CoCoSiA(ココシア)

飼育員になるには?飼育員に向いている人の25個の特徴


飼育員になるためには、毎日接する生き物たちとの間に信頼関係を築くことのできる、「人間性」を持ち合わせていることが求められます。

飼育員の仕事は、様々な個性を持つ生き物と毎日“向き合い”、信頼関係を築く仕事です。

あなたの個性と動物の個性が1対1で、“向き合う”ことになります。

また、飼育員の仕事には野生動物の世話をする動物園、お魚の世話をする水族館など色々な分野があります。

いずれの分野にも共通することは、生き物を扱いますので、1年365日、休むことなく健康管理などの世話を続けなければなりません。

仕事の環境は、餌の用意や排泄物の清掃、水の交換など、体力を使う重労働が多いです。

また、夜行性の動物の習性によっては、勤務時間が深夜だったり早朝だったりします。

変則的な勤務時間や重労働の仕事が多いですので、飼育員を続けていくためには、生き物好きであることが大切な前提条件になります。

飼育員の仕事は、多くの生き物の生態や習性に合わせて、勤務時間が不規則になることがあります。

ですから、生き物への愛着と興味を寄せていなければ務まらない仕事と言えます。

また、飼育員は仕事上、扱う生き物の生態や習性に関する知識を、身に付けていなければなりません。

動物園で飼育する動物や水族館で飼育するお魚の多くは、海外から輸入されてくることが多いです。

また一方では、野生動物保護の世界的な動きに合わせて、輸入に頼らずに園内や館内で繁殖・出産させるケースが増えてきています。

このため、出産に立ち会うための専門的な知識も必要になります。

飼育員の仕事は、生き物に関わる様々な知識と体力が求められます。

飼育員の仕事とは?

飼育員の仕事の内容は、扱う生き物の生態や習性によって様々なケースがあります。

動物園では、モルモットなどの小動物から、大きな体をしたゾウなどの世話をします。

また、ライオンやトラなど気を抜けない危険な動物の世話もしますので、ケガをしないための細心の注意が必要になります。

一方、水族館であれば、海水で生息するマグロや、淡水で生息するイワナなど色々なお魚の生態に合わせた水質や水温などの生息環境を維持していかなければなりません。

様々な生き物が生息し易い環境を日々保つためには、重労働の仕事の場面が多いです。

また、水族館のイルカのショーなどのアトラクションに向けた訓練を重ねる仕事もあります。

飼育員がお世話をする生き物たちの多くは、海外から輸入されてくるケースが多いです。

しかし、動物保護の世界の流れのため、輸入が難しくなってきていますので、繁殖させる取り組みが求められています。

ですから、動物が繁殖し易い生活環境や健康管理のための専門的な知識を身に付けなければなりません。

また、動物園には、多くの家族連れなどが来園しますので、お客様に喜んでいただくサービス精神の振る舞いが求められます。

このように、飼育員は生き物の世話ばかりではなく、お客様相手のサービス面のノウハウなど幅広いスキルが求められる仕事と言えます。

飼育員になるには?


飼育員になるためには、勤める動物園や水族館、サファリパークなどの運営環境によって、色々な職場環境があります。

採用条件も、高校卒、専門学校卒、大学卒などいくつかあります。

動物園や水族館の中には、地方の自治体が運営するケースがあります。

この場合は、公務員採用試験を受けなければなりません。

資格面では、飼育員になるために求められる必須の資格はありません。

しかし、獣医師の免許を取得していると採用面で優遇されることが多いです。

飼育員を目指した就職活動を有利に進めるためには、動物関係の専門学校で知識や技術を修得する方法があります。

飼育員の仕事の分野は、動物園や水族館など様々ですが、共通することは、“生き物好き”であることです。

生き物を相手にしますので、毎日のエサの用意や排せつ物の清掃など、重労働の面が多いです。

また、季節の変わり目などには、動物の予期しない行動により、危険を感じることもあります。

このように飼育員の仕事には厳しい面がありますので、“生き物好き”の気持ちを大切にして、乗り越えていかねばなりません。

動物は、人間のような裏切り行為はしません。

ですから、動物に愛情を込めてお世話することで、信頼関係が築かれて、“裏切らない”行為で応えてくれるようになります。

動物との心の通い合いを感じる瞬間が、飼育員の仕事にヤリガイを感じるひと時です。

飼育員に向いている人の特徴まとめ

飼育員に向いている人は、一言で言えば“動物好き”であることです。

毎日接する動物とコミュニケーションをとる手段は、“愛情をかける”ことに尽きます。

お世話をする動物とは、言葉でコミュニケーションをとることができません。

動物は言葉が通じませんが、お世話する人の心を感じ取る、鋭い感受性を持っています。

動物のお世話をするためには、動物から信頼される人にならなければ受け入れてもらえません。

つまり、毎日接する動物との間に信頼関係が築かれていなければ、飼育員がお世話する行為を受け入れてくれないのです。