長い人生の中にはいろいろな事が起こるでしょう。

時にその状況に絶望し、もう自分の人生は終わったかのように感じてしまう事だってあるかもしれません。

人の人生はそう簡単には終わりません。

もうどうにもならないと思った所で、本当にどうにもならない子なんて実は無いかもしれません。

とはいえ、当の本人はいつだって本気です。

本当に終わったと思う時があるかもしれません。

そんな時、最近のインターネットの世界では『人生詰んだ』という言われ方をします。

普段インターネットを使用しない方にとってはチョット意味が分からない言葉かもしれません。

この様に日本語の中にはある一定の人たちにしか通じない言葉と言うものが存在しています。

しかし、その言葉の意味を知る事でもって自分の中にある視野を広げる事が出来るかもしれません。

そこで今回は『詰んだ』という言葉の意味や使い方についてご紹介させて頂きます。

人生詰んだってどういうこと?

「詰んだ」という言葉は、元々将棋の「詰み」という言葉から出来た言葉のようです。

ネットスラングと呼ばれる、インターネットの中で使用される言葉の一つでどちらかと言うと造語のような雰囲気のある言葉だと思って頂ければイメージが掴みやすいでしょうか。

本来の意味ですと、将棋で使われる「詰み」とは『もうこの先、勝つ手段は無い』『手がもう出ない』『もう試合は終わった』などの意味が含まれています。

インターネットの中で使用される場合も、基本的にはこれと同じような意味として使用される場合が殆どです。

つまりは『人生詰んだ』とは、人生に絶望しているような言葉の意味を持っているのです。

とはいえ、本当の意味で絶望している人は、そんな言葉を使用する元気も余裕も無いかもしれません。

その為、『自分の人生はもう積んだ』と話している人は、どこか自虐的に自分の人生をいじっているだけに過ぎないのかもしれません。

このように、インターネットの世界では、あえて自分の事を悪く言ういわゆるディするなどといわれる表現をする事でおもしろおかしく表現する事も珍しい事ではありません。

また。

2チャンネルと呼ばれる掲示板などでは、そういったネットスラングと言う言葉を多様して自分たちの世界観をより分かりやすく表現すると言う方法もあります。

面白い言葉なので、使って見たくなる気持ちもありますが、こういった言葉は使い方を間違えると恥ずかしい事になってしまう事も珍しい事ではありません。

その為、使用する際はしっかりと意味を理解しておく事も重要なポイントです。

「詰んだ」意味

詰んだとは、元々将棋で使われていた言葉です。

その為、将棋をされる方はその意味をそのまま言葉の意味として理解しておけば基本的に間違って使ってしまう事は無いでしょう。

『詰んだ』という言葉は、基本的にネガティブな意味として使用される場合が殆どです。

将棋の場合は、『これ以上どうする事も出来ない』『打つ手がない』などという時に使用される場合が多く、いわゆるピンチの状態を指す言葉となっております。

これを人生に当てはめる事で『人生詰んだ』という意味は、『自分の人生は終わってしまった』などと言う意味として使用される場合があります。

この言葉は、日常的に誰でも使っている言葉と言うよりは、インターネットの世界で使用されている場合が多い言葉と言えるでしょう。

その為、2チャンネルなど、普段インターネットの掲示板サイトを閲覧する機会が少ない方にとっては馴染みの無い言葉かもしれません。

自分の人生が詰んだと言い切れる事程、、ネガティブな言葉はありません。

しかし、この言葉にはどこか自虐的な雰囲気も含まれており相手に対しておもしろおかしく話す際にも良く使われます。

その為、人生を語る程の事では無いにしろ、何か失敗をしてしまった時などに対しても使用される場合があり、そこまで重い意味が無い場合でも使用される場合があります。

【詰んだ時=ピンチな時は、こちらの記事もチェック!】

「詰んだ」の使用例

『詰んだ』という言葉には、基本的に『もうこの先打つ手は無い』『最大のピンチだ』などと言うネガティブな意味が込められています。

しかしながら、大した失敗では無い場合にも使用される場合が多々あり、最近のインターネットの世界ではこの言葉を良く見かけます。

面白い言葉なので、自分でも使用してみたいと思う方も少なくないかもしれません。

しかしながら、2チャンネルなどで使用される場合が多いいわゆるネットスラングと呼ばれるような独特な言葉は、

彼らの世界のルールやニュアンスによって理解され利用されています。

その為、素人が安易に使用すると、意味の雰囲気がどことなく間違って使用してしまう場合もあり、

何だか恥ずかしい間違いの様になってしまう事も珍しい事ではありません。

そこで、『詰んだ』という言葉の使い方についてご説明させて頂きます。

人生において

『詰んだ』という言葉が最も多く利用される場面は、おそらく『人生』について語る時でしょう。

人生の中には様々な出来事があります。

良い事もあれば悪い事もあるでしょう。

その時に、自分で『やばい。

もう終わった』と思う時に、人生詰んだという言い方をするのかもしれません。

長い人生です。

良い事もあれば悪い事もあるでしょう。

その為、必ず誰しもピンチの時がやってきます。

その時どうやって乗り越える事が出来るかどうかが大事なポイントとなるでしょう。

自分の人生に対して『詰んだ』と話している人は、どこか面白がって居る時があるかもしれません。

自虐的に話す事で、その状況をおもしろおかしく話して居るのです。

『自分の人生が詰んだ』と言う人の中には、ネットの世界で生きている人が多くニートや引きこもりの人も多くいます。

彼らは極端に社会との繋がりを絶っているので、自分の今後の人生を考えると、『詰んだ』という気持ちになるのかもしれませんね。

はたから見れば、そんな事を言っている暇があるのであれば外に出て働けよとも思うのですが。

それが出来ないからこそ、今の現状で過ごすしか無いのかもしれませんね。

自分の人生を嘆くのも良いですが、面白おかしく自虐を話している前に改善する方法を考えた方が本来はずっと有意義な時間だと言えるのかもしれません。

ゲームなどで

実生活とは違い、ゲームの世界では簡単に『詰んだ』という言葉が使用されます。

と言うのも、実生活では人生は一度キリですが、ゲームの場合は何度でもやり直す事が出来ます。

その分、ゲームオーバーとなりキャラクターが死んでしまう事も珍しい事ではありません。

セーブをする場所までたどり着く事が出来なければ何度も同じ事を繰り返す事にもなるでしょう。

更に、やっとボスの所までたどり着いたとしても既に手持ちのキャラクター達が瀕死の状態であればまさに『詰んだ』の状態になってしまいます。

『詰んだ』という言葉には、手も足も出ないと言う言葉の意味が込められています。

その状況はまさに、ゲームの世界にピッタリの表現では無いでしょうか。

実生活で自分の人生を『詰んだ』と表現していると、ネット民と言う事がすぐにばれてしまう上に余りにも自虐的な内容は相手を戸惑わせてしまいます。

しかしながら、ゲームであれば誰でも簡単に使う言葉として利用する事が出来るのでは無いでしょうか。

チョット気軽に『詰んだ』という言葉を使用してみたい方は、ゲームの世界の中で利用してみてはいかがでしょうか。

自分一人でやって居る時でも『詰んだわー』と独り言を話していると、何か楽しい事をしているような気持ちになる事があるかもしれません。

類語

基本的に『詰んだ』という言葉は、将棋の世界で生まれた言葉です。

将棋の中で、自分の打つ手が無く、もうどうにもならないと諦めた時に使用する言葉でした。

しかし、最近ではその意味のまま、ネットスラングやギャル語などとして、他の用途にも使用される事が多くなってきました。

『詰んだ』という言葉を使う場合には、『人生どうする事も出来ない』『手も足も出ない』『打つ手がない』などの意味として使用されています。

その為『人生詰んだ』と言う使い方をする場合には何か失敗を犯した時やミスが発覚してしまった際などに使用される言葉です。

その言葉には類義語があり、『終わった』という言葉がその一つでしょう。

終わったという言葉も、詰んだという言葉と同じように『人生終わった』と言う言い方をされます。

人生が終わってしまっては大変な事ですので、実際に人生が終わる事は無いでしょう。

これも詰んだと言う言葉と同じ様に何か失敗してしまった際などに使用される場合が多く、『どうする事も出来ない』『手も足も出ない』などの際に使用される言葉なのでしょう。

この様に、世代によって使用する言葉の違いと言うものがあります。

また、同じ世代であったとしても、インターネットを多く使用する人が使う言葉もあれば

いわゆるギャル語として利用されている場合もあり、それぞれに関りの無い人にとっては理解しがたい言葉になって居る事でしょう。

多くの場所に視野を広げ、様々な事に興味を広げる事で新しい言葉の理解を広げる事が出来るかもしれません。

人生詰んだと思った時ってどんな時?

長い人生、色々な事があります。

はたから見れば大したことが無いような事も、当の本人からすれば大事件!なんて事もあるかもしれません。

多くの場合、どんな事でもたいては時が解決してくれます。

しかしそれは後になって気が付くもの。

当の本人は、その事に気が付くまでに時間がかかる為『自分の人生は終わってしまった』と感じる時があるかもしれません。

そんな時に『人生詰んだ』という言葉を使いたくなるのでしょう。

人生終わったと思ったとしても、本当に終わったと思って居る人がはいません。

思っていたとしたら『詰んだ』なんて言葉を使って居る場合出はないのだから。

自分の失敗を自虐的に表現する事で、どこかおもしろおかしく表しているのです。

結婚するつもりだった恋人と別れた時

『詰んだ』と言う言葉は、恋愛に対して使われる場合が多々あります。

例えば、今事例の様に異性に振られてしまった場合にはそのような気分になってしまう事があるかもしれません。

特に、女性の場合には、自分の中で何歳までに結婚したいと言う気持ちが強い方がいます。

そのリミットとしては、30歳が一度目の大きな節目なのでは無いでしょうか。

そんな時、30歳目前で振られてしまった場合、あなたならどうでしょうか。

『人生終わった』と言いたくもなる気持ちも分からないではありません。

結婚なんでいくつだって良いんだと他人は言ってくれるでしょう。

しかし、周りの親や兄弟はそうは行かないかもしれません。

やいのやいの言われる事にウンザリしてしまう事だってあるかもしれません。

また、田舎の場合は『まだあそこの娘さんは嫁に言っていない』と言われる事だって考えられます。

その状況を想像するだけで『人生終わった』と言いたくなってしまう事でしょう。

長い人生の中で、忘れられない程の大失恋だったとしても振り返って見れば淡く懐かしい思い出になる事があるかもしれません。

そんな時は『人生詰んだ』と嘆きつつ、前に進む力を蓄えておく事も重要かもしれませんね。

恋人と浮気相手のメールを間違えた時

これは完全に自分が悪いパターンですね。

自分の失敗をもはや自虐的に伝える事しか出来ずにネタにしてしまっているのです。