2000年代後半からアウトドアがブームになって、女性の積極的な進出が目覚ましくなってきました。

今までは男性の特技とも言われていた世界にも、女性達が押し寄せてきたのです。

この集団のことを、「✕✕ガール」とか「✕✕女子」と呼んで、専門雑誌やマスコミでもよく取り上げられています。

ブームのキッカケは、ブランド物のアウトドアグッズに身を包んで登山を行う「山ガール」でした。

彼女らは、かっての男臭い山登りのスタイルとは打って変わって、ファッショナブルな衣料を身に着けて山に登るのです。

それ以外にも、女性鉄道ファンは「鉄子」と呼ばれたり、戦国時代の大河ドラマに出てきた歴史的史跡を巡る「歴女」、全国の寺社や仏像めぐりをする「仏像ガール」など、いろいろと話題になっています。

釣りガールって?

最近増えているのが「釣りガール」です。

釣りが好きな女性達が増えているのです。

では、釣りにどんな魅力があるのでしょうか?釣りにどんな思いと夢をもっているのでしょうか、気になるところです。

釣りの魅力は、魚がエサに食いついた重みと引きの力を体感することと、釣れた時の喜びでしょう。

釣りは、場所や天候、時間帯に影響されますし、魚との駆け引きが必要なのです。

これに勝ったという達成感も味わえるのです。

また、竿を持って釣れるのを待っている間は、無心になることができます。

日頃のストレスや騒々しさともしばらく離れられます。

仲の良い友達と一緒なら、ワイワイと喋りながら会話を楽しむこともできるのです。

海や渓流での釣りも味わえるし、キレイな空気や自然と一体になって過ごせるのです。

それと、釣った魚を自宅に持ち帰って自慢もできるし、それを料理して食べることもできるのです。

釣りガールには美人が多い!

釣りの番組や専門誌に登場するアイドルは、「釣りドル」として人気です。

代表的な釣りドルは、前田敦子さん、門脇佳奈子さん、加藤るみさんなどですね。

最近は一般の、いわゆる釣りガールと呼ばれる女性も、ブログでみるとスタイルも良くてすごく美人な女性が多いようです。

しかも、華やかな釣りの衣装や道具を使って、男性陣の目を引きつけているのです。

これは、きちんと調べておかなければいけませんね。

可愛すぎる9人の釣りガールを紹介!

釣りガールは、釣りの現場や成果などを、ブログやTwitterで発進しています。

どんな事を話しているのか、覗いてみることにします。

1.秋丸美帆

秋丸美帆(あきまるみほ)さんは博多の出身で、スキューバーダイビングや海外旅行が好きな女の子です。

愛称は「みっぴ」。

釣り好きな父親に連れられて、5歳から釣りを楽しんでいたそうです。

防波堤からの投げ釣りも得意だったそうです。

ショアもオフショアも、ルアーもエサ釣りも、何でも好きだそうです。

2008年に、若者の釣りへの感心を広めるために募集された、ダイワの創立50周年記念スペシャル企画の「ダイワスーパーフレッシュアングラーズオーディション」に応募し、全国から選ばれた9人の内のひとりでした。

基本は、玄界灘をホームグラウンドにルアーでもエサでも、その季節に合わせて旬の魚を釣るのが楽しみだそうです。

みっぴの釣りのモットーは、「たのしく!おいしく!」で、釣った魚を調理しておいしく頂くことを一番の楽しみにしています。

彼女は船舶一級免許も取得しており、PADIレスキューダイバーの資格もあるそうです。

彼女の肩書は、プロ釣り師、釣りガール、釣りドルなどいろいろですが、並の釣りガールではなくて外洋で大型の魚を1人で釣り上げるような、本物の釣り師でもあるのです。

アイドルようなその可愛いさと、釣りの腕前のギャップがすごく大きいので、業界でも人気なのです。

ブログ「みっぴの釣りバカ日記(p*・ω・`*q)」

【URL:http://ameblo.jp/bellevoile10

みっぴは、笑顔が可愛い小柄な女の子ですが、釣竿を持つととたんに釣り師の顔になるのです。

エギングが得意なので、エギング界の釣りガールとも言われています。

みっぴは、「みっぴの釣りバカ日記(p*・ω・`*q)」というブログを書いてますが、ブログの更新に力を入れたいので、これまで9年間使用していたブログから、アメブロに引っ越すことにしたようです。

理由は、スマホでも簡単に更新ができるようにして、もっともっと多く更新したいからだそうです。

新しいブログは、みっぴの「釣りは楽しく!おいしく!」です。

さっそく、ブログを覗いてみると、みっぴの出演情報として、紙面掲載の情報(エギング王、ライトゲーム王、ルアーパラダイス九州、レジャーフィッシング、ルアーマガジンソルトなど)や、ラジオ関係(2017/4/1のRKKラジオ熊本放送「エンジョイ!ベストライフ!!」)があります。

WEB関係では、ANA釣り倶楽部熊本県 天草の釣り旅、AMAZONビデオ「ザ・フィッシング」にも登場します。

イベントも続いているようです。

このように、可愛くて行動派のみっぴなのです。

2.井阪祐子

井阪祐子(いさかゆうこ)さんは、大阪市出身でタレント・モデルの活動をしています。

趣味はもちろん釣りと、カラオケやスノーボードを楽しむようです。

それ以外には、バトントワリングやトランポリンも得意だそうです。

身長は154cmと小柄な彼女なのですが、これをみるとかなり運動神経も良さそうですね。

ニックネームは、「ゆうこ」でそのまんまですが、それは彼女の真面目な正確から、親しみを込めて名前がそのままニックネームになったのではと思います。

釣りガールの仲間からも、尊敬されている存在だと思われます。

それもそのはず、彼女は子持ちの人妻なのですから。

お相手の旦那さんは、釣り業界やテレビ業界でもない方だそうです。

彼女のブログに、急に結婚報告とハワイでの挙式のスナップ写真が上がっていたのです。

それと並行して、ブログでエギ☆パラの卒業報告も合ったのです。

ブログ「イサ☆ブロ」

【URL:http://ameblo.jp/yuko-isaka/

「ゆうこ」さんは、エギ☆パラの卒業のことや結婚報告について、彼女のブログ「イサ☆ブロ」に詳しく書いています。

卒業する理由の一つは、旦那さんは結構仕事が忙しい方で、結婚したら主婦業(食事や洗濯や掃除など)をキチンとしたいと考えたからです。

釣り番組では、撮影に入ると数日間から1週間ほどは家に帰れなくなることもあるので、旦那さんを支えるという事から、悩みながら卒業することを決断したようです。

彼女は、初代エギ☆パラの釣りガールだったのです。

そしてエギ☆パラの記念の90回の節目に卒業と考えたのです。

しかし、大きなアクシデントが合ったのです。

人気の釣りガールで仲間から信頼されているしっかりものですから、妊娠後も少し無理をしてしまい、ハネムーンベビーは流産してしまいました。

しかし、その後子宝に恵まれて、今では2人の女の子の母親となっています。

ゆうこさんも、年子姉妹であったので、今では双子気分で育児に励んでいるようです。
最近のブログには、2人の娘さんのお揃いのエプロンとお揃いの椅子をupしています。

幸せでほほえましい写真ですので、ご覧ください。

3.石崎理絵

石崎理絵(いしざきりえ)さんのニックネームは「みっちぃ」で、三重県鈴鹿生まれの大阪育ちで、バリバリの関西のタレントです。

ブログによると、出没地の中に釣りスポット以外に「得正」の文字がありました。「得正」はカレーうどんとカレーライスの専門店ですね!

腰の強い麺と天然だし、甘辛い独特のカレーでできたカレーうどんは絶品です。

競馬が好きでラグビー観戦にもよく行くようですし、遊びではUSJやディズニーランドも好きなので、典型的なアウトドア派の釣りガールです。

特技は書道とドラム(パーカッション)で、静と動が混在した活発な女性なのです。

特技の中でも、エレベーターガールの声マネも得意らしく、みんなを笑わせるような姉御肌なのかも知れません。

しかし、自分を動物に例えるとなんと「猫」だそうで、男性っぽい雰囲気とは別に、好きな人と2人になると、甘えるのが上手な女性かも知れません。

こんな魅力的で色気のある女性に甘えられると、男性はひとたまりもないでしょう。

きっと、男性も釣り上げるのも得意なようですね。

ブログ「みっちぃの一釣懸命やってんねん。」

【URL:http://ameblo.jp/michiimichi/

あちこちからサクラの便りが届いてきたと思ったら、さっそく東京湾にお花見クルージングに出かけた写真をブログで公開していました。

サクラが咲いているのかと心配しているようですが、イキイキとして楽しそうです。

みんなにはシーガル女子っぽいと言われているようです。

4.磯部さちよ

磯部さちよサンは、太田プロダクションの芸能事務所に所属するタレント・女優さんです。

兵庫県の神戸市生まれで、TBS系深夜番組「ワンダフル」にアシスタントとして出演していたようです。

この番組の女性タレントのグループはワンダフルガールズ(通称ワンギャル)と呼ばれ、第5期(2001年)生で活躍したそうです。

その後は、TBS系、テレビ朝日系、日本テレビ系、スカパー、BSなどに女優やMC、アシスタントとして多数出演している人気のタレントさんなのです。

釣り番組のMCとしては、BS釣りビジョン「つりステーション」、BS釣りビジョン「全国の地域密着番組を訪問」はレギュラーで出演しています。

最近では、NHK「公開すこやか長寿」すこやか笑劇場で妻役で出演しました。

CMにも出演しています。

花王アタックNeo抗菌EX Wパワーの母親役や、飯田グループホールディングズ すまいーだの母親役です。

レギュラー番組もCMも持っている人気の釣りガールと言えます。

ブログ「サチヨブログ」

【URL:http://ameblo.jp/isobe-s/

3/26のブログには、愛媛ロケ4日目の写真がupされていました。

寒川漁港から瀬戸内にやっと釣りに出かけたそうです。

何を釣りに行ったのかと思っていたら、用意していたのはフグのかっとう仕掛けのようです。

つまり、船からフグ狙いのようです。

さちよさんは、ショウサイフグかトラフグを期待しているようです。

船の船長さんも、もう時期は過ぎているけれど、せっかくだから頑張ってみましょうと励ましてくれたそうです。

フグにアタックしたのは、夕食に愛媛県新居浜市の有名なフグ料理「フグザク」を食べる予定だからです。

ブログによると、トラフグの皮と身をザクザク切ったものと、カワハギなどの魚の肝、ネギ、もみじおろし、ポン酢、巣立ちが用意されています。

ブログにはこのフグザクの材料が美味しそうに写っています。

フグ釣りの結果は、BS釣りビジョン⦅「ハートレポート」を訪問⦆ 3/26 21:00放送で発表したようです。

5.彼方茜香

彼方茜香(おちかた せりか)さんは、大阪府の出身で株式会社アライブエンタテイメント所属のグラビアモデルです。

子供のころからテレビに出たいという熱い夢をもっており、高校3年の時に突然カミングアウトして、派手系ショップ店員や寿司屋のアルバイトをしながら、友人と4人でオーディションを受けたことがキッカケで業界入りした元気娘の釣りガールなのです。

美少女グラビアの中では、ギリギリ画像も多く見られます。

釣りガールとしての愛称は、「せり~ん」です。

ブログ「キラキラ☆セリカ」

【URL:http://ameblo.jp/ochikata-serika/

7周年記念のCDアルバムの中に入っているハイタッチ券があれば、4月1日大坂城音楽堂ライブ後の、ハイタッチ会に参加できるそうです。

しかし、二つに別れてハイタッチを行うので、必ずせり~んのいる方に来てほしいと書いています。

6.黒川ふみか

黒川ふみかさんは、兵庫県出身の釣りガールです。

2012年には、KDDIauスマホ「えらべる自由編」のCMにも出演しました。

特技は、釣りの他にはマラソンと農作業です。

典型的なアウトドア派で活発な女性なのです。

関西では、淡路島・明石・垂水に出没します。

1人でも平気で防波堤や磯にも出かけることができ、行動範囲は関西だけではなく、伊豆半島まで出かけるのです。

ターゲットは、グレ・チヌ・キス・タコらしいです。

BMT SPORTSクラブでは、フィッシング部に所属して腕を磨いて、いつしか競技会に参戦したいようです。

ブログ「釣りやってます\(^O^)/」

【URL:http://ameblo.jp/fumikana2213/

ふみかさんのブログを見ると、無農薬・有機肥料で、500坪の土地で自家菜園をやっているようです。

海では釣りガールとしてあちこちに出かけて釣りを楽しんだり、陸では菜園を頑張っていたりと、本当に行動的です。

500坪と言うとかなり広いので、その苦労も相当なものだと思います。

ブログの中では、仲の良いお友達の話題がいっぱい出てきます。

仲間からも信頼されている事がよく分かります。

ブログでのニックネームは、「ふ(ω)み」です。

7.児島玲子

児島玲子(こじまれいこ)さんは、オフィス北野所属のタレントであり、プロアングラーです。

デビュー当時は、雑誌「クリーム」などでお菓子系アイドルの「結城はじめ」の芸名で売り出したのです。

その後、1998年度のアサヒビールのイメージガールを務めたのです。

当時の公称サイズは、身長167cm、スリーサイズは86-60-88 という素晴らしい体型でした。

生まれたのは1974年ですから、現在はアラフォーですが、中高年のお酒好きのひとならあの女性か!と思い出す人も多いと思います。

神奈川県横浜市出身でバリバリのモデルなのです。

その後は、好きな釣りに関するテレビ番組や雑誌を中心にプロアングラーとして活躍していました。

2016年にプロアングラー生活20周年を記念した写真集⦅児島玲子 「沖釣りものがたり 海と、空と、太陽と、風、魚と」⦆(株式会社mガジン・マガジン)を発表しました。

サイト「WATER PLANET of WATER PLANET」

児島さんのサイトの中に、PRIDEという記事を載せています。

それを読むと、釣りを通して綺麗な海や川を目にする機会が増えたことによって、都会の周りの海や川は汚れてしまって環境が悪くなっていることを実感しているのです。

釣りを通して、海や川の環境を良くする活動ができないか、何かすることがあるはずと締めくくっています。

大きな魚を釣る事よりももっと大切なことで、釣り人のプライドにしたいのです。

8.齋藤絵理

齋藤絵理(さいとう えり)さんは、海が大好きで釣りも大好き、ダイビングも旅行も大好きな、活発な女の子なのです。

自称「マイペースおっさん」と呼ぶぐらい、周りを気にしないで自由自在に活動しているようです。

小学校の時に、父親の影響で釣りを始めました。

そして、釣りに本格的にのめり込んだのは、大学生の時です。

友人と、野島崎岬で、尺カワハギとイワシを400匹ほど釣り上げたことから、本格的に釣りを始めたのです。

最近は、ジギングが大好きですが、ヒラマサを狙って外房に出かけたり、カワハギ釣りやエギングにもハマっているようです。

自己記録では、17.5kgを越えるヒラマサや
2580gを越えるアオリイカなどだそうです。

最近、PADIインストラクターライセンス(OWSI)を取得したようで、モルジブやバリカサグ島でのダイビングも好きなようです。

国内では、田子と波左間に出没するようです。

水中カメラもマイカメラであるPENーEPL2を使って、水中写真を撮っています。

パラオやメキシコに出かけたいようで、これから水中写真もブログにupする計画です。

ダイワスーパーフレッシュアングラー2009年度ミスダイバーにも選ばれています。

ブログ「海恋」

【URL:http://ameblo.jp/eriumikoi/

海が大好き、魚が大好き、釣りが大好きな、齋藤絵理の海恋ブログです。

2013年のブログでは、釣り雑誌「つり丸」の話題です。

雑誌つり丸は、楽しく釣って、おいしく食べる沖釣り専門誌として人気の雑誌で、この雑誌に連載して1年過ぎたことを報告しています。

その後のブログの更新はされていないようです。

9.阪本智子

阪本智子(さかもと ともこ)さんは大阪市の出身で、関西を拠点に活動するフリーのタレント・モデルです。

特技は、フェイシャルマッサージ、ネイルアートと、女性らしい感じの女性です。

2009年ごろのサカイ引越センターのCMにも出演していたようですが、ご存じでしょうか?
釣りが好きと公言しているのですが、以前はテレビの「釣りロマンを求めて」や釣り雑誌「関西のつり」などに出演していました。

以前に、マイカ釣りにチャレンジして、34杯も釣り上げた腕前も持っているのです。

現在は、朝日放送「おはよう朝日です」月曜~金曜6:45~ の番組にレポーターとして出演しています。

ブログ「Tomoko’s life(´T`d)☆」

【URL:http://ameblo.jp/sakamototomoko/

最近のブログでは、北海道の生放送が終了して帰宅したあと、朝の生放送からの友人とのプライベートな釣行を決行しました。

恐らく、今季最後のワカサギ釣りです。

彼女曰く、かなりハードだったとのこと。

しかし、最高に楽しく過ごしたようです。

サイズもだんだん小さくなってくるので、当たりを取るのが難しくなるそうです。

その細かい当たりを見逃さず、151匹を釣り上げたとか。

大満足だったようです。

ブログには、その時の写真がupされていました。

10.佐久田瑠美

佐久田瑠美(さくた るみ)さんは宮城県出身で、2003年より宮城県仙台市にあるモックプランニングというモデル・タレントのプロダクションに所属して活動しています。

佐久田さんは、元レースクイーンなのです。

身長は170cmとすらっとした体型で、2007SUGOレースクイーンコンテストに参加し、見事5名のレースクイーンに選ばれたのです。

それ以外にも、タレントやモデルとして各種のショーやイベントに出演しています。

中でも、東北の釣りを全国に広めるために結成されたCS釣りビジョン「東北つれつれ団」でも活躍しています。

GREE公式ブログ

【URL:http://gree.jp/sakuta_rumi

佐久田さんのGREE公式ブログは、釣りのことよりも2011年3月11日に発生した東北大震災を自宅で体験したことを振り返っていました。

11.そらなさゆり

そらなさゆりさんは、本州最南端の町 串本町の出身で、現在は東京に住んでいます。

釣りと音楽が好きで、仕事がない時はのんびりする性格です。

自分でも、岡村隆史さんと10-FEETと釣りとてっちゃん(フェレット)が大好きな、アングラーズアイドル2011の人と自己紹介しています。

身近な所では、Panasonicから発売中の光美容器「光エステ」のモニターモデルとしてHPやWeb動画に出演しているようです。

また、全国のヨドバシカメラやビックカメラなどの電化製品を取り扱っているお店の、脱毛器のコーナーのPOPにもなっています。

アメーバ公式ブログ

【URL:http://ameblo.jp/sayurisandesuyo/

さゆりさんのブログは、「釣りアイドルそらなさゆり」として配信しています。

辰巳出版が公式に発信しているつり情報TVの「つり専門チャンネル」で、そらなさゆりのつりタメとして釣りの生放送を行っています。

12.中条友莉

中条友梨(なかじょう ゆり)さんは愛知県出身で、身長が168cmの名古屋を拠点とするモデルです。

各種のファッションショーや雑誌、スチールで活躍しています。

スチール「アルカンシエル」やCMの「スーパージャンボ」「アルカンシエル」が代表作です。

東海テレビの「ぴーかん」「Pluspo」にも出演している。

アツギ第1期生ミラキャラットガールに選ばれて、モデルの仕事も増えてきたようです。

ドライブと旅行が趣味で、最近はボウリングやテニスにハマっているようです。

ブログ「中条友莉のSMILE LIFE」

【URL:http://ameblo.jp/yurie401/

中条友梨さんは、東海地方の旬の海釣りを紹介する番組「こちら東海です」で、2011年に大鯛を華やかに釣り上げて3代目の釣りガールになりました。

その5年後の2016年3月に、思い出の海上釣り堀で涙の卒業式となったようです。

13.永浜いりあ

永浜いりあ(ながはま いりあ)サンは、大阪府出身のタレント・フィッシングナビゲーターです。

2002年に全日本GT選手権アメリカンレーシング・ロッテアイスクリームクイーンのレースクイーンとしてサーキットデビューしました。

バリバリのレースクイーンなのです。

その後、テレビ東京のアイドル番組「出動!ミニスカポリス」の10代目ミニスカポリスに抜擢されたのです。

もともと釣りが大好きで、釣り番組(紀行番組)や釣り雑誌にも出演するようになり、小型船舶免許2級を取得して、アウトドア派の釣りガールとして人気が出ました。

「開運!なんでも鑑定団」のアシスタントも務めているマルチタレントでもあります。

ブログ「釣ってるつもりが釣られてた」

【URL:http://ameblo.jp/irianagahama/archive1-201702.html

いりあサンは、2月に新潟県でマダイ釣りに挑戦。

つり丸さんのマダイ釣り取材ですが、頑張って来たようです。

越後湯沢でほくほく線に乗り換えて直江津まで行ったようです。

でも、雪がちらつく寒い中、大きな真鯛を釣り上げてご満悦の一日でした。

14.深石実来

深石実来(ふかいし みく)さんは、埼玉県の出身でニックネームは「MIKU」で、主に関東地区を中心に活動されています。

所属は、Team BMT関東フィッシング部で2015年まで釣りガールの契約をしていました。

小さい頃に家族と管理釣り場に行って、それからずっと釣りにハマっているようです。

最近はヒラメやグレ狙いで、伊豆半島や房総半島に釣行を年間に20回ほど出かけています。

船釣りも磯釣りも好きなようです。

好きな食べ物はもちろん海鮮料理です。

ブログ「釣女 深石 実来の 釣快!FISHING!」

【URL:http://ameblo.jp/mkrn95/entry-12242295286.html

今年も寒い中、1月の中旬に埼玉県のしらこばと水上公園に出かけたそうです。

しかも、防寒着も着ずに頑張ったそうです。

しかし、カイロを貼りまくって、とにかく寒い寒いと弱音を吐きながら第1投目でヒットしたそうです。

9時すぎまで日陰のプールの水も凍っていたそうです。

でもこの後は、渋くて渋くて、そして寒くて寒くて、スプーンをサージに変えたが、アタリはあるけれどもショートバイトばかりであきらめムードに。

お昼に食べた温かいカップラーメンが。

いつもの3倍もうまかったとのコメントもあります。

結局、午後も数匹の収穫で、寒い一日だったようです。

はやくジギングに行きたくて、ウズウズしているようです。

寒さにも負けない、釣りガールです。

15.福島和可菜

福島和可菜(ふくしま わかな)さんは、北海道函館の出身で、愛称は「ワカナン」「ワッカーナ」で、サンミュージックプロダクション所属のタレント・アスリートなのです。

アスリートと呼ばれる所以は、ワカナンはなんと元陸上自衛官の陸士長だったのです。

2001年~2005年まで、第二師団第二特科連隊に勤務していたのです。

キャリアを生かして「KUNOICHI」や「海筋肉王 バイキング」「オールスター感謝祭」などに出場し、2011年の秋の赤坂5丁目ミニマラソンでは2位に入賞するなど体力は抜群なのです。

その後も、最近では2016年10月の「シカゴマラソン2016」では自己記録を更新する2時間59分05秒を達成し、さらに「東京マラソン2017」では2時間57分51秒を達成して、女性芸能人最速記録を更新したようです。

釣りも海も大好きで、魚料理も得意です。

ブログ「福島和可菜 official blog」

【URL:http://ameblo.jp/fukushima-wakana/

何かとマラソンの話題が多い福島さんですが、地元釣り好きの間では、釣りビジョンによく出演しているので、知らない人がいないくらいです。

人気のある釣りガールなのです。

夢のGTを釣り上げた実績があるのです。

16.ふくだあかり

ふくだあかりさんは、茨城県出身で小さい時には父の影響で釣りが好きだったそうです。

しかし、上京してOL生活で、釣りのことをすっかり忘れていたのですが、26歳になった時に釣りに目覚めて、ブログ「百目(ひゃくもく)」を開始してから、釣りの世界にのめり込んでしまったようです。

このブログは、釣り業界では異例のアクセス数を誇り、釣り番組への出演や、フィッシングライターとして活躍しています。

ブログ「百目-ヒャクモク-」

【URL:http://ameblo.jp/tsuri-365/

1年間に100種類の魚を釣る「百目」という目標にチャレンジすることから、この名前を付けたそうです。

釣りの時間欲しさに脱OLした、生粋の釣りガールなのです。

OL時代に、変化のない毎日を過ごしている時に、テレビ東京で放送していた「釣りロマンを求めて」という番組で、同じ年くらいの女性が楽しそうに釣りをしているのを見て、OLを辞めることを決心したようです。

釣り用語も道具も何もかも分からないことから勉強し、自宅近くでシーバスが釣れることを知ったようです。

さっそく道具一式を用意してチャレンジ。

しかし、何回チャレンジしてもつれなかったころ、やっと3ヶ月が過ぎる頃にやっと初めての1匹目が釣れたそうです。

しかも、57cmでした。

その感動が忘れられずに、現在もチャレンジしている日々です。

17.りんか

りんかさんは、京都府の出身で琵琶湖を拠点に活躍している釣りガールです。

琵琶湖の「でかバスあいどる」と呼ばれ、記録級のブラックバス釣りに挑戦し続け、魚釣りだけで生活する、本物のプロアングラーなのです。

バス釣り愛好家の人達に絶大な支持と人気を誇っているのです。

2015年度NBC日本バスクラブが主催するトーナメントで、西日本チャンピオンのタイトルを獲得しました。

ブラックバスの自己記録は、なんと69cmで、60cmを越えるブラックバスの釣果は数えきれないようです。

年間で200日を越える釣行を実施し、淡水・海水を問わず、超大型魚を狙う釣りガールなのです。

ブログ「りんかのりんりんブログ」

【URL:http://ameblo.jp/rinka-rinrinblog/

りんかさんのブログには、これでもかというぐらい、様々な大型魚を釣った写真がUPされています。

超大型のブラックバスを釣りあげた時の写真では、ブラックバスの影に隠れてしまうほどの華奢な身体ですが、チャレンジ精神は大きく百目を達成したいという気持ちが伝わって来るのです。

ブログへのアクセスは、1日に90,000PVを達成するほどの人気なのです。

最後に

「釣りガール」という言葉は、オシャレに釣りを楽しむ若い女性というイメージです。

若い女性は、多様な価値観と好奇心を持っているので、面白いと感じるといろいろと調べて、チャレンジすることも多いようです。

以前なら、男性しか感心がないような趣味や場所にも若い女性が立ち入り、チャレンジしているところをSNSで発信して話題を作るなど、ネットの発達と関連しているように思えます。

釣りというのは、男性やファミリーで楽しむもので、磯釣りなどは危険を伴います。

釣りの道具も必要だし、経験も必要です。

もともと若い女性がフラッと行くところではないのです。

そこで、釣り具業界が若い顧客層を確保するために、女性が気に入るような綺麗でオシャレなウエアや釣竿を開発して、釣りガールを育てたのです。

SNSで美人の釣りガールを発信して、ブームを作ったのです。

とは言え、男性は美女と釣りを楽しむのは嬉しいのですが、業界が期待したほどに一般の釣りガールはそれほど増えていないのが現状です。

むしろ、男性釣り人のアイドルとして人気がある釣りガールは増えましたが、各地の釣りのイベントやキャンペーンなどに出演することが多くなっています。

好きな釣りガールを見つけてもっと釣りを楽しもう!

美しすぎる釣りガールとして名前が上がっている人は多いようです。

スタイルが良い釣りガール、大物を狙うのが得意な釣りガール、美人過ぎる釣りガール、自分の住んでいる地域で人気の釣りガール、テレビでよく見る釣りガール、顔と声が可愛い釣りガール・・・
これまで紹介した釣りガールの記事を参考に、自分が一番興味のある釣りガールを見つけて、自分と一緒に釣りに行くことを想像して釣りを楽しんでください。