CoCoSiA(ココシア)(旧:生活百科)

万能な人の15個の特徴とそうなるための15個の方法


世の中には「万能」なモノがたくさんあります。

万能調味料、万能葱、万能薬などなど。

万能な物はありがたいですが、万能な人間はどうでしょうか。

万能な人間が周りにいると大変助かることもありますし、自分が万能な人間だったら、周りの人に重宝されるでしょう。

もし万能な人間になれたらどうでしょうか。

きっと人生が生きやすくなりますよね。

今回は万能な人間の特徴と、万能な人になるための方法をお伝えします。

完璧な人間はいませんが、万能な人間にならなれるかもしれませんよ。

この記事の目次

万能な人とは

万能な人とはどんな人のことを言うのでしょうか。

それは完璧に何もかも出来るような人ではありません。

人よりも多くのことを出来て、知恵があり、行動に移せる人です。

万能な人になるために一番必要なことは、この「行動」になります。

どんなに頭が良くても、行動がなければ万能にはなりません。

また、何かの役に立たなければ「万能」とは言えないでしょう。

万能な人の特徴15個


ここで、万能な人が持つ15個の特徴をお伝えします。

「万能な人」と聞いて、誰の存在を思い浮かべますか。

会社のアノ人でしょうか、それとも友達のアノ子でしょうか?万能な人は必ずあなたの周りにいますし、もしかしたらあなたも「万能な人」なのかもしれません。

とりあえず15個の特徴を読んでチェックしてみてくださいね。

1.計画性がある

万能な人は計画性の高い人が多いです。

言い換えれば、計画性が高いから万能でいられるとも言えます。

先を見ることが出来るから、時間をみながら色々な仕事や勉強、家事ができるのです。

本人はそれほど自覚ないのかもしれませんが、万能な人は一つ一つのすることに計画性があり、「順序」を意識して物事を行っていきます。

しかし計画性は行動あってのものなので、どんなに計画を緻密に立てていても、動いてないと万能な人とは言えないでしょう。

2.見えないところで努力している

見えない場所での努力は、万能な人を作ります。

やはり万能な人は努力を惜しみません。

しかもその努力を苦労と思っていないのが、万能な人の凄いところでもあります。

自分の努力を、人に見せたがる人もいますが、その人は自分の努力が評価されたい人です。

誰も見てくれなかったりすると、その人の努力はそこで終わってしまいます。

でも誰が見ていなくても努力をする人は、確かな結果を求めているので、努力を止めたりしないものです。

本人は気づいていないかもしれませんが、万能であり続けるために努力をしているのが万能
な人なのです。

3.何事にも臨機応変に対応できる

万能な人は、生まれながらに万能な訳ではありません。

その才能の裏には、理由が必ずあるものです。

例えば昔の人がそうでした。

昔の人は現代のように物が豊富にありませんでした。

無いものは無い!無ければ作ればいい、代用で良いと考えてきたのです。

不自由なこともありましたが、その分知恵が回り「万能な人」でいられたのです。

先ほど物資の不足のことを例に言いましたが、窮地に追い込まれた時に臨機応変に取れる行動も「万能な人」だと言っても良いでしょう。

手先の器用さだけでなく、相手の心を読み取り万全の体制を整えられるのも、万能な人なのです。

提案する際には1つだけでなく、2つ目の案も考えているなど

万能な人は臨機応変だとお伝えしました。

この臨機応変な行動こそが人類が欲しがる才能なのです。

人類は原始時代から柔軟性のある者だけが生き残ってきたのです。

そして現代も同じで、臨機応変に立ち振る舞える者が頂点を極めてきました。

万能な人は、人間関係や会話でも臨機応変に立ち振る舞えます。

例えば会議などで提案する場合は、一つの案だけでなくいくつか提案も出来るものです。

そして自分だけの意見を押しつけたりせずに、周りの話もちゃんと聞くのが万能な人なのです。

みんなが納得できる提案を出せる人が万能な人と言えるでしょう。

4.自分に自信がある


自分に自信があると聞くと鼻持ちならない人に思えますが、万能な人は自分に自信を持っています。

この自信にはちゃんとした根拠があるので、自信が持てるのです。

その根拠とは今までしてきた経験や努力がそうなります。

だから悩み相談を受ける時も、自分の経験則からいくつか提案できますし、確かなアドバイスができるのです。

誰かに褒められて大きくなる「自信」もありますが、結局は自分で努力を重ねて経験を自信に繋げていくしかないのです。

万能な人は努力を惜しまない人なので、自信に繋げていくことができます。

5.好奇心旺盛

万能な人は好奇心旺盛です。

新しい物事が好きで、新しいものを自分の身体に吸収しようとします。

そうして次々と新しいことができるようになるので万能でいられるのです。

逆にあまり万能でない人は、一つのことに固執したりするものです。

頑固で自分の意見を通そうとします。

なぜか新しい物事に対して理由を付けて嫌おうとします。

このような人は、新しいことが吸収しづらいため万能からは遠い存在となってしまうのです。

好奇心旺盛でいるには、心身ともにパワーが必要となってきますので、日頃から健康に気をつけて新しいことに備えておきましょう。

6.失敗を恐れず挑戦する

失敗を恐れていたら、新しいことに挑戦できません。

万能な人は、自分の中に新しいことを積極的に取り入れようとするので、新しいことに挑戦していきます。

その時に「失敗」の二文字は頭の中にあるかもしれませんが、それほど恐れずに挑戦していきます。

その反対に万能ではない人、万能でなくても良いと思っている人は、新しいことがあまり好きではありません。

何かと理由をつけて新しいことを始めようとはしません。

そしてそのような人は、誰よりも「失敗」を恐れてしまいます。

もし万能な人を目指すなら、少しでも自分に何か力をつけたいなら、新しいことにドンドン挑戦していきましょう。

7.目標を高く持っており、達成するイメージを描いている

万能な人は常に前を見ています。

なのでいつも高い目標を持っていて、その目標を達成しようと日々奮闘しています。

とはいえ、万能な人だって人の子です。

目標を立てても途中でくじけたりすることもあります。

万能な人は、途中でくじけてしまうことも考慮しているので、目標を小分けにしていることもあります。

大きな目標の中に小さな目標を小分けにして、一個ずつ達成していくのです。

そうして着実に目標に近づいていくのが万能な人と言えます。

たまに目標を立てて満足してしまう人がいますが、それではいけません。

やはり行動してしているからこそ万能なのです。

8.苦手や欠点を作らないようにしている

万能な人は、自分に完璧さを求めている人もいます。

なので自分が苦手なものや欠点と感じる物があれば、克服しようとします。

これを努力と言うのかもしれませんが、実はこの行動は「意地」だったりもします。

実は、万能な人は負けず嫌いだったりもするんです。

なので自分に欠点があれば克服して、自分の欠点を人に見せないようにしていきます。

万能な人は周りから見ればとても優秀に見えますが、実はコンプレックスを抱えていたりするものです。

だから躍起になって克服しようとしますが、実はこれが万能な人の落とし穴の場合があります。

知らぬ間に自分を追い詰めていき窮屈になっていくのです。

9.自分の役割や立場をすぐ理解できる

先ほど万能な人は、臨機応変に立ち回れるとお伝えしました。

その立ち振る舞いができる理由に、自分の立場や役割をよく理解しているというのがあります。

自分が立たされているステージで、目一杯力を発揮できるのが万能な人なのです。

万能な人は見知らぬ場所に行き、知らない人の集まりの中にいても、自分がどのポジションにいるのかを瞬時に分かることができます。

そして自分の立場が分かった上で人に声をかけたり、指揮を取ろうとするのです。

一見抜け目ないような感じにも見えますが。

この立ち回りは誰もが羨む才能の1つでもあるのです。

10.責任感が強い

万能な人は自分の言動に責任を持てる人です。

口先だけで何かあれば逃げ出す人はたくさんいます。

そんな人は責任なんて言葉を気にもしていないでしょう。

でも万能な人は人生の経験値が高く、これまでの経験をその後も生かせる人なのです。

だから行動に自信がありますし、責任も持てるのでしょう。

責任感はすぐに身につくものではありません。

人生経験もそうですが、親のしつけなども大きく関わってきます。

小さな頃からお手伝いをさせて、「任せる」ことで責任感が身についてくるのです。

親は任せたことをじっくりと見守らなければなりません。

危なっかしくて見ていられず、手を出してしまうと責任感とプライドが崩れてしまいます。

果ては「どうせ誰かがやってくれるだろう」と人任せな人になってしまうので、子育て中のお母さんは、お手伝いを見守る忍耐力を身につけましょう。

11.自分の強みや弱みを理解している

自分の強みや弱みを理解している人は、どこにいても正しい立ち振る舞いができます。

たとえ自分が万能であっても、決してでしゃばったりはせずに、静かにその場の状況を観察して正しい行動を取れます。

万能な人は謙虚だったりもします。

自分の弱点をしっかり把握できているので、自分の「出来る・出来ない」も見極めることができます。

逆に万能でない人は自分の力がどれくらいあるかよく把握できていないので、この見極めが出来ない人が多いです。

しかも安請け合いしてしまい、後で後悔することもあります。

そして余計な後悔を引きずりながら生きていかなければならなくなるのです。

そうならない為にも、自分の長所と短所をしっかり理解しておきましょう。

そして自分には無理だと思うお願い事や依頼があったらスッパリと断りましょう。

12.集中力が高い

万能な人は多くのことを難なく出来る人が多いですが、よく見てみると人並み外れた集中力で取り組んでいることが分かります。

「なんとなくできちゃった」と言っている人もいますが、それは謙遜であり、やはり集中してやっているのです。

勉強やスポーツ、料理、仕事など、言い方を変えれば「一生懸命」やっているのです。

脳科学的には人の集中力は30分も持たないと言われています。

でものめり込めることは何十分でも何時間でも出来るのです。

特に好きなことは、人はのめり込んでできます。

その時の集中力は普通に作業している時より高いです。

ではどうすれば集中力を高くしたり、のめり込んで作業をするように出来るのでしょうか。

それには色々な理由があります。

責任感から来るもの、人を大事に思う心から来るものなど様々です。

万能な人が集中力が高いのは仕事が出来るからではなく、何かに対する熱い思いがあるからなのです。

13.誰に対しても平等に接する

先ほど、万能な人は立ち振る舞いも万能だとお伝えしました。

自分の立場を理解して行動できる人は万能な人です。

でも万能な人の凄いところは、誰に対しても平等に接することが出来るところです。

一見、人見知りをしない陽気な人にも見えますが、自分から声をかけているのは謙虚な証拠です。

自分を傷つけたくない・自分のプライドが大事な人は自分から声をかない人が多いです。

でも万能な人は自分の立場を理解した上で、誰にでも平等に声をかけていきます。

それがたとえ知らない人でも、見た目が怖そうな人でも構わず声かけるのです。

声をかけて傷ついたとしてもそれは、万能な人にとって想定の範囲内のこと。

それよりもコミュニケーションという大事な目的が先なので心が折れたりしないのです。

14.広い視点を持っている

当然ながら視野が狭いと、行動範囲も狭くなります。

見ている場所、考えていることが常に同じようなら行動範囲も狭くなり、頑固な考えになってしまうのです。

狭い視点・狭い視野しか見れない人は、傷つくことが怖いのです。

何故なら、いつもと違う視点や視野で物事を見たとき、今まで自分が正しいと思っていた価値観が崩されることがあるからです。

万能な人は色んな視点で物を考えることができます。

それは万能でありたいために、古い考えをアップデートしていくのが必要だと考えているからです。

だから万能な人は、新しい人に出会ったり、新しい情報、新しい景色を積極的に見に行こうとするのです。

もちろん変えてはいない今まで通りの価値があるのも知っています。

万能な人は温故知新な人と言えるでしょう。

15.約束を守る

約束を平気で破る人がたまにいますよね。

この人は自分の弱点を知らない人が多いです。

あの時確かに誘ってOKしてくれたのに、いきなりのドタキャン。

しかも自分から誘って来たくせに!と怒ったことがある人もいることでしょう。

実はこの約束を守れない人は、その時は自分が「出来る」と思い込んでいるのです。

または、その場の空気を悪くしたくない一心でOKを出してしまうのです。

そして当日「やっぱり無理」となってしまいます。

しかし万能な人は、自分がその約束を守れるかどうかを知っています。

スケジュール帳を見たり、会う時間・帰る時間なども考慮してから答えるのです。

最初はそんな行動を見ている側は「ハッキリしないなぁ」と思っていまいますが、これは相手に対して誠実な行動と言えるでしょう。

万能な人になるための方法15個

ここからはどうすれば万能な人になれるかを紹介します。

絶対に万能な人にならなければいけないなんてことはありません。

万能な人とは、いつの間にかなっているものです。

焦らずとも生活をまじめに毎日こなしていけば、万能な人になっているでしょう。

そしてこれから紹介する15個の方法も、全部身につけようと無理はしないでください。

15個もありますから、全部実践しようとすると息が詰まってしまいます。

あくまで参考として見ておきましょう。

どれか自分でも出来そうだなと思えば実践してみてください。

1.積極性を身につける

皆さんの周りには積極的な人はどれくらいいるでしょうか。

自分が消極的だから周りが積極的に見えることもありますが、実際には積極的な人は意外と少ないものです。

何故ならみんな傷つきたくないし、積極的に行動して何にも見返りがなければ悔しい思いをすると思っているから。

でも、もし万能な人になりたいと思うなら、積極的になってみましょう。

別に何に対しても積極的になる必要はありません。

とりあえずは、自分の好きなこと・やってみたいことに積極的になってみてください。

「実は前からアレ気になっていたんだよね」と思うことはどんどんやってみましょう。

やってみて「なんか思っていたのと違った」と思っても、それはそれで良いのです。

何もよりも大事なのは積極的に行動して得られた「経験」なのです。

2.自分に自信を持って行動する

自分を万能ではない、もしくは「自分なんて」と思っている人は結構多いでしょう。

でもよく考えてみてください。

その考えは一体何のために役立つのでしょうか。

「自分なんて」と思うことで、行動しなくて済むための言葉であるなら、皆さんはとても勿体ないことをしています。

根拠はなくてもいいので、まずは自信を持って行動してみましょう。

別な言い方をするなら、何も考えずに行動してみましょう。

行動力が足りない人は、「周りにどう思われるだろう」「こんなことをしたらみんな笑うかな」とか、起きてもいないことを想像して不安になってしまいます。

でも実は周りはあなたのことをそれほど見ていませんし、何かしていても気にしません。

だから皆さんは悠々としたいことをしても大丈夫です。

3.向上心を持つ

万能な人はやはり向上心があります。

仕事や健康、美容など積極的に取り入れ自分のものにしていきます。

向上心があると聞くと、まじめでコツコツ努力しているイメージに思えますが、実はそうでもなかったりするものです。

実際は「好きだから取り組んでいる」ということが多いのです。

好きだから取り組むという理由だとハードルが低いですし、長く続けていられるのです。

もっとわかりやすく言うと、万能な人は「向上心」が好きなのです。

向上心の先に何があるのか。

それを今までの経験と成功体験で知っているから頑張り続けようと思うのです。

もし何か1つでも能力を身につけたいなら、何かを頑張り続けられる「好きなこと」を見つけると良いでしょう。

4.視野を広く持つ

視野を広く持つことはいいことです。

視野が広ければ、心に余裕を持つことが出来ます。

視野を広く持つと、自分が知らなかったこと、気がつくことが出来なかったことに出会えて、今まで悩んでいたことの解決に繋がることもあります。

新しいことを知ることで、気持ちが触発されて新しいことにチャレンジしてみようと思うこともあるでしょう。

そうすれば経験値がどんどん上がり、万能な人に近づいていくでしょう。

仮に万能な人になれなくたって、視野を広く持てば博識でもいられますし、誰かの悩み事の解決策を出せる人になれます。

視野を広く持つことは、誰かと会ったりどこかへ行くだけではありません。

知りたいことがあれば本を読んで知識を得てもいいのです。

実際に体験するばかりが経験ではないのです。

5.自分の欠点などについて見直す

できることなら自分の欠点は見たくないものです。

自分でも分っているのに、誰かに指摘されたら無性に腹が立つこともあるでしょう。

でも万能な人は、新しい自分に生まれ変わりたいと常に思っています。

だから自分の欠点も自身で解決しようとしますし、誰かに指摘されても、素直に認め直そうとします。

しかし欠点を正すのはなかなか難しいことです。

何故ならその欠点と一緒に何年、または何十年と生きてきたからです。

直すには欠点と向き合い、長期戦になることを覚悟しなければいけません。

とはいえ、自分が思っている「欠点」も人から見れば、取るに足らないものだったりします。

つまり自分だけが気にしすぎている場合もあるのです。

欠点もチャームポイントになることがあるので、欠点を1ミリも許さずにいるよりも「これが私なんだよね」くらいの気持ちでもいいでしょう。

そうしないとキッチリすぎて疲れてしまうからです。

多少のことには目をつむる、これも万能な人が持つ臨機応変さでもあるのです。

6.努力を継続する

何かを始めよう!と思い立ったとしても、継続するのは難しいものです。

でもこの継続がなければ万能さや能力を身につけることはできません。

いわゆる三日坊主の人は、続けられなかった理由をこう言います「飽きた」「モチベーションが上がらない」などなど。

何かを継続して、結果を得ようとするときいわゆる「モチベーション」は必要ありません。

モチベーションありきで行動しようとすると、その気持ちがない時はまったく動けなくなるからです。

本気で結果を得たいのなら「義務」としてとらえるのが良いでしょう。

お仕事をしてお金がもらえるように、義務で動くと心は置いてけぼりになるかもしれませんが、結果は必ずついてきます。

7.憧れの人を作り、真似をする

憧れの人や見習いたい人がいれば、その人の良いところを積極的に取り入れましょう。

例えば憧れの人が健康に良いことをしているのなら、見習いたいと思うものです。

他にもボランティアをしている、その内容が自分の考えに一致するものだったら、試してみると良いでしょう。

自分だけの考えと行動には限界があるものです。

自分以外の人の考えをどんどん取り入れて、経験値を増やしていくと万能さがプラスされていくでしょう。

8.ポジティブ思考を心がける

人は明るく見えても意外とネガティブだったりします。

友達の話を聞いていて、「なんでそんなにネガティブになれるの?」と思うこともあるでしょう。

実は人は最初からネガティブに出来ている生物なのです。

ネガティブになることで物事に注意して、危ない目に遭わないようにしようという思考になっているのです。

だから仕方ないと言えば仕方ないといえます。

でもあまりにもネガティブ過ぎて、身動き取れなくなることもあるでしょう。

だから大事なことだけにポジティブでもいいのです。

そして自分の行動に自信がついたら思考もポジティブになってきて行動範囲も広がってきます。

9.判断力を身につける

判断力を身につけている人は、色んなことを経験してきた人です。

経験豊富なので判断力があるといえます。

人にはすぐに判断が付く人と、迷いに迷って判断に時間がかかる人がいます。

ここで分って欲しいのは、判断を下すのに時間が掛かっても掛からなくても、正しい判断が下せればそれでいいのです。

すぐ決断出来る人が万能というわけではありません。

誰かに急かされて間違えて答えを出すよりも、自分を見失わずじっくり答えを出す方が正しいのです。

10.1つのことを極める

1つのことを極めるのは難しいです。

職人さんは何年もかけて一人前になります。

しかし職人さんは一人きりで手に職を付けているわけではありません。

ちゃんと師匠が手取り足取り教えてくれるので極められるのです。

私たちも同じで、良い師匠がいれば1つのことを極めていくことができます。

とはいえ、私たちには身近にいる師匠はなかなかいません。

なので1つのことを極めたいなら、自分のやる気も大事ですが、誰か目標となる人がいるといいでしょう。

ネットだけの情報でも構いません。

極めるために色んな情報を集めて自分のものにしてください。

そして万能の中の1つにしてしまいましょう。

11.目標を高く持つ

万能さを身につけるためには、色んなことを覚えたり経験しなければなりません。

時には高い目標を掲げなければならない時もあるでしょう。

目標を高く持つと自分が誇らしい気持ちになります。

そんな目標を立てた自分がかっこよく見えるでしょう。

しかし目標にたどり着けなかったとき、プライドは傷つき自信は喪失してしまいます。

そこで提案したいのが、目標の小分けです。

大きな目標をいくつかに分けて小さなゴールをいくつも作るのです。

そうすれば挫折することなく目標を達成できるでしょう。

12.常に物事を効率化できないか考える

万能さを身につけたいなら、やることはたくさんあります。

身につけたいこと覚えたいことはたくさんありますが、忘れないで欲しいのは「生活」もあると言うことです。

仕事の他に、炊事洗濯、食事、お風呂、運動、歯医者や病院、普通の生活でしなければいけないことが、たくさんあることを忘れないでください。

この生活の作業を抜きにして、万能さを身につけようと思うのはよくありません。

まじめに生活をすれば何かをする時間は限られてきます。

そこで考えたいのが「効率化」です。

なるべく時間を上手に使い、なりたい自分への時間に使うようにしましょう。

13.タスクに優先順位をつける

あれもこれもしなければならない。

でもどこから手を付けて良いかわからない。

そんな時は優先順位をつけてみてください。

基本的にはどうしてもやらなければいけないことを優先しましょう。

そうすると余った時間が限られてしまいますが、仕方ありません。

優先順位をつけて行動してみるとわかるのですが、「これは後でもいいかな」と思うことが出てきます。

そうして毎日優先順位を付けながら毎日行動していくと、何が必要かが分かってきます。

そうすると効率化も図れるので優先順位をつけるのはとても必要なことです。

14.失敗を引きずらないようにする

失敗は誰もが引きずってしまいます。

立ち直りの早い人ならいいのですが、なかなか気持ちが切り替えできずに、次の行動へと移せない人がいます。

しかしこれでは行動範囲が狭まってしまいがちです。

これでは万能さを身につけることは難しいでしょう。

失敗を引きずらないようにするにはどうしたら良いのか。

方法としては、失敗を分析したあとは考えないことです。

ここで注意したいのは、自分を責めることです。

責めても失敗の分析にはなりません。

そして他に必要なのは、思い出して引きずってしまう時間を作らないことです。

まずは忘れるために楽しいことをすること。

美味しいものを食べる、お酒を飲む、とにかく忘れるなら何でも良いです。

忘れてすっきりすれば次へと進んで、新しい経験をゲットして万能さを身につけられるでしょう。

15.約束は破らないようにする

約束を守るのは、当たり前と言えば当たり前のことですよね。

でも約束を守ると言うことは意外と難しいことです。

なぜなら人は約束を守るために、時間を空け、時には大事な用事も都合をつけて約束を優先させるからです。

そして約束は人対人だけではありません。

自分との約束の場合もあります。

対人でも、対自分でも約束を守れなかった場合、悲しい思いをします。

だから約束したら守るようにしましょう。

できない約束はしない

出来ないことは約束しない。

当たり前のことですが、意外と出来ていない人が多いです。

万能な人は判断力に長けているので、自分が出来る約束なのかどうか判断できます。

たまに出来ないことを約束してしまい、後で後悔する人も多いです。

出来ないと思ったら約束はしない。

これに限ります。

断ることに罪悪感を感じる必要ありません。

出来ないことは出来ない、これでいいのです。

みんなから信頼される万能な人になろう!

いかがでしたか。

読んでみて万能になれるかも!?と思えたでしょうか。

どんなに万能で高機能であっても、信頼されるものでなければいけません。

そうでなければ万能さも無用の長物となってしまうでしょう。

万能さを身につけるには積極さが必要です。

ちょっとの勇気で万能さを身につけることが出来ますので、ちょっとずつやれることをやってみましょう。

ページトップ