教壇に立ち講義をする大学教授。

その姿は凛としていて憧れるものがあります。

大学教授に自分もなってみたいなと思ったことはありませんか?そう考えた人は、なぜ小中高の先生ではなく、大学教授になろうと思ったの思ったのでしょうか。

やはり名誉ある職業だからでしょうか。

大学教授になる人はいったいどんな人が向いているのでしょうか。

今回は大学教授に向いている人についてお伝えします。

この記事を読めば“もしかして自分も大学教授になれるかも”と思い人生の道すじが決まるかもしれませんよ。

大学教授の仕事内容って?

授業で講義をするだけが大学教授ではありません。

講義は大学教授の仕事の3分の1あるかないかです。

実は他にもたくさんしなければいけないことがあるのです。

大学教授には研究をしている分野があります。

その研究は1人では行わず生徒たちと行うので、その準備や研究の結果をまとめるなどの仕事があります。

また、論文の執筆などもありますが、論文は大学の仕事が終わってから家に帰ってから書く人が多いです。

その他にもゼミや授業の下準備もあります。

また、忙しい中でも学生たちからの質問に答えたり、コミュニケーションも怠らず目の回るような忙しい毎日を送っているのが大学教授なのです。

自分の仕事以外にも大学での運営会議などもありますし、イベントがあれば参加も必要です。

目に見えない仕事が意外とあり、憧れる職業ではありますが、体力的にも精神的にもタフでなければやりこなすのが難しい職業でもあります。

大学教授になるには?

まずは自分が何に興味を深く持ち、その勉強をするためにどこの大学に入学するのがいいのか決めます。

そして受験、合格したら入学となります。

4年間勉強して、卒論を書いて無事卒業。

そして「学士」を取得することが出来ます。

しかし、学士だけでは大学教授にはなれません。

次の段階に進む必要があります。

それは大学院に進み2年間、学士で勉強したことのさらに高度な研究を行い、修士論文を作り発表して博士号を取得していきます。

大学院前期課程に入学するわけですが、ここでは2年間、さらに高度な研究を行い修士論文を作っていき、論文を発表します。

その後、後期に入りさらに3年の間研究を行い、博士論文に合格してようやく博士号を取得できるのです。

ここでようやく大学教授になるための切符を手に入れました。

しかし問題はこの後です。

博士号を持っていれば自動的に大学教授になれるわけでもないし、誰かがスカウトしてくれるわけでもありません。

多くの人は就職活動をします。

そして大学に採用されて助手になってからもまた長い道のりが始まります。

研究をして論文を書き、学会で発表されるなどの結果を出せれば、教授の推薦で次の段階へと進めます。

その後は、講師、准教授、教授と進んでいくのです。

大学教授になるまでにはかなりの年数が必要となってきます。

大学教授になるまでの道のりをまとめると、大学→大学院→助手→大学講師→大学准教授→大学教授となります。

大学教授に向いている人ってどんな人?特徴を集めました!


大学教授になりたい!と思っている方や、大学教授になりたいけど自分に合ってる?と考えている方はぜひ読んでみて、自分に当てはまるか考えてみてください。

大学教授になろうなんて考えたこともないよ⁉という方も、自分が当てはまれば考えが変わるかもしれせんよ。

1.人に教えることが好き

人に教えるのが好きな人が、教えることが上手だとは限りません。

人によってはただ思いついたことをべらべらと伝える人もいます。

でも伝えることが上手な人は相手のことを考えて教えてくれます。

詳しくない人にはかみ砕いて、レベルに合わせて話すことができるのです。

どうして教えることが上手なのか。

それは、教える相手の人間性や理解できるレベルを見切ることが出来るからです。

少しずつ教えていき、途中で止めて相手が理解しているかどうかを確かめてくれます。

分からないことがあれば、もう一度教えてくれます。

教える側というのはそれが仕事であれば、相手が何処まで理解しいてどこから理解していないかを分かってあげなければいけません。

それが教える側の義務といってもいいでしょう。

また教えることが上手な人は、理解できていない人の自尊心を傷つけたりはしません。

相手が卑屈にならないように教えてくれます。

そして、「わかる」という喜びを与える人でもあります。

2.伝える力を持っている

人は生きていく上で、誰かに何かを伝える力が必要となってきます。

赤ちゃんは泣きながらミルクが欲しい、抱っこしてほしい、眠たいなどを伝えてきます。

そして成長していくにつれ、言葉で伝えなければいけないことが増えてきます。

自分の感情やしたい事などたくさんです。

伝える力とは、言い換えれば「表現力」とも言います。

表現力と言うとバレエや絵画などの美術系のことを思い浮かべるかもしれませんが、そんなことはありません。

日常の生活の中でもとても大事な力です。

表現の仕方がユニークで語彙力が豊かでも相手に伝わっていなければ意味がありませんし、正確であっても淡々と話すだけでは相手を惹きつけることはできません。

伝える力というのは、伝えると同時に相手の「知りたい」という気持ちを引き出せるかどうかにもあります。

大学教授となればなおのこと、伝える力がなければ学生たちも着いてこられません。

恰好つけることなく分かりやすく、そして相手の気持ちを引き出せるような人が大学教授に向いているでしょう。

3.コミュニケーション能力の大切さを理解している

数年前から「コミュ力」という言葉が使われてきました。

コミュ力が低いなどと言われるようになり、コミュ力が低い人は社会的に生きづらい世の中にもなってきました。

最近ではこのコミュ力を上げるためにセミナーなどもありますし、会社でも社員への教育の一環として扱われるようになっています。

そして大学でも教授たちに学生とのコミュニケーションを積極的に取るようにと促しています。

大学教授は一方的に教えているようですが、実際はコミュニケーションを重きに置いているのです。

なぜなら自分の仕事を進めていく上でも、学生に教えていくのにコミュニケーションが不可欠だからです。

大学では研究が必要でその準備を学生に頼んだり、研究グループの中でもスムーズに事が進むようにするにはリーダーである教授がみんなを指揮しなければいけません。

そこで必要なのがやっぱりコミュニケーションなのです。

4.相手の立場になって考えられる

相手の立場になって考えらえる人は、優しい人が多いです。

大学で学べる勉強には色んな分野があり、その多くは「人の為」に研究がなされています。

例えば介護の現場で使う器具や、人々の暮らしに必要な電気など。

“これがあれば助かる”という物を開発していることがあります。

そこで必要なのが、相手の苦しみや思いを汲んであげる心です。

相手の心が分かってあげられる人、力になってあげられる人こそが頭の良い人だと言えるでしょう。

大学教授は研究を進めていく上で人の心が分かる人の方が研究での成果が出やすいですし、世間的にも認められてくるのです。

どんなに素晴らしい研究でも、あっと驚くような論文でも、人の役に立たなければ何の価値もないのでしょう。

5.人に寄り添える

人の心に寄り添える人の特徴として挙げられるのは、苦労をした人、何度も失敗をしてきた人、悲しい思いをしてきた人などです。

一言で言うなら「共感」とも言えるでしょう。

共感がなければ人の心に寄り添うことは出来ません。

人は、自分に共感してくれる人に心を開いていく傾向にあります。

そして信じていきます。

大学教授も学生とのコミュニケーションの中で、学生の心に寄り添える人間でいなければなりません。

そうすることにより学生も教授についていきますし、勉学にも励めるのです。

6.忍耐力がある

先ほどもお伝えしましたが、大学教授になるまでにはかなりの年数が掛かります。

それまでも忍耐が必要ですが、大学教授になってからも必要です。

思うように研究が進まない、膨大に書くことがある論文など。

忍耐力が必要な事ばかりです。

しかし忍耐と言っても、彼らは自分の情熱を注いでいるので苦労もいとわない人たちなので、耐えることは当たり前なのです。

そして彼らは忍耐の先にある成功を知っているので忍耐強くいられるのです。

忍耐力は昨日今日で培われるものではありません。

もし忍耐力が欲しいのなら、今から我慢する練習をしていくといいでしょう。

思うような結果が得られなくても耐えられる

本田技研工業の元社長、本田宗一郎は「成功は99パーセントの失敗に支えられた1パーセントだ。」と名言を残しました。

それくらいに新しい物を作ったり、誰もやったことが無いことを開発するのは失敗の連続なのです。

どんなに努力を重ねても報われない時があるのです。

それは大学教授も同じです。

彼らも何度も何度も研究を重ねますが、上手く行かないことがあります。

しかしそこでいちいち落ち込んでいるわけにもいきません。

上手く行かなければ何故失敗したかを色々な角度から見ていく必要があります。

大学教授に限らずサラリーマンも、子育て中のお母さんも忍耐力が必要ですが、もし自分には忍耐力があるという人には教授は向いているかもしれませんね。

7.1つのことを極められる

大学教授は自分の1つの研究のために何年も時間を使います。

また、1つの研究のために、関係のあることをいくつも調べ上げていくのです。

彼らは1つのことだけを研究しているようで、たくさんのことを同時に進めていきます。

それが1つを突き詰めていくことであり、極めていくことなのです。

途中で飽きてしまうことや、嫌になることもあるでしょう。

しかし一つのことに自分の力を注ぐことが出来る愛情や情熱を彼らは持っていますから、最後まで極めていくことが出来るのです。

しかも彼らは1つの答えを出してもさらに上を目指すので、ゴールはないと言ってもいいでしょう。

8.日々努力を怠らない


どの仕事にも日々の努力は必要ですが、大学教授は他の誰よりも努力が必要な職業かもしれません。

大学教授のように日々誰かに専門的なことを教える立場の人間は、ただ教えていけばいいというものではありません。

自分が得意としている専門の分野であっても、その情報は日々変わっていくので、知識をアップデートしていかなければいけません。

人はいくら好きな事でも毎日同じことをしていれば飽きてくるものです。

そのうち努力を忘れてしまい、安穏にあぐらをかいてしまうのが人なのです。

でも日々の努力を怠らない人は、努力の先に何があるのかを知っているから努力できるのでしょう。

常にスキルアップを目指している

スキルアップはしてもしなくても、特に人生に影響はありません。

でもスキルアップした方が絶対的に人生が楽しくなりますし、生きやすくなります。

また職業によってはどんどんスキルアップを求められることがあり、それに応じないと昇進から離されてしまう会社もあります。

スキルアップは誰のためのものではなく、自分のためだと思える人は努力を怠らず頑張っていけます。

大学教授はきっと、自分のため、学生の為、ひいては世の中のためになることを考えながら頑張っているのでしょう。

9.語学力がある

大学教授は研究したことを論文という形に表します。

しかも英語です。

その英語は日常会話などではなく、もちろん学術的な文で作成させないといけません。

タイトル、著者、抄録、結果、考察などなど。

英語で論文を書くなら、「言い回し」なども知っていなければいけません。

英語の論文は英語に精通した人なら問題なく書けるのでしょうが、「まぁまぁ話せる」くらいでは難しいです。

また、論文は英語だけではありません。

ドイツ語、フランス語、中国語、研究している分野で様々な言語を使うことになります。

大学でドイツ語やフランス語などを学ぶ機会があります。

その時「ドイツ語なんて使わないのに」と思いながら勉強していたことでしょう。

これは、自分の専攻している分野をより深く学び、自分だけでなく他の人や世界に発信できるために語学を学ぶためなのです。

語学は出来れば出来るほど自分の世界を広げることができるのです。

10.素直である

素直な心という言葉はよく聞く言葉です。

考えや心が真っすぐな事を言います。

この心がないと何かを学ぶとき頭の中にスッと入っていくのは難しいかもしれません。

物事をありのままに受け止め、その中身を研究していくには素直な心が一番必要なのです。

「素直な大学教授」だなんて、あまりイメージしにくいですが、何事も素直な心が必要だということなのです。

11.何事にも熱意をもって取り組める

どんなに好奇心旺盛な人でも、全てのことにおいて熱意や情熱をもって取り組むのは難しいものです。

熱意とは、何かに熱い思いできる心のことを言います。

普通の人は熱意が段々と消えていくので、何事にも熱意をもってずっと取り組むのが難しい場合があります。

ただ、ここで「何事」を「興味のあるもの全て」と言い換えると分かりやすいかもしれません。

興味のある物に熱中するのはとても楽しいですし、心が満たされていきます。

大学教授は1つの事を興味の熱量を変えることなく研究していかなければなりません。

そこで大事なのはやはり熱意です。

自分の好きなことや、研究にどれだけ熱意をもって続けられるかなのです。

普段から熱意をもって取り組んでいることがある、自分は情熱的な人間だと思える人は大学教授は向いているかもしれません。

12.好奇心旺盛である

みなさんの周りに好奇心旺盛な人はいますか。

目についたものなど、自分の知らないものであればすぐに興味をもつ人です。

自分の知らないことが分かった時、好奇心旺盛な人は心の中がスカっとします。

そして同時に知識として頭の中に入って行きます。

知的な人はわりと好奇心旺盛な人が多いです。

それは自分が専門としている分野以外のことでもです。

例えば趣味や健康ことなども詳しい人が多いでしょう。

人は年を取ると段々と自分以外のことには興味が薄れてしまい、心の中のキラキラが失われていきます。

でも好奇心旺盛な人は新しい事を見ることや聞くのが大好きなので、雰囲気がキラキラしていて若々しく見えます。

気になったことはとことん調べる

好奇心旺盛な人は、常に何かを知ろうとしています。

分からないことはすぐに調べ、この目で見たいと思ったらその場所まで実際に見に行きます。

分からないことを放っておくことが出来ないのです。

もし、自分はそれほど好奇心旺盛ではないと思っている人がいたら、僅かでもいいので知らないことを調べてみましょう。

調べて分かった時に脳が感じる快感は何事にも代えがたいものがあります。

13.周りの目を気にしすぎない

大学教授のように1つのことを深く掘り下げて研究している人は、人の目はあまり気にしません。

その理由にはいくつかあります。

それは、人の目を気にしているのは時間の無駄だと知っているからです。

しかるべき所での学術的な評価は必要だとは思っていますが、それ以外の人の目は気にすればするほど自分の行動範囲を狭めてしまうからです。

また、研究によっては何度も何度も失敗して、悔しい思いをします。

中にはその様子に批判する人もいます。

しかし彼らはまっすぐ前を見て続けなければ研究を途中で投げてしまうことになってしまいまう。

だから人の目なんて邪魔なので気にしないのです。

14.物事を多面的に捉えることができる

1つの物事や原因を捉えようとする時、真正面から見ているだけでは本質を知ることはできません。

知的な人はもっといろんな角度から見るようにします。

大学教授も同じなのです。

物事は多面的なものだと知っているので色んな方向から1つの事を学んでいきます。

それがいわゆる「研究」というものなのです。

多方面から調べ上げていくのは骨が折れる作業です。

しかしそうしないと、思うような研究結果が得られないのです。

しかも研究というのは自分だけが分かればいいという物ではありません。

専門分野で、時には世界の人々に発信させなければなりせん。

その説明を原因や結果、それまでの経緯などもこと細かく知らせるので、どうしても多面的に捉えなければならなくなるのです。

15.自分の意見をしっかり持てる

自分の意見をしっかりと持っている人は素敵な人です。

見ていて羨ましく思えることもあるでしょう。

そして、その意見を人前で言えるともっと素敵ですよね。

自分の意見を言える人は、自分の中に強い意志や確かな経験がある人でもあります。

大学教授は自分の学んできたこと、研究してきたことを学生たちにハッキリと伝えるという義務があります。

これは自信がなければできないことです。

もし大学教授になりたいと思っている人は、普段から強い意志の上にある、ハッキリとした意見を言えるように経験や勉強をしっかりと積んでおくことが必要です。

なぜその意見なのか理由も明確である

ハッキリと意見を言える人は、難しい内容であっても理路整然と説明できます。

順序や原因結果を誰にもわかりやすく説明することが出来るのです。

意見とは誰かに伝えるものですので相手に伝わらなければ意味がありません。

また、ハッキリ意見を言える人は、自分の意見を言う代わりに人の意見も聞き入れることができます。

それは人の意見を聞くことで、自分の知識が増えると知っているからです。

感情的にならず穏やかに意見を言い、相手の意見も聞く。

これこそが人間のコミュニケーションであり、知的な人間なのです。

普段から人に分かりやすく意見が言えるように頭の中を整理して置き、楽しいコミュニケーションを図れるようにしておきましょう。

16.自分の限界が分かっている

人間というのは自分の限界というものを知っているようですが、意外と知らないです。

まだまだ頑張れる、自分はもっと上に行けると考えがちです。

しかしこの考えは時に「慢心」とも言えます。

また自分の限界を知らない人は、あまり人を信用していない節があります。

だから人に頼らずなんでも一人でしようとするのです。

しかし、一人で抱え込んでしまっては、あっという間に限界がやってきます。

そして力尽きてしまい、自分の思った通りの結果を出せなくなってしまうのです。

チームで何かをする時、誰かに頭を下げてお願いすることはとても大事です。

大学教授でも社長でも誰かに何かを頼むときは頭を下げます。

それは自分の限界を知っているから頭を下げて謙虚になれるのです。

17.新しい知識を増やすことが好き

知的な人は新しい知識を補充していきます。

新しい事をするのも好きですが、まずは知識として頭の中に入れておきたいのです。

知識を身に着けている時に幸せを感じるのです。

知識は人を豊かにさせます。

さらに新しい知識は今までとは違う景色を見せてくれたり、ヒントやアイディアを見せてくれます。

新しい知識を欲しがる人はそれらのことを知っているので、どんどん知ろうとするのです。

大学教授など何かを教える人は、いつも何か新しい情報を得ようとします。

それは今までの情報では伝える量が不十分となってしまうからです。

新しい知識を取り入れるのが好きという方は大学教授に向いているでしょう。

18.論理的思考力がある

理論的思考とは、物事を説明するための組み立てた知識の体系の事を言います。

理論的思考はきっちりと理解していないとそのような思考にはならないものです。

また理論的思考の人は、理論的に考えることが習慣化されていますので、深く考えることが苦にならないのです。

別な言い方をすると理論的に考えるのが好きな人だと言えるでしょう。

理論的思考は習慣化されたものですが、そうでない人も毎日の生活の中で身に着けていくことができます。

本を読んだり、不思議と思ったことを解体して一つ一つ考えていけば習慣化されていきます。

難しい事を難しく考えるのは大変ですが、身近にある気になる物を考えていくことから始めるのもいいでしょう。

19.尊敬できる人がいる

大きな目標がある人には必ずと言っていいほど尊敬できる人がいます。

歴史上の偉大な人物も入れば、身近にいる先生の場合もあります。

尊敬できる人がいなくても目標は達成できますが、人生の指針となる人物がいる方が行き詰まることなく頑張っていけるでしょう。

尊敬できる人がいない、尊敬できる人が欲しいと思っている人は、歴史上人物が書いてある伝記や、大手企業の社長が手記を読んでみるといいでしょう。

心の支えるになる話がきっとあります。

ちなみに大学教授も、在籍している大学の創立者を尊敬して入ってくる場合も多いです。

20.常に目標がある

大学教授になるような人はいつも何かしらの目標を持っています。

さらには、自分の成し遂げようとすることに「使命」と考えている人もいます。

そして目標は達成されるとそれで終わりではなく、達成された目標を維持していく力もあります。

次から次へと出てくる目標と、それを維持していく力は並大抵の意志では続かないでしょう。

今まで目標をあまり達成したことが無いという人は、今から小さな目標を作って達成してみてはどうでしょうか。

小さな目標でも達成された時の高揚感は素晴らしいですよ。

21.本番に強い

自分は本番に強いです!と胸を張って言える人はあまりいないでしょう。

「本番」とは「イザ!」という時のことで、ここぞという時に本領発揮出来ることをいいます。

例えば人前で何かを発表するということも本番に強くなければできません。

大学教授たちは毎日大勢の前で何かを話しています。

しかし、おどおどしていたり小さな声の人はいません。

みんな堂々としていて伝えたいことを伝えています。

何故あんなに堂々としていて本番に強いのか。

その理由の1つに「慣れ」があります。

色んな場所でいろんな経験を積めば心が強くなっていきます。

だから初めての場所に立たされても、物怖じせずにこなせて行けるのです。

本番に強くなりたいと思っている人は、いろんな経験をつむことをおすすめします。

22.メンタルに自信がある

メンタルが強いと、どんなことがあっても挫けたりしません。

もしかしたら挫けることはあるかもしれませんが、スグに顔を上げて前へと歩き出します。

それがメンタルの強い人です。

何か1つのことを研究するような仕事の人はメンタルが強くなければできません。

1つの事をやり抜くメンタルは、昨日今日で培われるものではありません。

子供のころから教育されてきた人が多いです。

もしくは「これが好きなんだ!」という熱い情熱がやり抜くメンタルを作ってくれるでしょう。

メンタルの強さは突然作られるものではないので、日ごろから少しずつ鍛えていけるような目標などをクリアしてみましょう。

23.野心がある

野心とは、身の程を知らない大きな望み、より良い名誉や財力を手に入れるために自分を磨くことをいいます。

大学教授がみんな野心家とは限りませんが、野心ではなく、いつも高みを目指しているのは間違いありません。

上へ上へと行こうとする心は、人から見たら野心に思えるかもしれませんが、この心がないと人の上に立つことは出来ません。

野心は人を動かし、周りの人も動かしていきます。

その流れがいつかみんなの幸せに役立つこともあるので、周りに野心家の人がいれば少しお付き合いしてみるのもいいかもしれませんね。

24.将来の自分のイメージを描けている

イメージトレーニングはとても大事なことです。

こうなりたいと思うことが人生の方向を決めることが多いからです。

将来のイメージはきっと誰もがする行為ですが、イメージ通りに行動して理想通りの将来を手に入れた人はどれくらいいるでしょうか。

将来のイメージを現実にするには毎日のコツコツした作業を何年も続けなければなりません。

人は将来のイメージを考える時、あまりネガティブなことは考えません。

それは多くの人が自分の理想や夢を捨てきれないからです。

もしイメージしている将来があるなら今からコツコツと頑張ってみませんか。

25.覚悟がある

1つの事をやり抜き、それを生業にするのはとても覚悟が要ります。

そして熱意も必要です。

大学教授に限らず全てにおいてそうだと言ってもいいでしょう。

覚悟も情熱も熱意もずっと続けていかなければいけません。

それらを維持するにはやはり「好き」という気持ちでしょう。

そしてどれだけ「使命」感じているかにもよります。

その使命も一人よがりではいけません。

誰かの為であればその使命は目標となり、その目標はより早く達成できるでしょう。

大学教授になるためにまずは行動しよう

大学教授になるにはとても長い年月を要します。

大学教授になるまでの順番は、大学→大学院→助手→大学講師→大学准教授→大学教授となります。

初めの一歩としては大学に入ることですが、しかしもっと重要なのは何を勉強したいかということです。

そして学びたい人に何を伝えていきたいかが最も大事になってきます。

大学教授は多くの人に関わり合いながら続けていく仕事です。

大変ではありますがやりがいのある素晴らしい職業です。

もしかしたら、「大学教授どころか、自分は大学は行ってない」と思っている人もいるでしょう。

しかし最近では名門大学に50歳を超えた人も入学しており、大学に行きたかったけど行けずに、心残りがあるまま過ごしてきた人には心強い話ですよね。

大学教授になれるかどうかは別として、大学は学びたいことを学ぶ場所です。

好きなことを学ぶと人生が満たされていくのがわかります。

そして幸せな気持ちになれますので、ぜひ大学で勉強してみてください。

熱意も情熱も持ち続けるのは大変ですが、その先にあるものを考えればきっと頑張れるはずです。