長い人生の中にはいろいろな事が起こるでしょう。

時にその状況に絶望し、もう自分の人生は終わったかのように感じてしまう事だってあるかもしれません。

人の人生はそう簡単には終わりません。

もうどうにもならないと思った所で、本当にどうにもならない子なんて実は無いかもしれません。

とはいえ、当の本人はいつだって本気です。

本当に終わったと思う時があるかもしれません。

そんな時、最近のインターネットの世界では『人生詰んだ』という言われ方をします。

普段インターネットを使用しない方にとってはチョット意味が分からない言葉かもしれません。

この様に日本語の中にはある一定の人たちにしか通じない言葉と言うものが存在しています。

しかし、その言葉の意味を知る事でもって自分の中にある視野を広げる事が出来るかもしれません。

そこで今回は『詰んだ』という言葉の意味や使い方についてご紹介させて頂きます。

人生詰んだってどういうこと?

「詰んだ」という言葉は、元々将棋の「詰み」という言葉から出来た言葉のようです。

ネットスラングと呼ばれる、インターネットの中で使用される言葉の一つでどちらかと言うと造語のような雰囲気のある言葉だと思って頂ければイメージが掴みやすいでしょうか。

本来の意味ですと、将棋で使われる「詰み」とは『もうこの先、勝つ手段は無い』『手がもう出ない』『もう試合は終わった』などの意味が含まれています。

インターネットの中で使用される場合も、基本的にはこれと同じような意味として使用される場合が殆どです。

つまりは『人生詰んだ』とは、人生に絶望しているような言葉の意味を持っているのです。

とはいえ、本当の意味で絶望している人は、そんな言葉を使用する元気も余裕も無いかもしれません。

その為、『自分の人生はもう積んだ』と話している人は、どこか自虐的に自分の人生をいじっているだけに過ぎないのかもしれません。

このように、インターネットの世界では、あえて自分の事を悪く言ういわゆるディするなどといわれる表現をする事でおもしろおかしく表現する事も珍しい事ではありません。

また。

2チャンネルと呼ばれる掲示板などでは、そういったネットスラングと言う言葉を多様して自分たちの世界観をより分かりやすく表現すると言う方法もあります。

面白い言葉なので、使って見たくなる気持ちもありますが、こういった言葉は使い方を間違えると恥ずかしい事になってしまう事も珍しい事ではありません。

その為、使用する際はしっかりと意味を理解しておく事も重要なポイントです。

「詰んだ」意味

詰んだとは、元々将棋で使われていた言葉です。

その為、将棋をされる方はその意味をそのまま言葉の意味として理解しておけば基本的に間違って使ってしまう事は無いでしょう。

『詰んだ』という言葉は、基本的にネガティブな意味として使用される場合が殆どです。

将棋の場合は、『これ以上どうする事も出来ない』『打つ手がない』などという時に使用される場合が多く、いわゆるピンチの状態を指す言葉となっております。

これを人生に当てはめる事で『人生詰んだ』という意味は、『自分の人生は終わってしまった』などと言う意味として使用される場合があります。

この言葉は、日常的に誰でも使っている言葉と言うよりは、インターネットの世界で使用されている場合が多い言葉と言えるでしょう。

その為、2チャンネルなど、普段インターネットの掲示板サイトを閲覧する機会が少ない方にとっては馴染みの無い言葉かもしれません。

自分の人生が詰んだと言い切れる事程、、ネガティブな言葉はありません。

しかし、この言葉にはどこか自虐的な雰囲気も含まれており相手に対しておもしろおかしく話す際にも良く使われます。

その為、人生を語る程の事では無いにしろ、何か失敗をしてしまった時などに対しても使用される場合があり、そこまで重い意味が無い場合でも使用される場合があります。

【詰んだ時=ピンチな時は、こちらの記事もチェック!】

「詰んだ」の使用例

『詰んだ』という言葉には、基本的に『もうこの先打つ手は無い』『最大のピンチだ』などと言うネガティブな意味が込められています。

しかしながら、大した失敗では無い場合にも使用される場合が多々あり、最近のインターネットの世界ではこの言葉を良く見かけます。

面白い言葉なので、自分でも使用してみたいと思う方も少なくないかもしれません。

しかしながら、2チャンネルなどで使用される場合が多いいわゆるネットスラングと呼ばれるような独特な言葉は、

彼らの世界のルールやニュアンスによって理解され利用されています。

その為、素人が安易に使用すると、意味の雰囲気がどことなく間違って使用してしまう場合もあり、

何だか恥ずかしい間違いの様になってしまう事も珍しい事ではありません。

そこで、『詰んだ』という言葉の使い方についてご説明させて頂きます。

人生において

『詰んだ』という言葉が最も多く利用される場面は、おそらく『人生』について語る時でしょう。

人生の中には様々な出来事があります。

良い事もあれば悪い事もあるでしょう。

その時に、自分で『やばい。

もう終わった』と思う時に、人生詰んだという言い方をするのかもしれません。

長い人生です。

良い事もあれば悪い事もあるでしょう。

その為、必ず誰しもピンチの時がやってきます。

その時どうやって乗り越える事が出来るかどうかが大事なポイントとなるでしょう。

自分の人生に対して『詰んだ』と話している人は、どこか面白がって居る時があるかもしれません。

自虐的に話す事で、その状況をおもしろおかしく話して居るのです。

『自分の人生が詰んだ』と言う人の中には、ネットの世界で生きている人が多くニートや引きこもりの人も多くいます。

彼らは極端に社会との繋がりを絶っているので、自分の今後の人生を考えると、『詰んだ』という気持ちになるのかもしれませんね。

はたから見れば、そんな事を言っている暇があるのであれば外に出て働けよとも思うのですが。

それが出来ないからこそ、今の現状で過ごすしか無いのかもしれませんね。

自分の人生を嘆くのも良いですが、面白おかしく自虐を話している前に改善する方法を考えた方が本来はずっと有意義な時間だと言えるのかもしれません。

ゲームなどで

実生活とは違い、ゲームの世界では簡単に『詰んだ』という言葉が使用されます。

と言うのも、実生活では人生は一度キリですが、ゲームの場合は何度でもやり直す事が出来ます。

その分、ゲームオーバーとなりキャラクターが死んでしまう事も珍しい事ではありません。

セーブをする場所までたどり着く事が出来なければ何度も同じ事を繰り返す事にもなるでしょう。

更に、やっとボスの所までたどり着いたとしても既に手持ちのキャラクター達が瀕死の状態であればまさに『詰んだ』の状態になってしまいます。

『詰んだ』という言葉には、手も足も出ないと言う言葉の意味が込められています。

その状況はまさに、ゲームの世界にピッタリの表現では無いでしょうか。

実生活で自分の人生を『詰んだ』と表現していると、ネット民と言う事がすぐにばれてしまう上に余りにも自虐的な内容は相手を戸惑わせてしまいます。

しかしながら、ゲームであれば誰でも簡単に使う言葉として利用する事が出来るのでは無いでしょうか。

チョット気軽に『詰んだ』という言葉を使用してみたい方は、ゲームの世界の中で利用してみてはいかがでしょうか。

自分一人でやって居る時でも『詰んだわー』と独り言を話していると、何か楽しい事をしているような気持ちになる事があるかもしれません。

類語

基本的に『詰んだ』という言葉は、将棋の世界で生まれた言葉です。

将棋の中で、自分の打つ手が無く、もうどうにもならないと諦めた時に使用する言葉でした。

しかし、最近ではその意味のまま、ネットスラングやギャル語などとして、他の用途にも使用される事が多くなってきました。

『詰んだ』という言葉を使う場合には、『人生どうする事も出来ない』『手も足も出ない』『打つ手がない』などの意味として使用されています。

その為『人生詰んだ』と言う使い方をする場合には何か失敗を犯した時やミスが発覚してしまった際などに使用される言葉です。

その言葉には類義語があり、『終わった』という言葉がその一つでしょう。

終わったという言葉も、詰んだという言葉と同じように『人生終わった』と言う言い方をされます。

人生が終わってしまっては大変な事ですので、実際に人生が終わる事は無いでしょう。

これも詰んだと言う言葉と同じ様に何か失敗してしまった際などに使用される場合が多く、『どうする事も出来ない』『手も足も出ない』などの際に使用される言葉なのでしょう。

この様に、世代によって使用する言葉の違いと言うものがあります。

また、同じ世代であったとしても、インターネットを多く使用する人が使う言葉もあれば

いわゆるギャル語として利用されている場合もあり、それぞれに関りの無い人にとっては理解しがたい言葉になって居る事でしょう。

多くの場所に視野を広げ、様々な事に興味を広げる事で新しい言葉の理解を広げる事が出来るかもしれません。

人生詰んだと思った時ってどんな時?

長い人生、色々な事があります。

はたから見れば大したことが無いような事も、当の本人からすれば大事件!なんて事もあるかもしれません。

多くの場合、どんな事でもたいては時が解決してくれます。

しかしそれは後になって気が付くもの。

当の本人は、その事に気が付くまでに時間がかかる為『自分の人生は終わってしまった』と感じる時があるかもしれません。

そんな時に『人生詰んだ』という言葉を使いたくなるのでしょう。

人生終わったと思ったとしても、本当に終わったと思って居る人がはいません。

思っていたとしたら『詰んだ』なんて言葉を使って居る場合出はないのだから。

自分の失敗を自虐的に表現する事で、どこかおもしろおかしく表しているのです。

結婚するつもりだった恋人と別れた時

『詰んだ』と言う言葉は、恋愛に対して使われる場合が多々あります。

例えば、今事例の様に異性に振られてしまった場合にはそのような気分になってしまう事があるかもしれません。

特に、女性の場合には、自分の中で何歳までに結婚したいと言う気持ちが強い方がいます。

そのリミットとしては、30歳が一度目の大きな節目なのでは無いでしょうか。

そんな時、30歳目前で振られてしまった場合、あなたならどうでしょうか。

『人生終わった』と言いたくもなる気持ちも分からないではありません。

結婚なんでいくつだって良いんだと他人は言ってくれるでしょう。

しかし、周りの親や兄弟はそうは行かないかもしれません。

やいのやいの言われる事にウンザリしてしまう事だってあるかもしれません。

また、田舎の場合は『まだあそこの娘さんは嫁に言っていない』と言われる事だって考えられます。

その状況を想像するだけで『人生終わった』と言いたくなってしまう事でしょう。

長い人生の中で、忘れられない程の大失恋だったとしても振り返って見れば淡く懐かしい思い出になる事があるかもしれません。

そんな時は『人生詰んだ』と嘆きつつ、前に進む力を蓄えておく事も重要かもしれませんね。

恋人と浮気相手のメールを間違えた時

これは完全に自分が悪いパターンですね。

自分の失敗をもはや自虐的に伝える事しか出来ずにネタにしてしまっているのです。

基本的に、浮気をしている人は相手に対してばれないようにする事が最低限のルールでありマナーでしょう。

それをする事が出来ないのであれば浮気をしては行けないと言えるでしょう。

しかしながら、人間は欲深い生き物です。

ついつい甘い匂いに誘われて目新しい方に行きたくなってしまう物です。

『どうせばれなきゃいいや』と思っていても結局悪い事はばれてしまうもの。

失敗してから自分の過ちを悔いたとしてもそれはどうする事も出来ません。

このどうする事も出来ない状況が自分に起こった時、自分自身の心を落ち着かせる為にも『詰んだ』という言葉を使用するのかもしれません。

しかし、友人にこの言葉を使って自分の失敗を話す事は構いませんが、間違ってもこの言葉を相手の人に伝えないように。

間違いなく傷口が悪化する事になるでしょう。

子供の頃の暗い過去が知られた時

子供の頃の印象が大人になると全く変わる人と言う人はいます。

『高校デビュー』や『大学デビュー』と言われる人達がそれでしょう。

彼らは地元から離れる事で、過去の自分と決別し新しい道に進む事を決めた人々です。

自分の人生を決めるのは自分です。

その為、前向きな変化なのであればドンドン行って行くべきです。

それは悪い事では無く、誰に迷惑をかける事でもありません。

その為、その事について他人からとやかく言われるいわれは無いでしょう。

しかしながら、そこをあえて色々言いたくなるのが人間と言う生き物なのです。

その為、多くのイメチェンを果たした人たちは、今の知り合いに過去の自分を知られたくないと考える事も珍しい事ではありません。

自分の過去を恥ずかしいと思う事は悲しい事だ。

なんて言い方をする人も居ますが、それは理想論です。

わざわざネタになるような事を人に伝えたいと思う人はいないでしょう。

その為、過去が他人に知られてしまうと今までの積み重ねてきたものが無駄になってしまうと悲しい気持ちになる事もあるでしょう。

ですが、世の中には沢山の人がいます。

あなたの同じようにデビューをはたした人だって居るかもしれません。

その為、そんな事であーだこーだと言ってくる人とは付き合いをやめてしまうのも一つに手では無いでしょうか。

結婚式直前に別れようと言われた時

これはかなり辛いパターンです。

結婚式直前と言う事は、親戚は勿論友人にも結婚の報告を済ませてしまて居るのでしょう。

その中で結婚が破談になってしまうと、それを周りの人すべてに知られてしまう事になってしまいます。

自分の中だけに留めておきたい話も、全て知られてしまう事になるのです。

自分の中では大丈夫だと思っている事だとしても周りから『可愛そう』と思われる事でより辛くなってしまう事があります。

傷口は触らないで欲しいけれど、ここまで知られてしまっているとどうにもならないと言う事もあるでしょう。

また、女性の場合は既に退職を伝えて居る場合も大いに考えられます。

しかしながら、結婚が破断になった事で退職を取り消さなければならないことだってあるかもしれません。

生きていく為には仕事をする事が大前提ですが、全ての事情を知っている場所で復帰する事もまた辛い事かもしれません。

皆が優しいからこそ辛い事もあります。

破談になってしまう理由には様々な理由があります。

その為、一概にどちらが悪いと言う事は言えないかもしれません。

しかし、少なくとも振る方よりは振られる方が辛いはずです。

その為、もし結婚に迷いを感じている人が居るのであれば、それは出来るだけ傷が浅いうちにつたえてあげる事をお勧め致します。

別れる事は簡単な事ではありませんが、相手に対する最後の優しさが必要なのではないでしょうか。

多額な借金をしてしまった

お金のトラブルは時に人生を大きく狂わせる事があるでしょう。

例えば、家族に内緒でギャンブルや株などをしていた時、大きなミスで大金を失った際軽い気持ちで借金をしたとします。

借金は一度やると、その手軽さからドンドンと借りてしまうとう事があります。

その為、気が付いた時にはどうにもならない程の借金金額になって居る事も珍しい事ではありません。

借金を返す為に、他の所から借金を繰り返すようになってしまうとその泥沼は止まる事がありません。

次は生活費を稼ぐ為と、その連鎖を止める事はとても難しいでしょう。

しかし、当たり前の事ですが、借金は返さなければ終わる事がありません。

誰も無しにはしてくれないのです。

その為『人生詰んだ』と思う程借金をしてしまった場合、本当に終わってしまう事だって考えられます。

どこもお金を貸してくれなくなったら、最後はサラ金しかありません。

サラ金に手を出せば、怖いお兄さんに追いかけられる日々が始まる事も珍しい事ではありません。

そうならない為には、未然に対策をする必要があります。

一番いい方法は、借金を返す事です。

身内などからお金を借り、そっちに返済する用にするのです。

そうる事で、利子などを削減する事が出来るでしょう。

しかし、それも出来る人もいれば出来ない人もいます。

その場合は、もう自己破産をするしかありません。

自己破産こと人生詰んだと言えるかもしれません。

しかし、そこからやり直す事が出来るのであれば、それもまた必要な決断なのでは無いでしょうか。

自分の力で立ち上がる事が出来ないと思うのであれば、他人の力を借りる事も必要です。

人生詰んだ時に自分を向上させる方法は?

どんな人でも過去最大の失敗時には『人生詰んだ』と感じる事あるでしょう。

そんな時、どういった対処をすればその状況を改善する事が出来るのでしょうか。

実際に状況を変化させる事が出来なかったとしても、気持ちを上げる事は出来るかもしれません。

一度の失敗で凹み続けていては、その先何もする事が出来ないでしょう。

その為、自分の気持ちをどうやったら上げる事ができるのかと言うポイントをしっかりと抑える事が出来れば、

今後の人生に大きく役立つ時がやってくるかもしれません。

自分の気持ちをコントロールする事が出来るかどうかで、人生の面白さが変わって来るでしょう。

より良い人生をおくる為にも、自分の心をしっかりと理解して行動する事をお勧め致します。

開き直る

『人生詰んだ』と落ち込む程の出来事が起こってしまった場合。

思い切って開き直って見てはいかがでしょうか。

と言うのも、一度悩みだすと、なかなか自分の殻の中から出る事が出来なくなってしまいます。

考えが堂々巡りとなり、モヤモヤが増すばかりでなかなか良いアイディアを出す事が出来ないなんて事があるかもしれません。

そんな時、考える事を止め何も気にしない様にしてみるのです。

そうするとどうでしょうか。

以外にも新しアイディアがすっと出てくる事も珍しい事ではありません。

心にかかっていたストレスが改善する事で、頭の回転が良くなる事がその理由の一つと言われています。

状況によっては、開き直る事で怒られてしまう事もあるかもしれません。

しかし、同じ事でずっと悩む事を繰り返すのであればこの方法を試して見る事も悪い事では無いのでは無いでしょうか。

人目が気になる方は、自分の心の中だけでこっそりきらめて見るのも良いかのしれませんね。

もう一度目標を設定する

人生はとても長いものです。

その為、そのなかでは何が起こるかは分かりません。

自分の中で終わったと思うような出来事があったとしても、生きてさえいれば新しい人生を歩み出す事が出来ます。

その際、新しい人生をタダ歩き始めてしまうと、同じ失敗を繰り返してしまう事もあるかもしれません。

そうならない為にも、自分の人生を振り返り新たに目標を設定する事も大切なポイントです。

人生の目標を持つ事で、それに向かって頑張る事が出来たり、やる気に繋げる事が出来る場合が多々あります。

立てる目標は何だって構いません。

自分の中で、大きな目標を立てるのも良し。

簡単にクリア出来要る物を選ぶのも良し。

なんだって自由に行う事が出来ます。

その自由をより明確にする為にも、自分の中に目標を立てる事はとても大切なポイントの一つです。

紙やノートに書いてみる

自分の中で、悩み過ぎて堂々巡りになってしまった経験がある方は意外と多いのではないでしょうか。

特に、心配性やネガティブな人に多い特徴ですが、自分の考えをまとめる事が出来ずあっちもこっちも気になってしまい結局何も前に進む事が出来ないのです。

そんな時は、人に相談する事をお勧めします。

人に話す事で、自分の気持ちを一つ一つ整理しながら話す事が出来ます。

しかし、中には他人には知られたくなり出来事で悩んでいる場合も少なくありません。

そんな人は、なかなか他人に相談する事も出来ず自分の中のモヤモヤが大きくなってしまう事があります。

そんな時は、ノートなどを利用して、文字にして見る事をお勧めします。

人と話をするのと同じように、ノートに書く事で、自分の考えをしっかりとまとめる事が出来る様になります。

自分の気持ちを整理する事が出来れば、より前向きに物事を考える事が自然と出来る様になるかもしれません。

ポジティブ思考

同じ事が起きたとしても、人によって捉え方は違います。

大したことないさと思う事が出来る人もいれば、もうだめだ。

人生終わった。

と騒ぎたくなる人も居るかもしれません。

自分の人生の勝ちを決めるのは、他でも無く自分自身です。

そのため、安易に『人生詰んだ』などと言っては行けません。

言葉には力があります。

その為、そんな事を言い続けて居ると、本当に終わってしまうと思われるような衝撃的な出来事が起きてしまう可能性も十分にあるのです。

その為、むやみやたらにネガティブな事を言うのはさけましょう。

反対に日々ポジティブな言葉を発している人は、その言葉に引っ張られて前向きな気持ちになる事が出来るかもしれません。

自分の気持ちを上げて行く為には、日々ポジティブな考えを維持する事が出来るかどうかが重要です。

最初はなかなか上手く出来なかったとしても、それを無理やりにでも続けて行く事で自然と出来る様になるかもしれません。

自分の力を信じ、前向きに考えて行きましょう。

自分はまだ大丈夫だと思う

人は、現金な生き物です。

自分の人生はもう終わった友う程絶望していたとしても、自分より更に酷い状況を見ると少し安心してしまうものです。

これはどの状況でも言える事で、このような事は人生の中で何度も経験して行く事でしょう。

人を見下すなんて酷いと思う方が居るかもしれません。

しかし、考えてみてください。

学生の頃、テストで悪い点をとってしまったとします。

しかし、そのテストは難しく平均点が低い事を知ります。

更に、友人が自分より低い点数をとって居るとどこか安心したような気持ちになる事はありませんでしたか?それも全く同じ原理なのです。

表向きは他人と比べるような事をしてはいけないと言われており、子供の頃からそう教えられてきました。

しかし、実際に全く他人を気にしない人などいないでしょうむしろ、それだけ強い精神力を持っている人なのであれば『人生詰んだ』などと思う事は無いかもしれません。

その為、自分の気持ちを上げる為に他人を引き合いに出す事は悪い事では無いかもしれません。

しかし、決して良い事でも無いでしょう。

その為、子供にはあまりお勧めできない方法です。

少なくとも、他人と自分を比べる際には間違っても自分が上だと言う事は口に出さない様にしましょう。

そんな事を口走ってしまえば、また無駄な争いに巻き込まれてしまう事になるでしょう。

人生詰んだと思ってもやり直しはきく!

最近話題の言葉である『人生詰んだ』とう言葉の意味が分かって頂けたでしょうか。

基本的にはネガティブな言葉ではありますが、その中にはどこか面白おかしく自分に起きた状況を語ってる風でもあり、いわば自虐に要素のある言葉です。

この言葉は、ネットスラングと呼ばれる言葉でありインターネットの世界の中で多く使用されている言葉です。

その為、普段インターネットを使用されない方にはあまり馴染みのない言葉かもしれません。

この言葉と同じように、ギャル語などもその先に住んでいる人々でなければ、理解出来ないと言うものが多々あります。

それらの言葉を『間違った日本語』として切り捨ててしまう事は簡単な事です。

しかし。

考えを変えてみれば、それもまた新しい文化の一つです。

日々私たちの暮らしは変化しています。

それは言葉の世界も同じなのかもしれません。

以前は限られた人の言葉だったものがいつしか辞典に乗る程に当たり前の言葉になる時だって来るかもしれません。

自分の視野を広げずに、新しい物を全て排除していては、結局進化を拒否している事になり時代に取り残されてしまて居る事になります。

時代の変化に乗り遅れる事無く対応する事が出来ればいくつになっても多くの世代と自然と話をする事が出来るでしょう。

新しい知識を知って損はありません。

是非、多くの事に目を向けて見てはいかがでしょうか。

例え、この事例の様に『人生詰んだ』と思っても大抵の場合は何とかなる物です。

その時は一大事だと思う出来事も、全てしまえば全てが思い出。

その時その時を全力で生きていく事が重要なポイントです。

もし仮に、人生詰んだと感じ何もかも投げ出したくなった時は思い切って投げ出してみるのも一つの手です。

そうすることで、気持ちがスッキリして新しアイディアが生まれる事があるかもしれません。

言葉も人生も、一つの味方だけに固執していては何も変化が起きません。

常に前進して行く為には、一つや二つの失敗は気にせずとにかく進んでいく事が大事なのです。

新しい言葉も実際に使って見る事で自分の中に浸透させる事が出来る様になります。

新しい言葉も積極的に利用して、楽しい日々をお過ごしください。