「大好きな人と付き合いたい!」…これって、とても人間らしい、自然な感情ですよね。

しかし、地球の人口は、男女合わせて75億人。

自分が好きな人が、自分を好きでいてくれるって言うのは…それこそ奇跡に等しい確率ですよね。

それでも、世界では、毎日たくさんのカップルができています。

今日からほんのちょっとの努力で、あなたもその奇跡に手が届くかもしれませんよ。

付き合うために必要な25個のこと

付き合うために、まずは何を考える必要があるのでしょうか。

漫然と同じ毎日を繰り返すだけでは、恋人になるのは難しいかもしれません。

一体どういった努力をすればいいのでしょうか。

小さな一歩の積み重ねが大きな目標へと近づきます。

ひとつずつ確認していきましょう!

付き合うってどういうこと?

付き合うというのは、実際にどういった状態をさすのでしょうか?

日本では、知り合ってからどちらかが告白し、お互いの気持ちが通じ合って恋人同士になることを「付き合う」と言っていますね。

実際のところ、友達との境界はこの告白がないとあいまいです。

食事に行ったり、遊びに行ったりするだけでは、「これって付き合っているのかな…?」と不安になってしまいますね。

「私は貴方が好きですが、貴方はどう思っていますか?」という意思確認があって、はじめて「付き合う」といえるようです。

欧米などでは、こういった告白文化はあまり見られません。

お互いに「愛してる」「大好き」という愛の言葉は多く交わしますが「付き合ってください」といった言葉はあまり見られないようです。

一方、日本の場合、あまり愛の言葉は得意ではないようです。

とくに昔ながらの男性は、あまりそういった台詞をいうのは恥ずかしいと思うようですね。

ですから、「告白」という形で、まずお互いにきちんと「恋人同士である」という確認をする必要があるのかもしれませんね。

付き合うためのはじめの一歩

付き合うために、まずはクリアしなくてはいけない壁。

ひとつずつ確認して、突破していきましょう!

一定数以上の顔面レベル

恋愛において、容姿はまったく関係ない…とはいえません。

第一印象があまりに悪過ぎると、恋愛対象から外れてしまうからです。

決して美男美女である必要はありませんが、「生理的に無理」とならないぐらいの容姿は必要と言えるでしょう。

生まれつきの美醜はどうしようもありませんが、努力次第でどうにかなることもあります。

まず重要なのは「清潔感」です。

髪は美容院で定期的に整え、ファッションにも気を遣いましょう。

男性の場合は、「フツメン」になるかどうかは、髪形と肌次第!ほんのちょっとお手入れするだけで、にきびやひげ跡は防げますよ。

また、髪は自分で判断せず、雑誌や美容師さんの意見を素直に取り入れましょう。

女性の場合は、お化粧と言う味方があります!カラコンやまつ毛エクステなど、いろいろと「盛る」ことはできますが、できればナチュラルメイクを心がけたいもの。

付き合った後、すっぴんで振られてしまっては元も子もありません。

普段から美容関係の情報は敏感に取り入れていきましょう。

自分磨き

「よかったぁ、自分の顔面偏差値は普通だから大丈夫!」…それで止まっていては、まだまだ理想のお付き合いは遠いかも。

普通容姿であれば、たしかに誰かと付き合うことは出来るかもしれません。

しかし、自分の好きな人に、好きになってもらうためには、やはりもう少しの努力が必要です。

それは自分磨きです。

ファッションに気を遣ったり、髪型を気にしたりするのは、あくまで「身だしなみ」。

自分磨きとなると、外見はもちろん、内側もより充実させなくてはいけません。

相手が好みそうな趣味を習ったり、いろいろな知識を身につけたりしてみましょう。

エステやジムで外側を磨き、勉強や読書、映画鑑賞などで語彙や知識を充実させましょう。

友達とのコミュニケーションもすべて自分磨きの一環です。

歩き方、しぐさ、喋り方、どうやったら今以上に良くなるのかを考えて、努力していきましょう。

毎日の自分磨きの成果が、相手に伝われば、きっと恋の花が咲き出します。

アピール


日本人が一番苦手なもの、それはアピールです。

謙遜の文化が根付く日本では、あまり「自分はすごいよ!自分を見て!」といったタイプは嫌われてしまいます。

しかし、好きな人相手のアピールは、したもの勝ちです。

まずは貴方のよさを知ってもらわなければ始まりません。

相手好みの服を来たり、チラチラ目線を送るのもある意味アピールですが、やはり一番手っ取りはやいアピールは「言葉」です。

基本的には、就職の面接とおなじで「自分と付き合うことで、どのようなメリットが相手にあるのか」を伝えればいいでしょう。

たとえば、「私は料理が好きで、作ったご飯を誰かに食べてもらうと幸せなの」とか、

「自分は好きになると相手以外は見なくなるから、一途過ぎて人付き合いが悪くなる」などは、アピールポイントになりますね。

この人と恋人になったら楽しそうだな…気が合いそうだな…なんて相手が少しでも思えば、あなたのアピールは成功です!

より進んだ関係になれるはずですよ。

笑顔で接する


相手に好感を持ってもらう最大の手段と言えば、笑顔です。

笑顔がにあう人は、流行のお化粧やファッションをこなしている人よりも魅力的かもしれません。

顔が多少好みじゃなくても、笑顔がかわいければそれだけで高感度はぐっとアップします。

笑顔は容姿の七難を隠す上に、正確の良さまでアピールできます。

口下手なひとでも、ニコニコと優しく笑っているだけで、コミュニケーションが成立します。

自分に自身のない人ほど、「笑顔」という武器を最大限に活用すべきでしょう。

もちろん、四六時中笑顔でいればいいわけではありません。

相手と話すとき、嬉しそうににっこり笑ったり、ちょっと目が合った瞬間にほんのり笑いかけたり、ここぞというタイミングを見計らいましょう。

LINEをゲットする

相手に自分をアピールした後は、次の段階です。

やはり連絡先をゲットしないことには始まりませんよね。

今は携帯番号やメールアドレスを聞くなんてことは、ほとんどなくなりました。

LINEやTwitter、インスタを聞くのが主流になってきましたね。

なかでも気軽に相手とお話できるのはLINEでしょう。

女性から男性にLINEのIDを聞くのはすこし恥ずかしいかもしれませんが、それだけで貴方の思いをアピールできます。

彼女がいるとかではないかぎり、相手も嫌がったりもしないでしょう。

男性が女性のLINEを聞きだすのは、すこし難易度が上がりますね。

最初は警戒してしまうかもしれません。

そんなときは、共通の友人達とグループIDに入ることをおすすめします。

仲間の輪に入りながら、少しずつ相手の警戒をといていきましょう。

共通点を見つける

好きな人との共通点も、相手から好きになってもらう大事な要素です。

共通点が多ければ多いほど、話も盛り上がりますし、フィーリングが合うということなので好意も持たれやすいです。

共通点を見つけるときは、まずは家族構成や趣味などを聞いてみると良いでしょう。

お兄ちゃんがいる、地元が近いなどは大きな共通点になりますね。

好きな音楽、好きな本、好きなスポーツなど、興味を持って聞いてみましょう。

また、ミラーリング効果というものもあります。

相手のしぐさや口調、癖などをさりげなく真似をするというもの。

自分と似た行動をされると、人は無意識に親近感をもつようになります。

ただしこの場合、「さりげない」ことが重要です。

こっそりと相手を観察し、ここぞというときに共通の行動を取ってみましょう。

どうしても共通点が見つからない…というときは、相手が好きなものを、自分も好きになる努力をしましょう。

付き合っていくと、どうしても相手に合わせなくてはいけないことがでてきます。

相手との共通点を見つけるだけではなく、「作っていく」ということも、長いお付き合いには大事になっていくはずですよ。

ギャップを見せる

男女ともに、ふいに見せるギャップに惹かれてしまう…という人も多いでしょう。

クールなな人の笑顔が思った以上に優しかったり、チャラそうな人がスポーツを真剣にやってるところをみて、胸がキュンとなることもあります。

さらに「ゲインロス効果」というものも存在します。

これは心理学において、最初はマイナスの印象を与えて、そのあとプラスの印象を与えると、大きな好印象を与えられるというもの。

つまり、一定して「この人、良い人だなぁ」と思わせるよりも、「この人、ちょっと冷たいかも」と思わせておいて、その後優しい態度を取ったほうが、より好意をもってもらえるのです。

インパクトを与えるためには、最初はすこしツンツンしてみせてもよいですね。

服装もギャップを見せることが出来るポイントです。

普段はナチュラルな服を着ているのに、好きな人と二人きりのときだけクールに決めてみたり、ちょっと露出を増やしてみたり。

相手の好みを調べてから、ギャップを演出するとより効果的ですよ。

たくさん話しかける

これも心理学なのですが、「ザイオンス効果」というものがあります。

何度も顔を合わせる人に、好意を持つようになるという心理です。

これは、人に限らず物やキャラクターでもそうです。

始めは興味のなかったアーティストでも、何度も同じ曲を聴いているうちに自然と好きになっていたということはありませんか?

それと同じで、何度も顔を合わせていると、人は警戒を解き、少しずつ好意を持つようになります。

さらに同じ人に何度も話しかけられることで「このひとは、私に興味があるのね」と気づきます。

話しかけることで、相手のことをより深く知ることもできます。

また、貴方のことをさらに良く知ってもらえるチャンスです。

あまり長い時間、会話で拘束してしまうと嫌がられることもあるので、短い時間に自分の爪あとを残すように努力しましょう。

会話が苦手なら、挨拶だけでもいいのです。

毎日、笑顔で挨拶してくる人を嫌いだとは思わないでしょう?

逆に、毎日挨拶をしていけば、ある日それがなくなったとき「あれ…今日はあの人、お休みかな?」となんとなく気になる存在になっているかも。

励ましたり悩みを聞く

悩みの相談は、自己の深い部分を相手にさらけ出すことになります。

それは「貴方を信頼しています」という気持ちの現れです。

悩みを語り合い、お互いに自己開示をしていくことで、親近感や愛情を高めることができます。

好きな人が何かなやんでいるようであれば、率先して聞いてあげましょう。

何か解決策を示さなくても、ただ話を聞くだけで二人の仲は深まるはずです。

「自分は貴方の味方だよ」といつも励ましてあげれば、貴方を信頼し、尊敬するようになりますよ。

それが恋愛感情につながっていく可能性は大です。

あまり褒められたテクニックではありませんが、恋愛関係の悩みを聞いてくれた人を、次に好きになると言うことはありがちです。

付き合いたい相手が、今の彼や彼女のことで悩んでいるのなら、下心は見せず、誠実に話を聞いてあげましょう。

次の恋の相手が貴方になるかもしれません。

いまよりもっと仲良くなる

相手と付き合うことを望むなら、当たり前ですが仲良くなることは不可欠です。

いくら容姿が好みでも、全く知らない人と付き合おうと言う人はあまりいませんよね。

仲良くなるためには、まずは顔を合わせる場を作っていくことが大事です。

共通の友人がいるのであれば、飲み会や遊びの場に誘ってもらいましょう。

バイト先であれば、シフトをなるべくかぶらせます。

仕事仲間であれば、ランチなどを誘ってみても良いですね。

いきなり距離を詰めるとびっくりしてしまうかもしれないので、少しずつ仲良くなっていきましょう。

理想は、毎日LINEをしたり、お互いの悪いところを笑って言い合えるぐらいの仲です。

そこまでいけば、付き合うまではあともう一歩でしょう。

付き合うまでの最後の一歩

好きな人と仲良くなれたら、さらに踏み込んだ行動をしてみましょう。

今回紹介する流れは定番ですが、定番だからこそ成功率は高いと言えます。

あまり奇はてらわず、素直な気持ちでお付き合いまでは進めましょう。

デートに行く

最近では、付き合ってからのデートというパターンは少ないですね。

恋人になるまでに、数回はデートをして、お互いのことを知るのが定番です。

デートはできれば男性から誘ってあげましょう。

女性はさりげなく開いている日を伝えましょう。

まだ会話がすすまないときは、遊園地など、待ち時間がながいデートは向きません。

映画や食事など、会話がなくても間が持つようなデートを選びましょう。

大人であればお酒の席も良いですね。

相手の好みやアレルギーはきちんと調べて、お互いに楽しいデートになるように心がけましょう。

好意のチェック

デートを数回重ねたら、相手の好意が分かってくると思います。

少なくとも、数回デートをしている時点で「全く気がない」ということはないでしょう。

一回のデートで相手から連絡が途絶えたときは諦めたほうがよいかもしれません。

デートの最中は、相手の視線や距離に注目してみましょう。

あまり目が合わず、いつも自分とは違う方向を見ている場合、あまりこのデートに乗り気ではないのかも。

逆に、貴方のほうを良く見ていて、距離も近いようなら脈があると考えて良いでしょう。

体の向きがいつもあなたのほうにあれば、好意の表れといわれています。

態度だけではなく、言葉でも好意は読み取れます。

まず「私はね」「俺はさ」などの一人称を良く使っている場合、自分のことをあなたに多く伝えたいという意思があります。

それはひとつの好意ですよね。

また、「あなた」「きみ」という呼び方ではなく、きちんと名前て呼んでくれる場合も、好意的といえるでしょう。

告白の言葉

相手の好意が伝わってきたら、いよいよ告白のときです。

LINEや電話より、直接会って伝えたほうが良いでしょう。

相手の目と表情を見て、素直な気持ちをぶつけましょう!

プロポーズとは違うので、告白の言葉は大げさではなく、素朴なものがおすすめです。

「大好きです。付き合ってください」などがシンプルですがベストです。

相手が戸惑っているようなら、どういうところが好きなのか、どうして付き合いたいと思ったのかなども伝えてみましょう。

付き合うの確認

告白すれば、二人は恋人同士に!これでお付き合いが始まります。

しかし、告白の結果が「友達から始めましょう」というものだったら、それは付き合っている状態なのかそうではないのか微妙なところ。

ある程度関係が進んだら、もう一度相手に「私たちって付き合ってるよね?」と確認してみても良いですね。

どのような付き合い方をするのかは、お互いに確認しておくべきでしょう。

たとえば、たとえば、デートはどのくらいしたいのか、体の関係はあるのかないのか。

言葉にしなくても伝わる部分もありますが、互いの思いがすれ違うことも大いにあります。

年齢がある程度進んでいるのなら、結婚を前提にした付き合いなのかどうかも気になるところです。

晴れて付き合うことに!その後必要なものは?

気持ちが通じ合って恋人同士になれた!これはとてもラッキーでハッピーなことです。

自分の好きな人が、自分を好きという奇跡がやってきてくれたのです。

しかし、お付き合いと言うのは、なんの努力も無しに続いていくものではありません。

大事な人をあっさりと奪われないよう、今出来ることから始めてみましょう。

思いやり

友達でも夫婦でも、そしてカップルでも一番大事なのは思いやりです。

相手を思いやる心は、愛情となって結びつきをつよくします。

とくに、下心がなくなってきてからの思いやりは重要です。

打算なしで、どれだけ相手のことを思えるかが試されます。

たとえば、相手が病気のときは、欲しいものが無いかを聞いたり、時間を作って看病してあげる。

弱っているときの思いやりはことさら嬉しく思うものです。

元気がない時に、好物を作ってあげたり、励ましの手紙を書いてあげたり。

ちょっとした思いやりの積み重ねが素敵なお付き合いの軌跡となります。

気遣い


気遣いが出来る人たちは、幸せな恋人同士になっています。

たとえば、相手の体調が悪いことをすぐに見抜いてあげたり、仕事や勉強を頑張っているときに、邪魔をせずこっそり応援してくれたり。

気遣いとは、相手にどれだけ負担をかけずに愛情をかけられるかといって良いでしょう。

男性であれば、重いものをもってあげたり、車道側を歩いてあげるのが気遣いですね。

女性らしい気遣いは、手がぬれた時にハンカチを渡してあげたり、男性をたてて一歩引いた態度をとったりがあるでしょう。

さりげなく、細やかな気遣いは恋人だけではなく社会や家庭でも役に立ちます。

どういった気遣いが嬉しいか考えて、実践してみましょう。

優しさ

優しさは、人間として生きていくうえで、絶対に大切なものです。

優しさがあふれる関係こそ、長く付き合える条件と言えるでしょう。

しかし、何を優しさと言うのかは、人によって違うもの。

たとえば、彼や彼女のワガママを何でもかなえてあげるのは、優しいとは言えないでしょう。

ときには叱ったり、怒ったりするのも一つの優しさです。

また、誰にでも優しいのは美徳ですが、あまりに過ぎると八方美人に見えてしまいます。

たまには、恋人にだけ見せる優しさというものも取っておきましょう。

やはり特別扱いは嬉しいものですよ。

褒め言葉

慣れてくるとおろそかにしがちですが、相手を褒める言葉はとても大事です。

髪型やお化粧、服装など、デートのたびに褒めてあげましょう。

大げさな言葉じゃなくてもOK。

「今日の髪型いいね」「その服の色好きー」など、ちょっとした言葉が相手をうきうきさせます。

また、見た目だけではなく、行動に対しても褒めましょう。

「いつも美味しいお店を見つけてくれてすごいね」など、相手の尊敬すべきところはどんどん声に出して褒めてあげれば、

相手への愛情が冷めずに保たれますよ。

素直な気持ち

自分の気持ちを隠さずに、素直に相手に伝えることもときには大切です。

とくに「ありがとう」や「ごめんなさい」は、どんどん言っていきましょう。

言われて嫌な人はいませんし、ちょっとした親切をまた相手にしてあげたいと想うようになります。

小さな怒りもためずに伝えてみましょう。

我慢して時を過ごすと、いざケンカになったときこじれてしまうもの。

自分がイヤだと思ったことや、無理と思ったことは、できるだけ隠さず正直に伝えてみてはいかがでしょうか。

それで言い合いになってしまうことはあるでしょうが、一緒に歩み寄り、解決できる道を探してみましょう。

小さなほころびを二人で協力して繕っていくことが、長い付き合いの基本です。

まったくすれ違わない、ケンカをしない、嘘をつかない恋人同士というのは理想ですが、現実的ではありません。

自分の素直な気持ちを隠さずに伝える努力をすれば、ケンカも減り、側にいるだけで心地よい存在になれるでしょう。

包容力

男女どちらにもいえるのは、包容力のある人を求めていると言うことです。

男性は女性に母性を求めますし、女性は男性に男らしい懐の深さを求めます。

自分のわがままを包み込み、許し、愛情にあふれた言葉をかけてもらいたいのです。

しかし、大事なのは、求めてばかりでは駄目だと言うこと。

自分も相手を広い心で包み込んであげようと努力しなくてはいけません。

包容力を代表するのがハグです。

悲しいとき、嬉しいとき、相手をギュッと抱きしめることで、心も体も包み込むことが出来ます。

サプライズ

ちょっとしたサプライズは、停滞期のカップルにはよい刺激になります。

誕生日や記念日など、あまり祝わない人はサプライズを検討してみましょう。

豪華なプレゼントを渡さなくても、行きたがっていたお店や、小さな花束ぐらいで十分喜ぶはずです。

ただし、サプライズが苦手な人もなかにはいます。

お店でハッピバースディを歌われるのが耐えられない!といって、サプライズがきっかけて別れた例も。

サプライズを実行するときは相手の好みをしっかり熟知してから、さりげなくスマートに行いましょう。

理解力

理解力は、円滑なコミュニケーションには欠かせません。

恋人同士といっても所詮は他人です。

環境も考え方も違うなか、どれだけ相手の行動や言葉に理解を示せるかは、重要となるでしょう。

けんかの原因の多くは、相手への理解が足らないことから生まれます。

男性は女性の感情的な話にうんざりし、女性は男性の理屈っぽい言い訳にいらいらします。

後から考えると、なんであんなくだらないことでケンカしちゃったんだろう…と後悔することも多いのです。

恋人はお互いに甘えているゆえに「察してちゃん」であることもしばしば。

言葉の裏の真意に気づいて、おおらかな心で理解する必要があります。

しかし理解力は相手を十分に知って、初めて手に入れることが出来るもの。

恋人と同じときを過ごし、たくさん会話をすることで、少しずつ理解力を身につけていくことができるはずです。

一を聞いて十を知るようなカップルが理想ですね。

許すこと

ときには、相手も許すことも付き合いを続けていくなかで必要になってきます。

これは、一番難しいことです。

小さなことだと、癖や習慣、大きなことだと浮気。

長く付き合っている人たちをみると、愛情で相手を包み、許すことができる人が多いと感じます。

もちろん、「コレだけは許せない!」といったものは人それぞれあるでしょう。

しかし、ちょっとしたケンカやすれ違いで、相手を許せなくなって、別れてしまう…というのはよくあることです。

そんなとき、一つだけ考えてみてください。

「今、自分が相手を許せば、二人の仲は続くかもしれない。それほどの愛情がまだ相手に残っている?」と、自問してみましょう。

相手を許す気持ちがまだ残っているならば、それは愛している証拠です。

逆に、小さなことでも許せないようであれば、心は離れてしまっているかもしれません。

程よい距離感

いくら好きな人相手でも、つねにゼロ距離でいるのはおすすめしません。

過剰な執着は、束縛になってしまいます。

「今何しているの?」「昨日は何していたの?」などをやたらに聞いたり、友達と遊ぶ時間を制限したりするのは、相手の気持ちが離れていく原因になってしまいます。

友達よりは近く、それでも互いのプライベートは尊重する、程よい距離感が長いお付き合いには大事になります。

束縛されると最初は嬉しいですが、段々と鬱陶しく思っていくものです。

相手には相手の考えがあり、自由な時間があると言うことを忘れないようにしましょう。

かといって、距離が離れすぎているのも問題です。

たとえば、恋人が異性と二人で遊んでいても全く気にしなかったり、月に一度も会おうとしないのは、遠すぎる距離感と言って良いでしょう。

二人の性格もありますが、お互いにちょうどよいペースを歩み寄って探してみましょう。

いつまでもたっぷりの愛情表現

付き合ったら、「好き」という言葉を言わなくなった…とくに男性にはありがちな行動です。

しかし、付き合っているからこそ、愛情表現というのは大事なのです。

言葉や行動で示されないと、自分はまだ愛されているのか、二人の仲は遠くなっていないのか、いつも不安なものです。

「愛してる」「大好きだよ」といった言葉は、惜しみなく使っていきましょう。

愛情をたやさないための魔法の言葉です。

また、キスやハグなども、できるだけ毎日したほうがいいですね。

物理的に会えないのであれば、一日分の「好き」をメールやLINEで伝えましょう。

プレゼントも大事です。

高価なものである必要はありませんが、記念日や相手に感謝を伝えたいときは、好きな食べ物を買ってあげたり、小さな贈り物を用意しましょう。

物につまった思いごと、相手は受け止めて大切にしてくれますよ。

付き合うために、付き合いを続けていくために

付き合うためには、まず相手を良く知り、関係を深めることです。

お互いを何も知らない段階で告白しても、あまりうまくはいきません。

笑顔や挨拶を繰り返すことで、相手の好意を確認できるぐらいになれば、お付き合いにつながります。

いつまでもラブラブなカップルをみると「うらやましいなぁ」と思いますよね。

しかし、それは互いのたゆまぬ努力の結晶なのです。

相手のことを常に想い、態度や言葉を惜しまず与えるのは、付き合いを続けていくためには欠かせないことです。

「付き合っているから」といってあぐらをかかず、いつまでも付き合い始めのような新鮮な気持ちで、相手に接していきましょう。

あふれそうな愛情をもって接することで、相手もたっぷりの愛情を返してくれますよ。

【付き合いたいならこちらの記事もチェックして参考に!】