかけることで、相手との距離感を縮めてください。

年齢は一緒でも立場が違うとき

年齢は一緒でも立場が違うとき、タメ語で話して仲良くなりたいと思うことがあります。

タメ語で話す方が相手との距離感がなくなりますし、年齢は一緒なのだから色々と気が合って、もしかしたらプライベートでも一緒に遊べるかもしれないといった期待の気持ちも膨らみます。

自分が先輩の立場なら、相手と仲良くなりたいならすぐにタメ語で話したいことを伝えても大丈夫です。

相手も心許せる相手ができることで安心しますし、自分がいることですぐにその場の雰囲気にも慣れていきます。

自分が後輩の立場なら、タメ語で話したいということは伏せておいた方が無難です。

年齢に関わらず、先輩と後輩の立場はきちんと分けたい人かもしれません。

親しくなってきて、プライベートで飲みに行ったり、すごく気の合う趣味が見つかったりしたら話は変わってきます。

様子を見て、タメ語に変えていってもいいと思います。

年齢は一緒でも立場が違うとき、タメ語で話したいとすごく思うかもしれません。

少し様子を見ながら、タメ語に変えていってください。

タメ語で話すことの8個のメリット

タメ語で話すことで得られるメリットは8個あります。

タメ語で話すことで、お互い心を許すようになります。

すぐに仲良くなれますし、会話の幅もぐんと広がります。

タメ語で話すタイミングはすごく悩むこともありますが、タメ語で話すことで得られるメリットを知ることで、タメ語で話せるようになって貰えたら嬉しいです。

自分からも積極的にタメ語で話せるような関係を色々な人と築いてください。

気兼ねなく会話ができる

タメ語で話すことで、気兼ねなく会話ができます。

敬語だと、相手と話す話題は当たり障りのない話題になりますし、どことなく距離感を感じてしまいます。

思い切り盛り上がったり、相手の話を聞いて共感したりすることは少なくなるかもしれません。

タメ語だと、お互い色々な話ができるようになります。

相手の話をじっくり聞いて共感したり、自分とは違うと感じたら言い合ったり、色々なことができるようになります。

タメ語で話すことで、お互いの距離感がなくなります。

気を遣わない会話はすごくストレス発散になるので、一緒にいても居心地がいいと感じられるようになります。

親しき中にも礼儀ありという言葉を大切にして、相手と色々なことをタメ語で話せるようになってください。

そして、人脈を増やしてください。

もっと距離を縮められる

タメ語で話すことで、もっと距離を縮められるようになります。

敬語だと、お互い気を遣って会話します。

自分とは考えが違うなと思っても、あえて本音で話し合うことはほとんどありません。

その場の雰囲気を悪くしないように、その場だけは相手に合わせることもすごく多いです。

タメ語だと、お互い心を許しているのですごく気楽です。

自分の考えをストレートに伝えることができますし、たとえ口論になったとしても、より相手のことを理解できるようになります。

相手のことを思うからこそ、相手のよくない所や変えて欲しい所も言えるようになります。

タメ語で話すことで相手との距離感を少しずつ縮めていき、何でも話せる人を少しでもたくさん持っておくことはとても大切なことです。

会話が楽しくなってくる

タメ語だと、会話もすごく楽しくなってきます。

タメ語で話すと、自分のプライベートな話や噂話、今気になっている人のこと、恋人とのデートの話や喧嘩の話、仕事場の愚痴など色々なことを言い合えるようになってきます。

もちろん相手も色々なことを話してくれるようになります。

相手はどんなことが好きで、どういった性格で、どういった考え方の持ち主なのかが見えてきます。

楽しい話題なら思い切り笑い合い、少し悲しい話題なら一緒に泣き、時に意見が食い違うときは口論にもなり、色々なことがあるかもしれません。

それでも一緒にいることが楽しいなら、いつでもタメ語で話せる仲になります。

最初のとっかかりさえ頑張れば、タメ語で話すことに慣れてきて、会話そのものがすごく楽しいものになります。

相手をドキッとさせられる

タメ語なら、相手をドキッとさせられるかもしれません。

いつもは敬語が中心の人に、急にタメ語で話しかけると相手はギャップを感じてすごくドキッとします。

すごく本気なのが伝わりますし、向き合って話を聞きたいと感じてもらえるかもしれません。

仕事場で敬語を使っている先輩、プライベートでも仲良くなりたいなら、勇気を出して「今日、飲みに行きたいな。」と誘い出してみてください。

少し可愛い雰囲気で甘えるようにタメ語を使うと、なお効果がアップします。

相手をドキッとさせられるような可愛いタメ語を目指して頑張ってください。

少しぶりっ子かなと思うくらいでちょうどいいと思います。

円滑なコミュニケーションがとれる

タメ語だと、円滑なコミュニケーションがとれるようになります。

タメ語で話すことで、お互いの間に緊張感がなくなります。

そして、気を遣うこともだんだんと少なくなり、和気あいあいと色々な話ができるようになります。

相手の本音が見えなくて、どうやって話しかければいいのか悩むことも少なくなります。

フラットな関係になり、どんな話題にも円滑なコミュニケーションがとれるようになります。

お互いの近況、恋愛話、趣味の話といったプライベートはもちろんのこと、仕事場でも協力しやすくなります。

心を許して話せる相手が一人いることで、自分のモチベーションアップにも繋がります。

より多くの人とタメ語で話せるようになり、円滑なコミュニケーションをいつでも楽しめるように頑張ってください。

関係に安心感が生まれる

タメ語だと、関係に安心感が生まれるようになります。

タメ語で話すことが自然になってきて、お互い心を許せるようになります。

そうなると、沈黙が続いても気を遣うこともなくなりますし、無理に話題を探して話すこともなくなります。

一緒にいるだけで居心地がいいと思えるようになりますし、お互い好きなことをマイペースにしていてもまったく気を遣わないような関係にだってなれます。

安心感はすごく大きくて、お互い何かを相談し合ったり、困ったときに助け合ったりする繋がりもできます。

人と人との信頼関係や安心感はすごく大切です。

仲良くなりたいと思ったら少しずつタメ語で話しかけてみて、相手との距離感を縮めていってください。

周りから一歩リードできる

タメ語だと、周りから一歩リードできるようになります。

タメ語で相手と話すことで、周囲の人にも二人は親しい間柄だということが伝わります。

プライベートで遊びに行ったことを話したり、今度飲みに行く約束をしたりすることも話題に入ってくると、なおのこと親しいことが伝わります。

タメ語で話している相手がとてもモテる男性なら、周囲のライバルの女性から一歩リードできます。

もしかしたら、彼女かもしれないと思われるかもしれません。

タメ語で話している相手がリーダー的役割をしている相手なら、仲介役として色々なことを相談されるかもしれません。

すごく自分の成長に繋がります。

タメ語で話していることを鼻にかけず、自然体を心がけることで色々な人から頼りにされます。

誰とでもタメ語で話せるくらいの距離感になり、少しずつ仲良くなっていけたら素敵です。

周りからなめられにくくなる

タメ語だと、周りからなめられにくくなります。

一つのグループの中で、誰か一人でもタメ語で話せる人がいたとします。

グループ内で孤立している人ではないので、周りからなめられにくくなります。

タメ語で話している相手がグループの中で中心的な人なら、さらになめられにくくなります。

虎の威を借りる狐にならないよう、自分自身も素敵な人になれるように頑張ってください。

あの人なら、何をしても怒られないといった風には思われないです。

便利屋としてこき使われたり、いいように利用されたりすることは少なくなります。

たくさんの人とタメ語で話せる関係になることが難しいなら、一人でもいいのでタメ語で話せるくらい親しい人を見つけておいてください。

一人でもタメ語で話せる人がいると、どんな場でもすぐに馴染めます。

頑張って親しい人を一人作ってください。

タメ語で話すのが難しいなら

タメ語で話すのが難しいなら、すべてタメ語で話さなくても大丈夫です。

タメ語で話したい気持ちがあっても、相手の方が先輩だとなかなか自分からタメ語で話せないと思います。

色々な方法で様子を見ながら、大丈夫ならタメ語に切り替えていってみてください。

冗談を言い合ったり、面白い話題だったりするときはタメ語、普段は敬語といった風に分けると少しずつタメ語で話せることが増えていきます。

タメ語で話すのが難しいと感じたら、今から紹介する方法を試してみてください。

タメ語と敬語を入り交えて話す

タメ語で話すのが難しいなら、タメ語と敬語を入り交えて話してみてください。

仕事のやり取りや大切な話は敬語、お互いのプライベートな話や世間話はタメ語といった幹事で分けるといいかもしれません。

相手も自分の立場を考えてくれているのかなと理解してくれます。

タメ語と敬語を入り交えて話すことを繰り返していれば、そのうち自然とタメ語での会話がほとんどになります。

相手も違和感を感じなくなります。

もし、周囲の人の目が気になるなら、公私でハッキリ分けてしまってもいいかもしれません。

プライベートではタメ語、そうでないときは敬語といった感じです。

周囲の人からもメリハリのある人と思われるので、自分の印象もアップします。

会話の中で小出しにして探る

相手との会話の中で、小出しにしてタメ語がOKかどうか小出しにして探ってください。

ストレートにタメ語で話しても大丈夫か聞ければ一番分かりやすいです。

でも、なかなか勇気がいりますし、もし断られたらと思うとなかなか一歩が踏み出せません。

それなら、遠回しにタメ語で話しても良いのか聞いてみてください。

自分の方が先輩でも、仲良くなったら立場関係なくタメ語で話してもOKなのか?

自分より年下の友達と仲良くなって、タメ語で話しかけられてもOKなのか?

どれだけ親しくなっても、やっぱり立場によってはタメ語はNGなのか?

たとえ話で自分の友達の話をするフリをして、相手の本音を聞き出してみてください。

そして、もし相手からアクションがあったなら、自分もタメ語で話してみたいと言ってもいいと思います。

タメ語で話してもらうには?

タメ語で話してもらうには?色々な方法があります。

タメ語で話したいと思っていても、お互いなかなかその一歩が踏み出せません。

もし、相手から嫌がられたらと思ったら、なかなかタメ語にはなれません。

自分から積極的にタメ語で話したいと伝えて、相手の心を開こうとすることが大切です。

待っていても、すぐにタメ語で話せるようにはなれません。

少しゲーム的な感覚でタメ語で話すのもいいと思います。

何事も悩むくらいなら、自分から積極的に動いてみてください。

タメ語で話したいと思える人に出会えたら、自分からタメ語で話したいとストレートに伝えてください。

真正面から向き合っていくことで、相手も同じように向き合おうとしてくれます。

タメ語OKの許可を出す

タメ語OKと自分から許可を出すのが一番スムーズです。

相手もタメ語で話したいと思っているかもしれませんが、お互いの関係や周りの人からの目線を考えると、なかなかタメ語で話したいとは言い出せません。

自分からタメ語OKの許可を出せば、相手も少しずつタメ語で話せるようになります。

そして、実際に何でもタメ語で話しかけるようにしてください。

タメ語にするタイミングで、お互いの呼び方もフランクにするともっと仲良くなれます。

大人になるとタメ語OKの許可を出すのに結構勇気が必要ですが、あまり深く考えずに仲良くなりたいと思ったタイミングで出したらいいと思います。

「タメ語でいいよ」

タメ語でいいよという一言が、一番ストレートに伝わります。

仲良くなってきたし、そろそろ敬語やめようかな?といった遠回しな言い方を一番心に響きます。

言われた相手も仲良くなりたいと思っている気持ちが伝わり、嬉しい気持ちになります。

自分の方が先輩ならタメ語でいいよと言うと良いと思います。

もし、自分のほうが後輩なら、タメ語で話してもいいですか?といった聞き方が無難です。

大人になるとタイミングを見失ってしまうと、なかなかタメ語で話せなくなってしまいます。

仲良くなってきたかなと思ったら、すぐにタメ語でいいよと伝えた方がいいです。

早ければ早いほど、仲良くなるのがスムーズです。

さらに、相手のこともよく分かるようになります。

理解者は少しでも多い方がいいので、勇気を出してタメ語でいいよと伝えてください。

「今からタメ語で!」

今からタメ語にしよう!と突然言われたら、あまり深く考えなくて済みます。

お互いタメ語にしたいけどどうしようかと悩んでいる期間、少し微妙な雰囲気になるかもしれません。

いっそのことゲーム感覚で、今からタメ語にしよう!と楽しく言われると、気持ちも楽しくなります。

何でも難しく考えてしまうと、ハードルが高くなってしまいます。

楽しく考えて、タメ語で話すこと自体を楽しむようにしてみてください。

タメ語で話すことが楽しくなって、相手ともっと話したいと思えるようになります。

自分は敬語には戻さず、タメ語で話しかけることが大切です。

「敬語使ったら罰ゲームね」

敬語使ったら罰ゲーム、たとえ冗談でも楽しくていいです。

タメ語で話したいけれどどうしよう…という緊張感は何となく相手にも伝わります。

それならいっそのこと、敬語使ったら罰ゲームとゲーム感覚で楽しむと、いっきにタメ語で話せるようになります。

罰ゲームの内容はハードなものでなく、簡単なものにしておいた方がその場の雰囲気も明るいままなので安心です。

ペットボトルのジュースを一本おごる、最近ハマっていることを言う、好みのタイプの男性の話をするといった感じです。

楽しい話題の方がいいです。

思わず敬語を使ってしまったら、もちろん自分も罰ゲームを実行してください。

自分は先輩だから罰ゲームはやらないといったやり方をすると、その場の雰囲気がしらけてしまいます。

楽しめるようにしてください。

自分からどんどん話しかける

自分からどんどん話しかけることで、タメ語になるようにしていきましょう。

相手との会話が多ければ多いほど、仲良くなるのが早くなります。

少しでも距離感を縮めていき、タメ語にスムーズに変わっていけるようにしてください。

まずは挨拶をすること、そして感情の起伏をあまりオープンにしないことが大切です。

あまりにも機嫌が悪いのが露呈されると、話しかけづらい人だと誤解されてしまう可能性もあります。

いつでも和やかな雰囲気で、話しかけやすい人を目指してください。

もちろん体調がよくないときや、忙しいときは無理をしなくても大丈夫です。

一言、今は余裕がないので話せないからまた今度ときちんと伝えておけば大丈夫です。

話題の引き出しをいつでもたくさん持っておけるよう、色々な情報を取り入れておくことはとても大切です。

そして、相手に合う話題を出せるよう、相手がどんな人かをじっくり見ることも大切です。

笑顔で愛想よく接する

笑顔で愛想よく接することで、タメ語になるのもスムーズになります。

笑顔で愛想よくすることで、相手からも話しかけやすい人だという印象を持たれます。

そして、どんな話題でも話せるようになります。

少し落ち込んでいるときも、できる範囲で笑顔でいることを大切にしてください。

一人でいるときはどんな表情でも自由ですが、誰かが一緒にいるときは多少でも人の目を気にすることが大切です。

イライラすることがあってもできるだけ落ち着いて、感情の起伏に左右されないようにすることが大切です。

一度話しかけづらい人、感情のコントロールが下手な人と思われるとなかなか仲良くなれません。

周りの人にも元気が伝染するくらいいつも明るく元気でいてください。

何事も楽しく考えると、自然といい方向へ向かっていきます。

世間話や雑談を増やす

世間話や雑談を増やすことで、タメ語になるのもスムーズになります。

世間話や雑談は自分が話したいと思える人でないとなかなか話しません。

雑談をたくさんすることで、相手の人柄や考え方がなんとなくわかるようになります。

お互いの知っている部分が増えると、自然と仲良くなるのもスムーズになります。

世間話や雑談は何でもいいです。

最近のニュースや自分のハマっているもの、そして時々相手のことも聞き出してもいいかもしれません。

自分の話を一方的にしても相手は暇ですし、ほどよく相手も話せるようにちょうどいい距離感の世間話や雑談を大切にしてください。

色々な人と話をすることで、色々な考え方を吸収することもできます。

自然と自分の視野も広くなります。

信頼してもらえる行動をとる

信頼してもらえる行動をとることで、タメ語になるのがスムーズになります。

タメ語で話せるということは、それだけ相手に心を許しているということです。

実際に信頼してもらえるように相手のことを考えて行動することで、仲良くなっていってください。

相手のことをきちんと見て、体調が良くなさそうなときはさりげなく手伝ったり、相手が苦手そうなことは無理強いしないようにしたり、どんな些細な事でもいいです。

相手は自分のことを理解してもらえたことが分かると、すごく嬉しい気持ちになります。

小さなことの積み重ねはいつか大きなものになります。

信頼してもらえる行動をとることを心がけてください。

いじりあって緊張をほぐす

いじりあって緊張をほぐし、お互いタメ語で話せるようにするのも素敵です。

お互いいじりあって冗談を言うようになると、自然と仲良くなるのもスムーズになります。

笑いながら、自然とタメ語に切り替えてみてください。

相手も同じようにタメ語に合わせてくれるかもしれません。

いじりあうのは何でもいいです。

お互いの好きな男性や彼氏のこと、今ハマっている趣味や好きな映画のこと、休日に行きたい場所、盛り上がる話題なら大丈夫です。

いじりあっても反応が薄いなと感じたら、相手が嫌がっていないか観察してみてください。

そして、問題ないと分かったら、どんどんいじりあって緊張をほぐすようにしてください。

すぐに友達になれると思います。

一度勇気を出してタメ語を使えば後は慣れるだけ

タメ語になるにはとても勇気が必要です。

その一歩を踏み出すことができたら、あとはとても簡単です。

少しずつ敬語からタメ語に切り替えていき、自分も慣らしていくことです。

相手も自然とタメ語に移行できますし、少しずつ仲良くなれます。

勇気が必要かもしれませんが、タメ語で話せるようになるとすごく素敵なことはたくさんあります。

仲良くなりたいと思ったら、勇気を出してタメ語で話しかけてみてください。