CoCoSiA(ココシア)

取り戻すにはどうする?失った信頼を取り戻すための25個の方法


人間関係の中で、時に信頼をなくしてしまうようなこともあるのではないでしょうか。

現在そのようなことで悩んでいる人もいるかもしれませんね。

今回は、信頼を取り戻すためにどのようにしたらよいのかについて取り上げていきます。

信頼を取り戻すために

信頼を勝ち得ていくのは簡単ではありませんが、信頼をなくすのは本当に一瞬です。

せっかく積み立ててきたものがあっても、ついうっかりの出来心だったり、大きな過失を犯してしまうことで、信頼が一気に崩れてしまうことがあります。

そのようなときは、誠意を持って取り組むことも求められます。

では、失った信頼の取り戻し方について見ていきましょう。

失った信頼を取り戻すための方法25選

信頼を失うという経験をしたことがない人も多いかもしれません。

人は、誠実にやってきたけれど何らかの過失によって信頼を失ってしまったという状態になってしまうケースもあります。

そして信頼を失ったときの取り戻し方について相談してみても、「それはあなたが悪いのでは?」となってしまうことも珍しくありません。

だからこそ信頼を失ったときに、どのように信頼回復していったらいいのか悩んでしまうこともあるでしょう。

このような事態にはならないのが1番ですが、過失によってそのような状態になってしまうこともあります。

では、信頼を取り戻すにはどうしたら良いのかについて見ていきましょう。

1.素直に謝罪する


まず1番にするべきことは謝罪をすることです。

言い分があるかもしれませんが、まず第一に謝罪するということが大切です。

事の大きさによっては、謝罪を受け入れてもらえないこともあるかもしれません。

しかし、謝罪をしようという気持ちを表すことが非常に重要です。

そして、基本的に相手に何を言われても言い訳をしないようにしましょう。

言い訳をすることで、怒りにまた火を注いでしまう可能性もあります。

もし仮に何か誤解をしているようなことがありそうだとしたら、一通り謝罪と相手の不満などをしっかりと聞いた上で落ち着いたところで話をするようにしましょう。

直接伝える

できれば直接会ってきちんと謝罪をするということが誠意のある対応になります。

信頼を失ったとしても、まだそこまで大きな過失ではない場合は直接会っての謝罪を聞いてくれる可能性があります。

したがって、できれば謝罪の際は直接伝えるようにしましょう。

ただその信頼を失ったときの過失が大きいということであれば、相手に会うことを拒否される場合があります。

例えばですが、交通事故により大きな損害を被った場合だと、顔も見たくないと言われる可能性があります。

このような時は無理に会う方法を取らなくても、手紙などで誠心誠意謝罪するのがいいでしょう。

電話やメールで伝える

先ほども触れたように、なるべく会って謝罪をした方が良いのは言うまでもありません。

しかしながら、顔も見たくないと謝罪を拒否されるケースもあります。

なんとしても会って謝りたい気持ちになるかもしれませんが、無理をしてはいけません。

このような時は手紙が1番ですが、電話やメール等で謝罪をする方法もあります。

しかしながら、事の大きさによってはメールなどは軽く見られる可能性があります。

しかし時の流れによって、メール等の謝罪も問題ないと受け取られられる傾向にあります。

電話があまり普及していなかった頃は、電話なんてもってのほか、会って言うのが1番だと考えられていました。

しかし、今や電話は必要なツールの1つとなり、メール等も普及してきています。

メールが普及されて間がないころに、メールでの欠勤連絡についての是非が問われたところがあります。

今は電話での欠勤連絡というと問題が無いように思われがちですが、メールは失礼だというような意見もなされたところがあります。

今現在で言うとLINEがそのような位置づけなのではないかと思います。

したがってメールやLINEだと、軽いと感じさせるところがあります。

世代によって違うのかもしれませんが、どちらかと言うとメールもまだまだ手軽に済ませようとしていると思われる一面があります。

できれば直接会って謝罪というのが第一優先で、その次に電話、その次に手紙、最終手段としてメールとしておいた方が良いでしょう。

年代によっては、メールでの謝罪は失礼だと感じる人もいます。

2.反省する

その上でなぜそのような過失が起きてしまったかを考えるようにしましょう。

例えば会社で重要な鍵をなくしてしまったことがあったとしましょう。