CoCoSiA(ココシア)(旧:生活百科)

ステイタスが高い人の15個の特徴と、ステイタスを高くするための15個の方法


ステイタスとは社会的地位や身分の高さのことを言います。

ステイタスを上げたいとか、ステイタスが高い人が好き、などとよく言われますね。

社会的地位や身分の高さは今更どうにもならないとあきらめていませんか?

自分は家庭の主婦だからとか仕事では普通のOLやサラリーマンだからとあきらめる必要はありませんよ。

今回はステイタスが高い人の特徴とステイタスを高くするための方法をまとめてみました。

ぜひ参考にしてみてください。

この記事の目次

ステイタスとは?

社会的地位や身分の高さを言うステイタスですが、今の日本では幸いなことに努力次第である程度の地位や身分は自分で手に入れていくことができます。

学歴や職場を変えることができなくても、組織の中での自分の立ち位置は比較的変えていきやすいものです。

立ち位置は自分の能力UPによっても自然に上がっていくものです。

社会的な地位や身分が高いということはどういうことかというと、要するにその人が持っている空間が大きいかどうかです。

1日に使える時間はどんなお金持ちでも24時間ですが、ステイタスが高ければお金や権力を使って遠くの場所の人間を動かし自分の望みをかなえることも可能かもしれません。

そういう意味では社会的地位などと関係なく、大きく空間を使う身のこなしはステイタスが高い存在の仕方ということができるのです。

ステイタスが高いということは威厳があるということでもあります。

ステイタスが高い人の特徴15個!あなたは当てはまる?


ステイタスを上げようと思っても何を変えたらよいのか、どう頑張ればよいのかわかりづらいと思います。

そういうときはステイタスが高いと言われる人の特徴を真似てみるのが一番です。

まずはその前に、ステイタスが高い人の特徴を観察して研究することから始めなければいけません。

知らなければ真似ることはできません。

習うより真似ろというのはスポーツでも武道でも言われることです。

ステイタスが高いということは威厳があるということでもあります。

威厳があれば尊敬や信頼を寄せられることにつながります。

地位や身分だけでなく空間を大きく使える自分になるということでステイタスを上げることも可能だということですので、15個のステイタスが高い人の特徴をぜひ学んでみましょう。

1.高学歴

学歴が高い人は何もしなくても高ステイタスの条件の一つを手に入れているということです。

自分の努力や知能だけでなく、環境にも感謝しなければいけませんね。

社会人になってから大学に行きなおすこともできますが、そうしなくても自分の立ち位置を上げることでステイタスを上げることは可能です。

2.高収入

高学歴であってもニートの人はたくさんいます。

高学歴でも事業に失敗して自己破産する人もたくさんいます。

高学歴だからお金持ちとは限りません。

ステイタスが高い人の特徴のひとつは高収入だということです。

たとえば、パーティーなどで自己紹介しあう場面があるとします。

そんなときに自分の職業を言うと相手が「へぇ~すごいですね」というようなリアクションをする職業とはどういった職業でしょうか?

その多くは、実際はどうであれ「高収入なんだろうな~」と思われる職業であることが多いですね。

医者や弁護士、会社経営などでしょうか。

本当は破産寸前の会社経営であっても、採算がとれずに閉めようかと思っている個人医院もあるでしょうが、内情を話さなければだれでも「お金持ちなんだろうな」と思われます。

逆に、本当は年収1000万円以上あるフリーターがいるかもしれませんが、「フリーターをやっています」と言えばステイタスは高いとは思ってもらえないでしょう。

3.イケメンで異性にモテる

人は見た目で判断されがちです。

ハンサムや美人はそれだけで一目置かれますよね。

美貌はそれだけでお金になるというとちょっとゲスな言い方かもしれませんが、男性ではイケメンで異性にモテるということはステイタスの一つです。

男女とも美しさは武器になりますね。

先にお話しした通り、ステイタスとは使える空間が大きい人のことでもあります。

美貌の異性を目にしたとしたら、周囲の人はそれだけで一目置きます。

心や美しい異性に寄り添うことが多くなります。

周囲の人の話題にも上る回数も普通の容姿の人より多いでしょう。

そのことがより多くの空間を持つということでもあります。

お見合いパーティーや流行りのマッチングアプリでは顔などの容姿がとても重要です。

もちろん学歴や収入さえよければ顔なんて、という女子も存在していますが、容姿は良いにこしたことはありません。

もともとの容姿に自信がなくても容姿なんてどうでもよいとは思わないようにしましょう。

すべてではないにしても良いに越したことがないものは努力をすることです。

顔立ちが美しすぎる男子は女子が近寄りづらいものです。

清潔さを感じさせ、凛々しさと優しさがあふれるような容姿の男性に近づく努力をすることをおすすめします。

4.頭の回転が速い

ステイタスが高い人は頭の回転が速いです。

高学歴で知性があるのと頭の回転が速いというのは別なことです。

頭の回転が速い人はそれだけで周囲から一目置かれます。

人がしばらくたってからわかることでも瞬時に理解できる人、まったくつながらない複数の物事をつなぎ合わせる能力、解決能力の高さなど、いわゆるお勉強ができることとはまた別の回路が必要なことがあります。

相手の言いたいことがすぐに理解できるので、話しているほうも楽です。

口下手で言いたいことがうまく言えない人が言うことも理解が早いので、信頼されることが多くなりますね。

頭の回転が早い人は呑み込みが早いので、決断力も早くなります。

これらすべてはステイタスが高くなる要素につながります。

5.身長が高い

アメリカのある調査では男性の収入の高さと身長は比例しているという結果が出たそうです。

ステイタスが高いということは、使う空間が大きいということだとお話ししました。

高身長というのは文字通り大きく存在しているということに他なりませんね。

男性の高身長はとにかく有利です。

容姿に関しては親に感謝としか言いようがありませんね。

6.大企業で働いている


サラリーマンはどの会社に努めているかでステイタスは変わってきます。

大企業であっても倒産する可能性はありますし、終身雇用制が崩れてきている日本ですが、それでも大企業というステイタスはインパクトがあります。

より大きな空間を使っているということに関してはどうでしょうか?

小さな会社より知名度が高く、社員数も多いということは自分自身のことではないですが、会社自体が大きな空間を所有しているということです。

休みも多く、緊急事態になった時の保証も多く、退職金も多いというように好待遇で働けるということは、社員の自由度が高いということにつながります。

7.運動が得意

運動が得意だという人もステイタスが高い条件の一つをクリアしていると考えられます。

勉強ができる男の子より、スポーツが得意な男の子のほうが女の子にモテたりするものです。

人の心をグっとつかむことができることはステイタスを上げることにつながります。

容姿と同様に、持って生まれた特性の一つなのでどうにもできないところはありますが、運動が得意な人はそれだけで得をしていると言えるでしょう。

8.誰にでも分け隔てなく接する

誰にでも分け隔てなく接するということとステイタスとはどう関係するのでしょうか?

学歴や大企業に勤めているというのは人としての外見の部分だとしたら、誰にでも分け隔てなく接することができるというのは、人としての在り方のステイタスが高いということを意味しています。

ビルゲイツの有名なエピソードの一つですが、ボディーガードに囲まれて所有しているオフィスに出社したあるとき、エレベーターで一人の清掃員と出会い会社のパーティーにまで招待するようになったということです。

清掃員の女性をビルゲイツはとても尊敬し信頼しているということです。

年齢や職業などには左右されず、心から信頼できると思う人とは対等に存在できるからこそ分け隔てなく接することができるのですね。

9.料理が得意

料理をするということは、命を支えるということでもありますね。

毎日食べるものを作れるということは何てすばらしいことでしょうか。

料理が上手な人は、料理をするということが当たり前なので気づかないかもしれませんが、〇〇の次は何をして、これが終わったらあれをして、次はこれをしてなどとシュミレーションをしながら料理をしています。

食べる人の気持ちや健康を考えているかもしれません。

出来上がった料理をどのお皿に盛りつけようかと考えることも必要ですよね。

料理はとても建設的な作業です。

料理は女性がするものという考えがまだまだある日本ですが、一流のコックさんの多くは男性であるという事実からも、建設的な作業である料理は男性にとても向いているのです。

料理が得意だという男性は、女性から見たらとてもステイタスが高い!ということになりますよ。

10.プライベートが充実している

高学歴で良い会社に勤めていても、仕事だけしか興味のない男性では魅力がありませんね。

ものすごい収入を得ていても、お金を貯めるだけが趣味の男性のことを女性はステイタスが高いとは感じにくくなります。

もし仮に、学歴もそこそこ、勤めている会社もそこそこだったとしても(もちろん真面目に働いているということが前提ですが)、プライベートがとても充実していたとしたら魅力的です。

魅力があるということは人の心を動かします。

つまり、より多くの空間=人の心という空間を動かすことが可能、という点でステイタスが高いのです。

ステイタスが高い人はプライベートが充実しているものです。

収入が多いのだからプライベートも充実しやすいのは当然かもしれませんが、充実度合いは心の豊かさと関係しています。

一言で言うと「ガツガツしていない」のです。

11.ファッションセンスが良い

ステイタスが高い人はファッションセンスも良いものです。

そもそもセンスとはどういうことでしょうか?
センスとは「自分」を離れた上から俯瞰して見ることができる、感覚のことです。

ファッションセンスが良いということはファッションにおいて俯瞰して見て感じる力があるということです。

この感覚はファッションだけに限らず、成功をするうえで必要な感覚です。

もちろん、事業センスはあるけれどファッションセンスは劣るという人もいます。

ファッションセンスだけが良いという人もいるはずです。

ただ、ファッションにおいてのみそういった優れた感覚を持っている人でも、その感覚を他の場面で生かすことは可能なのです。

ファッションセンスが良いということは、少なからず身なりを気にする人、自分をより良く見せたいという欲求があるはずです。

自身のステータスにおいてもできる限りは努力しようという姿勢がファッションセンスの良い人には見られるものです。

そして、ステータスを上げたいと思っている方はぜひ「ファッションなんて」とおろそかにしないようにしましょう。

人の第一印象は見た目で判断されるものだからです。

第一印象だけでなく、たとえばいつも清潔でパリッとした服装をしている人と、どんなに内面が良い優れた人でも、不潔でだらしない服装や、ちぐはぐで思わず失笑してしまうような服装をした人とでは、周囲のその人たちに向けられる視線や態度はまったく違ったものになるはずです。

自分自身も着ている服や身なりによって自信が持てたり、持てなかったりという経験をしたことがある人も多いはずです。

12.周りに気配りができる

ステイタスが高い人の特徴として周りに気配りができるという特徴もあります。

生まれ持って地位の高い家柄に生まれる場合はラッキーですが、今の日本ではスタート時点ではおおむね同じようなステータスからスタートすることがほとんどです。

スタート時点では似たり寄ったりなのに、途中からステータスに違いが出てくるというのは、もちろん知能や知性の力、本人のそれらを生かす努力もありますが、自分以外のもの、人に対する気配りができるかどうかも大きく左右します。

たとえば一流芸能人で人気や実力を長い間維持できている人は、人柄的にも素晴らしい人が多いそうです。

テレビ画面では悪態をついているのはいわゆるキャラづくりで、陰ではかなり周囲に気を配っているということも少なくありません。

一般人であっても同じです。

ただ、周りに気配りができるというのは、目上の人や上司、自分に利益をもたらしてくれそうな人にこびへつらったり、そういった人にのみ良い顔をするということではありません。

誰にでも気配りができる姿勢や能力はステータスを上げる能力につながるのです。

13.多くの人から尊敬されている

ステータスの高い人はそのステータス自身が理由ではなく多くの人から尊敬されているものです。

人から尊敬されるということは難しいものなのです。

お金の力で人に言うことを聞かせたり、サービスを受けること、脅威の気持ちを抱かせることはできても尊敬されることはお金の力ではどうにもならないものです。

大金持ちはそれだけでもお金を持っていない人から尊敬されるかもしれませんが、長続きはしないものです。

お金がなくなればその人に向けられていた尊敬の念は消えてしまいます。

永遠に消えない尊敬の念とはどういうものでしょうか?尊敬される人の特徴というのは、誠実で人に対する愛情深さがあり、謙虚さがあるということです。

たとえ厳しい態度を取らなくてはいけない場合でも底にはより良くしようという愛情があるかどうかです。

コンプレックスがある人は自身のコンプレックスを自分で見たくないため、人に自分の劣った部分を転化して責め立てたり馬鹿にしたりするものです。

餌食になった人は気の毒です。

たとえ知能は優れていてもそんな人に対して尊敬の念を持つ人はいません。

ステイタスが高い人は自分い自信があるため過剰なコンプレックスも少なく、たとえコンプレックスを持っているとしても、それをバネにできる人でもあります。

14.自分に自信がある

そうです。

ステイタスが高い人は自信があるのです。

ステイタスに対する自信だけでなく自分自身の本質に自信があり、それがステイタスを上げる力になっていきます。

正の連鎖が続いてい行きます。

それでは自分に自信があるということはどういうことでしょうか?
文字通り自分を信じているということです。

自信の対象は経験かもしれませんし、自分の能力かもしれませんが、本当の自信はそういったことではなく、自分はこの世界で存在していてよい、存在に価値があるということなのです。

そういうことは頭で理解しているのではなく自信のある人は感覚的に会得しているとでもいうのでしょうか。

よく言われるように根拠のない自信の種類です。

15.礼儀正しい

ステイタスが高い人は礼儀も正しいです。

礼儀正しいというのは、礼儀が規範に沿っているかどうかで判断されます。

規範というのは自然に長い間出来上がったもの、人間が作り上げてきたものでもあります。

礼儀正しい人は規範に沿った行動ができるということでもあります。

社会で成功するということはある意味規範から逸脱した思い付きや行動をした結果としていられることもあることでしょう。

それでも規範に添える能力も持ち合わせているということで人間としてのキャパが広いことを意味しています。

ステイタスを高くするための方法15選

以上15個がステイタスが高い人の大きな特徴でした。

ここからはそれらを知ったうえでステイタスを高くするための方法をまとめてみました。

特徴を知ったうえでそれらの特徴を身に着けていくために必要な事柄です。

ぜひ参考にしてみてください。

1.容姿に気を遣う

何度も言いますが、人は見た目で判断されます。

まずは見た目から整えていくのが手っ取り早いです。

容姿に気を遣った次の日から人が自分を見る目が変化することを目の当たりにするはずです。

気を遣うポイントは清潔感です。

どんなに高価な物を身に着けていても不潔な人のそばには誰も近づいてきませんよ。

容姿に気を遣えるということは自分を大切にしているというメッセージを周囲に与えます。

自分が自分に接している態度の通りに、人も自分い接してくるものです。

そう考えると「容姿に気を遣うなんてばかげたことだ、男としてはずかしいことだ」なんて思えないはずです。

2.ファッションセンスを磨く

容姿において清潔を意識した次は、ファッションセンスを磨く努力をしましょう。

先にお話ししましたが、ファッションセンスとはファッションにおいて俯瞰して見ることができるかどうかの力と言えますが、生まれつきの能力だけでなく後天的に磨くことも可能なのです。

ファッションの世界で生きていくのでないなら後天的に手に入れた能力や方法で十分です。

自分でそこそこファッションセンスがあると思える人はファッションのことを書かれた本やスタイリストが書いた本、ファッション雑誌などを読んでみることをおすすめします。

ただし、あまりのめりこまない程度にですが。

そして周囲におしゃれだなと思える人がいるなら、よくその人を観察してみましょう。

どこが自分と違うのか、なぜその人はおしゃれだなと思えるのかを考えてみるのです。

よく言われるように一流のアートに触れること、本物に触れることもファッションセンスに磨きを掛けるために有効ですが、楽しいと思わないのであれば効果が出るまでに時間がかかります。

いやいや見るならやめたほうがよいでしょう。

3.夢中になれる趣味を作る

ステイタスが高いということは持っている空間が大きいことです。

自分が興味のあることや知っていることが多いということが大きな空間を所有しているということにあてはまります。

夢中になれる趣味を持っている人はステイタスが高いということでもあります。

夢中になれば、その道のプロとまではいかなくてもプロはだしの実力や知識を持っている場合が多いものです。

仕事には関係ないからとか、専攻している勉強には関係のない趣味だからと排除したりしないようにしましょう。

ステイタスを上げたければ、以前興味があったこと、以前やっていた趣味を見直してみましょう。

なくなくやめてしまったのならなおのこともう一度趣味に目を向けてみるチャンスです。

あれもこれもいろいろなことに興味を持って、でも何も極められなかったと嘆いていた人がいます。

極められなかったかもしれませんが、何も手にできなかったでしょうか?
決してそうではありませんでした。

仕事でいろいろな人と会うことが多かったその人は、ちょっとかじったかつての趣味が多彩だったため、いろいろな人と話を合わせることができたのです。

車、バイク、書道、柔道、絵画、英会話、ドラム、茶道・・・本当に多彩ですね。

極められなかったとしても、一度は興味を持ったことです。

付け焼刃の知識ではないことは相手にも伝わります。

同じものに興味を持った者同士、その内容がコアなものであればなおのこと話が弾むものです。

夢中になれるものはそれ以上に人間的な幅を広め深めてくれるものです。

何かを強烈に好きでいられるということはその人に磁石のような人を惹きつける魅力を与えてくれます。

4.人脈を広げる

このように趣味は人とのコミュニケーションに大いに役に立ちます。

人脈は広がっていきます。

ステイタスを上げるのは自分だけの世界に閉じこもっていては達成しづらいところがあります。

自分だけの能力で自然にステイタスが上がってくることもありますが、ステイタスは人が認めて感じ取るものでもありますから、広めてくれるのは人なのです。

5.目標にする人を決める

ステイタスを上げるためにファッションセンスを磨くところでもお話ししましたが、ファッションに限らずあらゆる場面で目標にする人を決めてみましょう。

あまり多すぎると支離滅裂になりかねませんので、ファッションのお手本、目標はあの人、
仕事に対する姿勢はこの人、尊敬できる生き方はこの人という風に、3人くらいに絞るのがよいですね。

できれば1人のほうが目標にしやすいですが、3人くらいまでなら大丈夫です。

そして生き方の目標を中心に参考にしてみましょう。

6.人の悪口などを言わない

ステイタスのある人は人の悪口や愚痴を言わないという特徴がありますから、ステイタスを上げたければ人の悪口を言わないというルールを自分に課してみましょう。

人の悪口を言うとスッとするという人がいますが、まわりまわって自分のところに帰ってきます。

ステイタスがある人はそういったリスクを回避しているともいえるのです。

本当に利益があるとわかったことは人は取り入れられるものです。

そして本当に自分に不利益を与えると思えることも回避できるものです。

商売をしているあるご夫婦は、お店に来た人に絶対他のお客様の悪口を言いませんでした。

こちらが水を向けても、ニコッと笑って「そうなの~?」というくらいです。

あたりまえのことですね。

そこで同意してしまっただけで、「あのお店のオーナーも○○さんのことを同じように思っていたわ~」となってしまうことをわかっているからです。

ステイタスを上げたければ人を大切にしなければいけません。

7.柔軟な発想を持つ

このように人の悪口を言うことによる不利益を考えられることというのは、つまり柔軟な発想ができるということです。

良いということは積極的に取り入れることができる、悪いと思ったことはやらないようにできるのです。

完璧だと思える計画を立てたもその通りに上手くいかないかもしれません。

柔軟な発想が持てる人はそこで落ち込んだりパニックに陥ったりしません。

これがだめならこの方法でできるかも、と気持ちも方法も転換することができます。

8.心に余裕を持って行動する

ステイタスがあるひとは心に余裕があります。

行動するときに心に余裕をもっているのでとっさの変化にも対応することができます。

小さいことですが、いつもバタバタセカセカしているひとはいません。

ステイタスは空間だけでなく時間の使い方にも現れますね。

9.周りの意見に流されない意志の強さを持つ

ステイタスのためには、目標にする人を持つことや容姿やファッションセンスを磨く努力をしましょうということと、相反するように思われるかもしれませんが、周りの意見に流されない意思の強さを持つことが必要です。

目標を持つこと、見た目を磨くという意思を持ったら意思の強い人は、挫折することなく目標とする道を歩き続けることができます。

これは周りの意見に流されない強さと言えるのです。

10.視野を広く持ち、周りへの心配りをする

ステイタスがある人は広い空間を支配しているということですから、視野は広くなります。

ステイタスを上げたければ意識して視野を広くしようという努力をしてみましょう。

視野を広くするためには、まず視野が狭いことはどういうことかを考えてみましょう。

視野が狭いということは、そこだけしか見えていないということです。

「そこ」というのは常識と言い表せますし、自分が見ているものとも言えます。

問題が起こるということは今の自分にとって理解しにくいことが根底にあるからこそです。

理解できることだけで成り立っていれば都合悪いことでも問題とはならないものです。

視野を広く持つと、視野が狭いときには考えられないような解決方法も手に入るのです。

11.約束を守る

ステイタスがある人は、自分の地位や状況は自分の力だけでは維持できないということを知っています。

自分以外の人や状況のおかげだという謙虚さがあるため人を大切にするのです。

だからこそステイタスがある人だと見られ、ステイタスも上がっていくというループが発生します。

人を大切にする第一歩は、人との約束を守れるかどうかです。

約束を破ってしまうと、相手の時間や気持ちを無駄にしてしまいますね。

自分の空間や時間を大切にするのと同様人の空間や時間を大切にできることがステイタスを上げる近道です。

12.今よりも収入が高い職場へ転職する

ステイタスは収入の高さに表されることが多くなります。

自分の能力があればもう少し収入が上がっても良いはずだという自信があれば今よりも収入が高い職場への転職も考えてみても良いかもしれませんね。

過信はいけません。

そこは、現状と世の中の流れをよく見極めなければいけませんが、選択肢の一つです。

13.ギャグセンスを磨く

ステイタスがある人は真面目で厳格だと思われますか?
もちろん威厳を感じさせる人も多く、根底にはまじめな性格だということには間違いないのですが、ユーモアやギャグのセンスに長けた人がとても多いです。

人に対して気配りができるからこそ人を楽しませることが可能なのです。

おやじギャグはいただけませんが(ときにはあえておやじギャグも楽しめます)ギャグのセンスを磨いてみましょう。

14.自分に自信を持つ

どんな自分であってもこの世の中にたった一つの個性だということを認めましょう。

それが自信につながります。

自分に自信を持っていることがオーラなのです。

15.マナーを守る

容姿を磨いたりファッションセンスを身につけること、人の悪口を言わないことなどは、社会の中で生きている私たちにとってはマナーを守っているということです。

マナーはおもてなしです。

自分以外の人に不愉快な思いをさせないようにという気配りです。

そういった人がステイタスを手にできるのですね。

ステイタスを高めて異性からモテちゃおう!

女性はステイタスが高い男性を求めています。

異性にモテる人というのは、ステイタスが高いか高くなる要素を備えているという人です。

いかがでしたでしょうか?
今回お話ししたことをぜひ実践してみてくださいね。

ページトップ