生きるために仕事をするのは当たり前。

でも、会社側に奴隷のように働かされるのを好む人っていませんよね?
でも現実問題、わたしたちが生きているこの日本では、会社に自分の人生をコントロール
されてしまっている「社畜」と呼ばれる人たちがいるんですよね。

今回は、そんな「社畜」になってしまいやすい人たちの特徴を調べてみました。

あなたや周りの人は本当に大丈夫か、チェックしてみてください!

️現代社会で問題な社畜

最近では、残業時間の規制が国によって改正されたりしましたが、それにしても現代の日本では余裕をもって会社で働いている人がどのくらいいるんでしょう??
実際のところ国の法律が変わったところで、社畜になっている人たちが減っているのか、ということはよくわかりません。

ところで、「社畜」ってよく言いますが、どんな意味なのでしょう?
「社畜」とは、会社に勤めている人が会社から飼いならされてしまい、自分の意思に反して奴隷のように働かされている人たちのことを指しています。

「会社」と「家畜」が合体した造語です。

英語圏では同じような意味として、「賃金奴隷」を意味する「wage slave」という言葉があるそうです。

よく日本人は働くために生きている、なんて言われますが、そのような「会社人間」以上に深刻で、会社の奴隷のように働らかされているということが現代社会の中でも大きな問題となっています。

サラリーマンやOLたちが、会社という機械の中に組み込まれた歯車のように、自分の意思や良心を持たせてもらうことすら許されない現実がそこにはあります。

当然、奴隷のように働かされている人たちは、疲労とストレスが蓄積し、日常生活のすべてが会社によって侵略されています。

自分のプライベートを楽しむ余裕さえ奪われてしまっているのです。

そして、もっと悪いことに精神的に追い込まれて、病気になってしまったり、最悪自分で命を絶つまでになってしまった人たちもいますね。

このことを懸念して、いろいろと社員を守ろうとする団体の働きもありますが、現実問題、一度「社畜」になってしまったら、そこから抜け出すのは簡単ではないようです。

なお悪いことに、ブラック企業の中では「社畜」がまともな社員であり、一般的な思考を持つ社員のほうが異端児とみられる傾向にもあるようです。

そのような環境の中では、通常の感覚をもって働きたいと思っていた人たちも知らず知らずに「社畜」として育成されてしまい、自分たちがしていることは「当たり前」だと感じさせられているのです。

もしかしたら、あなたの周りにも「社畜」になってしまっている人たちがいるかもしれません。

でも、自分の人生を会社に支配されて終わる・・・なんて嫌ですよね!
自分の人生はできるだけ自分でコントロールしたいものです。

では、どんな人たちが「社畜」となってしまうのでしょうか??
そこを見極めて、しっかりと自分の生活を仕事とプライベートの間でバランスをとれるような人になりましょう!!

️社畜な人の26の特徴!


「社畜」な人っていうのは、いったいどんな人たちなのでしょうか?
もしかしたら、あなたも自分が気づいていないうちに「社畜」になってしまっているかもしれません。

では、「社畜」な人の特徴を26個チェックしていきましょう。

超がつくほどの真面目

とにかく真面目な人ほど、会社の奴隷になってしまいがちです。

上司から言われたことを、100%受け止め、できる以上のことを頼まれても、それに対して異議を申し立てるより先に、「やらなきゃ!」と自分を追い込んでしまうタイプです。

普通に真面目な人、というより、”超”真面目な人なので、上から言われたことに対してまったく反抗しないわけです。

ただただそれに向かって自分を犠牲にしてまで取り組みます。

真面目なことは素晴らしいことですよね。

やはり会社側としても、真面目でしっかりと自分の仕事を果たしてくれる人を採用したいと思うものです。

でも、ブラック企業などはその人の限界を超えてまで要求してきます。

無理なことも平気で要求し、”人”としての限界なんてお構いなし。

会社としてその人を使えるだけ使うわけです。

でも、そんな企業に対してもそれを「ブラックだ!」「人権侵害だ!」という声を出さずに、ただただ従うという超真面目な人が社畜になってしまうわけです。

責任感が強い

さらに、責任感が強い人も社畜になりやすい人でしょう。

頼まれたことを最後までやる、これは社会人として当たり前のことですが、自分の限界を超えていることに関しては、無理だということを上司や周りに伝える必要があります。

しかし、責任感の強い人は限界を超えていることも「自分が全部やらなくては!」という思いから、毎日深夜まで残業をつづけ、まったく休息も取れない状態で働き続けます。

会社や上司からのOKがでるまで、自分を犠牲にして働き続けなくては、と思うわけです。

自分に与えられた仕事がどんなに無理な要求だとしてもです。

一般の感覚を持っているひとであれば、それに対して疑問を持つことができますが、責任感が強く「とにかくやらなければ!」という思いが強い人は、おかしいなと思いつつも、自分の持つ時間や労力をつぎ込んでいくわけです。

変化を恐れる

(転職をしないから)

仕事内容とか、社畜ぶりを聞いていて、「そんなブラックな企業ならさっさと転職してしまえばいいのに!」と周りは思うことがあります。

でもある人たちは、一度「ここで働く」と決めたら、ほかのもっといい居場所があることに目を向けられないというタイプの人もいます。

また新しいところで仕事をする、そこで新たに自分の居場所を築いていく、ということを恐れるのです。

つまり変化を恐れるタイプです。

そうなると、どんなにブラックだと自分でもわかっていても、そこから抜け出す気持ちや勇気ができなくて、結局会社側にとって都合のいい「社畜」と化してしまうわけです。

それに、一度社畜になってしまっている人は、心もおられているので、新しい環境に身を置くことに対する勇気や気力をなくしている場合も多く、転職ができない、ということもあります。

人の目を気にする

(内部告発を恐れるから)

人と違っていることに対して恐怖を感じたり、人の目をいつも気にしているタイプも、会社としては使いやすいといえるでしょう。

つまり、会社の暗黙のルールに対して疑問や意見を差しはさめないタイプです。

そうなると、会社として「社畜」が当たり前という風潮に逆らえるはずもなく、どんなに厳しい環境に置かれていても、文句を言うことができません。

内部告発なんかされて、自分の居場所がなくなるくらいなら、死ぬほどでもそのままあたらいているほうがいいと判断するわけです。

周りの目を気にしているなら、周りと同一化するほかありません。

だから、周りの空気に逆らえないし、「おかしいな」と思ってもそれを口にすることができずに、結局、奴隷のように働くわけです。

褒められて伸びるタイプ

褒められると、「もっと頑張ろう!」って思う人も会社側の思惑通りの社畜になりやすい人でしょう。

どんなに無理をして、どんなに体も心もボロボロになるまで働いたとしても「よくやった」という上司や会社のひとことで、また頑張っちゃう、という人は会社から扱いやすい人でしょう。

会社は、「この人は褒めとけばなんでもやる」ということをすぐに察知しますから、表向きは「信頼しているよ」とか「君だから頼みたいんだ」という、喜ばせる一言でその気にさせ、裏では奴隷として会社のためにすべてを捧げさせているわけです。

もちろん、褒められると誰だってやる気が出るし、自分の努力が報われた、と感じて達成感を覚えます。

でもそこに付け込まれて、もっともっともっと会社のために働け!という会社の言いなりになってしまうなら、社畜と化してしまうでしょう。

見栄っ張り

(寝てない自慢など)

「今日も2時間しか睡眠がとれなかった」ということを、なんだか自分の勲章のように自慢してくる人もいますよね。

自分がどれだけ働いているのか、ということに誇りを持っているわけです。

そうゆう人も、社畜になりやすいです。

馬鹿みたいに働いている自分が、じつは「すごい」と思っていて、そこをみんなに評価してもらえるポイントだと思っているのです。

だから、見栄っ張りで「全然寝ていない」アピールをしてくるタイプは、会社側としてもうまく利用すれば、奴隷にできるタイプなのかもしれません。

忙しさが善

日本の企業の中には、なぜか「忙しさが善」みたいな風潮がありますよね。

「とにかく忙しく、とにかく長時間働くのが偉い」みたいな。

そうなると、会社のために奴隷のように忙しく働くことに、どこか誇りを持っている問ことになります。