最近、ニュースを見ていても納得できないような事件や事故が多いですよね。

そんなのを見ると、「それって筋違いじゃない?!」とテレビに向かって言う人も多いでしょう。

テレビだけでなく、皆さん自身の人間関係でも、筋違いだと思ったことがあるのは、一度や二度ではないと思います。

人間生きていく上で、人間関係から逃げることはできません。

そして人間関係には「筋」というものを立てないと、口論になったり、挙げ句の果ては関係が断たれてしまったりもします。

今回は、世間一般でいう「筋違い」についてお伝えします。

筋とはどのような意味を持った言葉なのか、そして筋違いなことを言われたりした場合は、どのように対処するべきかを一緒に考えましょう。

そもそも「筋違い」とは?

そもそも筋違いとは、どのようなことをいうのでしょうか。

そしてどのような時に使うのでしょうか。

たまにVシネマの中で、何か失敗してしまった部下に対して、「筋を通さんかい!」などと怒鳴っているシーンを見たりしますよね。

彼らの言う筋は、彼らなりの理論で言っていて、彼らなりのルールに則って「筋」を通しているようです。

一般的に言う筋とは少し違うようです。

それでは世間一般で言う筋とは何なのか。

それにはいろんな意味があるようです。

でも大体は、物事を正しい方向に持っていくことであり、道徳心に沿って行うためのものです。

ここでは筋違いの意味や使い方をじっくりと考えていきます。

「筋違い」の読み方

読み方は「すじちがい」です。

最近の若い人は「すじちがい」という言葉を使うことはあまりないかもしれません。

若い人が別の言葉で言うならば、「わけわかんない」や「言っている意味がわからない」と表現するでしょう。

「筋違い」の意味

それではまず「筋違い」の意味を見ていきましょう。

筋違い(すじちがい)の言葉にはいろいろな意味が含まれています。

会話の中で使われる筋違い、技術的な用語で使われる筋違い、または肉体に生じた症状などにも使うこともあります。

筋違いの言葉を知れば、使うべき場所でバシっと使えることが出来ます。

ただ、使う場所を間違うと意味が通じず、相手に「??」と思われることもあるので、使い方は間違えないようにしましょう。

普通の筋から外れたこと

ここで言う筋とは、道筋、順序、論理、道徳心などをいいます。

そして「普通」とは世間一般で、みんなが考える多くの意見や考えを言います。

そして普通とは、誰もが納得できて誰も傷つかずに済む考えのことも含まれます。

この普通こそが、社会を円滑に回す潤滑油でもあるのです。

この普通から外れてしまうことを人は恐れますし、普通から外れてしまう人のことも非難しがちです。

しかし、普通を恐れるのも非難するのも、悪い行為ではありません。

何故なら筋とは人の本来持つべき道徳観や倫理観を表したものだからです。

順序や道徳観を無視した行為をすれば、「それは筋違いだ」と言ってくる人が必ずいます。

これは普通という道徳観や倫理観から、外れていることに不快感や怒りを感じる人が言います。

道理から外れた言動の様子

道理とは、人の行うべき正しい道のことを意味します。

そして筋違いは、道理から外れた言動などもいいます。

道理から外れた言動の多くは、自分が得をしたいという私欲の思考から生まれるものです。

自分がよければ他は関係ない言動をいいいます。

また、義理や人情を欠いたことも意味します。

「無理が通れば道理引っ込む」という諺を聞いたことがあるでしょうか。

この意味は、「道理にかなわない不正が平気で通用するようになれば、道理にかなった正しいことが行われなくなるということ」をいいます。

この諺にある「無理」とは、道理に反していることをいい、また、道理が無視されてしまうなら、静かにしている方が安全だという意味もあります。

「あなたの行動は、道理から外れている」と「あなたの行動は、筋違いです」この2つの文の意味はだいたい同じですが、「道理から」の方が間違った行動を強く非難しています。

ある物に対し斜めの方向に位置すること

筋違いの言葉の意味は、道理に反した行動だけではありません。

例としては、「郵便局の筋違いに交番がある」などに使われます。

似たような言い方としては、「斜め向かいにある」です。

読み方は「すじかい」と読みます。

不自然な動作や急な動きで筋肉を痛めること

筋の違い、筋違いは行動の様子を表すだけの言葉ではありません。

筋肉を痛めてしまうことも「筋違い」といいます。

会話の中でも「腕の筋が違えた」と言う人がたまにいます。

これは不自然な動きをして筋肉に負担をかけてしまうと出てくる症状です。

筋違いなことを言われるとは


人間生きていれば、一度や二度、誰かに筋違いなことを言われたりするものです。

そして自分も「それは筋違いなんじゃないの?」と誰かを注意することがあるでしょう。

どちらの立場にしても、不快なものがありますよね。

でもどちらかと言えば、言われる方が腹が立ちますし、精神的にもダメージが大きいでしょう。

ここでは、筋違いなことを言われるとは、どのようなことか説明します。

見当違いなことを言われる

見当違いとは推測や判断を誤ること。また、そのさま。

「見当違いもはなはだしい」「見当違いな(の)返事をする」などを意味します。

ドラマなどを見ていると、主人公の存在を妬ましく思うあまり、歪んだ推測をして主人公をいじめるなんてシーンをよく見ますよね。

憶測はいい加減な推測を意味します。

そこには憶測する人の悪意が含まれていることがよくあり、特に自分の気に入らない人に対して思うことです。

憶測は頭の中だけにしておけば良いのですが、デリカシーの無い人は言葉に出して言ってきます。

これが「筋違い」なことを言われる1つでもあるのです。

例えばですが、若い派手なギャルっぽいママさんを見て、「どうせあなたみたいな母親は、ろくな子育てができないんでしょ」と、中身を1つも知らないのに見たままのことを言う人がいます。

こちらも憶測や推測が間違っているので見当違いといえます。

また職場でも、いつもミスしている人がいたら、社内で問題が起きたときに「どうせまたあいつだろう」とロクに調べもしないで決めつける人なども見当違いといえるでしょう。

また、その逆で本当は失敗したり、大損失をして迷惑をかけているのに疑いをかけられて「見当違いも甚だしい!謝りたまえ!」と逆ギレする人もいます。

お門違いなことを言われる

見当違いと似た言葉で、「お門違い」もあります。

意味は、間違ったものを目あてにすることです。

例えば、自分でしなければいけない事を、誰かにやってもらおうと目当てにすることです。

また責任転嫁することも当てはまります。

例えば、遅刻してしまった理由を自分が寝坊したことを反省せずに、母親が起こしてくれなかったからなどと、誰かのせいにするようなことです。

または、自分の担当しなければいけない仕事なのに、誰かに押しつけたりするのもお門違いといいます。

お門違いなことを言う人も、見当違いなことを言う人も、どちらも筋違いな人なのです。

非理屈的なことを言われる

「ふりくつ」と読みます。

意味は、理屈、道理に合わないこと。不道理をいいます。

屁理屈と似ています。

こちらも道筋に合わないことを言い、先ほどもお伝えたえした「お門違い」と同じく、自分の不満や問題を人のせいにする責任転嫁する人が多いです。

屁理屈・非理屈を言う人は、どこにでもいるものです。

その対処法は「筋違いな話には冷静に対処!」でじっくり説明するのでご覧くださいね。

筋が通らないことを言われる

筋を通らないことを言ってくる人は、自分の立場を不利にさせないために言ってくることが多いです。

そして自分が、過ちをおかしていると気づいていない場合が多いです。

よって、無意識のうちに屁理屈を言っている場合が多いです。

こちらが説明して、理解してくれたら良いのですが、意固地になって譲らない場合もあります。

また、やっかいな事に注意している方が、筋が通ってなかったりもします。

つまりどっちもどっちということもあり得るので、冷静に対処したいところです。

筋違いな話には冷静に対処を!


筋違いなことを言ってくる人は、どこにでもいます。

人によっては、自分と相手の立場を利用して平気で筋違いな事を言ってくる人もいます。

酷い人なら、自分と相手の優劣や見た目で言って来る人もいるでしょう。

酷い話ではありますが、事実そういう人はいます。

また、悪気なく言ってくる人もいます。

自分の考えが正しい、または深く考えていない場合です。

悪質な筋違いも、悪気のない筋違いも、どちらも場合によっては言い返さなければいけない事があります。

「はいはい」と流せる場合と、筋違いな事を言われて、言い返さずそのままにしておくと大事に発展することもあります。

ここでは、筋違いな事を言われたときの注意事項をお伝えします。

感情的に返すのはトラブルの元

筋違いな事を言われると、腹が立つこともあるでしょう。

しかし感情的に言い返すと、話がややこしくなる可能性があります。

まず会話の順番としては、筋違いな事を言われたら、言われたことを聞き返しましょう。

そして相手と自分で内容を確認するのです。

そして次は、自分が疑問に思っていることを質問してみてください。

そうすると相手は、その質問に答えてくれるでしょう。

筋違いな人は、筋違いな事を言ってくる時点で、質問に対する質問返しまでの答えを用意しているでしょう。

「だって〇〇だから」と。普通ならここで言葉の応酬になります。

A「だって〇〇だから」
B「いいえ、違いますよ〇〇ですよ」
A「え、そんなこと無いですよ」
B「いやいやいや、違いますって」
こんなやりとりが続いてしまうでしょう。

そしてこんなやりとりの中、感情的になると険悪なムードになる可能性が高いので、言われた方は平穏な気持ちで受け答えをしましょう。

実は、静かに受け応えた方が相手も平常心になり、お互い気持ちをフラットに保てて、話し合いがうまくいくことが多いです。

仕事で大切な円滑な関係を築くこと

筋違いな事を、言われるシチュエーションはいろいろあります。

職場、友人関係、恋人関係、ご近所、兄弟、親戚。

でもこの中で言われて一番困るのは、職場ではないでしょうか。

職場というのは、自分を庇ってくれる人もいませんし、逃げ場がありません。

なので職場で筋違いな事を言われたらどうするかを考えておきましょう。

どうすれば良いのか。

それは普段から円滑な関係を築いておくことです。

円滑な関係と言っても、仲良しという意味ばかりではありません。

職場なので、普段から円滑に仕事を進められる人物でいましょう。

職場で筋違いな事を言ってくる人は、大抵人を見て言っています。

「この人なら、普段からあまり仕事が出来ないし、ちょっと理不尽なことを言っても大丈夫だろう」と思っているのです。

職場で人間関係を円滑にする絶対条件は、まずは仕事が普通に出来ること。

そうしないと誰も味方になってくれないし、良くないときは隙をみて筋違いな事を言ってくるでしょう。

まずは仕事を真面目にして、周りの信頼を得る。

これが第一条件です。

筋違いなことを言われたときの14個の対処法

ここからは、筋違いなことを言われたときの対処法をお伝えします。

筋違いな事を言われて、サッと言葉を返せる人ならいいのですが、人によっては「あ、自分が悪いのかな」と思ってしまうものです。

そうなると、本来ならしなくてもいいイヤな思いをするかもしれません。

そうならないためにも、事前に言われたらどうすればいいか考えておきましょう。

そうすればきっと、すぐに言葉を返せるかもしれませんよ。

相手と自分の立場を見極める

この人なんか、筋違いなこと言っているなと思っても、まずはお互いの立場を見極めていきましょう。

言ってきた人が、自分より上の立場の人だったら、言い返すのはやめておいた方がいいでしょう。

もちろん中には、言い返せる人もいると思います。

でも一旦は様子見です。

言ってきた人が自分より下の立場だったら、言っても構わないでしょう。

相手の弱い立場を狙っているようでズルい気がしますが、ここぞとばかり言っても大丈夫だと思います。

ただし、言い返す言葉が本当に合っているかどうか、確認してから言うようにしましょう。

そうしないと、あなた自身も筋違いな人になってしまう可能性があります。

家族内なら、何とか言い返すことも出来るかもしれませんが、職場内ならなかなかそうもいきません。

特に入社してそれほど経っていなければ、言い返すのは難しいです。

なので、まずはじっくりと自分と相手の立場を見極めましょう。