人間関係の中で、時に信頼をなくしてしまうようなこともあるのではないでしょうか。

現在そのようなことで悩んでいる人もいるかもしれませんね。

今回は、信頼を取り戻すためにどのようにしたらよいのかについて取り上げていきます。

信頼を取り戻すために

信頼を勝ち得ていくのは簡単ではありませんが、信頼をなくすのは本当に一瞬です。

せっかく積み立ててきたものがあっても、ついうっかりの出来心だったり、大きな過失を犯してしまうことで、信頼が一気に崩れてしまうことがあります。

そのようなときは、誠意を持って取り組むことも求められます。

では、失った信頼の取り戻し方について見ていきましょう。

失った信頼を取り戻すための方法25選。是非参考にしてみて!

信頼を失うという経験をしたことがない人も多いかもしれません。

人は、誠実にやってきたけれど何らかの過失によって信頼を失ってしまったという状態になってしまうケースもあります。

そして信頼を失ったときの取り戻し方について相談してみても、「それはあなたが悪いのでは?」となってしまうことも珍しくありません。

だからこそ信頼を失ったときに、どのように信頼回復していったらいいのか悩んでしまうこともあるでしょう。

このような事態にはならないのが1番ですが、過失によってそのような状態になってしまうこともあります。

では、信頼を取り戻すにはどうしたら良いのかについて見ていきましょう。

1.素直に謝罪する


まず1番にするべきことは謝罪をすることです。

言い分があるかもしれませんが、まず第一に謝罪するということが大切です。

事の大きさによっては、謝罪を受け入れてもらえないこともあるかもしれません。

しかし、謝罪をしようという気持ちを表すことが非常に重要です。

そして、基本的に相手に何を言われても言い訳をしないようにしましょう。

言い訳をすることで、怒りにまた火を注いでしまう可能性もあります。

もし仮に何か誤解をしているようなことがありそうだとしたら、一通り謝罪と相手の不満などをしっかりと聞いた上で落ち着いたところで話をするようにしましょう。

直接伝える

できれば直接会ってきちんと謝罪をするということが誠意のある対応になります。

信頼を失ったとしても、まだそこまで大きな過失ではない場合は直接会っての謝罪を聞いてくれる可能性があります。

したがって、できれば謝罪の際は直接伝えるようにしましょう。

ただその信頼を失ったときの過失が大きいということであれば、相手に会うことを拒否される場合があります。

例えばですが、交通事故により大きな損害を被った場合だと、顔も見たくないと言われる可能性があります。

このような時は無理に会う方法を取らなくても、手紙などで誠心誠意謝罪するのがいいでしょう。

電話やメールで伝える

先ほども触れたように、なるべく会って謝罪をした方が良いのは言うまでもありません。

しかしながら、顔も見たくないと謝罪を拒否されるケースもあります。

なんとしても会って謝りたい気持ちになるかもしれませんが、無理をしてはいけません。

このような時は手紙が1番ですが、電話やメール等で謝罪をする方法もあります。

しかしながら、事の大きさによってはメールなどは軽く見られる可能性があります。

しかし時の流れによって、メール等の謝罪も問題ないと受け取られられる傾向にあります。

電話があまり普及していなかった頃は、電話なんてもってのほか、会って言うのが1番だと考えられていました。

しかし、今や電話は必要なツールの1つとなり、メール等も普及してきています。

メールが普及されて間がないころに、メールでの欠勤連絡についての是非が問われたところがあります。

今は電話での欠勤連絡というと問題が無いように思われがちですが、メールは失礼だというような意見もなされたところがあります。

今現在で言うとLINEがそのような位置づけなのではないかと思います。

したがってメールやLINEだと、軽いと感じさせるところがあります。

世代によって違うのかもしれませんが、どちらかと言うとメールもまだまだ手軽に済ませようとしていると思われる一面があります。

できれば直接会って謝罪というのが第一優先で、その次に電話、その次に手紙、最終手段としてメールとしておいた方が良いでしょう。

年代によっては、メールでの謝罪は失礼だと感じる人もいます。

2.反省する

その上でなぜそのような過失が起きてしまったかを考えるようにしましょう。

例えば会社で重要な鍵をなくしてしまったことがあったとしましょう。

企業では金庫の鍵など重要な鍵は色々とあります。

それをなくすと始末書を書くような事態になるケースも非常に多いです。

もし鍵をなくしてしまったら、今後鍵をなくさないためにどうしたら良いのかというの考える必要があります。

例えば最近は使用範囲が決まっているものの、音が鳴るようになっていて、手元のボタンを押すと音が鳴るというような感じになっているものもあります。

もしくは置き場所をあらかじめ決めておくと確実ですね。

このように対策は色々とあります。

対策を講じるためにはまずは反省することが大切です。

3.同じ失敗をしないようにする


先程の対策と内容が被るところがありますが、同じ失敗をしないようにしましょう。

同じ失敗をすると、本当にこの人はやる気があるのかと思われてしまうこともあります。

中には1つのことに注意をしていたらもう1つのことを忘れ、結果的に同じ失敗をしてしまうこともあります。

いろいろな人の仕事に関する悩み相談について見たことがありますが、このような仕事の悩みを持っているのは、いわゆるホワイトカラーのようなタイプの人も多いです。

例えば事務職であったり、ITの開発であったりというようなことです。

もちろん一概には言えず、調理師や介護士などの仕事においても同じような悩みを持っている方もいます。

いろいろな仕事があるので、一概には言えませんが基本的にこのような仕事はマルチタスクの一面が求められます。

もしどうしてもうまくいかないのであれば、転職を視野に入れても良いかもしれません。

その前に人に相談することも非常に有効な手ですが、問題なくそれができる人は、ただ不真面目だからそのようになっていると思われている一面があります。

だからこそ「臨機応変に」とか「ちゃんと考えて」と言われたり、抽象的な指導が増えてくる一面があります。

それだと対処できない人は、もしかしたらその仕事に不向きである可能性もあります。

人にはそれぞれ得手不得手があります。

そのような場合は転職を考えるのもありだと思います。

4.誠実になる

何でも誠実であるという事は人間として非常に大切なことです。

口ばかりということになると、非常に信頼を失いやすい状態となります。

したがって、出来もしない事は約束しないと誠実に取り組むことが非常に大切です。

5.約束を守る

約束を守る事は大事になります。

何事においても約束は重要です。

友達との待ち合わせにしても、時間に間に合うように行動するべきです。

仕事面になればそれは顕著に現れます。

例えば、時間が決まっているのであれば、必ずその時間の前に会社に到着するようにするべきです。

その上で掃除をしたり、仕事の準備をしたりとやるべき事はたくさんあります。

そして、クライアントの方や、取引先の方との待ち合わせ等の時間を守るということも非常に重要です。

また仕事の納期等についても守らなければいけません。

このように約束事を守るというのは非常に重要なのです。

6.相手に取り戻せる方法を聞いて実践する

相手の方が、問題点を提示してくれて、直してほしいと言っているということであれば聞いてから実践をするということも1つの手です。

ただこちらも相手によりけりですので一概には言えません。

中には理不尽な要求をしてくるような人もいるかもしれません。

巷では、カスタマーハラスメントというような言葉も有名です。

客という立場を利用して、店員の方やサービスを提供する方に無理難題を押し付けるような人もいます。

このような人はクレームを言ってきて、「こうしたら許してやる」というようなことを言ってくることもありますが、そのやるべき事というのが非常に無理難題であることが多いです。

もし仕事上の関係での過失ということであれば、上司がいるとしたら上司に相談して話を進めることも非常に重要です。

クレームを言ったりこちらに過失があるというような言い方をする人がいるかもしれませんが、中にはクレームに見せかけて実は自分が有利なように事を運びたいと思っている人もいるからです。

7.相手の話をよく聞く

そして、このような人の話はよく聞くということが非常に重要です。

ついつい口を挟みたくなるところもありますが、なるべく相手の方にきちんと話をさせるようにしましょう。

そうしないと、話をしているのに割り込まれたような感じで、不燃焼のような感じがするからです。

そして、相手の話を聞いた上でどのように対処したらよいのかを考えるべきです。

8.相手とコミュニケーションをとる

そして相手との方のコミュニケーションを密にとるようにしましょう。

その上で、どのようなサービスを提供したら納得してくれるのかを聞いていくことも大切です。

もちろんそればかりではなく、プライベートにおいてはどのような点を謝罪し、どのように改善していくのかということも相手の方にコミニケーションをとって確認していく必要があります。

9.実績を出す

仕事でうっかりと何かミスをしてしまって信頼を落としてしまったとしたら、実績を出すことで解決します。

営業職の方など結果が数字となって現れる人にとっては、この実績を出すというのは非常にやりやすいところがあります。

確かに、売り上げを上げるのは難しいところがありますが、実績が数字に出る事はある意味非常にやりやすい一面があります。

ただ事務職など結果が数字に出ないような仕事の人が、実績を出せないかというとそうでもありません。

例えば、仕事の効率を上げるためにどうしたらいいのかというのを必死に考えて、それを成功させたとしたら実績として認められるところがあるでしょう。

10.冷静に自分と向き合ってみる

冷静に自分と向き合ってみるということも非常に大切です。

みんなから責められて、自分がダメだからいけないのではないのかと思っているのではないでしょうか。

ただ、自分がダメだからというだけでは解決は難しいです。

どの部分がダメなのかということもしっかりと確認しましょう。

決してダメなのではなく、もしかしたらその仕事に向いていないのかもしれません。

例えば車の運転によっての過失で何かあったとしたら、車の運転に向いていない可能性もあります。

人間は誰しも得手不得手があります。

不得手の方で、だからこそうまくいかないという可能性もあります。

仕事の場合、環境があるのであれば配置換えを考えても良いかもしれません。

そして、車の運転であれば車の運転はやめて免許を返納する方法をとることも1つの手です。

このように、苦手から遠ざかるということも1つの手です。

苦手から遠ざかることをしなくても、例えば何か約束事があって忘れてしまうのであれば、携帯電話のスケジュールでアラームが鳴るようなものを取り入れておくと失敗が減ります。

それを習慣づけるまでは少し大変かもしれませんが、何かあったらすぐにスケジュール帳に入れる習慣を身に付けることで、その漏れはだんだんと少なくなり、約束を守るのがそんなに難しくなくなります。

その時のコツとしては、予定がある当日にそれを入れておき、その当日に何が必要なのかということをピックアップして、1週間前にそれらの準備をするようにスケジュールを入れると当日慌てずに済みます。

11.常にリスクを考えて行動する

信頼を失うほどの過失を犯してしまうのは、あまり物事を考えずに行動してしまった一面があるのではないでしょうか。

ある意味思い切りがあるということで、美点にもなり得るところですが、信頼を失ってしまうようになると少々考えなくてはなりません。

そのため、常にリスクを考えて行動することを心がけましょう。

なにか行動をするときに、どのようなリスクがあるのかということをしっかりと考えるのです。

インターネットで検索すると、同じような経験をした人のことが載っているかもしれません。

もし起業したいと思ったとしたら、起業したことによってどのような損害を被ったかというような経験談を探してみると参考になるのではないでしょうか。