これから飲み会や友達同士での集まりがあるそこのあなた!出来ればその集まりをとても楽しいものにしたいと考えるのは、誰しも同じことでしょう。

あなたは、そんな友達同士の集まりを楽しいもの、そして人生の中で忘れられないようなイベントにするために何かを企画しているでしょうか。

ここでご提案したいのが『罰ゲーム』です。

仲間同士で会えば、ちょっとしたきっかけでゲームをすることもあるでしょう。

その際にイベントをすることによって、その集まりのことを楽しく盛り上げることもできるからです。

とはいえ、罰ゲームと言われたとしても実際にどのようなことをすればいいのかわからないですよね。

それに多くの人にウケる罰ゲームを取り入れたいと考える方もいらっしゃることでしょう。

そんな方々のために、この記事では飲み会や友達同士で100%必ず盛り上がることのできる楽しい罰ゲームをご紹介します!ぜひ今後の飲み会などに取り入れてみてくださいね。

罰ゲームを設定すると盛り上がる!!

あなたは、『罰ゲーム』に対してどのようなイメージを持っていますか。

罰ゲームというと、”罰”という言葉が含まれているように何か悪いことをした際にやらなければいけないこと、悪いことをしてしまったことに対して償いの気持ちを示すためにやるべきだと感じている方もいるものです。

しかし、実際に飲み会などで行われている”罰ゲーム”というのは、その場を盛り上げるためのものです。

つまり、罰ゲームは”怖いもの”とか”よくないもの”というよりかは、その場を盛り上げるためのひとつのゲームといえるのです。

飲み会の中で行うゲームと同じ部類としてとらえていきましょう。

とはいっても、飲み会や友達同士の集まりの中で楽しむとしても何をすればいいのか分からないですよね。

それに飲み会等に参加してくれている周りの人たちがその罰ゲームに参加することによって、いやな気持になってしまったり、仲間同士の関係が悪くなってしまうようなものでも困ってしまいます。

罰ゲームというのは、やるものによってはその仲間の関係および絆を深めることもあれば、逆に喚起を悪くしてしまうこともあるのです。

仲間ウケがよく、さらに絆を深めてくれるような罰ゲームである場合には、必ず仲間たちの雰囲気をよくしてくれます。

それにその飲み会の場や空気が確実に良いもの、明るいものへと変わっていくのです。

仲間の中で、どこか仲間の中に打ち解けていないような人たちはいませんか?罰ゲームをきっかけにして、その人たちも一緒に仲間の絆が深まるような楽しい罰ゲームを確認しておきましょう。

100%盛り上がる楽しい罰ゲーム25選


あなたは、どのような罰ゲームを知っていますか。

罰ゲームといっても、何かをやってしまった罰でやるというよりかは、”その場を楽しく盛り上げるもの”としてとらえると浮かんでくるかもしれません。

すぐにその罰ゲームが浮かぶ人もいますが、中にはまったく罰ゲームが浮かんでこない人もいるでしょう。

これまでになんらかの会合や飲み会において罰ゲームを行ったことがある人であれば、たやすく浮かべることができるでしょう。

今罰ゲームを知っている人も、まだ何も知らない人でも平等にその場を盛り上げたいですよね。

ここでは、飲み会や会合を成功させたい方、そしてすべての人に楽しい気持ちを感じて仲間内の絆を深めてほしいと感じる方のために100%盛り上がる楽しい罰ゲームを25個ご紹介します!

この中のすべての罰ゲームをやるもよし、好きなものや仲間の性格に合いそうなものを選ぶもよしです。

ぜひ参考になさってくださいね☆

1.箱の中身を当てるゲーム

よく芸能人がテレビ番組内で行っているような”箱の中身を当てるゲーム”も私たち素人でも飲み会で行うことができます。

大きな箱を用意し、腕が入るような穴を左右に開け、当事者以外の人たちからは箱の中に何が入っているのかを確認できるようなクリア地にかえておくといいでしょう。

そして順番通りに箱の中身をかえ、罰ゲームをうける人が先ほど開けた穴の中に手をいれて中身に何があるのかを当てていきます。

コップやお皿などの簡単なものでもいいのですが、中身には感触が少し変わっているものにすることをおすすめします。

例えば、こんにゃく、羽、なめこ、クリーム、ジェル…などがいいと思います。

特にこんにゃくは、テレビ番組内でもよく使われるてっぱんのものになります。

とはいえ、罰ゲームに使った後には利用した食品があれば、みんなで分け合って食べるようにしましょう。

2.一発芸

あなたは、一発芸をすることができますか。

一発芸とは、お笑い芸人がやっているようにその場で好きなものを芸にし、周りの人たちを楽しませるものをいいます。

お笑い番組やエンタメ番組にてお笑い芸人が一発芸をしているのを見たことがある人であれば、一発芸がどのようなものかを把握しやすいでしょう。

また、まだ一発芸というのがどのようなものかわからない方は、ぜひYoutubeなどの動画サイトにて一発芸を見てみましょう。

しかし、飲み会に参加しているすべての人が一発芸をすぐにできるとは限りません。

人によってはそれがプレッシャーになり、二度と飲み会に参加しなくなってしまうこともあります。

それでは嫌ですよね。

そうしないためにも一発芸を罰ゲームにする際には、お題を決めておくといいでしょう。

3.即興ソングを披露


即興ソングを作るのも罰ゲームとして利用できます。

即興ソングとは、その場でお題を出されたことに対して曲を作るというものです。

曲を作るのがもともと好きな人はもちろんのこと、まったく曲を作らない人でもその場のノリで楽しみながら曲を作ることができるようになります。

有名な曲のフレーズに合わせて歌詞を変えるだけでも盛り上がる

しかし、飲み会に参加する方の中にはまったく歌えないとか、歌を作ることができないなんて方もいることでしょう。

さきほどお伝えしたようにその人たちにとって、罰ゲームは負担になってはいけません。

そのようなときには、有名な曲に合わせて歌詞を変えるというような罰ゲームに切り替えるのもいいでしょう。

有名なドラ○もんのテーマソングにあわせて、歌詞を変えるのであれば、ほとんどの世代の方がそのメロディを知っていて利用できますね!

4.変顔

罰ゲームの王道ともいっていいような”変顔”もおすすめです。

もしかすると、あなたは変顔をすることに対してどこか否定的な気持ちを持っているかもしれないですね。

そんなあなたのように変顔に対して嫌な気持ちを持っている人もいますが、飲み会参加者の多くの人たちが変顔をすれば、その気持ちをなくすことはできるのです。

また、変顔をする際には何かしらのテーマを決めておくことをおすすめいたします。

なぜならば、変顔をこれまでにしたことがないとか、変顔をするにしてもやるものがないので楽しんで参加できないという方もいるからです。

ぜひ変顔のテーマをいくつか考えておくようにしましょう。

変顔を待ち受けに設定しても面白い

仲間内での飲み会の場合には、参加者がおこなった変顔を写真撮影しておくと記念に残るのでおすすめです。

皆で変顔している集合写真を撮影し、LINEやフェイスブックのグループのトップ画像やラインの個人アカウントの背景にしても面白く記念に残すことができますよ。

とはいえ、中には変顔の写真を撮られることに対して否定的な考えを持っている人もいるので気を付けましょう。

5.辛いものや苦いものを食べる

ここ数年で激辛の食べ物や苦い食べ物などが増えていますよね。

ぜひその辛い食べ物や苦いものを食べるような罰ゲームもしてみてはいかがですか?

例えば、激辛の○ヤングやきそばや激辛のラーメン、餃子などから飲み会主催者が手作りするのもいいでしょう。

ししとうだけでもとても辛いですし、さらにそこに唐辛子の粉末をかけてみても…!もう想像するだけでも激辛なのがわかってしまいますよね。

辛い物を食べることで罰ゲームとして楽しむこともできますが、中には香辛料アレルギーの人もいます。

アレルギーを発症しないように、飲み会参加者にあらかじめどんなアレルギーがあるかを訪ねておくのもいいでしょう。

6.ものまね

罰ゲームの王道ともいえる”ものまね”もまたおすすめです。

この罰ゲームをする際には、必ずお題を決めておきましょう。

流行しているお笑い芸人や国会議員、芸能人や有名人、さらにはYoutuberなど”誰でも知っている人”をお題にすることをおすすめします。

それもまた、箱の中にクジ引きのようにして小さな紙にお題を書き、それを引いた人をマネする…というようなスタイルにしてもよいかもしれないですね。

得意なものまねがある人は、それをやればいいですし、特にやりたいものまねがない場合にはさきほどのくじ引き形式にしてもいいでしょう。

それにくじ引き形式にすれば、だれがどんな人のものまねをするのか分からないので楽しめます。

さらにその人が誰のものまねをしているのかを当てるようなゲームにしてしまえば、飲み会参加者全員が楽しむことのできる罰ゲームにすることができるでしょう。

7.免許証を見せる

あなたは、自動車免許を持っていますか。

これから集まる飲み会のメンバーや仲間が全員免許を持っているとわかっている場合には、免許証を見せ合うという罰ゲームをするのもお勧めします。

免許証ってどうしてか肌の色が黒く映ってしまい、人によっては今の姿とはかけ離れているようなスタイルや服装をしていることもありますよね。

つまり、免許証を見せることによってお互いのいわゆる”黒歴史”なるものを見せ合うことになるのです。

免許の更新が近かった場合にはラッキーとしかいいようがありませんが、たいていの場合は少し昔の自分の姿を見られて恥ずかしい思いをするものです。

あなただって、免許証を誰かに見せるのは(それも仲の良い友達に見せるのは)少し気が引けるのではないでしょうか。

それをみんなで一斉に見せることによって、その場を盛り上げることができるのです。

8.失敗談をする

あなたには失敗した経験はありますか。

人間だれしも生きていれば、人生の中で一度や二度の大きな失敗をしてしまうものです。

その失敗談をみんなで言い合うという罰ゲームをするのもおすすめです。

とはいえ、失敗談といっても人によってはありすぎて、どのようなことを話せばいいのかわからないという方もいらっしゃることでしょう。

その場合にもやはり、どのようなジャンルの失敗談を話すのかというテーマやジャンルしばりを作り出しておくといいでしょう。

恋愛・仕事・人生・家族…などなどあらゆるジャンルを作り、失敗談をみんなで一人1個ずつ話すようにすれば、みんなが平等に話せますよね。

それに他人の失敗談を聞くことにより、それを反面教師にして今後の人生を生きることもできるのです。

9.コスプレをする

コスプレをする罰ゲームもいいでしょう。

これまたテーマを決めてコスプレをすると、そのテーマに見合っているとかそうじゃないとか、似合ってるとかそうじゃないとかなどで楽しむことができます。

また、そのコスプレ罰ゲームを成功させるためにコスプレ衣装をあらかじめ用意しておくことも忘れずに!

コスプレ衣装は、ネット通販等であればかなり安く手に入れることができるので、ぜひ用意してその場を盛り上げてみてくださいね。

男性は女装させると楽しいかも

コスプレで女性がいつもとは違う姿に変身するのを見るのも楽しいですよね。

しかし、そのようなありきたりなものではなく、男性にもぜひコスプレをしてもらいましょう。

学生・巫女・アイドル・動物…などはもちろんのこと、特に”女装”をメインでコスプレしてもらいましょう。

ちょっとしたメイク道具なんかも使うようにすれば、とても盛り上がります。

飲み会に参加している女性陣がメイクを施してあげるのもいいですよね!

10.曲の1フレーズを全力で歌う

最近流行している曲や昔から歌い継がれている曲を選び、みんなでその曲の1フレーズを全力で歌うのもいいでしょう。

順番に歌詞を1フレーズずつ歌い、みんなで歌い上げるというのもおすすめです。

特にみんなで歌うことによって、1人で歌うのが恥ずかしいと感じている人であっても楽しみながら歌うことができます。

また、カラオケルームの併設されている居酒屋などでイベントや飲み会を行う際には、マイクを使って本格的にみんなで歌うのもいいですね!

この罰ゲームを行う際には、誰かが歌詞を間違えたりしても責めずにみんなでフォローしあいながら歌うようにするとその仲間の絆がより一層深まります。

小学生や中学生など学生のころは、みんなで合唱する機会はあったものの大人になってからその機会は減ってしまっていますよね。

ぜひ罰ゲームとして歌を歌い、皆の絆を深めていきましょう。

11.座右の銘を発表

何かしらの座右の銘がある人も多いでしょう。

座右の銘とは、いわゆる”モットー”のようなものをいいます。

あなたには座右の銘はありますか。

ちなみに筆者の座右の銘は「自分の道は自分で切り開く」です。

そのような座右の銘をあなたの友達なども持っており、そのことをモットーにして活動しているのです。

仲間であったり、いつも仕事をする職場の仲間であったとしても、周りの人たちがどのような座右の銘を持っているかは知らないですよね。

飲み会などで座右の銘を知ることによって、その座右の銘を持っている人の性格を知ることもできますし、お互いに知り合うことができるのです。

とはいえ、1人だけが座右の銘を言うという罰ゲームにするのではなく、飲み会参加者全員が座右の銘を発表するようにしましょう!

12.顔にペイントする

子供のころには楽しみながらやった経験があるかもしれないですね。

しかし、大人になってからはなかなか自分の顔ではなく、他の顔に落書き(いわゆるペイント)をすることはできないでしょう。

飲み会だからこそ、気の知れた仲間であり職場の知り合いだからこそ顔にペイントしてみましょう。

これは罰ゲームとして飲み会に遅刻した人だけに行うというスタイルにしてもいいのですが、できれば飲み会参加者全員でやってほしいものです。

なぜならば、お互いに顔にペイントすることによってお互いに触れるチャンスができます。

そうするとお互いのパーソナルスペースを越えて交流することができるのです。

そのため、心理的にも心の距離が近くなり、仲間内(飲み会参加者たち)の絆が深まることになります。

13.変な髪型にする

あなたは、いつもキメキメの髪型で過ごしているのではありませんか。

それにあなたの友達や飲み会のメンバーもまた、毎回会うたびに素敵な髪型にきめているなんていうこともあるでしょう。

お互いの良いところばかりを見せ合っても、お互いのことを深く知ることはできません。

いわゆる”うわべだけの関係”で終わってしまう可能性があるんです。

できれば、その仲間たちといつまでも仲睦まじい関係でいたいですよね。

だからこそ、罰ゲームとしてお互いに変な髪形にしてみましょう。

ワックスを使ったり、シャンプーで落とすことのできるような髪染めを利用して赤色や青色の上方にするのもいいでしょう。

これもまた誰か一人だけが行うというと、どうしても仲間において対立が起こることもあります。

だからこそ、みんなでワイワイ楽しむイベントにしてください。

14.隣の人を1分間褒めまくる

最近あなたは誰かを褒めていますか。

また、誰かを褒めているようなことはあるでしょうか。

小さい頃は家族や先生などに褒められる機会が多かったものの、大人になるにつれて褒めるどころかけなしてくる人のほうが増えたように感じませんか。

そのような冷たい社会の中で生きているとどうしても苦しくなってしまいます。

だからこそ、罰ゲームで隣に座っている人のことを1分間褒めて褒めて褒めまくる罰ゲームをしましょう。

誰かを褒めるということは、その人の良いところを探すことになります。

それは、褒める人にとっても褒められる人にとっても良い効果をもたらすのです。

褒められる人は自分に自信を持つことができますし、さらに誰かを褒めることで”人のいい部分を見つけることのできる自分”を見つけることができるようになるからです。

この罰ゲームで飲み会参加者の絆が深まるでしょう。

15.くすぐられる

くすぐりという王道罰ゲームも取り入れてくださいね!くすぐることによって、くすぐられる人はいやでも笑うことになります。

それに笑わせる人も相手が笑っているのを楽しみながら楽しませることができます。

最近心から笑っているでしょうか。

くすぐることによって、お互いにお腹が痛くなるまで笑いあうことができます。

大人になってからも、純粋に笑うことができるということを思い出していきましょう。

それにそのように笑うことができる=パーソナルスペースがない相手と認識することもできるため、仲間の関係が良くなっていきます。

16.スマホの待ち受け画面を公開

あなたは、友人のスマホの待ち受け画面を見たことはありますか。

スマホの待ち受け画面って人によっては「誰かに見られたくないもの」「自分だけのもの」を選んでいることが多いですよね。

あなたは、今すぐに待受け画像を誰かに見せなければいけないという状況になった時に見せることができるでしょうか。

そんな少し恥ずかしい気持ちを感じてしまうようなスマホの待ち受け画面を公開するのもおすすめです!

17.話すときに変な語尾をつけて長時間過ごす

国民的アニメともいえるちびま○子ちゃんでは、とあるキャラクターは語尾に必ず「~だブー」なんて言葉をつけているのを知っていますか?

そのように語尾に特定の言葉をつけることで、話している内容がどんなに深刻なものであってもやわらかく相手に伝えることができます。

飲み会をさらに盛り上げるために、参加者全員で話すときには必ず語尾に変な言葉をつけてみるのも楽しい時間を過ごすことができます。

話すときに変な語尾をつけるといってもどのような言葉をつければいいのか見当もつかないですよね。

そんな場合には、「だブー」「っちゃ」などをつけてみるのをおすすめします!誰かがよくない話題を出したとしても、空気を丸く収めることができますよ☆

18.一人称を変える

あなたは、ご自身のことをどのように呼んでいますか?また、あなただけではなく周りの友達や知り合いたちも「私」とか「あたし」「僕」「俺」なんて言葉を多用しているのではないでしょうか。

その当たり前ともいえる一人称を新しく変えてみましょう!「ぼくちん」とか「わたくし」「姫は~」なんて言い方にするだけでも、その場が一気に盛り上がりますよ。

また、一人称で何を使うのかをくじ引き形式で決めるというのもさらに盛り上がることでしょう。

19.アニメなどの名言を音読

アニメには、誰もが知っているような名言がありますよね。

その名言を飲み会参加者がひとりずつ音読するのもおすすめです!アニメなどの明言を音読することによって、その言葉を初めて知る人にとっては背中を押してもらえる機会にもなりうるのです。

アニメの名言だけじゃなくても、過去に活躍してきた偉人たちの明言を使うのもおすすめです。

これまたやりたい人だけがその名言を言うのではなく、くじ引き形式にしてランダムに飲み会参加者全員が名言を音読できるようにするといいですね!

罰ゲームという名目でありながら、その飲み会がきっかけとなって飲み会参加者の方たちは新しい人生の1ページを進められ可能性もあるのです。

キャラになりきることが大切

特にアニメキャラの名言を発する際には、必ずその明言を発しているキャラになりきることが重要です。

たとえば、かの国民的アニメキャラのドラ○もんの名言を話すのであれば、ドラ○もんそのものになりきって明言を話す必要があるのです。

声に抑揚をつけたり、顔までもそのキャラの真似をすれば、飲み会が盛り上がるのは間違いないでしょう。

20.黒歴史について話す

あなたには、黒歴史というものがありますか。

黒歴史とは、自分の人生の中の”汚点”ともいえるような出来事のことであり、歴史であり、自分以外の誰にも話したくないと思えるような思い出をいいます。

その黒歴史を飲み会参加者で言い合うのです。

自分のことを誰かに話すのが苦手と感じている人であっても、飲み会参加者全員が黒歴史を話せば「自分の黒歴史なんて大したことではない」と感じられ、話せるきっかけにもなります。

それに仲間内で黒歴史をシェアすることによって、お互いのことをさらに深く知るきっかけにもなるのです。

21.おごらせる

遅刻した、からし入りのシュークリームをあてた…そんな場合には、罰ゲームとして食事代金をおごらせるのもいいでしょう!テレビ番組でも使われている罰ゲームですね。

しかし、飲み会に参加する方の中には「飲み会代金だけ」しか持ってきていない人もいます。

そのような人がおごらなければいけない場合には、払うことができません。

そのため、あらかじめ「罰ゲームとして奢りになることもあります」と飲み会に誘う際に伝えておくといいかもしれません。

22.足ツボを押す

足ツボには、とっても痛みを感じるようなツボがあります。

そのツボの痛みを罰ゲームにするのもいいですね!とはいえ、足ツボは押す場所によっては全く痛くないと感じる人もいるため、痛い足ツボをしっかりと把握しておく必要があります。

足の真ん中部分(いわゆるツボで胃をあらわす部分)は痛みを感じる人が多いです。

そのツボを押し、痛みを感じながらも健康促進効果を味わってもらいましょう。

23.濃い化粧をする

薄化粧がブームとなっている昨今では、濃い化粧をする人は少なくなってきました。

だからこそ、罰ゲームでいつもはしないような厚化粧をしてもらいましょう。

とはいっても、自分自身で自分のメイクをするとなかなか濃いメイクにすることができません。

そのため、罰ゲームの対象者となった人の顔に、他の参加者が思いっきりメイクしてみましょう。

その顔のままでは帰宅できないので、メイク落としなども持参しておくことをおすすめします。

24.壁ドン

一時期、壁ドンをされることにあこがれる女性が多かったのを知っていますか。

大好きな人にされたら、お互いの顔の距離も近く、さらになんだか男性に包まれているような気がしてキュンキュンしてしまうんですよね。

その壁ドンを罰ゲームで行ってみましょう。

この場合、やはり男性が女性に壁ドンをするという形式にしたほうがいいでしょう。

この罰ゲームがきっかけでカップルがうまれてしまうことも!?

25.腕立て伏せ20回

罰ゲームとして腕立て伏せ20回を行わせるのもおすすめです!毎日トレーニングをしている方であれば、簡単にこなせてしまうでしょう。

しかし、毎日デスクワーク等で運動不足になっている人であれば、腕立て伏せ20回はとても厳しいものです。

だからこそ、みんなで応援しながらでも20回を達成してもらうようにします。

友達が腕立て伏せをしているところなんてなかなか見る機会もないため、盛り上がること間違いなしです。

罰ゲームで盛り上がって飲み会や友達同士で楽しい思い出を作ろう!

今回は、罰ゲームについて特集してきました。

これから飲み会や会合を開く方、その幹事である方、その飲み会を通して仲間内の絆を深めたいと考えている方などなど、今回ご紹介してきた25個の罰ゲームをぜひあなたの飲み会の取り入れてみてはいかがでしょうか。

どの罰ゲームを取り入れたらいいのかわからないときは、飲み会に参加する方々の年齢層や性格などを考えてみることをおすすめいたします。

今回ご紹介した罰ゲームはすべてが誰にでもウケるものではありますが、幹事のあなたが安心することができなければ安心して罰ゲームを行うことを提案することも難しいでしょう。

ちょっとした飲み会や会合、友達同士の集まりで罰ゲームをすることによって、その場がそれまでの空気以上に盛り上がり、そのメンバーにおける楽しい思い出を作りましょう!