CoCoSiA(ココシア)(旧:生活百科)

反抗的な態度を取る部下・後輩への25個の対応マニュアル。扱い方に困ったら。


部下や後輩の反抗的な態度は先輩・上司である、あなたの日常の言動の“写し鏡”です。

あなたは、部下や後輩の反抗的な態度を目の前にして、自ら反省するチャンスを与えられていると受け止めなければなりません。

部下や後輩を責める前に、あなた自身が毎日職場で繰り返す言動を振り返ることが大切です。

部下や後輩の反抗的な態度は、あなたに向かって反省するための気づきを促しているのです。

このチャンスを逃すと、あなたは職場の皆からの信頼を失うことになります。

一方、世の中を見渡すと、様々な業種があります。

それぞれ業種は異なっていても多くの職場に共通する点は、お互いの信頼関係に裏打ちされた人間関係で職場が成り立っていることです。

職場の信頼関係が成り立つためには、部下、後輩、先輩、上司の職位を超えた、人間関係が築かれていなければなりません。

部下や後輩の反抗的な態度は、あなたの職場の人間関係が崩れていることを示す“黄色信号”なのです。

あなたは、“黄信号”を真摯に受け止めて、職場の人間関係を回復させなければなりません。

職場の人間関係を回復させるためには、部下や後輩との人間関係を回復させることから始めましょう。

部下や後輩との人間関係が回復できることで、職場の人間関係が快い雰囲気になり、信頼関係が築かれていきます。

職場の信頼関係が築かれると、部下や後輩の反抗的な態度は消え失せていきます。

この記事の目次

反抗的な態度の相手に困っているあなたへ

あなたは、部下や後輩の反抗的な態度に困っているなら、日常の自分自身の言動を振り返ることを、第一に手掛けましょう。

日々の職場での言動が周りの人に、どのように受け止められているかを、冷静に振り返ってみましょう。

反抗的な態度をとる部下や後輩の振る舞いは、実は職場の皆の考えを代弁していることがあります。

反抗的な態度をとる相手に向かって諭す前に、職場の周りの人の考えに耳を傾けてみましょう。

そうすることで、反抗的な態度の相手に困っているあなたは、解決の“糸口”を見つけることができるかもしれません。

反抗的な態度の相手に向かって責めることをせずに、冷静に対応することで、人間関係を回復させることができます。

反抗的な態度を取る部下・後輩への25個の対応マニュアル

世の中には様々な業種があり、数えきれないほど多くの職場があります。

多くの職場では、業種の違いはあっても、人間関係で職場が成り立っていることは共通しています。

職場の人間関係は、上司・部下という職位の枠を超えて、お互いの信頼関係を築くための“礎(いしずえ)”となります。

上司・先輩の立場にある、あなたに向かって、反抗的な態度を取る部下や後輩が居るなら、職場の中に、あなたの言動に不満を抱いている人が少なくないことを示す、“シグナル”として受け止めなければなりません。

反抗的な態度を取る部下や後輩は、職場の皆の意見の“代弁者”であることが少なくありません。

あなた自身が職場で繰り返している言動を、客観的に冷静に振り返ってみましょう。

日常の自分自身の振る舞いを振り返ることで、あなたの頭の中には最適な改善策の“対応マニュアル”が閃くことでしょう。

1.反抗的な態度をする理由を聞く


反抗的な態度を取る部下や後輩への対処は難しい面があります。

そのため、部下や後輩との関わりを持つことを避けてしまう傾向があります。

しかし、あなたが上司・先輩の立場にあるなら、反抗的な態度を取る部下や後輩を避ける振る舞いは止めましょう。

あなたが、逃げの姿勢を繰り返すと、部下や後輩の反抗的な態度は増長していき、何も解決しません。

あなたは、部下や後輩の意見に耳を傾けて、真摯に向き合いましょう。

あなたが真摯に向き合うことで、部下や後輩は心を“開き”、反抗的な態度をする理由を話してくれる可能性があります。

聞き方が高圧的にならないように気をつける

反抗的な態度をする部下や後輩から理由を聞くときには、あなたの態度が大きく影響します。

あなたは、上司・先輩の立場であっても、高圧的にならないように気を付けなければなりません。

部下や後輩は、あなたの高圧的な態度を目の当たりにすると、反抗的な感情が高まり、口を閉ざしてしまう可能性があります。

あなたの高圧的な態度は、部下や後輩との関係の“溝を深める”結果になります。

あなたは、上司・先輩の立場であることを前面に出さずに、真摯に向き合うことで部下や後輩は、率直な考えを話す心境になります。

部下や後輩が、反抗的な態度をする理由を素直に話すかどうかは、あなたの聞く態度で決まります。

2.どのように改善すればいいか意見を聞く

業種は違っても、それぞれの職場は、様々な意見や考え、価値観を持つ人で成り立っています。

日々の仕事を進めていく中で、難しい状況に陥るなど、色々な問題が生じることは避けられません。

大切なお客様との信頼関係や取引会社との関係に大きな影響を及ぼす事態に追い込まれることもあります。

日々直面する難しい状況を乗り越えながら、職場の人は仕事を進めているのです。

忙しさに追われる日々が続き、職場の多くの人の心に不満が溜まり、ストレスがうっ積することがあります。

部下や後輩は、溜まった不満を発散するために、反抗的な態度を取ることがあります。

部下や後輩の反抗的な態度は、職場の皆の考えを反映していることがあります。

ですから、職場で働く人の不満を解消するためには、どのように改善すればいいかを、部下や後輩から意見を聞くことで、解決の糸口が掴めます。

あなたが意見を聞く態度を示すことで、職場の人が抱いている不満が解消されるキッカケとなります。

3.しっかりコミュニケーションをとる


職場の中で、仕事を計画通りに進めていくためには、お互いの間でスムーズなコミュニケーションが取られていなければなりません。

しっかりコミュニケーションが取られていることで、職場の中に信頼関係が生まれて、仕事の品質が上がるようになります。

仕事の品質が上がることで、大切なお客様や取引会社との信頼関係を深めることができます。

ですから、あなたは上司・先輩の立場として日々、部下や後輩としっかりコミュニケーションをとり、職場の中の信頼関係を育てる心掛けが大切です。

しっかりコミュニケーションをとることで、部下や後輩の反抗的な態度が和らいできます。

話すときには相手の話を全て聞いて受け入れてから意見するようにする

部下や後輩の反抗的な態度を目の当たりにすると、受け入れ難い気持ちになることがあります。

しかし、あなたは上司・先輩の立場として、冷静に受け止めなければなりません。

反抗的な態度をとる理由をしっかりと聞く姿勢が必要になります。

このためには、相手の話を全て聞いて受け入れてから、自分の意見を話すようにする心掛けが大切です。

意見を話す際には、一方的に自分の意見を押し付けることは控えましょう。

一方的に押し付けると反抗的な態度が、更に強まることになります。

ですから、自分の意見を押し付けずに、相手の意見にも配慮しながら、話を進めるようにすることで、お互いの間の感情的な“溝”を解消させるキッカケになります。

向き合うことが大切

部下や後輩は、あなたの職場にとっては大切な人材です。

ですから、あなたの役目は、部下や後輩が持っている能力をフルに発揮できるように職場環境を整えることです。

職場環境を整えるためには、部下や後輩との間に快い人間関係を築かなければなりません。

人間関係を築くためには、部下や後輩と真摯に向き合うことが大切です。

あなたが真摯に向き合うことで、部下や後輩との人間関係が築かれていき、職場全体の雰囲気も良くなっていきます。

職場の雰囲気が良くなることで、部下や後輩の反抗的な態度は解消されていきます。

4.自分の考えややり方を押し付けないようにする

職場の人間関係は、色々な価値観や人生観を持った人で構成されています。

1人ひとりの個性が異なるように考え方も様々です。

このため、職場の人間関係を良い雰囲気にするためには、お互いの価値観や考えを尊重しなければなりません。

お互いの考えを尊重し合うことで、仕事が円滑に進むようになります。

このためには、部下や後輩に、自分の考えややり方を押し付けないようにする心遣いが肝心です。

自分の考えややり方を押し付けないようにすることで、職場全体の“歯車”がスムーズに回り出します。

5.相手に全て任せてやり方を見てみる

反抗的な態度をとる部下や後輩との話し合いの機会を持っても、解決の糸口が見つからないことは多々あります。

価値観や考え方が異なる者同士が話し合っても、お互いの間の“溝が埋まる”ことは稀と言えます。

お互いの間の溝が埋まらないときは、相手に全て任せてやり方を見てみましょう。

全てを任せられた相手にとっては、「自分の存在を認めてくれた」と受け止め、前向きな意欲が湧いてきます。

部下や後輩にとって、自分の可能性を発揮できるチャンスを与えてくれたことで、持っている能力を最大限に発揮するようになります。

自分の持っている能力をフルに発揮できたことで、心が満足感に満たされていき、不満が消えていきます。

相手に全てを任せて、やり方を見てみることで、部下や後輩が抱いていた不満が解消され、反抗的な言動をする振る舞いが影を潜めるようになります。

6.相手の立場に立って考えてみる

相手の立場に立って考えてみることで、日常のあなた自身の言動を振り返るキッカケになります。

あなたが毎日、職場で繰り返す言動は、職場の人に不快感を与えていることが少なくありません。

自分自身の言動を振り返る機会を持つことは、気づきにつながっていきます。

相手の立場に立って考えてみることで、自分に“足りないもの”は何かに気付かされます。

あなたの反省する態度を目の当たりにした部下や後輩は、あなたに向かって抱いていた反抗的な態度を和らげるようになります。

7.変化に気づいてあげる

部下や後輩にとって、上司や先輩に向かって、日常の不満を言うことは難しいものです。

上司や先輩に向かって、ハッキリと言えずに反抗的な態度で、不満を表現することがあります。

あなたは、部下や後輩の気持ちの変化に気づいてあげる気配りを持つことが必要です。

あなたの心掛けが、部下や後輩の心に届くことで、素直に考えを言うことが出来るようになります。

8.努力を認める

部下や後輩が反抗的な態度をとる理由の1つに、自分たちの存在を認めてもらえないことの欲求不満が募っていることが挙げられます。

本人たちは、職場で一生懸命仕事に取り組んでいるにも拘らず、上司や先輩が無関心な振る舞いを繰り返していると、「自分たちの努力が認められない」という気持ちから、反抗的な態度を見せることがあります。

自分たちの存在に気付いて欲しいための手段として、上司や先輩に向かって反抗的な言動をするのです。

部下や後輩が反抗的な態度を見せた時には、感情的になり安易に問い詰めることは止めましょう。

反抗的な態度を責めることはせずに、本心を聞くために謙虚な姿勢を心掛けましょう。

部下や後輩の努力を認めてあげて、率直な気持ちを語れるような雰囲気づくりをしましょう。

上司・先輩の立場にある、あなたは部下や後輩の語るコトバに真摯に耳を傾けるべきです。

あなたの真摯な態度を目の当たりにした部下や後輩は、自分たちの“オトナ気ない態度”に気付かされます。

こうした気づきにより、反抗的な態度をとることが無くなります。

承認欲求を満たす

職場の中で、日々一生懸命に仕事に取り組んでいると、人は「自分の努力を認めて欲しい」という承認欲求を抱くものです。

上司や先輩から、日々の努力が認められることで、モチベーションが上がります。

しかし一方、日々の努力が認められない部下や後輩は、上司や先輩に向かって承認欲求が高まり、反抗的な態度で不満を発散させようとすることがあります。

上司・先輩の立場にある、あなたは部下や後輩の反抗的な態度に直面した時は、“承認欲求の表われ”として受け止めなければなりません。

あなたは、承認欲求を満たしてあげるために、部下や後輩に心を向けて、率直な気持ちを聞いてあげましょう。

あなたが、“聞く耳”を持つことで、部下や後輩の反抗的な態度は解消されていきます。

9.定期的に褒めるようにする

世の中には様々な業種があります。

業種が違っていても、それぞれの職場に共通することは、働く人同士のコミュニケーションがスムーズにとられていることで、働き易い職場へと発展していくことです。

職場でのコミュニケーションがスムーズになるためには、働く人が不満を抱かないように職場環境を整えることです。

職場の中で働く人の不満が募らないようにするためには、定期的に意見を聞く機会を持つことです。

働く人の意見に耳を傾ける際には、単に聞くだけではなく、日々の努力を認めて褒める気配りも大切です。

定期的に褒める機会を持つことで、不満をうっ積させることが解消されて、部下や後輩の反抗的な態度は影を潜めるようになります。

10.相手のミスに対して感情的に怒らないようにする

仕事上のミスは、業種を問わず誰にでもあるものです。

ミスを経験知として受け止めることで、本人のスキルはアップしていきます。

特に経験の浅い、部下や後輩にとって、ミスは珍しいことではありません。

ミスを繰り返さないように心掛けることで、仕事への知識や技術力は向上していきます。

あなたは、上司・先輩として、部下や後輩の育成に力を注がなければなりません。

部下や後輩の育成に力を注ぐことで、職場全体の技術力の向上に繋がっていきます。

相手のミスに対して感情的に怒らないように心掛けることで、働く人が積極的に持ち前の技術力を発揮するようになります。

このことが、職場全体の技術力を向上させていくことに繋がります。

ミスの原因や今後の対応について理論的に話す

仕事上のミスには、必ず原因があります。

ミスの原因が本人にあるとは限りません。

原因には、本人の知識・技術力不足によるケースと、職場の仕事環境の影響によるケースがあります。

ですから、ミスを起こした本人を責める前に、状況をキチンと把握しなければなりません。

ミスの原因を把握するためには感情的にならずに、ミスを起こした本人から冷静に話を聞く姿勢が大切です。

本人から話を聞いて、ミスを起こした状況を把握し、ミスの原因や今後の対応について、理論的に分かり易く話すことを心掛けましょう。

11.他の人に任せて距離を置く

部下や後輩の反抗的な態度を目の当たりにした時には、感情的になって相手を責めることは慎みましょう。

部下や後輩が反抗的な態度をとる原因には、日常のあなたの言動に原因があるかも知れません。

あなたの職場での言動に納得できずに、反抗的な態度を繰り返すケースがあります。

あなたが、当事者になることもあるのです。

ですから、冷静に対応するためには、第三者に任せて距離を置きましょう。

第三者の立場にある他の人に任せることで、反抗的な態度に至った原因を解決する糸口を見つけることができるかもしれません。

あなたは深入りせずに他の人に任せて距離を置きましょう。

距離を置くことで、部下や後輩の感情が鎮まり、平穏に解決できるようになります。

12.話しにくい環境になっていないか見直す

職場の人間関係を快い雰囲気にするためには、お互いの考えを押し込めることなく、話し易い職場環境をつくることが大切です。

あなたは上司・先輩として、部下や後輩が抱えている不満を遠慮せずに話せる雰囲気づくりを心掛けなければなりません。

あなたは、職場の雰囲気を把握していく中で、話しにくい環境になっているなら、職場環境を見直す取り組みをする必要があります。

13.自分の仕事を頑張っている姿を見せる

日々の仕事の中で部下や後輩は、上司・先輩である、あなたの仕事ぶりを見ているものです。

あなたが気づいていない場面で職場の人は、あなたの言動に注視しています。

職場の人の“ヤル気”をアップさせるためには、あなたが仕事を頑張っている姿を見せることが大切です。

部下や後輩は、あなたが仕事に取り組む真剣な姿を見ることで、あなたの言動に理解を持つようになり、反抗的な態度が解消されていきます。

14.相手のいいところを見つけて伝える

仕事に一生懸命に取り組んでいる部下や後輩にとって、日々、自分たちが努力する姿に関心を抱いてもらえないことで、仕事への意欲を減退させることがあります。

しかし、自分たちの仕事ぶりを、上司や先輩から認めてもらえることで、仕事へのヤル気が高まるものです。

あなたは上司・先輩として、相手のいいところを見つけて伝えることで、部下や後輩の不満が解消し、反抗的な態度を取ることをしなくなります。

反抗的な態度は、不満を抱えた気持ちの表れです。

ですから、部下や後輩は自分たちの良いところを認めてもらえることで、反抗的な感情は消えていくのです。

15.相手にしか任せられないようなことを頼んでみる

業種を問わず職場の中で、自分の存在が周りから認められることで、日々抱えている“不完全燃焼”の不満が解消します。

部下や後輩の反抗的な言動は、“不完全燃焼”の気持ちの表れと言えます。

あなたは上司・先輩の立場として、部下や後輩の持つ得意分野や特技を認めてあげることが必要です。

部下や後輩の得意分野や特技を活かせるように、相手にしか任せられないようなことを頼んでみましょう。

自分たちが得意とする仕事を任せられたことで、“不完全燃焼”の感情が解消し、意欲が湧いてきます。

このことがキッカケとなり、職場の雰囲気が良くなり、お互いの人間関係が改善されていきます。

16.周りの部下や後輩に意見を聞く

職場の仕事が滞りなくスムーズに回るようにするためには、お互いの信頼関係が築かれていることが大切です。

職場の信頼関係は一朝一夕で出来上がるものではありません。

日々の地道な積み重ねにより、信頼関係が築かれていきます。

あなたは上司・先輩の立場として、周りの部下や後輩に意見を聞く、地道な積み重ねを続けましょう。

周りの部下や後輩に意見を聞くことを日々、積み重ねることで、うっ積していた不満を解消させることができます。

部下や後輩が抱いていた不満が解消されることで、職場の信頼関係が築かれていきます。

信頼関係が築かれることで、部下や後輩が抱いていた反抗的な感情は霧散します。

17.上司や先輩に意見を聞く

部下や後輩の反抗的な態度の原因は、あなたが職場で安易に行っている振る舞いが原因になっていることがあります。

ですから、反抗的な態度をとる部下や後輩を責める前に、あなたの上司や先輩に意見を聞く謙虚さを持つことが必要です。

上司や先輩からの意見を聞くことで、あなたの日常の言動を客観的に振り返ることができます。

自分自身の振る舞いを第三者の目で振り返ることで、反省すべき点に気付かされることでしょう。

あなたの反省する姿を見た部下や後輩は、自分たちの反抗的な態度を反省するキッカケとなります。

18.第三者に自分の意見を伝えてもらう

反抗的な態度をとる部下や後輩との人間関係が険しい雰囲気になっている時は、第三者の力を借りることも必要です。

部下や後輩に意見を伝える際には、職場の中での人間関係が築かれていなければ、あなたの意見は伝わりません。

人間関係が築かれていない相手に自分の意見を伝えようとしても、耳を傾けてもらえません。

単なる“空論”で終わってしまいます。

ですから、冷静な立場にある第三者に、自分の意見を伝えてもらう選択肢を活かしましょう。

19.相手に対する態度や言葉遣いに気をつける

世の中の様々な職場の中には、上司・先輩の立場にある人が自身の職位を前面に出して、部下や後輩に向かって意見を押しつけることが多々あります。

職場の人間関係は、上司・部下という職位の違いを意識させない快い雰囲気が醸成されていることが大切です。

色々な考えや人生観を持った人で構成される職場では、人間関係を築いていくことは、一朝一夕では出来ません。

お互いの人間性を尊重し合う心遣いから、人間関係が築かれていきます。

日々の仕事の中で、相手に対する態度や言葉遣いに気をつけることで、人間関係が育まれます。

人間関係が育まれていくことで、お互いを尊重し合う雰囲気を持つ職場が出来上がっていきます。

20.仕事や活動をする上でのメリットを伝える

業種を問わず、仕事に前向きな雰囲気の職場には共通点があります。

それは、職場で働く人の気持ちに不満が生じていないことです。

働く人に不満が生じない職場では、部下や後輩が反抗的な態度をとることはありません。

快い環境で仕事に取り組める職場には、活気が溢れています。

働く人の不満が無く、活気のある職場を目指すためには、仕事や活動をする上でのメリットを伝えることが肝心です。

仕事や活動をする上でのメリットを相手に理解してもらうことで、働く人の不満が起きない職場になります。

21.やるべきことを分かりやすく教えてあげる

仕事の経験の浅い部下や後輩は、「早く仕事を覚えたい」という前向きな意欲を持っているものです。

仕事を早く覚えたいのに覚える機会が少ないと、「物足りない」という不満が募ります。

また、仕事に就いても思うように覚えられない部下や後輩は、自分自身の理解力不足のために、意欲を失くすことがあります。

日々の仕事に取り組む中で、部下や後輩は仕事の面で不安になったり、不満が溜まったりします。

仕事の達成感を味わうことが出来ないため、自信を失っていくこともあります。

失った自信を回復させるためには、上司・先輩の立場にある、あなたは部下や後輩のやるべきことを分かりやすく教えてあげる気配りが必要です。

分かり易く教えてあげることで、部下や後輩は仕事への理解が深まります。

仕事への理解が深まることで自信を取り戻し、仕事への意欲を回復させていきます。

22.困っていたら自分から声をかけて助けてあげる

職場の人間関係が良い雰囲気になっていないと、仕事への理解が浅い部下や後輩は、周りの上司や先輩に向かって、仕事のことを“教えてもらう”ことが出来ません。

教えてもらいたいことがあっても、遠慮する気持ちになり、聞くことが出来ずに困ってしまいます。

上司や先輩の立場にある人は日々の仕事の中で、困っている部下や後輩が居ないか気配りすることが必要です。

困っている部下や後輩が居たら、自分から声をかけて助けてあげる心遣いをしましょう。

自分から声をかけて助けてあげる気配りを続けることで、職場の人間関係が良い雰囲気になり、気軽に声を掛けることが出来るようになります。

23.感情を表に出さないようにする

職場の人間関係は様々な価値観や仕事観を持つ人で成り立っています。

お互いに考え方が違っていても、相手を尊重する気配りをすることで、無理のない人間関係が築かれていきます。

部下や後輩の考えが、あなた自身の考えと違っていても冷静に受け止めましょう。

冷静に受け止めて、感情を表に出さないようにすることで、相手との人間関係を保つことができます。

日々の仕事に取り組む中で、感情を表に出さないようにする冷静さを心掛けることで、部下や後輩との人間関係が築かれていきます。

24.相手の考えを否定しない

それぞれの職場は、色々な世代の人で構成されています。

世代が異なれば、考え方や人生観、価値観も違ってきます。

色々な考えの人が集まっているお蔭で、仕事が成り立っているのです。

ですから、自分の考えと相手の考えが違っていても、相手の考えを否定しないようにする心の広さを持つことが大切です。

部下や後輩の考えが自分の考えと違っていても、相手の考えを否定しないようにする気持ちの余裕を持ちましょう。

25.相手を尊重する

世の中の様々な人間関係は、相手を尊重する心配りがあってこそ成り立つものです。

仕事上の職位や力を誇示することなく、謙虚な振る舞いで、相手の考えを尊重する姿勢を心掛けることで、お互いの間に信頼関係が育まれてきます。

上司・先輩の立場にある人の中には、自分の立場を誇示しながら考えを押し通そうとする人もいます。

相手の考えを無視して、自分の考えを押し通す振る舞いは、周りからの信頼を失う結果を招きます。

職場の中で繰り広げられる人間関係が、相手を尊重する姿勢に裏打ちされているなら、信頼関係が醸成されていきます。

職場の中で部下や後輩が反抗的な態度をとる事態に陥っているなら、上司・先輩の立場にある人は、信頼関係を取り戻すことを第一に考えましょう。

部下や後輩が反抗的な態度をとる職場は、「相手を尊重する」ことを失っていることを物語っています。

また、仕事に取り組む中で、充実感を味わえる職場を築くためには、相手を尊重する心掛けに裏打ちされた人間関係を築かなければなりません。

部下や後輩を尊重する人間関係を築くことを心掛けることで、反抗的な態度は解消されていきます。

反抗的な態度が影を潜めることで、お互いの間の信頼関係が芽生えてきます。

反抗的な態度を取る部下・後輩を上手に育成しよう

部下や後輩の反抗的な態度は、職場での不満の表れと言えます。

ですから、職場で働く人のうっ積した不満を解消させることが必要なのです。

日々の仕事に向かうとき、快い気持ちで取り組める職場を築かなければなりません。

また、職場で働く人の“持ち味”をフルに発揮させるためには、相手の考えを尊重することが大切です。

相手の考えが自分の考えと大きく違っていても、相手の考えを尊重する謙虚な姿勢を心掛けましょう。

お互いに相手の考えを尊重する姿勢が、職場の中に根付いていくことで、快い人間関係が育まれ信頼関係が芽生えてきます。

反抗的な態度を取る部下や後輩の存在は、職場の人間関係を見直すキッカケになるでしょう。

ページトップ