ご両親にこんなことを言われたことありませんか。

「あなたは、頑丈だけが取り柄だから…」と。

これは褒め言葉なのか、それともけなされているのか…。

なんて考えたことがある人もいるでしょう。

安心してください、この言葉は間違いなく褒め言葉です!これ以上の褒め言葉はないと思ってもいいでしょう。

かつてプロレスラーのアントニオ猪木さんが言っていました「元気があればなんでもできる」と。

まさに彼の言うとおりで、元気でなければ何もする気になれません。

そこで肝心なのが、自分の身体が頑丈であるかどうかです。

もっと言えば身体だけではなく、心も頑丈であるかも重要なことです。

今回は、頑丈とは何か、頑丈な人の特徴などをお伝えしますので、頑丈な心と体が欲しい方は要チェックですよ!

「頑丈」の意味とは?

ここでは、「頑丈」の意味をお伝えします。

もしかすると最近の若い人は「頑丈」という言葉は使わないかもしれませんね。

現代は物が溢れていて、壊れても次から次へと買い換えてしまう傾向があります。

でも、意味を知れば「頑丈」な物が欲しくなるかもしれませんよ。

「頑丈」の読み方

昔は「頑丈」ではなく「強盛 (がんじゃう) 」と書いていたそうです。

文字を見るだけでも丈夫な印象がありますよね。

また、ぐわんぢやう、ぐわんぜう、などとも読まれていましたが、今の「がんじょう」になりました。

「頑丈」の意味

「頑丈」だとよく聞きますが、どのような意味でイメージなのでしょうか。

意味は、壊れにくいことを意味しています。

例えば「木で出来た頑丈な箱」などと使います。

物だけではなく、人間や動物の身体にも使われます。

「頑丈な身体」はよく聞くと思います。

ここでは「頑丈」の意味についてお伝えします。

丈夫で弱りそうもないこと

丈夫と頑丈はほぼ同じですが、ニュアンス的には「頑丈」の方が作りが強く感じられます。

頑丈だということは、弱るまでの時間が長いとこと。

つまりなかなか弱らないことが頑丈なことなのです。

体や物のつくりが丈夫な様子

頑丈は強くて弱らないことを意味します。

昔の物は長く使えるようにと頑丈に作られた物が多かったです。

家具などの大きな物から、時計などの精密機器までもそうでした。

特に日本製とドイツ製は頑丈な物が多いことで有名です。

華奢でおしゃれな作りなのもいいですが、壊れてしまっては買ったお金の元は取れませんし、今後も使えないようでは大損ですよね。

高級な物は高額な場合が多いですが、その分頑丈に出来ており高額に支払った金額の元が取れるようになっています。

また物だけでなく体の作りのことも言います。

頑丈な体は、ぶつかったり転んだりしたくらいでは骨が折れたりしない体を意味します。

頑丈な意味もそうですが、風邪を引かなかったり、寝込んだりしないことも意味します。

馬のすぐれて強健な様子

語源の由来はハッキリされていませんが、馬の強健なさまを言っていて名馬に必要な5つの条件を意味する「五調」からきていると言われています。

「丈夫」の意味とは


次に丈夫の意味をお伝えしましょう。

頑丈も丈夫も似たような感じもしますが、ニュアンス的にちょっと違います。

丈夫の方がどちらかというと、頑丈よりやや弱めな感じになります。

しっかりしていること

頑丈と同様、しっかりしていることを意味します。

しかし、「あの子はしっかりしているね」のしっかりとは意味が違います。

物に対してしていることが多いです。

頑丈で壊れにくい様子

先ほどお伝えした「なかなか弱らない様子」と同様で、壊れない意味合いにもなります。

商品を売る際によく使われるのが「丈夫な作りで~」と聞いたことがあると思います。

丈夫なことは高級な品物の必要条件とされています。

「頑丈」は人にも使える言葉

頑丈という言葉は、物だけでなく人にも使える言葉です。

「自分の取柄はこの頑丈な体です」と自己紹介したりすることも。

でも「あなたって体が頑丈よね」と言うのはNGです。

頑丈は良いことですが、あまり繊細なイメージがないので言われた人によってはカチンと来ることもあるでしょう。

言うときは、物や自分に対してだけにしておきましょう。

頑丈な人の16個の特徴


ここからは頑丈な人の特徴を16個紹介します。

「あなた頑丈な人だね」と言われるのは、褒め言葉じゃないのかと問われたら、女性としては微妙な所ですよね。

でもこれは立派な褒め言葉なんです。

頑丈な人は誰からも頼られますし、何より自分で自分を頼ることができ、自分に自信が持てます。

16個の特徴を読めば、あなたも頑丈な人間を目指せるかもしれませんよ。

身体の疲れを感じにくい

大人になるとちょっとしたことで疲れたりしますよね。

例えば駅の階段なんかしんどい時があるでしょう。

人によっては身体が疲れるシチュエーションが違います。

しかも疲れにも色々な種類があります。

最近ではスマホの見過ぎで眼精疲労なんてこともあります。

疲れるのは身体だけでなく、精神的な疲れもありますから厄介ですよね。

しかし、この身体の疲れというのは予防方法もありますし、回避方法もあります。

ちょっとしたことで疲れから解放されますし、そうすると心も軽やかになれるでしょう。

精神的なストレス

現代はストレス社会…だなんて言われていますよね。

特に人間関係は避けきれない問題です。

しかもストレスの中でも、人間関係でのストレスはワーストワンだとも言われています。

人は社会で生きている以上は、ストレスから逃げられません。

でもストレスを少なくすることはできます。

一番の解決方法は心を強くすることです。

くよくよする人はちょっとしたことで傷ついたりはしていませんか?すぐにカチンときたりするのも心が弱っている証拠です。

でもだからと言ってすぐにカチンときたり傷ついたりする人がダメだと言ってるワケではありません。

傷つくようなことを言ってくる人が悪いのです。

でもその人の性格を変えようとするのは難しいので、自分が変わるしかありません。

つまり心を強くするしかないのです。

心を鍛えることはさほど難しいことではありません。

要は嫌なことは受け流せば良いのです。

受け止めるところは受け止めて、流すところは流すようにしましょう。

「三歩あるいたら忘れちゃう」と言う人がいますが、それくらいがいいのです。

現代はSNSでの誹謗中傷などもありますが、会ったこともない人に誹謗中傷されても気にしないようにしましょう。

間違ってもコメント上で喧嘩をするなんてことはやめましょうね。

人間関係において大事なことは、深入りしないことです。

適度な距離を持ってお付き合いをすることをおすすめします。

肉体的な疲労

若い頃はどんなに疲れていても、一晩寝れば次の日はスッキリしていたのに…。

やはり年を取ると疲れが取れにくいのはみなさんも実感していることでしょう。

肉体的疲労を回復させるには大まかに3つあります。

普段からバランスの良い食事をとること、質の良い睡眠をとる、普段から運動をしておくことです。

たった3つのことですが、これらを守るのはとても難しい問題だったりします。

特に独身で一人暮らしだと難しいでしょう。

なので3つのうちどれかだけでも守るようにしましょう。

運動が好きな人は普段から動くことを習慣にして、料理が作るのが好きな人は普段から作るようにしましょう。

疲労を予防するには毎日の心がけが大事となります。

少々面倒くさいかもしれませんが、疲労というのは溜まってしまうと、なかなか取れづらいものですので日々の生活から予防しておきましょう。

筋肉や骨がしっかりしている

丈夫な人の条件として外せないのが筋肉と骨です。

コレをなくして頑丈だとは言えないでしょう。

筋肉や骨がしっかりしている人は見た目でも分かりますし、男女ともに丈夫なほうがかっこよく見えるものです。

今の自分には筋肉も骨も自信がないと思っている人はいませんか。

安心してください。

骨も筋肉も丈夫に出来る方法がありますよ。

どちらも丈夫にすると怪我をしにくいですし、病気にもなりにくいです。

骨を丈夫にするにはどうしたらよいのでしょうか。

骨の成長期は10代で、男女とも骨の量はこの時期にほぼピークを迎えます。

そして40代後半以降になると、骨量は著しく減っていく傾向があります。

最近では骨がもろくなる骨粗鬆症が問題となっています。

しかし骨はある程度の年齢を超えても作ることはできます。

次のことを実践してみてください。

①運動をしましょう!
骨はカルシウムやビタミンD・ビタミンKを摂取して骨に適度な加重を加える運動をすると鍛えられます。

例えばジョギング、ウォーキング、縄跳びなどがそうです。

そして運動した後は適度に休むようにしましょう。

②日光に当たろう!
「サンシャインビタミン」という言葉をご存じですか?人は日光を浴びることで骨の形成に必要なビタミンDを形成することが出来るのです。

これをサンシャインビタミンと言います。

日光を浴びると、肝臓や腎臓で代謝されて活性型ビタミンDとなります。

夏なら木陰で30分。冬なら1時間を目安にしてください。

③カルシウムを心がけた食事
バランスがいい食事の他に、カルシウム成分が含まれる食事作りにも気をつけましょう。

最近は手軽にサプリメントなんてのもありますから、そちらでも大丈夫です。

でもどうせなら美味しく摂りたいでしょうから、魚料理のレシピで作ってみるのもいいですよ。

体力や持久力がある

身体が丈夫な人は当然、体力や持久力があります。

自分は体力がない、持久力がないと思っている人もいるでしょう。

体力や持久力がないと日常生活のいろんな場面で影響してきます。

そもそも体力とは何でしょうか。

体力とは、ある程度のストレスに耐えられて生命を維持することができる防衛能力のことをいいます。

または積極的に生きようと、仕事をしたり楽しもうとすることも言います。

この2つを合わせて「体力」というのです。

この体力がないと、「持久力」にも影響してきます。

スタートダッシュは良くても中盤からヘトヘトになり、最後まで成し遂げられないことがよくあります。

人生、ここが踏ん張り時!という場面がいくつも出てきます。

その時に体力や持久力がないと、思うような結果を出せません。

体力の低下にはいくつかの原因が考えられます。

加齢による運動能力の老化、基礎代謝の低下による体脂肪の増加、低栄養によるたんぱく質の不足、どれも大きな原因なのですが、もっとも大きい原因としては生活習慣による運動不足です。

運動不足は全てのマイナスな要因へと繋がってしまいます。

運動しないことで起こるデメリットは、体力の低下だけでなく、血液の循環を悪くしたり、筋力までも衰えさせるのです。

しかも運動しないと鬱病になってしまうこともあります。

最近ではうつ病の改善に運動療法も見直されていて、運動こそが心と体を丈夫にする活動だと言われているのです。

社会人になると運動不足になってしまうかもしれませんが、1日30分だけでも良いのでやってみましょう。

あまり動くことが苦手という方は、精神をリラックスさせるヨガもあるのでおすすめです。

持久力も体力がつけば身につくので、まずは体力をつけることから始めましょう。

風邪や病気にかからない

頑丈な人の条件として、病気にならないことが1つです。

風邪は人から人へ感染することもありますし、体を冷やしてしまったなどもあります。

病気も色んな原因が引き金でなることが多いです。

しかし風邪も病気もなる原因で共通していることは、免疫力の低下によるものです。

睡眠不足・生活時間が不規則・ストレスが常に掛かっている人・栄養が偏っているなどが原因とされています。

あと、高齢者や妊婦さんも免疫力が低下していると言われています。

免疫力は年と供に衰えていくものですが、免疫力を上げていくこともできます。

最近では新型コロナウィルスの影響か、免疫力を上げようとみんなが気にしています。

免疫力をあげるためには次のようなことが効果的です。

①笑う
笑うことでIgA濃度が上がり免疫力アップに繋がります。

IgAとは、病気予防の立役者とも言われ、IgAは体に入ってきた病原体にくっつき無効化する働きをするのです。

お腹の底から笑うことは日常であまりないかもしれませんが、手っ取り早く笑うにはお笑い番組などを見るといいでしょう。

②体を温める
体を温めると、体内の免疫力を上げるリンパ球が増えると言われています。

シャワーだけで済ませずに湯船に浸かり体を温めるといいでしょう。

他にもエアコンが効いた部屋では一枚羽織るなども気をつけましょう。

③気楽に生きる
あまりストレスを溜めないようにしましょう。

ストレスは免疫力を著しく低下させます。

かといって、人生においてストレスをまったく無くして生きていくのは難しいでしょう。

なので楽観的に「まぁなんとかなるさ」ぐらいで考えて生きていくことも必要です。

そしてこまめにストレス発散するのが大事なのです。

④適度な運動
適度な運動は免疫力を上げるだけでなく、体力・筋力アップに繋がります。

激しい運動は逆に疲労が重なってしまい免疫力を下げてしまう恐れがありますので、あくまでも適度な運動にしておきましょう。

人間、何はともあれ動くことが大事です。

週に2回でもいいので適度な運動を心がけましょう。

いつも元気で活気がある

丈夫な人のイメージはどのようなものがあるでしょうか。

暗くて陰湿なイメージではないですよね。

やっぱり元気で活気がある人だと思います。

丈夫だから元気になれるのか、元気だから丈夫になれるのか。

それはどちらとも言えますが、とにかく丈夫で無ければ元気になれませんよね。

では元気でいられる条件とは何でしょうか。

それはやはり健康でいることでしょう。

それも心身ともにです。

まずは健康になることから始めましょう。

明るくポジティブな性格

先ほどもお伝えしましたが、人生を生き抜くには楽観的に物事を見ていくことが必要です。

そうでないと色んなものが重くのしかかりストレスが溜まってしまいます。

しかし明るくポジティブに生きることは意外と難しいものです。

人は新しいことには警戒心を抱きますし、基本的に何事にも疑念を持つものです。

明るくポジティブに生きるには、ある程度の根拠が必要となります。

「楽観的に見ても大丈夫だろう」という根拠です。

それにはある程度の経験が必要になるのです。

自分の不安は意外と余計なものだったりします。

いわゆる考えすぎというヤツです。

楽観的に考えられない人の特徴としては、周りの目線を気にしすぎる傾向があります。

失敗したらどうしよう、思っていた結果じゃ無かったらどうしようという思いは、すべて人の目線や世間体を気にしているからなのです。

人の目を気にするのは決して悪いことではありません。

でも気にしすぎると行動が狭くなってしまいます。

意外と他人はそれほどあなたのことを気にはしていません。

楽観的に生きれば他人も自分も楽に生きられますよ。

そして心をしなやかにして心身ともに丈夫でいましょう。

環境の変化に強い

生命がこの世に誕生してから生き残ってきた生物はたくさんいます。

それらの生物が生き残ってこられた条件としてあるものは、環境の変化にどれだけ耐えられて、進化を続けられるかです。

人間もそうです。人間も太古の昔から進化を続けてきました。それは現在も同じです。

みなさんはどうでしょうか?「なかなか時代に追いついて行けない」と嘆いている人もいるでしょう。

しかし嘆いているばかりでは進化どろこか退化してしまいます。

できれば新しいことにチャレンジしてみてください。

人は突然いつもと違う環境に晒されることもあります。

そこから環境に対応していくのは難しいでしょう。

しかし自分から新しい環境に飛び込んでいくことだって、環境を変えていくことになりますよね。

そうしてどんどん新しいことをして環境の変化に強い自分になっていくのです。

難しいことではありません。

あまり余計なことを考えずに行ってみてください。

自分の意志を持っている

人は自分の意思で生活をしています。

ご飯を食べる時も寝るのも自分の意思です。

しかし一旦家から社会に出ると、自分の意思がなかなか通らないことがあります。

嫌なことを嫌と言えず、心の中に「こうしたい」という思いがあっても言えないものです。

ですが頑丈な人や丈夫な人たちはどうでしょうか。

この人達はわりと自分の思っていることをハッキリと言います。

どうしてそう言えるのか。

それは自分の精神衛生面をキレイにしておきたいからです。

ハッキリとものが言えずにモヤモヤしてしまうのはストレスが溜まってしまいます。

それでは心が弱ってしまい、心身ともに丈夫だとは言い切れません。

自分の意思は誰のものでもありません。

自分の意思は自分のものです。

何かにつけてあなたの邪魔をする人はいますが、突っぱねてもOKなのです。

ところで意思を強くする方法を知っていますか?それほど難しいことではありません。

まず疲れていては心が流されてしまうので、健康を保ちましょう。

十分に休んで心身ともにフラットな状態にするのです。

それだけでも意思を保つことができます。

目標や目的、何か伝えたいことがあるならまずは心をフラットにする。

ここから始めましょう。

よく食べてよく寝る

よく食べてよく寝る!頑丈な人がしている基本中の基本ですよね。

よく食べてと言っても、よく食べてもいい人は毎日たくさん動いている人に限ります。

あんまり体を動かしていない人は、ほどほどにしておきましょう。

ところで「よく食べる」という意味は、1つのものを好きなだけ食べるという意味ではありません。

バランスの良い食事を食べるという意味です。

そして三食キチンと食べることを意味します。

「よく寝る」という意味も、たくさん寝ればいいと言うわけではありません。

質の良い睡眠でなければいけません。

睡眠は体の疲れを取る行為ですが、その前にもっと質の良い睡眠が取れるようにしておきましょう。

お風呂にゆっくりと浸かり、軽くストレッチもしてください。

布団に入ってからはスマホは見ないようにしましょう。

スマホから出るブルーライトが目を疲れさせてしまい、質の良い睡眠が取れなくなってしまいます。

頑丈な人を目指すなら、まずはバランスの良い食事と質の良い睡眠。

これに限ります。

些細なことを気にしない

心身ともに頑丈な人は些細なことは気にしません。

しかし普通の人は時に些細なことを気にしてしまいます。

これはその日の体調や気分によって、些細なことを気にしてしまうこともあるでしょう。

ポジティブシンキングになれたら一番良いのですが、頭で分っていても心が言うことをきかないこともありますよね。

ここでポジティブシンキングになる方法をお伝えします。

①自己肯定感を持つ
やはり自分の価値を低く見ていると、卑屈になってしまい常に何かにおびえている状態になってしまいます。

自己肯定感があれば些細なことを気にすることは無くなります。

②感謝の心を持つ
ありがとうと思える人、言える人は「オキシトシン」という脳内物質が出ています。

オキシトシンは別名幸福ホルモンと言われ、免疫の向上や、肯定的な気持ちを増やすことがわかっているので、どんな些細なことでも感謝しちゃいましょう。

感謝したモンがちです!

③目標を持つ
目標を持てば自ずと気持ちが高揚してきて、前向きになれますよ。

つまり明るい気持ちになれるのです。

これらを実践してみたら、ポジティブシンキングになれますのでぜひ試してみてください。

どこにいても人気者気質

頑丈な人、丈夫な人はどちらかというと人気者が多いです。

頑丈な人は健康な人でもあります。

健康な人は心も明るい人が多く周りから好かれます。

陰鬱として不健康そうな人が好かれることはあまりありません。

しかし健康であるだけではいけません。

笑顔があって清潔感がなければ誰も寄ってこないでしょう。

わざわざ人気者になる必要はありませんが、誰からも声がかけられやすいようにしておくことは良いことです。

また礼儀も人気者に欠かせない要因となっています。

どこにいても礼儀正しくいれば、皆から好かれるでしょう。

キャパシティが広い

頑丈な人は心身ともに余裕があるので、キャパシティが広いです。

人はキャパシティを広げれば広げるほど頑丈になっていきます。

ではどのようにすればキャパシティを広げていくことができるでしょうか。

次のことを実践してみてください。

①やりたいことをノートに書く
キャパシティは行動をしなければ広げていくことはできません。

今まで頭の中でしか描いていなかった理想を文字にしてみて実践してみましょう。

②とりあえず行動
ノートに書いてみたら、次は実践あるのみです。

難しいことから簡単なことまで色々あると思いますが、出来そうなことから始めてみましょう。

だんだんと自信がついてきますよ。

③ちょっとは頑張ってみる
キャパシティを広げるには、目標を突破させなければいけません。

今まではちょっとしたことで折れていたかもしれませんが、意地を張って頑張ってみましょう。

そして目標を達成させてください。

④継続する
目標を達成したら、つぎはそのことを継続して維持しましょう。

物事によって継続しなくていい場合がありますが、大抵のことは維持しなければいけません。

時折休んでもいいので頑張ってみましょう。

キャパシティを広げるのは努力がいることですが、広がったときに世界観が変わりますのでぜひ実践してみてください。

安心感があり信頼される

頑丈な人からは安定感を感じますよね。

特に体型ががっしりと見た目が頑丈な人は、思わず頼りにしたくなります。

人は安心を得たいために心落ち着く人や物を求める傾向にあり、自分よりも頑丈で安定感があるものに寄りかかろうとするのです。

頑丈な人は健康で心身ともに安定しているので、人が寄って来やすく頼られやすい傾向があります。

でも頑丈な人の思いはというと、頼られてしまうと困ってしまうと思っている人が意外と多いです。

見た目ほど中身は強くないと思っている人もいるようです。

生活や人間関係が安定している

頑丈な人は心身ともに安定しているので、周りにいる人も安定している人が多いです。

よって人間関係も安定しています。

頑丈な人は元々頑丈な人もいますが、健康への意識を高くして頑丈になろうと努めている人も多いです。

そういう人には同じ思いの人が集まります。

例えて言うならサークルなどがそうでしょう。

同じ思いの人が集まると人間関係は安定してきます。

それは同じ方向へと向いているのでケンカもありませんので安定するのです。

また丈夫な人は生活も安定しています。

体が丈夫なので病気になることも少なく、ガンガン働いてお金を残す人が多いです。

お金と頑丈さは切っても切り離せない関係だと言えます。

どんなにお金を持っていても病気で寝込んでしまうようでは、病院代にお金が消えてしまいます。

お金を貯めたい人は、頑丈で健康でいなければいけないのです。

虚弱体質な人の気持ちがわからない

頑丈なのはとても良いことですが、丈夫な故に人の苦しみが分らないときもあります。

病気をあまりしたことがないので、体が丈夫では無い人の気持ちがイマイチ分らないようです。

自分が頑丈なので、体の弱い人が休んでいるのを見ると「まだ休んでるの?まだいけるでしょ?」と思ってしまうのです。

人によっては、休んでいる人を見て「甘えだ」と思う人もいるようです。

そうすると頑丈な人は「思いやりが無い」と言われることもあります。

せっかく体が頑丈でもそんなこと言われたら悲しいですよね。

自分のように頑丈で健康な人ばかりでは無いと心得ておきましょう。

怪我や病気などの知識に疎い

頑丈な人はあまり病気にならないせいか、病気や病院についての知識が疎いことがあります。

年を取るとよく病気の話で盛り上がったりするものです。

しかし頑丈な人は、その輪に入っていけないこともしばしば。

でも中には病気になるまいと病気のことを知識に入れようとしている頑丈な人もいます。

頑丈な人って頼りになる!あなたも目指してみない?

頑丈な人の特徴などをお伝えしました。

頑丈なことは健康なこと、そして明るくて人間的に安定していて頼れる人が多いです。

頑丈なことは良いことばかりです。

当たり前に生きている毎日ですが、健康あってこその日常なのです。

日々少しずつでも頑丈さを目指して頑張れば、いつか必ず人が羨む頑丈な人間になれるでしょう。