文章を書くことが好きでコラムニストになりたいという人もいるのではないでしょうか?

ツイッターに押されてブログ愛好家は少し減少傾向にあるようですが、思ったことをすぐさまツイートするのではなく、思いや出来事をブログに綴り誰かに読んでもらえるブログは根強い人気があります。

文章を書くことが好きな人にとってはそれを仕事にできたら、と思っているのではないでしょうか?

今回は、コラムニストになりたいと思っている人のために、コラムニストになるために必要なこと、コラムニストに向いている人の特徴をまとめてみました。

自分に向いているかどうか参考にしてみてください。

コラムニストとは?

コラムニストとはWikipediaによると、「論説するポイントを小論文形式で新聞や雑誌の特定のページに常設されているコラムを執筆する人」とあります。

もう少し簡単に表現すると、「客観的な事実を元にして書き手の主観的な意見を文章にする、または主観的な意見を客観的な事実を元にして表現する文章を書く人」ということになりますね。

コラムニストになる方法とは?

まず、コラムニストになる方法にはどういったことがあると言われているのかをまとめてみまた。

1.実績を増やす

仕事は実績がものを言う世界です。

この場合の実績とは、仕事で成功したという実績ではありません。

コラムニストの実績は、コラムをどれだけ書いたかです。

書いて書いて書きまくるという言い方は語弊があるかもしれませんが、書きたいものがたくさんあるかどうか、それを実際書いてきたかですね。

コラムニストは自分で「コラムニストです」と言えば、一応はコラムニストになれる仕事ではあります。

特別な資格や学歴は必要ありません。

ただ、コラムニストとして世間が認める、コラムニストとして食べていけるためには、書き続けることが実績になります。

社会で起こっている出来事について書くのか、自分が興味のある分野のことを書くのか。

どちらにしても自分の強みを生かして書き続けましょう。

美容に関心の強い女性は、美容系コラムニストのコラムを、スピリチュアル好きはスピリチュアル系などと、自分が好きな分野、興味のある分野のことをもっと深く知りたいと思うときには、専門書で自分でも調べたり勉強したりもするでしょうが、その分野のコラムを空いた時間にスマホで読む人が多いです。

自分はどの分野に興味があり、どんなことを書きたいのかということがはっきりしているといいですね。

2.SNSを活用する

商売でもなんでも、SNSの活用は欠かせません。

より多くの人とつながることができるSNSを活用しましょう。

SNSにはいくつもの種類があります。

投稿者の今現在の状態や考えをつぶやけるツイッター、原則実名登録のFacebookではリアルに知人友人と家に居ながらにしてつながれます。

Facebookは企業の宣伝活動にも使用されるビジネスアカウントも増加しています。

コラムニストを目指すときにはどのSNSが有利でしょうか?

3.ブログを活用する


コラムを執筆するために一番有利なのは、やはりブログでしょう。

ただ、ツイッターやFacebookなども、ブログをアップしていることの宣伝活動として利用するのは大いに意味があります。

自分の得意分野、興味がある分野のコラムを執筆し続け、それをツイッターやFacebookでアピールしていきましょう。

書く内容ですが、もちろん自分が好きなもの、事、得意なこと、長く続けているものにしましょう。

文章が上手な人でも、そうでなければ書き続けることは難しくなります。

でも、どの分野でもそれぞれの専門家というものが存在します。

その人たちの実力や能力を追い越せ追い抜けというのではなく、読者目線でどう思うのかということを書いていくのです。

もうひとつは、自分がたどってきた道を書くという方法です。

美容系コラムニストのたとえなら、自分自身はとても美人という容姿ではなかった。

努力に努力を重ねた結果、結構綺麗ね、と言われるくらいにはなんとかなれた。

という女性なら、その努力の過程をコラムに書けるはずです。

コスメのことや美容のこと、そのときどきの社会情勢や、女性の視点から恋愛や仕事に関してのことなどを交えながら、これまでの苦労を糧に話題は尽きないのではないでしょうか。

コラムニストになるためには有名になって名を売ることが大切と言われることがありますが、それはコラムニストになるよりもずっと難しいことですよね。

コスメのことや美容のこと、そして自分の苦労した道のりに思ったこと考えたこと、出来事をコラムにするということは、コスメや美容の専門家が見る美容に関してのこととは違った、いわば斜から見たことも話題にできます。

ちょっと変わった視点で見たことならいくらでも話が膨らむはずです。

そういったことを、コツコツブログでアップしてみましょう。

4.新聞社などに就職する

コラムニストになりたいのであれば新聞社や出版社に就職するという手もあります。

ある程度の年齢の人には難しいかもしれませんが、将来の夢がコラムニストなら、学生のときから就職先を新聞社や出版社にしてみましょう。

経験を積みつつ人脈を広げる

実際、コラムを書いている人で、元は新聞記者として勤めていたという人がいます。

文章の書き方を学べるだけでなく経験を積みながら地道に人脈を広げてコラムニストへの道を切り開いたという人もいれば、好きな分野得意な分野のことを続けていて、何かのきっかけに書き始めたら需要があり、コラムニストになったという人もいます。

コラムニストに向いている人の特徴20個

それでは、コラムニストに向いている人の特徴を見てみましょう。

1.本や文章を読むのが好き


文章を書いて仕事をするのですから、本や文章を読むのが好きだということが前提になるでしょう。

書くことが好きな人は読むことも好きなはずです。

読むことは好きだけれど、書くことはできないという人は結構いるかもしれませんね。

2.文章を書くことが好き

文章を書くことが好きだということももちろん必要です。

書くことが好きなのではなく、考えや思いを文字を通して表現することが好きな人です。

ただ、思っているだけでは気が済まないという人です。

絵や料理、旅や人や仕事、見るもの体験したことについて、感じたことについて何かを言いたくなる、それを表現したいという気持ちが大切です。

3.知識が豊富

コラムニストは豊富な知識が求められます。

先に、得意なことや好きなことを元にして書くことから始めるとお話ししましたが、元にして書くのは得意なことや好きなことだとしても、そのことばかりを書くのではありません。

例えば、新聞はニュース、広告、テレビ番組以外の記事は広い範囲ではコラム欄と言えます。

テレビ番組欄も番組紹介欄などにコラムが掲載されています。

どのようなコラムでも、豊富な知識がないと客観的事実を理解して主観的な意見を述べることはできません。

客観的事実のみを書くのであればコラムではなくなります。

それを自分なりの視点で、自分の知識を元に切り口を決めるためには知識の豊富さが必要です。

4.分からない、知らないことはすぐに調べる

どんなに知識が豊富な人でも、分からないことや知らないことは山ほどあるものです。

分からないこと知らないことはすぐに調べるという姿勢があるかどうかです。

今はネットで何でも知ることができますが、間違っていることも多いものです。

分からないことは図書館に行くなり、本屋さんで探すなり、とにかく正しい情報を知ろうとできる人がコラムニストに向いています。

5.好奇心旺盛

分からないことや知らないことがあることにワクワク感を持てる、つまり好奇心旺盛な人がコラムニストには向いています。

自分が知っている事だけを書けばよいというのではコラムニストではありません。

この世の中は不思議に満ちている、という視点で生きているような人です。

知れば知るほど知らないことが見えてくるものだということを知っている人ですね。

6.読解力がある

読解力とは、文章を読んで書かれている意味を正しく理解できる力のことを言います。

読解力のためには、語彙力、思考力、要約力が必要です。

語彙力は単語をどれだけたくさん知っているかということ。

語彙の認知力です。

単語というと外国語を連想するかもしれませんが、私たち日本に生まれて日本で育った、いわゆるネイティブな日本人でも語彙力に驚くほど差があります。

思考力は文章を読んで、意図するところや書かれていることの背景にあるものは何なのかを考える力が必要です。

ただなんとなく読むのではなく、イメージしながら考えながら読むことができるからこそ疑問も生まれます。

要約力は、どういうことが言いたいのか、書いているのかということを要約できる能力です。

全体を深く理解できるからこそ要約できるのです。

これらの能力があってこそ読解力につながります。

7.相手の立場に立って物事を考えられる

読解力があるということはテクニックの部分に属しますが、コラムニストに必要な能力はそれだけではありません。

相手の立場に立って物事を考えられるという人間性もコラムニストには必要になります。

読者の目線に立つことが大切

客観的事実をもとに自らの主観的意見述べるだけなら誰にでもできます。

コラムニストには読者の目線に立って見ることができるか、考えられるかということも必要になります。

8.努力を続けられる

努力を続けられるかもコラムニストになるためには必要です。

このことはコラムニストに限らず必要ですね。

ある程度の才能はもちろん必要ですが、才能を引き出すためには努力できるかどうかがもっと大切なのです。

よく言われるのは努力できることそのものが才能だということですが、それは本当です。

9.忍耐力がある

努力を続けられるためには忍耐力があるかどうかがカギになります。

コツコツと正しい努力を続ければどんなことでも上達はしていくものですが、一足飛びに結果が出るものではありません。

ときにはいくら努力してもまったく成果が出ないこともあります。

自分には才能がないのかもしれないと落胆したり、やる気を失うこともあるでしょう。

そんなときでもコツコツと努力し続けるためには腐らず焦らず忍耐できるかです。

結果がすぐに出なくても諦めない

結果はすぐには出ないものです。

それでも諦めないためには、どうしてもコラムニストになりたいという強い気持ちが必要です。

その気持ちがあれば、結果が出ないときに、「なにがいけないのだろうか」という気持ちから努力の方法を変えたり工夫することができるはずです。

スランプに陥った時にも自暴自棄にならずに地道な努力が必要になります。

10.計画性がある

コラムニストには計画性が必要です。

思ったこと感じたことを客観的事実について文章にするだけで計画性など必要ないと思うようならコラムニストには向いていないでしょう。

計画性がある人の特徴は、優先順位を決められるということがあげられます。

あれも大切これも好き、感情に任せて行動していれば収拾がつきません。

今は何が大切で何をすべきか、これとあれとではどちらを優先すべきかということがわからなければコラムニストには向いていないということです。

書く文章の内容に関してもそうですし、自身の行動においても優先順位をつけられるかどうかが必要です。

計画性がある人のもう一つの重要な特徴はリスクマネジメントができるということです。

最悪の状態とはどうなることか、もしそうなったらどうすればよいのかということまでに考えが及ぶかどうかです。

文章はただの文字の集まりではありません。

文章を読んでもらうことでどんな影響を社会や人に与えるのかということにも考えが及び、その結果も受け止めなければいけません。

あらゆる可能性を想定できるためには計画性が必要になります。

在宅で仕事をする場合は仕事のスケジュールは自分で考え、作らなければいけません。

作るだけでなく、実行できることも必要です。

11.地味な作業が苦ではない

コラムニストは地道な努力を続ける仕事です。

地道な作業の積み重ねがひつようになりますので地味な作業が苦にならないということも必要な要素になります。

分からないことがあれば自分で調べないといけません。

調べれば調べるほど、もっと詳しく調べなければいけないことが出てくることがあるのです。

途中で、「まっ、いいか」と投げ出して適当なところで妥協することはコラムニストにはできません。

妥協すれば読み手にも、なんとなく伝わるものです。

一人で「書く」という作業は孤独なものです。

準備することをいとわない性格の人が向いています。

コラムニストの仕事は、一見華やかなように思われますが、一日中画面に向かって文字を入力し続けなければいけません。

じっとしていられない人や、集中力が続かない人には向いていません。

コツコツ地道な作業が苦になるのであればコラムニストには不向きと言えます。

12.精神的にタフ

自分が表現したものを受け入れてもらえないときもあります。

最初は特にそうでしょう。

意に反した題材のものを依頼されるかもしれません。

結果が出なくても自己管理を続けなければいけません。

フリーで仕事をするためには仕事の場を増やすための努力も続けなければいけません。

精神的タフさが求められるのがコラムニストです。

精神的タフさは表面だけでは分かりづらいところがあります。

一見強そうに見えて実は弱い人も多いものです。

周りからの批判も受け止められる

肉体的努力、タフさも必要ですが、周りからの批判を受け止められるかという精神的タフさがもっとも重要です。

コラムは客観的事実に主観を織り込んだものです。

こちらの主観をすべての人が賛同してくれることはありません。

反対勢力は常に存在するのです。

考えてみれば当然のことですね。

こちらも主観を交えて書くのですから、読み手も主観をぶつけてくるでしょう。

「つまらない」「おもしろくない」だけでなくこちらの人格を否定されることも覚悟しなくてはいけません。

失敗を糧と出来るかどうか、そこから何かを学ぼうとするかどうかが見せかけだけの強さと本当の強さの分かれ道です。

誰にでも欠点や弱点はあります。

弱い人ほど弱さを隠すものです。

精神的に強い人は弱さを認め弱さを強みに変えることができます。

「自分は精神的にタフではない、弱みもいっぱいある」と自覚できている人はたとえ今は弱い部分があろうとも克服できるものです。

たとえ100%克服できなくても、弱点を補ってあまりある別な強さを身につけられるのですが、本当は弱いくせに認められない人は虚勢をはる方向へしか進めません。

ストレスを溜め込まない

何を言われても、少々のことでは心が折れない強さも求められます。

いちいち落ち込んでいてはコラムニストはつとまらないでしょう。

ストレスを溜め込まない強さや精神的自己管理能力が問われるのもコラムニストです。

ストレス発散法は人それぞれ。

ひたすら家に籠もることでストレスを発散出来るタイプ、ぱーっと騒いだ方が発散出来るタイプと様々ですが、ストレスが溜まらないような考え方が出来るかどうかが1番大切です。

人の心は変えられない、変えられるのは自分自身だけ。

そう思っていると腹立たしいことも溜め込みすぎることはなくなるでしょう。

ただ、肉体的ストレスは自己管理が出来るかどうかにかかっています。

13.自己管理ができる

自分を律することができる能力、自分自身を管理する能力がコラムニストには求められます。

健康管理、時間管理、精神的管理、経済的管理など自己管理にも様々な種類があります。

どれが欠けてもコラムニストを続けることが難しくなります。

健康管理は基本中の基本、コラムニストでなくてもどのような仕事をする上でも必要なのは言うまでもありませんね。

健康を維持するために必要な睡眠、食事、衛生の大切さを理解していなければいけません。

大切に思うからこそ管理ができるのですから。

いつも待ち合わせをするたびに遅れてくる人はいませんか?

いつも10分遅れてくるということは相手の10分を無駄にしているということですが、その10分をもったいないとか申し訳ないという考えに至らないということです。

時間泥棒をしていても平気な人ですね。

コラムニストとして仕事をすると当然のことながら締め切りに追われることになりますが、納期をいつも守らなければ信用されなくなってしまいます。

精神的管理には、仕事を続けるなかでのモチベーションの維持や嫌なことがあっても感情的にならずにストレスを溜めない工夫や努力ができるということが含まれます。

自分がいくらの収入があって、そこからいくら使えるかという計算ができない人がいます。

ネットでさほど必要がないものを買ってしまったり、ウインドーショッピングをしていて衝動買いをしてカードで支払う。

計画性もなくローンを組んで高価なものを買ってしまうという人。

経済的に豊かかどうかには関係なく金銭管理ができない人は客観性と主観のどちらもを冷静な目で操ることが求められるコラムニストには向いていません。

14.周りの意見に流されない

コラムニストは精神的なタフさが求められます。

それは周りからの批判にも耐えられなければいけないから。

コラムニストは批判を受けることも多々あるからです。

そして読者の目線からも見ることができる能力も必要です。

だからと言って、批判されないようにということばかり考えたり、周りの意見に流されていてはコラムニストの意味がありません。

コラムニストは周りの意見に流されないという確固たる自信と強さが必要になります。

それは自分の意見に凝り固まるというのでは決してありません。

15.様々な経験をしている

コラムを書くうえで文章力と同じくらい大切な強みは「経験」です。

読む人の心に届く主観的意見は経験からしか生まれないのです。

コロナなどの感染症のコラムを書く場合、感染症は恐い、政府の対応の良し悪しを論じるとき、老人と同居している人や介護経験のある人とそうでない人では目線や切り口が変わってくるでしょう。

政治に携わったことがなくての国会中継を欠かさず見ているという人と、物知りだけれど政治にはあまり興味がない人とでも違ってきます。

結婚や離婚、未婚生活、趣味や恋愛など一つ一つの経験が意識せずとも文章に影響を与えます。

16.積極性がある

様々な経験を積んでいるという人は積極性がある人でしょう。

もし様々な経験を積んでいるけれど積極性がないという人は、運命的な出来事に流されてきただけなのかもしれませんね。

不幸な出来事や悲しい出来事を経験しても積極的な人はそこからどうやったら立ち直るのか、自分の力で立ち上がり前を向いて楽しみや幸せを見つけて行くことができます。

そのひとつひとつが経験になり文章に深みが出ることでしょう。

成功するコラムニストはみんな積極性のある人です。

17.約束を守る

コラムニストに限らずビジネス社会で信用を得るためには約束を守らなければいけません。

才能があっても約束が守れない人とは長期にわたっての契約はしてもらえないでしょう。

どんなに大きな仕事でも、よく見てみると小さな約束の積み重ねともいえませんか?
2大約束の一つ目は時間です。

自己管理のところでもお話ししましたが、時間を守れない人は信用されません。

あるテレビ局の方の話しです。

人気が出て、しかもその人気が長く続く芸能人の共通した特徴は人柄がいいということと、時間のことで迷惑をかけない人だそうです。

人柄の良さにもいろいろあると思います。

やさしい人、強くて人を引っぱっていける人、従順な人。

人柄の良さには種類がありますが、時間にルーズではないということには種類はありません。

あのタレントはいつ来るかわからない、寝坊癖がある、いつも少し遅れてくるという不安定さがある人物は使う方も不安でたまりません。

正直、替えはいくらでもいるのが芸能の世界と言えます。

そんな中で地道に活躍していくことができる人は、時間にルーズさがない人たちです。

約束のもう一つはお金に関してです。

こちらも自己管理のところでお話ししましたが、借りたお金は返す、その基本的なことができないと信頼は得られません。

たった千円だからといって返さない人がいます。

たかが千円されど千円。

たかが1円されど1円です。

1円を笑うものは1円に泣くというのは本当のところだということを知っているかどうかですね。

納期を守らなければならない

コラムニストとして仕事をするためには納期というものは必ずついて回ります。

いつかいてもいつ公表してもよいというのであればブログと何ら変わりがなくなります。

出版社なり、新聞社なりとの契約は厳しい納期が求められるのです。

納期だけでなく、打合せ内容を無視して違うことをしてしまったり、コラム内容の方向性を無視して違うことを書いたり、禁止事項を守らないという態度では次回からの契約はしてもらえないでしょう。

18.自分の意見を主張できる

コラムニストは客観的事実を主観的観点を交えて論じます。

「自分はこう思う」ということには自信を持たなければいけない仕事です。

どうなんだろう、たぶんこうだとおもうんだけどな、いや違うかな、
こんなこと言ったらだめかな?
自分の意見を主張できなければコラムニストにはなれません。

一般大衆に迎合するばかりでは読者をうならせたり読者の興味を引くものは書けません。

言葉で主張することは、形に残りませんが、文章は形に残ります。

あとになって、「あれは違います」
ということにはできないのですからある種の恐怖が存在するのも事実ですが、それがコラムニストという仕事の醍醐味だと思えるかどうかですね。

19.決断力がある

コラムニストには書くか書かないかという決断力が必要になります。

何が正しいのかという判断をするのも自分です。

どのような仕事を受けるのかということを決めるのも自分です。

人の言うことを聞いていれば良いということはほとんどない仕事ですね。

コラムニストにはなぜ決断力が必要になるのかということの根本的な理由は主観の扱いに起因します。

コラムニストは主観的観点から客観的事実を論じなくてはいけません。

決断力というのは、今決める事柄がまだ見ぬ将来にどう影響するのか、ということに責任を持つことです。

今だけ良ければいい、という判断ではありません。

未来を主観的判断で決定します。

主観的に感じたり考えたり判断することに自信を持てるかどうか、もし間違えていたらと考えたとしても自らの決定に責任を持てるかどうかということです。

20.人脈を広げるのが得意

コラムニストとして活躍するためには、人脈が大切になります。

人脈を広げるためには、積極的に友人の紹介を募ったり、自らが異業種交流会に参加するなどの方法がありますが、どこでであってもこちらが心を開いてまずは損得勘定抜きで相手に人として興味を持てるかどうかが重要です、
仕事は人を通じて入ってきます。

たとえ出版社や新聞社に勤めていても仕事は社内社外の人を介してやって来ます。

あの人に仕事を依頼したいと思われることが必要になってきます。

また、こちらの実力を紹介してもらわなければいけませんね。

口コミで評判は広がっていきます。

仕事の数を増やすことだけが人脈を広げるメリットではありません。

たとえ、異業種であっても気心の知れた人、信頼できる人がいるのといないのとでは、仕事をしていく上での安心感が違います。

ちょっとしたアドバイスや思いもかけない情報がもたらされるのもそういった人たちなのです。

自分が興味を持っている世界だけでなく、まったく住む世界がちがうように思える人たちとのつながりが心の癒やしにつながることもあるでしょう。

コラムニストになるために今すぐ行動しよう

いかがでしたでしょうか?

ただ憧れでなりたいと思っていたコラムニストの世界は自己管理能力の問われる厳しい世界には間違いありません。

でも書くことが好きな人、主観的思いを表現することを喜びに感じる人にとっては魅力的な職業ですね。

コラムニストには積極性と行動力が欠かせません。

今すぐ行動を起こしてみましょう!