CoCoSiA(ココシア)(旧:生活百科)

人の頭の中はわからない!一人で悩んでも無駄な25個のこと


人の頭の中はわかりません。

自分以外の人が何を考えているかは誰も分からないですし、それを想像して悩む時間がもったいないです。

実際は職場や学校などいろいろな場所の人間関係で悩み、人の頭の中が見えずにモヤモヤしてしまうことがどうしてもあります。

今回は人の頭の中はわからないことと、一人で悩んでも無駄な25個のことを紹介します。

この記事の目次

悩みすぎていませんか?

人の頭の中のことで悩みすぎていませんか?

私たちの日常生活は色々な人間関係があってできています。

職場、学校、子供の保護者つながり、親戚関係、ご近所、彼氏彼女、彼氏彼女の家族や友達とたくさんの人と関わっています。

同じ価値観や考えをしている人はいないので、たくさんの人が集まるとどうしても人間関係のトラブルが起きてしまいます。

人の頭の中をあれこれ想像して悩まずに、まずは直接聞いたり、近くにいる人に相談したりしてみてください。

時には直接聞きづらい内容もあり、どうしても人の頭の中で悩み過ぎてしまうことがあるかもしれません。

自分なりのストレス発散方法を見つけて、息抜きをしてください。

考えすぎるほどわからなくなる

人の頭の中は考えすぎるほどわからなくなります。

人の頭の中はどういった考え方になっているか分からないので、あなたの頭の中で色々想像してどれだけ考えても正確な答えを出すことは難しいです。

考えすぎていると自分の殻の中に閉じこもることになり、マイナス思考になってしまいがちです。

考えすぎて何をしていても心から楽しめなくて、プライベートの時間が充実しなくなるともったいないと思いませんか?少し自分を楽にしてあげてください。

考えすぎて、肝心な仕事でミスをしたり、まったく関係のない友人を巻き込んでしまったりしてもよくありません。

まずはあなたの心をリセットして、人の頭の中についてあれこれ想像して悩むことをやめましょう。

そして、もっと楽しいことを考えるようにしましょう。

それは悩むことで解決すること?

今あなたが悩んでいることは、悩むことで解決することですか?

悩み事の多くは実際に解決しようと行動を起こしたり、誰かに相談したりしないと解決することがむずかしいです。

ときにはあなたが行動を起こしたところでどうにもならないような悩み事もあります。

悩む時間はとてももったいないので、悩んでいるならどうやって解決しようか色々と模索したほうがいいです。

そして、頼れる人がいれば頼りましょう。

自分の頭の中ですべてどうにかしようとせず、実際に行動を起こしてみてください。

一人で悩んでも無駄な25個のこと。あなたは悩んでませんか?

一人で悩んでも無駄な25個のことをご紹介します。

一人で悩んでいるときは、それで頭がいっぱいで、落ち着いて考える心の余裕がありません。

いざ冷静になってみると一人で悩んでも無駄なことが分かるのですが、それには少し時間がかかります。

最近ちょっと疲れたな、しんどいなと思ったら、今悩んでいることは一人で悩んでも無駄なことなのかを立ち止まって考えてみてください。

無駄な荷物はそっと下ろして、できるだけ身軽に毎日を生きたほうが楽しいです。

ぜひ、悩んだ時の参考にしてみてください。

1.難解な仕事や問題


難解な仕事や問題はあなた一人で解決することはむずかしいですし、たとえ解決に向けて動かすことができたとしても誰かの協力が必要です。

難解な仕事や問題で悩むことがあったなら、まずはマニュアルを読んだり、過去の引き継ぎ書を参考にしたりしてみてください。

どうしようもないときは、普段一緒にいる家族や仲間、仕事場だと上司や同僚に相談しましょう。

自分のプライドよりも、問題を解決させることのほうが大事です。

一人で悩んでいる間に、問題そのものがもっと大きくなってしまう可能性もあります。

できるだけ早いうちに誰かに相談するようにしましょう。

2.過去のこと

時間を遡って過去に戻ることはできないので、過去のことを悩んでも解決することはできません。

未来で解決することができたとしても、過去のことを上書きすることはできません。

過去のことで悩むことがあったなら、それよりもまず未来の自分をどうしたいか考えた方がいいです。

失敗を覆すことはできませんので、その失敗を乗り越えてどう生きていくかのほうが大事です。

それを乗り越えてこそ、新しい自分に出会えます。

過去は過去だと割り切り、今の自分と向き合って自分を大切にしてください。

3.嫌いな人のこと

相性の合わない人はどうしても一定数いますので、嫌いな人のことで悩んでもどうしようもありません。

最低限、合わせるところだけ合わせておけば大丈夫です。

大人になればなるほど、嫌いな人がいても嫌いだと言えなくなりますし、自分を押し殺してでも合わせないといけないシーンが出てきます。

嫌いな人とのお付き合いは仕事とかなら仕方のないものと割り切って、プライベートな時間にまで嫌いな人のことで悩まないようにしてください。

嫌いな人とのやり取りを頑張った自分を褒めてあげて、プライベートな時間をどう過ごすかを楽しく考えるようにしてください。

4.好きな人のこと

好きな人が必ずしも自分のことを好きになってくれるとは限らないですし、悩んでいても今の状態がうまくいくように変わることはなかなかありません。

好きな人のことで悩むなら、好きな人とどうやっていい雰囲気になるかを色々考えた方が楽しいです。

LINEの連絡先交換をどうするか考えたり、週末にどうやって飲みに誘おうか考えたり、何事もプラス思考で考えるようにしましょう。

5.将来に対する不安

先のことがどうなるかは誰にも分からないですし、将来こうなりたいと願う形があって努力したとしても、それが叶うかどうかは分かりません。

将来に対する不安を抱くなら、将来を楽しく過ごすための方法を色々考えてみてください。

恋人がいない今を不安に思うなら、婚活をしたり、一人で楽しむ方法を考えたり、色々行動を起こすほうがいいです。

資金面や仕事に関して不安に思うなら、計画を立てて貯金したり、何か役立つような資格取得を目指したりしたほうがいいです。

将来に対する不安を持つなら、どうすれば不安が払拭されるのかを考えてみてください。

そして、できることから実行してみてください。

6.友達のこと

自分のことは自分でどうにかできても、友達のことはあなたがどうにかすることはできません。

相性が合わないと思って離れてしまう友達もいますし、環境の変化と共に連絡を取らなくなる友達もいます。

友達のことは少しの割り切る気持ちが必要かもしれません。

学生時代はいつも一緒に過ごした友達も、就職や結婚をきっかけに毎日会わなくなると離れていくかもしれません。

それでも、ずっと続いていく友達もいます。

自分が仲良くしたいと思っていても、離れていく友達もいます。

そこはあまり詮索せず、新しい縁を探した方がいいこともあります。

大切な友達は少なくてもずっと続いていくものですので、あまり悩まずに今ある関係を大事にしていってください。

7.人間関係のこと

色々な考え方の人がいるので、どうしても自分と合わない人たちもいます。

中には派閥やグループを好む人もいて、時に人間関係がこじれることもあります。

自分は自分、人は人と少し冷めた考えでいたほうが楽かもしれません。

公私を分けて考えて、職場や学校では苦手な人ともやり取りをして、嫌だと思う人間関係にも片足を突っ込むこともあります。

自分の自由な時間は頑張った分、人間関係で悩まないように自分の居心地のいいようにすればいいと思います。

少し疲れたなと感じたら一人の時間をメインにしてみて、あまり人間関係で悩まないようにしてください。

8.相手の自分に対する言動

相手はあなたに対してよかれと思ってした言動であっても、あなたは嫌な気持ちになるかもしれないですし、逆にうれしくなるかもしれません。

人によって受け取り方は違います。

相手の自分に対する言動を全て気にしていると、周りの人たちの顔色ばかりが気になって自分で何もできなくなってしまいます。

相手の自分に対する言動はあまり深く考えず、自分の思うように行動するようにしてください。

もし不安に思うなら、直接聞くのが一番手っ取り早いです。

9.周りからどう見られているか

人それぞれ価値観や考え方は違うので、あなたのことをどう思っているかは分かりません。

すごくあなたのことを好きな人もいますし、苦手だなと感じる人もいるかもしれません。

周りからどう見られているかを気にしてしまうと、自分のやりたいことの半分もできなくなってしまいます。

周りからの意見は参考程度に、自分というものを大事にしてください。

時に「○○さんがあなたのことを悪く言っていたよ」という告げ口をする人もいます。

かえってこういう人のほうがやっかいなこともあります。

あまり人からの意見はうのみにせず、自分らしさを大事に日々を生きてください。

10.今日の晩ごはんの献立


一人暮らしであれば冷蔵庫にあるもので作るか外食で済ませるかなので、悩んでいるよりもササっと作って食べた方がスムーズです。

家族や恋人と住んでいるのであれば、同じように「今日何食べたい?」と聞きながら料理したり、外食したりした方がスムーズです。

今日の晩ご飯の献立で悩んで家事がゆっくりになると、食事が終わった後のくつろぐ時間が少なくなってしまいもったいないです。

お料理レシピをネット検索したり、同僚や友人の晩ご飯レシピを参考にしたり、色々と情報を取り入れつつ日々の晩ご飯の献立を楽しんでください。

11.健康への不安

健康に何かしらの問題があるかどうかは、健康診断を受けてお医者さんの判断を仰がないとどうすることもできません。

もし何か自覚症状があり、健康への不安を感じているなら、健康診断を受けたり、かかりつけのお医者さんを受診したりしたほうがスムーズです。

ネット検索すると余計に不安になってしまいます。

日々忙しいかとは思いますが、健康への不安を持たなくていいように定期的に健康診断を受けることと、日々の食事や運動に気を配るようにすることが大事です。

12.仕事について

仕事は自分一人でできるものではなく、そのほとんどが仕事仲間、取引先、お客様によって成り立っています。

一人で何とかできるもののほうが少ないです。

ライバルに負けたくない!という気持ちから自分で何でも解決したくなる気持ちも分かりますが、それよりも今ある問題を解決することのほうが大事です。

相性が合わない同僚や上司であっても、必要に応じて相談することは大事です。

自分の個人的な感情よりも、優先しないといけないこともあります。

仕事について悩んだときは、同僚に相談したり、上司から指示を仰いだりして誰かの力を借りるようにしてください。

一人で悩んでいる間にもっと問題が大きくなって、解決することがむずかしくなるかもしれません。

仕事の悩みやストレスは積もり積もると自分の健康にも影響してしまいます。

あまり抱え込まずに、誰かに聞いてもらうことで消化するようにしましょう。

13.自分の性格について

自分の性格について悩むのであれば、自分のよくないと自覚しているところを変えるように努力したり、人前ではあまり出さないようにしたりすればいいです。

自分の性格について悩み始めるとだんだんマイナス思考になり、自分の殻に閉じこもってしまうようになります。

毎日自分が頑張ったことを褒めてあげて、自分を好きでいるようにしてください。

自分自身が一番自分を大切にすることで、自分の性格ももっと好きになれると思います。

周りの同僚や友人から見た「わたしの性格」を見つめなおすのもいいかもしれません。

意外と気付かないような魅力もあり、楽しくなります。

辛口の意見をくれる人もいるかもしれませんが、それは1つの大事な意見として受け止めるようにしてください。

自分の性格は生まれ持ったものだから仕方ないと諦めず、もっと素敵な人になる方法を毎日模索してみてください。

14.自分のスタイルについて

自分のスタイルは悩んだところで変わるものではありません。

それなら運動をしたり、間食をやめたりしてスタイルをよくする方法を探ったほうがいいです。

あまりにも痩せすぎるとかえってよくないこともあります。

自分の好きなコーデを楽しめるくらいのスタイルをキープして、今の自分のスタイルを好きになれるようにしてください。

15.夫婦仲

夫婦仲はどちらか一方が変えたいと思って頑張っても、どうしようもありません。

夫婦2人で協力して、色々なことを解決していかないといけません。

普段から夫婦で会話するようにして、自分の頭の中で思い込むことをやめてみてください。

お互い思っていることが分かるようになると、日々の生活ももっと過ごしやすくなります。

うちは夫婦仲がよくないからと決め付けず、今を変えようとする努力を2人でしてみてください。

16.いじめのこと

いじめは厄介なことに加害者が複数いるパターンが多いです。

職場の部署全体、学校のクラス全体がいじめの加害者であるパターンもあります。

一人ではどうすることもできません。

人間の心理は厄介なもので、グループになると急に強気になることができます。

いじめられている側の心のダメージに気付けなくなります。

いじめられている側の人は我慢をせず、上司や先生に相談したり、それでもどうしようもない場合はその場を離れることを考えたほうがいいです。

あなたが活躍できる場所はもっと他にもあるかもしれません。

1つの場所にこだわらず、違う場所で人間関係を充実させるようにしてください。

子どものいじめだけでなく、残念なことに大人のいじめもあるのが現実です。

一人一人が人の心の痛みに気付き、いじめをしないように心がけてほしいです。

17.子育ての悩み

子育ての負担はどうしてもママにいってしまいがちですが、子育ては一人ですることはむずかしいです。

父親、祖父母、ママ友、先生など周囲の人たちの協力が必要です。

子育てについて一人で悩んでしまうと、どうしても子どもに対しての風当たりがきつくなってしまいます。

誰かに相談したり、祖父母に見てもらったり、むずかしいママは一時預かりを利用したりして「子育てから離れる時間」を作るようにしてください。

子育てをするのはママだけではありません。

家族みんなで協力して、夫婦仲がうまくいくようにしてください。

男の人は「言わなくても察する」というのがとても苦手です。

して欲しいことは言葉でお願いしたほうがスムーズにいきます。

18.老後のこと

これから少子高齢化が進み、今の若者世代が老後を迎えるころには今よりも厳しい時代になっていることが想像されます。

誰しも不安にあると思います。

しかし、先のことはどうすることもできないので、老後のことで悩んでいるならそれに向けての対策をどうするかを考えたほうがスムーズです。

個人年金保険は加入していますか?20~30代の若いうちから契約し、コツコツ貯めていくほうがいいです。

積み立てNISAは聞いたことがありますか?2019年現在非課税となる期間が最長20年間もあります。

資産運用し、老後資金とすることもできます。

公的年金はきちんと支払っていますか?私たちが老後を迎える頃にはあまり希望は持てませんが、万が一病気や事故で障害年金を受給することになったとき、支払っていないと困るケースがあります。

普段銀行に行く機会がない人も、一度自分の資産について相談するといいかもしれません。

プロの意見はとても参考になります。

老後のことを悲観せず、どうやって過ごすかを楽しみに考えてみてください。

19.住居について

家族と一緒に住んでいる人であれば一人で決めて引っ越ししたり、家の間取りを変えたりすることはむずかしいです。

一人暮らしの人もマンション住まいであれば、大がかりなことは一人ではどうすることもできません。

一軒家であっても、どうにかするには大きな資金が必要となります。

まずは住居についての悩みを書き出して、どうやって変えていくかを考えてみてください。

収納スペースや生活のズレからのストレスであれば、部屋の間取りを変えたり、模様替えをしたり、家具を買い足したりすることで変えることができるかもしれません。

リフォーム、新築となると住宅ローンを組むケースもあります。

まずは頭金を貯めて、少しずつ住宅に関して考えていくといいと思います。

住居は私たちが一番リラックスできる場所です。

悩まずに、今をどう変えるかを楽しむようにしてください。

20.ご近所さんのこと

ご近所さんの中には相性が合わない人もいて、余計なことを詮索してきたり、ありもしない噂を広めたりする人もいます。

あまり深く悩まずに、適度な距離感をキープしておくのが一番です。

職場や学校は合わないと思って離れることができても、住まいはなかなか引っ越しとなると大きな資金が必要です。

トラブルを起こさずに、適当にスルーしておくのがベストです。

21.家族のこと

たとえ家族であっても自分とは違う一人の人です。

あなたが悩んでいても、家族が一緒に協力したり話し合ったりしてくれないとまったく意味がありません。

普段から持っている家族の悩みは自分の心の中にとどめておかず、声にして言った方が楽になることもあります。

夫婦間で会話がないのなら、お互い会話する時間を持つように話してみてください。

日々の挨拶といった基本的なことからやってみてください。

子ども達は成長に応じて、親子間で衝突することもあると思います。

頭から否定せず、子どものことを受け入れつつ親の意見も言うようにしてください。

家族には気を許してしまい、どうしても衝突することが増えます。

その中でも、お互いのことを思いやる気持ちを大事にするようにしてください。

当たり前の日常こそ、かけがえのない宝物です。

家族もその1つです。

22.選択が迫られていること

選択が迫られているということは、1つしか選ぶことができないということです。

どれを選んでも不正解になることはないので、自分の選んだことに自信を持ちましょう。

私たちは人生の分岐点で色々な選択を迫られることがあります。

進学、就職、結婚など大きな選択もあります。

人から見た目線や周りの意見だけに左右されず、自分にとって何が一番正解なのかをじっくりと考えてから答えを出すようにしてください。

たとえその選択を後悔するときが来たとしても、どうやって現状を変えていくかをまた考えればいいのです。

できるだけ自分に自信を持って、一度決めたことをとことん貫く人でいてください。

23.貯金について

私たちが生活していく中で、家賃、住宅ローン、食費、交際費、娯楽費、医療費、学費などさまざまな費用が必要となります。

それに対して必要な収入は一人で悩んでも変えることができません。

限られた収入の中でどれを優先し、どれを削っていくかを考えないといけません。

お給料が支給された時点で貯金できるように積み立てをスタートしたり、出金した範囲内でおさめるようにしましょう。

貯金をすると決めたからには、毎月決まった金額を残さないといけません。

少しでも「今月くらいいいかな?」という甘えが出てくると続かなくなってしまいます。

家族で一緒に貯金している人たちは、お互い甘えを出さないように決めたことは守るようにしないといけません。

一人でもサボるとグダグダになってしまいます。

色々と誘惑のある私たちの生活ですが、コツコツと貯金することも忘れないようにしてください。

24.収入について

収入は会社からの評価や基本給ですでに決められていますので、一人でどうすることもできません。

不満があるのであれば、何かしらの努力をしないといけません。

仕事先で評価されるように、今までしたことがなかったことにもチャレンジしたり、面倒くさいことでも率先して引き受けたりしたほうがいいです。

副業OKの職場であれば、在宅の仕事を増やしたり、休日に臨時バイトを入れたりして収入を増やすこともできます。

収入を変えなくても、今の生活サイクルを見直すことで貯金額を増やす工夫をしましょう。

あと少し収入があれば○○が買えるのにな!と誰しも思うかもしれません。

今の収入に感謝することを忘れず、少しでも収入アップする方法を模索してみてください。

25.人との価値観の違いについて

自分と同じ価値観をしている人は誰一人としていません。

人それぞれ価値観は違うため、それらがぶつかり合って喧嘩になってしまうこともあります。

人と価値観が違うからと自分の価値観を押し付けようとはせず、お互いを受け入れ合うようにしてみてください。

最初から「あの人とは相性が合わない」と決め付けず、誰とでも会話するようにしてみてください。

じっくりと話すことで見えてくるものもあります。

もし意見のぶつかり合いがあったら、お互いの意見を聞き合ってみてください。

そしてどうしても収集がつかないときは、誰かに間に入ってもらってください。

服の好み、食べ物の好み、好きな恋愛、人それぞれすべて違います。

むしろ違うことを楽しみ、お互いを受け入れることができうようにしてください。

1人で悩まず誰かに相談してみよう

頭の中のことは1人で悩まずに誰かに相談してみてください。

一人で悩んでいる時間、今を変えるために色々行動を起こしたり、気分転換に何か新しいことをスタートしたりできるはずです。

一人で悩んでいるとどうしても自分の殻に閉じこもってマイナス思考となってしまいます。

誰かに相談して、新しい風を吹かせたほうがいいです。

時には自分が思っていないようなアドバイスを受けたり、叱られたりすることもあるかもしれません。

それも全て自分へ向けてのアドバイスとして受け止め、悩んでいるくらいなら前に向かって進んでいくようにしてください。

失敗しても大丈夫です。

周りには助けてくれる人がいますし、時間と共に解決していく悩みもあります。

解決しないことでも話すことで心が軽くなることも

悩みの中にはすぐに解決しないようなこともあります。

自分の心の中に閉じ込めておかずに話すことで心が軽くなることもあります。

誰かに聞いてもらうことを忘れないでください。

「今まで一人で頑張っていたんだね。大丈夫?」

「そんな悩みを抱えていた時間がもったいない。皆いるから大丈夫。」

何かしらの温かい言葉が待っていると思います。

人は皆、時間に追われて生きているので立ち止まって人の話を聞くほどの心の余裕がありません。

ですので、辛いときは声を大にして誰かに話を聞いてもらってください。

そして、私たち自身も誰かの悩みを聞ける心の温かい人でいてください。

ページトップ